キヤノンの望遠レンズおすすめ6選【シグマ・タムロンのサードパーティ製品も紹介】

キヤノンの望遠レンズおすすめ6選【シグマ・タムロンのサードパーティ製品も紹介】
写真家、カメラ評論家
田中 希美男

多摩美術大学付属多摩芸術学園・写真科卒業。撮影分野は、おもにクルマを中心に人、モノ、料理、風景、スナップ、ファッション、ドキュメントなど被写体を問わない。 ほかに、カメラ雑誌などに新型カメラやレンズのテストのレポート、撮影技法などの解説をする。

写真家・カメラ評論家の田中希美男さんへの取材をもとに、望遠レンズの選び方やおすすめのキヤノン望遠レンズをご紹介します。キヤノンの一眼レフカメラやミラーレスカメラを使っている場合、「望遠レンズ」で撮影したいと考える方も多いでしょう。しかし、さまざまな望遠レンズがあるため、どれを使えばいいかわからないと迷ってしまうこともあります。本記事ではキヤノン純正レンズをはじめ、シグマやタムロンなどのサードパーティ製のレンズも紹介します。


キヤノン望遠レンズの選び方 写真家・カメラ評論家に聞く

一口に望遠レンズといってもさまざまな種類のものがあります。そのため、しっかりとポイントを押さえて選ぶことが重要です。写真家・カメラ評論家の田中希美男さんにキヤノンの望遠レンズを選ぶときのポイントを3つ教えてもらいました。

望遠レンズ
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

お子さんの運動会など、大切なひとときを写真に残すために大切な望遠レンズ。

レンズのマウントの種類を知っておこう

写真家、カメラ評論家

キヤノンのカメラとレンズには、大きく分けると4つのシリーズがあります。一眼レフカメラとレンズが2シリーズ、ミラーレスカメラとレンズが2シリーズです。

一眼レフカメラの交換レンズには、①フルサイズ判カメラ用の「EFシリーズ」、②APS-C判カメラ用の「EF-Sシリーズ」があります。そしてミラーレスカメラの交換レンズには、③フルサイズ判カメラ用の「RFシリーズ」、④APS-C判カメラ用の「EF-Mシリーズ」です。

それぞれのカメラとレンズは、互いに組み合わせて使用できるものと、組み合わせできないものがあります。たとえば①のEFレンズは②のカメラに取り付けて使用できますが、逆に②のEF-Sレンズを①のカメラに取り付けることはできません。③や④のミラーレスカメラには、専用のマウントアダプターを使用すれば①と②のレンズを使って撮影することができます。

キヤノン『EF70-300mm F4-5.6L IS USM』

小型軽量で、かつ描写性能も良い望遠ズームを望んでいる人におすすめな商品! スポーツや風景、ポートレートなどさまざまな撮影に向いている望遠レンズです。

>> Amazonで詳細を見る

キヤノンのレンズ名にあるさまざまな記号を把握しよう

写真家、カメラ評論家

キヤノンのレンズには焦点距離、開放F値のほかに独自の記号(略称)が付いています。それぞれの意味をある程度把握しておくと、望遠レンズを選びやすくなるのです。

レンズ名のアタマにはマウントサイズの記号があります。「EF」はフルサイズ判一眼レフ、「EF-S」はAPS-C判一眼レフ、「EF-M」はAPS-C判ミラーレス、「RF」はフルサイズ判ミラーレスのことです。「L」はキヤノンの高級高性能なレンズシリーズのことで、「IS」はレンズ内に手ぶれ補正の機能を備えていることを指しています。

「USM」とは超音波モーターのこと、「STM」は小型で静かに駆動するステッピングモーターのことです。「II」や「III」の記号は、「II」は改良した二代目、「III」はさらに改良を重ねた三代目レンズの意味です。初代レンズには記号はありません。

また、APS-C判センサーカメラ用の「EF-S」や「EF-M」レンズに記載されている焦点距離数値と、フルサイズ判カメラ用の「EF」や「RF」レンズの焦点距離数値がまったく同じであっても、実際の画角は異なるのです。

