サンシェードテントおすすめ10選|ワンタッチ・フライシート付きなど厳選

コールマン(Coleman) シェード スクリーンIGシェード グリーン/ベージュ 約3kg 3~4人用 2000033128
出典:Amazon

キャンプやビーチ、野外イベントで活躍するサンシェードテント。フライシート付きのものやワンタッチ式など手軽に設営できてキャンプで海や山へ行くときはもちろん、子どもの運動会やピクニックなど、活躍の幅は無限大。ここでは、アウトドアライターでキャンプブロガーのSAMさんと編集部が厳選したサンシェードテントのおすすめと選び方をご紹介します。通販サイトの人気ランキングもありますので、売れ筋や口コミも確認してみましょう。


目次

アウトドアライター、キャンプブロガー、星のソムリエ®
SAM

キャンプブロガー、アウトドアライター、一般社団法人日本オートキャンプ協会公認インストラクター・講師、星のソムリエ®(星空案内人®)JAXA宇宙教育リーダー、光学機器メーカーマーケティングディレクター。

サンシェードの種類 ポップアップ式・ポール式・ワンタッチ式の違い、入り口の違い

サンシェードテントの種類は大きく3つにわけられます。

ポップアップ式:袋から取り出して、かんたんに組み立つ仕様がポップアップ式。フレームもないので軽量、少人数向き。片付けの際にはコツが必要。

ポール式:組み立てが必要なポール式は、安定性の高さやサイズが大きいのがメリット。組み立てに時間や手間がかかるので、設置も利用も複数人向き。

ワンタッチ式:ポップアップ式とポール式の中間にあたるのが、ワンタッチ式。フレームがありつつ、比較的組み立てはかんたん。ポップアップ式よりは重量があって、ポール式より安定性は落ちる。

また、入り口が開いたままになっている「オープンタイプ」と、完全に閉じることができる「クローズタイプ」があります。オープンタイプはバーベキューのときの日除けやちょっとした休憩スペース向け。クローズタイプなら人の目を気にすることなく、着替えや昼寝をすることができます。

CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)『シャイニーリゾートポップアップシェルターUV』

サンシェードの選び方 テントのサイズ、機能性、設営や持ち運びのしやすさをみる

アウトドアライターでキャンプブロガーのSAMさんに、テント型サンシェードを選ぶときのポイントを教えてもらいました。アウトドアのエキスパートの視点を、商品選びに活かしてみてください。

サンシェード
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

テント型サンシェードがあれば、熱い日差しも怖くないですね。

テント全体のサイズを確認・収納時のサイズも 高さのチェックも忘れずに!

アウトドアライター、キャンプブロガー、星のソムリエ®

テント型サンシェードの大きさは、いざ購入してみたら、画像で示されたイメージと印象が異なるということがよくあります。そのため、購入前にスペックに書かれている本体サイズを一度よく確かめておいてください。

チェックを忘れがちな高さはとくに念入りにチェックしましょう。寝るときだけ使いたいのか、座って快適に過ごしたいのかなど、目的と合致する広さや高さかどうかをよく調べておきましょう。

MODERN DECO(モダンデコ)『ワンタッチテント』

機能性で選ぶ UVカット・虫よけや砂よけ・フルクローズ対応、防水性など

アウトドアライター、キャンプブロガー、星のソムリエ®

「サンシェード」というからには、日よけや紫外線防止の性能の高さが要求されます。そのため、まずUVカット加工がほどこされているか、その性能が具体的にどうかなどは大事なチェックポイントです。最近では高スペックの一つの基準である「UPF50+」が採用されているものも少なくありません。

そのほか、以下もチェックポイントです!
通気性がしっかり確保されているか
●メッシュによるクローズで虫よけができるか
●着替えに便利なフルクローズ対応になっているか
●耐水圧1,500mm程度の防水性はあるか

