PR(アフィリエイト)

飼い主も快適!ペットドライルームおすすめ11選|注意点やメリット・デメリットも解説

飼い主も快適!ペットドライルームおすすめ11選|注意点やメリット・デメリットも解説
飼い主も快適!ペットドライルームおすすめ11選|注意点やメリット・デメリットも解説

◆本記事はプロモーションが含まれています。
◆本記事は2023年03月31日に公開された記事です。

ペットのお風呂上りのドライは一苦労ですよね。怖がったり、長時間じっとしていられないなど、お風呂後のドライヤーを嫌がるワンちゃんやネコちゃんもいるので、ペットも飼い主もストレスに感じてしまいます。

そこでおすすめなのがペットドライルーム。これを使えば、ペットの毛を乾かす時間を短縮して、双方が快適に過ごせるようになるでしょう。

この記事では、 ペットドライルームの選び方、おすすめ商品、便利機能、メリット・デメリットを紹介します。ペットのドライヤーが大変だと感じている方は、この記事を参考に検討してみてくださいね。


マイナビおすすめナビ編集部

担当:食品・ドリンク、ペット
吉川 優美

[ 「食品・ドリンク」「ペット」カテゴリーを担当。犬とネットショッピングをこよなく愛する主婦編集者。主婦仲間から情報収集をし、家族が喜ぶおいしい食べ物や調味料を探すのが日課となっている。

ペットドライルームとは ペットドライが大変だと感じているなら要チェック!

 

お風呂後のペットのドライ。愛犬・愛猫といえど、毛が飛び散ったり、音を嫌がる子の場合はドライヤーをうまく掛けさせてくれなかったりと、ペット・飼い主ともにストレスを感じることもあるでしょう。

そんなお悩みをお持ちの方におすすめなのが「ペットドライルーム」。その名のとおりペットの毛を乾かすための部屋のこと。箱型で屋根がついたクレートのような形状のルームへペットに入ってもらい、ドライヤーの風でしっかり乾かします。

ペットが怖がってしまわないよう工夫されているので、ペットも飼い主も快適に毛を乾かすことができるでしょう。

ペットドライルームの選び方

ペットドライルームを選ぶ際には、どのようなことに注意すればいいのでしょうか。チェックしたいポイントを順番にご紹介します。

【1】ペットの大きさに合わせてサイズを選ぶ
【2】ペットドライルームのタイプで選ぶ
【3】+αの便利機能

上記のポイントをおさえることで、よりほしい商品をみつけることができます。一つひとつ解説していきます。

【1】ペットの大きさに合わせてサイズを選ぶ

 

乾かしている間、ペットが快適に過ごせるサイズのペットドライルームを選びましょう。小型犬を多頭飼いしている場合は、2匹同時に乾かせるモデルがおすすめです。

ペットの毛の長さによって乾燥時間は異なりますが、少しでもゆったり過ごせるスペースを確保してあげましょう。

【2】ペットドライルームのタイプで選ぶ

ペットドライルームには専用ドライヤーを内蔵しているタイプと、普通のドライヤーを使って風を当てるタイプの2種類があります。それぞれ詳しくみてみましょう。

ドライヤー内蔵タイプ

 

ペットドライルーム本体にドライヤーが内蔵されているタイプは、タイマーやエアシャワーなど、機能性にすぐれたものが多く発売されています。

ペットが入ってくれれば飼い主が手をかける必要がないので、手間いらずなのもうれしいポイントです。

ドライヤー差し込みタイプ

 

こちらはふだん使っているドライヤーを、ペットドライルームに差し込んで使うタイプです。一般的にドライヤー差し込みタイプはメッシュ構造になっています。そのため、なかに入っているペットから飼い主が見えるので、寂しがりのペットにおすすめです。

【3】乾かすだけじゃない!+αの便利機能にも注目

前述したドライヤー内蔵タイプには、さまざまな便利機能を兼ね備えたものがあります。ここでは、どのような機能があるのか紹介するので、参考にしてみてください。

エアシャワー|お散歩帰りの花粉やホコリをリセット

スギから花粉がたくさん出てきている様子
ペイレスイメージズのロゴ
スギから花粉がたくさん出てきている様子
ペイレスイメージズのロゴ

エアシャワー機能がついていれば、お散歩の際に毛に付着してしまった花粉やほこりをリセットできます。付着した汚れを取り除くことで、ふわふわの毛並みを維持することが可能です。

