高音質・コスパ重視の有線タイプ! カナル型イヤホンのおすすめ10選をオーディオライターが紹介

高音質・コスパ重視の有線タイプ! カナル型イヤホンのおすすめ10選をオーディオライターが紹介

オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家:折原 一也
オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家
折原 一也

オーディオ&ビジュアル専門誌『AV REVIEW』『プレミアムヘッドホンガイドマガジン』や、モノ雑誌『家電批評』『MONOQLO』『GoodsPress』『MonoMax』『DIME』『日経トレンディ』等、Webでは『Phileweb』『日経トレンディネット』『価格.comマガジン』『@DIME』『&GP』等の媒体で、レビュー、解説で活躍する1979年生まれの若手評論家。 日々、新製品発表会や欧米のIT・家電関連イベントを取材しデジタル家電のトレンドにも精通。 高価なハイエンドの機器だけでなく、格安・コスパ志向、ライフスタイル志向の製品までもカバー。 AV家電製品の取材歴が長い事もあり、製品はスペックで判断するだけでなく、実機に触れてクオリティをチェックした上でのレコメンドを心がけている。2009年より音元出版主催のオーディオビジュアルアワード「VGP」審査員。

自宅や移動中、外出先などで動画や音楽を楽しむのに必須のイヤホン。そんなイヤホンの中でも近ごろの主流は、耳栓タイプのカナル型イヤホン。カナル型イヤホンは、耳を密閉することから音漏れの心配も少なく、遮音性が高いのでより高音質で動画や音楽を楽しむことができます。しかし市販されているカナル型イヤホンは非常に数が多く、どれを選べばいいのか迷ってしまいますよね。そこで、オーディオ機器のエキスパートである折原一也さんへの取材をもとに、カナル型イヤホンのおすすめをご紹介いたします。


オーディオライターが教えるカナル型イヤホンの選び方

オーディオ機器のエキスパート折原一也さんに、カナル型イヤホンを選ぶときのポイントを5つ教えてもらいました。

イヤフォンで音楽を聴く女性
Payless images logo 7d75d46922da333d985fdbdff6420aad801d95739d2bd451a5187eec7ce851e9

カナル型イヤホンといっても、特徴や価格はさまざまです。

カナル型とは現在主流の耳栓タイプのイヤホン

オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

まずはカナル型イヤホンについての基礎知識から。カナル型イヤホンとは耳の穴奥にまで挿入して装着する耳栓型イヤホンのことで、現在販売されているもののほとんどはカナル型です。

以前はアップルの『EarPods』に代表される、耳にかける形のインイヤー型も多かったのですが、音漏れや重低音の再生能力といった問題点もあり、市販品のほとんどはカナル型になりました。

価格は1,000円程度から10万円オーバーまで幅広い

オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

カナル型イヤホンとして市場で売られている製品は1,000以上あるので、選ぶにしてもある程度候補を絞って考える必要があります。カナル型の有線タイプのイヤホンに限っても、値段は1,000円程度の激安品から10万円以上の超高級品までさまざま。

例として、音楽リスニング用にスマホや携帯音楽プレイヤーの付属品よりも音がよいイヤホンがほしい場合、3,000円程度の予算、1万円前後の予算、それ以上の予算といった具合いにステップアップして考えていくといいでしょう。

流行はハイレゾの高音質や重低音タイプ

オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

カナル型イヤホンを選ぶ際のポイントは、やはり音質です。どんな音が好みかは人それぞれですが、最近の流行りのひとつは「ハイレゾ」と呼ばれる高域までキレイに聴こえるタイプのイヤホン。安物のイヤホンにはない「重低音」のしっかり聴こえるモデルが人気です。

これらの性能は、イヤホンのスペック上は「再生周波数帯域」として表記されています。とはいえ高音質の基準は、歌声のクリアさ、楽器のリアルさ、音の広がり、臨場感など好みや聴く音楽によってさまざま。気になる人は量販店などで実際に音を聴いて確認してみるか、おすすめ機種のコメントを参考にしてみてください。

最新スマホ向けにはワイヤレスタイプも

オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

カナル型イヤホンはあくまでイヤホンの形状なので、もともとは接続する機器に区別はありませんでした。業界の標準は、携帯音楽プレイヤーやPC、そして少し前のスマホまで、すべて共通の3.5mmのステレオミニ端子で接続する有線タイプだったからです。

ですがiPhone7以降のスマホでは3.5mmのステレオミニ端子が廃止されてしまい、Bluetoothのワイヤレスか専用端子でしか接続できなくなりました。今回はスタンダードな有線タイプのカナル型イヤホンに絞って紹介しているので、ワイヤレスで接続するタイプを探している人は、「Bluetoothイヤホン」などで探してみてください。

見た目にも気を使って選びましょう

オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

イヤホンは身につけて外を出歩くアイテムということを考えると、ファッション・アクセサリーのひとつでもあるといえます。とくに低価格なイヤホンではスタンダードなブラック以外に、ホワイト、ピンク、ブルーなどのカラーバリエーションを展開している機種が増えています。

サイズ面に関しても、大きいイヤホンは耳の小さい女性には身につけにくいものです。イヤホン購入の際には、外見もしっかりチェックしておくことをおすすめします。

カナル型のおすすめイヤホン10選をオーディオライターが紹介!

