写真のプロ厳選【1万円台~2万円台】コンパクトデジタルカメラおすすめ4選

写真のプロ厳選【1万円台~2万円台】コンパクトデジタルカメラおすすめ4選
フォトジャーナリスト
内村 コースケ

1970年ビルマ(現ミャンマー)生まれ。 外交官だった父の転勤で少年時代をカナダとイギリスで過ごした。 早稲田大学第一文学部卒業後、中日新聞の地方支局と社会部で記者を経験。かねてから希望していたカメラマン職に転じ、同東京本社(東京新聞)写真部でアフガン紛争などの撮影に従事した。 2005年よりフリーとなり、「書けて撮れる」フォトジャーナリストとして、海外ニュース、帰国子女教育、地方移住、ペット・動物愛護問題などをテーマに執筆・撮影活動をしている。

フォトジャーナリストの内村コースケさんがおすすめする、1万円台~2万円台のコンパクトデジタルカメラ4点と、その選び方を紹介します。市場は年々縮小しているものの、独自の機能や性能面のメリットにより、一定の支持が存在し続けているのが低価格帯のコンパクトデジタルカメラ。ニーズに合った1台探しに、ぜひお役立てください。


1万円台~2万円台のコンパクトデジタルカメラの選び方 フォトジャーナリストが解説

コンパクトデジタルカメラで風景を撮影する子ども
Payless images logo 7d75d46922da333d985fdbdff6420aad801d95739d2bd451a5187eec7ce851e9

1万円台、2万円台のコンパクトデジタルカメラは、各メーカーのエントリーモデルにあたります。

フォトジャーナリストの内村コースケさんに、1万円台~2万円台のコンパクトデジタルカメラを選ぶときのポイントを4つ教えてもらいました。

根強いニーズ。3大メーカーは販売を継続

キヤノン『IXY 210』より

フォトジャーナリスト

コンパクトデジタルカメラ(コンデジ)のなかでも「低価格」とされるのは、各メーカーのエントリーモデルにあたる、1万円台・2万円台のモデルです。

実はこのカテゴリのカメラは、スマートフォンの搭載カメラに性能面で迫られているため、人気は下降気味。デジタルカメラの画質はイメージセンサーのサイズが大きいほど上がりますが、低価格なコンデジのセンサーは、スマホとほぼ同じ1/2.3型センサーでもあります。

それでも「光学ズーム」など、コンデジがスマホを上回る点はまだ多いといえます。撤退したメーカーもあるなか、「できるだけ低予算でカメラがほしい」というニーズをすくい上げるため、おもにキヤノン、ニコン、ソニーの3大メーカーが低価格なコンデジの販売を続けています。

遠くのものをきれいに撮れる光学ズーム倍率に注目

ソニー『Cyber-shot DSC-W830』より

フォトジャーナリスト

1万円台・2万円台の低価格コンパクトデジタルカメラ(コンデジ)とスマートフォン搭載のカメラの最大の違いは「光学ズーム」です。

光学ズームとは、レンズ性能だけでズーミングする機能のことで、多くのコンデジに採用されています。一方、ほとんどのスマートフォンは、写真をデジタル的に小さく切り取ってズーミングする「デジタルズーム」を採用しています。光学ズームには画質の低下はありませんが、デジタルズームの場合は望遠になるほど画質が低下します。

また同じ光学ズームでも、倍率は機種によって異なります。一般的な撮影では、8-10倍(35mm判換算200mm程度)で充分ですが、45倍(1,080mm)という機種もあります。遠くのものをより大きくきれいに撮りたい人は、より高倍率な機種を選びましょう。

Wi-Fi転送機能のある機種を選ぶ

キヤノン『PowerShot SX430 IS』より

フォトジャーナリスト

今は、撮った写真を日常的にSNSに投稿している人も多いと思います。スマートフォンでしか写真を撮らない人が増えたのも、コンパクトデジタルカメラ(コンデジ)からはかんたんにSNS投稿できないと思っている人が多いからではないでしょうか?