タイマー|快適なハウスとして活用できる

 

タイマー機能がついていれば、飼い主が目を離していても安心して毛を乾かすことができます。もし乾かしている途中でペットが出たくなっても、内部から押すと開くようになっているため安全です。

安全機能|万が一に備える

塗れたゴールドカラーの子犬。まわりに白いタオルが散らかっています。
ペイレスイメージズのロゴ
塗れたゴールドカラーの子犬。まわりに白いタオルが散らかっています。
ペイレスイメージズのロゴ

万が一、内部の温度が想定より高くなってしまったなどの緊急時に、自動で電源をオフにしてくれる機能を搭載したものも。また、子どもやペットが操作パネルを触ってしまっても作動しないように、ボタンロック機能などもあると安心でしょう。

キャスター|移動がラクちん

黒いキャスターが4つ置いてあります。
ペイレスイメージズのロゴ
黒いキャスターが4つ置いてあります。
ペイレスイメージズのロゴ

キャスターがついているペットドライルームであれば、家のなかでの移動もかんたんにおこなえます。お風呂の際には洗面所に、お散歩帰りの日常使いはリビングで……などの使い分けもしやすいでしょう。

ペットドライルームのおすすめ11選

 

おすすめのペットドライルームをご紹介します。ペットドライルームを使ったことがない方やいま探している方は、タイプや機能、サイズにも注目してみてください。

▼ドライヤー内蔵タイプ

Haru 『nello ペットドライルーム』

Haru『nelloペットドライルーム』 Haru『nelloペットドライルーム』 Haru『nelloペットドライルーム』
出典:楽天市場 この商品を見るview item
高性能フィルターが抜け毛をしっかりキャッチ

◆ペットが苦手なドライヤーの時間を短縮してくれる
◆エアシャワーはお散歩のあとにも便利で、ホコリや花粉を取り除いてくれる
◆簡単分離型構造だから汚れてもかんたんに丸洗いできる

タイプ 専用ドライヤー
機能 エアシャワー、タイマー、ボタンロックなど
サイズ(H×W×D) 526mm×681mm×457mm

タイプ 専用ドライヤー
機能 エアシャワー、タイマー、ボタンロックなど
サイズ(H×W×D) 526mm×681mm×457mm

Homerunpet『ドライハウス Drybo Plus』

Homerunpet『ドライハウスDryboPlus』 Homerunpet『ドライハウスDryboPlus』 Homerunpet『ドライハウスDryboPlus』
出典:楽天市場 この商品を見るview item
送風と温風を使い分けられてペットにやさしい

◆操作しやすい! 見やすくて使いやすいタッチパネル搭載
◆音が静かなのでドライヤー音が苦手なペットでも安心して使える
◆マイナスイオンを含んだ風で毛並みがふわふわに仕上がる

タイプ 専用ドライヤー
機能 マイナスイオン、タイマー
サイズ(H×W×D) 内寸359mm×347mm×413mm

タイプ 専用ドライヤー
機能 マイナスイオン、タイマー
サイズ(H×W×D) 内寸359mm×347mm×413mm

PETKIT『ドライヤーハウス』

PETKIT『ドライヤーハウス』 PETKIT『ドライヤーハウス』 PETKIT『ドライヤーハウス』 PETKIT『ドライヤーハウス』 PETKIT『ドライヤーハウス』 PETKIT『ドライヤーハウス』 PETKIT『ドライヤーハウス』 PETKIT『ドライヤーハウス』 PETKIT『ドライヤーハウス』
出典:Amazon この商品を見るview item
広々とした空間でゆったりペットドライ

◆本体でのスイッチ操作はもちろん、専用アプリで離れた場所からも操作可能
◆静音性にこだわって作られているため大きな音が苦手なペットでも安心
◆リアルタイムで温度を監視できる

タイプ 専用ドライヤー
機能 マイナスイオン、専用アプリ、セキュリティ機能(温度監視機能など)、6段階の風力調節機能など
サイズ(H×W×D) 500mm×473mm×447mm

タイプ 専用ドライヤー
機能 マイナスイオン、専用アプリ、セキュリティ機能(温度監視機能など)、6段階の風力調節機能など
サイズ(H×W×D) 500mm×473mm×447mm

