エキスパートの新着記事


ヴァイツェン(ヴァイス)のおすすめ6選【ビアジャーナリストに聞いた】

ヴァイツェン(ヴァイス)のおすすめ6選【ビアジャーナリストに聞いた】

この記事では、ビアジャーナリスト・宮原佐研子さんにうかがったヴァイツェンの選び方とおすすめ商品を紹介していきます。ドイツ南部で誕生した小麦のビール、ヴァイツェン。白っぽい色合いから、「ヴァイスビア」「ヴァイス」などと呼ばれることもあります。1516年、バイエルン公国の君主は、ビールの原料がまちまちで品質が安定しないことを憂い、「ビールは大麦、ホップ、水のみ」という「ビール純粋令」を公布しました。ヴァイツェンは醸造できなくなりましたが、密かに宮廷醸造所と一部の修道院だけではつくり続け、貴族たちだけがこっそりと堪能していたそう。そんな逸話もあるほどおいしいヴァイツェン。本記事を参考に、ぜひお気に入りの1本を見つけてください。


エールビールのおすすめ7選! ビアジャーナリストが厳選【スタイルいろいろ】

エールビールのおすすめ7選! ビアジャーナリストが厳選【スタイルいろいろ】

華やかな香りを楽しむことができ、いろんな料理にも合う「エールビール」。ひとくちにエールビールといっても、「ペールエール」や「ヴァイツェン」「IPA」などさまざまなスタイルがあり、それぞれ味や香りが異なります。せっかく購入するなら、自分好みのエールビールを選びたいですよね。そこで本記事では、ビアジャーナリストの宮原佐研子さんへの取材をもとに、エールビールの選び方とおすすめの商品を紹介します。


【黒ビールおすすめ5選】ビアジャーナリストが選ぶ|スタイルいろいろ

【黒ビールおすすめ5選】ビアジャーナリストが選ぶ|スタイルいろいろ

黒ビールとは原料の麦芽をコーヒー豆のようにローストして使い、色が黒く仕上がったものです。ひとくちに「黒ビール」といえども、実はたくさんのビアスタイルがあります。たとえば、シュバルツ、スタウト、ポーター、デュンケル、ボック……。共通するのはローストされた麦芽が生み出した香りや心地よい苦味。そこで、ビアジャーナリストでパンコーディネーターの宮原佐研子さんに、今飲んでほしい黒ビールを5つ選んでもらいました。おいしい黒ビールの選び方もいっしょにまとめています。たくさんの種類を飲み比べて違いをたしかめてみてください。


ベルギービールのおすすめ5選【ビアジャーナリストに聞く】

ベルギービールのおすすめ5選【ビアジャーナリストに聞く】

ビール大国として有名なベルギー。ビールの酒造所は約200ほどあり、ビールの銘柄は1000種類以上もあるといわれています。ビールのスタイルも「ベルジャンホワイト」「セゾンビール」「ランビック」をはじめ、たくさんの種類があります。日本でも専門店やビールのフェスなどでベルギービールを飲んだことがあるという方は多いのではないでしょうか。「お店やフェスで飲んだベルギービールを家でも飲みたい!」「どれを選んでいいのかわからない……」そんな方のために、ビアジャーナリストの宮原佐研子さんに聞いた、ベルギービールの選び方とおすすめの商品を紹介します。


人気の記事


>>総合ランキングを見る