【リコー望遠レンズ】選び方&おすすめ6選|写真家が商品を解説

【リコー望遠レンズ】選び方&おすすめ6選|写真家が商品を解説
写真家、カメラ評論家
田中 希美男

多摩美術大学付属多摩芸術学園・写真科卒業。撮影分野は、おもにクルマを中心に人、モノ、料理、風景、スナップ、ファッション、ドキュメントなど被写体を問わない。 ほかに、カメラ雑誌などに新型カメラやレンズのテストのレポート、撮影技法などの解説をする。

被写体と距離がある場合でも、美しい写真を撮りたいときに必須になるのが望遠レンズです。多くの一眼レフユーザーも愛用しているリコーイメージングのPENTAX(ペンタックス)でも、多くの望遠レンズがリリースされていますので、被写体や写真を撮る状況によって適切な商品を選ぶのが重要になります。そこで、写真家/カメラ評論家の田中希美男さんにリコー望遠レンズを選ぶポイントとおすすめ商品についてお話をうかがいました。ペンタックスユーザーで望遠レンズを探している人や、いろいろな望遠レンズを比較したい人は、ぜひ参考にしてください。最後にECサイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひチェックしてみてくださいね!


リコー望遠レンズの選び方|写真家に聞く

写真家の田中希美男さんに、リコー望遠レンズを選ぶときのポイントを3つ教えてもらいました。標準レンズに加えて、はじめて望遠レンズを撮影に取り入れたい人も、プロの選び方を商品選びに役立てましょう。

望遠レンズをつけたPENTAXの写真
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

リコー望遠レンズは撮りたい写真や被写体に合わせた幅広い商品があります。

AFに対応するレンズマウントの種類をチェック

写真家、カメラ評論家

カメラとレンズを接合する「レンズマウント(通称マウント)」は、メーカーによって規格が異なります。リコーのPENTAX(ペンタックス)では、Kマウントという規格を使用。Kマウントは1975年から約40年以上も続くマウントです。その長い期間にカメラもレンズも進化して、それに合わせて少しずつ変更が加えられています。

たとえばAF(オートフォーカス)の駆動方式がそのひとつ。カメラ内のモーターで駆動するボディ側駆動AF方式から、レンズ内にモーターを組み込んで駆動するレンズ内駆動AF方式に変わってきました。さらに絞りを作動させる方式も、完全メカニズムで動作する方式(メカ駆動)から、電気的に作動させる方式(電磁制御)に変わりつつあります。

AF対応のKマウントのレンズは現在4種類。レンズではなくカメラボディ側で駆動する方式の「KAFマウント」、そのKAFマウントに電気接点を増やしたのが「KAF2マウント」です。「KAF3マウント」はボディ側からAF駆動させるためのカプラーピンをなくし、レンズ内駆動のみに対応したもの。KAF3マウントからメカ式絞りレバーをなくして電磁絞りを搭載したのが「KAF4マウント」です。

なお、最新型のKAF4マウントのレンズは古い機種では絞りが作動しないこともあるので注意してください。もし古い機種をお使いで購入を予定しているレンズとの互換性が心配な方は、リコーのお客さま相談センターに問い合わせするといいでしょう。

RICOH(リコー)『HD PENTAX-D FA 150-450mmF4.5-5.6ED DC AW 』

リコー望遠レンズはKマウントを採用。古いカメラに最新鋭の望遠レンズをつける場合には互換性があるかどうかもあわせて確認しましょう。

>> Amazonで詳細を見る

フルサイズ判用とAPS-C判用レンズの種類を知る

写真家、カメラ評論家

ペンタックスのデジタル一眼レフカメラには、フルサイズ判センサーを使用した一眼レフカメラと、APS-C判センサーを使った一眼レフカメラがあります。フルサイズ判用レンズは「FA」または「D FA」、APS-C判用レンズには「DA」の記号がつきます。

