ジギングロッドおすすめ6選【初心者にも!コスパのいい商品を厳選】人気シマノやダイワなど

ジギングロッドおすすめ6選【初心者にも!コスパのいい商品を厳選】人気シマノやダイワなど

船の上からメタルジグを沈めて青物と格闘するジギング。最近ではスピニングタックルではなくベイトタックルを利用したスロージギングが人気です。

その「ジギングロッド」は使用するメタルジグの重さによって選ぶ必要がありますが、王道ブランドのほかメジャークラフトやアブガルシアなどからさまざまな種類が販売されています。初めての方は何を選べばいいかわからないですよね。

本記事では、ジギングロッドの選び方やおすすめ商品をご紹介。通販サイトの最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミとあわせてチェックしてみてください。


目次

この記事を担当するエキスパート

キャンプ/釣りライター
中山 一弘

青年期に始めた釣り新聞への寄稿を始めとして、サイトAllAboutでのフィッシングガイドを務める。 ほかにも雑誌『Salty!(ソルティ)』やアウトドア系の雑誌やWeb媒体などでの執筆多数。 今も休日には必ず海山湖を駆けまわっている自然派で、あらゆるジャンルの釣りを体験し、季節に合わせて日本中の旬な魚を追っている。 キャンプ用品は、あえて払い下げのミリタリー系ギアで揃えるマニアな一面も。

マイナビおすすめナビ編集部

担当:アウトドア・キャンプ
天野 駿太郎

「アウトドア・キャンプ」カテゴリーを担当。元雑誌編集者で、アウトドアギアやファッションに親しむ。休日は愛車のロードバイクでツーリングがてらキャンプをしたり、野山やアルプスで登山を楽しんだりする。軽量&コンパクトなギアに目がない。

◆本記事の公開は、2019年10月18日です。記事公開後も情報の更新に努めていますが、最新の情報とは異なる場合があります。(更新日は記事上部に表示しています)◆記事中のコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作されており、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。◆広告は「PR」と表記し明確に区別しています。

ジギングとは?どんな釣り?

ジギングの画像
ペイレスイメージズのロゴ

ジギングは鉛や鉄でできた『メタルジグ』を用いた釣り全般のことを指します。ジギング釣りとは、船の上からメタルジグを海底に沈めて青物を中心にルアーをしゃくりながら巻き上げる釣りのこと。

近年はスポーツフィッシングのだいご味を十分教えてくれるということもあり非常に人気で楽しい釣りです。日本全国でポピュラーに行われているジギングといえば、ブリやヒラマサ、カンパチなどを狙う近海の青物ジギング。

船やボートからバーチカルにアプローチする、オフショアジギングやショアからキャスティングでジグを遠投し探る、ショアジギングなど大きく分けて2つのジギングがありますので、どのシチュエーションで使用するかも購入の際には考えてみるようにしましょう!

ジギングの種類・タイプ

ジギングの画像
ペイレスイメージズのロゴ

ジギングは大きく分けて次の4種類の釣り方に分かれます。

ジギング

すばやいアクションでメタルジグをしゃくるハイピッチジャークで、逃げ惑う小魚を演出する釣り方です。バーチカルジギングとも呼ばれています。

スロージギング

その名のとおり、ハイピッチジャークとは逆で、スローピッチジャークでメタルジグをしゃくり、弱っている小魚を演出する釣り方です。

ジギングはスピニングタックルで行うのが主流でしたが、ベイトタックルを用いてゆっくり誘うスロージギングが人気です。

ライトジギング

ライトジギングは、水深が100m以内で、100g以下のメタルジグを使って行うジギングで、近海ジギングとも呼ばれています。ただ、地域によって呼び方や定義が違うようです。なお、さらにライトなメタルジグを利用したスーパーライトジギングという釣りもあります。

ディープジギング

ディープジギングは、200m以上の深海かつ、200g以上のメタルジグを使うジギングです。その距離と重さから電動リールを使用するのが一般的です。

ジギングロッドのおすすめブランド4選

それでは、ジギングロッドのおすすめのブランドをご紹介します。ブランドの特徴とあわせて、おすすめ商品もご紹介するので、ぜひチェックしてみてください!

▼ジギングロッドの選び方をじっくり読みたい方はこちらから!