Kandar『ペットドライルーム』

Kandar『ペットドライルーム』 Kandar『ペットドライルーム』 Kandar『ペットドライルーム』
出典:楽天市場 この商品を見るview item
キャリーバッグにも使える軽量のペットドライルーム

◆大きい窓で外の様子が見えるのでペットも飼い主も安心
◆360度ドライヤーの風を循環させて立体的に毛を乾かせる
◆UV除菌装置搭載で毛に付着した雑菌などをしっかり除去してくれる

タイプ 専用ドライヤー
機能 タイマー、UVライト、温度調節など
サイズ(H×W×D) 470mm×440mm×500mm

タイプ 専用ドライヤー
機能 タイマー、UVライト、温度調節など
サイズ(H×W×D) 470mm×440mm×500mm

Zombazi『ドライルーム』

Zombazi『ドライルーム』 Zombazi『ドライルーム』 Zombazi『ドライルーム』 Zombazi『ドライルーム』 Zombazi『ドライルーム』 Zombazi『ドライルーム』 Zombazi『ドライルーム』 Zombazi『ドライルーム』
出典:Amazon この商品を見るview item
小型のペットなら2匹同時に利用することも可能

◆外気温に合わせて温風と冷風が調整できる
◆63Lとゆとりあるスペースでペットも快適に過ごせる
◆マイナスイオンで毛がさらさらに! 両側になかのペットと触れ合える小窓つき

タイプ 専用ドライヤー
機能 マイナスイオン、フィルターつき、送風温度調整機能など
サイズ(H×W×D) 436mm×437mm×467mm

タイプ 専用ドライヤー
機能 マイナスイオン、フィルターつき、送風温度調整機能など
サイズ(H×W×D) 436mm×437mm×467mm

wooinu『ペットドライルーム』

wooinu『ペットドライルーム』 wooinu『ペットドライルーム』 wooinu『ペットドライルーム』 wooinu『ペットドライルーム』 wooinu『ペットドライルーム』 wooinu『ペットドライルーム』
出典:Amazon この商品を見るview item
静音仕様で音が苦手なペットにぴったり!

◆ルームの温度が調整できるので年中快適なペットハウスとしても使える
◆お散歩のあとに花粉やほこりを取り除いてくれるエアシャワーつき!
◆顔に風が当たらないよう工夫されているので、ドライヤーの風が苦手なペットにおすすめ

タイプ 専用ドライヤー
機能 ルーム温度調整、ターボドライ、エアシャワーなど
サイズ(H×W×D) 680mm×500mm×750mm

タイプ 専用ドライヤー
機能 ルーム温度調整、ターボドライ、エアシャワーなど
サイズ(H×W×D) 680mm×500mm×750mm

わが家のアイドル『ドライヤーボックス ブローボ』

わが家のアイドル『ドライヤーボックスブローボ』 わが家のアイドル『ドライヤーボックスブローボ』 わが家のアイドル『ドライヤーボックスブローボ』 わが家のアイドル『ドライヤーボックスブローボ』 わが家のアイドル『ドライヤーボックスブローボ』 わが家のアイドル『ドライヤーボックスブローボ』 わが家のアイドル『ドライヤーボックスブローボ』
出典:Amazon この商品を見るview item
立体風で全身しっかり乾いて時間短縮できる

◆お手入れがかんたんで使いやすい
◆温度調節できるので年中快適なスペースで乾燥できる
◆UVライトでウイルスを除去! ペットにも飼い主にもうれしい除菌機能つき

タイプ 専用ドライヤー
機能 UVライトウイルス除菌、温度調節機能など
サイズ(H×W×D) 430mm×480mm×450mm

タイプ 専用ドライヤー
機能 UVライトウイルス除菌、温度調節機能など
サイズ(H×W×D) 430mm×480mm×450mm

silkkobo『ペットドライルーム』

silkkobo『ペットドライルーム』 silkkobo『ペットドライルーム』 silkkobo『ペットドライルーム』 silkkobo『ペットドライルーム』 silkkobo『ペットドライルーム』 silkkobo『ペットドライルーム』
出典:Amazon この商品を見るview item
冬でも暖かいルームが保てて日常使いもOK

◆超低騒音ファン採用で音が苦手なペットも安心! リビングに置いていても音が気にならない
◆毛の長さにあわせて風力が3段階から調整できる
◆トップドア方式でペットの出し入れがしやすく安全