フルサイズ判用交換レンズの「FA」は、フィルムカメラ時代からデジタルカメラ時代にかけて設計製造された交換レンズです。それらのレンズを最新型のデジタルカメラと組み合わせても支障をきたすことなく撮影することができます。「D FA」は高画素デジタルカメラ時代にあわせて新規設計された「高画素デジタルカメラ対応レンズ」のシリーズです。

APS-C判用「DA」交換レンズは、ペンタックスがデジタル一眼レフカメラを発売したときに開発。デジタル対応したレンズです。

レンズを選ぶうえで手ぶれ補正は意識する必要なし

写真家、カメラ評論家

ペンタックスの交換レンズには、レンズ内手ぶれ補正の機能を備えたレンズはありません(一部、中判カメラ用レンズには手ぶれ補正の機能を内蔵したものもありますが)。その理由は、ほとんどのペンタックス一眼レフカメラにはボディ内手ぶれ補正(センサーシフト方式)の機能が備わっているからです。

そのため古いAF未対応のKマウントレンズはもちろん、もっと古いスクリューマウント時代のレンズをマウントアダプターを使って取りつけても手ぶれを補正して撮影することができます。

ただし注意点として、古いタイプのレンズには自身の焦点距離の情報をカメラボディ側に伝える機能をもっていません。レンズを取りつけたときに手動で焦点距離情報をカメラにインプットする必要があります。

RICOH(リコー)『smc PENTAX-DA★55mmF1.4 SDM 』

レンズではなくカメラ本体側にすでに手ブレ補正を搭載したモデルがほとんどなのもペンタックスの特徴。望遠レンズの手ブレ補正は気にしなくて問題ありません。

>> Amazonで詳細を見る

リコー望遠レンズおすすめ6選|写真家が厳選!

上で紹介したリコー望遠レンズの選び方のポイントをふまえて、写真家の田中希美男さんに選んでもらったおすすめ商品を紹介します。どんな写真撮影やシーン、カメラに合っているかも解説していますので、手持ちのカメラや撮りたい写真にぴったりのリコー望遠レンズ選びの参考にしてください。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

RICOH(リコー)『HD PENTAX-D FA 150-450mmF4.5-5.6ED DC AW 』

RICOH(リコー)『HDPENTAX-DFA150-450mmF4.5-5.6EDDCAW』

出典:楽天市場

対応イメージセンサー 35mmフルサイズ、APS-C 用
焦点距離 150-450mm/230-690mm相当(35ミリ判換算)
F値 開放絞り値F4.5-5.6/最小絞り値F22-27
フィルター径 86mm
最大径×長さ 約95mm×約241.5mm
重量 約2000g(フード付:2130g)
防塵・防滴構造

Thumb lg a48eb9b9 b586 4f5b 85bd cafc20b4f1dd

写真家、カメラ評論家

野外での撮影におすすめな望遠ズームレンズ

ペンタックスのフルサイズ判一眼レフカメラに対応した望遠ズームレンズです。FAはフルサイズ判用の交換レンズのことですが、「D FA」はデジタルカメラに最適化するように設計されたシリーズ。KマウントレンズなのでAPS-C判のペンタックス一眼レフにも使用することができます。

APS-C判ボディに使用すると、フルサイズ判換算で230~690mm相当のより望遠まで画角をカバーすることに。野鳥や飛行機、レーシングカー、スポーツの撮影などに活用しているユーザーも多いです。

防塵・防滴構造になっているため野外の撮影でもレンズ保護に気を配る必要はありません。左手でレンズを支える部分にちょうどズームリングがレイアウト配置されているので、ごく自然なカメラホールディングのまま自在に画角を変えながら撮影できます。レンズ鏡筒には4カ所のAFボタンが配置されていて、そのAFボタンにさまざまな機能を登録して使うことも可能。操作感も描写性能もよいおすすめの望遠ズームレンズです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

