望遠タイプ【コンデジ】おすすめ商品6選!|写真家/カメラ評論家の選び方

望遠タイプ【コンデジ】おすすめ商品6選!|写真家/カメラ評論家の選び方
写真家、カメラ評論家
田中 希美男

多摩美術大学付属多摩芸術学園・写真科卒業。撮影分野は、おもにクルマを中心に人、モノ、料理、風景、スナップ、ファッション、ドキュメントなど被写体を問わない。 ほかに、カメラ雑誌などに新型カメラやレンズのテストのレポート、撮影技法などの解説をする。

遠くの被写体を撮影したいときに大活躍する望遠機能を持つコンデジ(コンパクトデジタルカメラ)。今回ご紹介するコンデジは、どれも広い範囲の画角をカバーする高倍率ズームレンズを内蔵し、軽量なスリム型のカメラボディが特徴のコンパクトカメラです。そこで、写真家/カメラ評論家・田中希美男さんに取材し、コンデジの選び方とおすすめ機種をまとめました。各機種の特徴などを確認して、自分にピッタリの機種を見つけてくださいね。


コンデジ(望遠)の選び方|写真家/カメラ評論家に聞く

写真家/カメラ評論家・田中希美男さんに、コンデジ(望遠)を選ぶときのポイントを4つ教えてもらいました。

カメラ撮影を楽しむ女性
Payless images logo 7d75d46922da333d985fdbdff6420aad801d95739d2bd451a5187eec7ce851e9

コンパクトかつ遠くまで撮影できる望遠機能をあわせ持ったコンデジ。写真撮影の幅を広げてくれることでしょう。

幅広い画角はもちろん見た目や携帯性も確認

写真家、カメラ評論家

どれだけの望遠撮影ができるかもチェックポイントのひとつですが、あわせてカメラ本体のサイズや重さ、見た目の「カッコよさ」もチェックしましょう。

電源OFFにしたとき、つまりカメラをポケットに入れたりして持ち運びするときですが、どれくらいの薄さになるかも確認してください。出っ張りがなく薄いほど持ち運びしやすいからです。

キヤノン『PowerShot SX740 HS』

コンパクトで出っ張りのないデザインなので、携帯性抜群。バッグの中に入れて、いつでも撮影が楽しめます。

>> Amazonで詳細を見る

液晶モニターの性能(自撮り・タッチパネル)で選ぶ

写真家、カメラ評論家

カメラ背面の液晶モニターはほとんどが3.0型のじゅうぶんな大きさがありますが、そのモニターの角度が自在に変えられるかどうかを確認しましょう。画面が180度回転できる機種なら、モニター画面を見ながら自撮り撮影も可能です。

また、タッチパネルの機能を備えていると、ピント合わせなどがとてもラクで便利なのでチェックしておきましょう。

電子ビューファインダーがあると便利

写真家、カメラ評論家

液晶モニターのほかに、電子ビューファインダー(EVF)を備えたカメラもあります。EVFがあると、明るい戸外での撮影で液晶モニターの画面が反射して見づらいときなども構図などをしっかり確認できます。

カメラ価格は少し高めになりますが、超望遠コンデジで明るい時間帯の屋外撮影をする場合はなにかと便利ですので、チェックしましょう。

手ぶれ補正の機能を備えたカメラを選ぶ

写真家、カメラ評論家

スリム型コンパクトカメラは小さく薄く軽くて持ち運びにはよいのですが、いざ写真を撮ろうとすると意外とぶれやすく、ピントも合わせにくいものです。有効な手ぶれ補正の機能を備えていれば、超望遠ズーミングしても画面が上下左右にぶれずしっかりと構図も決めやすくなります。

ここで紹介する5機種にはすべて手ぶれ補正の機能を備えている機種をおすすめとして挙げましたので、どれを選んでいただいても大丈夫です。

ソニー『Cyber-Shot DSC-HX99』

手ぶれ補正機能が備わっていれば、コンパクトで軽量なコンデジでも超望遠撮影での手ぶれが軽減できます。

>> Amazonで詳細を見る

手ぶれ補正機能はこう使いこなそう

写真家、カメラ評論家

手ぶれ補正の機能はユーザーがON/OFFすることが可能ですが、三脚を使って長時間露光で撮影するとき以外はシャッタースピードにかかわらず常時ONで使ってください。「高速シャッタースピードで撮るから手ぶれの心配はない」とOFFにする必要はありません。

