【爬虫類用ライト】の選び方&おすすめ6選|ペットドクターが商品を徹底解説

【爬虫類用ライト】の選び方&おすすめ6選|ペットドクターが商品を徹底解説
エキゾチックアニマルの専門医~犬猫以外のペットドクター~
霍野 晋吉(つるの しんきち)

エキゾチックアニマル専門獣医師の霍野(つるの)と言います。 えっ、エキゾチックアニマルって言葉知りませんか?ウサギやハムスター、インコやカメなどの犬猫以外のペットを指します。 1996年に日本初の専門病院である『エキゾチックペットクリニック』を開業しました。 症例数は月に400件を越しています。他にもエキゾチックアニマルのセミナーも企画し、沢山の医療や飼育の書籍を執筆しています。 ウサギのNPO団体『日本コンパニオンラビット協会』代表としても、2019年から活動をしています。エキゾチックアニマルに関することは勿論のこと、ご縁を感じた方がいましたら、いつでもお声かけてください。

イグアナやカメレオンといった爬虫類などの飼育の際、爬虫類の健康を保つために日光浴が欠かせないことをご存知でしょうか? 昼行性の爬虫類の屋内飼育では、日光浴の代わりに赤外線を多く含んだバスキングライト、紫外線を含んだライトが必要になります。そこで、爬虫類ほかエキゾチックアニマルの専門医である霍野晋吉さんから、爬虫類用ライトの選び方についてアドバイスをいただきました。また、霍野さんが厳選した6つの爬虫類用ライトも紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。


爬虫類用ライトを選ぶポイント|ペットドクターに聞く

犬猫以外のペットドクターでエキゾチックアニマルの専門医である霍野晋吉さんに、爬虫類用ライトを選ぶときのポイントを5つ教えてもらいました。ペットドクターとして、爬虫類をはじめとするエキゾチックアニマルの治療で経験豊富な霍野さんならではのアドバイスを参考にしてみてください。

目をつむる爬虫類(イグアナ)
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

爬虫類にとって、体温調節や新陳代謝を促進するために紫外線や赤外線などの光から受ける刺激が重要です。

ライトの形状は集光型を!

エキゾチックアニマルの専門医~犬猫以外のペットドクター~

バスキングライトには、全方向に可視光と赤外線を放射する散光型と、後ろが鏡になっていて、前方の狭い範囲にだけ照射する集光型があります。ケージの温度管理ならびにホットスポット目的であれば、集光型がおすすめです。

いわゆるバスキングライトと呼ばれる商品の多くは、集光型を指します。散光型はひよこ電球と同じく全体を温めるタイプで、局所的なホットスポットを作るのは苦手です。

マルカン『バスキングライト』

こちらの商品を使えば、太陽光に近い光と温度差のある場所作り、自然と似た環境の再現が可能です。

>> Amazonで詳細を見る

飼育環境にあったワット数を選ぶ

エキゾチックアニマルの専門医~犬猫以外のペットドクター~

市販されているバスキングライトのワット数は、30~100W程度です。ワット数が多ければすぐれているのではなく、ケージや設置環境、動物の種類などに合わせて調整する必要があります。そのため、飼育環境に合わせたワット数のバスキングライトを選びましょう。

バスキングライト以外に、ヒーターとサーモスタットなどで温度コントロールしている環境では、日中にバスキングライトを点灯してもケージ内全体が高温にならないように調整しないといけません。バスキングライトは、朝に点灯して夕方には消灯できる24時間タイマーを使うと管理がらくになります。

電球の性能にこだわろう

エキゾチックアニマルの専門医~犬猫以外のペットドクター~

バスキングライトは物理的に弱い器具です。白熱電球はガラス製なので、ぶつけたりすると割れます。また、水がかかっても割れる場合があるため、注意が必要です。水生のカメや多湿な環境で飼育する爬虫類を育てるなら、防水のライトを購入してください。

白熱電球は寿命が比較的短く、1年前後でフィラメントが切れて使えなくなるので、予備の電球を常備するのがおすすめ。なお、外国製よりも国産のほうが、フィラメントが切れにくいと言われています。丈夫なハロゲン球を使ったバスキングライトの商品も要チェックです。

