大人な味わいの黒ビールおすすめ10選|濃厚な香りや苦味を楽しめる商品を紹介

Koestritzer(ケストリッツァー)『ケストリッツァー・シュヴァルツビア 』
出典:Amazon
ビアジャーナリスト・パンコーディネーター
宮原 佐研子

ビールやパン、ワインなどの魅力にはまり、国内外のオイシイもの探しに足をのばし、胃袋を広げる毎日です。 日本パンコーディネーター協会認定パンコーディネーター、日本ビアジャーナリスト協会所属ビアジャーナリストとして日本ビアジャーナリスト協会HP、雑誌『ビール王国』(ワイン王国)、世界22カ国158本のビールを紹介するe-MOOK『ビールがわかる本』(宝島社)、ビアエンタテインメントムック誌『ビアびより』(KADOKAWA)他執筆。 『ビール王国』では、ビールと料理のペアリングやビール列車などの記事を担当。日本パンコーディネーター協会主催世田谷パン大学でパンとビールのペアリング体験講座も実施。

黒ビールとは原料の麦芽をコーヒー豆のようにローストして使い、色が黒く仕上がったもので、シュバルツ、スタウト、ポーター、デュンケル、ボック……など、たくさんのビアスタイルがあります。この記事では、ビアジャーナリストの宮原佐研子さんへの取材のもと、おいしい黒ビールの選び方、おすすめの黒ビールをご紹介。さまざまな種類を飲み比べ、自分好みの黒ビールを見つけてください。


黒ビールとは?通常のビールとの違い

黒ビールとは、原料の一部に濃い色の麦芽(モルト)を使ったビールで、色が濃いビール全般を指します。黒ビールは、高温で焙煎・乾燥させた「スペシャルモルト」を使用するため、焦げた麦芽の香ばしさや苦みが感じられるのが特徴です。

黒ビールと呼ばれるビールには「スタウト」や「デュンケル」「シュバルツ」「ポーター」などがあります。

黒ビールの選び方

ビアジャーナリスト・宮原佐研子さんへの取材をもとに、黒ビールを選ぶときのポイントを紹介します。ひと言で黒ビールといっても実はたくさんの種類があります。どこに注目して購入すればいいか、プロならではの視点をきいてみました。黒ビールの世界を楽しみましょう。

【1】ビールの製法で選ぶ

ビールのグラス
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

ビールの製法は大きくふたつに分けられます。それぞれの特徴をふまえて、黒ビールを選んでみましょう。

華やかな香りのエール系

エール系のビールは、やや高めの温度で発酵させることで酵母が麦汁の上に浮き上がってくることから「上面発酵」という製法で造られています。その歴史は古く、紀元前にはすでに上面発酵でビールが造られていました。

大量生産には不向きですが、豊かな香りと個性的な味わいが特徴で、飲みごたえがあります。クラフトビールのなかには、上面発酵で造られるエール系のものがたくさんあります。

のど越しのよいラガー系

ラガー系のビールは、酵母が麦汁の下に沈んでいくことから「下面発酵」と呼ばれる製法で造られます。低温で発酵させることで雑菌が繁殖しにくく、品質が安定したビールをたくさんつくれるのが特徴です。

19世紀以降、世界的に行なわれている製法で、心地よい苦みとすっきりとしたのど越しが楽しめます。

【2】ビールのスタイルで選ぶ

ビールとひと口に言っても、そのスタイルはさまざまです。世界には100種類以上のスタイルがあるとされています。そのなかでも黒ビールは大きく4つのスタイルに分けられるので、黒ビールを選ぶときはビールのスタイルもチェックしてみましょう。

ロースト香豊かな「ポーター」や「スタウト」

ビアジャーナリスト・パンコーディネーター

18世紀初頭のイギリスの港で、荷受人(ポーター)たちの間で大人気となったのがポーター。その影響で、隣国アイルランドでも同じようなビールを作ろうと試行錯誤してできあがったのがスタウトになります。