シャッターボタンを軽く半押しすれば、手ぶれ補正の機能が動作してモニター画面がぴたりと静止します。構図をしっかり決めるときにはシャッターボタンを軽く押しながらフレーミングするといいでしょう。いわゆる「イッキ押し」をしても手ぶれ補正は働きますが、あまりおすすめできません。シャッターは落ち着いてゆっくりと、が撮影の基本です。

使いやすくて魅力的な撮影機能を備えているか

写真家、カメラ評論家

いろいろなシーンを気軽に楽しく撮影することができる機能を持っているかどうかもチェックポイントです。たとえば一瞬の動きを確実にとらえることのできる高速連写の機能があると、スポーツ観戦や野鳥撮影に役立ちます。

カメラまかせのプログラムオート以外に、絞りやシャッタースピードを自分で選んで撮影できるモードが備わっていると便利です。動くものをシャッタースピードを遅くして撮ると、ぶれて動感が表現できますし、逆に高速シャッタースピードで写せば一瞬を静止させて表現できます。また、色調をあれこれ変えて自分なりの表現ができる自動撮影モードがあるかもチェックしておきましょう。

おすすめのコンデジ(望遠)6選|写真家/カメラ評論家が厳選

上で紹介したコンデジ(望遠)の選び方のポイントをふまえて、実際に写真家/カメラ評論家・田中希美男さんに選んでもらったおすすめ商品を紹介します。各機種の特徴をチェックして、自分に向いたコンデジを選びましょう。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

キヤノン『PowerShot SX740 HS』

キヤノン『PowerShotSX740HS』 キヤノン『PowerShotSX740HS』 キヤノン『PowerShotSX740HS』 キヤノン『PowerShotSX740HS』 キヤノン『PowerShotSX740HS』 キヤノン『PowerShotSX740HS』 キヤノン『PowerShotSX740HS』

出典:Amazon

画角 4.3(W)-172.0mm(T)(35mm換算24(W)-960mm(T))
サイズ 110.1×63.8×39.9mm
モニタ 3.0型TFTカラー液晶(約92.2万ドット)、視野率:約100%、チルトタイプ
手ぶれ補正 光学手ぶれ補正:マルチシーンIS補正効果(静止画IS時):3段(350mm)
機能 4K動画、自分撮り 他
F値 F3.3-F8.0(W)/F6.9-F8.0(T)
ISO感度 100-3200
Thumb lg a48eb9b9 b586 4f5b 85bd cafc20b4f1dd

写真家、カメラ評論家

24~960mm相当の超望遠画角と4K動画撮影

広角から約1,000mm相当の超望遠画角までを画質のよい光学ズームで撮影ができるコンデジ。さらにデジタルズーム(プログレッシブファインズーム)機能を利用すれば約2,000mm以上の超々望遠を画質をほぼ保ったままで撮影することもできます。

フルHD動画のほか4K動画を撮影する機能も備えています。液晶モニターはチルトタイプで角度が変えられ、画面を180度回転して自分に向けて自撮り撮影することもできます。

また、最高7.4コマ秒の高速連写でAF追従します。カラーバリエーションはシルバーとブラックが用意されていますが、デザインが美しいシルバーモデルがおすすめ。兄弟機種にPowerShot SX730HSという少し価格の安いカメラもあります。4K動画の撮影はできませんがほぼ同じ機能を備えています。参考にされるといいでしょう。https://cweb.canon.jp/camera/dcam/lineup/powershot/sx720hs/

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

キヤノン『PowerShot SX620HS』

キヤノン『PowerShotSX620HS』 キヤノン『PowerShotSX620HS』 キヤノン『PowerShotSX620HS』 キヤノン『PowerShotSX620HS』 キヤノン『PowerShotSX620HS』

出典:Amazon

画角 4.5-112.5mm(35mm換算25-625mm)
サイズ 96.9×56.9×27.9mm
モニタ 3.0型TFTカラー液晶(約92.2万ドット)、視野率:約100%
手ぶれ補正 光学手ぶれ補正:マルチシーンIS補正効果(静止画IS時):2.5段(350mm)
機能 Wi-Fi機能、フルハイビジョン動画 他
F値 F3.2(W)-F6.6(T)
ISO感度 80-3200
Thumb lg a48eb9b9 b586 4f5b 85bd cafc20b4f1dd

