生ゴミ処理機おすすめ7選+α|バイオ式、ハイブリッド式などの処理方式で選ぼう

生ゴミ処理機おすすめ7選+α|バイオ式、ハイブリッド式などの処理方式で選ぼう
プロの家電販売員 兼 家電・ITライター
たろっさ

家電量販店、家電情報ブログ「家電損をしない買い方をプロの販売員が教えます」を運営するプロの現役家電販売員。 学生時代から家電に対する並々ならぬ興味を持ち、アルバイトを経てそのまま家電量販店の道へと進んで15年弱。 個人で年間2億円を売り上げ、数々の法人内コンテスト等で表彰された経験を持っています。 家電アドバイザーの資格を有し、家電と名の付く物全てに精通しています。家電で分からないことはありません。 現在は家電ライターの業務も通して「全ての人が平等に良い家電に巡り会える機会の提供」に尽力しています。

プロの家電販売員のたろっささんへの取材をもとに、生ゴミ処理機の選び方とおすすめ商品を紹介します。家庭で料理を作れば必ず出る生ゴミ。自宅で生ゴミ処理を可能にするのが「生ゴミ処理機」です。商品によって生ゴミの処理方法や容量が異なり、また屋内・屋外などどこに設置するか、住環境によっても着目すべきポイントが変わってきます。各家庭に設置すれば、環境にやさしくゴミ問題への貢献にも。購入の際は、自治体から助成金がでる場合もありますので、忘れずにチェックしましょう!


生ゴミ処理機の選び方のポイント プロの家電販売員が解説!

プロの家電販売員のたろっささんに、生ゴミ処理機を選ぶときのポイントを4つ教えてもらいました。

料理をする男女
Payless images logo 7d75d46922da333d985fdbdff6420aad801d95739d2bd451a5187eec7ce851e9

調理の際に出る生ゴミ。自宅の生ゴミ処理機で処理できればとても便利ですよね。

設置場所は屋内か屋外か

プロの家電販売員 兼 家電・ITライター

ニオイ漏れや騒音は共通の懸念事項

生ごみ処理機には屋内用と屋外用があり、メリット・デメリットは以下の通りです。自分の使用環境に適しているものを選びましょう。

屋内騒音を気にすることなくいつでもゴミ処理を行なうことができ、利便性が高いです。ただその場合はニオイが漏れづらいモデルを選ばないとニオイが漏れてくる場合も。

屋外:ある程度大きな製品でも置けますし、ニオイが気になりにくいのがメリットです。ただし、外で処理する場合、ニオイや騒音など周囲に気を使う必要があります。さらにできるだけ雨の当たらない場所を選ぶ必要があります。

島産業『パリパリキューブライト アルファ』

屋内に置いても違和感がなく、生ゴミ処理機に見えないおしゃれなフォルムが特徴。本体が小さめで使い勝手のいい乾燥式生ゴミ処理機です。

>> Amazonで詳細を見る

処理方式で選ぶ|バイオ式 or 乾燥式

プロの家電販売員 兼 家電・ITライター

静かなバイオ式、ニオイ漏れしやすい乾燥式

生ゴミ処理機には微生物触媒を一緒に入れて生ゴミを分解する「バイオ式」と、生ゴミに熱を加えて水分を飛ばして乾燥させる「乾燥式」の2種類が主流です。

バイオ式:屋外設置で高価格の製品が多いですが、堆肥(たいひ)になるまでが比較的早く処理の音も静か

乾燥式:小型で購入しやすい価格の製品が多いですが、ニオイ漏れしやすい点やお手入れに手間がかかるといったデメリットがあります。

モダニティ『Food Cycler(フードサイクラー)FC-30』

フィルターを使用して生ゴミを肥料へと変える、生ゴミのリサイクラー。

>> Amazonで詳細を見る

ハイブリッド式や粉砕式の選択肢も

プロの家電販売員 兼 家電・ITライター

業務用のハイブリッド式、事前確認が必要な粉砕式

ゴミ処理機で主流となるのはバイオ式 or 乾燥式になりますが、処理方式はまだあります。

ハイブリッド式:現在は主流ではありませんが生ゴミを乾燥させた後にかくはんして微生物が分解してくれます。電気代も乾燥式よりは抑えられ、運転音も静かといういいとこ取りなのですが、>現在家庭用は販売されておらず業務用を検討するしかありません。

