PR(アフィリエイト)

【メンズ】エンジニアブーツおすすめ9選|人気ブランドを厳選!バイカー向けデザインも

【メンズ】エンジニアブーツおすすめ9選|人気ブランドを厳選!バイカー向けデザインも
【メンズ】エンジニアブーツおすすめ9選|人気ブランドを厳選!バイカー向けデザインも

◆本記事はプロモーションが含まれています。

頑丈な作りで、スタイリッシュなデザインが魅力のエンジニアブーツ。安全性も高いため、バイカー(バイク乗り)にも人気で、ライダースジャケットやレザーパンツなど、バイカースタイルとの相性も抜群です。

この記事では、メンズにおすすめのエンジニアブーツと選び方のポイントをご紹介します。

通販サイトの人気ランキングや口コミもチェックしてみてくださいね!


目次

全てを見る全てを見る

この記事を担当するエキスパート

ライター/編集者、[着こなし工学]提唱者
平 格彦
メンズファッションがメインのライター/編集者/コラムニスト。 AllAbout「メンズファッション」ガイド。[着こなし工学]提唱者。 また、メンサ (JAPAN MENSA) 会員。野菜ソムリエの資格も保有。 出版社から独立後、70ほどのメディアに関わり、客観的、横断的、俯瞰的なファッション分析を得意とする。そんな視点を活かした[着こなし工学]を構築中。 また、ライター向けのコミュニティを「DMMオンラインサロン」で運営中。 最近の「マイナビおすすめナビ」の記事においては、商品選びのアドバイスなど、監修者として携わる。

マイナビおすすめナビ編集部

担当:ファッション
西原 みなみ

「ファッション」カテゴリーを担当。仕事と育児の両立に奮闘中の20代ママ編集部員。プチプラアイテムを活かしたきれいめコーデが得意で、オンオフ着まわせる洋服に飛びつきがち。最近のマイブームは、子供とリンクコーデをしてでかけること。

メンズエンジニアブーツおすすめ9選 チペワ、ウエスコ、レッドウィング、アビレックスほか格安モデルも

[着こなし工学]提唱者である平 格彦さんに選んでもらったおすすめ商品、編集部で選んだ商品を紹介します。

エキスパートのおすすめ

RED WING『11" ENGINEER (STEEL-TOE) STYLE NO. 2268』

REDWING『11"ENGINEER(STEEL-TOE)STYLENO.2268』 REDWING『11"ENGINEER(STEEL-TOE)STYLENO.2268』 REDWING『11"ENGINEER(STEEL-TOE)STYLENO.2268』 REDWING『11"ENGINEER(STEEL-TOE)STYLENO.2268』 REDWING『11"ENGINEER(STEEL-TOE)STYLENO.2268』 REDWING『11"ENGINEER(STEEL-TOE)STYLENO.2268』 REDWING『11"ENGINEER(STEEL-TOE)STYLENO.2268』
出典:Amazon この商品を見るview item
ライター/編集者、[着こなし工学]提唱者:平 格彦

ライター/編集者、[着こなし工学]提唱者

世界的な有名ブランドのエンジニアブーツ

アメカジを体現する武骨なブーツブランドのスタンダードなエンジニアブーツ。高い品質、ブランド力、価格のバランスが絶妙なので、選んで損はありません。

「レッド・ウィング」のワークブーツは日本の大手シューズショップでも全国的に販売されているほど有名ですが、エンジニアブーツのクオリティも見事なもの。

1961年の登場以来、スチール入りのトゥや大ぶりなストラップなど伝統的なディティールを守りながら、現代人にもなじむようアップデートを重ねています。

サイズ US5〜13インチ(23〜31cm)
重量 -
高さ 約27.9cm
生産国 アメリカ

サイズ US5〜13インチ(23〜31cm)
重量 -
高さ 約27.9cm
生産国 アメリカ

エキスパートのおすすめ

WHITE'S BOOTS『WHITE'S 12’ NOMAD BLACK』

WHITE'SBOOTS『WHITE'S12’NOMADBLACK』 WHITE'SBOOTS『WHITE'S12’NOMADBLACK』 WHITE'SBOOTS『WHITE'S12’NOMADBLACK』
出典:楽天市場 この商品を見るview item
ライター/編集者、[着こなし工学]提唱者:平 格彦

ライター/編集者、[着こなし工学]提唱者

リラックス感を求める人に最適のクオリティ

一部では「キング・オブ・ブーツ」とも称されている名作『ノマド』は、耐久性が高くて足当たりはソフトなのが特長。ハンドソーン・ウェルテッド製法(手縫い製法のひとつ)の高品質なエンジニアブーツがほしいという要望に応えて誕生したブーツです。