カミハタ『ネオハロゲン』

丈夫で寿命が長いハロゲン球は長く使えるバスキングライトです。

>> Amazonで詳細を見る

火災と火傷には気をつけて

エキゾチックアニマルの専門医~犬猫以外のペットドクター~

バスキングライトには、一般的にはスポットライトタイプの白熱電球が使われます。バスキングライトは電球単体で売られていますが、点灯するためには電球ソケットやスタンドが必要です。

また、白熱球のバスキングライトを使用するなら、火災と火傷に注意しないといけません。取りつけが甘かったり、生体がコードを引っ掛けたりして落下すると、火災の原因となることも。また、トカゲなどの上に登れる爬虫類が電球に触れると火傷します。電球に直接触れられないようにカバーをつけましょう。

水生の爬虫類には防滴仕様の製品が理想です。

光の質に注意

エキゾチックアニマルの専門医~犬猫以外のペットドクター~

いかにすぐれたバスキングライトでも、自然の太陽光に勝るものはありません。たとえわずかな時間でも、直射日光を浴びさせましょう。

赤外線が出るバスキングライトは明かりが赤色に偏っています。あまりに太陽光とかけ離れた光を浴び続けると、生体の体内リズムが崩れる恐れもあります。そのため、太陽光に近い光を出せる照明器具との併用がおすすめです。

爬虫類用ライトのおすすめ6選|ペットドクターの厳選商品

上で紹介した爬虫類用ライトの選び方のポイントをふまえて、霍野さんに選んでもらった、おすすめの爬虫類用ライトであるバスキングライト6商品を紹介します。ここでは、可視光で温め効果がある赤外線を照射するバスキングライトを取り上げました。ぜひ霍野さんのおすすめする製品を参考にしてみてください。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

カミハタ『ネオハロゲン』

カミハタ『ネオハロゲン』

出典:Amazon

サイズ 6×6×8cm(50W)
タイプ コンパクトタイプ
消費電力 27W・50W
Thumb lg 08dfd587 b965 403c a837 1fb322f97f8c

エキゾチックアニマルの専門医~犬猫以外のペットドクター~

寿命が長いハロゲンランプ! 60cm以下ケージに

日本製の集光型のハロゲンランプのバスキングライトです。ハロゲン電球は通常の白熱電球に比べてパワーがあるため、保温力と明るさが増すのはもちろん、ライトの寿命も長いのが特徴。国産なのでクオリティーが高く、安心できます。

種類は27Wと50Wのふたつしかないので、約60㎝サイズの中型以下の水槽やケージで爬虫類を飼育している方におすすめの商品です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ジェックス エキゾテラ『サングロー バスキングスポットランプ』

ジェックスエキゾテラ『サングローバスキングスポットランプ』

出典:楽天市場

サイズ 9.5×9.5×13.7cm(150W)
タイプ コンパクトタイプ
消費電力 25W・50W・75W・100W・150W
Thumb lg 08dfd587 b965 403c a837 1fb322f97f8c

エキゾチックアニマルの専門医~犬猫以外のペットドクター~

ワット数種類多し! ケージに最適なサイズが選べる

これから爬虫類を飼い始める人で、バスキングライトで悩んでいるならば、ぜひこの「サングロー バスキングスポットランプ」を使ってください。集光型のライトで、同じメーカーの「サングロー タイトビーム バスキングスポットランプ」よりも太陽光に近い色をしています。

ワット数は25W、50W、75W、100W、150Wと幅広いので、爬虫類やケージの大きさに合わせて選べます。コストパフォーマンスも非常にすぐれていて、爬虫類の飼育初心者はもちろん、飼育に慣れた方にも扱いやすいランプです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

マルカン『バスキングライト』

マルカン『バスキングライト』

出典:Amazon

サイズ 10.5×10.5×14.0cm(50W)
タイプ コンパクトタイプ
消費電力 30W・50W
Thumb lg 08dfd587 b965 403c a837 1fb322f97f8c

エキゾチックアニマルの専門医~犬猫以外のペットドクター~

自然の太陽光に近い! 集光型爬虫類ケージ用ライト

マルカンのバスキングライトは集光型のライトで、太陽光に近い色の光を出すのが特徴です。

爬虫類にとって自然の太陽光に近い光は、食欲が増して体内バランスを維持しやすくなります。飼い主にとっては、自然の太陽光に近い光を選ぶことで生体がきれいに見えるでしょう。

