スティックケースの選び方&おすすめ7選! 元プロドラマー解説

スティックケースの選び方&おすすめ7選! 元プロドラマー解説

ドラムの練習やライブなどに出かけるとき、スティックを持ち歩くために必要なのがスティックケース。スティックだけではなく、それ以外の小物類も一緒に収納します。ま

た、演奏中に予備のスティックを取り出せるようにしておくなど、さまざまな用途があります。世界的なドラムブランド、Pearl(パール)のほか、多くのメーカーから発売されており、素材や収納力が異なります。

本記事では、スティックケースの選び方とおすすめ商品をご紹介します。ぜひ参考にして自分の使い方にあったスティックケースを探してみてください。


目次

音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター
田澤 仁

90年代にプロドラマーとして活動、その後、音楽ライターとして書籍、雑誌などの執筆を行なっている。 DTM、PCオーディオ関連の著書、DTMソフト、シンセサイザーの日本語マニュアル制作など多数。 Webでは2007年~2009年までサイトAll Aboutで「ロック」のガイドを務めたほか、音楽情報サイトBARKSでは国内外の数多くの有名アーティストのインタビュー、ライブ取材などを行なっている。 得意分野はAOR、ハードロック、フュージョン、80年代。

おすすめ商品の比較一覧表

画像
Promark(プロマーク)『Transport Deluxe Stick Bag』
星野楽器『TAMA(タマ)Standard Series Stick Bag STB10』
パール楽器製造『Pearl(パール)ショルダー スティックバッグ PSC-STBOS』
SABIAN(セイビアン)『Stick Frip SAB-SSF12』
Protection Racket(プロテクションラケット)『Deluxe Stick Bag BLACK』
パール楽器製造『Pearl(パール)スティックバッグ PSC-STBCN』
星野楽器『TAMA(タマ)Mallet & Accessories Bag MBS06』
商品名 Promark(プロマーク)『Transport Deluxe Stick Bag』 星野楽器『TAMA(タマ)Standard Series Stick Bag STB10』 パール楽器製造『Pearl(パール)ショルダー スティックバッグ PSC-STBOS』 SABIAN(セイビアン)『Stick Frip SAB-SSF12』 Protection Racket(プロテクションラケット)『Deluxe Stick Bag BLACK』 パール楽器製造『Pearl(パール)スティックバッグ PSC-STBCN』 星野楽器『TAMA(タマ)Mallet & Accessories Bag MBS06』
商品情報
特徴 機能よし、ルックスよしのデラックスなケース コンパクトでかさばらない円柱形 色々入るワンショルダータイプ 自立できて取り出しやすいケース 中身が一目瞭然の大容量ケース 最小限のスティックだけを持つならこれ スティック収納部を取り出せる大容量ケース
素材 ナイロン+合成皮革 ナイロン ポリエステル+衝撃吸収材+フリース -- ポリエステル+衝撃吸収材+フリース キャンバス --
サイズ 18インチ×7.5インチ 45cm×8cm×12cm 23cm×48cm(内寸) -- 23cm×48cm(内寸) -- 33cm×47cm×14cm
収納容量 -- 5~6ペア 11ペア 8~10ペア 11ペア 3ペア 15~25ペア
商品リンク

※各社通販サイトの 2021年9月21日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年9月21日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年9月21日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年9月21日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年9月21日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年9月21日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年9月21日時点 での税込価格

スティックケースの選び方のポイント 元プロドラマーが解説

それでは、スティックケースの基本的な選び方を見ていきましょう。ポイントは下記の3つ。

【1】必要なものを考えてケースのサイズを決める
【2】重さや耐久性で素材を選ぶ
【3】練習やライブでの使い方に応じたケースを選ぶ


上記の3つのポイントを抑えることで、より具体的に欲しい機能を知ることができます。一つひとつ解説していきます。

【1】必要なものを考えてケースのサイズを決める

ドラム用スティックケース

スティックをどのくらい入れるかによって、ケースのサイズが決まります。コンパクトなケースなら軽くて持ち運びしやすく、手軽に練習やライブに行くことができますが、ブラシやマレットを使うことがある場合には、すべて収まらないこともありますし、予備スティックの本数も限られます。

大きいケースには予備スティックのほかにも、いろいろと入れられますが、そのぶん重くなってしまいます。ライブや練習の際にどれだけスティックが必要なのか、それ以外に何が必要なのかを考えて、スティックケースのサイズを選びましょう。

【2】重さや耐久性で素材を選ぶ

 