そのため、フルサイズ判とAPS-C判と容易に比較できるように「フルサイズ判カメラで使用したときの画角」に換算して表示します。キヤノンの場合、APS-C判用レンズの焦点距離に「1.6倍」を掛ければフルサイズ判換算の画角に相当します。

キヤノン『EF300mm F4L IS USM』

望遠レンズの「定番」といえる1本! レンズを何種類かそろえるのなら気になる商品でしょう。

>> Amazonで詳細を見る

汎用レンズメーカーのレンズ

写真家、カメラ評論家

シグマやタムロン、トキナーなどの有名な汎用レンズメーカーでは、独自に設計製造してキヤノン用として販売しているレンズが多くあります。それらの交換レンズには、キヤノン製レンズ(これを""純正レンズ""と呼ぶこともある)にラインナップされていない焦点距離のレンズや、特別な機能を備えたレンズなどがあるのです。同じ焦点距離のレンズもありますが、開放F値が違ったりします。

汎用レンズの大きな特徴は、一般的にキヤノン純正レンズよりも低価格なレンズが多いことでしょう。キヤノンブランドにこだわらないのなら、お買い得で魅力的レンズがたくさんあります。

汎用レンズの描写性能については、純正レンズと同じと考えていいでしょう。中には純正レンズよりも性能が良くて低価格なレンズもあります。国内の有名汎用レンズメーカーの製品なら、キヤノンのカメラと組み合わせて正しく動作しなかった場合には、きちんと対応してくれますから安心です。ユーザーの責任でもし壊してしまった場合でも、有料にはなりますが修理が可能となっています。

キヤノン『EF-S55-250mm F4-5.6 IS STM』

手動でピント補正することができるフルタイムマニュアル機能を備えた商品。レンズポーチなどのケースも別売りで揃えることができます。

>> Amazonで詳細を見る

キヤノン望遠レンズ6選 写真家・カメラ評論家のおすすめ

上で紹介したように、キヤノン望遠レンズの選び方には押さえておきたいポイントがあります。それらのポイントを踏まえて、写真家・カメラ評論家の田中希美男さんに選んでもらった6つのおすすめ商品を見ていきましょう。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

キヤノン『EF70-300mm F4-5.6L IS USM』

キヤノン『EF70-300mmF4-5.6LISUSM』 キヤノン『EF70-300mmF4-5.6LISUSM』 キヤノン『EF70-300mmF4-5.6LISUSM』

出典:Amazon

レンズ構成/絞り羽根枚数 14群19枚/8枚(円形絞り)
最小絞り 32〜45
最短撮影距離 1.2m
最大撮影倍率 0.06倍(70mm時)・0.21倍(300mm時)
フィルター径 67mm
最大径×長さ/重さ 89mm×143mm/約1050g
手振れ補正 約4.0段分

Thumb lg a48eb9b9 b586 4f5b 85bd cafc20b4f1dd

写真家、カメラ評論家

使いやすくてコスパも高いズームレンズ

こちらは、フルサイズ判一眼レフカメラ用のEF交換レンズです。キヤノンには一般的な望遠ズームとして70~200mmと70~300mmの2つのタイプがあり、それぞれ2本ずつラインアップされてます。70~300mmのほうは2本のレンズとも開放F値は同じF4~5.6ですが、1本は高性能な「Lレンズ」です。70~200mmと70~300mmのどちらを選ぶかは難しいところですが、望遠側300mmまでカバーするほうが、なにかと使い勝手がいいでしょう。

この際、レンズも高級なLレンズのほうを選びましょう。レンズはカメラボディよりも長く使えます。すぐに買い替えるものでもないので、少し値が張りますが、思い切って良いものを選んで長く使うことをおすすめします。このズームは、そこそこ小型軽量で扱いやすく、かつ描写性能も良い望遠ズームを望んでいる人におすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

キヤノン『EF100mm F2.8L マクロ IS USM』

キヤノン『EF100mmF2.8LマクロISUSM』 キヤノン『EF100mmF2.8LマクロISUSM』 キヤノン『EF100mmF2.8LマクロISUSM』 キヤノン『EF100mmF2.8LマクロISUSM』 キヤノン『EF100mmF2.8LマクロISUSM』 キヤノン『EF100mmF2.8LマクロISUSM』