スタウトにはさらにスイート・スタウトやオートミール・スタウト、インペリアル・スタウトなどがありますが、これらのビアスタイルはいずれも上面発酵で作られていて、コクのあるロースト香を楽しめます

グリル料理やブラウンソースを使った料理との相性ピッタリで、煮込み料理にこのビールを使えば、さらに風味と深みが加わります。

すっきりとした味わいの「シュバルツ」

ビアジャーナリスト・パンコーディネーター

ドイツ語で「黒」の意味をもつシュバルツのビアスタイルは、ドイツ・バイエルン地方が発祥。

ピルスナーと同じ下面発酵酵母で発酵させるため、ビターチョコのようなほろ苦さとすっきりとした飲み口が特徴で、何杯でも飲みたくなるビールです。

たとえば、ノンシュガーのアイスコーヒーのような印象で「黒ビール」はちょっと苦手という人でも「これなら飲める!」と評判です。

そんなシュバルツと相性がいいスイーツは、シンプルなこしあんの酒種あんぱんや、薄いビターチョコなど。お互いのシンプルな魅力を引き立て合います。

苦みがひかえめでスッキリとした「デュンケル」

苦みがおだやかで、濃厚な味わいのデュンケルは、黒というよりもカラメルのようなこげ茶色が特徴です。その色から「ダークビール」と呼ばれることもあります。

小麦の甘さや香ばしさを感じる後味も楽しめ、ビールの苦みが苦手な人でも飲みやすいでしょう。

デュンケルは大きくふたつのタイプに分けられるのもポイント。ラガー系の「ミュンヒナーデュンケル」とエール系の「デュンケルヴァイツェン」があるので、自分の好みに合わせて選んでみましょう。

スイーツと相性がよい「コーヒー・フレーバード・ビール」

ビアジャーナリスト・パンコーディネーター

黒ビールとイメージが重なるのがコーヒーです。黒ビールのなかにはそのままでもコーヒーのような香りを感じるものもありますが、原料に実際にコーヒーを加えているビールもあります。

それらはおもにコーヒースタウトやコーヒーポーター、コーヒー・フレーバード・ビールと呼ばれるビアスタイルで、麦芽のロースト香にさらにコーヒーの香味が加わり、豊かな香りに包まれます

もちろんスイーツとの相性もバッチリ。休日のティータイムや、読書の傍にゆっくりと。ビールの楽しみ方が広がる黒ビールです。

【3】アルコール度数で選ぶ

並んだビール瓶
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

黒ビールは、ふつうのビールに比べるとアルコール度数が高めです。ふつうのビール感覚で黒ビールを飲むと、あっというまに酔いがまわってしまいます。

黒ビールを選ぶときは、アルコール度数にも注目しましょう。「インペリアルスタウト」や「ドッペルボック」と呼ばれる黒ビールは、とくにアルコール度数が高いです。アルコール度数が高い黒ビールを飲むときは、少しずつゆっくり味わってください。

黒ビールおすすめ10選 文豪が愛した逸品、ビールのスペシャリストが最高得点で評価など

黒ビール
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

上記で紹介した黒ビールの選び方のポイントをふまえて、ビアジャーナリスト・宮原佐研子さんと編集部が選んだおすすめ商品を紹介します。

ドイツで伝統的に作られたものから、日本で作られた飲みやすいものまでさまざまな黒ビールがを集めてみました。自分好みの黒ビールを見つけるためにぜひ参考にしてみてください。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Koestritzer(ケストリッツァー)『ケストリッツァー・シュヴァルツビア 』

ケストリッツァー・シュヴァルツビア[ドイツ330mlx6本] ケストリッツァー・シュヴァルツビア[ドイツ330mlx6本] ケストリッツァー・シュヴァルツビア[ドイツ330mlx6本]