スティックケースの素材にもさまざまあります。最近はナイロンやキャンバスなどが多く使われています。どちらも軽くて丈夫、比較的低価格なので、まずはこれらの素材を選ぶとよいでしょう。

このほかには革製のケースもあります。高価で重いのがデメリットですが、とても丈夫で長期間使えます。使い込んだ革製ケースには重厚な風合いがあり、持っていると上級者にみえます。「いつかは革製を使いたい!」と思う人も多いでしょう。

最近はあまり見かけなくなりましたが、ビニール系のものもあります。破れやすいのが欠点ですが、低価格でカラフルなものが多いので、デザイン重視なら選んでもよいでしょう。

【3】練習やライブでの使い方に応じたケースを選ぶ

 

ざっくりとスティックを入れられるだけのケースもあれば、ポケット類が充実したケースもあります。ポケットがあれば、ドラムセットのセッティングに必要なチューニングキーやドライバー、レンチなども整理して入れられます。

譜面も入れられるような大きなポケットを持つケースもあります。また、色々いろいろなものを一緒に入れることができ、スティック収納部分だけを取り出せるケースもあります。練習やライブでどのような使い方をするのかを考慮して、ケースを選びましょう。

スティックケースのおすすめ7選 元プロドラマーが厳選

ここまでに紹介したスティックケースの選び方のポイントをふまえて、元プロドラマーで音楽ライターの田澤 仁さんに選んでもらったおすすめ商品を紹介します。

Promark(プロマーク)『Transport Deluxe Stick Bag』

Promark(プロマーク)『TransportDeluxeStickBag』 Promark(プロマーク)『TransportDeluxeStickBag』 Promark(プロマーク)『TransportDeluxeStickBag』 Promark(プロマーク)『TransportDeluxeStickBag』 Promark(プロマーク)『TransportDeluxeStickBag』 Promark(プロマーク)『TransportDeluxeStickBag』

出典:Amazon

音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター

機能よし、ルックスよしのデラックスなケース

世界的スティックメーカー、プロマークのデラックスなケース。素材は合成皮革とバリスティックナイロンで、耐水性、耐久性に優れているので、少々ラフに扱っても大丈夫です。

ハンドル部には磁石が入っていて、さっと折りたたんで持ち運べるほか、内部、外部にジッパーつきポケット、キーホルダーフック、ペンホルダー、携帯電話用ポケット、名刺用スロットなどがあり、とても多機能なケースです。

ツアーミュージシャン向けにデザインされたものですが、スティックケース1つでスタジオに行きたい人にもおすすめです。

星野楽器『TAMA(タマ)Standard Series Stick Bag STB10』

TAMA(タマ)『StandardSeriesStickBagSTB10』 TAMA(タマ)『StandardSeriesStickBagSTB10』

出典:Amazon

音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター

コンパクトでかさばらない円柱形

軽くて丈夫なナイロン製で、シンプルな円柱形のケースです。とてもコンパクトでかさばらす、持ち運びしやすいケースです。

細くみえるルックスですが、標準的な太さのスティックなら6ペアくらいまで収納でき、フロアタムにひっかけるフックも備えています。

スティック以外はなにも持ちたくないけれど、予備スティックはすこし余裕のある本数入れたい場合にはこんなケースが最適でしょう。

パール楽器製造『Pearl(パール)ショルダー スティックバッグ PSC-STBOS』

Pearl(パール)『ショルダースティックバッグPSC-STBOS』 Pearl(パール)『ショルダースティックバッグPSC-STBOS』 Pearl(パール)『ショルダースティックバッグPSC-STBOS』 Pearl(パール)『ショルダースティックバッグPSC-STBOS』 Pearl(パール)『ショルダースティックバッグPSC-STBOS』

出典:Amazon

音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター

色々入るワンショルダータイプ

ボディバッグのように背負える、珍しいワンショルダータイプのスティックケースです。スティックは6ペア程度と、それほど大量には入りませんが、そのほかの収納力がすごい。

メインポケットはスティックのほかにA4サイズの雑誌も入るほど大きいし、サイドポケットにはタブレットなども収納可能。むしろ普通のバッグにスティック収納部がついている、と考えたほうがよいくらい。

とはいえ、世界一のドラムメーカーの製品だけあって、フロアタムに外側のフック1本で吊り下げられたり、バッグを開かずにひっかけられるなど、実際の演奏の際の利便性も考えられています。

SABIAN(セイビアン)『Stick Frip SAB-SSF12』

SABIAN(セイビアン)『StickFripSAB-SSF12』 SABIAN(セイビアン)『StickFripSAB-SSF12』 SABIAN(セイビアン)『StickFripSAB-SSF12』 SABIAN(セイビアン)『StickFripSAB-SSF12』