上で紹介したカナル型イヤホンの選び方のポイントをふまえて、オーディオ機器のエキスパートである折原一也さんに選んでもらったおすすめ商品を紹介します。

白いイヤフォン
Payless images logo 7d75d46922da333d985fdbdff6420aad801d95739d2bd451a5187eec7ce851e9

音質とデザインの両方にこだわって、お気に入りのイヤホンを見つけたいですね。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

パイオニア『SE-C1T』

出典:楽天市場

スピーカータイプ
密閉型ダイナミック
インピーダンス
16Ω
再生周波数帯域
10〜20000Hz
出力音圧レベル
100dB
最大許容入力
100mW
コードの長さ
1.2m
重量
4.6g(コード含まず)
Thumb lg ebd27ffe bc6b 4368 8782 fa55e4da021d
オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

2,000円以下とは思えない高音質イヤホン

とにかく安くイヤホンを買い替えたいという人であれば、購入予算は1,000円ちょっとという場合も多いでしょう。コンビニで売っているイヤホンなら1,000円以下でも買えますが、音質はスマホ付属イヤホンにも劣るものがほとんどです。

そんななかで、2,000円以下という低価格で高音質を実現しているのがパイオニアの『SE-C1T』です。耳奥まで挿入しやすい構造に加え、歌声がクリアに聴こえるバランスのよいサウンドが特徴で、専門家としておすすめできます。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

アイサウンド『MUIX IX1000』

出典:Amazon

スピーカータイプ
密閉型ダイナミック
インピーダンス
16Ω
再生周波数帯域
20〜20000Hz
出力音圧レベル
-
最大許容入力
20mW
コードの長さ
-
重量
-
Thumb lg ebd27ffe bc6b 4368 8782 fa55e4da021d
オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

1機種で2種類の音を楽しめる低価格定番モデル

2015年の発売以降テレビ番組でも紹介され、3,000円クラスの低価格イヤホンブームの火つけ役となった韓国メーカーの人気イヤホン。イヤホン本体にサウンドコントローラーと呼ばれるレバーを搭載していて、低音ブーストもできるすぐれものです。

標準のサウンドはダイナミックにメリハリをきかせており、ロックに合うタイプ。レバーを入れると低音の量感がアップしてEDMにもマッチします。遊べる低価格高音質イヤホンといえるでしょう。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

final『final E2000』

出典:Amazon

スピーカータイプ
ダイナミック型
インピーダンス
16Ω
再生周波数帯域
-
出力音圧レベル
-
最大許容入力
-
コードの長さ
1.2m
重量
12g
Thumb lg ebd27ffe bc6b 4368 8782 fa55e4da021d
オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

異例のナチュラルサウンドで高音質

2017年に発売された4,000円前後のイヤホンのなかでも、徹底してナチュラルで正確なサウンドを追求して名機に数えられるようになったモデルです。とくに歌声はクリアなだけでなく、質感も出ています。アコースティックな楽器の音もクリアで、低価格イヤホンではとくに苦手と言われていたジャンルの楽曲が得意。

スリムな本体で装着もしやすく、ほかのイヤホンの音質や装着感が合わなかった人に試してほしいモデルです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

茶楽音人(さらうんど)『Co-Donguri Brass』

出典:楽天市場

スピーカータイプ
密閉型、トルネード・イコライザー方式
インピーダンス
18Ω
再生周波数帯域
5〜40000Hz(ハイレゾ対応)
出力音圧レベル
106dB
最大許容入力
200mW
コードの長さ
-
重量
22g(コード含む)
Thumb lg ebd27ffe bc6b 4368 8782 fa55e4da021d
オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

どんぐり型のかわいい外見が特徴的

独自技術のトルネード・イコライザーを採用した高音質イヤホン。4,000円前後で購入できるお手ごろイヤホンですが、女性ボーカルのリアルさや音楽全体のこまかい音の鳴り、そして楽器の音も心地よく響く高域と、音質も実力派。

名前のとおり、どんぐりを耳に入れたような外見になるかわいらしいデザインも特徴ですが、小さい筐体ながら本体には真鍮素材が用いられていて高級感もあります。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

SHURE『SE215 Special Edition(SE215SPE-A)』

出典:Amazon

スピーカータイプ
シングルダイナミック型
インピーダンス
17Ω
再生周波数帯域
22〜17000Hz
出力音圧レベル
-
最大許容入力
-
コードの長さ
1.62m
重量
約250g(コード除く)
Thumb lg ebd27ffe bc6b 4368 8782 fa55e4da021d
オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