出典:Amazon

レンズ構成/絞り羽根枚数 12群15枚/9枚
最小絞り 32
最短撮影距離 0.3m
最大撮影倍率 1倍
フィルター径 67mm
最大径×長さ/重さ 77.7mm×123mm/約625g
手振れ補正 【通常撮影距離領域】約4.0段分、【マクロ領域0.5倍撮影時】約3.0段分、【マクロ領域等倍撮影時】約2.0段分

Thumb lg a48eb9b9 b586 4f5b 85bd cafc20b4f1dd

写真家、カメラ評論家

遠くも至近距離も撮れる万能レンズ

近接撮影もできるマクロレンズですが、マクロ専用レンズではありません。遠くも近くも、至近も撮れる「万能レンズ」です。焦点距離100mmですから望遠レンズとしても活用できます。高性能なLレンズで、開放F値もF2.8で描写性能についての心配はまったくありません。

この100mmマクロレンズの大きな特徴は、ハイブリッド式手ぶれ補正(IS)の機能を備えていることです。一般的な手ぶれ補正は角度ぶれに対して補正効果があります。しかし、近接撮影になると角度ぶれに加えてシフトぶれ(並進ぶれ)が大きく目立ってくるのです。一般的な手振れ補正はシフトぶれには対応できませんが、100mmマクロレンズにはシフトぶれを補正する特殊な機構を内蔵しています。

そのため、遠景から中景、至近距離までの手持ち撮影でも、手ぶれを最小限に抑えてくれるのです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

キヤノン『EF300mm F4L IS USM』

キヤノン『EF300mmF4LISUSM』

出典:Amazon

レンズ構成/絞り羽根枚数 11群15枚/8枚
最小絞り 32
最短撮影距離 1.5m
最大撮影倍率 0.24倍
フィルター径 77mm
最大径×長さ/重さ 90mm×221mm/約1190g
手振れ補正 約2.0段分

Thumb lg a48eb9b9 b586 4f5b 85bd cafc20b4f1dd

写真家、カメラ評論家

300mmレンズは望遠レンズの定番!

キヤノンのフルサイズ判一眼レフカメラ用の単焦点300mm望遠レンズとしてF2.8LとF4Lの2本がありますが、おすすめなのは、このF4Lの300mmです。F4Lレンズのおすすめ理由はF2.8Lレンズに比べて小型で軽いことです。手ぶれ補正(IS)機能も内蔵してるので手軽に手持ち撮影もできます。さらに、F4Lは非常に高価なF2.8Lと比べて手に入れやすい価格となっているのもポイントでしょう。

焦点距離の300mmレンズは、望遠レンズの「定番」でもありますので、レンズを何種類かそろえるのなら1本欲しいところです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

キヤノン『EF-S55-250mm F4-5.6 IS STM』

キヤノン『EF-S55-250mmF4-5.6ISSTM』 キヤノン『EF-S55-250mmF4-5.6ISSTM』 キヤノン『EF-S55-250mmF4-5.6ISSTM』 キヤノン『EF-S55-250mmF4-5.6ISSTM』

出典:Amazon

レンズ構成/絞り羽根枚数 12群15枚/7枚
最小絞り 22~32
最短撮影距離 0.85m
最大撮影倍率 0.29倍(250mm時)
フィルター径 58mm
最大径×長さ/重さ 70.0mm×111.2mm/約375g
手振れ補正 3.5段分(CIPAガイドライン準拠)

Thumb lg a48eb9b9 b586 4f5b 85bd cafc20b4f1dd

写真家、カメラ評論家

お買い得なズームレンズ

EF-Sレンズは、キヤノンのAPS-C判センサーを使用する一眼レフカメラ専用の交換レンズです。EFレンズもEF-Sレンズも同じEFマウントなのですが、EF-Sレンズをフルサイズ判EOSシリーズのカメラには取り付けることができません。35mmフルサイズ判換算で88mm~400mm相当の画角をカバーします。最短撮影距離はズーム全域で85センチまでとなっていますから、250mm望遠側で撮ればマクロレンズなみのクローズアップ撮影もできます。