出典:Amazon

音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター

自立できて取り出しやすいケース

スティックケースはフロアタムに吊り下げるのが普通ですが、セッティングの関係でそうできない場合もあります。また、ケースがフロアタムのボディに触れて胴鳴りが抑えられることを嫌うドラマーもいます。そんな人におすすめなのがこのケース。

フタ部分を折り返すと、スティックの上部をむき出しの状態にして自立させることができます。足元に置いておけば、演奏中でもさっと取り出せるので、よくスティックを落としたり折ったりする人、そしてライブですぐスティックを客席に投げてしまう人にもおすすめですよ!

Protection Racket(プロテクションラケット)『Deluxe Stick Bag BLACK』

ProtectionRacket(プロテクションラケット)『DeluxeStickBagBLACK』 ProtectionRacket(プロテクションラケット)『DeluxeStickBagBLACK』 ProtectionRacket(プロテクションラケット)『DeluxeStickBagBLACK』

出典:Amazon

音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター

中身が一目瞭然の大容量ケース

ドラマーなら、チューニングキーやレンチなどの小物を探して、スティックケースのポケットをごそごそ探し回った経験があるかもしれません。とくに暗いステージでは本当に困るのですが、そんな問題を解決してくれるのがこのケース。

スティックの収納部や小物ポケットに透明な素材が使われているので、どこに入っているかすぐにわかります。

11ペアも入る大きめのケースですが、メッセンジャーバッグのように背負えるので、持ち運びも楽です。防水性のあるポリエステルの内側に衝撃吸収素材、さらに内部にはフリースが使われ、中身の保護も安心。ツアーの多いドラマーにおすすめです。

パール楽器製造『Pearl(パール)スティックバッグ PSC-STBCN』

Pearl(パール)『スティックバッグPSC-STBCN』 Pearl(パール)『スティックバッグPSC-STBCN』

出典:Amazon

音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター

最小限のスティックだけを持つならこれ

キャンバス素材の超コンパクトなスティックケース。細身のケースはオールブラックのほか、オレンジやピンクなど鮮やかな色の縁取りのあるカラーバリエーションも豊富です。

チューニングキーを入れられるポケットもありますが、スティックの収納は3ペアだけ、本当に最小限です。たとえば、とにかく荷物を減らして手軽にセッションに出かけるときなどには、こんなケースも便利でしょう。

星野楽器『TAMA(タマ)Mallet & Accessories Bag MBS06』

TAMA(タマ)『Mallet&AccessoriesBagMBS06』 TAMA(タマ)『Mallet&AccessoriesBagMBS06』 TAMA(タマ)『Mallet&AccessoriesBagMBS06』

出典:Amazon

音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター

スティック収納部を取り出せる大容量ケース

スティックのほか、ヘッドの大きいマレットやアクセサリー類、さらにはA3サイズの譜面も入れられるほど大容量のケースです。

ドラム周りで必要なものをすべて詰め込んで持っていくことができます。

スティック収納部になっている仕切り板が取り外し可能なのが特徴で、これだけをフロアタムに吊り下げることができます。バックパックとして背負うことができ、たくさん入れても持ち運びしやすいので、つい持ち物が多くなってしまうドラマーにおすすめです。

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする スティックケースの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでのスティックケースの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:ドラム・パーカッションバッグ・ケースランキング
楽天市場:ケースランキング
Yahoo!ショッピング:スティックケースランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

余裕のあるサイズのケースで、スティックの予備は多めに 元プロドラマーからアドバイス

音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター

演奏中でも取り出しやすいケースを選ぶと◎

スティックは消耗品です。木目によっては新品でもすぐ折れてしまいますし、リムショットを多用するパワーヒッターなら、中央部分から削れて徐々に使えなくなっていきます。

ですので、ライブでも練習でも、予備のスティックは多めに持っていくべきです。ケースを選ぶ際にも、必要なスティックの数を予備も含めてよく考慮してください。

また、演奏中に折れたり落としたりした場合は、ケースから新しいスティックをすぐに取り出す必要があります。自分のセッティングや奏法に合わせて、近くに置きやすいもの、取り出しやすいものを選びましょう。

