釣りライターが教える! おすすめの魚群探知機5選|水中の今をばっちり表示

釣りライターが教える! おすすめの魚群探知機5選|水中の今をばっちり表示
キャンプ/釣りライター
中山 一弘

青年期に始めた釣り新聞への寄稿を始めとして、サイトAllAboutでのフィッシングガイドを務める。 ほかにも雑誌『Salty!(ソルティ)』やアウトドア系の雑誌やWeb媒体などでの執筆多数。 今も休日には必ず海山湖を駆けまわっている自然派で、あらゆるジャンルの釣りを体験し、季節に合わせて日本中の旬な魚を追っている。 キャンプ用品は、あえて払い下げのミリタリー系ギアで揃えるマニアな一面も。

魚群探知機は、音波の反射を利用して魚の群れや水底の様子を視覚化してくれる機器です。魚群探知機から得られる情報をうまく利用すれば、これまで以上に釣りを楽しめるようになるかもしれません。しかし、特に初心者の方は、どんな点を考慮して購入すればいいのか悩んでしまうのではないでしょうか。そこで本記事では、釣りライターの中山一弘さんに聞いた、後悔しない魚群探知機選び方やおすすめ商品を紹介します。魚群探知機を上手に選んで、もっと釣りを楽しみましょう!


魚群探知機の選び方! 釣りライターに聞きました

釣りライターの中山一弘さんに、魚群探知機を選ぶときのポイントを3つ教えてもらいました。釣りのプロがどんなところに注目して魚群探知機を選ぶのか、しっかりチェックしてみましょう。

Payless images logo 7d75d46922da333d985fdbdff6420aad801d95739d2bd451a5187eec7ce851e9

魚群探知機をうまく使えば、周りに差をつけられるかもしれませんね。

魚群探知機にもタイプがある

キャンプ/釣りライター

魚群探知機にはいくつかの種類があります。ボートなどに振動子(音波を送受信するパーツ)を備えつけて使うタイプもあれば、振動子ごと持ち歩いてレンタルボートなどでも使えるようにしたポータブルタイプ、最近では遊漁船を中心に親機が表示している情報をそのまま子機として受け取ることができる製品もあります。

釣りの場合、ボート所有者以外の方はあらゆるシーンで使えるポータブルタイプがおすすめです。

見やすい画面は武器になる

キャンプ/釣りライター

魚群探知機は振動子の真下の情報を連続して受け取っているので、流れる画面の始点が現在の状況ということになります。より正確な情報を知るには画面が大きく、解像度も高い方が有利です。

魚群探知機の場合なら本体サイズが大きいほど見やすいと思ってもらっても大丈夫です。ポータブルとはいえ視認性が悪いようでは使いづらいので、しっかりしたつくりの製品を選ぶとよいです。

ホンデックス『5型ワイド液晶ポータブルプロッター魚探』

大きな5型ワイド液晶でこの高解像度だから、水中の情報をはっきりと把握することができます。

>> 楽天市場で詳細を見る

GPS機能付きのモデルも

キャンプ/釣りライター

魚群探知機としての機能はもちろん、GPSと連動して現在位置の把握はもちろん、過去に釣れた場所のデータなどを記録することができる製品もあります。「GPS魚探」「プロッター魚探」などと呼ばれていますが、マイボートやレンタルボートで出かけることが多い人にとって、釣れるポイントが蓄積できるのでとても便利です。少々割高になりますが、ワンランクアップにとてもおすすめです。

ガーミン『ストライカー4』

GPS受信を内蔵し、お気に入りの釣りスポットをマーク。頑丈なので厳しい海洋環境でも優れた性能を発揮します。

>> Amazonで詳細を見る

釣りライター厳選! おすすめの魚群探知機5選|高解像度なものからスマホとセットで使うものまで

上で紹介した魚群探知機の選び方のポイントをふまえて、釣りライターの中山一弘さんに選んでもらったおすすめ商品を紹介します。自分の釣りスタイルにあった魚群探知機を探してみてくださいね。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ホンデックス『4.3型ワイドカラー液晶ポータブル魚探』

ホンデックス『4.3型ワイドカラー液晶ポータブル魚探』 ホンデックス『4.3型ワイドカラー液晶ポータブル魚探』 ホンデックス『4.3型ワイドカラー液晶ポータブル魚探』