手ぶれ補正(IS)は最大で約3.5段分(シャッタースピード換算)。AFでピント合わせしたあと、すぐに手動でピント補正することができるフルタイムマニュアル機能を備えています。ほかのレンズに比べて手の届きやすい価格になっているのもポイントです。「高価なレンズには手が届かない」「初心者だけど望遠レンズを使ってみたい」といった人におすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

シグマ『60-600mm F4.5-6.3 DG OS HSM Sports キヤノン用』

シグマ『60-600mmF4.5-6.3DGOSHSMSportsキヤノン用』 シグマ『60-600mmF4.5-6.3DGOSHSMSportsキヤノン用』 シグマ『60-600mmF4.5-6.3DGOSHSMSportsキヤノン用』 シグマ『60-600mmF4.5-6.3DGOSHSMSportsキヤノン用』 シグマ『60-600mmF4.5-6.3DGOSHSMSportsキヤノン用』 シグマ『60-600mmF4.5-6.3DGOSHSMSportsキヤノン用』 シグマ『60-600mmF4.5-6.3DGOSHSMSportsキヤノン用』

出典:Amazon

レンズ構成/絞り羽根枚数 19群25枚/9枚 (円形絞り)
最小絞り F22-32
最短撮影距離 60~260cm
最大撮影倍率 1:3.3(200mm時)
フィルター径 105mm
最大径×長さ/重さ 120.4mm×268.9mm/2700g
手振れ補正 約4.0段分

Thumb lg a48eb9b9 b586 4f5b 85bd cafc20b4f1dd

写真家、カメラ評論家

標準画角から超望遠域までをカバー

汎用レンズメーカーのシグマ製レンズで、60mmから600mmまでの光学10倍ズームレンズです。フルサイズ判一眼レフ用のEFマウントレンズですが、キヤノンのAPS-Cサイズ判センサーを使用する一眼レフカメラでも使用できます。

画角は96mmから960mm相当の画角までをカバーしてくれます。描写性能もAFスピードもとても優れているレンズです。手ぶれ補正(OS)も搭載していますから、三脚を使わず手持ちで撮影することもできます。防塵防滴の仕様ですので、多少の雨なら平気なのも良い点でしょう。

レンズ名の「DG」はフルサイズ判カメラ用レンズのことで、APS-C判カメラ用レンズは「DC」です。そこそこの価格で超望遠ズームの購入を希望している人には、いまダントツでおすすめしたいズームレンズです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

タムロン『100-400mm F/4.5-6.3 Di VC USD キヤノン用』

タムロン『100-400mmF/4.5-6.3DiVCUSDキヤノン用』 タムロン『100-400mmF/4.5-6.3DiVCUSDキヤノン用』 タムロン『100-400mmF/4.5-6.3DiVCUSDキヤノン用』 タムロン『100-400mmF/4.5-6.3DiVCUSDキヤノン用』 タムロン『100-400mmF/4.5-6.3DiVCUSDキヤノン用』 タムロン『100-400mmF/4.5-6.3DiVCUSDキヤノン用』 タムロン『100-400mmF/4.5-6.3DiVCUSDキヤノン用』

出典:Amazon

レンズ構成/絞り羽根枚数 11群17枚/9枚 ( 円形絞り)
最小絞り F/32-45
最短撮影距離 1.5m
最大撮影倍率 1:3.6
フィルター径 67mm
最大径×長さ/重さ 【キヤノン用】86.2mm×199mm、【ニコン用】86.2mm×196.5mm
手振れ補正 4.0段

Thumb lg a48eb9b9 b586 4f5b 85bd cafc20b4f1dd

写真家、カメラ評論家

手持ち撮影も可能な軽量タイプの望遠ズームレンズ

キヤノンのフルサイズ判一眼レフカメラ用の交換レンズです。汎用レンズメーカーは、シグマと並んで製品の良さで国内、海外ともに評判の高いタムロン製です。タムロンレンズ名にある「Di」はフルサイズ判一眼レフ用、「Di II」はAPS-C判一眼レフ用、「Di III」はミラーレスカメラ用、それぞれに対応した交換レンズであることをあらわしています。