出典:Amazon

内容量 330ml
アルコール度数 4.8%

Thumb lg 1ea20884 ea87 465a 8469 9c4b86e05742

ビアジャーナリスト・パンコーディネーター

ドイツの文豪ゲーテが愛し続けたシュバルツ

1543年に創業した醸造所が、今も作り続けている歴史あるシュバルツ。伝統的な黒ビールをお探しの方におすすめです。

適度な甘みとほんのりとした苦味のバランスが素晴らしく、かの文豪ゲーテが友人への手紙に「召使いには、いつもケストリッツ村一番の黒ビールか、茶褐色のビールを注文するだけだ」と書いていたという逸話が残っているほど、心から愛していたということでも有名です。以前のラベルにはゲーテの肖像画も描かれていました。

シュバルツらしいすっきりとした味わいに加え、アルコール度数は4.8%と軽めなので、1杯目から飲みたい黒ビールです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

舞浜地ビール工房ハーヴェスト・ムーン イクスピアリ『ハーヴェスト・ムーン シュバルツ』

ハーヴェストムーンイクスピアリシュバルツ

出典:Amazon

内容量 330ml
アルコール度数 4.5%

Thumb lg 1ea20884 ea87 465a 8469 9c4b86e05742

ビアジャーナリスト・パンコーディネーター

チェコの黒ビールに感動して作ったシュバルツ

千葉県・舞浜の「舞浜地ビール工房ハーヴェスト・ムーン」は、2020年に創業20周年を迎えるブルワリー。

ヘッドブルワーの園田智子さんは、開業前に訪れたチェコの居酒屋「ウフレク」で飲んだ黒ビールに感動したそうです。

それは例えるなら「何杯でも飲みたくなる黒ビール」。そんなビールを自分たちも作りたいと生み出したのがこのシュバルツです。

「黒ビールは好きじゃないけど、ここのシュバルツはおいしい」という声も多数あり、黒ビールを飲みなれない方にこそお試しいただきたいシュバルツです。

意外な楽しみ方として園田さんがおすすめするのが、シュバルツをトマトジュースで割る黒ビール版ビアカクテル「レッドアイ」。こちらもぜひお試しください!

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ヤッホーブルーイング『東京ブラック』

クラフトビールヤッホーブルーイング東京ブラック黒ビール缶350ml

出典:Amazon

内容量 350ml
アルコール度数 5%

Thumb lg 1ea20884 ea87 465a 8469 9c4b86e05742

ビアジャーナリスト・パンコーディネーター

香ばしさとなめらかな甘みを気軽に楽しめるポーター

ネーミングはもちろん、おいしさや斬新なデザインなどで人気の「ヤッホーブルーイング」が定番で作り続けるポーターです。

厳密にいえばこのビールのビアスタイルは、ロブストポーター。ロブストとは「強い」という意味をもち、通常のポーターよりもロースト香が強く、麦芽の甘さや濃厚さが楽しめます。

パッケージには、力強い相撲取りの後ろ姿。日本で飲める本格的なロブストポーターをイメージするようなユニークなデザインのビールは、みんなとワイワイ楽しむBBQや、女子会のチョコレートケーキなどと合わせて楽しむのもおすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Asahi(アサヒビール)『アサヒスタウト』

アサヒ・スタウト334ml

出典:Amazon

内容量 334ml
アルコール度数 8%

Thumb lg 1ea20884 ea87 465a 8469 9c4b86e05742

ビアジャーナリスト・パンコーディネーター

ビールのスペシャリストが最高得点をつけたスタウト

ベルギービールの魅力を世界に広めたことで知られる、世界的なビール評論家マイケル・ジャクソン。全部のビールを試飲して★で評価をつけた彼の著書『世界ビール大全』で、最高得点をつけたのが、このビールです。

このビールは昭和10年に発売となりましたが、その後第二次世界大戦などで一時は生産を中断。その後、昭和27年に復活製造を果たし、現在はアサヒビール吹田工場で醸造、小瓶のみで出荷されています。