しかし、最近はほとんどのコンデジにWi-FiやBluetoothが内蔵されており(低価格機種はWi-Fiのみ)、外出先でも比較的手間なく写真をスマートフォンに転送できます。Wi-Fi非搭載の機種でも、記録メディアを取り出してスマートフォンやパソコンと有線接続するなどの方法で写真を転送することはできますが、あまり実用的とはいえません。

外出先でのSNS投稿を想定している人は、Wi-Fi搭載機種を選びましょう。

必要最低限の機能を備え、価格を抑えた機種が王道

ソニー『Cyber-shot DSC-W830』より

フォトジャーナリスト

1万円台・2万円台の、低価格なコンパクトデジタルカメラ(コンデジ)とスマートフォンの搭載カメラを比べると、写真の画質を大きく左右するセンサーのサイズはほぼ同じです。

つまり、低価格なコンデジをおすすめするのは、どうしても予算を抑えたい人ということになります。なんでも安いに越したことはないですが、このクラスのコンパクトカメラではとくに「安いは正義」なのです。「必要最低限の機能を備え、価格を抑えた機種」が、低価格なコンデジの王道といえるでしょう。

そのため、コンデジの購入動機としてスマートフォンの搭載カメラとの差別化を考えている人には、実売5万円以上で大型1.0型イメージセンサーを搭載した、中~高価格帯のコンデジをおすすめします。

【1万円台~2万円台】コンパクトデジタルカメラのおすすめ4選 フォトジャーナリストが厳選

ソニー『Cyber-shot DSC-W830』より

上記で紹介した1万円台~2万円台のコンパクトデジタルカメラの選び方のポイントをふまえて、フォトジャーナリストの内村コースケさんに選んでもらったおすすめ商品を紹介します。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

キヤノン『IXY 210』

キヤノン『IXY210』 キヤノン『IXY210』 キヤノン『IXY210』 キヤノン『IXY210』 キヤノン『IXY210』 キヤノン『IXY210』

出典:Amazon

光学ズーム倍率 10倍
有効画素数 約2,000万画素
連写性能 約0.8枚/秒
Wi-Fiの有無 あり
手ぶれ補正 光学式
サイズ 幅95.3×高さ56.8×奥行23.6mm
発売年月 2017年2月

Thumb lg 03a0a6b5 36d5 4571 b347 e8fee5e6cada

フォトジャーナリスト

「低価格コンパクトデジタルカメラ」の王道

上に挙げた選び方のポイントを、すべてバランスよくクリアしているコンパクトデジタルカメラです。「説明を聞いてもよくわからない」という超ビギナーの人は、これを買うとよいでしょう。

「光学ズーム」は、一般的な撮影には必要充分な10倍(24-240mm)で、外出時に便利なWi-Fi機能を搭載しながらも比較的リーズナブルな価格設定。カメラの知識がある人も納得の機種かと思います。サイズもかなりコンパクト。人によって、IXYシリーズ独特の縦長のデザインは好みが分かれるかもしれません。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

キヤノン『PowerShot SX430 IS』

キヤノン『PowerShotSX430IS』 キヤノン『PowerShotSX430IS』 キヤノン『PowerShotSX430IS』 キヤノン『PowerShotSX430IS』 キヤノン『PowerShotSX430IS』 キヤノン『PowerShotSX430IS』 キヤノン『PowerShotSX430IS』

出典:Amazon

光学ズーム倍率 45倍
有効画素数 約2,000万画素
連写性能 約0.5枚/秒
Wi-Fiの有無 あり
手ぶれ補正 光学式
サイズ 幅104.4×高さ69.1×奥行85.1mm
発売年月 2017年2月

Thumb lg 03a0a6b5 36d5 4571 b347 e8fee5e6cada

フォトジャーナリスト

光学45倍ズームの「望遠モンスター」

手ごろな価格で、「望遠に強い」という小型センサー機のメリットを最大限にいかした機種ならこれ。45倍(24-1,080mm相当)という脅威のズームレンズを搭載しています。

広角側24mmは一般的なズームレンズつきコンパクトカメラと同等ですが、望遠側1,000mm超は飛び抜けた性能。野球場のバックスクリーンから、バッターボックスに立つ選手を画面いっぱいに捉えられる画角です。また、単純に「遠くのものを画面いっぱいに切り取る」という意味では、センサーサイズが小さいほうが有利。低価格コンパクトカメラの弱点を強みに変えた機種だといえます。

Wi-Fiも搭載しており、上位機種にある4K動画やバリアングル液晶は必要ないという方におすすめします。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ソニー『Cyber-shot DSC-W830』

ソニー『Cyber-shotDSC-W830』 ソニー『Cyber-shotDSC-W830』 ソニー『Cyber-shotDSC-W830』 ソニー『Cyber-shotDSC-W830』 ソニー『Cyber-shotDSC-W830』 ソニー『Cyber-shotDSC-W830』