30Wと50Wの2種類しかないので、約60cm以下の中型以下の水槽やケージで爬虫類を飼う方におすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ジェックス エキゾテラ『サングロー タイトビーム バスキングスポットランプ』

ジェックスエキゾテラ『サングロータイトビームバスキングスポットランプ』 ジェックスエキゾテラ『サングロータイトビームバスキングスポットランプ』 ジェックスエキゾテラ『サングロータイトビームバスキングスポットランプ』 ジェックスエキゾテラ『サングロータイトビームバスキングスポットランプ』 ジェックスエキゾテラ『サングロータイトビームバスキングスポットランプ』 ジェックスエキゾテラ『サングロータイトビームバスキングスポットランプ』 ジェックスエキゾテラ『サングロータイトビームバスキングスポットランプ』

出典:Amazon

サイズ 9.2×9.2×13.3cm(150W)
タイプ コンパクトタイプ
消費電力 25W・50W・75W・100W・150W
Thumb lg 08dfd587 b965 403c a837 1fb322f97f8c

エキゾチックアニマルの専門医~犬猫以外のペットドクター~

集中照射可能な集光型! ホットスポット作りに便利

タイトビームという商品名のとおり、狙った場所に集中的に照射できるのが特徴です。ただし、光がやや赤色を帯びているので、太陽光の質とはかけ離れています。

集光型のライトなのでホットスポットが作りやすく、同じワット数でもほかの商品より温かくなりやすいのがメリット。そのため、乾燥したところに生息しているフトアゴヒゲトカゲやリクガメなどの飼育に適しているのはもちろん、保温性が高いので省エネにもなります。

ワット数は25W、50W、75W、100W、150Wの5種類から選択可能です。乾燥地域に生息している生体向きです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ズーメッド『バスキングランプ』

サイズ -
タイプ コンパクトタイプ
消費電力 25W・50W・75W・100W・150W・250W
Thumb lg 08dfd587 b965 403c a837 1fb322f97f8c

エキゾチックアニマルの専門医~犬猫以外のペットドクター~

反射鏡がダブル構造! 30%以上明るさアップ

集光型のライトで反射鏡が二重構造のため、同ワット数の一般的なバスキングライトよりも30%以上明るいのが特徴です。かなり明るいので、ほかのメーカーのライトを購入するときよりひとつ下のワット数を選ぶといいでしょう。

25W、50W、75W、100W、150W、250Wの6種類があるので、大型の爬虫類に使えるライトもあります。大型の爬虫類を飼っている方や、少ないワット数のライトを使うことで電気代を節約したい方にもおすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ジェックス エキゾテラ『スワンプグロー 防滴ランプ』

ジェックスエキゾテラ『スワンプグロー防滴ランプ』

出典:Amazon

サイズ 6.5×6.5×10cm(75W)
タイプ コンパクトタイプ
消費電力 50W・75W
Thumb lg 08dfd587 b965 403c a837 1fb322f97f8c

エキゾチックアニマルの専門医~犬猫以外のペットドクター~

水棲カメの飼育に! 水がかかっても6割れない仕様

強化ガラスでできている集光型のバスキングライトで、水がかかっても割れずに安心して使えます。元気に暴れる水生のカメや、ケージ内の湿度を高めに保つ必要のあるトカゲなどのライトとして使ってください。

水がバスキングライトにつくと割れてしまい、そのたびに買いなおさないといけなかったという悩みから解消されます。 50Wと70Wがあります。

「爬虫類用ライト」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
カミハタ『ネオハロゲン』
ジェックス エキゾテラ『サングロー バスキングスポットランプ』
マルカン『バスキングライト』
ジェックス エキゾテラ『サングロー タイトビーム バスキングスポットランプ』
ズーメッド『バスキングランプ』
ジェックス エキゾテラ『スワンプグロー 防滴ランプ』
商品名 カミハタ『ネオハロゲン』 ジェックス エキゾテラ『サングロー バスキングスポットランプ』 マルカン『バスキングライト』 ジェックス エキゾテラ『サングロー タイトビーム バスキングスポットランプ』 ズーメッド『バスキングランプ』 ジェックス エキゾテラ『スワンプグロー 防滴ランプ』
商品情報
特徴 寿命が長いハロゲンランプ! 60cm以下ケージに ワット数種類多し! ケージに最適なサイズが選べる 自然の太陽光に近い! 集光型爬虫類ケージ用ライト 集中照射可能な集光型! ホットスポット作りに便利 反射鏡がダブル構造! 30%以上明るさアップ 水棲カメの飼育に! 水がかかっても6割れない仕様
サイズ 6×6×8cm(50W) 9.5×9.5×13.7cm(150W) 10.5×10.5×14.0cm(50W) 9.2×9.2×13.3cm(150W) - 6.5×6.5×10cm(75W)
タイプ コンパクトタイプ コンパクトタイプ コンパクトタイプ コンパクトタイプ コンパクトタイプ コンパクトタイプ
消費電力 27W・50W 25W・50W・75W・100W・150W 30W・50W 25W・50W・75W・100W・150W 25W・50W・75W・100W・150W・250W 50W・75W
商品リンク