ブランドを象徴する技術やパーツを総動員。そのひとつが独自製法の「アーチイーズ」で、土踏まずを支える箇所にレザーシャンクという革製のバネを内蔵しています。履いたときに体温によってバネが収縮するため、足が常にリラックスできるという効果を生み出します。

細部までこだわり抜かれた究極のエンジニアブーツがほしいなら、最初に選択肢に入れるべき傑作です。

サイズ US6.5〜10インチ(24.5〜28cm)
重量 -
高さ 約30.5cm
生産国 アメリカ

サイズ US6.5〜10インチ(24.5〜28cm)
重量 -
高さ 約30.5cm
生産国 アメリカ

AVIREX『HORNET BOOTS(AV2225)』

AVIREX『HORNETBOOTS(AV2225)』 AVIREX『HORNETBOOTS(AV2225)』 AVIREX『HORNETBOOTS(AV2225)』
出典:楽天市場 この商品を見るview item

コスパのよいベーシックなエンジニアブーツ

フライトジャケットやミリタリーウェアを展開する「AVIREX」のエンジニアブーツ。レザージャケットの質感と同じように、上質な本革(カウハイドレザー)を使用。グッドイヤーウェルト製法で作られた一足になります。

ミリタリーファッションはもちろん、バイカースタイルや少し無骨なスタイルに合う王道のデザイン。革の質と製法、価格のバランスがよいブーツです。

サイズ US4〜11インチ(22.0〜29.0cm)
重量 -
高さ 約17cm
生産国 -

サイズ US4〜11インチ(22.0〜29.0cm)
重量 -
高さ 約17cm
生産国 -

God&Bless『エンジニアブーツ(9810A)』

God&Bless『エンジニアブーツ(9810A)』 God&Bless『エンジニアブーツ(9810A)』 God&Bless『エンジニアブーツ(9810A)』
出典:楽天市場 この商品を見るview item

とにかく安い! 1万円以下で買える

素材は合成皮革ですが(一部、本革を使用)、見た目やつくりは本格派のエンジニアブーツ。つま先にはスチールトゥも入っています。

1万円を切る価格で購入できるのであれば、一度コーディネートに取り入れてみるのもよいでしょう。こちらはロングタイプですが、同メーカーでショートブーツタイプもあります。

サイズ US5〜10インチ(23.0〜28.0cm)
重量 -
高さ -
生産国 -

サイズ US5〜10インチ(23.0〜28.0cm)
重量 -
高さ -
生産国 -

AVIREX『YAMATO BOOTS(AV2100)』

AVIREX『YAMATOBOOTS(AV2100)』 AVIREX『YAMATOBOOTS(AV2100)』 AVIREX『YAMATOBOOTS(AV2100)』
出典:楽天市場 この商品を見るview item

バイカー向けの工夫が詰まった一足

バイカーに向けてデザインされていますが、登山からタウンユースまで幅広く使用可能です。

本格的な紳士靴に用いられるグッドイヤー・ウエルト製法で作られしなやかさと丈夫さを併せ持っています。サイドジップが採用されているので着脱にも苦労しません。

甲部分はギアチェンジパッドを使用してギアチェンジ時の負担を軽減させており、つま先部分の仕上がりも硬めです。ベルクロ式でジップ部分が表に出ないためバイクを傷つけるおそれもなく快適に履けます。

サイズ US4〜11インチ(22.0~29.0cm)
重量 -
高さ -
生産国 中国

サイズ US4〜11インチ(22.0~29.0cm)
重量 -
高さ -
生産国 中国

AVIREX『TIGER(AV2931)』

AVIREX『TIGER(AV2931)』 AVIREX『TIGER(AV2931)』 AVIREX『TIGER(AV2931)』
出典:楽天市場 この商品を見るview item

スタイリッシュなミッドカットモデル

AVIREXのバックルブーツYAMATOのミッドカットモデルTIGERです。くるぶしが隠れる程度の短めのカットがスタイリッシュな印象を作り出します。 AV2100と同様、バイクに乗ることを考えアッパー付近の作りは頑丈です。

サイズ22.0~29.0cmまでと展開が豊富なユニセックスタイプ。一見レースアップに見えますが、インサイドジップ付きで脱ぎ履きは楽ちんです。カップインソール搭載で足にほどよくフィットするのでバイク以外の目的でも履きやすいでしょう。

サイズ US4〜11インチ(22.0~29.0cm)
重量 -
高さ 約13.5cm
生産国 中国

サイズ US4〜11インチ(22.0~29.0cm)
重量 -
高さ 約13.5cm
生産国 中国

Dedes『サイドジップベルトショートブーツ(No.5111)』

Dedes『サイドジップベルトショートブーツ(No.5111)』 Dedes『サイドジップベルトショートブーツ(No.5111)』 Dedes『サイドジップベルトショートブーツ(No.5111)』
出典:楽天市場 この商品を見るview item