イギリスの伝統的な手法で作り続けられるこのビールのアルコール度数は8%。冷やしすぎず、歴史を想いながらゆっくりと味わいたい方におすすめする日本が誇るスタウトです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

木内酒造『常陸野ネストビール エスプレッソスタウト』

常陸野ネストエスプレッソスタウト瓶[330ml]

出典:Amazon

内容量 330ml
アルコール度数 7%

Thumb lg 1ea20884 ea87 465a 8469 9c4b86e05742

ビアジャーナリスト・パンコーディネーター

深煎りのエスプレッソを飲むように味わえるスタウト

このビールは、18世紀にロシアの皇族が好んで飲んだといわれるインペリアルスタウトというビアスタイルをベースに、深煎りしたコーヒー豆を副原料に加えています。

原料のホップ由来のかすかなグレープフルーツのような香りなども複雑に絡み合い、芳醇で深いコーヒーのニュアンスと麦芽の甘さや酸味も楽しめます。

アルコール度数は7%なので、まさにエスプレッソを楽しむようにゆっくりと味わうのがおすすめです。コーヒー好きならきっと満足していただける黒ビール。

アレンジの楽しみ方として、イタリアのスイーツ「アフォガート」のようにバニラアイスにかけて、大人スイーツとしてもぜひ。

エチゴビール 『エチゴ スタウト』

エチゴビールスタウト[日本350mlx24本]

出典:Amazon

内容量 350ml
アルコール度数 7%

国内の老舗メーカーの本格的なアイリッシュスタウト

醸造元のエチゴビールは1994年に日本初の国内製造クラフトビールブルワリーとなったメーカーです。このスタウトは本場のアイルランドのスタイルを受け継いだ本格派です。味わいは焙煎麦芽が醸し出す
香ばしさの中にポップの爽やかさも感じられます。
エールの酵母も芳醇な香りを放ち、甘すぎずコクのある美味しさとなっています。

サミュエルスミス 『サミュエルスミス オートミール スタウト』

サミエルスミス・スタウト355ml×24本

出典:Amazon

内容量 335ml
アルコール度数 5%

英国の代表的メーカーによる無添加のスタウト

サミュエルスミスは本場英国でも1758年創業の伝統的なメーカーです。有名ブランドながらも小規模な醸造所で丁寧に作られるスタウトは伝統の製法を受け継ぎつつ、甘味料や防腐剤などを一切使用しない無添加の作りとなっています。麦芽の他にオーツ麦を原料とし、
チョコ―レートのようなマイルドな味わいの中にほのかな苦みが感じられる文字列
のが特徴的です。

箕面ビール 『MINOH BEERスタウト』

箕面ビールスタウト

出典:Amazon

内容量 330ml
アルコール度数 5.5%

大阪の手作り作られる本格的なスタウト

大量生産で作られるビールではなく、一本一本人の手で作られこだわりの感じられる個性あふれるビールです。箕面ビールが作られるのは大阪北部の箕面国定自然公園で、豊かな緑と綺麗な川がビールづくりに最適です。そこで生まれたこのスタウトは、
本格的な味わいと共に焙煎された麦芽の味わいとホップの多さが特徴的です。
少し甘さが強く、苦みを抑えた味わいは食後にも最適です。

ギネス 『ドラフト ギネス』

ドラフトギネス[スタウトアイルランド330ml×24本] ドラフトギネス[スタウトアイルランド330ml×24本] ドラフトギネス[スタウトアイルランド330ml×24本] ドラフトギネス[スタウトアイルランド330ml×24本] ドラフトギネス[スタウトアイルランド330ml×24本] ドラフトギネス[スタウトアイルランド330ml×24本]