ダイワ(DAIWA)

ダイワは、日本を代表する釣り具メーカー。ロッドやリール、クーラーボックスからライフジャケットまで釣りを楽しむために必要なアイテムは一通り取り扱っています。

ジギングロッドについては、数多くの商品を取り扱っており、安価で使いやすいエントリーモデルから、上級者向けのモデルまで、自分のレベルに合ったロッドを選ぶことができます。

ダイワ 『ブラスト J63MLS・V』

気軽に持ち運べる2本継タイプの本格派ジギングロッ

いつでも愛用のロッドを気軽に持ち運びたいという方に人気の2本継タイプです。小型ジグからセミロングジグを丁寧に操作して、スレた魚に食わせることができるテクニカルタイプとなっています。細身で軽量ですが高密度カーボンをブレーディングXで補強することによって粘りのあるブランクを実現しました。基本的には小型青物向けですが、ブリクラスの大物まで対応可能な万能ロッドです。

シマノ(SHIMANO)

シマノは高品質な自動車部品や釣り具などで知られるメーカー。釣り具においては、ロッドをはじめ、ラインやリール、ルアーなど幅広い商品を取り扱っています。

ジギングロッドにおいては、培ってきた技術を駆使した、遠投性がよく、操作のしやすいモデルなど多数。初心者から上級者まで、幅広いユーザーに人気のメーカーとなっています。

エキスパートのおすすめ

シマノ『グラップラー タイプLJ B63-1』

キャンプ/釣りライター:中山 一弘

キャンプ/釣りライター

エントリーロッドとは思えない高い完成度が魅力

軽量ブランクに「スパイラルX」、「ハイパワーX」の両技術を採用した完成度の高いロッドです。テクニカルな狙い方をする機会が多い近海ジギングで、メタルジグを自在に操り、掛けた大物に主導権を与えない釣りが展開できるのが魅力です。

このロッドを手にしただけで自分のテクニックが数ランクアップしたような感覚になるので、自信を持って獲物を狙い続けることができます。ひじょうに扱いやすいので、ベイトリールでのジギングがはじめてという人にも使って欲しいロッドです。

メジャークラフト

メジャークラフトは、大阪府大阪市に本社を置く釣り具メーカー。ジギングだけでなく、バス釣り、エギング、メバリングなど、様々な釣りに合わせた製品が展開されており、たくさんのユーザーがいます。

ジギングロッドについては、ジギング専用のロッドから、鯛ラバ、タチウオ、タコにまで対応したロッドも多く、自分が狙うターゲットに合わせて商品を選べます。

エキスパートのおすすめ

メジャークラフト『「三代目」クロステージ ジギング CRXJ-S602/4』

メジャークラフト釣り竿スピニングロッド3代目クロステージジギング2ピースCRXJ-S602/36.0フィート メジャークラフト釣り竿スピニングロッド3代目クロステージジギング2ピースCRXJ-S602/36.0フィート メジャークラフト釣り竿スピニングロッド3代目クロステージジギング2ピースCRXJ-S602/36.0フィート メジャークラフト釣り竿スピニングロッド3代目クロステージジギング2ピースCRXJ-S602/36.0フィート
出典:Amazon この商品を見るview item
キャンプ/釣りライター:中山 一弘

キャンプ/釣りライター

豊富なラインアップとコスパが魅力!

「『三代目』クロステージ」のジギングシリーズは、専門性の高い細かなラインアップとコストパフォーマンスが魅力のロッドです。

地域性や季節ごとのきめ細かい狙い方に合わせたロッドがラインアップされているので、ビギナーはもちろん、中級者からベテランまで納得の製品が手に入ります。ブランクの感度、粘りとも申し分ないので、大物が潜む海域でも安心して釣りができます。

メジャークラフト 『ジャイアントキリング GXJ-S63ML』

2月20日限定クーポン配布中★メジャークラフト17ジャイアントキリングGXJ-S63ML(ジギングロッド)(大型商品A) 2月20日限定クーポン配布中★メジャークラフト17ジャイアントキリングGXJ-S63ML(ジギングロッド)(大型商品A)
出典:楽天市場 この商品を見るview item
小者青魚を狙うのに最適なライトジギングモデル

実売価格で1万円台から高品質のロッドを多数ラインナップしているメジャークラフト。湾内や近海などでサバやハマチなどの小型青物を狙うのにぴったりなライトジギングモデルです。小型のプラグにも対応可能なのでライトゲームを気軽に楽しみたいという方にもおすすめです。コストパフォーマンス抜群なのでビギナーの方の最初の1本にもぴったりなジギングロッドとなっています。

メジャークラフト『ソルパラXSPXT-96LSJ』

メジャークラフト2代目ソルパラXライトショアジギングロッドSPX-962LSJ-9.6フィート(約292cm) メジャークラフト2代目ソルパラXライトショアジギングロッドSPX-962LSJ-9.6フィート(約292cm) メジャークラフト2代目ソルパラXライトショアジギングロッドSPX-962LSJ-9.6フィート(約292cm) メジャークラフト2代目ソルパラXライトショアジギングロッドSPX-962LSJ-9.6フィート(約292cm) メジャークラフト2代目ソルパラXライトショアジギングロッドSPX-962LSJ-9.6フィート(約292cm) メジャークラフト2代目ソルパラXライトショアジギングロッドSPX-962LSJ-9.6フィート(約292cm)
出典:Amazon この商品を見るview item
思い立った時にすぐにジギングを楽しめる携帯性抜群