粉砕式:キッチンの排水口に備えつけられていて生ゴミを破砕しながら排水と一緒に流します。こちらは特殊な浄化槽や取付工事が必要で、集合住宅などで一部ついている場所がある程度。ただし、粉砕式自体を禁止している自治体も多く、さまざまな確認が必要な方式となっています。

自身に合った使い方を考えたうえで主流のバイオ式 or 乾燥式の処理方式を選択するといいでしょう。

ゴミの量や使用頻度に合わせた容量もチェック

プロの家電販売員 兼 家電・ITライター

2㎏程度を選べば量が多くても対応可能

一般家庭で一日に排出する生ゴミの量は家庭によって差はあれど、およそ700g前後といわれています。

毎日生ゴミ処理を行うのであれば1kg程度のものでこと足りますが、2~3日に1回位を想定しているのであれば、やはり2kg程度のものを選んでも大きすぎることはありません。

自分の使い方に合わせて適切な大きさのものを選ぶようにしましょう。

Panasonic(パナソニック)『家庭用生ごみ処理機(MS-N53)』

生ごみ処理機のなかでもとくに人気な商品。プラチナパラジウム触媒で気になるニオイはシャットアウト。ゴミの容量も最大1/7まで減らすことが可能です。

>> Amazonで詳細を見る

ある程度の電気代がかかる点に注意

プロの家電販売員 兼 家電・ITライター

1㎏の生ごみの処理におよそ30~50円程度かかる

生ゴミ処理機を使用する場合、電気代が多少かかります。各メーカーの違いはあれど、1kgの生ゴミを処理する工程を終えるまでにおよそ30~50円ほどかかるでしょう。

2日に1回程度の使用を考えた場合、月の電気代に1,000円ほど上乗せされることになります。なかには省エネモードが搭載されている製品もありますが、それでも電気代がかかることには変わりません。

少しでも電気代が安くなるよう、消費電力の低い製品を選ぶのも立派な選び方のひとつです。

エコ・クリーン『自然にカエルS(SKS-101)』

手動タイプなら電気代はかかりません。手回しハンドルを回すだけで処理ができるバイオ式の生ゴミ処理機です。

>> Amazonで詳細を見る

生ゴミ臭は自身で対策を!

プロの家電販売員 兼 家電・ITライター

ニオイが気になるなら、屋外に置くモデルを

生ゴミ処理機の購入を検討している方に話を聞くと「生ゴミをとにかく触りたくない」「ニオイがしないようにしたい」といった声が多いです。

残念ながらどんなに性能のよい生ゴミ処理機を使用しても多少のニオイは出ますし、ニオイをゼロにするのはとても難しいでしょう。

ニオイをできるだけ軽減したいのであれば、物理的に外に置くモデルを選ぶのが効果的ですが、ほかにも小まめに袋で密閉するなど自分でできる対策をしましょう。

スターエンジニアリング『家庭用生ごみ処理機バイオクリーン(BS-02)』

バイオ式を採用し、生ゴミの処理、分解を行なう工程が乾燥式より短時間可能。静音性も高く、ニオイ漏れもあまり気になりません。

>> Yahoo!ショッピングで詳細を見る

専門家が厳選! 生ゴミ処理機5選 パナソニック、スターエンジニアリング、島産業、リブランコーポレーション、エコ・クリーン

上で紹介した生ゴミ処理機の選び方のポイントをふまえて、プロの家電販売員のたろっささんに選んでもらったおすすめ商品を紹介します。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Panasonic(パナソニック)『家庭用生ごみ処理機(MS-N53)』

