ワカサギ釣り用テントのおすすめ8選|種類やサイズ・設営タイプなど選び方を紹介

DOD(ディーオーディー)『ワンタッチフィッシングテント(T5-244)』
出典:Amazon
フィッシングライター/職業釣師
田澤 晃

北海道生まれ東北育ち、釣り歴50年、ライター歴32年の職業釣師。 既存の釣りに飽き足らず、常に最先端の釣りを模索し続けることを生きがいにする。 東北を拠点にフレッシュウォーターからソルトウォーター、餌釣りからルアーフィッシングまで幅広いジャンルをこなし、釣り雑誌や新聞を中心に書籍、MOOK本など多数を執筆。 近年はカヤックフィッシングチームの代表として、釣り以外のイベント等にも積極的に参加し、地域活性化に努める。

ワカサギ釣りの必需品といえば防寒・防風対策の「ワカサギ釣り用テント」です。持ち運びに便利なコンパクトタイプや、初心者でも簡単なワンタッチで設営できるもの、ドーム型や連結型、6人用といった大型など種類はさまざま。また、Coleman(コールマン)やCAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)、DOD(ディーオーディー)などメーカーによっても特徴は違います。そこで、フィッシングライターの田澤 晃さんと編集部が選んだワカサギ釣り用テントのおすすめ商品とその選び方を紹介します。あなたにぴったりのテントを見つけワカサギ釣りを快適に楽しんでください。また通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミを確認してみよう。


ワカサギ釣り用テントの選び方 サイズだけじゃない! 設営方式や防寒対策に注目

氷上で釣りをしているカップル
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

ワカサギ釣りテントには、ワンタッチ式、吊り下げ式、より寒さを防御してくれる機能付きのものなど、さまざまなタイプがあります。

ワカサギ釣り用テントは、使用人数や持ち運びやすさなど選び方にポイントがあります。風や寒さから守ってくれるテントは快適に使えることが大切ですので、使用シーンをイメージしながら見ていきましょう。

吊り下げ式かワンタッチ式か設営方法で選ぶ メリット・デメリットを把握

ワカサギ釣り用テントは設営方法によって大きくわけて「吊り下げ式」「ワンタッチ式」があります。風などから守ってくれるのはもちろん、手間なく設営ができるかもチェックするポイント。初心者はとくに使いやすいものを選びましょう。

軽量で持ち運びに便利な「吊り下げ式」

吊り下げ式のテントは、設営に少し手間はかかりますが、ワンタッチ式よりも軽量です。寒い氷上を移動しながらポイントを探すワカサギ釣りでは、より軽量なテントのほうが持ち運びのときの負担が軽減されるでしょう。寒いなか、防寒着で身を包んだ状態で荷物を運ぶのは思っているより大変です。

吊り下げ式の設営経験が浅い初心者の場合、一度練習しておくと本番でもスムーズに設置ができるでしょう。

初心者でも安心! 設営がカンタンな「ワンタッチ式」

テントの設営に自信がない初心者でもカンタンに扱えるのがワンタッチ式です。素早く設営ができるので、よりはやく寒さから身を守れます。

ただ、吊り下げ式に比べると重みがあるので、ひとりでワカサギ釣りに出かけるなどの場合は重量も確認しましょう。また、吊り下げ式に比べて破損しやすい傾向があるので、収納時はとくに注意が必要です。あせって無理に折りたたむと破損の原因となります。

大荷物の釣りには少しゆとりのあるサイズが便利 利用人数プラス1がおすすめ

釣りは必要な道具も多く長時間行なうこともあり、荷物が多くなりやすいもの。荷物を置くスペースや、場合によってはテーブルなどを置くことも考えると、収容人数はひとりぶん程度の余裕があるサイズがベターです。テント内で快適に過ごすためにも、持っていく荷物の大きさの確認もしておきましょう。

寒さを防ぎ防風性に優れているのはドーム型の多面テント スカートの有無も確認、ペグも忘れずに

遮るものがない氷上で強風にも耐えやすいのが、5角形(ペンタゴン)タイプや6角形(ヘキサゴン)タイプなどの多面型テントです。ドームに近い形の方が風をうまく逃がすことができるので、8角形(オクタゴン)タイプなどもおすすめです。