本格的なジギングロッドも魅力的ですが、もっと気軽に持ち運べるコンパクトなロッドが欲しいという方にぴったりな振出ロッドです。コンパクトサイズながらライトショアジギングに対応しており、小型から中型までの青物を狙うことができます。テトラエリアや磯場でのシーバス狙いにもおすすめなので1本持っていると便利なロッドです。

アブガルシア

アブガルシアは、スウェーデンに本社を置く釣具の総合メーカー。もともとはひとりの時計職人が始めた異色のメーカーで、時代の流れに合わせて精密機械を扱い、そして、それらの技術を活かして、現在の釣具を数多く扱うブランドとして確立していきました。

技術がより活かされているのはベイトリールやスピニングリールとなりますが、それらのアイテムに付随するロッドもかなりの人気があります。ジギングロッドは、「OCEAN FIELD(オーシャンフィールド)シリーズ」に分類され、ビッグゲームをはじめ、使い勝手のいいロッドが揃っています。

アブガルシア 『オーシャンフィールドOFJS-60/180』

アブガルシア(AbuGarcia)ジギングロッドスピニングオーシャンフィールドジギングOFJS-60/120スピニングロッド1ピースイナダサバワラササゴシ近海ジギング アブガルシア(AbuGarcia)ジギングロッドスピニングオーシャンフィールドジギングOFJS-60/120スピニングロッド1ピースイナダサバワラササゴシ近海ジギング アブガルシア(AbuGarcia)ジギングロッドスピニングオーシャンフィールドジギングOFJS-60/120スピニングロッド1ピースイナダサバワラササゴシ近海ジギング アブガルシア(AbuGarcia)ジギングロッドスピニングオーシャンフィールドジギングOFJS-60/120スピニングロッド1ピースイナダサバワラササゴシ近海ジギング アブガルシア(AbuGarcia)ジギングロッドスピニングオーシャンフィールドジギングOFJS-60/120スピニングロッド1ピースイナダサバワラササゴシ近海ジギング アブガルシア(AbuGarcia)ジギングロッドスピニングオーシャンフィールドジギングOFJS-60/120スピニングロッド1ピースイナダサバワラササゴシ近海ジギング アブガルシア(AbuGarcia)ジギングロッドスピニングオーシャンフィールドジギングOFJS-60/120スピニングロッド1ピースイナダサバワラササゴシ近海ジギング アブガルシア(AbuGarcia)ジギングロッドスピニングオーシャンフィールドジギングOFJS-60/120スピニングロッド1ピースイナダサバワラササゴシ近海ジギング
出典:Amazon この商品を見るview item
充実のスペックで上級者にもおすすめのハイコストパ

実売価格1万円前後という価格帯ながら高い耐久性と充実のスペックでこれからジギングに挑戦したい初心者の方から上級者の方まで幅広く満足できるロッドです。この価格帯ながらガイドは冨士工業製のニューコンセプトガイドを採用。ブランクスはカーボンXテープで補強されていますので、大物が相手でも安定感のあるファイトを楽しめます。

おすすめ商品の比較一覧表

画像
ダイワ 『ブラスト J63MLS・V』
シマノ『グラップラー タイプLJ B63-1』
メジャークラフト『「三代目」クロステージ ジギング CRXJ-S602/4』
メジャークラフト 『ジャイアントキリング GXJ-S63ML』
メジャークラフト『ソルパラXSPXT-96LSJ』
アブガルシア 『オーシャンフィールドOFJS-60/180』
商品名 ダイワ 『ブラスト J63MLS・V』 シマノ『グラップラー タイプLJ B63-1』 メジャークラフト『「三代目」クロステージ ジギング CRXJ-S602/4』 メジャークラフト 『ジャイアントキリング GXJ-S63ML』 メジャークラフト『ソルパラXSPXT-96LSJ』 アブガルシア 『オーシャンフィールドOFJS-60/180』
商品情報
特徴 気軽に持ち運べる2本継タイプの本格派ジギングロッ エントリーロッドとは思えない高い完成度が魅力 豊富なラインアップとコスパが魅力! 小者青魚を狙うのに最適なライトジギングモデル 思い立った時にすぐにジギングを楽しめる携帯性抜群 充実のスペックで上級者にもおすすめのハイコストパ
全長 1.91m 1.91m 6ft 1.92m 2.92m 1.89m
継数 2 2 2 1 - 1
仕舞寸法 1.41m 144cm -- 1.92m - 1.89m
自重 - 112g -- - - 198g
適合ライン(MAX) PE3号 PE1.5号 PE3号 PE1.5号 PE2.5号 PE4号
適合ルアー重量(MAX) 150g 130g 150g 150g 50g 300g
商品リンク