イヤーモニター型イヤホンの鉄板モデル

業務用マイクを手がけるアメリカのSHUREが展開する、イヤーモニターと呼ばれる忠実な音を聞き取るイヤホンの定番モデル。クリアで微細音がしっかり聞き分けられるサウンドで、ロックを中心にどんな曲も楽しめます。

『SE215SPE』はオリジナルモデルの『SE215』から低音のパンチを増したスペシャルエディションで、日本では2012年から販売しているロングセラー商品です。1万円クラスのイヤホンを語るなら、この機種ははずせません。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

RHA『RHA MA750i』

出典:Amazon

スピーカータイプ
ダイナミック型
インピーダンス
16Ω
再生周波数帯域
16〜40000Hz
出力音圧レベル
100dB
最大許容入力
-
コードの長さ
1.35m
重量
35g
Thumb lg ebd27ffe bc6b 4368 8782 fa55e4da021d
オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

イギリスブランドの定番人気イヤホン

1万円台半ばの価格で人気のハイエンドイヤホンが、英国RHA社による『MA750i』です。RHAのイヤホンの特徴は削り出しのステンレスによる金属ボディ。デザインの質感のよさだけでなく、金属筐体らしい微細音の再現性と、高域までクリアなサウンドも発揮します。

とくに歌声の立ち上がりのよさ、そして空間の見通しのよさがユーザーに支持されています。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ゼンハイザー『IE 60』

出典:楽天市場

スピーカータイプ
ダイナミック・カナル型
インピーダンス
16Ω
再生周波数帯域
10〜18000Hz
出力音圧レベル
115dB
最大許容入力
-
コードの長さ
1.2m(Y型)
重量
約14g
Thumb lg ebd27ffe bc6b 4368 8782 fa55e4da021d
オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

イヤーモニタータイプの定番モデル

2011年の発売以降、高級イヤホンの定番となっているモデルが、ドイツ・ゼンハイザーの『IE60』です。クリアで情報量志向のモニターサウンドが特徴で、音を正確に聞き取りたい音楽好きにはとくにマッチ。低音は強く出るタイプではないですが、音楽本来のサウンドをしっかりと聴かせてくれます。

ロックからジャズやクラシックまで、ジャンルを問わず合うタイプといえます。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

DUNU『Falcon-C 隼』

出典:Amazon

スピーカータイプ
ダイナミック型
インピーダンス
16Ω
再生周波数帯域
10〜40000Hz
出力音圧レベル
-
最大許容入力
-
コードの長さ
1.2m
重量
28g
Thumb lg ebd27ffe bc6b 4368 8782 fa55e4da021d
オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

日本でも評価をかためる台湾ブランド

高音質イヤホンは中華系メーカーも数多いなかで、専門店を中心に数万円クラスで評価をかためているブランドがDUNUです。その特徴は冴えわたる音のキレとダイナミックなサウンドで、音の情報量の豊富さ、そして空間の広がりはクラスを超えたサウンドクオリティ。低音もパワーを確保しています。

あまり目立つブランドではありませんが、中華メーカーのなかでも日本で人気となったモデルで品質は保証つきです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

JVCケンウッド『HA-FD02』

出典:Amazon

スピーカータイプ
ダイナミック型
インピーダンス
16Ω
再生周波数帯域
8〜52000Hz
出力音圧レベル
103dB
最大許容入力
200mW(IEC)
コードの長さ
1.2m(Y型)
重量
約20.0g(コード含まず)
Thumb lg ebd27ffe bc6b 4368 8782 fa55e4da021d
オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

日本の老舗が送り出すソリッドサウンド

オーディオといえば日本の得意ジャンルですが、なかでも素材で特徴的なサウンドを作り上げることを得意とするブランドが、JVCケンウッドです。

『SOLIDEGE 02 inner HA-FD02』はステンレスの削り出しボディという金属素材によって、非常にソリッドで情報量志向、そして硬質な低音とモニター志向のサウンドをパワフルにまとめ上げています。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

SHURE『SE846』

出典:Amazon

スピーカータイプ
バランスド・アーマチュア型
インピーダンス
再生周波数帯域
15〜20000Hz
出力音圧レベル
100dB
最大許容入力
100mW
コードの長さ
1.62m
重量
-
Thumb lg ebd27ffe bc6b 4368 8782 fa55e4da021d
オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

最高クラスのハイエンドイヤホン

カナル型イヤホンで10万円クラスの予算をかけるなら、最高級クラスのモデルに手が届きます。本格的なファンの間で定番に数えられるモデルが、SHUREの『SE846』です。

圧倒的な音の正確さ、情報量、空間の広がり、低音のパワーまですべてがそろうサウンドは、感動ものの高音質。趣味として高音質を極めるなら、まず手にとってほしいモデルですね。