また、より寒さを防ぐためにはスカート付きが安心。テントの裾部分にあるヒラヒラしたものが「スカート」といわれているものです。スカートの部分に雪を乗せると重石の役割にもなり、強い風が吹いても隙間風が入ったり飛ばされたりする心配が軽減されます。ただし、スカートにより隙間が少なくなるぶん、空気がこもりがちになるので、換気はしっかりと行ないましょう。

なお、大型になればなるほど風の影響は受けやすいため、ペグでの固定もしっかり行うようにしましょう。

べンチレーション(通気口)の有無は必ずチェック 忘れてはいけない一酸化炭素中毒対策

寒い時期に行なうワカサギ釣りでは、テント内でストーブを使用したりお湯を沸かしたりすることも多いですよね。一酸化炭素は、気づかないうちにテント内に充満してしまいます。ワカサギ用のテントにはベンチレーション(通気口)が標準装備されていますが、念のためついているか確認してから購入しましょう。また、安全のためにもテント内でのガスの使用は避けましょう。

一酸化炭素中毒の予防として、低い位置にローソクを灯しておけば、酸欠状態をいち早く知ることができますよ。

耐久性が高くてリペアパーツを入手しやすいものなら長く使える フィッシングライターによるアドバイス

フィッシングライター/職業釣師

フィールドの環境や天候、ポイントまでの距離を考慮して選択することが重要。長く使いたければ、多少高価でも高耐久で、破損時にはリペアパーツの入手、修理が可能なものを選びたい。

ワカサギ釣り用テントのおすすめ8選 サイズ・設営タイプ・重量をチェック!大型も

設置がカンタンなものや軽量なものなど、ワカサギ釣りテントのおすすめ商品8選をご紹介します。

フィッシングライター/職業釣師

DOD(ディーオーディー)『ワンタッチフィッシングテント(T5-244)』は、ワカサギの氷穴釣りに特化し、現場を考えたさまざまな機能がギュッと詰め込まれたおすすめテント。2万円前後という価格設定もお買い得感あり。

Coleman(コールマン)『アイスフィッシングシェルターオート』は、複数人でワカサギを楽しむならイチオシのテント。風が強めのときは、ふたりでの設営がおすすめ。老舗メーカーなので、破損時のアフターパーツ類も入手しやすいのが強み。

CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)『ワカサギテント160(M-3109)』は、ひとりで手軽に楽しむには充分なスペース。収納サイズがコンパクトで軽量なので運搬がらく。ペグでしっかり固定すれば、風にも強い。価格もお手頃なので、初心者にもおすすめ。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

DOD(ディーオーディー)『ワンタッチフィッシングテント(T5-244)』

DOD(ディーオーディー)『ワンタッチフィッシングテント(T5-244)』 DOD(ディーオーディー)『ワンタッチフィッシングテント(T5-244)』 DOD(ディーオーディー)『ワンタッチフィッシングテント(T5-244)』 DOD(ディーオーディー)『ワンタッチフィッシングテント(T5-244)』 DOD(ディーオーディー)『ワンタッチフィッシングテント(T5-244)』 DOD(ディーオーディー)『ワンタッチフィッシングテント(T5-244)』 DOD(ディーオーディー)『ワンタッチフィッシングテント(T5-244)』 DOD(ディーオーディー)『ワンタッチフィッシングテント(T5-244)』 DOD(ディーオーディー)『ワンタッチフィッシングテント(T5-244)』

出典:Amazon

サイズ (約)幅280×奥行240×高さ180cm
重量 約7.4kg
収容人数 大人5人
設営方法 ワンタッチ式
スカート
ベンチレーション

初心者でもカンタン設置可能な5人用テント

傘を開くように設置できるのが特徴のワンタッチ式ワカサギ釣りテントです。風を逃がしやすい6角形型で安定性もあり、風が強いことが多い氷上でも安心。スカート付きなので防寒性も高く、集中してワカサギを釣れますね。

テント内は天井が高いので圧迫感も感じにくく、快適に使うことができます。初心者にもおすすめできる使いやすいテントです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Coleman(コールマン)『アイスフィッシングシェルターオート』

Coleman(コールマン)『アイスフィッシングシェルターオート』 Coleman(コールマン)『アイスフィッシングシェルターオート』 Coleman(コールマン)『アイスフィッシングシェルターオート』 Coleman(コールマン)『アイスフィッシングシェルターオート』 Coleman(コールマン)『アイスフィッシングシェルターオート』 Coleman(コールマン)『アイスフィッシングシェルターオート』