※各社通販サイトの 2019年11月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月2日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月2日時点 での税込価格

ECサイトの爬虫類用ライトランキングを参考にする

Amazon、Yahoo!ショッピングでの爬虫類用ライトの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:爬虫類用ライトランキング
Yahoo!ショッピング:爬虫類用ライトランキング

※上記リンク先のランキングは、各ECサイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

ペットドクターの"ここがポイント"|バスキングライトは使い勝手も考えて選ぶこと!

エキゾチックアニマルの専門医~犬猫以外のペットドクター~

バスキングライトは爬虫類の生活にとって重要ですが、それをどうケージに取りつけて温度設定をするかがより大切です。取りつけ方ひとつ違っても温度管理が変わります。使いやすさも選ぶうえで重要なポイントになるので、商品をよく吟味してください。

なにより、それぞれのライトには光の色などの特性があるため、飼っている爬虫類に合ったものを選びましょう。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(制作協力:長友るう、掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2019/12/02 コンテンツ追加・修正と価格を更新しました(マイナビおすすめナビ編集部 花島優史)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


爬虫類用の砂おすすめ6選【ペットドクター厳選】消臭効果がある商品も3つ紹介!

爬虫類用の砂おすすめ6選【ペットドクター厳選】消臭効果がある商品も3つ紹介!

爬虫類の砂とは床砂のことです。爬虫類のケージに床砂を敷くと、生体の足が滑るのを防いだり、穴を掘るような生体の野生行動をうながしたりする効果もあるうえに、ケージの見た目もよくなります。しかし爬虫類には乾燥地に棲むヘビやトカゲはもちろん、水辺を好むカメなど、さまざまな種類がいるため、どの砂を選べばいいのかわからなくなってしまいますよね。この記事では、エキゾチックアニマルの専門医の霍野晋吉(つるのしんきち)先生にお話をうかがい、爬虫類用砂の選び方とおすすめ商品を教えていただきました。


爬虫類の餌おすすめ7選と選び方|ペットドクター厳選【栄養バランスがいい餌4選も】

爬虫類の餌おすすめ7選と選び方|ペットドクター厳選【栄養バランスがいい餌4選も】

爬虫類は種類ごとに食性が異なるため、コオロギなどの昆虫やミミズなどの小動物、野菜など餌の種類もとても幅広いです。また、同じ種類であっても個体ごとに好みが違うため、ご家庭のペットの餌選びに苦戦している方もいらっしゃるのではないでしょうか。そんなときに心強いのが総合栄養食です。近年、多くの商品が販売されるようになり、爬虫類飼育の初心者、生き餌が苦手な方などに愛用されています。本記事では、エキゾチックアニマルの専門医である霍野晋吉さんに聞いた、爬虫類用の総合栄養食とおすすめの商品7選を紹介します。爬虫類を飼っていて餌にお困りの方は、ぜひ参考にしてみてください。


ザリガニの餌おすすめ9選【専門家と編集部で厳選】発色の変化も!

ザリガニの餌おすすめ9選【専門家と編集部で厳選】発色の変化も!

本記事では、水辺の動植物専門ショップ「sensuous」代表の早坂 誠さんへの取材をもとに、ザリガニの餌の選び方のポイントとおすすめ商品を紹介します。ザリガニの飼育には餌が不可欠です。ザリガニ釣りで使う餌をそのまま使う? エビと同じ餌を与える? など、改めて考えてみるとどういった餌が適しているかよく知らないという方も多いのではないでしょうか。餌選びには、ザリガニの成長、カルシウムなどの成分、排泄物のニオイ、ザリガニの色など、ザリガニの餌は意外と注意するポイントは多いんです。ぜひ、こちらの記事を、飼っているザリガニに合う餌選びにお役立てくださいね!