写真家、カメラ評論家

光学25倍ズームを内蔵しながら薄型軽量ボディ

ズーム倍率25倍の光学式ズームで24mmから625mm相当の画角をカバーします。ややズーム倍率にもの足りなさを感じられる人もいるかもしれませんが、600mmオーバーの焦点距離といえば立派な超望遠画角です。プログレッシブファインのデジタルズームを利用すれば高画質のまま1,250mm相当の超望遠撮影もできますから不満はないでしょう。

ズーム倍率を抑えめにしたおかげで、そのぶんカメラサイズも小さく、とても薄型に仕上がっており、それが大きな魅力になっています。カメラの電源をOFFにすればボディは約3センチの薄さになります。

液晶モニターは固定式ですが、大きな3.0型で約92万ドットの高精細液晶を採用しています。Wi-Fi機能を搭載しているので撮影した画像をスマホなどに容易に転送できます。ボディ色をホワイト、レッド、ブラックの3種類から選べることもこのカメラのおすすめポイントです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ソニー『Cyber-Shot DSC-HX99』

ソニー『Cyber-ShotDSC-HX99』 ソニー『Cyber-ShotDSC-HX99』 ソニー『Cyber-ShotDSC-HX99』 ソニー『Cyber-ShotDSC-HX99』 ソニー『Cyber-ShotDSC-HX99』 ソニー『Cyber-ShotDSC-HX99』 ソニー『Cyber-ShotDSC-HX99』 ソニー『Cyber-ShotDSC-HX99』 ソニー『Cyber-ShotDSC-HX99』 ソニー『Cyber-ShotDSC-HX99』 ソニー『Cyber-ShotDSC-HX99』 ソニー『Cyber-ShotDSC-HX99』 ソニー『Cyber-ShotDSC-HX99』 ソニー『Cyber-ShotDSC-HX99』 ソニー『Cyber-ShotDSC-HX99』 ソニー『Cyber-ShotDSC-HX99』

出典:Amazon

画角 4.25-118mm(35mm換算24-720mm)
サイズ 102.0×58.1×35.5mm
モニタ 3.0型TFTエクストラファイン液晶(約92.2万ドット)
手ぶれ補正 光学式
機能 ポップアップ式のフラッシュ、EVF、おまかせオート、シーンセレクションモード 他
F値 F3.5(W)-6.4(T)
ISO感度 80-3200(拡張ISO6400)
Thumb lg a48eb9b9 b586 4f5b 85bd cafc20b4f1dd

写真家、カメラ評論家

フラッシュやEVFもある光学28倍ズームコンデジ

約240グラムの軽量、そして小型のボディに広角24mmから超望遠720mm相当までをカバーする光学28倍ズームレンズが組み込まれています。

このカメラで感心することは、ボディ上部にポップアップ式のフラッシュと電子ビューファインダー(EVF)が内蔵されている点です。使用しないときは完全にフラットな状態になっています。このへんのデザインのよさは、さすがです。

液晶モニターは3.0型で、180度回転させて自撮り撮影をすることもできます。撮影モードはP/A/S/Mの基本モードのほか、初心者向けのおまかせオートやシーンセレクションモードも備えています。秒間最大10コマ/秒の高速連写や4K動画撮影も可能です。カメラ店で手にすると、ついほしくなって買ってしまいそうで困ったカメラです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ソニー『Cyber-Shot DSC-WX800』

ソニー『Cyber-ShotDSC-WX800』 ソニー『Cyber-ShotDSC-WX800』 ソニー『Cyber-ShotDSC-WX800』 ソニー『Cyber-ShotDSC-WX800』 ソニー『Cyber-ShotDSC-WX800』 ソニー『Cyber-ShotDSC-WX800』 ソニー『Cyber-ShotDSC-WX800』 ソニー『Cyber-ShotDSC-WX800』 ソニー『Cyber-ShotDSC-WX800』 ソニー『Cyber-ShotDSC-WX800』 ソニー『Cyber-ShotDSC-WX800』 ソニー『Cyber-ShotDSC-WX800』 ソニー『Cyber-ShotDSC-WX800』 ソニー『Cyber-ShotDSC-WX800』 ソニー『Cyber-ShotDSC-WX800』 ソニー『Cyber-ShotDSC-WX800』 ソニー『Cyber-ShotDSC-WX800』

