PR(アフィリエイト)

お歳暮におすすめなお酒ギフトの種類は?選び方についても解説!

お歳暮におすすめなお酒ギフトの種類は?選び方についても解説!
お歳暮におすすめなお酒ギフトの種類は?選び方についても解説!

◆本記事はプロモーションが含まれています。

一年の感謝を伝えるために、お歳暮でお酒を贈るのはいかがでしょうか。お酒は種類が豊富なため、さまざまな選択肢があります。

本記事では、お歳暮におすすめなお酒ギフトの種類と選び方について解説します。また、お歳暮のときに押さえておきたいマナーについても解説しているので、お歳暮にお酒を送ろうと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。


マイナビおすすめナビ編集部

担当:セール・クーポン、その他
花島 優史

モノ以外のサービス全般を担当。趣味~実用系のサブスクをはじめ、日常生活を快適かつ豊かにするおすすめ情報やハウツー情報までをカバーしている。

お歳暮の意味

お歳暮の贈り物の画像
ペイレスイメージズのロゴ
お歳暮の贈り物の画像
ペイレスイメージズのロゴ

お歳暮は、1年の感謝をあらわす贈り物です。日本には「歳暮回り」と呼ばれる12月末の挨拶回りで贈り物を持参する習慣があり、この贈り物が「お歳暮」と呼ばれるようになったとされています。

お歳暮を送る相手は会社の上司や取引先、親などお世話になった方へ送るのが一般的です。ほかにも、日ごろの感謝を伝えたい方がいれば、ぜひ送ってみてください。

しかし、学校の教師や医師など公務員にあたる職に従事している方は、お歳暮が賄賂扱いになる可能性があるため、受け取れない場合があります。また、会社によってもお歳暮のやり取りを禁止しているケースもあるため、お歳暮はルールに則って送るようにしましょう。

お歳暮にお酒がおすすめの人とおすすめでない人

お歳暮にお酒がおすすめなのは、お酒を楽しむのが好きな方です。また、会社の上司など年上の方にもお酒は喜ばれる傾向にあります。

一方で、お酒が苦手な方や、健康志向の強い方にはおすすめできません。さらに、女性の場合はアルコール度数の強いお酒は飲めない方も多いでしょう。

そのため、お歳暮でお酒を贈る際は、相手がお酒好きなのかを事前にリサーチしておくことが大切です。相手の好みやライフスタイルを考慮し、適切な贈り物を選ぶことでより喜ばれるお歳暮選びができるでしょう。

お歳暮に贈るお酒の選び方

お歳暮用のお酒ギフトは、数多くの種類が販売されています。そのため、どのお酒を贈ったらいいのかわからない方も多いでしょう。

続いては、お歳暮に贈るお酒の選び方について紹介します。相手に合ったお酒を選ぶことで、日ごろの感謝の気持ちが伝わりやすくなります。

種類で選ぶ

 

お酒をお歳暮にする際は、相手の好みや性別で選ぶことが大切です。一口にお酒といってもさまざまな種類があるため、相手に合わないお酒は貰っても消費するのがたいへんです。

相手の好みが分かっている場合は、相手が好きな味わいやクセを考慮してお酒を選べるため、より喜んでもらえるでしょう。

たとえば、女性の場合は甘口やアルコール度数が低いお酒が好まれる傾向にあります。一方で、お酒好きの方には、甘口のお酒よりも日本酒や焼酎などが喜ばれるでしょう。

そのため、お歳暮としてお酒を贈る際は、相手の好みをしっかりリサーチしたうえで、相手に合った種類を贈ることが大切です。

パッケージや化粧箱で選ぶ

 

お酒を選ぶ際は、パッケージや化粧箱のデザインも考慮しましょう。見た目にもこだわったおしゃれなパッケージや化粧箱に包まれたお酒は、お歳暮に特別感を与えてくれます。

ふだん買わないようなパッケージのお酒は視覚的にも特別な印象を与え、ふだん使いや一般的なものではない、特別な贈り物であることを感じさせられるでしょう。

たとえば、木箱に包まれた化粧箱は高級感を演出できます。また、女性に対しては可愛らしいデザインのパッケージが好まれる場合もあります。

見た目にもこだわったお酒は、贈り物としての価値を高めてくれるでしょう。そのため、お酒選びが難しい方は、相手に合わせたパッケージや化粧箱でお酒を選んでみるのもおすすめです。

セットのグラスがあるかで選ぶ

 

お歳暮のお酒には、セットでグラスが付属している商品もおすすめです。お酒とグラスがセットになっていると、高級感や特別感が増し、より贈り物としての価値が高まるでしょう。

また、グラス付きのお酒なら実用性も高いため、お酒を飲んでしまったあとでも利用できるのが魅力です。ふだんお酒をあまり飲まず、お酒用のグラスを持っていない場合はとくに喜ばれるでしょう。

さらに、ものとして残ることで相手により贈り物としての印象を高める効果も期待できます。そのため、お歳暮により特別感を演出したい方は、セットにグラスが付属している商品を選ぶのもよいでしょう。