※各社通販サイトの 2022年11月16日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年11月16日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年11月16日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年11月16日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年11月16日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年11月16日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする ジギングロッドの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場でのジギングロッドの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:ジギングロッドランキング
楽天市場:ジギングロッドランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

ジギングロッドの選び方

それでは、ジギングロッドの基本的な選び方を見ていきましょう。ポイントは下記の3つ。

【1】メタルジグの重さに適したジギングロッドの固さを選ぶ
【2】やりたいジギングにあわせて長さを選ぶ
【3】仕舞寸法や継数も考慮して選ぼう


上記の3つのポイントを抑えることで、より具体的に欲しい機能を知ることができます。一つひとつ解説していきます。

【1】メタルジグの重さに適したジギングロッドの固さを選ぶ

船で海釣りに沖に出る男性
ペイレスイメージズのロゴ

ジギングはメタルジグを使った釣りの総称ですが、一般的には船で沖へ出る釣り方を指すケースがほとんどです。正式には「オフショアジギング」とも呼ばれますが、この釣りでは狙う魚によって、メタルジグの大きさや重さが決まってきます。

基本的に、近海などの浅い場所では柔らかいジギングロッド、深い場所では硬めを使用します。水深に応じて、使用するメタルジグが重くなるため、軽いものは柔らかく、重いものは固くなるといった具合です。

ジギングは海底に落としてから巻き上げるのが基本ですから、軽いメタルジグでは海底に到達するまえに潮で流されてしまいます。

そのため、狙いたいポイントの深さと使用するメタルジグの重さが決まってくれば、それに適合するジギングロッドが見えてくるのです。

(★)最初の1本は近海ジギング用のロッドがおすすめ

キャンプ/釣りライター

例えば40g前後のメタルジグで中型回遊魚を狙うジギングもあれば、200gオーバーのメタルジグで数十キロのキハダマグロを狙う釣りまでさまざまなターゲットがいます。

すべての領域をカバーするロッドはありませんが、最初にやるなら40~120gのメタルジグを使う近海ジギング用がおすすめです。名前はライトに見えますが5kg、10kgという獲物が狙えるシーズンもあるので侮(あなど)れません。しっかり準備してチャンスに備えてください。

【2】やりたいジギングにあわせて長さを選ぶ

狭い船上での取り回しや、重たいメタルジグにアクションがつけられるよう、ジギングではショートロッドと呼ばれるタイプがメインになります。

▼長さは5~6ftが基本

 

ジギングロッドは、5~6ft(フィート/1フィートは0.3048 m)ぐらいのロッドが多く、短いものはハイピッチジャークといった細かい連続したアクションがつけやすいのが特徴です。

▼最初の1本なら汎用性の高い6ftがおすすめ

 

6ftはロッドを大きくあおるジャーキングという動きをさせやすいタイプになります。とはいえ、6ftクラスはほぼ万能であらゆるアクションに対応できる面もあります。最初に選ぶのなら6ftがおすすめです。

【3】仕舞寸法や継数も考慮して選ぼう

 

つい釣ることに目がいきがちなジギングロッドですが、実際には船が出船する港までの行き帰りの持ち運びや、保管場所も考えておかなければなりません。

ジギングロッドには継ぎがないワンピースから、グリップだけが着脱できるセパレートロッド、ロッド全体が分割できる2ピースあるいは3ピースなどがあります。ワンピースがロッドとしては一番きれいなベンディングを描きますが、最近では技術力が上がっているので複数ピースのロッドでもきれいに曲がります。

移動の車中や家の空間的な事情で選んでも問題ありませんから、仕舞寸法が適切かチェックしてから買いましょう。

【関連記事】その他のジギング関連のアイテムもチェック

ジギングロッドは大物にも対応できるように

温暖化の影響で、日本沿岸でも超大型のキハダマグロが回遊していたり、釣れる青物も大型化するなど、ジギングにはよい状況が続いています。

大型魚との格闘はとてもスリリングで実に楽しいものですが、タックルバランスや自分の体力とのマッチングも非常にシビアになっています。憧れの50kgオーバーを仕留めるため、十分な知識と経験、そして体力を身につけて、くれぐれも安全第一の釣りを心掛けてください。

◆記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。◆特定商品の広告を行う場合には、商品情報に「PR」表記を記載します。◆「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。◆記事で紹介する商品の価格やリンク情報は、ECサイトから提供を受けたAPIにより取得しています。データ取得時点の情報のため最新の情報ではない場合があります。◆レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部