Panasonic(パナソニック)『家庭用生ごみ処理機(MS-N53)』 Panasonic(パナソニック)『家庭用生ごみ処理機(MS-N53)』 Panasonic(パナソニック)『家庭用生ごみ処理機(MS-N53)』 Panasonic(パナソニック)『家庭用生ごみ処理機(MS-N53)』 Panasonic(パナソニック)『家庭用生ごみ処理機(MS-N53)』 Panasonic(パナソニック)『家庭用生ごみ処理機(MS-N53)』 Panasonic(パナソニック)『家庭用生ごみ処理機(MS-N53)』 Panasonic(パナソニック)『家庭用生ごみ処理機(MS-N53)』

出典:Amazon

サイズ 550×365×268mm(ふたを開けたときの高さ770mm)
重量 12kg
処理容量 約2kg(約6L)/回、約8kg(約24L)/日
消費電力 800W
処理方式 乾燥式
Thumb lg a8ca414d 972e 4c98 a280 5a9e83f65da3

プロの家電販売員 兼 家電・ITライター

一般家庭用屋内生ゴミ処理機といえばこちら

現行モデルのなかでもとくに人気の「パナソニック」の乾燥式生ゴミ処理機。生ゴミ処理機としては求めやすい価格と屋内でも置き場所に困らないコンパクトなフォルムが特徴です。

従来のモデルに比べてニオイを抑える脱臭力が向上しており、プラチナパラジウム触媒を使用して気になるニオイをしっかりシャットアウト。

また、乾燥させて水分を飛ばすために最大1/7まで生ゴミの容積を減らしてくれ、排出するゴミも削減できます。

生ゴミ処理機入門からリピーターまで広く親しまれている製品です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

スターエンジニアリング『家庭用生ごみ処理機バイオクリーン(BS-02)』

サイズ 780×400×400mm
重量 25kg
処理容量 2kg/日
消費電力 170W
処理方式 バイオ式
Thumb lg a8ca414d 972e 4c98 a280 5a9e83f65da3

プロの家電販売員 兼 家電・ITライター

分解が速い、ニオイが少ない屋外設置型

生ゴミ処理機で有名な「スターエンジニアリング」の人気機種。バイオ式を採用しているため生ゴミの処理、分解を行なう工程が乾燥式よりかなり短時間ですみます。

また、静音性が高く、ニオイ漏れもあまり気にならないため、軒下など屋根のある場所を確保できる環境であればとくに活躍してくれるでしょう。

毎日出る生ゴミをできるだけ早く処理したいという方におすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

島産業『パリパリキューブライト アルファ(PCL-33)』

島産業『パリパリキューブライトアルファ(PCL-33)』 島産業『パリパリキューブライトアルファ(PCL-33)』 島産業『パリパリキューブライトアルファ(PCL-33)』 島産業『パリパリキューブライトアルファ(PCL-33)』 島産業『パリパリキューブライトアルファ(PCL-33)』 島産業『パリパリキューブライトアルファ(PCL-33)』 島産業『パリパリキューブライトアルファ(PCL-33)』 島産業『パリパリキューブライトアルファ(PCL-33)』 島産業『パリパリキューブライトアルファ(PCL-33)』 島産業『パリパリキューブライトアルファ(PCL-33)』 島産業『パリパリキューブライトアルファ(PCL-33)』 島産業『パリパリキューブライトアルファ(PCL-33)』

出典:Amazon

サイズ 径215×283mm
重量 2.1kg
処理容量 節電モード:約200g(約0.6L)~約400g(約1.2L)/回、通常モード:最大約700g(約2L)/回
消費電力 150W
処理方式 乾燥式
Thumb lg a8ca414d 972e 4c98 a280 5a9e83f65da3

プロの家電販売員 兼 家電・ITライター

おしゃれな形の自動停止機能つきモデル

おしゃれなトリコロールカラーと、一見すると生ゴミ処理機には見えないフォルムが特徴です。サイズも直径21.5cm、高さ28.3cmとかなり小さめ。従来モデルよりやや価格が上がった分、脱臭性能の向上に力を入れています。

また、生ゴミ処理の効率と時間も短縮されているため以前のものより電気代が節約できる点など、多くの点でひと回りパワーアップしています。

部屋内で人目を気にせず置ける、おしゃれな生ゴミ処理機がほしいという方にもぴったりです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