飲み比べができるかで選ぶ

 

お歳暮用のお酒として、飲み比べができるセットを選ぶのもおすすめです。お酒は商品ごとに異なる味や香りが楽しめるため、飲み比べができるセットは相手に多くの楽しみを提供できます。

また、相手の好みがわからない場合にも飲み比べセットはおすすめです。相手にバラエティ豊かな楽しみ方をしてもらいたい場合や相手の好みがわからない場合は、ぜひ飲み比べセットを検討してみてください。

相手がふだん飲まないお酒で選ぶ

 

お歳暮は相手が好きなお酒を選ぶのがよいですが、特別感を演出するために相手がふだん飲まないお酒を選ぶこともひとつの選択肢です。ふだん飲まないお酒を贈ることで、新しい味わいや経験を提供でき、特別な印象を与えられます。

そのため、自分ではなかなか手に入れられないような、少し高級なお酒を選んでみるのもよいでしょう。

また、自分がおすすめするお酒を選ぶこともひとつの方法です。自分が気に入っているお酒を紹介することで、共感や親密感が生まれるでしょう。

さらに、相手にゆかりのあるお酒を選ぶのもおすすめです。生まれ年のワインや出身地の日本酒など、親しみを感じる要素が込められたお酒は、贈り物に温かみを与えます。

お歳暮に特別感を加えたい方は、ぜひ相手がふだん飲まないようなお酒を選んでみてはいかがでしょうか。

相手との関係性で選ぶ

 

お歳暮のお酒を選ぶ際は、相手との関係性を考慮しましょう。相手との関係性によって好みや受け取り方は異なるため、関係性に合わせたお酒選びをすることで、贈り物の効果が高まります。

上司に贈る場合は、少し質のよい商品を選ぶことで、日ごろの感謝の気持ちをより伝えられます。一方で、気心知れた友人や家族の場合は、高級なものよりも気を遣わせない程度のお酒を選ぶのがおすすめです。

具体例としては、上司には少し高めのワインなど特別感のあるお酒を。一方で、友人や家族には、気軽に楽しめるビールや地元のお酒など、親しみやすいものを選ぶとよいでしょう。

相手との関係性を考慮してお酒を選ぶことで、相手の負担を軽減したり、感謝の気持ちを深く伝えられたりします。

お歳暮におすすめのお酒ギフトの種類5選

お歳暮に贈るおすすめのお酒の種類について紹介します。お酒にはさまざまな種類があるため、相手の年齢や好みによっておすすめのお酒が異なります。

どの種類のお酒を贈るか悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

1.ビール

 

お酒のお歳暮で種類に迷った場合は、無難にビールを選んでみてはいかがでしょうか。お酒のお歳暮として定番のビールは、相手の好みに合った銘柄を選ぶことで失敗のリスクを低くできます。

また、毎年ビールをお歳暮として贈っている場合は、海外の珍しいビールを選んでみるのもおすすめです。さまざまな種類や銘柄を選ぶことで、同じビールでも異なる体験をしてもらえるでしょう。

以下の記事では、ビールの種類別ランキングや、選び方のポイントについて解説しています。ぜひこちらもあわせてご覧ください。

【2023年】ビールおすすめランキング36選【種類別】みんなが選ぶ人気銘柄を発表!

2.日本酒

 

大人のお酒のイメージがある日本酒ですが、辛口だけでなく甘口もあるため、日本酒に慣れていない方へのお歳暮としても活用できます。もちろん、お酒好きの方へのお歳暮としてもおすすめです。

また、お酒好きな方の場合は、飲み比べができるセット品も喜ばれるでしょう。日本酒をお歳暮にする場合は、相手のお酒の強さにあわせて種類を選ぶことが大切です。

以下の記事では、日本酒のおすすめランキングや、選び方のポイントについて解説しています。ぜひこちらもあわせてご覧ください。


【505名が選ぶ】日本酒の人気おすすめランキング49選|美味しい飲み方も解説

3.焼酎

 

お酒好きな方へのお歳暮に焼酎はいかがでしょうか。焼酎はアルコール度数が高く個性の強い商品が多いのが特徴です。なので、大人なギフトとして、お世話になった方へ焼酎を贈るのもよいでしょう。また、焼酎の原料は芋や麦などさまざまあるため、相手の好みは事前にリサーチしておくことが大切です。

以下の記事では、焼酎の種類別におすすめ商品を紹介しています。ぜひこちらもあわせてご覧ください。

焼酎おすすめ48選【人気の芋・麦・米を厳選】飲みやすい銘柄や幻のレア焼酎も

4.ワイン

 

お歳暮の時期を少しすぎると、すぐに年末年始が訪れます。年末年始はお祝いの席が続くため、お歳暮でワインが贈られていると華やかな食卓にぴったりです。

とくに、赤ワインと白ワインの紅白セットは、とても縁起がよいため、お歳暮としての需要も高いでしょう。また、ワインなら長期的な保存が効く点からも、使い勝手のよいギフトといえます。

以下の記事では、赤ワインと白ワインそれぞれのおすすめ商品について紹介しています。ぜひこちらも合わせてご覧ください。

美味しい赤ワインおすすめ20選【家飲み用から高級品まで】フルボディ・甘口など
【ワイン講師が厳選】白ワインおすすめ24選|甘口・辛口別に紹介!