出典:Amazon

内容量 330ml
アルコール度数 4.5%

世界でもっとも飲まれているスタウトの王道

スタウトといえばギネスを思い浮かべる人も多い、世界でもっとも飲まれているスタウトのブランドです。ギネスビールの特徴の要は麦芽で、アイルランドで育った大麦を使用しこれを焙煎します。その焙煎温度にもこだわり、
丁寧な焙煎から見た目も美しい綺麗な黒色のスタウトが出来上がります。
味わいコクが深くは苦みの中にほのかな甘みが感じられ、その泡のクリーミーさが特徴的です。

青島ビール 『チンタオビール スタウト』

青島ビールスタウト[中国330ml×24本] 青島ビールスタウト[中国330ml×24本] 青島ビールスタウト[中国330ml×24本] 青島ビールスタウト[中国330ml×24本] 青島ビールスタウト[中国330ml×24本]

出典:Amazon

内容量 335ml
アルコール度数 7.5%

中華料理定番のビールメーカーが手掛けるスタウト

中華料理屋に行くと必ず目にするのは青島ビールではないでしょうか。ビールの本場ドイツ造像技術は受け継ぎ、中国一のビールメーカーとなりました。日本向けに作られている青島ビールは、世界の名水であるラオ山の水を使用し、青島で醸造されています。
焙煎された麦芽のスモーキーな香りが際立ち、ホップも程よい苦さがあります。
全体的にバランスの取れた味わいで、癖が無く初心者にも飲みやすい味わいです。

おすすめ商品の比較一覧表

画像
Koestritzer(ケストリッツァー)『ケストリッツァー・シュヴァルツビア 』
舞浜地ビール工房ハーヴェスト・ムーン イクスピアリ『ハーヴェスト・ムーン シュバルツ』
ヤッホーブルーイング『東京ブラック』
Asahi(アサヒビール)『アサヒスタウト』
木内酒造『常陸野ネストビール エスプレッソスタウト』
エチゴビール 『エチゴ スタウト』
サミュエルスミス 『サミュエルスミス オートミール スタウト』
箕面ビール 『MINOH BEERスタウト』
ギネス 『ドラフト ギネス』
青島ビール 『チンタオビール スタウト』
商品名 Koestritzer(ケストリッツァー)『ケストリッツァー・シュヴァルツビア 』 舞浜地ビール工房ハーヴェスト・ムーン イクスピアリ『ハーヴェスト・ムーン シュバルツ』 ヤッホーブルーイング『東京ブラック』 Asahi(アサヒビール)『アサヒスタウト』 木内酒造『常陸野ネストビール エスプレッソスタウト』 エチゴビール 『エチゴ スタウト』 サミュエルスミス 『サミュエルスミス オートミール スタウト』 箕面ビール 『MINOH BEERスタウト』 ギネス 『ドラフト ギネス』 青島ビール 『チンタオビール スタウト』
商品情報
特徴 ドイツの文豪ゲーテが愛し続けたシュバルツ チェコの黒ビールに感動して作ったシュバルツ 香ばしさとなめらかな甘みを気軽に楽しめるポーター ビールのスペシャリストが最高得点をつけたスタウト 深煎りのエスプレッソを飲むように味わえるスタウト 国内の老舗メーカーの本格的なアイリッシュスタウト 英国の代表的メーカーによる無添加のスタウト 大阪の手作り作られる本格的なスタウト 世界でもっとも飲まれているスタウトの王道 中華料理定番のビールメーカーが手掛けるスタウト
内容量 330ml 330ml 350ml 334ml 330ml 350ml 335ml 330ml 330ml 335ml
アルコール度数 4.8% 4.5% 5% 8% 7% 7% 5% 5.5% 4.5% 7.5%
商品リンク

※各社通販サイトの¥515 / 本での税込価格

※各社通販サイトの 2020年7月7日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年7月7日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年7月7日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年7月7日時点 での税込価格

※各社通販サイトの¥285 / 本での税込価格

※各社通販サイトの 2020年11月30日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年11月30日時点 での税込価格

※各社通販サイトの¥244 / 本での税込価格

※各社通販サイトの¥300 / 本での税込価格

【最後に】ビアジャーナリストのアドバイス

ビアジャーナリスト・パンコーディネーター

どっしりとした味わいでどんな料理にも合う!