RICOH(リコー)『smc PENTAX-FA 77mmF1.8 Limited 』

RICOH(リコー)『smcPENTAX-FA77mmF1.8Limited』 RICOH(リコー)『smcPENTAX-FA77mmF1.8Limited』 RICOH(リコー)『smcPENTAX-FA77mmF1.8Limited』

出典:Amazon

対応イメージセンサー 35mmフルサイズ、APS-C 用
焦点距離 77mm/118mm相当(35ミリ判換算)
F値 開放絞り値F1.8/最小絞り値F22
フィルター径 49mm
最大径×長さ 64mm×48mm
重量 270g
防塵・防滴構造 ×

Thumb lg a48eb9b9 b586 4f5b 85bd cafc20b4f1dd

写真家、カメラ評論家

やわらかなぼけ味と豊かな階調描写

数値的なレンズ性能の向上だけを追究するのではなく、そのレンズ特有のぼけ味や階調(グラデーション)描写を大切にしたレンズです。

リコー独自のレンズシリーズで、フルサイズ判用として現在31mmF1.8、43mmF1.9、そして77mmF1.8の3本がラインナップ。そのなかで昔から私がもっとも愛用しているレンズでもあります(個人的好みで恐縮ですが)。

いまは、もっぱらK-1/K-1 MkIIで撮影を楽しんでいます。描写は少しやわらかめですが、コントラストは適度で上品。しかも解像力はじゅうぶんにあります。グラデーションの表現力もすばらしいので夜景の撮影などにも向いているでしょう。

レンズフードは内蔵していて撮影時に引き出すタイプです。レンズ鏡筒もレンズキャップもアルミ金属の削り出し加工で手にしたときの感触はとてもいいです。そのレンズ鏡筒にポツンと緑色の小さな七宝焼きのフィンガーポイントがあり、とてもいいアクセントにもなっています。シルバーとブラックの2カラーを展開。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

RICOH(リコー)『smc PENTAX-DA★60-250mmF4ED[IF]SDM 』

RICOH(リコー)『smcPENTAX-DA★60-250mmF4ED[IF]SDM』 RICOH(リコー)『smcPENTAX-DA★60-250mmF4ED[IF]SDM』 RICOH(リコー)『smcPENTAX-DA★60-250mmF4ED[IF]SDM』 RICOH(リコー)『smcPENTAX-DA★60-250mmF4ED[IF]SDM』

出典:Amazon

対応イメージセンサー APS-C 用
焦点距離 60-250mm/92-383mm相当(35ミリ判換算)
F値 開放絞り値F4/最小絞り値F32
フィルター径 67mm
最大径×長さ 82mm×167.5mm
重量 82mm×167.5mm
防塵・防滴構造

Thumb lg a48eb9b9 b586 4f5b 85bd cafc20b4f1dd

写真家、カメラ評論家

小型タイプに仕上げられた高性能レンズ

APS-C判のデジタル一眼レフカメラに対応したDAレンズで、かつペンタックスシリーズのなかで最高クラスの性能を誇る「スターレンズ(★)」でもあります。

フルサイズ判換算で約90~380mm相当の画角をカバーするコンパクトな望遠ズームレンズ。最短撮影距離はズーム全域で1.1mなので、近い距離のものを望遠クローズアップ撮影できます。

絞り値はズーミングしてもF値は変化しないので、マニュアル露出で撮影するときに露出値を一定に保ちながら自在にズーミングして撮影が可能。AF駆動は、レンズ内駆動方式に対応したカメラでは内蔵の超音波モーターでおこない、ボディ内モーター駆動式のカメラではそれに対応して駆動するハイブリッドAFの機構を備えています。

AFでピントを合わせた後に手動でピント補正ができるクイックシフトフォーカスシステムを採用。動きの早い小動物や野鳥の撮影におすすめです。1.4倍、2倍のテレコンバーターにも対応しています。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

