【2020年】コンパクトデジタルカメラおすすめ11選|価格帯別に厳選!

RICOH(リコー)『GR III』
出典:Amazon
写真家
藤井 智弘

1968年東京生まれ。東京工芸大学短期大学部写真技術科を卒業。96年に写真展を開催後、フリー写真家になる。 カメラ専門誌やWebでの撮影、執筆を中心に、各種撮影やセミナー講師などで活動。作品では国内や海外の街を撮影し、ライカカメラジャパンの公式インスタグラムにも作品が掲載される。 公益社団法人日本写真家協会(JPS)会員。デジタルカメラグランプリ選考委員。NHK文化センター講師。 【YouTubeチャンネル】 <a href="https://www.youtube.com/channel/UCz60-rAXMsFzsK42Ym_lcrw?" target="_blank">https://www.youtube.com/channel/UCz60-rAXMsFzsK42Ym_lcrw?</a>

コンパクトデジタルカメラは、軽くて持ち運びに便利。スマホの内蔵カメラにはない機能や画素数などをもった製品がたくさんあります。本記事では、高画質・手ブレ・防水機能付きカメラを価格帯別に厳選。写真家・藤井智弘さんと編集部が選んだコンパクトデジタルカメラおすすめ商品11選と選び方のポイントをご紹介します。後半には通販サイトの最新人気ランキングのリンクがありますので、売れ筋や口コミもチェックしてみてください。


コンパクトデジタルカメラの選び方 写真家に聞く

「コンパクトデジタルカメラを使ってみたいけど、商品が多すぎてどれを選べばいいんだろう……」そのような悩みを抱えていませんか? ここからは、コンパクトデジタルカメラの選び方についてご紹介していきます。

コンパクトデジタルカメラを選ぶとき、どんなポイントをチェックして選べばよいのだろうか。

作例で見るRICOH(リコー)『GR III』の実力 「クロップ」「イメージコントロール」モードで撮影

昔から多くの熱狂的なファンを獲得しているRICOH(リコー)の『GR III』。そして『GR』といえば画角。というわけで、この動画では『GR III』の特徴がわかるよう「28/35/50mm」でのクロップ撮影を試みました。あわせて『GRⅢ』の「イメージコントロール」モードで表現力もチェック。後半では、初代『GR』とも比較しながら撮影してみました。

画質で選ぶ

写真を撮影するなら、やはり画質が気になりますよね。最近はスマホのカメラも画質がとてもよくなってきているので、高画質のコンパクトデジタルカメラを選んで差をつけましょう。

機種によっては一般的なコンパクトデジタルカメラのイメージセンサーより大きい「1型」や、レンズ交換式カメラで見られる「APS-Cサイズ」を搭載しているものもあるので、買う前に比較してみましょう。

イメージセンサーが大きいものを 画質にこだわるなら

APS-Cサイズ大型CMOSセンサー搭載したRICOH(リコー)『GR III』。コンデジの最高峰カメラ。

イメージセンサーは撮像素子とも呼ばれ、レンズから入ってきた光を電気信号に変換する部品。センサーサイズなどのように、「センサー」と略されることもあります。

高画質な写真が撮れるかどうかは、レンズとイメージセンサーで決まります。なるべく大きなものを選んだほうが、高画質な写真を撮ることができるでしょう。

イメージセンサーのサイズ一覧
Payless images logo 7d75d46922da333d985fdbdff6420aad801d95739d2bd451a5187eec7ce851e9

イメージセンサーのサイズ一覧。コンパクトデジタルカメラのセンサーサイズのほとんどはマイクロフォーサーズ(Micro Four Thirds)を採用しているが、なかには『GRⅢ』のような例外もある。

F値が低いものを 美しいボケのある写真を撮るなら

Canon(キヤノン)『IXY200』

F値とは、カメラのレンズの明るさの値。F値の値が低いほどレンズが明るく、高性能といえるでしょう。

一般的に、写真を撮るときの光を絞ると画面全体にピントを合わせやすくなり、開くと少しボケた写真を撮ることが可能。背景のピントをボカして被写体にピントを合わせたいときなどは、絞りを開くことによってきれいに撮影できます。

ちなみにボケはF値だけでなく、イメージセンサーの大きさとレンズの焦点距離も重要な要素。画角に対してイメージセンサーが大きいほどレンズの焦点距離が長くなり、F値が同じでも大きなボケが得られます。

ISO感度が高いものを 夜間撮影をするなら

Nikon(ニコン)『COOLPIX(B600)』

ISO感度は、国際標準化機構(International Organization for Standardization)の略字。もともとフィルムの感度をあらわす値なのですが、フィルムを扱うメーカーごとに規格が異なると混乱してしまうため、感度をあらわす国際基準としてISO感度が定められました。

夜間撮影の際は光が少ないので、ISO感度が高いものを選んだほうがいいでしょう。しかし、現在大手メーカーから発売されているすべてのコンパクトデジタルカメラは、ISO1600以上が設定でき、夜間の撮影に困ることはありません。

暗所の撮影ではISO感度だけでなく、レンズの明るさも考慮しましょう。また、イメージセンサーが大きいほど高感度での画質に有利です。

便利なサポート機能で選ぶ

コンパクトデジタルカメラを選ぶときは、サポート機能も調べましょう。手ブレ防止やスマホとの連携など、撮影の手助けとなるさなざまなサポート機能があります。

光学式手ブレ補正機能つき

FUJIFILM 防水カメラ XP140 ダークシルバー FX-XP140DS

手ブレ補正は、カメラ初心者の方でもきれいな画像を撮影する手助けをしてくれる機能です。大切な思い出に撮影した写真も、手ブレでピントが合っていないのではとても残念ですよね。