出典:Amazon

サイズ (約)幅290×奥行255×高さ157cm
重量 約7.6kg
収容人数 -
設営方法 ワンタッチ式
スカート
ベンチレーション

ガス圧式ワンタッチ! 複数人で釣りを楽しめる

ガス圧式のワンタッチ機構を搭載しているため、半自動的にセットアップが可能。大型のテントで出入り口も3面に設置されているため、出入りもスムーズ。複数人でワカサギ釣りを楽しみたい方におすすめです。

大型で風の影響を受けやすいためロープとペグでテントを固定する必要があります。スチールベグ用のハンマーは自身で用意する必要があるので注意しましょう。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)『ワカサギテント160(M-3109)』

CAPTAINSTAG(キャプテンスタッグ)『ワカサギテント160(M-3109)』

出典:Amazon

サイズ (約)幅160×奥行160×高さ135cm
重量 約3kg
収容人数 大人2人
設営方法 吊り下げ式
スカート
ベンチレーション -

コンパクトでもスカートや換気窓を完備

吊り下げ式のコンパクトなテントです。テントが大きすぎるとストーブを使用してもなかなか温まらないので、ひとりやふたりならコンパクトサイズがおすすめ。スカートもしっかりと付いているので、内部を温めやすいでしょう。

テント天井部分にはメッシュの換気用窓もあり、上から光が入るので内部は明るく快適に過ごせます。

PROX(プロックス)『クイック連結テント(PX907M)』

PROX(プロックス)『クイック連結テント(PX907M)』

出典:Amazon

サイズ (約)幅120×奥行120×高さ127cm
重量 約3kg
収容人数 -
設営方法 ワンタッチ式
スカート -
ベンチレーション

連結で大人数にも対応可能

大人数でもファスナー式の別売りジョイントで連結してワカサギ釣りを楽しめるのが特徴です。横並びだけではなくL字や十字にも連結可能で、便利に使えます。またコンパクトに収納できて重量も3kgと比較的軽量なので、持ち運びやすいのもうれしいポイント。

ワンタッチ式で設営に手間もかからないため、初心者からワカサギ釣り常連まで幅広くおすすめできるテントです。

DOD(ディーオーディー)『サブマリンテント(T2-608)』

DOD(ディーオーディー)『サブマリンテント(T2-608)』 DOD(ディーオーディー)『サブマリンテント(T2-608)』 DOD(ディーオーディー)『サブマリンテント(T2-608)』 DOD(ディーオーディー)『サブマリンテント(T2-608)』 DOD(ディーオーディー)『サブマリンテント(T2-608)』 DOD(ディーオーディー)『サブマリンテント(T2-608)』 DOD(ディーオーディー)『サブマリンテント(T2-608)』 DOD(ディーオーディー)『サブマリンテント(T2-608)』

出典:Amazon

サイズ (約)幅190×奥行190×高さ165cm
重量 約7.5kg
収容人数 大人2人
設営方法 ワンタッチ式
スカート
ベンチレーション -

ワカサギ釣りの快適さを徹底追及

初心者も手間なく設置できるワンタッチ式テント。日中でも光が入らないとテント内は暗くなり手元なども見えにくいですが、採光を目的にした透明窓が設置されています。明るいテント内なら針にエサをつけやすく、快適なワカサギ釣りが楽しめるでしょう。

また四角い形状を採用して側面を可能な限り垂直にすることで、できるだけデッドスペースがないよう工夫されています

FIELDOOR(フィールドア)『ヘキサゴンテント』

FIELDOORワンタッチテント5人用ヘキサゴンタイプ幅305cm×奥行240cm×高さ145cmダークブラウン(紐を引くだけの簡単設営!) FIELDOORワンタッチテント5人用ヘキサゴンタイプ幅305cm×奥行240cm×高さ145cmダークブラウン(紐を引くだけの簡単設営!) FIELDOORワンタッチテント5人用ヘキサゴンタイプ幅305cm×奥行240cm×高さ145cmダークブラウン(紐を引くだけの簡単設営!) FIELDOORワンタッチテント5人用ヘキサゴンタイプ幅305cm×奥行240cm×高さ145cmダークブラウン(紐を引くだけの簡単設営!) FIELDOORワンタッチテント5人用ヘキサゴンタイプ幅305cm×奥行240cm×高さ145cmダークブラウン(紐を引くだけの簡単設営!) FIELDOORワンタッチテント5人用ヘキサゴンタイプ幅305cm×奥行240cm×高さ145cmダークブラウン(紐を引くだけの簡単設営!) FIELDOORワンタッチテント5人用ヘキサゴンタイプ幅305cm×奥行240cm×高さ145cmダークブラウン(紐を引くだけの簡単設営!) FIELDOORワンタッチテント5人用ヘキサゴンタイプ幅305cm×奥行240cm×高さ145cmダークブラウン(紐を引くだけの簡単設営!) FIELDOORワンタッチテント5人用ヘキサゴンタイプ幅305cm×奥行240cm×高さ145cmダークブラウン(紐を引くだけの簡単設営!)