RICOH(リコー)『smc PENTAX-DA★55mmF1.4 SDM 』

RICOH(リコー)『smcPENTAX-DA★55mmF1.4SDM』

出典:Amazon

対応イメージセンサー APS-C 用
焦点距離 55mm/84.5mm相当(35ミリ判換算)
F値 開放絞り値F1.4/最小絞り値F22
フィルター径 58mm
最大径×長さ 70.5mm×66mm
重量 375g
防塵・防滴構造

Thumb lg a48eb9b9 b586 4f5b 85bd cafc20b4f1dd

写真家、カメラ評論家

大口径な中望遠レンズとしての活用も


APS-C判の一眼レフカメラに対応した高性能DAスターレンズ(★)です。スターレンズは高画質、堅牢性、すぐれた操作性を追求し製造されたハイグレードシリーズ。APS-C判Kマウントカメラに使用すると、約85mm相当の中望遠レンズとして使用できます。

APS-C判カメラユーザーでワンランク上の性能を求める人におすすめのレンズです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

RICOH(リコー)『smc PENTAX-DA★200mmF2.8ED[IF] SDM 』

RICOH(リコー)『smcPENTAX-DA★200mmF2.8ED[IF]SDM』

出典:楽天市場

対応イメージセンサー APS-C 用
焦点距離 200mm/307mm相当(35ミリ判換算)
F値 開放絞り値F2.8/最小絞り値F22
フィルター径 77mm
最大径×長さ 83mm×134mm
重量 825g
防塵・防滴構造

Thumb lg a48eb9b9 b586 4f5b 85bd cafc20b4f1dd

写真家、カメラ評論家

美しい階調描写を実現するAPS-C判用レンズ

APS-C判カメラで約307mm相当の画角のレンズとして使用できます。AF駆動はレンズ内蔵の超音波モーター(SDM)にて高速でピント合わせをしますが、ボディ駆動方式のカメラではカメラ内のモーターを使ってAF駆動するハイブリッド式に対応したレンズです。

美しくナチュラルなぼけ味と豊かな階調描写が特徴。色彩豊かな風景写真を撮りたい人におすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ケンコー・トキナー『ミラーレンズ400mmF8NIIペンタAPK 』

ケンコー・トキナー『ミラーレンズ400mmF8NIIペンタAPK』 ケンコー・トキナー『ミラーレンズ400mmF8NIIペンタAPK』 ケンコー・トキナー『ミラーレンズ400mmF8NIIペンタAPK』 ケンコー・トキナー『ミラーレンズ400mmF8NIIペンタAPK』 ケンコー・トキナー『ミラーレンズ400mmF8NIIペンタAPK』 ケンコー・トキナー『ミラーレンズ400mmF8NIIペンタAPK』 ケンコー・トキナー『ミラーレンズ400mmF8NIIペンタAPK』

出典:Amazon

対応イメージセンサー 35mmフルサイズ 用
焦点距離 400mm
F値 F8(固定)
フィルター径 67mm
最大径×長さ 82mm(最長)
重量 500g
防塵・防滴構造 ×

Thumb lg a48eb9b9 b586 4f5b 85bd cafc20b4f1dd

写真家、カメラ評論家

低価格なフルサイズ判の反射望遠レンズ

ペンタックスのフルサイズ判一眼レフカメラに対応する反射式望遠レンズです。同じペンタックスのAPS-C判一眼レフカメラにも、フルサイズ判換算で600mm相当の超望遠レンズとしても使用することができます。

反射式望遠レンズはレンズ内に反射鏡を組み込んで光を反射屈折させることでレンズ全長を大幅に短く、軽量にしているのが特徴。反射望遠レンズはもともと、天体望遠鏡などに使用するために開発されたものです。絞り機構がなくF値が一定固定式であること、MF(マニュアルフォーカス)専用レンズであること、反射鏡を使っているためボケのカタチがドーナツ状のリングぼけになってしまうことなどの特性があります。

絞りはF8固定式ですが、絞り優先オートやマニュアル露出モードで撮影することが可能です。レンズマウントは着脱でき、9種類の交換マウントが用意されているのでマウントをつけ替えれば他社のカメラに使用することもできます。リコー純正にこだわらない人の選択肢としておすすめです。