ほとんどのコンパクトカメラで採用されている光学式手ブレ補正は、その名のとおりレンズ光学系の一部を移動させてブレを補正します。ブレに影響されずピントを合わせやすいので、初心者の方でもきれいな写真を撮影することができるでしょう。

スマホとの連携のよさ

Canon デジタルカメラ PowerShot SX530HS 光学50倍ズーム PSSX530HS

最近のコンパクトデジタルカメラにはWiーFiが搭載されていて、スマートフォンとの連携がしやすくなっています。撮影した写真をカンタンにスマホやパソコンに転送することができ、手軽に友達とシェアしたり、SNSにアップしたりできますよ。

またBluetoothでスマホとペアリングして、撮影したらその写真をスマホへ自動転送できる機種もあります。

自撮りに適した機能

SONY(ソニー)『Cyberーshot(DSCーHX99)』

自撮りは画面を見て撮影する必要があるので、画面が回転するかどうかがポイント。また片手でシャッターを押せるよう、軽量なものを選ぶ必要もあります。カメラによっては美肌補正機能もありますので、購入前に調べてみてください。

撮りたいものに合わせてレンズの焦点距離で選ぶ

SONY(ソニー)『Cyberーshot(DSCーWX350)』

焦点距離とは、レンズの中心である「主点」からイメージセンサーに結像するまでの距離で、一般的にはズーム機能と呼ばれるもの。焦点距離が長いほど写真に写る範囲が狭くなり、また同じ焦点距離でも、イメージセンサーの大きさによって写る範囲が変わります。ここでの焦点距離は、35mm判換算したものです。

広角レンズは手前を大きく、奥を小さく写すので、遠近感を誇張した写真が撮れます。広々とした風景を撮影する際は、18〜26mmでの範囲で撮影することで、より一層ダイナミックな写真を撮影できるでしょう。

100mm前後のいわゆる中望遠域は、人物を自然な遠近感で撮影したり、身近なモチーフを切り取るのに適した焦点距離です。スポーツ観戦など、かなり遠距離の被写体を撮影するときは、望遠側が300mm以上の望遠撮影に強いコンパクトデジタルカメラを用意しましょう。

撮りたいものに合わせて必要な機能で選ぶ

コンパクトデジタルカメラを購入する前に、まず自分がなにを撮影したいかをイメージしましょう。被写体やシーンによって、必要な機能が異なります。たとえば、ほとんど動きのない近くにある花を撮影するのと、動きのある遠くの野鳥を撮影するのでは、重視する機能が違うのです。

マクロ機能のよさ 接写撮影するなら

Panasonic(パナソニック)『LUMIX(DCーFZ85ーK)』

マクロ撮影とは被写体に近づき、クローズアップする撮影方法。背景をボカして被写体を引き立て、美しく見せる効果もあります。最短で1cmまで近寄れるものもあり、接写撮影にピッタリです。

ただしコンパクトデジタルカメラでは、ズームレンズの広角側でもっとも寄れる機種がほとんど。広角なのでボケにくく、遠近感も強調されやすいため、花や虫などの撮影は意外と難しいかもしれません。また1cmまで近づくと、自分やカメラの影が画面に入りやすいので注意が必要です。

シャッター速度の速さ 動くものを撮るなら

SONY(ソニー)『Cyberーshot RX100V(DSCーRX100M5A)』

動きがある被写体を撮るなら、シャッタースピードが大事です。大事なペットや子どもの、大切な瞬間をのがしたくはないですよね!

最近では、ほとんどのコンパクトデジタルカメラが1/2000秒以上の高速シャッターを備えています。ただしハイスピード撮影をするためには、明るいレンズや高感度が必要になる場合も。また、レンズは望遠寄りになることが多いでしょう。

バッテリー1本で何枚撮れるか

コンパクトデジタルカメラは気軽に持ち運べるのが魅力なだけに、バッテリーの容量も重要なポイント。

コンパクトデジタルカメラはスペックによって、1本のバッテリーで撮影できる枚数が異なります。近所でちょっとしたものを撮影するだけなら100枚程度でじゅうぶんですが、旅先での利用が目的なら200枚以上撮影できるといいでしょう。

もちろん、コンパクトデジタルカメラ用の予備バッテリーがあれば、バッテリー切れを起こしても安心。なかには、スマホ用のモバイルバッテリーを使って充電可能なものもあります。

ファインダーの有無で選ぶ

カメラのレンズ
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

レンズを通った画像を液晶画面で見るか、ファインダーで見るかによって、写真の仕上がりも変わってくる。

基本的にコンパクトデジタルカメラは背面モニターを見て撮影しますが、ファインダーのあるものを選べば、より本格的に写真を撮影することができます。ファインダーはしっかり構えられるため手ブレ防止になりますし、望遠撮影でも被写体を狙いやすいのがメリット。また、明るい屋外で背面モニターが見づらい場合にも有効です。

しかし、ファインダーがついたものは少し重くなります。またファインダーがついていないものは低コストなので、ちょっとした撮影に使うだけならファインダーなしのほうがいいかもしれません。

モニター画面の大きさで選ぶ

Panasonic(パナソニック)『LUMIX(DCーTX2)』

コンパクトデジタルカメラの背面モニターは、大きいもののほうが画面が見やすくなります。旅行に持っていくなら、軽量なものを選ぶといいでしょう。

また、タッチパネルタイプのコンパクトデジタルカメラもあります。タッチで機能設定ができたり、ピントを合わせたいところをタッチで指定できるのがメリット。また、再生画像をスワイプで送ったりピンチアウトで拡大したりと、スマホ感覚で扱うことができますよ。