出典:Amazon

光学ズーム倍率 8倍
有効画素数 約2,010万画素
連写性能 約0.8枚/秒
Wi-Fiの有無 なし
手ぶれ補正 光学+電子併用
サイズ 幅93.1×高さ52.5×奥行22.5mm
発売年月 2017年10月

Thumb lg 03a0a6b5 36d5 4571 b347 e8fee5e6cada

フォトジャーナリスト

「シンプル・イズ・ベスト」な低価格カメラ

ソニー製品のなかでもとくに低価格のコンパクトカメラで、必要最低限の機能でシンプルにまとめられている機種。

実は、スマートフォンに押されぎみな1万円台・2万円台の低価格帯コンパクトデジタルカメラは今、法人需要が多いといわれています。というのも、企業秘密をともなう画像の流出など会社の信頼に関わるトラブルを防ぐため、つねにネットとつながっているスマートフォンの業務利用を禁止している企業が増えているからです。そんな需要を見越してか、本機種はWi-Fi機能を搭載していません。

そして、光学8倍ズームなど一般的な撮影に必要充分な機能がかんたん操作で使用できます。「使わない機能は必要ない」「シンプル・イズ・ベスト」という人は多いはず。昔ながらの単純な「カメラ」がほしいという層にもむいています。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ニコン『COOLPIX W150』

ニコン『COOLPIXW150』 ニコン『COOLPIXW150』 ニコン『COOLPIXW150』 ニコン『COOLPIXW150』 ニコン『COOLPIXW150』 ニコン『COOLPIXW150』 ニコン『COOLPIXW150』 ニコン『COOLPIXW150』 ニコン『COOLPIXW150』 ニコン『COOLPIXW150』 ニコン『COOLPIXW150』 ニコン『COOLPIXW150』 ニコン『COOLPIXW150』 ニコン『COOLPIXW150』 ニコン『COOLPIXW150』 ニコン『COOLPIXW150』

出典:Amazon

光学ズーム倍率 3倍
有効画素数 1,317万画素
連写性能 約4.8コマ/秒
Wi-Fiの有無 あり
手ぶれ補正 電子式(動画)
サイズ 幅109.5×高さ67.0×奥行38.0mm
発売年月 2019年8月

Thumb lg 03a0a6b5 36d5 4571 b347 e8fee5e6cada

フォトジャーナリスト

遊び心満点の防水カメラ

コンパクトデジタルカメラの新しい潮流が、アウトドア向けの「タフカメラ」です。水中撮影を可能とする防水性などを備えた機種が各メーカーから出ており、画質面では低価格コンパクトデジタルカメラと同等、価格帯はワンランク以上高いものが多くなっています。そのなかで、「ファミリー向け」というコンセプトのニコンのエントリーモデルはお買い得。前モデルの『W100』からエフェクト効果とカラーバリエーションを強化した『W150』が、2019年8月2日に発売されます。

いわゆる「カメラ」としての機能は光学3倍ズーム、有効画素数1,317万画素と決して高くはありませんが、防水10m、耐衝撃1.8m、耐寒-10℃(陸上)というタフさを備えています。子ども向けの機能やポップなカラーバリエーションもラインアップしており、家族旅行用にもおすすめです。

「1万円台~2万円台コンパクトデジタルカメラ」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
キヤノン『IXY 210』
キヤノン『PowerShot SX430 IS』
ソニー『Cyber-shot DSC-W830』
ニコン『COOLPIX W150』
商品名 キヤノン『IXY 210』 キヤノン『PowerShot SX430 IS』 ソニー『Cyber-shot DSC-W830』 ニコン『COOLPIX W150』
商品情報
特徴 「低価格コンパクトデジタルカメラ」の王道 光学45倍ズームの「望遠モンスター」 「シンプル・イズ・ベスト」な低価格カメラ 遊び心満点の防水カメラ
光学ズーム倍率 10倍 45倍 8倍 3倍
有効画素数 約2,000万画素 約2,000万画素 約2,010万画素 1,317万画素
連写性能 約0.8枚/秒 約0.5枚/秒 約0.8枚/秒 約4.8コマ/秒
Wi-Fiの有無 あり あり なし あり
手ぶれ補正 光学式 光学式 光学+電子併用 電子式(動画)
サイズ 幅95.3×高さ56.8×奥行23.6mm 幅104.4×高さ69.1×奥行85.1mm 幅93.1×高さ52.5×奥行22.5mm 幅109.5×高さ67.0×奥行38.0mm
発売年月 2017年2月 2017年2月 2017年10月 2019年8月
商品リンク