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

マイナビおすすめナビ編集部

映画・アニメ鑑賞が趣味の20代編集部員。ホラー以外ならなんでも好みで、学生時代は800本以上の作品を鑑賞。知りたがりで、気になったことは何でも調べてしまう半面、興味のないことには見向きもしない性格。ちなみに、夏でも冬でも半袖Tシャツを着る根っからの暑がりで、冷暖房の気温はみんなが寒いと思うくらいがちょうどいい。担当は『家電』『アウトドア』『ホビー』など。

関連する記事


クラシックギター用ピックおすすめ10選|フィンガーピック、サムピックも

クラシックギター用ピックおすすめ10選|フィンガーピック、サムピックも

クラシックギターは複数の弦を同時に弾くことが多いため指で演奏するのが一般的ですが、「ピックがあったほうが弾きやすい」という人もいるでしょう。この記事では、ピアノ講師で元大手楽器メーカー勤務・山野辺祥子さんと編集部が選んだおすすめのクラシックギター用ピックとその選び方について、くわしくご紹介していきます。記事の後半には、通販サイトの最新人気ランキングもありますので、売れ筋や口コミをチェックしてみてください。

アコースティックギター , 楽器 , 音楽用品

マイク用XLRケーブルおすすめ12選|【音質向上】音声をキレイに録音

マイク用XLRケーブルおすすめ12選|【音質向上】音声をキレイに録音

マイクと機器をつなぐマイク用XLRケーブルは、ノイズを抑えてよりクリアな音質を実現できるアイテムです。また逆に、ノイズの原因になることもあります。本記事では、ピアノ講師・元大手楽器メーカー勤務の山野辺祥子さんと編集部が厳選したおすすめのマイク用XLRケーブルと選び方のポイントをご紹介します。後半には通販サイトの最新人気ランキングのリンクがありますので、売れ筋や口コミもチェックしてみてください。

DTM機材 , マイク , 楽器

ベースケースおすすめ13選|専門家厳選人気ギグバッグ(セミハード)など

ベースケースおすすめ13選|専門家厳選人気ギグバッグ(セミハード)など

お気に入りのベースを持ち運ぶのに欠かせない「ベースケース」。人気のフェンダーやMONOなどから、さまざまな種類が販売されています。そして保護性能はもちろん、ストラップの担ぎやすさや収納力、機能などにもそれぞれに特徴があります。そこで音楽ライターの田澤 仁さんへの取材をもとに、ベースケースの選び方とおすすめの商品を紹介します。自分のベースに合うケースはどれなのか、移動や保管時の利便性を想像しながら選んでみてください。Amazonなど通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミをとあわせてチェックしてみてください。

エレキギター・エレキベース , 楽器 , 収納ケース・ボックス

ウクレレケースのおすすめ12選|おしゃれなハワイアンから機能性抜群のリュックなど

ウクレレケースのおすすめ12選|おしゃれなハワイアンから機能性抜群のリュックなど

ウクレレを持ち運んだり保管したりするにはケースが必要です。ただコンサートやソプラノなどのサイズや、楽譜も入る収納付き、リュックタイプなど種類はさまざま。この記事では、ウクレレケースの選び方とおすすめ商品を紹介します。通販サイトの最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミとあわせてチェックしてみてください。

ウクレレ , 楽器 , 音楽用品

【音楽のプロ監修】ギターケースの選び方&おすすめ13選|エレキ・アコギ別に紹介

【音楽のプロ監修】ギターケースの選び方&おすすめ13選|エレキ・アコギ別に紹介

「ギターを始めるに当たって、ケースも一緒に欲しいと思うけど、どれがいいのか正直よくわからない」「ギターを守るだけでなく、おしゃれで個性的なケースにしたい」ギターを持ち運ぶのに必要なギターケース。様々な種類があり、どれを選んでいいのか迷ってしまいますよね。実は、ギターケースには「ソフトケース」「ギグバッグ」「ハードケース」「セミハードケース」など、4種類のケースがあり、重さや衝撃耐性、使い勝手といった特徴があり、しっかり選ばないと持ち運びがめんどくさい・・・なんてことにもなりかねません。本記事では、これからギターケースを購入しようと考えている方に向け、どんな種類があるのか、選び方はあるのか、おすすめ商品はどれか、など、初心者向けに詳しく解説いたします。本記事を読めば、基本的な機能や目的に応じた選び方などを知ることができるはずです。ぜひ参考にしてくださいね。

エレキギター・エレキベース , アコースティックギター , 楽器

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、安心・べんりなお買い物サポートメディアです。知識豊富なエキスパートがあなたの欲しいモノ、商品の選び方、情報を解説してサポート。ユーザーアンケートや人気ランキングなど、役に立つ情報で満足いくお買い物を「ナビ」します。