使用用途に合わせて予算で選ぶ

OLYMPUS(オリンパス)『Tough(TGー6)』

スマホのカメラもいいけど、やっぱりカメラで写真を撮りたいという方は、3万円未満のモデルがお手軽でおすすめ。せっかくコンパクトデジタルカメラを買うなら、ある程度画質や機能にこだわりたいという方は、3~6万円くらいのモデルがいいでしょう。さらに本格的に写真を撮影したいという方は、6万円以上のモデルもあります。

高額のコンパクトデジタルカメラは機能の数よりも、イメージセンサーの大きさやレンズの明るさなど、高画質に寄っている機種が多いです。どのような目的で写真を撮りたいのか、どのような機能がほしいのかを考えて、適切な価格帯のコンパクトデジタルカメラを選びましょう。

スマホでは撮れない写真撮影を楽しもう 写真家よりアドバイス

今や、多くの方がスマホで写真を撮る時代。コンパクトデジタルカメラはその名のとおり携帯性にすぐれているのが特徴ですが、それもスマホで可能になりました。しかし、コンパクトデジタルカメラには、スマホでは苦手な望遠撮影や水中撮影ができる機種、レンズ交換式カメラに匹敵する高画質を持つ機種などさまざまなタイプがあります。自分の撮影スタイルに合った、しかもスマホでは不可能な写真が楽しめる機種を選びましょう。

【3万円未満】コンパクトデジタルカメラおすすめ4選 写真家と編集部が厳選!

まずは、3万円未満の手軽に購入しやすい商品を紹介します。ちょっとした撮影に使いたいという方は、こちらから選んでいきましょう。

富士フイルム『FinePix(XP140)』は、夏は海に潜って水中撮影をしたり、冬はスキー場で撮ったり、レジャーにピッタリ。28mm相当の広角レンズやスマホとのペアリングなど機能も充実しており、手軽にタフカメラが楽しめる高いコストパフォーマンスが魅力です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

富士フイルム『FinePix(XP140)』

富士フイルム『FinePix(XP140)』 富士フイルム『FinePix(XP140)』 富士フイルム『FinePix(XP140)』 富士フイルム『FinePix(XP140)』 富士フイルム『FinePix(XP140)』 富士フイルム『FinePix(XP140)』 富士フイルム『FinePix(XP140)』 富士フイルム『FinePix(XP140)』

出典:Amazon

画素数 1635万画素
イメージセンサー 1/2.3型 裏面照射CMOS
F値 F3.9~F4.9
ISO感度 100~12800
焦点距離(ズーム機能) 5~25mm(35mm判換算:28~140mm相当)
シャッター速度 4秒~1/2000秒
重量 約207.4g(付属バッテリー、メモリーカード含む)

アウトドアシーンで活躍する堅牢ボディ

約207gと軽量・小型でありながら、防水・耐衝撃・防塵・耐寒の4つの性能を備えています。水深25mまで使用できるので、水中での撮影も可能。海や山でも気兼ねなく写真を撮ることができます。

1635万画素の裏面照射型CMOSセンサーを搭載しているため、水中や暗いシーンでも明るく、高画質な写真を撮影できます。また、広角が28mmもあるため、広く奥行きのある大自然の景色をそのまま写真に収められますよ。

SONY(ソニー)『Cyberーshot(DSCーWX350)』

SONY(ソニー)『Cyberーshot(DSCーWX350)』 SONY(ソニー)『Cyberーshot(DSCーWX350)』 SONY(ソニー)『Cyberーshot(DSCーWX350)』 SONY(ソニー)『Cyberーshot(DSCーWX350)』 SONY(ソニー)『Cyberーshot(DSCーWX350)』 SONY(ソニー)『Cyberーshot(DSCーWX350)』

出典:Amazon

画素数 約1820万画素
イメージセンサー 1/2.3型 "Exmor R" CMOSセンサー
F値 F3.5~F6.5
ISO感度 80~12800
焦点距離(ズーム機能) 4.3~86mm(35mm判換算:25~500mm)
シャッター速度 4秒~1/1600秒
重量 約164g(バッテリー、メモリーカード含む)

超軽量・コンパクトなボディでズーム性能抜群

約164gの、超軽量コンパクトデジタルカメラです。広角25mmで広い範囲をダイナミックに撮影。望遠にいたっては500mmもあるので、遠方からでもきれいに撮影できます。また、全画素超解像ズームを使用すれば、最大40倍までズーム可能。

WiーFi・NFC搭載なので、写真や動画をカンタンにスマホやタブレットへ転送できるのもおすすめポイントです。

Canon(キヤノン)『IXY200』

Canon(キヤノン)『IXY200』 Canon(キヤノン)『IXY200』 Canon(キヤノン)『IXY200』 Canon(キヤノン)『IXY200』 Canon(キヤノン)『IXY200』 Canon(キヤノン)『IXY200』

出典:Amazon

画素数 約2000万画素
イメージセンサー 1/2.3型CCD
F値 F3.2~F6.9
ISO感度 100~1600
焦点距離(ズーム機能) 5~40mm(35mm判換算:28~224mm)
シャッター速度 15秒~1/2000秒
重量 約126g(バッテリー、メモリーカード含む)

被写体が遠くてもOK! きれいにカンタン撮影

スマホのカメラで「被写体が遠すぎてきれいに写真が撮れない……」というストレスを感じたことはありませんか? このカメラにはプログレッシブファインズームと呼ばれる、16倍まできれいに撮影できる機能がついているので、そんなストレスを感じることはありません。

オートズームがついており、被写体に向けるだけで自動で大きさを感知して、約2000万画素の高画質で撮影してくれます。色は赤とシルバーの2色で、スマートにオシャレを楽しめるカメラです。