出典:Amazon

サイズ (約)幅305×奥行240×高さ145cm
重量 約4.9kg
収容人数 5人
設営方法 ワンタッチ式
スカート -
ベンチレーション -

約15秒で設置完了! 紫外線にも強い

サイズの割に軽量で、収納時はコンパクトなアイテム。車からワカサギ釣りポイントまでの移動も苦になりにくいでしょう。設営はテントを広げ、紐をひいてジョイント部分を持ち上げれば約15秒で完成

またテント生地にはSPF50のUVカットコーティングが施されています。真っ白な氷上の上は紫外線の反射率は80%といわれており、紫外線から守ってくれるのもうれしいポイントです。

Husky(ハスキー)『Fighter ドームテント』

世界の冒険家に認められた高機能テントFighter3人用テント2人用1人用ドーム型アウトドア用品キャンプ用品軽量防水紫外線防止通気性登山災害用防災用(グリーン) 世界の冒険家に認められた高機能テントFighter3人用テント2人用1人用ドーム型アウトドア用品キャンプ用品軽量防水紫外線防止通気性登山災害用防災用(グリーン) 世界の冒険家に認められた高機能テントFighter3人用テント2人用1人用ドーム型アウトドア用品キャンプ用品軽量防水紫外線防止通気性登山災害用防災用(グリーン) 世界の冒険家に認められた高機能テントFighter3人用テント2人用1人用ドーム型アウトドア用品キャンプ用品軽量防水紫外線防止通気性登山災害用防災用(グリーン) 世界の冒険家に認められた高機能テントFighter3人用テント2人用1人用ドーム型アウトドア用品キャンプ用品軽量防水紫外線防止通気性登山災害用防災用(グリーン) 世界の冒険家に認められた高機能テントFighter3人用テント2人用1人用ドーム型アウトドア用品キャンプ用品軽量防水紫外線防止通気性登山災害用防災用(グリーン) 世界の冒険家に認められた高機能テントFighter3人用テント2人用1人用ドーム型アウトドア用品キャンプ用品軽量防水紫外線防止通気性登山災害用防災用(グリーン)

出典:Amazon

サイズ (約)幅205×奥行390×高さ120cm
重量 約4.5kg
収容人数 3~4人(大人の場合は3人まで)
設営方法 吊り下げ式
スカート
ベンチレーション

ヨーロッパの軍隊でも使用されている安心の品質

ドーム型の吊り下げタイプのテントです。流線型のフォルムなので、風の強い日にも安心して使えます。また、フライシートの耐水圧は7,000mmと高く、急な大雨などの悪天候にも対応可能です。ヨーロッパの軍隊にも品質が認められたメーカーのテントで、耐久性や使いやすさは折り紙付き。

通気性も確保しやすい構造で、換気もしやすくなっています。なかで暖房機器を使いたい方も安心ですね。

Goplus(ゴープラス)『Goplus Portable Pop-up Ice Shelter Fishing Tent with Bag』

Goplus(ゴープラス)『GoplusPortablePop-upIceShelterFishingTentwithBag』 Goplus(ゴープラス)『GoplusPortablePop-upIceShelterFishingTentwithBag』 Goplus(ゴープラス)『GoplusPortablePop-upIceShelterFishingTentwithBag』 Goplus(ゴープラス)『GoplusPortablePop-upIceShelterFishingTentwithBag』 Goplus(ゴープラス)『GoplusPortablePop-upIceShelterFishingTentwithBag』 Goplus(ゴープラス)『GoplusPortablePop-upIceShelterFishingTentwithBag』 Goplus(ゴープラス)『GoplusPortablePop-upIceShelterFishingTentwithBag』 Goplus(ゴープラス)『GoplusPortablePop-upIceShelterFishingTentwithBag』 Goplus(ゴープラス)『GoplusPortablePop-upIceShelterFishingTentwithBag』