コーディネイトに合う素材やカラーを選べる

実用性の高いドレープが印象的なエンジニアブーツです。一般的なエンジニアブーツに比べ軽いのが特徴。アクセントとなるベルトについたアンティーク調のバックルがブーツ全体のイメージを引き上げています。

アッパー部分は焦がし加工が施されたシンセティックレザーとスエードがありカラーによって素材が違います。カラー展開も8色と多いので、好みの色や素材を見つけやすいでしょう。サイドジップ付きで簡単に着脱できる点も魅力です。

サイズ 25.0~27.0cm
重量 550g(片足 26.5cm)
高さ 15.0cm
生産国 -

サイズ 25.0~27.0cm
重量 550g(片足 26.5cm)
高さ 15.0cm
生産国 -

LiBEROTO EDWIN『エンジニアブーツ(61093)』

LiBEROTOEDWIN『エンジニアブーツ(61093)』 LiBEROTOEDWIN『エンジニアブーツ(61093)』 LiBEROTOEDWIN『エンジニアブーツ(61093)』
出典:楽天市場 この商品を見るview item

防水機能付きのおしゃれなブーツ

防水フィルムが付いた素材を使用しており下から4cmまでは静水に耐えられます。防水性は4時間が基準となっているので急に小雨が降り出したときも安心です。

ソール部分は防滑を考えた安全設計になっており屋内、屋外を問わず滑りにくくなっています。

デザイン面もドレープやダブルベルト、ストレートチップを取り入れおしゃれ感をアップ。見た目から防水機能付きとは気づかないほどスマートなエンジニアブーツです。

サイズ 25.0~28.0cm
重量 約400g(片足 25.5cm)
高さ -
生産国 -

サイズ 25.0~28.0cm
重量 約400g(片足 25.5cm)
高さ -
生産国 -

エキスパートのおすすめ

WESCO『STANDARD BOSS 7700 11inch』

WESCO『STANDARDBOSS770011inch』 WESCO『STANDARDBOSS770011inch』 WESCO『STANDARDBOSS770011inch』
出典:楽天市場 この商品を見るview item
ライター/編集者、[着こなし工学]提唱者:平 格彦

ライター/編集者、[着こなし工学]提唱者

バイカーにぴったりなスタンダードモデル

「機械作業用の安全靴」としてエンジニアブーツを「ウエスコ」が作り始めたのは1939年。武骨で屈強な仕上がりがバイカーたちに支持され、エンジニアブーツがバイカースタイルの定番となるきっかけになったと言われています。

このモデル『ボス』は、1990年代以降に登場した定番モデル。今ではカスタムパーツが充実していますが、これはスタンダードなタイプです。バイカーやバイカースタイルが好きな人のエントリーモデルとしておすすめ。

サイズ US8〜13インチ(26〜31cm)
重量 -
高さ 約27.9cm
生産国 アメリカ

サイズ US8〜13インチ(26〜31cm)
重量 -
高さ 約27.9cm
生産国 アメリカ

「メンズエンジニアブーツ」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
RED WING『11" ENGINEER (STEEL-TOE) STYLE NO. 2268』
WHITE'S BOOTS『WHITE'S 12’ NOMAD BLACK』
AVIREX『HORNET BOOTS(AV2225)』
God&Bless『エンジニアブーツ(9810A)』
AVIREX『YAMATO BOOTS(AV2100)』
AVIREX『TIGER(AV2931)』
Dedes『サイドジップベルトショートブーツ(No.5111)』
LiBEROTO EDWIN『エンジニアブーツ(61093)』
WESCO『STANDARD BOSS 7700 11inch』
商品名 RED WING『11" ENGINEER (STEEL-TOE) STYLE NO. 2268』 WHITE'S BOOTS『WHITE'S 12’ NOMAD BLACK』 AVIREX『HORNET BOOTS(AV2225)』 God&Bless『エンジニアブーツ(9810A)』 AVIREX『YAMATO BOOTS(AV2100)』 AVIREX『TIGER(AV2931)』 Dedes『サイドジップベルトショートブーツ(No.5111)』 LiBEROTO EDWIN『エンジニアブーツ(61093)』 WESCO『STANDARD BOSS 7700 11inch』
商品情報
特徴 世界的な有名ブランドのエンジニアブーツ リラックス感を求める人に最適のクオリティ コスパのよいベーシックなエンジニアブーツ とにかく安い! 1万円以下で買える バイカー向けの工夫が詰まった一足 スタイリッシュなミッドカットモデル コーディネイトに合う素材やカラーを選べる 防水機能付きのおしゃれなブーツ バイカーにぴったりなスタンダードモデル
サイズ US5〜13インチ(23〜31cm) US6.5〜10インチ(24.5〜28cm) US4〜11インチ(22.0〜29.0cm) US5〜10インチ(23.0〜28.0cm) US4〜11インチ(22.0~29.0cm) US4〜11インチ(22.0~29.0cm) 25.0~27.0cm 25.0~28.0cm US8〜13インチ(26〜31cm)
重量 - - - - - - 550g(片足 26.5cm) 約400g(片足 25.5cm) -
高さ 約27.9cm 約30.5cm 約17cm - - 約13.5cm 15.0cm - 約27.9cm
生産国 アメリカ アメリカ - - 中国 中国 - - アメリカ
商品リンク