Canon(キヤノン)『PowerShot(SX530HS)』

Canon(キヤノン)『PowerShot(SX530HS)』 Canon(キヤノン)『PowerShot(SX530HS)』 Canon(キヤノン)『PowerShot(SX530HS)』 Canon(キヤノン)『PowerShot(SX530HS)』 Canon(キヤノン)『PowerShot(SX530HS)』 Canon(キヤノン)『PowerShot(SX530HS)』 Canon(キヤノン)『PowerShot(SX530HS)』

出典:Amazon

画素数 約1600万画素
イメージセンサー 1/2.3型CMOS
F値 F3.4~F6.5
ISO感度 100~3200
焦点距離(ズーム機能) 4.3~215mm(35mm判換算:24~1200mm)
シャッター速度 15秒~1/2000秒
重量 約442g(バッテリー、メモリーカード含む)

50倍ズームで撮影! ボタンひとつで携帯端末へ

このカメラの魅力は、50倍ズームで撮影ができる点。遠くにある被写体を撮影しようとすると、どうしても画質が粗くなったりピントが合わなくなることが多いですが、このカメラではそのようなことはありません。

また無線ネットワークが使用可能なので、ボタンひとつでスマホにデータを移動できます。いちいちパソコンにコードを繋ぐのが煩わしい、と感じていた方にとってはありがたい機能ですね。

【3〜6万円】コンパクトデジタルカメラおすすめ4選 写真家と編集部が厳選!

続いて、3万〜6万円のコンパクトデジタルカメラを紹介します。より性能がいいコンパクトデジタルカメラがほしいという方は、こちらから商品を選んでみましょう。

Panasonic(パナソニック)『LUMIX(DCーFZ85)』は、なんと超広角20mm相当から超望遠1200mm相当までカバーする高倍率ズームレンズを搭載。一眼レフライクなデザインで本格派の雰囲気が楽しめます。4K動画にも対応し、日常から旅行まで幅広く活躍します。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Panasonic(パナソニック)『LUMIX(DCーFZ85)』

Panasonic(パナソニック)『LUMIX(DCーFZ85)』 Panasonic(パナソニック)『LUMIX(DCーFZ85)』 Panasonic(パナソニック)『LUMIX(DCーFZ85)』 Panasonic(パナソニック)『LUMIX(DCーFZ85)』 Panasonic(パナソニック)『LUMIX(DCーFZ85)』 Panasonic(パナソニック)『LUMIX(DCーFZ85)』 Panasonic(パナソニック)『LUMIX(DCーFZ85)』 Panasonic(パナソニック)『LUMIX(DCーFZ85)』

出典:Amazon

画素数 1810万画素
イメージセンサー 1/2.3型 高感度MOSセンサー
F値 F2.8~F5.9
ISO感度 80~6400
焦点距離(ズーム機能) 3.58~215mm(35mm判換算:20~1200mm)
シャッター速度 4秒~1/2000秒
重量 約616g(バッテリー、メモリーカード含む)

超望遠ズームで遠くも撮れる! シーンに合わせて

超望遠ズームを搭載しているので、遠くにある被写体もきれいに取ることができます。鳥などを撮影するのが趣味の方にとっては、うれしい機能ですね。

マクロ機能や4Kフォト機能も充実しており、たとえば1cm目の前にある被写体であっても、きれいに撮影をすることができます。あらゆるシーンに合わせて撮影ができる、ハイスペックなコンパクトデジタルカメラです。

OLYMPUS(オリンパス)『Tough(TGー6)』

OLYMPUS(オリンパス)『Tough(TGー6)』 OLYMPUS(オリンパス)『Tough(TGー6)』 OLYMPUS(オリンパス)『Tough(TGー6)』 OLYMPUS(オリンパス)『Tough(TGー6)』 OLYMPUS(オリンパス)『Tough(TGー6)』 OLYMPUS(オリンパス)『Tough(TGー6)』 OLYMPUS(オリンパス)『Tough(TGー6)』

出典:Amazon

画素数 1200万画素
イメージセンサー 1/2.33型CMOS
F値 F2~F4.9
ISO感度 100~12800
焦点距離(ズーム機能) 4.5mm~18mm(35mm判換算:25~100mm)
シャッター速度 4秒~1/2000秒
重量 約253g(バッテリー、メモリーカード含む)

シュノーケリングに! 防水・防塵でどこでも安心

防水・防塵機能がついている水中撮影用のカメラです。シュノーケリングが好きで、海のなかで撮影してみたい方におすすめ。衝撃に強いため壊れにくく、安心して撮影ができるでしょう。

魚たちのミクロな部分も写し出せるバリアブルマクロシステムや、水中でも高画質で撮影できる専用の水中モードなどの機能も充実。アウトドアが趣味でアクティブな活動をしたい方にとって、うれしい機能がそろっています。

Nikon(ニコン)『COOLPIX(B600)』

Nikon(ニコン)『COOLPIX(B600)』 Nikon(ニコン)『COOLPIX(B600)』 Nikon(ニコン)『COOLPIX(B600)』 Nikon(ニコン)『COOLPIX(B600)』 Nikon(ニコン)『COOLPIX(B600)』 Nikon(ニコン)『COOLPIX(B600)』 Nikon(ニコン)『COOLPIX(B600)』 Nikon(ニコン)『COOLPIX(B600)』 Nikon(ニコン)『COOLPIX(B600)』 Nikon(ニコン)『COOLPIX(B600)』 Nikon(ニコン)『COOLPIX(B600)』 Nikon(ニコン)『COOLPIX(B600)』 Nikon(ニコン)『COOLPIX(B600)』 Nikon(ニコン)『COOLPIX(B600)』 Nikon(ニコン)『COOLPIX(B600)』 Nikon(ニコン)『COOLPIX(B600)』