Coleman(コールマン)『スクリーンIGシェード』

設営や撤収、持ち運びのしやすさで選ぶ! ワンタッチ式や軽量ポールでかんたん設営など

アウトドアライター、キャンプブロガー、星のソムリエ®

マリンレジャーやアウトドアレジャーの楽しい時間を、設営や撤収によってじゃまされたくないと誰もが思うでしょう。サンシェードはそのあたりの利便性がよく考えられており、ワンタッチ式や軽量ポールのかんたん設営など、各社でさまざまな工夫がされています。

ただし、その工夫があるために大きさがかさばってしまうという欠点も。移動手段との兼ね合いでサイズ感をイメージしておきましょう。

YAMAZEN『パッとサッとテント フルクローズ』

サンシェードテントのおすすめ10選 人気のコールマン、ロゴス、キャプテンスタッグほか

うえで紹介したサンシェードテントの選び方をふまえて、アウトドアライターでキャンプブロガーのSAMさんに選んでもらったおすすめ商品を紹介します。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Coleman(コールマン)『スクリーンIGシェード』

Coleman(コールマン)『スクリーンIGシェード』

出典:Amazon

使用時サイズ 約W210×D180×H120cm
収納時サイズ 約φ15×60cm
重量 約3kg
耐水圧 約500mm(フロア:約1,500mm)
定員 3~4人
材質 シェードスキン:68Dポリエステルタフタ、フロアシート:ポリエチレン、フレーム:FRP約φ9.5mm
紫外線対策 「UVPRO」生地を採用

Thumb lg b5952bc9 69f5 4937 beb6 3080ce6ebb25

アウトドアライター、キャンプブロガー、星のソムリエ®

夏場以外にも使えるハイスペックな商品

さまざまな仕様や構造がテント並みに高機能な、サンシェードを代表するモデルです。

風に強いクロスポール、UVカットの表素材、防水性の高いPE素材のフロア、フルクローズ・フルオープン可能な4面メッシュ&ドアと、どれをとってもハイスペック。しかも、コールマンと住友化学が独自開発した防虫素材「Olytecメッシュ」が採用され、虫にも強いのでますます安心感があります。

ただしそれなりに重量はあるので、車での移動が前提の方が選んだほうがよいでしょう。夏場のレジャーだけではなく、スリーシーズンでも使いたい方にとくにおすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

YAMAZEN『パッとサッとテント フルクローズ』

YAMAZEN『パッとサッとテントフルクローズ』 YAMAZEN『パッとサッとテントフルクローズ』 YAMAZEN『パッとサッとテントフルクローズ』 YAMAZEN『パッとサッとテントフルクローズ』 YAMAZEN『パッとサッとテントフルクローズ』 YAMAZEN『パッとサッとテントフルクローズ』 YAMAZEN『パッとサッとテントフルクローズ』

出典:Amazon

使用時サイズ W180×D188×H107cm
収納時サイズ W13.5×D7×H107cm
重量 2kg
耐水圧 -
定員 -
材質 フレーム:グラスファイバー、生地:ポリエステル
紫外線対策 UPF50+

Thumb lg b5952bc9 69f5 4937 beb6 3080ce6ebb25

アウトドアライター、キャンプブロガー、星のソムリエ®

設営がラクで、通気性やフルクローズ機能も

4つのポールを地面に向けて「パッ」と広げ、そのあと中にもぐって「サッ」と結合部を全体に押しこめばほぼ形は完成。名前が示すとおり、組みたてがかんたんなサンシェードです。メッシュスクリーンがそなわり通気性がよく、フルクローズにもなるので着替えのときにも便利。

UVカットは「UPF50+」という高い基準値に設定されていますので、日差しの強い海水浴での使用を考えている方にぴったりなモデルです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

LOGOS(ロゴス)『Black UV パラシェード(180×125㎝)-AI 』

LOGOSBlackUVパラシェード-AI(180×125cm) LOGOSBlackUVパラシェード-AI(180×125cm) LOGOSBlackUVパラシェード-AI(180×125cm)