※各社通販サイトの 2023年11月29日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年11月29日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年11月29日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年11月29日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年11月29日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年11月29日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年11月29日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年11月29日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年11月29日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする メンズエンジニアブーツの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場でのメンズエンジニアブーツの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:メンズエンジニアブーツランキング
楽天市場:メンズエンジニアブーツランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

メンズエンジニアブーツの選び方 正統派デザイン、本革のケアのしやすさ、コーデなど

 

ファンションライター・編集者であり、[着こなし工学]提唱者の平 格彦さんに、メンズエンジニアブーツを選ぶときのポイントを教えてもらいました。商品選びに迷ったときは、どんなところをチェックすればいいか参考にしてみましょう。

長く履き続けるなら正統派のデザインを選ぶ ストラップ、本革レザー、つま先のスチールをみる

 
ライター/編集者、[着こなし工学]提唱者:平 格彦

ライター/編集者、[着こなし工学]提唱者

本格的なエンジニアブーツを買うとなると、それなりの値段になります。だからこそ、トレンドや時代性を超越して履き続けることができる、スタンダードな正統派のデザインを選んでコストパフォーマンスを高めるのがおすすめです。

ちなみに、特徴的なディテールはエンジニア(技師)や作業員がケガをしないように生まれたもので、エンジニアブーツは安全靴とも呼ばれています。

引っかかるおそれのあるヒモの代わりにセットされたストラップや、足を守るために高さのある形状がその代表例。厚くて丈夫なレザー、つま先を保護するために組み込まれたスチールなども定番的な仕様です。

キズや汚れが目立たないものを選ぶ ブラックかブラウンか、エイジングの楽しみも

 
ライター/編集者、[着こなし工学]提唱者:平 格彦

ライター/編集者、[着こなし工学]提唱者

エンジニアブーツの定番カラーはブラックかブラウン。どちらを選んでも正解ですが、個人的におすすめしたいのはブラックです。なぜなら、汚れたりキズがついたりしても目立ちにくいから。長く履き続けるためにはそのほうが助かります。

もちろん、ブラウンならではのエイジングを楽しみたいといった理由があれば、ブラウンを選んでもいいでしょう。いずれにしても、革はきちんとケアしたほうが長持ちします

ショートかロングか迷ったときはコーデに合わせて選ぶ エンジニアブーツはバイカースタイルにもぴったり

 
ライター/編集者、[着こなし工学]提唱者:平 格彦

ライター/編集者、[着こなし工学]提唱者

エンジニアブーツは27.5cm程度の高さがスタンダード。ただし、もっと高い45cmや低めの20cmなども展開されています。

正統派という意味では27.5cm前後を選ぶべきですが、高さがあるためにコーディネートに合わせづらくなり、エンジニアブーツを履かなくなってしまっては身もふたもありません。

実際に自分が履きやすい高さ、コーディネートしやすいと思う高さを選ぶようにしましょう。実際に使ってこそ、武骨で強靭なエンジニアブーツの真価が発揮されます。

メンズエンジニアブーツに関連する記事のご紹介 【関連記事】

男らしいデザインと丈夫さがエンジニアブーツの魅力

おすすめ商品では、本物と認定できる本格派のエンジニアブーツだけを紹介しました。ただし、エンジニアブーツの要素やデザインを取り入れたブーツはほかにもたくさんあり、1万円を切る価格帯のものも少なくありません

まずはそんなタイプからコーディネートに取り入れてみて、エンジニアブーツのデザインが気に入って一生ものがほしくなったら本格派に手を出すというのも合理的な戦略です。

本格派のエンジニアブーツはそうそうラインナップが変わりませんので、ほしくなったときはいつでもこのリストを参考にしてください!

PR(アフィリエイト)

◆Amazonや楽天を始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しており、当記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されます。◆記事公開後も情報の更新に努めていますが、最新の情報とは異なる場合があります。(更新日は記事上部に表示しています)◆記事中のコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作されており、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。◆アンケートや外部サイトから提供を受けるコメントは、一部内容を編集して掲載しています。◆「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。◆レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部

page top button