REBRAN(リブランコーポレーション)『エアドライ(RB-01-01)』

REBRAN(リブランコーポレーション)『エアドライ(RB-01-01)』 REBRAN(リブランコーポレーション)『エアドライ(RB-01-01)』 REBRAN(リブランコーポレーション)『エアドライ(RB-01-01)』 REBRAN(リブランコーポレーション)『エアドライ(RB-01-01)』 REBRAN(リブランコーポレーション)『エアドライ(RB-01-01)』 REBRAN(リブランコーポレーション)『エアドライ(RB-01-01)』 REBRAN(リブランコーポレーション)『エアドライ(RB-01-01)』 REBRAN(リブランコーポレーション)『エアドライ(RB-01-01)』 REBRAN(リブランコーポレーション)『エアドライ(RB-01-01)』

出典:Amazon

サイズ 径287.8×437.3mm
重量 3.4kg
処理容量 約1kg/回、約2.4kg/日
消費電力 20W
処理方式 乾燥式
Thumb lg a8ca414d 972e 4c98 a280 5a9e83f65da3

プロの家電販売員 兼 家電・ITライター

自然の温度で乾燥させるエコ生ゴミ処理機

自然の風をできるだけ使用し、通風乾燥に重点を置いた「リブラン」の製品。こちらは熱を加えずに風の力だけで乾燥させるため、時間はかかりますが電気代がかからないのが特徴。

毎日使用しても電気代が月に百数十円とメーカーで紹介されており、ほかの生ゴミ処理機と比べ破格の電気代を誇ります。

また、熱を使わないため食品乾燥機としても使用をすることができ、容器を変えればドライフルーツや干物など、さまざまな保存食品を作るのにも使えます。

生ゴミ処理機を使ってみたいけど毎月の電気代が気になるという方におすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

エコ・クリーン『自然にカエルS(SKS-101)』

エコ・クリーン『自然にカエルS(SKS-101)』

出典:Amazon

サイズ 428×340(ハンドル収納時325)×418mm
重量 9kg(初期チップ材16リットル含む)
処理容量 700g/日
消費電力 なし(手動式)
処理方式 バイオ式
Thumb lg a8ca414d 972e 4c98 a280 5a9e83f65da3

プロの家電販売員 兼 家電・ITライター

ハンドル操作でラクラク大容量

微生物が生ゴミを食べて消化をしてくれるバイオ式の生ゴミ処理機。電気を使わないので非常にエコな商品です。

よく水を切った生ゴミを投入し、蓋(フタ)を閉めて本体に付いているハンドルを回転。かくはんさせることにより、専用のバイオチップ材「エコパワーチップ」が生ゴミの分解を行なってくれます。

チップ材は、購入時のセット内容で4~5カ月使用可能。700gの大容量を投入可能です。

まだある! 屋内型の生ゴミ処理機2選

悪臭抑制や省スペースにこだわった、キッチンにおける生ゴミ処理機をご紹介します。

アースウェイ『ママサポート』

アースウェイ『ママサポート』 アースウェイ『ママサポート』 アースウェイ『ママサポート』

出典:楽天市場

サイズ 265×380×390mm
重量 17kg
処理容量 5L
消費電力 260W
処理方式 乾燥式

シンクと直結なので三角コーナーいらず

キッチンのシンク下に直結して設置することができる製品。シンクから投入された生ゴミがそのままこまかく裁断され、堆肥(たいひ)として使用することができます。

投入後はすべて全自動処理。袋詰めされる設計なので、手を汚す心配もありません。導入には工事が必要ですが、一度設置すれば三角コーナーの必要もなくなるでしょう。

モダニティ『Food Cycler(フードサイクラー)FC-30』

モダニティ『FoodCycler(フードサイクラー)FC-30』 モダニティ『FoodCycler(フードサイクラー)FC-30』 モダニティ『FoodCycler(フードサイクラー)FC-30』 モダニティ『FoodCycler(フードサイクラー)FC-30』 モダニティ『FoodCycler(フードサイクラー)FC-30』 モダニティ『FoodCycler(フードサイクラー)FC-30』 モダニティ『FoodCycler(フードサイクラー)FC-30』