出典:楽天市場

使用時サイズ 約W180×D125×H110cm
収納時サイズ 約57×10×10cm
重量 約1.2kg
耐水圧 450mm
定員 -
材質 フレーム:グラスファイバー、フライシート:68Dポリエステルタフタ、フロアシート:68Dポリエステルタフタ
紫外線対策 UV-CUT加工(カット率96.5%)

Thumb lg b5952bc9 69f5 4937 beb6 3080ce6ebb25

アウトドアライター、キャンプブロガー、星のソムリエ®

UVカット率と耐風性の高さでビーチにぴったり

この独特のブラックカラーのサンシェードは、驚きのUVカット率96.5%、遮光性99.2%というきわめて高いスペックをそなえています。本体には耐風性の高い魚座型フレームが採用され、出入口となる開口部が広くなっているので通風性も良好です。ただしメッシュパネルはありません。

重さは1.2kgと軽く、これなら持ち運びもとてもラクでしょう。夏の海に軽量のシェードを持っていきたいという方におすすめします。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)『シャイニーリゾートポップアップシェルターUV』

CAPTAINSTAG(キャプテンスタッグ)『シャイニーリゾートポップアップシェルターUV』 CAPTAINSTAG(キャプテンスタッグ)『シャイニーリゾートポップアップシェルターUV』 CAPTAINSTAG(キャプテンスタッグ)『シャイニーリゾートポップアップシェルターUV』 CAPTAINSTAG(キャプテンスタッグ)『シャイニーリゾートポップアップシェルターUV』 CAPTAINSTAG(キャプテンスタッグ)『シャイニーリゾートポップアップシェルターUV』 CAPTAINSTAG(キャプテンスタッグ)『シャイニーリゾートポップアップシェルターUV』 CAPTAINSTAG(キャプテンスタッグ)『シャイニーリゾートポップアップシェルターUV』

出典:Amazon

使用時サイズ 約W120×D220×H100cm
収納時サイズ 約φ80×8cm
重量 約2.8kg
耐水圧 -
定員 -
材質 幕帯(ウォール・フロア共):ポリエステル68D、メッシュ:ポリエステルノーシームメッシュ、フレーム:Φ3.5mmバネ鋼
紫外線対策 シルバーコーティング

Thumb lg b5952bc9 69f5 4937 beb6 3080ce6ebb25

アウトドアライター、キャンプブロガー、星のソムリエ®

メインとしてもサブとしても使える汎用性の高い製品

ポップアップ型のサンシェードは比較的多く販売されていますが、さすがレジャー用品の老舗(しにせ)であるキャプテンスタッグは一味違います。

このモデルは全体に少し傾斜をつけ片側のドア側を大きく取っているので、出入口が広く確保されています。サイドにはメッシュを配して通気性を向上させ、裏地にはシルバーコーティングがほどこされているので日光を防いでくれます。

フルクローズにも対応しているので着替えにも便利。とにかく設営のかんたんさを求める方や、キャンプのサブテントとしてもうひとつ持っていたいという方におすすめします。

MODERN DECO(モダンデコ)『ワンタッチテント』

MODERNDECO(モダンデコ)『ワンタッチテント』 MODERNDECO(モダンデコ)『ワンタッチテント』 MODERNDECO(モダンデコ)『ワンタッチテント』 MODERNDECO(モダンデコ)『ワンタッチテント』 MODERNDECO(モダンデコ)『ワンタッチテント』 MODERNDECO(モダンデコ)『ワンタッチテント』 MODERNDECO(モダンデコ)『ワンタッチテント』

出典:Amazon

使用時サイズ W210×D210×H130cm
収納時サイズ W80cm(付属キャリーバッグ使用時)
重量 3.5kg
耐水圧 最大3,000mm(カラーによって異なる)
定員 3~4人
材質 本体:ポリエステル、フレーム:グラスウール
紫外線対策 UPF50+