このズームレンズの特徴は、400mmまでの望遠ズームとしては軽くて小さいことでしょう。そのため、手持ち撮影も可能です。また、シャッタースピード換算で約4段分の手ぶれ補正(VC)を内蔵しています。簡易防滴構造になっていますし、キヤノンAPS-C判カメラにも使える(160~640mm相当の画角となる)ので、使い勝手がいいレンズです。ズーム全域で最短が1.5mなのも特徴のひとつでしょう。

三脚座は別売ですから、レンズ購入の時は一緒に三脚座も買っておくことをおすすめします。

「キヤノン・望遠レンズ」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
キヤノン『EF70-300mm F4-5.6L IS USM』
キヤノン『EF100mm F2.8L マクロ IS USM』
キヤノン『EF300mm F4L IS USM』
キヤノン『EF-S55-250mm F4-5.6 IS STM』
シグマ『60-600mm F4.5-6.3 DG OS HSM Sports キヤノン用』
タムロン『100-400mm F/4.5-6.3 Di VC USD キヤノン用』
商品名 キヤノン『EF70-300mm F4-5.6L IS USM』 キヤノン『EF100mm F2.8L マクロ IS USM』 キヤノン『EF300mm F4L IS USM』 キヤノン『EF-S55-250mm F4-5.6 IS STM』 シグマ『60-600mm F4.5-6.3 DG OS HSM Sports キヤノン用』 タムロン『100-400mm F/4.5-6.3 Di VC USD キヤノン用』
商品情報
特徴 使いやすくてコスパも高いズームレンズ 遠くも至近距離も撮れる万能レンズ 300mmレンズは望遠レンズの定番! お買い得なズームレンズ 標準画角から超望遠域までをカバー 手持ち撮影も可能な軽量タイプの望遠ズームレンズ
レンズ構成/絞り羽根枚数 14群19枚/8枚(円形絞り) 12群15枚/9枚 11群15枚/8枚 12群15枚/7枚 19群25枚/9枚 (円形絞り) 11群17枚/9枚 ( 円形絞り)
最小絞り 32〜45 32 32 22~32 F22-32 F/32-45
最短撮影距離 1.2m 0.3m 1.5m 0.85m 60~260cm 1.5m
最大撮影倍率 0.06倍(70mm時)・0.21倍(300mm時) 1倍 0.24倍 0.29倍(250mm時) 1:3.3(200mm時) 1:3.6
フィルター径 67mm 67mm 77mm 58mm 105mm 67mm
最大径×長さ/重さ 89mm×143mm/約1050g 77.7mm×123mm/約625g 90mm×221mm/約1190g 70.0mm×111.2mm/約375g 120.4mm×268.9mm/2700g 【キヤノン用】86.2mm×199mm、【ニコン用】86.2mm×196.5mm
手振れ補正 約4.0段分 【通常撮影距離領域】約4.0段分、【マクロ領域0.5倍撮影時】約3.0段分、【マクロ領域等倍撮影時】約2.0段分 約2.0段分 3.5段分(CIPAガイドライン準拠) 約4.0段分 4.0段
商品リンク

※各社通販サイトの 2019年11月30日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月30日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月30日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月30日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月30日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月30日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする キヤノン・望遠レンズの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでのキヤノン・望遠レンズの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:カメラ用交換レンズランキング
楽天市場:カメラ用交換レンズランキング
Yahoo!ショッピング:交換レンズランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

狙ったところに正確にピントを合わせられる望遠レンズを選ぼう

写真家、カメラ評論家

おすすめレンズとしてご紹介した望遠系レンズは、すべてAF対応レンズです。もちろんMFに切り替えて使用できますし、MFで撮影するのになんの不便もないようにレンズは作られています。

AFからMFに切り替えて撮影したほうが、確実に撮影ができるシーンもありますが、多くはAFのほうが素早く、正確にピントが合わせられるでしょう。とくに暗いシーンなどでは、MFでは正確にピントを合わせることは難しいのですが、AFなら瞬時にピントが合います。