タイプ 専用ドライヤー
機能 超低騒音ファン搭載、風力3段階調整など
サイズ(H×W×D) 470mm×440mm×500mm

タイプ 専用ドライヤー
機能 超低騒音ファン搭載、風力3段階調整など
サイズ(H×W×D) 470mm×440mm×500mm

▼ドライヤー差し込みタイプ

Puhang『ペットドライルーム』

Puhang『ペットドライルーム』 Puhang『ペットドライルーム』 Puhang『ペットドライルーム』 Puhang『ペットドライルーム』 Puhang『ペットドライルーム』 Puhang『ペットドライルーム』 Puhang『ペットドライルーム』
出典:Amazon この商品を見るview item
軽くて持ち運びもできるペットドライルーム

◆折りたたんで持ち運ぶことができ、川や海などのレジャー時にもぴったり
◆洗濯機で洗えるからいつでも清潔に保てる
◆金網マットを採用しているので、ペットが伏せていてもお腹側も乾く

タイプ 普通ドライヤー
機能 折りたたみ式
サイズ(H×W×D) 500mm×300mm×420mm

タイプ 普通ドライヤー
機能 折りたたみ式
サイズ(H×W×D) 500mm×300mm×420mm

ペットハウス『ペット乾燥箱』

かんたん組み立てで収納スペースにも困らない

◆軽くて車載用ベルトもついているのでお出かけ時のキャリーバッグにも
◆上部や側面など乾かしたい部分からドライヤーをあてられるので、効率よく乾かせる
◆手軽に使える組み立て式のドライルーム

タイプ 普通ドライヤー
機能 折りたたみ式
サイズ(H×W×D) 410mm×540mm×330mm

タイプ 普通ドライヤー
機能 折りたたみ式
サイズ(H×W×D) 410mm×540mm×330mm

『ペットの乾燥室』

『ペットの乾燥室』 『ペットの乾燥室』 『ペットの乾燥室』 『ペットの乾燥室』 『ペットの乾燥室』 『ペットの乾燥室』 『ペットの乾燥室』 『ペットの乾燥室』
出典:Amazon この商品を見るview item
全面シースルーで周囲が見えてペットも安心できる

◆効率よく乾燥でき、短時間でしっかり乾く! ペットへの負担が減らせる
◆ペットが出入りしやすいように側面を大きく開ける
◆ペットの様子を確認しやすいシースルーデザイン

タイプ 普通ドライヤー
機能
サイズ(H×W×D) 600mm×650mm×450mm

タイプ 普通ドライヤー
機能
サイズ(H×W×D) 600mm×650mm×450mm

▼おすすめ商品の比較一覧表

画像
Haru 『nello ペットドライルーム』
Homerunpet『ドライハウス Drybo Plus』
PETKIT『ドライヤーハウス』
Kandar『ペットドライルーム』
Zombazi『ドライルーム』
wooinu『ペットドライルーム』
わが家のアイドル『ドライヤーボックス ブローボ』
silkkobo『ペットドライルーム』
Puhang『ペットドライルーム』
ペットハウス『ペット乾燥箱』
『ペットの乾燥室』
商品名 Haru 『nello ペットドライルーム』 Homerunpet『ドライハウス Drybo Plus』 PETKIT『ドライヤーハウス』 Kandar『ペットドライルーム』 Zombazi『ドライルーム』 wooinu『ペットドライルーム』 わが家のアイドル『ドライヤーボックス ブローボ』 silkkobo『ペットドライルーム』 Puhang『ペットドライルーム』 ペットハウス『ペット乾燥箱』 『ペットの乾燥室』
商品情報
特徴 高性能フィルターが抜け毛をしっかりキャッチ 送風と温風を使い分けられてペットにやさしい 広々とした空間でゆったりペットドライ キャリーバッグにも使える軽量のペットドライルーム 小型のペットなら2匹同時に利用することも可能 静音仕様で音が苦手なペットにぴったり! 立体風で全身しっかり乾いて時間短縮できる 冬でも暖かいルームが保てて日常使いもOK 軽くて持ち運びもできるペットドライルーム かんたん組み立てで収納スペースにも困らない 全面シースルーで周囲が見えてペットも安心できる
機能 エアシャワー、タイマー、ボタンロックなど マイナスイオン、タイマー マイナスイオン、専用アプリ、セキュリティ機能(温度監視機能など)、6段階の風力調節機能など タイマー、UVライト、温度調節など マイナスイオン、フィルターつき、送風温度調整機能など ルーム温度調整、ターボドライ、エアシャワーなど UVライトウイルス除菌、温度調節機能など 超低騒音ファン搭載、風力3段階調整など 折りたたみ式 折りたたみ式
サイズ(H×W×D) 526mm×681mm×457mm 内寸359mm×347mm×413mm 500mm×473mm×447mm 470mm×440mm×500mm 436mm×437mm×467mm 680mm×500mm×750mm 430mm×480mm×450mm 470mm×440mm×500mm 500mm×300mm×420mm 410mm×540mm×330mm 600mm×650mm×450mm
商品リンク