風とおしがいい構造! 多機能ながら設営カンタン

フライシートとメッシュスクリーンの2重構造ドアで風とおしがよく、虫よけにもなる多機能ぶりが魅力。最大94%超のUVカット率なので、紫外線対策に充分なスペックと言えるのではないでしょうか。

フレームには、軽量かつすぐれた耐久性を兼ね備えたグラスウールを採用。多機能なのに、設営にかかる時間はわずか45秒程度という手軽さで、アウトドア初心者から慣れている方まで、さまざまな方が使いやすい商品です。

FIELDOOR(フィールドア)『ワンタッチテント ヘキサゴンタイプ』

FIELDOOR(フィールドア)『ワンタッチテントヘキサゴンタイプ』 FIELDOOR(フィールドア)『ワンタッチテントヘキサゴンタイプ』 FIELDOOR(フィールドア)『ワンタッチテントヘキサゴンタイプ』 FIELDOOR(フィールドア)『ワンタッチテントヘキサゴンタイプ』 FIELDOOR(フィールドア)『ワンタッチテントヘキサゴンタイプ』 FIELDOOR(フィールドア)『ワンタッチテントヘキサゴンタイプ』 FIELDOOR(フィールドア)『ワンタッチテントヘキサゴンタイプ』 FIELDOOR(フィールドア)『ワンタッチテントヘキサゴンタイプ』 FIELDOOR(フィールドア)『ワンタッチテントヘキサゴンタイプ』

出典:Amazon

使用時サイズ W305×D240×H145cm
収納時サイズ W25×D25×H95cm
重量 4.9kg
耐水圧 1,500mm以上
定員 5人
材質 トップ:ポリエステル、グラウンドシート:ポリエチレン、ポール:グラスファイバー
紫外線対策 UPF50+

折りたたみ傘のようにカンタンに組み立てられる

アウトドア初心者でも組み立てがカンタンなテント。折りたたみ傘を開くような要領で、紐を引くだけで設営できます。

ジッパーで開閉可能な2重構造の窓と、大きな天窓つきなので通気性も確保されています。UPF50+とUV対策の面でも高品質。定員が5人と広げると大きめサイズですが、専用キャリーバッグへコンパクトにまとめられるので、ラクに持ち運びできます。

BAGRAY(バッグレイ)『ワンタッチテント』

BAGRAY(バッグレイ)『ワンタッチテント』 BAGRAY(バッグレイ)『ワンタッチテント』 BAGRAY(バッグレイ)『ワンタッチテント』

出典:楽天市場

使用時サイズ W145×D165×H135cm
収納時サイズ W45cm
重量 0.95kg
耐水圧 1500mm
定員 2~3人
材質
紫外線対策 UPF50+

設営約10秒! 6本のペグつきで風にも強い

設営時間わずか約10秒という、スピーディに設営できるのが特徴。キャンプや野外フェスなどさまざまなアウトドアで役立ちそうです。

生地にはUVカットと防水加工が施されています。6本の固定できるペグつきなので、ビーチなど風の強い場所でも使えるでしょう。本体の重量は約1kgと軽量。専用のキャリーバッグに折りたたんで収納できるため、コンパクトに持ち運ぶことが可能です。

43DEGREES(43ディグリーズ)『POP UP TENT Tie Dye Small Type』

43DEGREES(43ディグリーズ)『POPUPTENTTieDyeSmallType』 43DEGREES(43ディグリーズ)『POPUPTENTTieDyeSmallType』 43DEGREES(43ディグリーズ)『POPUPTENTTieDyeSmallType』

出典:楽天市場

使用時サイズ W145×D160×H110cm
収納時サイズ Φ48×6cm
重量 1.2kg
耐水圧 1,500mm以上
定員 2人
材質 本体:ポリエステル100%、ポール:バネ鋼
紫外線対策 UPF50+