出典:Amazon

画素数 1602万画素
イメージセンサー 1/2.3型原色CMOS
F値 F3.3~F6.5
ISO感度 125~6400
焦点距離(ズーム機能) 4.3~258mm(35mm判換算:24~1440mm相当)
シャッター速度 25秒~1/4000秒
重量 約500g(バッテリー、メモリーカード含む)

高感度センサーで夜景をきれいに撮影できる

裏面照射型CMOSセンサーと呼ばれる機能で、暗い場所でもきれいな写真を撮影することができます。旅先で見つけた美しい夜景を目だけでなく、カメラにも収めておきたいと思ったことがある方におすすめの商品です。

ピントを合わせるのが難しい、月や鳥を撮影するのに特化した「月モード」「鳥モード」にも注目。オートフォーカス機能により自動的にピントを合わせてくれるので、カメラ初心者の方でもカンタンに美しい写真を撮影することが可能です。

SONY(ソニー)『Cyberーshot(DSCーHX99)』

SONY(ソニー)『Cyberーshot(DSCーHX99)』 SONY(ソニー)『Cyberーshot(DSCーHX99)』 SONY(ソニー)『Cyberーshot(DSCーHX99)』 SONY(ソニー)『Cyberーshot(DSCーHX99)』 SONY(ソニー)『Cyberーshot(DSCーHX99)』 SONY(ソニー)『Cyberーshot(DSCーHX99)』 SONY(ソニー)『Cyberーshot(DSCーHX99)』 SONY(ソニー)『Cyberーshot(DSCーHX99)』 SONY(ソニー)『Cyberーshot(DSCーHX99)』 SONY(ソニー)『Cyberーshot(DSCーHX99)』 SONY(ソニー)『Cyberーshot(DSCーHX99)』 SONY(ソニー)『Cyberーshot(DSCーHX99)』 SONY(ソニー)『Cyberーshot(DSCーHX99)』 SONY(ソニー)『Cyberーshot(DSCーHX99)』 SONY(ソニー)『Cyberーshot(DSCーHX99)』 SONY(ソニー)『Cyberーshot(DSCーHX99)』

出典:Amazon

画素数 約1820万画素
イメージセンサー 1/2.3型 Exmor R CMOS センサー
F値 F3.5~F6.4
ISO感度 80~12800
焦点距離(ズーム機能) 4.25~118mm(35mm判換算:24~720mm)
シャッター速度 30秒~1/2000秒
重量 約242g(バッテリー、メモリーカードを含む)

高倍率ズームレンズ搭載のコンパクトボディ

58.1×102.0×35.5mmのコンパクトボディでありながら、28倍の光学ズームができます。さらに、全画素超解像ズーム時には約60倍の拡大可能。手ブレを検出して補正してくれるので、ズーム時にもきれいな写真が撮れます。

タッチパネルを採用しているため、ピントを合わせたい場所にタッチするだけでピントを合わせることが可能。また、モニターは上方向180度まで角度を調整できるので、自撮り時には写真写りを確認しながら撮影できます。

【6万円以上】コンパクトデジタルカメラおすすめ3選 写真家と編集部が厳選!

最後に、6万円以上のコンパクトデジタルカメラを紹介します。メインカメラとしての利用を考えている方は、次にご紹介する商品がおすすめです。

SONY(ソニー)『Cyberーshot RX100V(DSCーRX100M5A)』は、コンパクトデジタルカメラでは大きな1型のイメージセンサーを搭載し、F1.8のツァイスレンズやポップアップするファインダーなど、小型ながら高機能と高画質を誇ります。ボディの高い質感も魅力のこだわり派カメラです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

SONY(ソニー)『Cyberーshot RX100V(DSCーRX100M5A)』

SONY(ソニー)『CyberーshotRX100V(DSCーRX100M5A)』 SONY(ソニー)『CyberーshotRX100V(DSCーRX100M5A)』 SONY(ソニー)『CyberーshotRX100V(DSCーRX100M5A)』 SONY(ソニー)『CyberーshotRX100V(DSCーRX100M5A)』 SONY(ソニー)『CyberーshotRX100V(DSCーRX100M5A)』 SONY(ソニー)『CyberーshotRX100V(DSCーRX100M5A)』 SONY(ソニー)『CyberーshotRX100V(DSCーRX100M5A)』 SONY(ソニー)『CyberーshotRX100V(DSCーRX100M5A)』

出典:Amazon

画素数 約2010万画素
イメージセンサー 1.0型 Exmor RS CMOSセンサー
F値 F1.8~F2.8
ISO感度 125~25600
焦点距離(ズーム機能) 8.8~25.7mm(35mm判換算:24~70mm)
シャッター速度 30秒~1/32000秒
重量 約299g(バッテリー、メモリーカード含む)

高速連写を可能にする高機能AF

高速連写を精度高く捉えることができる0.05秒の高速AFを搭載しています。1秒間に24コマの連写をブレなく撮影できるので、一瞬の表情や決定的な瞬間をのがしません。

また、最高1/32000秒の高速シャッターと内蔵NDフィルターにより、高輝度撮影にも対応。今までのカメラでは露出オーバーで画面が白くなる明るいシーンでも絞りを開放にでき、ボケを活かした撮影が可能です。1型のイメージセンサーを採用しており、小型で軽量でありながら高画質を実現しています。

Panasonic(パナソニック)『LUMIX(DCーTX2)』

Panasonic(パナソニック)『LUMIX(DCーTX2)』 Panasonic(パナソニック)『LUMIX(DCーTX2)』 Panasonic(パナソニック)『LUMIX(DCーTX2)』 Panasonic(パナソニック)『LUMIX(DCーTX2)』 Panasonic(パナソニック)『LUMIX(DCーTX2)』 Panasonic(パナソニック)『LUMIX(DCーTX2)』