出典:Amazon

画角 4.25-118mm(35mm換算24-720mm)
サイズ 101.6×58.1×35.5mm
モニタ 3.0型TFTエクストラファイン液晶(約92.2万ドット)
手ぶれ補正 光学式
機能 瞳AF、ロックオンAF、ノイズリダクション 他
F値 F3.5(W)-6.4(T)
ISO感度 80-3200(拡張ISO6400)
Thumb lg a48eb9b9 b586 4f5b 85bd cafc20b4f1dd

写真家、カメラ評論家

タッチパネル搭載で小型軽量、光学30倍ズーム内蔵

ポケットに入れて持ち運びできるほどの小型薄型軽量のボディ。カメラのサイズは上級機種のCyber-Shot DSC-HX99とほとんど同じで、さらに24から720mm相当の画角をカバーするズームレンズも同じです。

最大の相違点はポップアップ式の電子ビューファインダー(EVF)を内蔵していないことで、そのぶん低価格です。これがWX800のおすすめポイント。構図やピントの確認は背面液晶モニターでやるからファインダーは必要ない、と割り切る人にはおすすめです。

AFには狙った被写体をロックオンしたまま撮影ができる機能や、人物撮影で瞳に自動的にピントを合わせて撮影できる機能なども備わっています。このWX800はタッチパネル式液晶モニターですが、その機能がないだけでほぼ同じ機能を備えたCyber-Shot DSC-WX700もあり、こちらは価格が安めのWeb販売限定モデルです。https://www.sony.jp/cyber-shot/products/DSC-WX700/

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

パナソニック『LUMIX DC-TX2』

パナソニック『LUMIXDC-TX2』 パナソニック『LUMIXDC-TX2』 パナソニック『LUMIXDC-TX2』 パナソニック『LUMIXDC-TX2』 パナソニック『LUMIXDC-TX2』 パナソニック『LUMIXDC-TX2』 パナソニック『LUMIXDC-TX2』

出典:Amazon

画角 8.8-132mm(35mm判換算: 24-360mm)
サイズ 111.2mm×66.4mm×45.2mm
モニタ 3.0型 静電容量方式タッチパネル(約124万ドット)、視野率:約100%
手ぶれ補正 POWER O.I.S.(ON/OFF可)、手ぶれ補正切り替え(通常/流し撮り/OFF)
機能 空間認識AF、AF追従連写 約6コマ/秒 他
F値 F3.3 - 8.0 (W)/F6.4 - 8.0(T)
ISO感度 80-12800(拡張ISO25600)
Thumb lg a48eb9b9 b586 4f5b 85bd cafc20b4f1dd

写真家、カメラ評論家

1.0型の高感度イメージセンサーが魅力のコンデジ

高画質で高性能なプレミアム高倍率コンパクトカメラです。通常のコンデジよりもワンランク上の大きな1.0型イメージセンサーを使っています。約233万ドットの高精細な電子式ビューファインダー(EVF)をボディ内に組み込んでいるのが魅力。このファインダーを覗きながら撮影すると、いかにも上級者風でカッコいい。ポップアップ式フラッシュも内蔵しています。

液晶モニターは固定式3.0型ですがタッチパネル操作ができます。内蔵ズームレンズは広角24mmから望遠360mm相当のややズーム倍率の低いものですが、レンズの描写性能はすぐれています。4K動画での撮影のほか、その4K動画から約800万画素の静止画が切り出せる4Kフォトの機能も備えています。30コマ秒の連写コマからベストな1枚が選べるわけです。

AFは独自の空間認識技術を利用して高速でピント合わせができます。AF追従で最高約6コマ/秒の連続撮影も可能。Wi-Fi、Bluetooth LEが備わっているのでスマホと低電力で高速通信して画像転送することも可能です。魅力いっぱいのカメラ。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ライカ『C-LUX』

ライカ『C-LUX』 ライカ『C-LUX』 ライカ『C-LUX』 ライカ『C-LUX』 ライカ『C-LUX』 ライカ『C-LUX』 ライカ『C-LUX』 ライカ『C-LUX』 ライカ『C-LUX』