気軽に持っていきたくなるコンパクトなテント

ビーチや公園、プールなど、ちょっとしたお出かけやハイキングなどに使えそうなテント。コンパクトなサイズで、ソロキャンプにもいいのではないでしょうか。

UV遮蔽率93%以上、紫外線保護係数はUPF50+とサンシェードとして充分と言えるスペック。両手が塞がらない、ショルダータイプの専用バッグに収納可能なので、持ち運びもストレスを感じません。

LOGOS(ロゴス)『チェッカー ポップフルシェルター』

【1ヶから購入OK】【□】ロゴスチェッカーポップフルシェルター71809010

出典:楽天市場

使用時サイズ W235×D113×H90cm
収納時サイズ W70×D70×H4cm
重量 2.3kg
耐水圧 450mm
定員
材質 フレーム:スチールワイヤー、フライシート:ポリエステルタフタ、フロアシート:PEラミネートクロス、メッシュ:ポリエステル
紫外線対策 UVーCUT加工

着替えスペースとしても使えるテント型シェルター

チェック柄のデザインがおしゃれな印象のテント。設営は収納バッグから取り出して広げるだけなので、短い時間でカンタンに設営できます。

プライバシーに配慮したフルクローズタイプ仕様なので、日差し対策だけでなく着替え場所としても便利です。両サイドにはメッシュ窓で風とおしがよく、快適な時間をすごせるでしょう。

ENDLESS BASE(エンドレスベース)『ポップアップテント』

ENDLESSBASE(エンドレスベース)『ポップアップテント』 ENDLESSBASE(エンドレスベース)『ポップアップテント』 ENDLESSBASE(エンドレスベース)『ポップアップテント』 ENDLESSBASE(エンドレスベース)『ポップアップテント』 ENDLESSBASE(エンドレスベース)『ポップアップテント』 ENDLESSBASE(エンドレスベース)『ポップアップテント』 ENDLESSBASE(エンドレスベース)『ポップアップテント』

出典:Amazon

使用時サイズ W200×D180+100×H135cm
収納時サイズ W62.5cm
重量 2.5kg
耐水圧 ー(耐水性はあり)
定員
材質 本体:ポリエステル、ペグ・骨組み:スチール
紫外線対策 シルバーコーティング、UPF50+

シルバーコーティングで涼しくすごせる

収納ケースから出して、わずか5秒で設営できるこちらのテント。テント内の温度上昇を抑えるシルバーコーティングが施されているのが特徴です。

紫外線保護係数はUPF50+。炎天下でも日焼けからしっかり守ってくれるでしょう。くるくると巻いて、スクリーンを固定できるタッセルつき。フロントシートが独立しているため、脚を伸ばしたり荷物を置いたりできます。

サンシェードは日よけの強い味方 アウトドアライターからのアドバイス

アウトドアライター、キャンプブロガー、星のソムリエ®

「サンシェード」とは日よけ全般に使われる名称ですが、ここではアウトドアレジャーに使用する日よけを目的とした、テントタイプを示します。いわば「日よけ用のレジャーテント」です。

このタイプのサンシェードを選ぶときには、日よけ機能が充実しているかどうか、設営・撤収をなるべく簡略化できる工夫があるかを確認しましょう。また、持ち運びを考えて、大きさや重さなども気にかけてみてください。

【番外編】あわせて使いたい便利アイテム アウトドアをもっと楽しく!

快適なサンシェードと一緒にそろえると便利なアイテムを紹介します!