【水槽ライト】選び方&おすすめ10選|アクアリウム専門店・代表が解説

【水槽ライト】選び方&おすすめ10選|アクアリウム専門店・代表が解説

水槽ライトは、アクアリウムをおしゃれに演出するだけでなく、水草の生育や水槽内の生物にも大きな影響を及ぼします。そのため、使う目的により必要なライトの明るさや性能も変わってきます。そこで、水辺の動植物専門ショップ「sensuous」代表の早坂 誠さんにお話をうかがい、水槽ライトの選び方やおすすめ商品をご紹介していきます。スペックやデザイン、コスパなどに注目し、目的に合った水槽ライトを探してみてください。最後にECサイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひチェックしてみてくださいね!


爬虫類の飼育水槽おすすめ商品5選【フタ付きケージも】脱走に注意! 初心者向け6選も

爬虫類の飼育水槽おすすめ商品5選【フタ付きケージも】脱走に注意! 初心者向け6選も

動物大好きライターが選ぶ爬虫類の飼育水槽5選をご紹介します。エキゾチックな雰囲気や、独特な愛らしさに人気が集まる爬虫類。ペットとして飼いたいと思っている方や、もうすでに飼っているという方も多いことでしょう。爬虫類を飼育するための水槽選びはとても大切です。水槽のサイズだけでなく、飼育する爬虫類にあわせて機能性もしっかりチェックする必要があります。そこで、動物大好きライターの國谷正明さんに、爬虫類の飼育水槽の選び方とおすすめ商品についてお話をうかがいました。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


新着記事


竹馬のおすすめ10選【竹製・スチール製】子どもから大人まで楽しめる!

竹馬のおすすめ10選【竹製・スチール製】子どもから大人まで楽しめる!

幼稚園や小学校の遊具としてなじみのある竹馬。実は平衡感覚や体幹が鍛えられるものとして、今でも子どもから大人まで愛されている遊具であることを知っていますか。この記事では、保育士ライターのすぎ けいこさんにお話をうかがい、竹馬の選び方とおすすめ商品を10選ご紹介します!


彫刻刀のおすすめ12選【木彫りに便利】使いやすいセット商品も!

彫刻刀のおすすめ12選【木彫りに便利】使いやすいセット商品も!

彫刻刀はたくさんの商品があり、刃や柄もいろいろな種類やサイズがあります。この記事では、インテリアライターのPapp Hidekoさんに取材をし、彫刻刀の選び方とおすすめの12選を紹介します。子どもが授業で使う彫刻刀や、趣味で版画を彫るときの彫刻刀選びにぜひ参考にしてください。


ベビーラッシュガードおすすめ12選!【男の子・女の子向けの人気商品を紹介!】

ベビーラッシュガードおすすめ12選!【男の子・女の子向けの人気商品を紹介!】

夏の時期、家族でプールや海水浴を楽しみたいですね。とくに赤ちゃんの肌はデリケートなので、ベビーラッシュガードは必需品。この記事では、看護師兼ライターのゆみ かおるさんと編集部おすすめの商品や選び方を紹介します。


クレヨンのおすすめ12選【子どもから大人まで】幼児期に安心して使えるものも!

クレヨンのおすすめ12選【子どもから大人まで】幼児期に安心して使えるものも!

小さな子どもがはじめて絵を描くときには、クレヨンがよく使われます。クレヨンは種類がさまざまで、どれを使えばよいかがわからず迷ってしまう人も多いでしょう。そんな人たちのために、インテリアライターのPapp Hidekoさんに取材し、クレヨンの選び方とおすすめ商品12選をご紹介します。


子ども用サングラスおすすめ12選【夏の必需品】UVカット率などチェックポイントも解説!

子ども用サングラスおすすめ12選【夏の必需品】UVカット率などチェックポイントも解説!

日射しの強い夏場や屋外で活動するとき、日焼け止めで肌を守るだけでなく、子どもの目を紫外線から守るための子ども用サングラスも多く発売されています。選ぶ際には、UVカット率など、気にすべきポイントがたくさんありますよ。この記事では、保育士の河井恵美さんにお話をうかがい、子ども用サングラスの選び方とおすすめ商品をご紹介します。


人気の記事


>>総合ランキングを見る