※各社通販サイトの 2020年8月4日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年8月4日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年8月4日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年8月4日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする 1万円台~2万円台コンパクトデジタルカメラの売れ筋をチェック

Yahoo!ショッピングでの1万円台~2万円台コンパクトデジタルカメラの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Yahoo!ショッピング:1万円台~2万円台コンパクトデジタルカメラランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

【最後に】フォトジャーナリストのアドバイス

フォトジャーナリスト

コンパクトデジタルカメラは、ボディが小さいぶんバッテリーも小型なものが採用されています。そのため、バッテリーのもちはあまりよくありません。スマートフォン同様、モバイルバッテリーでも充電できますが、予備バッテリーをつねにカメラと一緒に持ち歩いていると安心です。

こちらの記事では、手に入れやすい1万円台・2万円台の低価格コンパクトデジタルカメラ(コンデジ)というくくりでさまざまな機種を紹介しましたが、もうワンランク上の「1.0型センサー」を搭載した中~高級コンパクトカメラもぜひ検討していただきたいと思います。

車でたとえれば、低価格コンデジとスマートフォンのカメラは軽自動車、中~高級コンパクトカメラは1,000~1,500CCの普通車というところでしょうか。

スマートフォンとの差別化が難しくなっている今、低価格コンデジは各社のラインアップの隅に追いやられつつあるのが現状です。予算が許されるならば、ワンランク上のコンデジも視野に入れてよいでしょう。自分に必要な機能をよく検討して、納得のいくカメラを選んでください。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(制作協力:tsuge-line、掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2020/08/05 商品情報の更新を行いました。(協力:マグスター 掲載:マイナビおすすめナビ編集部 加藤佑一)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


ミニ三脚おすすめ4選|スマホ・一眼レフ・ミラーレス対応モデルも

ミニ三脚おすすめ4選|スマホ・一眼レフ・ミラーレス対応モデルも

最近はデジカメやスマホの普及で画像や動画撮影が身近になりましたよね。みなさんの周りにも気軽に撮影を楽しんでいる方は意外と多いのではないでしょうか。手持ちで思いのままに撮るのも楽しいですが、手ブレを抑えて安定した画像や映像を撮影するには、やはり三脚が欠かせません。ここでは、ITジャーナリストの一条真人さんが選んだミニ三脚のおすすめ4選と選び方のポイントをご紹介します。記事後半の通販サイトの売れ筋ランキングとあわせて参考にしてみてくださいね。


登山カメラおすすめ10選【持ち運びに便利】コンデジ、ミラーレスも!

登山カメラおすすめ10選【持ち運びに便利】コンデジ、ミラーレスも!

カメラマンの山下大祐さんに登山カメラの選び方とおすすめ商品を教えていただきました。低山ハイキングから2,000m級の登山まで、経験やレベルに関わらず、カメラは持っていきたいアイテムです。スマホよりもイメージセンサー(撮像素子)が大きいデジタルカメラなら、高解像で階調豊かな描写が可能です。とはいえ、むやみに大きく重いカメラは持ち運びに不便です。選び方のポイントとおすすめ商品を参考にご自身にぴったりな登山カメラを探しましょう。通販サイトにおける最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミも確認してみましょう。


ハンドストラップおすすめ5選|カメラ固定・落下防止に! レザー素材も

ハンドストラップおすすめ5選|カメラ固定・落下防止に! レザー素材も

カメラの落下防止・固定の役割をもつストラップ。なかでも手に巻きつけ使用するハンドストラップは、歩きながらカメラを使用するときにも重宝するアイテムです。ハクバやエツミなどのメーカーからたくさんの商品が発売されています。そこで、フォトグラファー・瀬川陣市さんと編集部が選んだハンドストラップのおすすめと選び方のポイントについてご紹介します。後半には通販サイトの最新人気ランキングのリンクがありますので、売れ筋や口コミもチェックしてみてください。


低価格なコンパクトデジタルカメラおすすめ11選|防水・高画質モデルも

低価格なコンパクトデジタルカメラおすすめ11選|防水・高画質モデルも

コンパクトデジタルカメラは、画質や使い勝手などの面でスマートフォンにはない利点が多く存在します。この記事では、写真家/カメラ評論家の田中希美男さんと編集部が厳選したシンプルで使いやすいカメラやかわいいデザインのカメラなど、おすすめ機種と選び方のポイントについてご紹介します。