JBL(ジェイビーエル)『JBL GO 2』

JBL(ジェイビーエル)『JBLGO2』 JBL(ジェイビーエル)『JBLGO2』 JBL(ジェイビーエル)『JBLGO2』 JBL(ジェイビーエル)『JBLGO2』 JBL(ジェイビーエル)『JBLGO2』 JBL(ジェイビーエル)『JBLGO2』 JBL(ジェイビーエル)『JBLGO2』 JBL(ジェイビーエル)『JBLGO2』 JBL(ジェイビーエル)『JBLGO2』 JBL(ジェイビーエル)『JBLGO2』 JBL(ジェイビーエル)『JBLGO2』

出典:Amazon

使用時サイズ W7.12×D3.16×H8.6cm
収納時サイズ
重量 0.18kg
耐水圧
定員
材質
紫外線対策

キャンプやアウトドアで音楽が楽しめる

アウトドアシーンでも手軽に音楽を楽しめるポータブルスピーカー。Bluetooth接続可能なので、スマホに入っているお気に入りの音楽を高品質サウンドで聴くことができます。Bluetoothに接続できなくても、オーディオケーブルをつなげばOK

防水仕様なので、河原やビーチでの使用もできます。リチウムイオンバッテリー内蔵で、最大5時間の連続再生が可能です。

North Eagle(ノースイーグル)『バタフライレジャーテーブル角(NE1383)』

NorthEagle(ノースイーグル)『バタフライレジャーテーブル角(NE1383)』 NorthEagle(ノースイーグル)『バタフライレジャーテーブル角(NE1383)』 NorthEagle(ノースイーグル)『バタフライレジャーテーブル角(NE1383)』 NorthEagle(ノースイーグル)『バタフライレジャーテーブル角(NE1383)』 NorthEagle(ノースイーグル)『バタフライレジャーテーブル角(NE1383)』 NorthEagle(ノースイーグル)『バタフライレジャーテーブル角(NE1383)』 NorthEagle(ノースイーグル)『バタフライレジャーテーブル角(NE1383)』 NorthEagle(ノースイーグル)『バタフライレジャーテーブル角(NE1383)』 NorthEagle(ノースイーグル)『バタフライレジャーテーブル角(NE1383)』

出典:Amazon

使用時サイズ W60.7×D55.1×H23cm
収納時サイズ W55.1×31×6cm
重量 1.13kg
耐水圧
定員
材質 pp(ポリプロピレン)
紫外線対策

アウトドアであると便利なミニテーブル

キャンプやアウトドアでなにかと必要なミニテーブル。食事をするときだけでなく、ちょっとしたものを置くときなどにも使える商品です。

4つのドリンクホルダーや、ゴミ袋をかけるフックまで備えられているのでさまざまなシーンで使えるでしょう。収納して持ち運べるコンパクト設計もうれしいポイント。組み立てもカンタンで、テーブルを広げて4つの脚を差し込むだけです。