出典:Amazon

画面サイズ 4.3型ワイド液晶
バッテリー種類 単三電池8本(バッテリーも可)
水深表示範囲 0~150m

Thumb lg 9e85a6da 7fe7 4063 b6de e73f47b48d34

キャンプ/釣りライター

ポータビリティと品質の高さでイチオシ

ホンデックスは以前から単三電池で動作するポータブル魚群探知機を発売してきましたが、これはその最新版になります。電池ボックス一体型の本体は折りたたむことができ、カバー部がそのまま台座になるので単体使用時の安定感はばつぐんです。

4.3型のLEDバックライトカラー液晶はとても見やすく、豊富な機能で底質や魚の位置を正確に教えてくれます。最初の1台として最もおすすめしたい製品です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ホンデックス『5型ワイド液晶ポータブルプロッター魚探』

ホンデックス『5型ワイド液晶ポータブルプロッター魚探』 ホンデックス『5型ワイド液晶ポータブルプロッター魚探』 ホンデックス『5型ワイド液晶ポータブルプロッター魚探』 ホンデックス『5型ワイド液晶ポータブルプロッター魚探』

出典:Amazon

画面サイズ 5型ワイド液晶
バッテリー種類 単三電池8本(バッテリーも可)
水深表示範囲 0~150m

Thumb lg 9e85a6da 7fe7 4063 b6de e73f47b48d34

キャンプ/釣りライター

GPS内蔵で位置情報も表示可能!

上の『4.3型』にGPS機能がついたような製品です。受信機は内蔵なので、アンテナなどの設置も不要で、ポータビリティの高さはそのまま、位置情報と魚探を一緒に確認できるすぐれものです。

これがあれば、山立て(ボートで自分の位置を知るテクニック)をする必要なく自分の位置が分かりますし、魚が良く釣れる地形の把握もより詳細に推測できるようになります。マイボートやレンタルボートでの釣行がメインの人にはこちらがおすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

deeper『Deeper Smart Sonar PRO』

deeper『DeeperSmartSonarPRO』 deeper『DeeperSmartSonarPRO』 deeper『DeeperSmartSonarPRO』 deeper『DeeperSmartSonarPRO』 deeper『DeeperSmartSonarPRO』 deeper『DeeperSmartSonarPRO』 deeper『DeeperSmartSonarPRO』 deeper『DeeperSmartSonarPRO』

出典:Amazon

画面サイズ ペアリングデバイスによる
バッテリー種類 リチウムポリマーバッテリ3.7V
水深表示範囲 0.5~80m

Thumb lg 9e85a6da 7fe7 4063 b6de e73f47b48d34

キャンプ/釣りライター

スマホと連動して使えるポータブル魚探

この製品はちょっと変わっていて、魚探の表示デバイスとしてスマートフォンやタブレットを使うのが特徴。本体は振動子も兼ねていて、これをそのまま水に浮かべて使う仕組みになります。手軽さという点では最強の部類で、手持ちのスマホと本体を持っていけばどこでも魚探を使うことができます。

また、本体は投げ込むことができるのでボート以外の釣りでも使用可能です。釣りの可能性を大きく広げてくれるアイテムといえます。GPS機能付きの「PRO+」もあります。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

シマノ『探見丸 CV FISH』

シマノ『探見丸CVFISH』

出典:Amazon

画面サイズ 86x53(mm)
バッテリー種類 単三電池8本(バッテリーも可)
水深表示範囲 ~250m

Thumb lg 9e85a6da 7fe7 4063 b6de e73f47b48d34

キャンプ/釣りライター

遊漁船の魚探情報をキャッチ

遊漁船、いわゆる「釣り船」で沖釣りをする場合、魚群探知機の情報はとても重要です。通常は自分から操舵室に行き、船長と話しながら魚探を見るという形になりますが、この製品は船長が見ている同じ魚探の情報を手元で見られるようにしてくれる製品になります(※親機が対応している必要あり)。

この製品があれば船が流している海底の状況などが詳細に分かるので大きなアドバンテージになるはずです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ガーミン『ストライカー4』

ガーミン『ストライカー4』 ガーミン『ストライカー4』 ガーミン『ストライカー4』 ガーミン『ストライカー4』 ガーミン『ストライカー4』

出典:Amazon

画面サイズ 3.5型液晶
バッテリー種類 12vバッテリーが必要
水深表示範囲 --

Thumb lg 9e85a6da 7fe7 4063 b6de e73f47b48d34

キャンプ/釣りライター

格安でも本格派!