出典:Amazon

画素数 2010万画素
イメージセンサー 1.0型 高感度MOS センサー
F値 F3.3~F6.4
ISO感度 80~25600
焦点距離(ズーム機能) 8.8~132mm(35mm判換算: 24~360mm)
シャッター速度 60秒~1/16000秒
重量 約340g(バッテリー、メモリーカード含む)

本格的な旅カメラをお探しなら! 340gの超軽量

こちらの商品は、340gの軽さが特徴のコンパクトデジタルカメラです。パナソニックのレンズ技術を結集し、ライカカメラ社の高水準な評価をクリアした高性能レンズを採用。また、広角24mmから望遠360mmまで対応する光学15倍ズームを採用するなど、とても性能の高い商品となっています。

340gという軽さでありながら、有効画素数は2010万画素、さらに1型イメージセンサー採用で高画質を実現。旅行先でも本格的に撮影ができる、軽量の旅カメラをお探しの方におすすめの商品です。

RICOH(リコー)『GR III』

RICOH(リコー)『GRIII』 RICOH(リコー)『GRIII』 RICOH(リコー)『GRIII』 RICOH(リコー)『GRIII』 RICOH(リコー)『GRIII』 RICOH(リコー)『GRIII』 RICOH(リコー)『GRIII』

出典:Amazon

画素数 約2424万画素
イメージセンサー APS-C(23.5mm×15.6mm)CMOS
F値 F2.8~F16
ISO感度 100~102400
焦点距離(ズーム機能) 18.3mm(35mm判換算:約28mm相当)
シャッター速度 30秒~1/4000秒
重量 約257g(バッテリー、メモリーカード含む)

高解像・高コントラストで繊細な描写を

ディストーションや色収差を極限に近いレベルまで抑制できるレンズを採用し配置しているので、高解像・高コントラストで撮影できます。さらに、レンズ交換式カメラに採用されるAPS-Cと同等のCMOSイメージセンサーを搭載。そのため画質がかなり高いです。

小型化を徹底したミニマルなデザインで約0.8秒の高速起動ができるため、ポケットからパっと出してすぐに使えます。突然のシャッターチャンスを逃さず撮影できますよ。

「コンパクトデジタルカメラ」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
富士フイルム『FinePix(XP140)』
SONY(ソニー)『Cyberーshot(DSCーWX350)』
Canon(キヤノン)『IXY200』
Canon(キヤノン)『PowerShot(SX530HS)』
Panasonic(パナソニック)『LUMIX(DCーFZ85)』
OLYMPUS(オリンパス)『Tough(TGー6)』
Nikon(ニコン)『COOLPIX(B600)』
SONY(ソニー)『Cyberーshot(DSCーHX99)』
SONY(ソニー)『Cyberーshot RX100V(DSCーRX100M5A)』
Panasonic(パナソニック)『LUMIX(DCーTX2)』
RICOH(リコー)『GR III』
商品名 富士フイルム『FinePix(XP140)』 SONY(ソニー)『Cyberーshot(DSCーWX350)』 Canon(キヤノン)『IXY200』 Canon(キヤノン)『PowerShot(SX530HS)』 Panasonic(パナソニック)『LUMIX(DCーFZ85)』 OLYMPUS(オリンパス)『Tough(TGー6)』 Nikon(ニコン)『COOLPIX(B600)』 SONY(ソニー)『Cyberーshot(DSCーHX99)』 SONY(ソニー)『Cyberーshot RX100V(DSCーRX100M5A)』 Panasonic(パナソニック)『LUMIX(DCーTX2)』 RICOH(リコー)『GR III』
商品情報
特徴 アウトドアシーンで活躍する堅牢ボディ 超軽量・コンパクトなボディでズーム性能抜群 被写体が遠くてもOK! きれいにカンタン撮影 50倍ズームで撮影! ボタンひとつで携帯端末へ 超望遠ズームで遠くも撮れる! シーンに合わせて シュノーケリングに! 防水・防塵でどこでも安心 高感度センサーで夜景をきれいに撮影できる 高倍率ズームレンズ搭載のコンパクトボディ 高速連写を可能にする高機能AF 本格的な旅カメラをお探しなら! 340gの超軽量 高解像・高コントラストで繊細な描写を
画素数 1635万画素 約1820万画素 約2000万画素 約1600万画素 1810万画素 1200万画素 1602万画素 約1820万画素 約2010万画素 2010万画素 約2424万画素
イメージセンサー 1/2.3型 裏面照射CMOS 1/2.3型 "Exmor R" CMOSセンサー 1/2.3型CCD 1/2.3型CMOS 1/2.3型 高感度MOSセンサー 1/2.33型CMOS 1/2.3型原色CMOS 1/2.3型 Exmor R CMOS センサー 1.0型 Exmor RS CMOSセンサー 1.0型 高感度MOS センサー APS-C(23.5mm×15.6mm)CMOS
F値 F3.9~F4.9 F3.5~F6.5 F3.2~F6.9 F3.4~F6.5 F2.8~F5.9 F2~F4.9 F3.3~F6.5 F3.5~F6.4 F1.8~F2.8 F3.3~F6.4 F2.8~F16
ISO感度 100~12800 80~12800 100~1600 100~3200 80~6400 100~12800 125~6400 80~12800 125~25600 80~25600 100~102400
焦点距離(ズーム機能) 5~25mm(35mm判換算:28~140mm相当) 4.3~86mm(35mm判換算:25~500mm) 5~40mm(35mm判換算:28~224mm) 4.3~215mm(35mm判換算:24~1200mm) 3.58~215mm(35mm判換算:20~1200mm) 4.5mm~18mm(35mm判換算:25~100mm) 4.3~258mm(35mm判換算:24~1440mm相当) 4.25~118mm(35mm判換算:24~720mm) 8.8~25.7mm(35mm判換算:24~70mm) 8.8~132mm(35mm判換算: 24~360mm) 18.3mm(35mm判換算:約28mm相当)
シャッター速度 4秒~1/2000秒 4秒~1/1600秒 15秒~1/2000秒 15秒~1/2000秒 4秒~1/2000秒 4秒~1/2000秒 25秒~1/4000秒 30秒~1/2000秒 30秒~1/32000秒 60秒~1/16000秒 30秒~1/4000秒
重量 約207.4g(付属バッテリー、メモリーカード含む) 約164g(バッテリー、メモリーカード含む) 約126g(バッテリー、メモリーカード含む) 約442g(バッテリー、メモリーカード含む) 約616g(バッテリー、メモリーカード含む) 約253g(バッテリー、メモリーカード含む) 約500g(バッテリー、メモリーカード含む) 約242g(バッテリー、メモリーカードを含む) 約299g(バッテリー、メモリーカード含む) 約340g(バッテリー、メモリーカード含む) 約257g(バッテリー、メモリーカード含む)
商品リンク