「サンシェード」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
Coleman(コールマン)『スクリーンIGシェード』
YAMAZEN『パッとサッとテント フルクローズ』
LOGOS(ロゴス)『Black UV パラシェード(180×125㎝)-AI 』
CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)『シャイニーリゾートポップアップシェルターUV』
MODERN DECO(モダンデコ)『ワンタッチテント』
FIELDOOR(フィールドア)『ワンタッチテント ヘキサゴンタイプ』
BAGRAY(バッグレイ)『ワンタッチテント』
43DEGREES(43ディグリーズ)『POP UP TENT Tie Dye Small Type』
LOGOS(ロゴス)『チェッカー ポップフルシェルター』
ENDLESS BASE(エンドレスベース)『ポップアップテント』
商品名 Coleman(コールマン)『スクリーンIGシェード』 YAMAZEN『パッとサッとテント フルクローズ』 LOGOS(ロゴス)『Black UV パラシェード(180×125㎝)-AI 』 CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)『シャイニーリゾートポップアップシェルターUV』 MODERN DECO(モダンデコ)『ワンタッチテント』 FIELDOOR(フィールドア)『ワンタッチテント ヘキサゴンタイプ』 BAGRAY(バッグレイ)『ワンタッチテント』 43DEGREES(43ディグリーズ)『POP UP TENT Tie Dye Small Type』 LOGOS(ロゴス)『チェッカー ポップフルシェルター』 ENDLESS BASE(エンドレスベース)『ポップアップテント』
商品情報
特徴 夏場以外にも使えるハイスペックな商品 設営がラクで、通気性やフルクローズ機能も UVカット率と耐風性の高さでビーチにぴったり メインとしてもサブとしても使える汎用性の高い製品 風とおしがいい構造! 多機能ながら設営カンタン 折りたたみ傘のようにカンタンに組み立てられる 設営約10秒! 6本のペグつきで風にも強い 気軽に持っていきたくなるコンパクトなテント 着替えスペースとしても使えるテント型シェルター シルバーコーティングで涼しくすごせる
使用時サイズ 約W210×D180×H120cm W180×D188×H107cm 約W180×D125×H110cm 約W120×D220×H100cm W210×D210×H130cm W305×D240×H145cm W145×D165×H135cm W145×D160×H110cm W235×D113×H90cm W200×D180+100×H135cm
収納時サイズ 約φ15×60cm W13.5×D7×H107cm 約57×10×10cm 約φ80×8cm W80cm(付属キャリーバッグ使用時) W25×D25×H95cm W45cm Φ48×6cm W70×D70×H4cm W62.5cm
重量 約3kg 2kg 約1.2kg 約2.8kg 3.5kg 4.9kg 0.95kg 1.2kg 2.3kg 2.5kg
耐水圧 約500mm(フロア:約1,500mm) - 450mm - 最大3,000mm(カラーによって異なる) 1,500mm以上 1500mm 1,500mm以上 450mm ー(耐水性はあり)
定員 3~4人 - - - 3~4人 5人 2~3人 2人
材質 シェードスキン:68Dポリエステルタフタ、フロアシート:ポリエチレン、フレーム:FRP約φ9.5mm フレーム:グラスファイバー、生地:ポリエステル フレーム:グラスファイバー、フライシート:68Dポリエステルタフタ、フロアシート:68Dポリエステルタフタ 幕帯(ウォール・フロア共):ポリエステル68D、メッシュ:ポリエステルノーシームメッシュ、フレーム:Φ3.5mmバネ鋼 本体:ポリエステル、フレーム:グラスウール トップ:ポリエステル、グラウンドシート:ポリエチレン、ポール:グラスファイバー 本体:ポリエステル100%、ポール:バネ鋼 フレーム:スチールワイヤー、フライシート:ポリエステルタフタ、フロアシート:PEラミネートクロス、メッシュ:ポリエステル 本体:ポリエステル、ペグ・骨組み:スチール
紫外線対策 「UVPRO」生地を採用 UPF50+ UV-CUT加工(カット率96.5%) シルバーコーティング UPF50+ UPF50+ UPF50+ UPF50+ UVーCUT加工 シルバーコーティング、UPF50+
商品リンク

※各社通販サイトの 2020年8月17日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年8月17日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年8月17日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年8月17日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年8月17日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年8月17日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年8月17日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年8月17日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年8月17日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年8月17日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする サンシェードの売れ筋をチェック

Amazon、Yahoo!ショッピングでのサンシェードの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:サンシェードランキング
Yahoo!ショッピング:アウトドア サンシェードランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

サンシェードテントに関するQ&A よくある質問

Faq qx2 f636e450a49ce967549344f3c28b4601b1ef2796f0e5c5c855fdca99960a5799ワンタッチ式とポップアップ式の違いを教えてください。

Faq ax2 70999720ce22f33f7bc1ba2ff4bf4d289d47a0f93d424245f78cddb6dec7290a

ワンタッチ式は傘のように組み立てていきます。一方、ポップアップテントは袋から出すだけで形になります。ワンプッシュ式のほうが組み立てが必要な分、強度があり快適性も高いのが特徴です。

Faq qx2 f636e450a49ce967549344f3c28b4601b1ef2796f0e5c5c855fdca99960a5799ワンタッチ式のサンシェードテント設営に必要な道具は何ですか?