出典:Amazon

画角 8.8-132mm(35mm判換算24-360mm)
サイズ 113×67×46mm
モニタ 3.0型 TFT液晶モニター・タッチパネル(約124万ドット)、視野率:約100%
手ぶれ補正 光学式5軸補正
機能 高速オートフォーカス、顔認識、電子シャッター連動メカニカルシャッター、Wi-Fi 他
F値 F3.3-8.0(W)/F6.4-8.0(T)
ISO感度 125-12800(ISO拡張80-25600)
Thumb lg a48eb9b9 b586 4f5b 85bd cafc20b4f1dd

写真家、カメラ評論家

高機能かつ高品質なボディデザインが魅力のカメラ

ミッドナイトブルーとライトゴールドの2色カラーバリエションが用意されています。ライカらしいスタイリッシュなデザインをした高倍率ズーム内蔵のスリム型コンパクトカメラです。

イメージセンサーは大きな1.0型で約2,000万画素で高精細な画像が得られ、4K動画の撮影も、最高10コマ/秒の高速連写も可能です。ボディ内の左端には電子ビューファインダーが組み込まれ、液晶モニターは固定式の3.0型ですがタッチパネル式であるなど、パナソニックのLUMIX DC-TX2ととても似た機能を備えています。

しかしC-LUXのいちばんの魅力は上品なボディデザインとライカのブランドでしょう。外観をちらっと見ただけで「あっ、ライカだ」と注目され、「いいカメラですねえ」ときっと褒められることでしょう。

「望遠タイプコンパクトデジカメ」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
キヤノン『PowerShot SX740 HS』
キヤノン『PowerShot SX620HS』
ソニー『Cyber-Shot DSC-HX99』
ソニー『Cyber-Shot DSC-WX800』
パナソニック『LUMIX DC-TX2』
ライカ『C-LUX』
商品名 キヤノン『PowerShot SX740 HS』 キヤノン『PowerShot SX620HS』 ソニー『Cyber-Shot DSC-HX99』 ソニー『Cyber-Shot DSC-WX800』 パナソニック『LUMIX DC-TX2』 ライカ『C-LUX』
商品情報
特徴 24~960mm相当の超望遠画角と4K動画撮影 光学25倍ズームを内蔵しながら薄型軽量ボディ フラッシュやEVFもある光学28倍ズームコンデジ タッチパネル搭載で小型軽量、光学30倍ズーム内蔵 1.0型の高感度イメージセンサーが魅力のコンデジ 高機能かつ高品質なボディデザインが魅力のカメラ
画角 4.3(W)-172.0mm(T)(35mm換算24(W)-960mm(T)) 4.5-112.5mm(35mm換算25-625mm) 4.25-118mm(35mm換算24-720mm) 4.25-118mm(35mm換算24-720mm) 8.8-132mm(35mm判換算: 24-360mm) 8.8-132mm(35mm判換算24-360mm)
サイズ 110.1×63.8×39.9mm 96.9×56.9×27.9mm 102.0×58.1×35.5mm 101.6×58.1×35.5mm 111.2mm×66.4mm×45.2mm 113×67×46mm
モニタ 3.0型TFTカラー液晶(約92.2万ドット)、視野率:約100%、チルトタイプ 3.0型TFTカラー液晶(約92.2万ドット)、視野率:約100% 3.0型TFTエクストラファイン液晶(約92.2万ドット) 3.0型TFTエクストラファイン液晶(約92.2万ドット) 3.0型 静電容量方式タッチパネル(約124万ドット)、視野率:約100% 3.0型 TFT液晶モニター・タッチパネル(約124万ドット)、視野率:約100%
手ぶれ補正 光学手ぶれ補正:マルチシーンIS補正効果(静止画IS時):3段(350mm) 光学手ぶれ補正:マルチシーンIS補正効果(静止画IS時):2.5段(350mm) 光学式 光学式 POWER O.I.S.(ON/OFF可)、手ぶれ補正切り替え(通常/流し撮り/OFF) 光学式5軸補正
機能 4K動画、自分撮り 他 Wi-Fi機能、フルハイビジョン動画 他 ポップアップ式のフラッシュ、EVF、おまかせオート、シーンセレクションモード 他 瞳AF、ロックオンAF、ノイズリダクション 他 空間認識AF、AF追従連写 約6コマ/秒 他 高速オートフォーカス、顔認識、電子シャッター連動メカニカルシャッター、Wi-Fi 他
F値 F3.3-F8.0(W)/F6.9-F8.0(T) F3.2(W)-F6.6(T) F3.5(W)-6.4(T) F3.5(W)-6.4(T) F3.3 - 8.0 (W)/F6.4 - 8.0(T) F3.3-8.0(W)/F6.4-8.0(T)
ISO感度 100-3200 80-3200 80-3200(拡張ISO6400) 80-3200(拡張ISO6400) 80-12800(拡張ISO25600) 125-12800(ISO拡張80-25600)
商品リンク