米国に本社があるガーミンのコンパクト魚探。小さいながらもGPS内蔵で、機能は上位機種に匹敵しています。世界中で使われている魚探を発売しているメーカーだけあって品質も感度も高いのですが、それは本機でも十分再現されています。

バッテリーを別に用意する必要はありますが、市場価格で1万円代で購入できる魚群探知機のなかではピカイチの性能です。安くて高性能の魚探を探している人におすすめです。

「魚群探知機」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
ホンデックス『4.3型ワイドカラー液晶ポータブル魚探』
ホンデックス『5型ワイド液晶ポータブルプロッター魚探』
deeper『Deeper Smart Sonar PRO』
シマノ『探見丸 CV FISH』
ガーミン『ストライカー4』
商品名 ホンデックス『4.3型ワイドカラー液晶ポータブル魚探』 ホンデックス『5型ワイド液晶ポータブルプロッター魚探』 deeper『Deeper Smart Sonar PRO』 シマノ『探見丸 CV FISH』 ガーミン『ストライカー4』
商品情報
特徴 ポータビリティと品質の高さでイチオシ GPS内蔵で位置情報も表示可能! スマホと連動して使えるポータブル魚探 遊漁船の魚探情報をキャッチ 格安でも本格派!
画面サイズ 4.3型ワイド液晶 5型ワイド液晶 ペアリングデバイスによる 86x53(mm) 3.5型液晶
バッテリー種類 単三電池8本(バッテリーも可) 単三電池8本(バッテリーも可) リチウムポリマーバッテリ3.7V 単三電池8本(バッテリーも可) 12vバッテリーが必要
水深表示範囲 0~150m 0~150m 0.5~80m ~250m --
商品リンク

※各社通販サイトの 2019年12月11日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月11日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月11日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月11日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月11日時点 での税込価格

ECサイトの魚群探知機ランキングを参考にする

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでの魚群探知機の売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:魚群探知機ランキング
楽天市場:魚群探知機ランキング
Yahoo!ショッピング:魚群探知機ランキング

※上記リンク先のランキングは、各ECサイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

魚探があれば釣れるわけではない! 釣りライターからのアドバイス

キャンプ/釣りライター

魚群探知機は、それさえあればいつでも魚が釣り放題という道具ではありません。どちらかというと、水深や底質、形状を知ることがメインで、映る魚を直接狙うことのほうがまれです。ワカサギ釣りなどでは群れが通ると画面いっぱいが真っ赤になるのでドキドキしますが、魚探はあくまでも水中の情報を知るための道具です。

釣果を伸ばせるかは、釣り人が魚探で得た情報をヒントにどう釣りを組み立てるかによります。それさえ理解できていれば魚探があるだけで釣りが大きく変わります。ぜひ信頼できる製品を選んで釣りに役立ててください。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2019/12/13 コンテンツ追加・修正と価格を更新しました(マイナビおすすめナビ編集部 花島優史)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


フィッシュグリップのおすすめ11選|魚にキズをつけない【計量機能つきも】

フィッシュグリップのおすすめ11選|魚にキズをつけない【計量機能つきも】

魚をキズつけずに持ち上げ、自分の手を魚の歯やヒレから守ることができるフィッシュグリップ。釣り初心者でもひとつ持っておくとなにかと便利です。この記事では、ワイルドライフクリエーターの荒井裕介さん取材のもと、フィッシュグリップの選び方、おすすめ11選をご紹介します。自分が使いやすいフィッシュグリップを見つけ、釣りライフを楽しみましょう。


釣りタックルバッグおすすめ15選|【ダイワ・シマノ】タイプで厳選

釣りタックルバッグおすすめ15選|【ダイワ・シマノ】タイプで厳選

釣りに行く際に、釣り道具を入れるのに欠かせないのが釣り用タックルバッグ。この記事では、使用タイプ・機能つきなど、ワイルドライフクリエーターで山岳写真家の荒井裕介さんと編集部が選んだ釣り用タックルバッグの選び方のポイントとおすすめ商品をランキングとともにご紹介します。