AFで撮影するときの注意点は、ピントを合わせたい部分にAFポイントを正しく重ねて、まずシャッタースピードを半押しします。ピントが合うと、ビビッと合焦音がしたり緑の合焦ランプが点灯します。それを確認してからシャッターボタンを押しこんで撮影すれば、ピンぼけ写真になることはほとんどありません。

とくに望遠系レンズで撮影するときは、ちょっとピントがずれてしまっただけで、せっかくの写真が台無しになってしまいます。急いでいても、落ち着いてピントを合わせ撮影すること、ピントを合わせやすい望遠レンズを選ぶことが大切です。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2020/02/10 一部本文・商品情報の修正のため記事を更新しました。(マイナビおすすめナビ編集部 名原広雄)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


望遠レンズの選び方&おすすめ6選|写真家が詳しく解説

望遠レンズの選び方&おすすめ6選|写真家が詳しく解説

遠くの被写体をクッキリ撮影したり、近くの被写体を大きく撮影したりできる望遠レンズはカメラが趣味の方にとっては憧れともいえるアイテム。望遠レンズは決して安い買い物ではありませんので、間違いのない商品を選びたいですよね。そこで、写真家やカメラ評論家として活躍されている田中希美男さんに望遠レンズの選び方についてうかがいました。おすすめの望遠レンズも教えてもらいましたので、使ってみたい商品があれば購入も検討してみてくださいね。


ミラーレスカメラ用レンズおすすめ6選|選び方もご紹介!

ミラーレスカメラ用レンズおすすめ6選|選び方もご紹介!

この記事では、写真家・カメラ評論家の田中希美男さんへの取材をもとに、ミラーレスカメラ用レンズを選ぶ際に知っておきたいポイントを解説し、おすすめのレンズを紹介していきます。一眼レフカメラよりもボディが小さく軽い点はミラーレスカメラの利点のひとつです。ミラーレスカメラ用のレンズに多いのは、ボディに合わせた小型のレンズ。しかし、ミラーレスカメラで使用可能な大口径のレンズや長大な望遠レンズも存在します。メーカー各社が、ユーザーの作画意図に対応するレンズラインナップを取りそろえています。カメラのボディをレンズなしで購入した方も、レンズキットを一緒に購入した方も、両方これから購入する方も、レンズやボディを選ぶ際の参考にしてください。


防水性能も!【カメラバッグ】おすすめ5選|フォトグラファーが商品の選び方を解説

防水性能も!【カメラバッグ】おすすめ5選|フォトグラファーが商品の選び方を解説

フォトグラファーの瀬川陣市さんにお話をうかがった内容をもとに、カメラバッグの正しい選び方とおすすめのバッグを紹介します。大切なカメラを運ぶとき、落下などの外部のダメージから守るのに必須のカメラバッグ。カメラバッグはショルダータイプのものやリュックタイプのものなどその種類は豊富にあり、シーンに合わせて選ぶことができます。しかし、それゆえにカメラバッグにくわしくなければ、何を基準に選んでいいのかわからない人も案外多いのです。リュックタイプのカメラバッグやカメラ女子注目のかわいい商品など、たくさんのカメラバッグをご紹介しているので参考にしてみてくださいね。


Eマウントレンズおすすめ6選|広角・望遠・単焦点レンズもご紹介!

Eマウントレンズおすすめ6選|広角・望遠・単焦点レンズもご紹介!

フリーランスライターでプロカメラマンの武石 修さんが選ぶEマウントレンズ6選をご紹介します。Eマウントレンズとはソニーのミラーレス一眼用の交換レンズの規格。標準ズームで満足できない人は写真撮影の構成の幅をぐっと広げることができます。Aマウントレンズとの違いは、接合部分(マウント)の規格です。ソニーのミラーレス一眼を愛用されているなら、この規格の交換レンズから選べば、「使えない……」という最悪のケースは避けられます。あとは、自分の思うような写真を撮るためのレンズを選ぶだけ。本記事で紹介される選び方や商品を参考にして、イメージする写真撮影にチャレンジしてみましょう。


おしゃれな【カメラバッグ】おすすめ6選|ショルダータイプからバックパックまで!

おしゃれな【カメラバッグ】おすすめ6選|ショルダータイプからバックパックまで!