※各社通販サイトの 2019年12月5日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月5日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月5日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月5日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月5日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月5日時点 での税込価格

コンデジ(望遠)選びに迷ったら|写真家/カメラ評論家の助言

望遠撮影だけでなくカメラの外観・デザインもよくチェックしよう

写真家、カメラ評論家

広角から超望遠、近接撮影までできるのが高倍率ズームレンズで、そのレンズを内蔵しているカメラは「一体型」と「スリム型」に区分けされています。

一体型は一眼レフのようなスタイルで、スリム型はいわゆるコンパクトカメラ風の小型軽量なスタイル。スタイリッシュカメラともよばれています。一体型カメラに比べると超々望遠の撮影まではできませんが(それでも500mm相当以上の望遠撮影も可能)、その代わり軽く小さい、薄いカメラであることが大きな特長です。

電源OFFにすればポケットに入るぐらいのカメラもあります。このクラスのカメラは、高倍率ズームの倍率だけにこだわらずに、カメラのサイズや重さもチェックポイントにして選ぶといいでしょう。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2019/12/17 コンテンツ追加・修正と価格を更新しました(マイナビおすすめナビ編集部 花島優史)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


2020年【コンパクトデジタルカメラ】おすすめ11選|機能・性能・価格で選ぶ

2020年【コンパクトデジタルカメラ】おすすめ11選|機能・性能・価格で選ぶ

コンパクトデジタルカメラは、軽くて持ち運びに便利。スマホの内蔵カメラにはない機能や画素数などをもった製品がたくさんあります。本記事では、写真家の藤井智弘さんと編集部が選んだコンパクトデジタルカメラおすすめの商品11選をご紹介します。選び方のポイントも解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。


格安【アクションカメラ】おすすめ商品5選|防水・画質・手振れ補正機能で選ぶ!

格安【アクションカメラ】おすすめ商品5選|防水・画質・手振れ補正機能で選ぶ!

フォトグラファーが選ぶ、安いけど多機能なアクションカメラ5選+番外編を紹介します。スポーツに、アウトドアに、さらには水中カメラの代わりにと、さまざまなシーンで迫力ある映像を撮影するのに威力を発揮するアクションカメラ。小さなボディながら、臨場感あふれるカットを鮮明にとらえてくれるのが魅力ですよね。この記事では、GoProにも引けを取らない数ある高コスパ・アクションカメラのなかから、フォトグラファーの瀬川陣市さんが厳選した、リーズナブルで気軽に使えそうなモデルについて解説していきます。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


ミニ三脚のおすすめ4選|1000円台の商品もご紹介!

ミニ三脚のおすすめ4選|1000円台の商品もご紹介!

ITジャーナリストの一条真人さんに聞いた、ミニ三脚のおすすめ4選をご紹介します。デジカメやスマホの普及で画像や動画の「撮影」が身近になりましたよね。みなさんの周りにも気軽に撮影を楽しんでいる方は意外と多いのではないでしょうか。手持ちで思いのままに撮るのも楽しいですが、手ブレを抑えて安定した画像や映像を撮影するには、やはり三脚が欠かせません。最近はコンパクトながらもすぐれた製品が数多く販売されています。この記事では、一条さんに、ミニ三脚を選ぶポイントとおすすめの商品を教えていただきました。記事後半の通販サイトの売れ筋ランキングとあわせて参考にしてみてくださいね。


自撮り向きデジカメおすすめ5選|Wi-Fiでスマホと連携するものも

自撮り向きデジカメおすすめ5選|Wi-Fiでスマホと連携するものも

ITライターの酒井麻里子さんへの取材をもとに、自撮りに適したデジタルカメラの選び方とおすすめ製品を5つ紹介します。近年、自撮りに便利な機能を備えたデジタルカメラが増えています。自撮りはスマートフォンでもできますが、デジカメは高画質で、夜景もキレイに撮影できるものが多いのが特徴。なかには肌をきれいに見せたり、背景をぼかしたりと自撮りをより美しく撮影するための機能が搭載されている製品も。スマホと接続すれば、家族や友達、カップルと撮った思い出の写真を手軽に共有できますよ! おすすめ商品や選び方を参考に、自分にぴったりの自撮り向きデジカメを見つけてみてください。


カメラ用三脚のおすすめ7選|コンパクトタイプもご紹介!