出典:Amazon

サイズ 280×320×360mm
重量 9kg
処理容量 約2L
消費電力 500W
処理方式 乾燥式

悪臭抑制にこだわったカナダ発の屋内設置型

外国生まれのこの商品は、屋内で使用するためにすぐれた性能を発揮。悪臭を出さない設計や省スペース形状など多数のこだわりが特徴です。

専用のフィルターを使うことで外部への悪臭を抑制。室内で使用してもニオイに悩まされることがなさそうです。また、付属のバケツは食洗機で洗浄することが可能なので、お手入れもかんたん。生成された肥料もほぼ無臭なので、家庭菜園などで使っても問題ないでしょう。

番外編|電気を使わず生ゴミを肥料に!

生ゴミや落ち葉などを堆肥にできる、コンポストや発酵促進剤をご紹介します。

IRIS OHYAMA(アイリスオーヤマ)『エココンポスト(IC-100)』

IRISOHYAMA(アイリスオーヤマ)『エココンポスト(IC-100)』 IRISOHYAMA(アイリスオーヤマ)『エココンポスト(IC-100)』 IRISOHYAMA(アイリスオーヤマ)『エココンポスト(IC-100)』 IRISOHYAMA(アイリスオーヤマ)『エココンポスト(IC-100)』

出典:Amazon

サイズ 560×560×630mm
重量 約3.4kg
処理容量 95L
消費電力 なし
処理方式 発酵式

太陽光の熱を利用して生ゴミを堆肥に

底なしタイプのコンポストで、太陽光を吸収して発酵の効率を高める設計。防臭剤も付属しているので、周囲への悪臭を軽減できるでしょう。

本体が黒色のカラーで、そのぶん日光を吸収し発熱効率を高めています。そのため、なるべく日当たりのいい場所に設置するのがポイント。別売りの菌床と生ゴミ発酵促進剤を入れておき、発酵させて最終的に堆肥にさせます。

IRIS OHYAMA(アイリスオーヤマ)『コンポスト用菌床 10L(KK-10L)』

IRISOHYAMA(アイリスオーヤマ)『コンポスト用菌床10L(KK-10L)』 IRISOHYAMA(アイリスオーヤマ)『コンポスト用菌床10L(KK-10L)』 IRISOHYAMA(アイリスオーヤマ)『コンポスト用菌床10L(KK-10L)』 IRISOHYAMA(アイリスオーヤマ)『コンポスト用菌床10L(KK-10L)』

出典:Amazon

サイズ 470×355×70mm
重量 約3kg
処理容量 -
消費電力 -
処理方式 発酵式

自然由来の材料で作られた菌床

馬糞・稲わら・麦わらという、自然由来の原料で作られている商品。生ゴミを入れる前にコンポストの底に撒いておき、一週間に一回程度のペースで追加して使用します。

材料由来の水分吸収力を生かし、水分を菌床が吸収して生ゴミを良質の堆肥に。コンポスト用発酵促進材と併用することで、より発酵を促進できるでしょう。

伸和『キッチンコンポスト』

伸和『キッチンコンポスト』 伸和『キッチンコンポスト』 伸和『キッチンコンポスト』 伸和『キッチンコンポスト』 伸和『キッチンコンポスト』 伸和『キッチンコンポスト』 伸和『キッチンコンポスト』 伸和『キッチンコンポスト』 伸和『キッチンコンポスト』

出典:Amazon

サイズ 290×290×410mm
重量 約1.25kg
処理容量 約19L
消費電力 なし
処理方式 発酵式

台所に設置してもスペースを圧迫しない

幅奥行が約30cmとコンパクトな商品。そのため、台所に設置してもスペースを取らず、電気も不要なので配線の取り回しを考える必要がないところがうれしいポイントです。

グリーン、ライトブラウン、ピンクの3種類の色があるので、キッチンの雰囲気に合わせて商品を選ぶことが可能。生ゴミにEM菌をふりかけ、1〜2週間かけて発酵させることで有機肥料やEM活性液として再利用できます。ガーデニングが趣味の方にはぴったり!