唐揚げや枝豆にビール、といえばピルスナーのビールが思い浮かびますが、意外に料理との相性の幅が広いのが黒ビールです。

たとえば、ステーキや焼肉などのグリル料理の香ばしさ、ハンバーグのデミグラスソース、ビーフシチューなど焦がして作るソースと合うのはもちろん、ベシャメルソースやチーズを使った料理、生クリームやアイス、フルーツのスイーツなどとの相性もばつぐんです。

そんな黒ビールの魅力をぜひ試してみてください。

【関連記事】そのほかのビールのおすすめはこちら

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(制作協力:やきさんま、掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2020/12/04 コンテンツ追加のため、記事を更新しました。(マイナビおすすめナビ編集部 加藤佑一)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


クラフトビールおすすめ22選|人気銘柄を通販で! 国産・海外産・ギフト用も勢ぞろい

クラフトビールおすすめ22選|人気銘柄を通販で! 国産・海外産・ギフト用も勢ぞろい

小規模な醸造所がつくる趣向を凝らしたクラフトビール。いまや職人技の域に達したかつての地ビールは、クラフトビールと呼ばれるまでになりました。強いこだわりで造られる個性的なビールは海外や日本でも多数発売されているので、どれを買ったらいいか迷ってしまう人も多いことでしょう。そこで、この記事では、クラフトビールを選ぶポイントを解説、料理家の玉利紗綾香さんと編集部がそれぞれ人気銘柄の中から厳選したおすすめ商品とプレゼントに最適なギフトセットをご紹介していきます。記事後半には、Amazonやヤフーなど通販サイトの人気売れ筋ランキングや比較一覧表もありますのでご参考に! いくつかのビールを飲み比べてみて、ぜひ好みのビールを見つけてくださいね。


発泡酒おすすめ5選&通販ランキングTOP10|ビールに負けないほどおいしい商品も

発泡酒おすすめ5選&通販ランキングTOP10|ビールに負けないほどおいしい商品も

酔っぱライターの江口まゆみさんに聞いた、美味い発泡酒の選び方とおすすめの商品5選を紹介。また、記事後半に通販サイトの人気ランキングも紹介。ぜひビールの味に負けない発泡酒を選んでください!


ビールサーバーおすすめ11選|自宅で飲める!本格的なクリーミー泡!

ビールサーバーおすすめ11選|自宅で飲める!本格的なクリーミー泡!

家庭でもきめ細やかな泡とビールが楽しめるビールサーバー。業務用のモデルにくらべて省スペースで済むため、気軽に始めやすく、誰でもかんたんに扱えます。amazonの人気売れ筋ランキングもありますのでチェックしてみてください。


ギフトビールのおすすめ10選|クラフトビール詰め合わせセットも!

ギフトビールのおすすめ10選|クラフトビール詰め合わせセットも!

ビアライターの富江弘幸さんに、もらってうれしいギフトビールの選び方とおすすめの商品を教えていただきました。大手メーカーの人気銘柄はもちろん、クラフトビールメーカーのインパクトある商品もピックアップしました。後半には通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、ぜひギフトビールを選ぶ参考にしてみてください。


フルーツビールおすすめ27選|レモン、ベリー、マンゴー味!日本・台湾・ベルギー産など!

フルーツビールおすすめ27選|レモン、ベリー、マンゴー味!日本・台湾・ベルギー産など!