「リコー・望遠レンズ」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
RICOH(リコー)『HD PENTAX-D FA 150-450mmF4.5-5.6ED DC AW 』
RICOH(リコー)『smc PENTAX-FA 77mmF1.8 Limited 』
RICOH(リコー)『smc PENTAX-DA★60-250mmF4ED[IF]SDM 』
RICOH(リコー)『smc PENTAX-DA★55mmF1.4 SDM 』
RICOH(リコー)『smc PENTAX-DA★200mmF2.8ED[IF] SDM 』
ケンコー・トキナー『ミラーレンズ400mmF8NIIペンタAPK 』
商品名 RICOH(リコー)『HD PENTAX-D FA 150-450mmF4.5-5.6ED DC AW 』 RICOH(リコー)『smc PENTAX-FA 77mmF1.8 Limited 』 RICOH(リコー)『smc PENTAX-DA★60-250mmF4ED[IF]SDM 』 RICOH(リコー)『smc PENTAX-DA★55mmF1.4 SDM 』 RICOH(リコー)『smc PENTAX-DA★200mmF2.8ED[IF] SDM 』 ケンコー・トキナー『ミラーレンズ400mmF8NIIペンタAPK 』
商品情報
特徴 野外での撮影におすすめな望遠ズームレンズ やわらかなぼけ味と豊かな階調描写 小型タイプに仕上げられた高性能レンズ 大口径な中望遠レンズとしての活用も 美しい階調描写を実現するAPS-C判用レンズ 低価格なフルサイズ判の反射望遠レンズ
対応イメージセンサー 35mmフルサイズ、APS-C 用 35mmフルサイズ、APS-C 用 APS-C 用 APS-C 用 APS-C 用 35mmフルサイズ 用
焦点距離 150-450mm/230-690mm相当(35ミリ判換算) 77mm/118mm相当(35ミリ判換算) 60-250mm/92-383mm相当(35ミリ判換算) 55mm/84.5mm相当(35ミリ判換算) 200mm/307mm相当(35ミリ判換算) 400mm
F値 開放絞り値F4.5-5.6/最小絞り値F22-27 開放絞り値F1.8/最小絞り値F22 開放絞り値F4/最小絞り値F32 開放絞り値F1.4/最小絞り値F22 開放絞り値F2.8/最小絞り値F22 F8(固定)
フィルター径 86mm 49mm 67mm 58mm 77mm 67mm
最大径×長さ 約95mm×約241.5mm 64mm×48mm 82mm×167.5mm 70.5mm×66mm 83mm×134mm 82mm(最長)
重量 約2000g(フード付:2130g) 270g 82mm×167.5mm 375g 825g 500g
防塵・防滴構造 × ×
商品リンク

※各社通販サイトの 2019年11月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月10日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月10日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月27日時点 での税込価格

ECサイトのリコー望遠レンズランキングを参考にする

Yahoo!ショッピングでのリコー望遠レンズの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Yahoo!ショッピング:リコー望遠レンズランキング

※上記リンク先のランキングは、各ECサイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

写真家のアドバイス|クイックフォーカスシステムやSDM(超音波モーター)内蔵レンズに注目!

写真家、カメラ評論家

ペンタックスのAF対応の交換レンズは、カメラボディ内のモーターでAF作動させるボディ側AF駆動方式と、レンズ内のモーターでAF作動するレンズ内AF駆動方式があります。

どちらの方式であっても、「クイックフォーカスシステム」の機構を内蔵しているペンタックスレンズであれば、AF測距した後にピントリングを操作するだけで素早くマニュアルフォーカスでピントを補正することができます。

基本的に、AF駆動のためのモーターに超音波モーターを使用していないレンズはAFとMFの切り替え操作をすることはできません。しかしペンタックスのクイックフォーカスシステム対応レンズであれば、まるで超音波モーター採用のAFレンズのようにダイレクトにAF/MFの切り替えができます。