伸和『マイクロエコロジー(EMボカシ肥料)』

伸和『マイクロエコロジー(EMボカシ肥料)』

出典:Amazon

サイズ 320×210×40mm
重量 1kg
処理容量 -
消費電力 -
処理方式 発酵式

EM菌で生ゴミの発酵をスムーズに

生ゴミの発酵を進めてくれる促進剤。EM菌で生ゴミを分解し、悪臭の緩和にも貢献します。

使い方もかんたんで、コンポストに生ごみと一緒に入れておくだけで発酵を促進。生ゴミだけでなく、庭の雑草や落ち葉などの処理をする際にも役立つでしょう。土壌改良剤としても使えるので、ガーデニングが趣味のご家庭などで重宝するのではないでしょうか。

「生ごみ処理機」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
Panasonic(パナソニック)『家庭用生ごみ処理機(MS-N53)』
スターエンジニアリング『家庭用生ごみ処理機バイオクリーン(BS-02)』
島産業『パリパリキューブライト アルファ(PCL-33)』
REBRAN(リブランコーポレーション)『エアドライ(RB-01-01)』
エコ・クリーン『自然にカエルS(SKS-101)』
アースウェイ『ママサポート』
モダニティ『Food Cycler(フードサイクラー)FC-30』
IRIS OHYAMA(アイリスオーヤマ)『エココンポスト(IC-100)』
IRIS OHYAMA(アイリスオーヤマ)『コンポスト用菌床 10L(KK-10L)』
伸和『キッチンコンポスト』
伸和『マイクロエコロジー(EMボカシ肥料)』
商品名 Panasonic(パナソニック)『家庭用生ごみ処理機(MS-N53)』 スターエンジニアリング『家庭用生ごみ処理機バイオクリーン(BS-02)』 島産業『パリパリキューブライト アルファ(PCL-33)』 REBRAN(リブランコーポレーション)『エアドライ(RB-01-01)』 エコ・クリーン『自然にカエルS(SKS-101)』 アースウェイ『ママサポート』 モダニティ『Food Cycler(フードサイクラー)FC-30』 IRIS OHYAMA(アイリスオーヤマ)『エココンポスト(IC-100)』 IRIS OHYAMA(アイリスオーヤマ)『コンポスト用菌床 10L(KK-10L)』 伸和『キッチンコンポスト』 伸和『マイクロエコロジー(EMボカシ肥料)』
商品情報
特徴 一般家庭用屋内生ゴミ処理機といえばこちら 分解が速い、ニオイが少ない屋外設置型 おしゃれな形の自動停止機能つきモデル 自然の温度で乾燥させるエコ生ゴミ処理機 ハンドル操作でラクラク大容量 シンクと直結なので三角コーナーいらず 悪臭抑制にこだわったカナダ発の屋内設置型 太陽光の熱を利用して生ゴミを堆肥に 自然由来の材料で作られた菌床 台所に設置してもスペースを圧迫しない EM菌で生ゴミの発酵をスムーズに
サイズ 550×365×268mm(ふたを開けたときの高さ770mm) 780×400×400mm 径215×283mm 径287.8×437.3mm 428×340(ハンドル収納時325)×418mm 265×380×390mm 280×320×360mm 560×560×630mm 470×355×70mm 290×290×410mm 320×210×40mm
重量 12kg 25kg 2.1kg 3.4kg 9kg(初期チップ材16リットル含む) 17kg 9kg 約3.4kg 約3kg 約1.25kg 1kg
処理容量 約2kg(約6L)/回、約8kg(約24L)/日 2kg/日 節電モード:約200g(約0.6L)~約400g(約1.2L)/回、通常モード:最大約700g(約2L)/回 約1kg/回、約2.4kg/日 700g/日 5L 約2L 95L - 約19L -
消費電力 800W 170W 150W 20W なし(手動式) 260W 500W なし - なし -
処理方式 乾燥式 バイオ式 乾燥式 乾燥式 バイオ式 乾燥式 乾燥式 発酵式 発酵式 発酵式 発酵式
商品リンク