出典:Amazon

サイズ (約)幅76×奥行76×高さ67cm
重量 約8.4kg
収容人数 2人
設営方法 ワンタッチ式
スカート
ベンチレーション

カンタン設置できるスタイリッシュなテント

個性的な形状が目を惹くデザイン性の高いアイテム。おしゃれなワカサギ釣りテントが欲しい方におすすめです。ワンタッチタイプでカンタンに設置ができるので初心者にもらくらく準備ができます。

300Dのオックスフォード生地で作られているので耐久性も高く、寒さもしっかりと防いでくれます。窓はオックスフォード生地とPVC素材の2層構造。密閉性を維持しながら採光が可能です。

「ワカサギ釣りテント」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
DOD(ディーオーディー)『ワンタッチフィッシングテント(T5-244)』
Coleman(コールマン)『アイスフィッシングシェルターオート』
CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)『ワカサギテント160(M-3109)』
PROX(プロックス)『クイック連結テント(PX907M)』
DOD(ディーオーディー)『サブマリンテント(T2-608)』
FIELDOOR(フィールドア)『ヘキサゴンテント』
Husky(ハスキー)『Fighter ドームテント』
Goplus(ゴープラス)『Goplus Portable Pop-up Ice Shelter Fishing Tent with Bag』
商品名 DOD(ディーオーディー)『ワンタッチフィッシングテント(T5-244)』 Coleman(コールマン)『アイスフィッシングシェルターオート』 CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)『ワカサギテント160(M-3109)』 PROX(プロックス)『クイック連結テント(PX907M)』 DOD(ディーオーディー)『サブマリンテント(T2-608)』 FIELDOOR(フィールドア)『ヘキサゴンテント』 Husky(ハスキー)『Fighter ドームテント』 Goplus(ゴープラス)『Goplus Portable Pop-up Ice Shelter Fishing Tent with Bag』
商品情報
特徴 初心者でもカンタン設置可能な5人用テント ガス圧式ワンタッチ! 複数人で釣りを楽しめる コンパクトでもスカートや換気窓を完備 連結で大人数にも対応可能 ワカサギ釣りの快適さを徹底追及 約15秒で設置完了! 紫外線にも強い ヨーロッパの軍隊でも使用されている安心の品質 カンタン設置できるスタイリッシュなテント
サイズ (約)幅280×奥行240×高さ180cm (約)幅290×奥行255×高さ157cm (約)幅160×奥行160×高さ135cm (約)幅120×奥行120×高さ127cm (約)幅190×奥行190×高さ165cm (約)幅305×奥行240×高さ145cm (約)幅205×奥行390×高さ120cm (約)幅76×奥行76×高さ67cm
重量 約7.4kg 約7.6kg 約3kg 約3kg 約7.5kg 約4.9kg 約4.5kg 約8.4kg
収容人数 大人5人 - 大人2人 - 大人2人 5人 3~4人(大人の場合は3人まで) 2人
設営方法 ワンタッチ式 ワンタッチ式 吊り下げ式 ワンタッチ式 ワンタッチ式 ワンタッチ式 吊り下げ式 ワンタッチ式
スカート - -
ベンチレーション - - -
商品リンク

※各社通販サイトの 2020年10月22日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年10月22日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年10月22日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年10月22日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年10月22日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年10月22日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年10月22日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年10月22日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする ワカサギ釣りテントの売れ筋をチェック

Yahoo!ショッピングでのワカサギ釣りテントの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Yahoo!ショッピング:ワカサギ釣りテントランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

ワカサギ釣り用テントに関するそのほかの記事をチェック 【関連記事】

この記事では、monoライター・杉浦直樹さんと編集部が選ぶおすすめの防水バッグ20選を紹介! リュックサックやトートバッグ、ドライバッグなどさまざまなバッグをピックアップしています。釣りやキャンプ、ツーリングといったアウトドアシーンにはもちろん、ふだん使いにもぴったりなおしゃれなデザイン、ビジ...

キャンプライターが選ぶフローティングベストおすすめ商品5選をご紹介します。楽しい遊びの代表でもある釣りですが、水辺で活動することになるため常に落水の危険がある一面もあります。その万が一に備えるためにフローティングベストの着用が義務化されている釣り場も増えています。さまざまな種類がありますが、ど...