なお、最新のペンタックスレンズではSDM(超音波モーター)を内蔵してAF駆動しているレンズも多くなってきて、そうしたレンズにはクイックフォーカスシステムの機能は省略されています。

そして、レンズ選びに欠かせないのはカメラやレンズの性質・性能を知ること。各レンズの特徴も踏まえて、求めているレンズを見極めてください。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(制作協力:森野ミヤ子、掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2019/12/17 コンテンツ追加・修正と価格を更新しました(マイナビおすすめナビ編集部 花島優史)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


【2020年】Eマウントレンズおすすめ6選|広角・望遠・単焦点レンズを厳選

【2020年】Eマウントレンズおすすめ6選|広角・望遠・単焦点レンズを厳選

Eマウントレンズとはソニーのミラーレス一眼用の交換レンズの規格。標準ズームで満足できない人は写真撮影の構成の幅をぐっと広げることができます。Aマウントレンズとの違いは、接合部分(マウント)の規格です。この記事では、プロカメラマンの武石 修さんが選んだEマウントレンズおすすめ6選と選び方をご紹介します。後半には通販サイトの最新人気ランキングのリンクがありますので、売れ筋や口コミもチェックしてみてください。


オリンパス望遠レンズおすすめ6選【マイクロフォーサーズの単焦点・ズームレンズ】

オリンパス望遠レンズおすすめ6選【マイクロフォーサーズの単焦点・ズームレンズ】

写真家・カメラ評論家の田中 希美男さんへの取材をもとに、レンズの選び方のコツやおすすめのレンズをご紹介します。オリンパスの望遠レンズは、マイクロフォーサーズマウントという規格で、パナソニックの同規格に対応したレンズとも互換性があります。オリンパス交換レンズのシリーズには「PROシリーズ」、「PREMIUMシリーズ」、「STANDARDシリーズ」のラインナップがあり、ほかにもシグマやケンコー・トキナーといったレンズメーカーからも、同規格に沿った製品が販売されています。オリンパスの望遠レンズを購入したいけれど、迷っている人もいるのではないでしょうか。プロの目線による選び方をふまえて、ご自分に合ったものを見つけましょう。


シグマレンズおすすめ10選【広角や望遠ほか】キヤノン・ニコン・ソニー対応製品

シグマレンズおすすめ10選【広角や望遠ほか】キヤノン・ニコン・ソニー対応製品

プロカメラマンの武石 修さんと編集部が選んだ、シグマレンズのおすすめ商品を紹介します。ニコン、キヤノン、ソニーなどの純正レンズではなく、サードパーティの対応レンズとして評価が高いシグマのレンズ。Contemporary、Art、Sportsの3シリーズを中心に、さまざまな機能を搭載したものや、コストパフォーマンスが高い製品が販売されています。レンズ選びの参考にしてください。


ニコン望遠レンズおすすめ8選|一眼レフ・ミラーレス純正レンズを厳選

ニコン望遠レンズおすすめ8選|一眼レフ・ミラーレス純正レンズを厳選

キヤノンと並ぶ2大カメラメーカーのひとつ、ニコン。ニコンのレンズの特徴は、自然な色合いと表現力の高さ、防塵防滴などすぐれた耐久性にあるといわれています。ここでは、写真家の田中希美男さんが選んだニコンの望遠レンズ8選と選び方のポイントをご紹介します。他社製ニコンマウントの望遠レンズもありますよ!


望遠レンズおすすめ8選|【ミラーレス・一眼レフ】キヤノン・ニコンなど厳選

望遠レンズおすすめ8選|【ミラーレス・一眼レフ】キヤノン・ニコンなど厳選

遠くの被写体をクッキリ撮影したり、近くの被写体を大きく撮影したりできる望遠レンズ。望遠レンズは決して安い買い物ではありませんので、間違いのない商品を選びたいですよね。そこで、写真家/カメラ評論家の田中希美男さんと編集部が選んだ望遠レンズのおすすめと選び方についてご紹介します。


新着記事


2020年Amazonサイバーマンデー|BigSaleの折り返し!目玉商品を編集部が厳選紹介!