※各社通販サイトの 2020年1月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年1月23日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年1月23日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年1月23日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年1月23日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年1月23日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年1月23日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年1月23日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年1月23日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年1月23日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年1月23日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする 生ゴミ処理機の売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでの生ゴミ処理機の売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:生ごみ処理機ランキング
楽天市場:生ゴミ処理機ランキング
Yahoo!ショッピング:生ゴミ処理機ランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

プロの家電販売員からアドバイス 助成金の有無を確認しておこう!

プロの家電販売員 兼 家電・ITライター

自治体によっては30,000円の補助金が出る

家庭用の生ごみ処理機を購入する場合、エコへの取り組みということで自治体から購入補助の助成金が出る場合があります。

多い所だと30,000円程度の助成金を出してくれる自治体もあり、購入金額の1/2程度を負担してくれる場所が多いです。

もちろん助成金が出ない自治体もありますが、購入前には必ず自治体の役所に問い合わせて確認をしてみるようにしましょう。

生ゴミ処理機5つのポイント

1)屋内か屋外か、設置場所によって最適な製品は変わる
2)バイオ式や乾燥式など処理方法をチェック
3)ふだん排出する生ゴミの量にあった容量選びを
4)電気代が気になるなら消費電力の低い製品を選ぶ
5)自治体によっては購入補助の助成金が出る場合も

処理後のニオイや作動音などに加え、お手入れのしやすさなども大事。設置場所や処理する生ゴミの量などに合った一台を選んでください。

【関連記事】キッチンまわりのゴミ処理に役立つ!

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2020/01/30 コンテンツ追加のため、記事を更新しました。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部 平野慎也)

※2020/04/27 タイトル変更のため、記事を更新しました。(マイナビおすすめナビ編集部 水貝英斗)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


2020年【ヨーグルトメーカー】おすすめ19選|用途・機能・サイズで選ぶ

2020年【ヨーグルトメーカー】おすすめ19選|用途・機能・サイズで選ぶ

ご自宅で自家製のヨーグルトがかんたんに作れるヨーグルトメーカー。市販のヨーグルトを買うよりコストを抑えられ、添加物も不使用なので安心です。この記事では、フードコーディネーターの國塩亜矢子さんと編集部が選ぶ最新の人気ヨーグルトメーカーをランキング形式でご紹介します。選び方のポイントも解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。


【2020年】冷蔵庫おすすめランキング30選|プロが厳選!! 容量別、小型、冷凍庫も

【2020年】冷蔵庫おすすめランキング30選|プロが厳選!! 容量別、小型、冷凍庫も

白物家電選びのプロ、コヤマタカヒロさんの冷蔵庫ランキングをご紹介します! 容量別、用途別の7つのカテゴリ(500L、400~500L、300~400L、150~300L、150L以下、小型、ポータブル)ごとの各ベストセレクション、合計25商品を紹介してもらいました! そのほかにも冷食保存に便利な冷凍庫ベスト5や冷蔵庫を選ぶ際のポイントや故障や廃棄時の対応についても解説しています。


スライサーのおすすめ21選│指を切らない安全ホルダー付きや角切り、千切りまで万能スライサーを紹介!

スライサーのおすすめ21選│指を切らない安全ホルダー付きや角切り、千切りまで万能スライサーを紹介!

包丁を使うことなく、食材をカットできるスライサー。スライスだけでなく、千切りやみじん切りまで、マルチに活躍するすぐれものです。料理の幅を広げてくれるスライサーですが、販売しているメーカーや商品数が多いため、どれを選べばいいのか迷ってしまいます。そんな人のために、今回はスライサーを選ぶときのポイントや、料理研究家のRyogoさんと編集部が選んだおすすめ商品を紹介します。


コーヒーメーカーおすすめランキング20選|全自動やおしゃれタイプなど紹介

コーヒーメーカーおすすめランキング20選|全自動やおしゃれタイプなど紹介

家電プロレビュアーの石井和美さんへの取材と、509名に向けたアンケート調査により、石井さんが選ぶコーヒーメーカーおすすめランキングと、ユーザーが選ぶコーヒーメーカーの人気ランキングを種類別に紹介! そのほか、アンケート調査による購入の際に重視するポイントや、石井さんの選び方などもご紹介。各商品のクチコミも掲載しましたので、ぜひ参考にしてください!