※各社通販サイトの 2023年7月20日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年7月20日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年7月20日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年7月20日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年7月20日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年7月20日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年7月20日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年7月20日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年7月20日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年7月20日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年7月20日時点 での税込価格

各通販サイトの最新人気ランキング ペットドライルームに関する売れ筋をチェック

Amazonでのペットドライルームの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:犬用シャワー・バス用品のほしい物ランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

ペットドライルームのQ&A

ドライ後のポメラニアンの後ろにドライヤーとブラシを持った女性が立っています。
ペイレスイメージズのロゴ
ドライ後のポメラニアンの後ろにドライヤーとブラシを持った女性が立っています。
ペイレスイメージズのロゴ

ペットドライルームに関する、気になるメリットやデメリットをご紹介します。また、猫でも安心してペットドライルームが使えるのかみてみましょう。

question iconペットドライルームのメリットとは

answer icon

【1】毛の根元から乾かすことができる
普通のドライヤーだと乾燥が不充分で、雑菌が繁殖してしまうことも考えられます。しかし、ペットドライルームは風を循環させることで、ペットの毛を根元からしっかり乾かすことが可能です。

【2】乾燥時に抜けた毛が飛び散らない
ドライに不慣れだと、必要以上に毛が抜けてしまうケースもあります。その抜け毛が部屋に飛び散るとそうじがたいへんです。しかし、ペットドライルームなら適切な風量で乾燥し、 抜け毛をドライヤーハウスにとどめることができます。

【3】乾燥時間の短縮ができる
ペットドライルームのなかの風を効率よく循環させることで、ドライヤー時間を通常より短縮できます。ドライヤーが苦手なペットの負担が、少しでも軽減できるのはうれしいですね。

question iconペットドライルームのデメリットとは

answer icon

【1】機能によって価格に差がある
ドライヤー内蔵タイプのペットドライルームは、機能によっては高額になっています。必要性と利用の頻度なども考慮して、購入を検討しましょう。

【2】ペットが慣れるまで時間がかかる場合もある
ペットの性格によっては、はじめてみるペットドライルームに警戒するケースもあるでしょう。快適に過ごしてもらうために、少しずつ慣らしていく必要があるかもしれません。

question iconペットドライルームは猫にも使えますか?

answer icon

ペットドライルームは犬、猫問わず使用できます。ただし、毛の長さによって乾燥時間は異なります。また、ペット自体の大きさも考慮して、快適に過ごせるペットドライルームを使用しましょう。

その他のペット用品やお風呂グッズもチェック! 関連記事

ペットドライルームでペットも飼い主も快適に

ペットも飼い主も憂鬱なドライヤー時間は、快適に過ごせるペットドライルームがあればお互い安心ですね。ドライヤー後の被毛で部屋が汚れてしまう心配もなく、乾燥時間が短縮できてペットもラクに過ごせるでしょう。

お散歩帰りに使えるエアシャワーや、冬でも暖かいスペースで過ごせる恒温機能などが備わっていれば、ふだん使いもできます。ペットドライルームを選ぶ際は、大きさやタイプ、機能性などをしっかり確認して、ペットが安心して使えるものを選びましょう。

PR(アフィリエイト)

◆Amazonや楽天を始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しており、当記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されます。◆記事公開後も情報の更新に努めていますが、最新の情報とは異なる場合があります。(更新日は記事上部に表示しています)◆記事中のコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作されており、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。◆アンケートや外部サイトから提供を受けるコメントは、一部内容を編集して掲載しています。◆「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。◆レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部

page top button