Faq ax2 70999720ce22f33f7bc1ba2ff4bf4d289d47a0f93d424245f78cddb6dec7290a

固定する本数のペグとペグハンマーのみです。これらは基本的に付属品として付いてきますので、購入してそのまま使用できます。

そのほかのアウトドアにおける便利アイテムはこちら! 【関連記事】

サンシェードテントについてポイントをおさらい

1)寝るときだけ使いたいのか、座って快適に過ごしたいのかなど利用シーンをイメージしてサイズを選ぶ
2)紫外線防止の性能はもちろん、通気性や虫よけ、フルクローズ対応有無など機能性をチェック
3)設営の手軽さや持ち運ぶときの大きさにも注目する

使用する人数や用途を想定して、サイズや機能を選びましょう。カンタンに設営できるタイプは、ソロキャンプやマリンレジャー、運動会など幅広いシーンで重宝します。お気に入りのサンシェードを見つけて、快適なアウトドアレジャーを楽しんでください。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(制作協力:森野ミヤ子、掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2021/01/20 コンテンツ追加・修正のため記事を更新しました。(マイナビおすすめナビ編集部 名原広雄)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


DODテントおすすめ10選| 個性的なテント好きなキャンパーに【カマボコやワタケノコなど】

DODテントおすすめ10選| 個性的なテント好きなキャンパーに【カマボコやワタケノコなど】

DODは日本のアウトドア用品メーカーですが、従来はドッペルギャンガーアウトドアというブランド名で知られていました。2018年2月からDOD(ディーオーディー)にブランド名が変更され、今ではウサギとDODが組み合わされたロゴマークのテントやタープでおなじみです。この記事では、キャンプライターの中山一弘さんに聞いた、DODテントの選び方のコツとおすすめ商品を紹介します。記事後半には、テントのお手入れ方法、通販サイトの口コミや評判、最新人気ランキングやスペック比較表もありますので、ぜひチェックしてみてください。


アウトドア用ペグおすすめ20選|コールマン、スノーピークなど厳選

アウトドア用ペグおすすめ20選|コールマン、スノーピークなど厳選

アウトドアでテントやタープを設営する際、必ずお世話になるアイテムがペグ。丈夫な鋳造ペグ、軽さと丈夫さを両立しているアルミ製、軽くて持ち運びが楽なプラスチック製など、形状や種類もさまざまです。ここでは、ペグの選び方とおすすめ商品をご紹介します。


ヘキサタープおすすめ20選|スノーピーク・コールマン・DODなど厳選

ヘキサタープおすすめ20選|スノーピーク・コールマン・DODなど厳選

アウトドアで、テントとともに使われることの多いヘキサタープ。雨よけや日よけをしつつ、外の空気を感じながら食事ができるアウトドアアイテムです。ここでは、ヘキサタープのおすすめと選び方のポイントについてご紹介します。


【2021年】ワンタッチタープおすすめ7選|防水・換気機能付きも

【2021年】ワンタッチタープおすすめ7選|防水・換気機能付きも

張り綱やポールを組み立てることなく立ち上げるだけで簡単に設営ができ、特別な知識がなくても快適な空間が作り出せるワンタッチタープ。軽量のアルミ素地材を使用しているものが多く、一人でも運搬設営も可能で、男性はもちろん女性キャンパーにもおすすめ。ここでは、おすすめ商品と選び方のポイントをご紹介。


ルーフテントおすすめ8選|種類ごとの特徴や選び方も詳しく解説

ルーフテントおすすめ8選|種類ごとの特徴や選び方も詳しく解説

本記事では、キャンプライターの中山一弘さんへの取材のもと、シェル型、タワー型、ルーフトップテント型など、種類ごとの特徴や選び方、そしてタイプ別のおすすめ商品をご紹介。ぜひ参考にしてください。


マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、安心・べんりなお買い物サポートメディアです。知識豊富なエキスパートがあなたの欲しいモノ、商品の選び方、情報を解説してサポート。ユーザーアンケートや人気ランキングなど、役に立つ情報で満足いくお買い物を「ナビ」します。