5.ウイスキー

 

大人なお歳暮を贈りたい方には、ウイスキーがおすすめです。ウイスキーはロックにハイボールなど、多様な楽しみ方ができるため、お酒好きに贈ると喜ばれるでしょう。

一方で、ウイスキーはアルコール度数が高いため、お酒初心者に贈る場合はクセの少ない飲みやすい種類を選ぶことが大切です。以下の記事では、おすすめのウイスキーをランキング形式で紹介しています。どのウイスキーを選んだらよいかわからない方は、ぜひ参考にしてみてください。


ウイスキーおすすめランキング29選|口コミやおすすめの飲み方も紹介!

押さえておきたいお歳暮のマナー

お歳暮はお世話になった方への贈り物です。日々の感謝をより伝えるためには、正しいマナーを知っておく必要があります。

せっかくお歳暮を送ったとしても、マナーが守られていないと受け取った側は残念に感じてしまうでしょう。お歳暮で押さえておきたいマナーについて確認していきます。

お歳暮の相場

お歳暮の金額に決まりはありませんが、相場としては3,000円~5,000円程度が一般的です。しかし、この金額は送る相手や贈り主の年代によって変動します。

具体的な例として、友人や知人へのお歳暮では3,000円程度、上司や取引先へのお歳暮では5,000円程度が一般的です。また、贈り主の年代が上がるにつれて、この相場は高くなる傾向にあります。

一方で、あまりにも高額なお歳暮は相手に気を遣わせる可能性があるため、相手への気遣いとして、最高でも10,000円を超えないように配慮しましょう。お歳暮の相場は3,000円~5,000円程度ですが、関係性や送る相手によって金額は調整が必要です。

実際、お歳暮は金額よりも感謝の気持ちをしっかり伝えることと、相手に適切な贈り物を届けることのほうが大切です。

お歳暮を贈る時期

お歳暮を贈る本来の時期は、12月13日から20日までといわれています。これは、正月事始めである13日から、年越しの準備で忙しくなる20日までに贈るという習わしがあったためです。

しかし、現在では11月下旬からお歳暮を贈ることも一般的になりつつあります。また、地域によってもお歳暮を送る時期は異なるため、あらかじめ確認しておくことが大切です。たとえば関東では12月上旬から12月20日ころまでが一般的とされています。そのため、地域の慣習やルールに則ってお歳暮を贈る時期は決めるようにしましょう。

お歳暮の送り状

お歳暮はただ贈るだけでなく、送り状を添えることでより気持ちが伝わりやすくなります。送り状を送る際は、できれば手書きで送るようにしましょう。

手書きの送り状は機械的なものよりも相手に手間を感じさせるため、贈り手の気持ちが伝わります。たとえ字が汚くても、ていねいに書くことで気持ちを伝えられるでしょう。

また、会社の上司や取引先が相手の場合は、葉書よりも封書が望ましいです。なお、友人や知人などの親しい間柄なら、送り状ではなく添え状でも問題ありません。

手書きの送り状はお歳暮により思いを乗せられる手段であるため、ぜひお酒と一緒に添えてみてください。

お歳暮の品目

お歳暮に贈る品目は相手に合わせて変えることが大切です。商品券などはギフトとして一般的ではありますが、目上の方へのお歳暮としては失礼に当たる可能性があります。

また、お酒も相手が苦手な場合には適切な選択肢ではありません。お歳暮は相手への感謝を伝える贈り物であるため、相手の好みを考慮して選択することが礼儀です。

そのため、お歳暮選びの際は、相手の好みや家族構成を把握したうえで品目を決めるようにしましょう。

一年の感謝を込めてお歳暮でお酒ギフトを贈ろう!

今回は、お歳暮でおすすめのお酒ギフトについて紹介しました。一年の感謝を伝えるお歳暮にお酒を選ぶことで、ふだんとは違った特別感を演出できるためおすすめです。

しかし、お酒は好き嫌いが分かれるため、事前に相手の好みをリサーチしておくことが大切です。また、相手との関係性によっても贈るべきお酒の種類は変わってくるでしょう。

さらに、お歳暮だけでなく送り状を添えることで、気持ちがより伝わります。ぜひ、日ごろの感謝の気持ちを込めて、お酒のお歳暮を贈ってみてはいかがでしょうか。

PR(アフィリエイト)

◆Amazonや楽天を始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しており、当記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されます。◆記事公開後も情報の更新に努めていますが、最新の情報とは異なる場合があります。(更新日は記事上部に表示しています)◆記事中のコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作されており、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。◆アンケートや外部サイトから提供を受けるコメントは、一部内容を編集して掲載しています。◆「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。◆レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部

page top button