ビアライターの富江弘幸さんにフルーツビールのおすすめ7選と選び方を教えていただきました。ビールの苦みが苦手な方にも試してほしい、フルーティーで飲みやすいビールも紹介しています! 通販サイトの売れ筋ランキングもありますのでチェックしてみてくださいね。


新着記事


鮮やかで濃い発色って本当?『ポスカ』の使い勝手や書きやすさを検証レビュー

鮮やかで濃い発色って本当?『ポスカ』の使い勝手や書きやすさを検証レビュー

カラーマーカーを使うときは、その発色も気になるところ。その発色の鮮やかさを特徴としているサインペンのひとつに、『ポスカ』があります。下地の色に関わらずきれいな発色ができるともいわれており、重ね書きも可能です。しかし鮮やかとはいわれても、実際にどのような色になるのかも気になりますよね。そこで今回は、『ポスカ』の使い勝手や発色性の検証を実際にチェックしてみました。気になる方はぜひ参考にしてみてください!


さっぱり飲みやすい!「ヨーグルッペ」の後味や風味などの詳しい味を検証レビュー

さっぱり飲みやすい!「ヨーグルッペ」の後味や風味などの詳しい味を検証レビュー

今回は『ヨーグルッペ』を実際に購入して試してみました。アルプスのような山脈と絶妙にリアルな女の子のパッケージで、一度見かけたら思わず調べずにはいられないほどのインパクトですよね。映画やゲームに登場しているのを見かけたり、九州出身のひとにすすめられて気になっているひとも多いのではないでしょうか。そこで、商品の紹介から、どんな味なのかを口コミを元に検証しました! ぜひ参考にしてみてください。


汚れもニオイも解消?『パイプユニッシュ』強力な分解力を検証レビュー

汚れもニオイも解消?『パイプユニッシュ』強力な分解力を検証レビュー

お風呂の排水溝、キッチンシンクの排水溝などが詰まったときに使用される『パイプユニッシュ』。濃厚なジェルが排水溝にとどまりやすいので、目視することが難しい髪の毛の詰まりなどを解消してくれるすぐれもの。お風呂やキッチンは毎日掃除しても、排水溝まで毎日掃除するのはなかなかハードルが高いものです。とはいえヘドロがたまるとニオイの原因にもなりうるので、注ぐだけでかんたんに掃除ができる『パイプユニッシュ』はとっても手軽。ニオイや詰まりを解消してくれる『パイプユニッシュ』を使用してみて感じたことをご紹介します!


顔も身体もしっとり! 『ザーネクリームE』を徹底レビュー! 【口コミ&成分も】

顔も身体もしっとり! 『ザーネクリームE』を徹底レビュー! 【口コミ&成分も】

空気が乾燥することで起こる全身の肌トラブルをどうにかしたい! と悩んでいる人も多いのではないでしょうか。手荒れやニキビ、部位によりさまざまな肌トラブルを抱えている人もいますよね。そんな悩みを抱えている人にぴったりなクリームが、大手製薬会社から発売されている『ザーネクリームE』。お肌をしっかり保湿しつつベタつかないので、肌質を問わず適切なスキンケアをすることができますよ。この記事では『ザーネクリームE』の口コミや成分について紹介するとともに、実際に使用して得られたメリットなどを写真を交えて分かりやすく説明していきます。


『明治 ブルガリアヨーグルト』シンプルでなめらかな味わいのヨーグルトを実際に食べて検証レビュー

『明治 ブルガリアヨーグルト』シンプルでなめらかな味わいのヨーグルトを実際に食べて検証レビュー

さまざまなメーカーから販売されているヨーグルト。最近ではフルーツやアロエといった味がついているものもありますよね。でも、プレーン味となると違いがわからず、ついどれを買おうか悩んでしまうのではないでしょうか。CMでもお馴染みの『明治 ブルガリアヨーグルト』。この記事では数多くのヨーグルトを食べ比べた筆者が、実際に試食し検証していきます! まだ食べたことない方だけでなく、食べたことある方も参考にしてみて下さいね!


食品・ドリンクの人気記事


>>もっと見る