小型冷凍庫おすすめ4選|直冷式、ファン式の特徴もご紹介!

小型冷凍庫おすすめ4選|直冷式、ファン式の特徴もご紹介!

食料品の買い出し回数を減らそうとすると、どうしても1回に買う量が多くなってしまいますよね。今、小型の冷凍庫を買い足して、食品の冷凍保存をフル活用しようとする人が増えています。この記事では、プロの家電販売員で家電ライターでもある、たろっささんへの取材をもとに、家庭で使いやすい小型の冷凍庫の選び方とおすすめ商品をご紹介します。通販サイトのランキングもご紹介しますので、ぜひ購入の参考にしてください。


新着記事


クライミング用アッセンダーおすすめ11選│ハンド用とチェスト用の種類別に徹底比較!

クライミング用アッセンダーおすすめ11選│ハンド用とチェスト用の種類別に徹底比較!

アッセンダーは登高器とも呼ばれるクライミング時に使用するギア。ロープ上に固定し、クライミングを効率よくするものです。この記事では、登山愛好家の山崎友貴さんと編集部が選んだおすすめの商品を紹介します。サイズ・重量・右手用と左手用など、クライミング用アッセンダーの選び方についても解説していますので、ぜひ参考にしてください。


火起こし送風機おすすめ8選|初心者でもかんたん【電動・手動も】

火起こし送風機おすすめ8選|初心者でもかんたん【電動・手動も】

キャンプやバーベキューで炭を使って火を起こすとき、うちわであおいでいると時間がかかりますが、火起こし送風機を使えば、効率よく炭に風を送り、かんたんに火を起こすとができます。この記事では、登山愛好家の山崎友貴さんと編集部が選んだ、電動式と手動式それぞれのおすすめ商品をご紹介します。効率よく火を起こして、バーベキューやたき火を快適に楽しみましょう!


菜切り包丁おすすめ12選|切れ味、ステンレス製で調理効率があがる【お手入れ方法も】

菜切り包丁おすすめ12選|切れ味、ステンレス製で調理効率があがる【お手入れ方法も】

野菜を刻んだり切ったりするときに大活躍する「菜切り包丁」。しかし菜切り包丁といっても素材・大きさがさまざまで、なにを選べばいいか悩んでしまいますよね。この記事では、フードコーディネーターの加治佐由香里さんと編集部が、菜切り包丁の選び方と厳選したおすすめの12商品をご紹介します。


2020年【ギターワイヤレスシステム】おすすめ12選|自宅やライブで!

2020年【ギターワイヤレスシステム】おすすめ12選|自宅やライブで!

ギターとアンプをシールドを使わずに接続できる機材がギターワイヤレスシステム。それぞれ、チャンネル数、使用周波数帯、通信可能範囲などが異な音楽機材です。そこで、 ピアノ講師/元大手楽器メーカー勤務・山野辺祥子さんと編集部で、ギターワイヤレスシステムを選ぶときのポイントと、おすすめ商品12選をご紹介します。


ミニカーのおすすめ商品12選|素材、手押し・プルバック型など厳選!

ミニカーのおすすめ商品12選|素材、手押し・プルバック型など厳選!

子どものとき大好きだったミニカー。大人にとっても単なるオモチャではありません。バス、スポーツカー、パトカー、消防車など、車は今でも男の子の憧れ。そこで、大人と子どもが一緒に遊べるミニカーのおすすめ商品12選を、保育士の武田優希さんと編集部が厳選しました。選び方もあわせてご紹介します。


人気の記事


>>総合ランキングを見る