※各社通販サイトの 2020年5月7日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年5月7日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年5月7日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年5月7日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年5月7日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年5月7日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年5月7日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年5月7日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年5月7日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年5月7日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年5月7日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする コンパクトデジタルカメラの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでのコンパクトデジタルカメラの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:コンパクトデジタルカメラランキング
楽天市場:コンパクトデジタルカメラランキング
Yahoo!ショッピング:コンパクトデジタルカメラランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

【関連記事】コンパクトデジタルカメラの関連商品

コンパクトデジタルカメラとレンズ交換式カメラの違い

SONYのコンパクトデジタルカメラ

Photo by Dennis Klein on Unsplash

コンパクトデジタルカメラの魅力は、高性能カメラを手軽に持ち歩ける点にあります。

コンパクトデジタルカメラとレンズ交換式カメラの違いは、レンズを交換できるかできないかです。コンパクトデジタルカメラは名前のとおりコンパクトで携帯しやすい反面、レンズ交換ができません。

プロのような本格的な写真を撮影される方は、やはりレンズ交換式カメラがおすすめです。しかし、コンパクトデジタルカメラは持ち運びやすいのがメリット。メインはレンズ交換式カメラを使い、コンパクトデジタルカメラをサブカメラとして持ち歩く、というのもいいかもしれません。

レンズの交換が可能か

手にもったカメラレンズ
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

撮影時にレンズを交換できれば幅広い写真が撮影できますが、レンズを別に持ち歩かねばなりません。

一般的に、レンズ交換式カメラはレンズの交換が可能です。撮影の用途に合ったレンズが選べるので、本格的な写真を撮影したい方におすすめ。ただ、コンパクトデジタルカメラに比べるとやや重量があり、交換レンズの持ち運びも必要になります。

本体の重さ

コンパクトデジタルカメラを持つ男性
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

持ち運びには重さも需要……!

コンパクトデジタルカメラの重さは、メーカーや機種によってさまざまですが、だいたい100~1000gほど。スポーツや野鳥などを撮影するプロや、ハイアマチュアが使用するレンズ交換式カメラはもう少し重いかもしれません。参考までに、プロ仕様の重量級カメラ本体で1~1.5kgくらい、超望遠レンズと組み合わせると最大6~7kg前後です。

また、三脚などの付属品も必要になるでしょう。歩くときの負担になってしまうので、旅行に持っていくならコンパクトデジタルカメラがおすすめです。

手軽さを求めるならコンパクトデジタルカメラ

プロのカメラマンが撮影するような、本格的でこだわりのある写真撮影をするなら、レンズ交換式カメラがいいでしょう。

一方、撮りたいタイミングで手軽に取り出すことができるのが、コンパクトデジタルカメラのメリット。旅先などで思い出の写真を撮りたいとき、日常でふと目にした光景を撮りたいときなど、手軽に取り出せるコンパクトデジタルカメラはとても便利です。

ポイントをおさらい

コンパクトデジタルカメラの11商品を価格帯ごとに分けてご紹介しました。

求めている画質から撮影をしてみたい被写体など、思い描く撮影イメージに合わせて商品を選ぶことが失敗のない購入方法です。

本記事を参考に、あなたがほしいコンパクトデジタルカメラを選んでみてくださいね。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2020/12/07 コンテンツ追加・修正のため記事を更新しました。(マイナビおすすめナビ編集部 名原広雄)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


【2021年】望遠タイプのコンデジおすすめ7選|手ぶれ補正付き・4K動画撮影も

【2021年】望遠タイプのコンデジおすすめ7選|手ぶれ補正付き・4K動画撮影も

遠くの被写体を撮影したいときに大活躍する望遠機能をもつコンデジ(コンパクトデジタルカメラ)。ここでは、写真家/カメラ評論家・田中希美男さんと編集部が選んだコンデジのおすすめ7選と選び方について解説します。後半には通販サイトの最新人気ランキングもありますので、売れ筋や口コミも参考にしてみてください。


カメラ用レンズクリーナーおすすめ10選|汚れをサっと落とす

カメラ用レンズクリーナーおすすめ10選|汚れをサっと落とす

フォトグラファーの瀬川陣市さんに、カメラ用レンズクリーナーの選び方、おすすめ9選を教えてもらいました。レンズクリーナーがあれば、外出先などでカメラのレンズ汚れが気になっても、かんたんに汚れを落とすことができます。効率的なクリーニングのためには、用途に適した商品を選ぶことが大切です。一眼レフなどのカメラの性能を活かすためにもケアは欠かせません。記事後半には通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミを確認してみましょう。