アウトドアライターのSAMさんに、クーラーボックスの選び方とおすすめ商品をお聞きしました。つりやキャンプなど、アウトドアで飲み物や食材を保冷するのに役立つクーラーボックス。いざ必要になるとどれを選んだらいいのか迷ってしまいますよね。この記事では、コールマン、イエティ、ロゴス、イグルーなど、代表...

釣りライターの中山一弘さんがおすすめする餌箱6選をご紹介します。エサ釣りをする際、エサを保管し、いつでも使えるように釣り場で使う「餌箱」は必須アイテムになります。エサ釣りといっても多種多様のエサを使うため、それぞれに合わせた餌箱が必要です。でも、調べてみるとかなりの種類があるようです。そこで釣...

10g以下の軽量リグや軽量ルアーをある程度太いラインでも扱えるベイトフィネスは、ブラックバスフィッシングに欠かせないメソッドになりました。また、ベイトタックルの高いコントロール性を活かせるトラウトフィッシングでもベイトフィネスが人気です。専用ロッドがたくさん出ていますが、どのように選べばよいの...

まとめ

ここまでワカサギ釣りテント8商品をご紹介しました。

設置方法の快適さはもちろん、テント内の大きさや寒さから守ってくれる機能の有無も重要です。テントのサイズは使用人数より少し大きめのものを選ぶと、快適に使えるでしょう。

ここで紹介した情報を元に、あなたがほしいワカサギ釣り用のテントを選んでみてくださいね。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2020/11/09 一部コンテンツと価格を更新しました。(マイナビおすすめナビ編集部 大熊武士)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


軽量登山用テントおすすめ7選|高コスパから本格的なモデルまで! 1000g以下も

軽量登山用テントおすすめ7選|高コスパから本格的なモデルまで! 1000g以下も

軽量でのアウトドアや登山を行うときにあると快適なのが、軽量登山用テントです。ただし、用途に合った選び方をしていないと、天候によっては役に立たなかったり、無駄にオーバースペックで運搬の邪魔になったりすることもあります。ここでは、山岳写真家・荒井裕介さんと編集部が選んだ軽量登山用テントのおすすめと選び方のポイントをご紹介します。後半には通販サイトの最新人気ランキングのリンクがありますので、売れ筋や口コミもチェックしてみてください。


ツェルトおすすめ10選|ビバーク・登山中の悪天候に! 超軽量モデルも

ツェルトおすすめ10選|ビバーク・登山中の悪天候に! 超軽量モデルも

登山やアウトドア時のビバーク(緊急避難的・突発的な野宿)用シェルターとして使用されるツェルト。昨今、UL(ウルトラライト)やファストアンドライトなど装備を軽量化し、行動を快適化する概念が一般的になりました。ここでは、山岳写真家・荒井裕介さんと編集部が選んだツェルトのおすすめと選び方のポイントについてご紹介します。後半には通販サイトの最新人気ランキングのリンクがありますので、売れ筋や口コミもチェックしてみてください。


レクタタープおすすめ11選|自由にアレンジして、張りたい場所に!小川張りも

レクタタープおすすめ11選|自由にアレンジして、張りたい場所に!小川張りも

夏の暑い日差しや急な雨など、さまざまな状況からキャンパーを守ってくれるレクタタープは、キャンプの快適さを決める大事なアイテムです。この記事は、レクタタープに詳しいアウトドアライターの夏野 栄さんへにお話をうかがい、レクタタープの選び方とおすすめの商品について解説していきます。通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミを確認してみよう。


ドームテントおすすめ12選|キャンプ初心者・ファミリーや大人数でも使える!

ドームテントおすすめ12選|キャンプ初心者・ファミリーや大人数でも使える!

キャンプブロガーのSAMさんに取材を行い、ドームテントを選ぶうえで知っておきたいポイントとおすすめ商品をうかがいました。大人数でのキャンプで活躍するドームテント。ひとつのテントにみんなで泊まれば、より一層仲が深まりそうですね。プロの目線からみたおすすめのドームテントをぜひチェックしてみてください。通販サイトにおける最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミも確認してみましょう。


スノーピークテントおすすめ6選【人気のアメニティドーム・2ルームタイプほか】

スノーピークテントおすすめ6選【人気のアメニティドーム・2ルームタイプほか】

新潟県の三条市を本拠地とするアウトドア総合メーカーのSnow Peak(スノーピーク)。この記事では、選び方のコツとおすすめ商品を、キャンプライターの中山一弘さんにうかがいました。動画による組み立て方のコツや通販サイトのおすすめランキングも紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。