最後は実際に聴き比べるのが一番!? オーディオライターからのアドバイス

オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

カナル型イヤホンはイヤホン業界の標準で、毎年100機種以上が発売されます。そのぶん選択肢も無数にあるため、目星もつけずに目当てのイヤホンを探すのは大変です。カナル型イヤホンにかける予算をだいたい決めたら、商品紹介のコメントや、口コミを参考にしたりして、同じ価格帯のイヤホンで気に入った機種を探してみましょう。

家電量販店の試聴コーナーで、同じ曲を聴き比べてみるのもおすすめです。気に入ったサウンドのイヤホンを見つけたら、同じブランドのハイエンドイヤホンにも挑戦してみると、同じイメージのよりよい音に巡りあえるでしょう。

もっと知ってほしい! いろいろなカナル型イヤホン

いろいろ比べて選びたい人のために、さらにいくつか商品を紹介しましょう。

イヤフォンで音楽を聴く女性
Payless images logo 7d75d46922da333d985fdbdff6420aad801d95739d2bd451a5187eec7ce851e9

コスパ重視かとことん音質にこだわるか悩むところですが、ぜひいろいろなイヤホンを検討してみてください!

JVCケンウッド『JVC HA-FX26』

出典:Amazon

スピーカータイプ
ダイナミック型
インピーダンス
16Ω
再生周波数帯域
8〜23000Hz
出力音圧レベル
101dB
最大許容入力
200mW
コードの長さ
1.2m
重量
約3.6g(コード含まず)

お手ごろ価格の老舗メーカー製イヤホン

JVCケンウッドのカナル型イヤホン『JVC HA-FX26』は、高磁カネオジウムドライバーを採用しているのが特徴。パワフルな低音から繊細な中低音もきれいに再生できるうえに、二重構造ボディによって音漏れを減らし、遮音性を高めています。

安価帯イヤホンながらも、老舗オーディオメーカーのJVCケンウッドが手がけるだけあって、バランスのとれた音質を楽しめます。10色のカラーバリエーションが展開されていて、自分の好みのカラーが選べるのもうれしいポイントです。

ソニー『MDR-EX155』

出典:Amazon

スピーカータイプ
密閉ダイナミック型
インピーダンス
16Ω(1KHzにて)
再生周波数帯域
5〜24000Hz
出力音圧レベル
-
最大許容入力
100mW(IEC)
コードの長さ
約1.2m(Y型)
重量
約3g(コード含まず)

コンパクトでパワフル! つけ心地も快適なイヤホン

ソニーのカナル型イヤホン『MDR-EX155』は、バランスにこだわった高音質が楽しめるだけでなく、形にこだわったイヤーピースが耳に快適にフィットしてくれます。耳になじんではずれにくく、快適な装着感と高密閉性を実現しています。先端のつぶれによる音質の変化を防いでくれるのもポイント。

コンパクトボディで持ち運びにも便利なうえに、パワフルな音が楽しめます。携帯性と音質、耳へのフィット感にこだわりのある方に向いているイヤホンです。

パナソニック『RP-HJE165-K』

出典:Amazon

スピーカータイプ
密閉型ダイナミック、ステレオインサイドホン
インピーダンス
16Ω
再生周波数帯域
10Hz〜24000Hz
出力音圧レベル
97dB
最大許容入力
200mW(IEC)
コードの長さ
1.2m
重量
約12g(コード含む)約4g(コード含まず)

耳にフィットして豊かな低音を届けるイヤホン

パナソニックのカナル型イヤホン『RP-HJE165-K』は、耳にしっかりフィットする「DEEP FIT STYLE」で低音域を強化したイヤホン。ロングイヤーピースとロングポートで、低音をしっかり耳に届けます。

とくにロングポートは、パナソニックの従来製品に比べて1.3倍長くなっているので、音の出口がより鼓膜に近づき、豊かな低音を楽しむことができます。低音域を重視する方にはもちろん、試しやすいお手ごろ価格もポイントです。

パイオニア『SE-CH5T』

出典:Amazon

スピーカータイプ
密閉型ダイナミック
インピーダンス
26Ω
再生周波数帯域
8〜45000Hz
出力音圧レベル
108dB
最大許容入力
100mW
コードの長さ
約1.2m
重量
約7g(コード含まず)

コスパが良好なハイレゾの入門機

4,000円以内と比較的安価ながら、音の鮮明さや臨場感が魅力のハイレゾ音源に対応したコストパフォーマンスにすぐれたイヤホンです。

高密度なハイレゾ音源の低域から高域までの広帯域再生を新開発9.7㎜ドライバーで実現。また、「Airflow Control Port」というチューブポートを側面に配置することで、クリアな中域再生を実現しています。

ハイレゾ音源を存分に味わうことができます。お手ごろ価格で高音質を楽しむことができるので、ハイレゾ入門機として適しています。

JVCケンウッド『HA-FX1100 WOODシリーズ』

出典:Amazon

スピーカータイプ
ダイナミック型
インピーダンス
16Ω
再生周波数帯域
6〜45000Hz
出力音圧レベル
106dB
最大許容入力
200mW(IEC)
コードの長さ
約1.2m(Y型)
重量
約13g(コード含まず)