カメラ用三脚のおすすめ7選|コンパクトタイプもご紹介!

フォトグラファーの林 孝典さんにカメラ用三脚の選び方とおすすめ商品についてうかがいました。手持ちよりも安定し、手振れを防いでくれる三脚。天体星空の撮影や夜景のような暗いシーン、バードウォッチング野鳥撮影、風景撮影など待ちが必要な場合は、三脚がとても役に立ちます。しかし、カメラ用三脚の売り場を見るとたくさんの種類があり、どれを選んだらよいか分かりづらいですよね。そこで、フォトグラファーの林 孝典さんにカメラ用三脚の選び方とおすすめ商品についてうかがいました。専門家ならではの視点をぜひ参考にしてみてください。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもチェックしてみてくださいね。


新着記事


ふくらはぎサポーターおすすめ12選| パフォーマンス向上に!【ミズノ、ザムスト】

ふくらはぎサポーターおすすめ12選| パフォーマンス向上に!【ミズノ、ザムスト】

立ち仕事や激しいスポーツをしている人に、多いふくらはぎの悩み。ふくらはぎのトラブルを未然に防いだり、負担を軽減したいと考えるでしょう。ふくらはぎサポーターは着用することでふくらはぎを保護し安定をサポートします。この記事では医療ライター・宮座美帆さんと編集部で選んだふくらはぎサポーターの12商品をご紹介します。段階式着圧タイプや巻きつけタイプなどについても触れています。選ぶ際の参考にしてみてください。


アルコール消毒液おすすめ9選|濃度や効果や有効成分など選び方も解説

アルコール消毒液おすすめ9選|濃度や効果や有効成分など選び方も解説

この記事では有効成分や手へのやさしさなどアルコール消毒液の選び方を医療ライターの宮座美帆さんに解説していただき、おすすめの商品を紹介します。アルコール消毒液はできるだけ除菌作用があるものを選びたいですよね。自分に合ったものを選んで、毎日を清潔に過ごしましょう。記事後半には、Amazonや楽天、ヤフーの人気売れ筋ランキングもありますのでぜひチェックしてみてください。


ひざ掛けのおすすめ23選|電気ひざ掛けやブランケットタイプも紹介

ひざ掛けのおすすめ23選|電気ひざ掛けやブランケットタイプも紹介

カラーコーディネーターでイメージコンサルタントでもある川島彩子さんへの取材をもとに、ひざ掛けのおすすめ商品23選をご紹介します。ブランケットや毛布とも呼ばれることがある「ひざ掛け」。夏の冷房対策や、冬の防寒対策に必要なアイテムで、学校や自宅、オフィスなどさまざまな場面で活躍します。記事後半には、Amazonや楽天、ヤフーの人気売れ筋ランキングもありますのでぜひチェックしてみてください。


アロエベラジュースおすす9選|有効成分や効果について解説!

アロエベラジュースおすす9選|有効成分や効果について解説!

管理栄養士の渡辺愛理さんと編集部が選んだおすすめのアロエベラジュースを紹介します。体にうれしい効果があると期待され、話題のアロエベラジュース。アロエベラに含まれている多くの成分が美容でも注目されています。記事後半には、楽天やヤフーの人気売れ筋ランキングもありますのでぜひチェックしてみてください。


歩行器おすすめ14選|日本製のものからおもちゃ付きも【腰が据わった子どもに】

歩行器おすすめ14選|日本製のものからおもちゃ付きも【腰が据わった子どもに】

赤ちゃんがつかまり立ちができるようになると、歩行器があるといいかなと考えるかもしれませんね。あと追いしてくるので料理ができなかったり、目を離すと危なっかしくてトイレにもいけなかったりと、たいへんな時期の強い味方。この記事では、保育士・河井恵美さんと編集部が選び方、おすすめの14商品をご紹介します。遊び道具にもなるので、使いやすい歩行器を見つける参考にしてみてください。


PC・スマホ・カメラの人気記事


>>もっと見る