ウキのおすすめ11選|サビキ釣り向けのものやセットも紹介

ウキのおすすめ11選|サビキ釣り向けのものやセットも紹介

ウキ釣りは初心者から上級者まで多くの人に親しまれている釣り方です。しかし、ウキにもいろいろな形状や特徴があるので、どれを選ぶべきか迷ってしまうこともあるでしょう。ここでは、ウキを選ぶためのコツや、山岳写真家&アウトドア・エキスパートの荒井裕介さんと、編集部が選んだおすすめのウキ11種類を紹介します。


サビキ釣り竿のおすすめ11選|【ダイワ、シマノ】セット商品も紹介

サビキ釣り竿のおすすめ11選|【ダイワ、シマノ】セット商品も紹介

初心者や家族連れでも、すぐに楽しむことができるところがサビキ釣りの魅力。ここでは、サビキ釣り竿の選び方を解説し、アウトドアにくわしい山岳写真家の荒井裕介さんと編集部が選んだおすすめ商品を紹介します。商品選びの参考にしてみてください。


ロッドベルトのおすすめ11選|【ダイワ・シマノ】ショルダーベルト付きも

ロッドベルトのおすすめ11選|【ダイワ・シマノ】ショルダーベルト付きも

ロッド(竿)を束ねて移動したいときに便利なロッドベルト。長さや本数に左右されないため、マルチに活躍してくれるアイテムです。その実用性からシマノやDAIWAといった大手メーカー、ブランドも多数ラインアップ。ここでは、ワイルドライフクリエーター・荒井裕介さんと編集部が選んだロッドベルトの厳選11選と選び方をご紹介します。


関連するブランド・メーカー


GARMIN(ガーミン) SHIMANO(シマノ)

新着記事


使い捨てマスクおすすめ12選|快適マスクで花粉やウイルスをブロック!個包装タイプも

使い捨てマスクおすすめ12選|快適マスクで花粉やウイルスをブロック!個包装タイプも

日常生活のなかで欠かせなくなった使い捨てマスクは、つねに新しいものを身につけられるため清潔に使用できるのが魅力のアイテムです。価格が安定したこともあって、使いやすいマスクを購入したいと思っている人も多いはずです。本記事では、医療ライター・宮座美帆さんと編集部が選んだおすすめの使い捨てマスクを12種類紹介します。自分の使い方に合う使い捨てマスクを手に入れて、快適なマスク生活を実現しましょう。


医学部受験のための数学参考書おすすめ11選|基礎がためから応用まで

医学部受験のための数学参考書おすすめ11選|基礎がためから応用まで

医学部受験において数学はカギを握る重要な科目。自分に合った効果的な参考書を選んで合格への力を身につけましょう。ここでは、SRP教育研究所所長の伊丹龍義さんと編集部が厳選した、医学部受験のための数学参考書のおすすめ参考書と選び方をランキングとともにご紹介します。


無機化学の参考書おすすめ11選|暗記しやすい参考書&勉強を紹介

無機化学の参考書おすすめ11選|暗記しやすい参考書&勉強を紹介

暗記量が多くつらい無機化学の学習を助けてくれる強い味方が参考書。暗記の負担を軽減してくれるものや図やイラストで知識が定着しやすいよう工夫されたものなど、効果的に学べます。ここでは、スタディサプリの中学理科を全学年担当している佐川大三さんと編集部が選んだ無機化学の参考書のおすすめと選び方をご紹介します。


【プロ厳選ランキング】メンズ乾燥肌向け洗顔料のおすすめ16選|カサつき対策には保湿が大切!

【プロ厳選ランキング】メンズ乾燥肌向け洗顔料のおすすめ16選|カサつき対策には保湿が大切!

肌のカサつきや粉をふくといった乾燥肌の男性は、女性からみても清潔感がないように見えてしまうもの。化粧水や乳液でスキンケアを考えているけど面倒に感じる男性も多いでしょう。そんなときは保湿力にたけた洗顔料に注目。この記事では、美容ライター、エイジング美容研究家の遠藤幸子さん取材のもと、メンズ乾燥肌向け洗顔料の厳選した16商品をご紹介します。


地方公務員試験対策参考書おすすめ16選|初級から上級まで徹底解説

地方公務員試験対策参考書おすすめ16選|初級から上級まで徹底解説

競争率が高く、難しい印象のある公務員試験。自分に合った参考書や問題集を見つけ、効率よく学習することが合格への近道のひとつです。ここでは、School Post主宰の石井知哉さんと編集部が選ぶおすすめ参考書と選び方のポイントについてご紹介していきます。


アウトドア・キャンプの人気記事


>>もっと見る