木を用いて豊かで上品な音を奏でる

ギター、ヴァイオリン、チェロ、ピアノなどの木管楽器には木が多用されていることに着目し、木がもたらす音の響きの温もりをイヤホンでも再現したいと考え、生まれたのが『HA-FX1100 WOODシリーズ』です。

クラシックやジャズなど楽器のハーモニーが豊かな音楽をよく聴き、楽器の響きの深みを味わいたいという方へ。美しい木目仕上げの、高級感あふれる商品です。

オーディオテクニカ『SOLID BASS ATH-CKS770X』

出典:Amazon

スピーカータイプ
ダイナミック型
インピーダンス
13Ω
再生周波数帯域
5〜42000Hz
出力音圧レベル
105dB
最大許容入力
100mW
コードの長さ
1.2m(Y型)
重量
約8g(コード含まず)

重低音再生に特化! 迫力のある音を楽しめる

オーディオテクニカのカナル型イヤホン『SOLID BASS ATH-CKS770X』は、迫力のある音を再生する構造に特化したイヤホン。

大口経音導菅を用いて音の伝導効率を上げているほか、磁力を高める高精度設計の磁気回路によりドライバーの駆動力と制御力を高めています。そのため重低音再生を実現しており、ハイレゾ音源だけでなくその他の音源でも迫力のある音を楽しむことができます。

DENON『カナル型イヤホンAH-C820』

出典:Amazon

スピーカータイプ
ダイナミック密閉型
インピーダンス
16Ω
再生周波数帯域
4〜40000Hz
出力音圧レベル
-
最大許容入力
250mW
コードの長さ
約1.3m
重量
10.4g(コード含まず)

低音も高音も思いきり楽しめるイヤホン

DENON『カナル型イヤホンAH-C820』は、2基のダイナミック型ドライバーを対向させて配置することで、2倍の振動板面積を実現したイヤホン。低音をしっかり再生してくれるのはもちろんのこと、ハウジングにアルミダイキャストとABS樹脂を用いたハイブリッド構造を採用することで、透明感のあるサウンド再生を実現。高音もしっかり再生してくれます。

エレコム『EHP-SH1000SV』

出典:Amazon

スピーカータイプ
密閉型、耳栓タイプ
インピーダンス
13Ω
再生周波数帯域
5〜45000Hz
出力音圧レベル
-
最大許容入力
200mW
コードの長さ
約1.2m(Y型)
重量
約16g(コード含まず)

「攻殻機動隊」原作者のデザインが光るイヤホン

エレコムのカナル型イヤホン『EHP-SH1000SV』は、漫画「アップルシード」「攻殻機動隊」の原作者である士郎正宗氏がデザインを手がけ、ハイレゾ音源再生にも対応した高音質イヤホン。

デザインだけでなく機能も充実しており、2ウェイデュアルダイナミックドライバー方式によって「低〜中域」「高〜超高域」の広い範囲の音楽再生を実現しました。機能だけでなく、デザインにも満足できるイヤホンです。

SOUND TERAS『カナル型イヤホンDT101』

出典:Amazon

スピーカータイプ
密閉型ダイナミック
インピーダンス
16Ω
再生周波数帯域
10〜24000Hz
出力音圧レベル
-
最大許容入力
-
コードの長さ
約1.2m
重量
約15.5g(コード含まず)

軽量化で耳にフィット! 生活になじむ使いやすさ

SOUND TERAS『カナル型イヤホンDT101』は人間工学にもとづいた、軽量でつけ心地のいいデザインと、低音と高音のバランスのとれたサウンドが特徴のイヤホン。無酸素銅線と3バンドイコライザーを採用することによって、高音質かつ臨場感のあるサウンドを実現しています。

一覧表でおすすめ商品を比較する

画像

パイオニア『SE-C1T』
アイサウンド『MUIX IX1000』
final『final E2000』
茶楽音人(さらうんど)『Co-Donguri Brass』
SHURE『SE215 Special Edition(SE215SPE-A)』
RHA『RHA MA750i』
ゼンハイザー『IE 60』
DUNU『Falcon-C 隼』
JVCケンウッド『HA-FD02』
SHURE『SE846』
JVCケンウッド『JVC HA-FX26』
ソニー『MDR-EX155』
パナソニック『RP-HJE165-K』
パイオニア『SE-CH5T』
JVCケンウッド『HA-FX1100 WOODシリーズ』
オーディオテクニカ『SOLID BASS ATH-CKS770X』
DENON『カナル型イヤホンAH-C820』
エレコム『EHP-SH1000SV』
SOUND TERAS『カナル型イヤホンDT101』