2020年Amazonサイバーマンデー|BigSaleの折り返し!目玉商品を編集部が厳選紹介!

Amazonの3大セールのひとつ「サイバーマンデー」。ゲーム機、家電、日用品などをセール価格で購入できるイベントです。毎年趣向を凝らした限定商品や、目玉アイテムが展開されます。お得な商品を逐一チェックしたいひとや、クリスマスプレゼントを探している人などにおすすめ。本記事では、事前に発表されているセール対象商品だけでなく、数量限定のおすすめセール攻略法などをご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。


【2020年】Amazonブラックフライデーの目玉商品33選|今年最後のBigSaleを編集部が厳選

【2020年】Amazonブラックフライデーの目玉商品33選|今年最後のBigSaleを編集部が厳選

2019年に続き2020年のAmazonの大規模セールAmazon Black Friday(ブラックフライデー)セール。今年はサイバーマンデーも同時期開催の運びとなり、5日間のロングセールとなります。攻略方法などの紹介に加え、事前に発表されているセール対象商品だけでなく、限定公開品をおすすめナビ編集部が厳選紹介していきます。


独自の漂白活性化剤配合!『ワイドハイター EXパワー』ニオイの原因菌を分解!? 検証レビュー

独自の漂白活性化剤配合!『ワイドハイター EXパワー』ニオイの原因菌を分解!? 検証レビュー

タオルの生乾きのニオイ対策や黄ばみの漂白としても使用されることが多い『ワイドハイター EXパワー』。独自の漂白活性化剤がプラスされているので、ワイドハイターよりも洗浄力がアップ! さらにニオイや黄ばみ対策に期待ができますね。お店や通販でも、さまざまな種類の漂白剤が並んでいるので、どの汚れにどの漂白剤を使用したらいいのか迷ってしまいますが、汚れ落ちの効果はもちろんのこと、やはり日常的に使いやすいのは、「入れるだけ」の手軽さではないでしょうか? ニオイの原因菌の増殖を抑えたり、食べこぼし汚れにも期待できる『ワイドハイター EXパワー』を使用した後に感じたことをご紹介します!


ユニ アルファゲルは疲れにくい&集中が続く! グリップのかたさのちがいも試して検証

ユニ アルファゲルは疲れにくい&集中が続く! グリップのかたさのちがいも試して検証

『ユニ アルファゲル』は、三菱鉛筆が販売する握りやすさを追求したシャーペンです。やわらかなゲルグリップは疲れにくく、たくさん文字を書くひとにはぴったりのアイテム。集中力維持にも効果が期待できます。今回は、『ユニ アルファゲル』を実際に試したレビューをご紹介していきます。3種類ラインナップされたグリップのかたさも、すべて試して使い心地を比較。『ユニ アルファゲル』に興味があるひとや、どのかたさのグリップにするか悩んでいるひとは、ぜひ記事を読んで購入の際の参考にしてくださいね。


セラミックナイフもOK!『ダイヤモンドロールシャープナー』簡単な動作で使える研ぎ心地を検証レビュー

セラミックナイフもOK!『ダイヤモンドロールシャープナー』簡単な動作で使える研ぎ心地を検証レビュー

『ダイヤモンドロールシャープナー』は、セラミックナイフOKの両刃用手動シャープナーで、とても簡単に包丁を研ぐことができます。刃を傷めないバネ構造を採用しており、包丁研ぎになれていない人にも安心の商品です。しかし、口コミをみると「切れるようにならない」「刃がかけた」など悪い評価もあります。評判を気にして購入をためらっている人もいそうですね。そこで、口コミが正しいのか、実際に購入して試してみました。包丁の切れ味は復活するのか、安全性に問題はないのか、見極めてください!


PC・スマホ・カメラの人気記事


>>もっと見る