防水カメラおすすめ11選|絶景も素早い魚も美しく撮影できる

防水カメラおすすめ11選|絶景も素早い魚も美しく撮影できる

カメラ専門家である田中希美男さんへの取材のもと、シュノーケリングやダイビング、家族での海水浴、アウトドアシーンなどで活躍する防水カメラの選び方とおすすめ商品をご紹介いたします。ぜひ参考にしてください。


新着記事


独自の漂白活性化剤配合!『ワイドハイター EXパワー』ニオイの原因菌を分解!? 検証レビュー

独自の漂白活性化剤配合!『ワイドハイター EXパワー』ニオイの原因菌を分解!? 検証レビュー

タオルの生乾きのニオイ対策や黄ばみの漂白としても使用されることが多い『ワイドハイター EXパワー』。独自の漂白活性化剤がプラスされているので、ワイドハイターよりも洗浄力がアップ! さらにニオイや黄ばみ対策に期待ができますね。お店や通販でも、さまざまな種類の漂白剤が並んでいるので、どの汚れにどの漂白剤を使用したらいいのか迷ってしまいますが、汚れ落ちの効果はもちろんのこと、やはり日常的に使いやすいのは、「入れるだけ」の手軽さではないでしょうか? ニオイの原因菌の増殖を抑えたり、食べこぼし汚れにも期待できる『ワイドハイター EXパワー』を使用した後に感じたことをご紹介します!


ユニ アルファゲルは疲れにくい&集中が続く! グリップのかたさのちがいも試して検証

ユニ アルファゲルは疲れにくい&集中が続く! グリップのかたさのちがいも試して検証

『ユニ アルファゲル』は、三菱鉛筆が販売する握りやすさを追求したシャーペンです。やわらかなゲルグリップは疲れにくく、たくさん文字を書くひとにはぴったりのアイテム。集中力維持にも効果が期待できます。今回は、『ユニ アルファゲル』を実際に試したレビューをご紹介していきます。3種類ラインナップされたグリップのかたさも、すべて試して使い心地を比較。『ユニ アルファゲル』に興味があるひとや、どのかたさのグリップにするか悩んでいるひとは、ぜひ記事を読んで購入の際の参考にしてくださいね。


セラミックナイフもOK!『ダイヤモンドロールシャープナー』簡単な動作で使える研ぎ心地を検証レビュー

セラミックナイフもOK!『ダイヤモンドロールシャープナー』簡単な動作で使える研ぎ心地を検証レビュー

『ダイヤモンドロールシャープナー』は、セラミックナイフOKの両刃用手動シャープナーで、とても簡単に包丁を研ぐことができます。刃を傷めないバネ構造を採用しており、包丁研ぎになれていない人にも安心の商品です。しかし、口コミをみると「切れるようにならない」「刃がかけた」など悪い評価もあります。評判を気にして購入をためらっている人もいそうですね。そこで、口コミが正しいのか、実際に購入して試してみました。包丁の切れ味は復活するのか、安全性に問題はないのか、見極めてください!


鋭い切れ味が長持ち!『関孫六包丁』刃先にこだわった包丁の使い心地を検証レビュー

鋭い切れ味が長持ち!『関孫六包丁』刃先にこだわった包丁の使い心地を検証レビュー

『関孫六包丁』は、総合刃物メーカー「貝印」の包丁。大型スーパーやホームセンターなどでもみかける機会が多く、比較的身近な商品になります。有名メーカーの製品で、さらに安心の国産。信頼度は高そうですが、口コミをみると「切れない」などの悪い評価も挙がっています。口コミが気になって購入に踏み切れない人もいるかもしれませんね。実際のところはどうなのか、商品を実際に購入して試してみました。『関孫六包丁』を見極める材料にしてください。


【2021】『EDiT手帳』の口コミは本当? どんな使い方をする人に向いているかを徹底検証!

【2021】『EDiT手帳』の口コミは本当? どんな使い方をする人に向いているかを徹底検証!

『EDiT手帳』が気になっているけれど、どんな手帳なのかわからない人や、自分に合っているのかが事前にわかればいいのに! と思っている人もいるのではないでしょうか。インターネット上の口コミも気になるところですよね。そこでここでは、『EDiT手帳』の口コミを調査するとともに、『EDiT手帳』を実際に購入し、カバーや見た目、気になる手帳の中身を徹底レビューしていきます。『EDiT手帳』とはどんな手帳なのか、どんな使い方をする人に合っているのかどうかもくわしくお伝えします。最後までぜひお読みください。


PC・スマホ・カメラの人気記事


>>もっと見る