商品

パイオニア『SE-C1T』 アイサウンド『MUIX IX1000』 final『final E2000』 茶楽音人(さらうんど)『Co-Donguri Brass』 SHURE『SE215 Special Edition(SE215SPE-A)』 RHA『RHA MA750i』 ゼンハイザー『IE 60』 DUNU『Falcon-C 隼』 JVCケンウッド『HA-FD02』 SHURE『SE846』 JVCケンウッド『JVC HA-FX26』 ソニー『MDR-EX155』 パナソニック『RP-HJE165-K』 パイオニア『SE-CH5T』 JVCケンウッド『HA-FX1100 WOODシリーズ』 オーディオテクニカ『SOLID BASS ATH-CKS770X』 DENON『カナル型イヤホンAH-C820』 エレコム『EHP-SH1000SV』 SOUND TERAS『カナル型イヤホンDT101』

特徴

2,000円以下とは思えない高音質イヤホン 1機種で2種類の音を楽しめる低価格定番モデル 異例のナチュラルサウンドで高音質 どんぐり型のかわいい外見が特徴的 イヤーモニター型イヤホンの鉄板モデル イギリスブランドの定番人気イヤホン イヤーモニタータイプの定番モデル 日本でも評価をかためる台湾ブランド 日本の老舗が送り出すソリッドサウンド 最高クラスのハイエンドイヤホン お手ごろ価格の老舗メーカー製イヤホン コンパクトでパワフル! つけ心地も快適なイヤホン 耳にフィットして豊かな低音を届けるイヤホン コスパが良好なハイレゾの入門機 木を用いて豊かで上品な音を奏でる 重低音再生に特化! 迫力のある音を楽しめる 低音も高音も思いきり楽しめるイヤホン 「攻殻機動隊」原作者のデザインが光るイヤホン 軽量化で耳にフィット! 生活になじむ使いやすさ

価格

楽天市場 : ¥ 1,380
※各社通販サイトの 2019年2月7日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 2,682
楽天市場 : ¥ 2,737
※各社通販サイトの 2019年2月7日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 3,975
楽天市場 : ¥ 4,980
Yahoo!ショッピング : ¥ 6,049
※各社通販サイトの 2019年2月7日時点 での税込価格
楽天市場 : ¥ 4,440
Amazon : ¥ 3,848
※各社通販サイトの 2019年2月19日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 11,232
楽天市場 : ¥ 11,581
※各社通販サイトの 2019年2月8日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 16,092
楽天市場 : ¥ 16,070
※各社通販サイトの 2019年2月8日時点 での税込価格
楽天市場 : ¥ 20,952
Amazon : ¥ 17,405
※各社通販サイトの 2019年2月8日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 21,690
楽天市場 : ¥ 24,980
※各社通販サイトの 2019年2月8日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 23,649
楽天市場 : ¥ 26,017
Yahoo!ショッピング : ¥ 30,561
※各社通販サイトの 2019年2月8日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 95,029
楽天市場 : ¥ 107,780
Yahoo!ショッピング : ¥ 123,456
※各社通販サイトの 2019年2月8日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 2,037
楽天市場 : ¥ 1,864
※各社通販サイトの 2019年2月8日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 1,223
楽天市場 : ¥ 2,084
Yahoo!ショッピング : ¥ 2,145
※各社通販サイトの 2019年2月8日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 1,080
楽天市場 : ¥ 1,125
Yahoo!ショッピング : ¥ 1,468
※各社通販サイトの 2019年4月18日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 3,675
楽天市場 : ¥ 3,801
Yahoo!ショッピング : ¥ 3,801
※各社通販サイトの 2019年4月18日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 57,020
楽天市場 : ¥ 34,160
※各社通販サイトの 2019年2月8日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 7,740
楽天市場 : ¥ 8,510
※各社通販サイトの 2019年2月8日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 21,600
楽天市場 : ¥ 15,260
※各社通販サイトの 2019年2月8日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 32,378
楽天市場 : ¥ 15,498
Yahoo!ショッピング : ¥ 19,514
※各社通販サイトの 2019年2月8日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 5,580
楽天市場 : ¥ 6,480
※各社通販サイトの 2019年2月8日時点 での税込価格

スピーカータイプ

密閉型ダイナミック 密閉型ダイナミック ダイナミック型 密閉型、トルネード・イコライザー方式 シングルダイナミック型 ダイナミック型 ダイナミック・カナル型 ダイナミック型 ダイナミック型 バランスド・アーマチュア型 ダイナミック型 密閉ダイナミック型 密閉型ダイナミック、ステレオインサイドホン 密閉型ダイナミック ダイナミック型 ダイナミック型 ダイナミック密閉型 密閉型、耳栓タイプ 密閉型ダイナミック