【2020年】格安アクションカメラおすすめ10選|MUSONなど高コスパモデルも

【2020年】格安アクションカメラおすすめ10選|MUSONなど高コスパモデルも

GoProでおなじみのアクションカメラ。中華製を筆頭に高い性能を誇った格安カメラが存在することでも知られます。4K画質はもちろん、性能を比較してもハイエンドカメラに決して引けを取りません。そんな格安アクションカメラをフォトグラファーの瀬川陣市さんと編集部が厳選。後半には通販サイトの最新人気ランキングのリンクがありますので、売れ筋や口コミもチェックしてみてください。


ハンドストラップおすすめ5選|カメラ固定・落下防止に! レザー素材も

ハンドストラップおすすめ5選|カメラ固定・落下防止に! レザー素材も

カメラの落下防止・固定の役割をもつストラップ。なかでも手に巻きつけ使用するハンドストラップは、歩きながらカメラを使用するときにも重宝するアイテムです。ハクバやエツミなどのメーカーからたくさんの商品が発売されています。そこで、フォトグラファー・瀬川陣市さんと編集部が選んだハンドストラップのおすすめと選び方のポイントについてご紹介します。後半には通販サイトの最新人気ランキングもありますので、売れ筋や口コミもチェックしてみてください。


【2020年】GoProおすすめ13選|【HERO7・8・9・MAX】など選び方を解説

【2020年】GoProおすすめ13選|【HERO7・8・9・MAX】など選び方を解説

ダイビングや動きのあるスポーツなど迫力ある動画の撮影ができ、アクセサリーも豊富なアクションカメラ「GoPro」。ここでは、モバイル情報ブロガーの伊藤浩一さんと編集部が選ぶ、2020年版GoProおすすめ12選と選び方のポイントをご紹介します。GoPro HERO7で撮影したダイビング動画もありますので、ぜひ参考にしてみてください。後半に通販サイトの最新人気ランキングのリンクもありますので、売れ筋や口コミをチェックしてみてください。


新着記事


発色がよくてイラストにも向いている? アルコールマーカー『コピック』の画材の特徴や魅力を検証レビュー

発色がよくてイラストにも向いている? アルコールマーカー『コピック』の画材の特徴や魅力を検証レビュー

アナログでイラストを描くとき、画材としても活躍するカラーマーカー。そのなかでも『コピック』は、幅広い分野で多くのプロや漫画家に愛用されているアルコールマーカーです。自分も使ってみたい! という方や、具体的にどういうマーカーなのか気になっている方も多いのではないでしょうか。そこで今回は『コピック』について、実際に使い方や書き味をチェックしてみました! 気になる方はぜひ参考にしてみてください。


がんこな尿石落としに!『サンポール』の洗浄力を検証レビュー

がんこな尿石落としに!『サンポール』の洗浄力を検証レビュー

毎日使うトイレは、きれいにしておきたいもの。来客など家族以外の方も使うことがありますので、見た目や匂いなど気になるものです。「サンポール」という商品名は、ご存知の方も多いのではないかと思います。この「サンポール」の洗浄力を検証するため、実際に使用してみました。トイレ洗浄剤の商品選びに迷っている方、『サンポール』の購入を検討されている方、この記事をトイレ洗浄剤選びの参考にしてみてください。


アテニアのトライアルセットを体験! 口コミや評判を徹底レビュー

アテニアのトライアルセットを体験! 口コミや評判を徹底レビュー

年齢とともにお肌の悩みが増えていき、鏡を見るのがちょっと憂うつになることはありませんか? そんなお肌の悩みには、年齢に応じたケアができる化粧品がおすすめです。美容成分を使うだけでなく、余計な添加物を使わないスキンケアでやさしくお肌を整えられたらいいですよね。今回は、肌の元気のなさが気になっていた筆者が『アテニア ドレスリフト』のトライアルセットを使用してみました。さまざまな独自原料や独自成分を使用し、添加物もできるだけ省いている『アテニア ドレスリフト』の使い心地をお伝えします。


化粧くずれしにくい! 『プリマヴィスタ 皮脂くずれ防止 化粧下地』のキープ力を検証レビュー

化粧くずれしにくい! 『プリマヴィスタ 皮脂くずれ防止 化粧下地』のキープ力を検証レビュー

『プリマヴィスタ 皮脂くずれ防止 化粧下地』は、メイクを長時間キープしたい方にぴったりの化粧下地。皮脂によるテカリ・くずれが気になりにくく、ファンデーションも取れにくいのが特徴です。この記事では、『プリマヴィスタ 皮脂くずれ防止 化粧下地』を実際に試して、使用感をたっぷりレビューしていきます。ぜひ記事を読んで、あなたのお悩み軽減に役立つ化粧下地かどうかチェックしてみてくださいね!


アクアレーベルのトライアルセットを体験! 口コミや評判を徹底レビュー

アクアレーベルのトライアルセットを体験! 口コミや評判を徹底レビュー

大人ニキビや毛穴の目立ち、インナードライが気になり出したら、お肌にたっぷりうるおいを与えるスキンケアをしたくなります。季節に関係なく、肌あれしやすくなった大人の女性にピッタリのスキンケアアイテムはないのでしょうか? そんな肌をうるおいで満たし、大人の悩みに寄り添ってくれるのは、『アクアレーベル』。忙しい日々でも自分らしくきれいになりたい人のスキンケアです。有名ブランドの定番商品なので、口コミも多いようですが、実際使い心地やコスパはどうなのでしょうか? 今回は、毛穴開きが気になる筆者が、赤いスキンケアシリーズのトライアルセット『バランスアップセット』を使用してみました。


PC・スマホ・カメラの人気記事


>>もっと見る