新着記事


使い道は無限大!? 『ニベアクリーム』肌馴染みの良い使用感と濃厚な保湿力を検証レビュー

使い道は無限大!? 『ニベアクリーム』肌馴染みの良い使用感と濃厚な保湿力を検証レビュー

顔や手足などの気になる肌の乾燥。様々な部分をしっとり保湿でき、かつリーズナブルに乾燥ケアができると嬉しいですよね。そんな方におすすめなのが、幅広い世代に愛され続けている花王の『ニベアクリーム』。しっとりとした保湿力と、やさしい使い心地が魅力ですが、なかには残念なレビューも。この記事では、実際に使って商品の特徴や使用感を詳しく検証します。気になっているけど購入を迷っているという方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。


オールインワンでコスパも最強!『素肌しずく ゲルSa』時短ケアで心地よく潤う使用感を検証レビュー

オールインワンでコスパも最強!『素肌しずく ゲルSa』時短ケアで心地よく潤う使用感を検証レビュー

毎日のスキンケア。しっかりと肌の保湿はしたいけれど、化粧水・乳液・クリームに美容液と、あれこれ重ねるスキンケアは時間もお金もかかってしまいますよね。とくに忙しい朝は、時短でしっとりと保湿ケアができると嬉しいもの。そんな方におすすめなのが、1つで5役の働きをしてくれる『素肌しずく ゲルSa』。オールインワンゲルなのでスキンケアを時短でき、コストカットにもなるのが魅力です。リーズナブルながらしっとりと潤いを閉じ込められる高コスパアイテムですが、なかには残念なレビューも。この記事では、実際に使って商品の特徴や使用感を詳しく検証。気になっているけど購入を迷っているという方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。


『KANKONSOUSAI』ノートはとっても便利! 今更聞けない冠婚葬祭のマナーやルールもわかる!

『KANKONSOUSAI』ノートはとっても便利! 今更聞けない冠婚葬祭のマナーやルールもわかる!

結婚してから冠婚葬祭で家族以外の人と関わる機会が増えたという人は多いのではないでしょうか。冠婚葬祭のイベントがあるたび、お金の包み方や包む金額、お返しのプレゼントはどうしようかと、頭を抱えてしまうこともありますよね。そんなときあると便利なのが、今回ご紹介する『KANKONSOUSAI』ノート。冠婚葬祭におけるいただき物や贈った物の品名や金額を記録できるのはもちろん、冠婚葬祭における正しいマナーやルールなども再確認できるので、いざというときに悩んだり困ったりすることが少なくなりますよ。今回は一家に1冊あると便利な『KANKONSOUSAI』ノートを実際に購入し、ノートの見た目や気になる中身を写真を交えながらご紹介します。


『FLEXNOTE』は使いやすい? 気になる使い方&リフィルについても徹底レビュー!

『FLEXNOTE』は使いやすい? 気になる使い方&リフィルについても徹底レビュー!

ノートの金具にリングではなくディスクを使った、個性的でスタイリッシュな『FLEXNOTE』。自分にとって使いやすいか、リフィルがどんな感じなのか気になっている人もいるのではないでしょうか? また、『FLEXNOTE』の使い方や活用方法がイマイチわからないと悩んでいる人もいるはず。そこで、ここでは『FLEXNOTE』を実際に購入し、使ってみた様子を写真を交えながらお伝えします。レビューだけでなく、少しわかりづらい組み立て方や、使い方の実例も紹介しています。『FLEXNOTE』について気になっている人は、本記事を参考にしてみてくださいね。


乾燥ケアに特化した美容液! 『アイムピンチ』とろみのある濃厚な保湿力を検証レビュー

乾燥ケアに特化した美容液! 『アイムピンチ』とろみのある濃厚な保湿力を検証レビュー

肌が乾燥してカサついてしまったり、乾燥が原因で化粧のノリが悪いなどという、肌のお悩み。とくに冬場の季節は、いつも以上にしっかりと乾燥対策をしたいものですよね。そんな方におすすめなのが、乾燥による肌のピンチにアプローチしてくれる『アイムピンチ』。とろみのある濃厚な美容液で、しっとりとした保湿力が魅力ですが、なかには残念なレビューも。この記事では、実際に商品を使って特徴や使用感を詳しく検証。気になっているけど購入を迷っているという方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。


アウトドア・キャンプの人気記事


>>もっと見る