インピーダンス

16Ω 16Ω 16Ω 18Ω 17Ω 16Ω 16Ω 16Ω 16Ω 16Ω 16Ω(1KHzにて) 16Ω 26Ω 16Ω 13Ω 16Ω 13Ω 16Ω

再生周波数帯域

10〜20000Hz 20〜20000Hz - 5〜40000Hz(ハイレゾ対応) 22〜17000Hz 16〜40000Hz 10〜18000Hz 10〜40000Hz 8〜52000Hz 15〜20000Hz 8〜23000Hz 5〜24000Hz 10Hz〜24000Hz 8〜45000Hz 6〜45000Hz 5〜42000Hz 4〜40000Hz 5〜45000Hz 10〜24000Hz

出力音圧レベル

100dB - - 106dB - 100dB 115dB - 103dB 100dB 101dB - 97dB 108dB 106dB 105dB - - -

最大許容入力

100mW 20mW - 200mW - - - - 200mW(IEC) 100mW 200mW 100mW(IEC) 200mW(IEC) 100mW 200mW(IEC) 100mW 250mW 200mW -

コードの長さ

1.2m - 1.2m - 1.62m 1.35m 1.2m(Y型) 1.2m 1.2m(Y型) 1.62m 1.2m 約1.2m(Y型) 1.2m 約1.2m 約1.2m(Y型) 1.2m(Y型) 約1.3m 約1.2m(Y型) 約1.2m

重量

4.6g(コード含まず) - 12g 22g(コード含む) 約250g(コード除く) 35g 約14g 28g 約20.0g(コード含まず) - 約3.6g(コード含まず) 約3g(コード含まず) 約12g(コード含む)約4g(コード含まず) 約7g(コード含まず) 約13g(コード含まず) 約8g(コード含まず) 10.4g(コード含まず) 約16g(コード含まず) 約15.5g(コード含まず)

商品情報

自分好みのイヤホンを選んで音楽のある暮らしを楽しもう!

オーディオ機器のエキスパートである折原一也さんへの取材をもとに、カナル型イヤホンの選び方と、それに基づいた商品をご紹介しました。イヤホンには低音を重視したもの、低音と高音のバランスを重視したもの、つけ心地を重視したものなど、それぞれ特色があります。自分の好みをふまえて重視するポイントを絞ることで、より自分に合ったイヤホンを見つけやすくなるでしょう。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2019/05/23 主に商品情報の修正のため、記事を更新しました(マイナビおすすめナビ編集部)

※2019/08/06 主にイメージ画像の差し替えのため、記事を更新しました(マイナビおすすめナビ編集部)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


【家電ライターが教える】使い勝手がいい拡声器のおすすめ7選!

【家電ライターが教える】使い勝手がいい拡声器のおすすめ7選!

この記事では、家電ライターの渡辺まりかさんに拡声器の選び方や商品選びのコツを伺いました。また、おすすめ商品も紹介していただきました。発した声を大きな声に拡大する拡声器ですが、家電量販店ではあまり取り扱いがなく、スポーツ用品店などで時々売っている商品しか購入できないというジレンマがありました。しかし、実は見かけないだけでメーカーではいろいろと生産しているんです! ぜひプロの意見を参考にして、用途に合った拡声器をみつけてみてください。


ランニング用音楽プレーヤーのおすすめ6選|ガジェットライターが厳選!

ランニング用音楽プレーヤーのおすすめ6選|ガジェットライターが厳選!

ガジェットレビュアーが選ぶランニング用音楽プレーヤー6選をご紹介します。ランニング時の音楽再生は、ペース管理やモチベーションアップの観点で一般的になっています。でも、音楽プレイヤーといっても各社いろいろなモデルを販売しているため決めにくいですよね。そこで、自身でもマラソンや社会人のランニングの大会に出場するガジェットライターの東雲八雲さんに、おすすめの音楽プレイヤーや選び方についてうかがいました。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


Bluetoothオーディオトランスミッターおすすめ5選|ITライターが選び方も解説

Bluetoothオーディオトランスミッターおすすめ5選|ITライターが選び方も解説

Bluetoothは代表的な無線の規格ですが、Bluetoothに対応していればどんな機器でもBluetoothヘッドホンなどと接続できるわけではありません。たとえば、Bluetoothオーディオに対応していないテレビやゲーム機などはBluetooth機能を内蔵していてもBluetoothヘッドホンと接続できるわけではないのです。しかし、そうした機器でもBluetoothオーディオトランスミッターを使うことでBluetoothヘッドホンと接続できるようになります。本記事では、ITライターの海老原 昭さんへの取材をもとに、Bluetoothオーディオトランスミッターを選ぶときに見ておきたいポイントを解説し、おすすめ商品を紹介します。