フォトグラファーが選ぶおしゃれなカメラバッグおすすめ6選をご紹介します。カメラバッグと聞くと、機能面は充実してるけど見た目はちょっと……という人も多いのではないでしょうか。しかし、よく探してみると一目見ただけではカメラバッグとはわからない、おしゃれなものも意外とみつかります。なかにはハイブランドがだしている高級感あるデザインのものも。この記事ではフォトグラファーの瀬川陣市さんが、機能的にもしっかりしながら見た目もおしゃれなカメラバッグのおすすめ商品を紹介してくれているので、自分のスタイルにあったカメラバッグ選びの参考にしてみてください。また、最後に各通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、ぜひ参考にしてみてください。


新着記事


宅配弁当(宅食)のおすすめ10選|時間をかけずに健康的な食事を

宅配弁当(宅食)のおすすめ10選|時間をかけずに健康的な食事を

ネットなどで注文して食事を宅配してくれる宅配弁当(宅食)。すでに調理済みの食事を届けてくれるので、レンジで温めるだけですぐに食べられるのが魅力です。健康に配慮されたものや、バラエティ豊富なメニューが用意されているものなど、さまざまなサービスがあります。この記事では料理研究家の松本葉子さんに、宅食のおすすめ10選をご紹介していただきます。忙しくて料理をする時間がない方、健康に気を使っている方の強い味方になりますよ。


ミールキットのおすすめ9選|忙しい方や献立作りが苦手な方の強い味方

ミールキットのおすすめ9選|忙しい方や献立作りが苦手な方の強い味方

忙しくて料理に時間が取れないけど、お弁当やレトルト食品で済ませるような手抜きをするのは気が引ける。そんな方におすすめなのがミールキットです。あらかじめ必要な材料が下ごしらえをした状態で届くので、時短調理にぴったり。レシピなども一緒についてくるので、献立作りが苦手な方や料理のレパートリーを増やしたい方にもいいですね。この記事では料理研究家の松本葉子さんに、ミールキットのおすすめ9選をご紹介してもらいます。


大学受験生向けオンラインサービスのおすすめ6選|映像授業から学習計画のフォローまで

大学受験生向けオンラインサービスのおすすめ6選|映像授業から学習計画のフォローまで

大学受験を目指す方の多くが、塾や予備校をどうするか考えているでしょう。しかし最近では、大学受験対策をオンラインで提供するサービスもあります。時間に縛られることなく、ひとりひとりに合った授業や学習計画を提供してくれるのがオンラインサービスの強み。この記事では東都ゼミナール代表の中里太一さんに、大学受験生向けオンラインサービスのおすすめ6選をご紹介していただきました。自分の学力レベルや学習スタイルなどに合ったものを選んでくださいね。


ひとり暮らしにおすすめな食材宅配サービス11選|宅配弁当やミールキットもご紹介

ひとり暮らしにおすすめな食材宅配サービス11選|宅配弁当やミールキットもご紹介

ふだんなかなか買いものをする時間がないとき、食材宅配サービスは強い味方になります。忙しくてご飯を作る時間も取れないという人には、ミールキットや宅配弁当というサービスも。豊富なメニューやレシピで食生活も豊かになるというメリットもあります。この記事では暮らしスタイリストの河野真希さんに、食材宅配サービスのおすすめ11選をご紹介していただきます。宅配弁当やミールキットもありますので、ぜひ利用してみてくださいね。


東京都内の食材宅配サービスおすすめ11選|宅配弁当やミールキットもご紹介

東京都内の食材宅配サービスおすすめ11選|宅配弁当やミールキットもご紹介

忙しくて手の込んだ食事を作っている時間がない、自炊が苦手でなかなか満足できるご飯を作れない……そんな方にとって、食材宅配サービスは強い味方です。産地や安全性にこだわった食材を届けてくれるだけでなく、サービスによっては手軽に調理できるよう加工してくれたり、調理済みの弁当を用意しているところも。この記事ではフードコーディネーターの國塩 亜矢子さんに、東京都内で利用できる食材宅配サービスのおすすめ11選をご紹介してもらいます。


PC・スマホ・カメラの人気記事


>>もっと見る