【ゲーミングイヤホン】の選び方とおすすめ6選+α|ガジェットレビュアーが解説

【ゲーミングイヤホン】の選び方とおすすめ6選+α|ガジェットレビュアーが解説

ゲーミングイヤホンは、家族が寝静まった深夜や、敵の足音や銃声などが重要なFPSゲームに欠かせないアイテムです。また、ヘッドホンでありがちな、耳蒸れや側圧で頭が痛くなることがないのも嬉しいポイント。本記事では、ガジェットレビュアーの東雲八雲さんに、ゲーミングイヤホンを選ぶうえでの選び方のポイント、おすすめの商品を紹介してもらいました。はじめてゲーミングイヤホンを買う方や、よりよいモデルを知りたい方はぜひ参考にしてみてください。


SHUREヘッドホン・イヤホンのおすすめ5選|ガジェット系ライター厳選

SHUREヘッドホン・イヤホンのおすすめ5選|ガジェット系ライター厳選

1925年に創業した米国の総合オーディオメーカー、SHURE。このイヤホンは、ケーブルを耳の後ろに回す独特な装着法が特徴で、「SHURE掛け」とも呼ばれています。プロの音楽家などに業務用として提供している製品も多く、原音を忠実に再現することで高く評価されている「SHURE」のイヤホン・ヘッドホンについて、ガジェット系ライターの堀井塚 高さんに選び方とおすすめ商品をお聞きしました。SHUREのイヤホン・ヘッドホンの購入を検討されている方はぜひ参考にしてみてくださいね。


最新の記事


ロッキングチェアおすすめ6選【インテリアのプロ厳選】ゆったり読書

ロッキングチェアおすすめ6選【インテリアのプロ厳選】ゆったり読書

ロッキングチェアに座ってゆったり読書。そんな生活に憧れる方も多いのではないでしょうか。飛騨産業、EAMES(イームズ)やIKEA(イケア)などブランドも多く、モダンなタイプから、映画などでよくみかけるカントリースタイルまでさまざまなデザインもあります。そんなに安い買い物でもないし、サイズも小さいものでもないため、慎重に選びたいところですが、どのように選べばいいか悩んでしまうのではないでしょうか。この記事では、インテリアコーディネーターの嶋﨑都志子さんへの取材をもとに、ロッキングチェアのおすすめ6選と選び方を教えてもらいました。お気に入りのロッキングチェアを見つけて、ゆったりとテレビを見たり、読書をしたり、のんびりとくつろぎましょう。


サーマレストマットおすすめ7選|キャンプ専門家に聞く! 登山やテント泊を快適に

サーマレストマットおすすめ7選|キャンプ専門家に聞く! 登山やテント泊を快適に

サーマレスト(THERMAREST)はキャンプや登山で使用するマットレスの専門ブランド。多くのユーザーに支持されている定番のサーマレストマットの選び方のコツとおすすめ商品を、キャンプライターの中山一弘さんに伺いました。オートキャンプや登山などでテント泊をするとき、地面の凸凹や冷気を遮断して快適な睡眠をえるためにマットは必要です。自動膨張式のタイプや軽量なクローズドセルなど、さまざまなラインナップがあります。売れ筋ランキングも参考にしながら、軽さ、パッキングのしやすさなどを考慮し、自分に合う製品を選んでください。


釣りライターがおすすめする【ショアジギングリール5選】岸から大物を狙う!

釣りライターがおすすめする【ショアジギングリール5選】岸から大物を狙う!

ショアジギングは、岸からメタルジグなどを投げて青物をメインに狙うゲームです。サーフや堤防、磯などさまざまなシチュエーションで手軽に大物が狙えるため、とても人気が高まっている釣りです。ただ、見るからにリールには過酷な釣りに見えますが、実際はどうなのでしょう。釣りライターの中山一弘さんに、ショアジギング用のリールの選び方とおすすめ製品を聞いてみました。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


通販でお取り寄せしたい桃のおすすめ5選|料理研究家に取材

通販でお取り寄せしたい桃のおすすめ5選|料理研究家に取材

料理研究家の松本葉子さんに通販でお取り寄せして食べたい桃のおすすめ商品を教えてもらいました。桃は夏ごろにスーパーなどでも見かけますが、粒の大きさや値段の幅が広く、どれを選べばいいか悩みますよね。この記事ではさまざまな品種のなかから、厳選した桃をご紹介します。自分へのご褒美に、お世話になった人への贈答用に、ぴったりの一品をぜひ見つけてください。


【マスキングテープ】選び方&おすすめ7選|文房具ライターが商品を厳選

【マスキングテープ】選び方&おすすめ7選|文房具ライターが商品を厳選

文房具ライターが選ぶマスキングテープ7選をご紹介します。メモを貼りつけたり、封筒に使ったり、インデックスにしたりと、マスキングテープは文房具好きにとって必須アイテムのひとつになりました。元々は塗装工の方々が塗装の際に塗ってはいけない部分を覆い隠すための仕事道具だったのです。また、かんたんな識別の印としても使われていたようです。本記事では、文房具ライターの猪口フミヒロさんにお話をうかがい、マスキングテープにはどんなものがあるのか、マスキングテープを選ぶときにはどんなところに気をつければいいのか、そして、おすすめ商品について教えてもらいました。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。