ソフトシンセおすすめ5選! サウンドクリエイターが機材選びのポイントも解説

ソフトシンセおすすめ5選! サウンドクリエイターが機材選びのポイントも解説
サウンドクリエーター / キーボーディスト
内藤 朗

キーボーディスト、シンセサイザープログラマー、サウンドクリエーターなど様々な側面を持ち、作編曲からレコーディング制作、ライブ演奏など多方面で活動中。 S.E.N.Sのレコーディングサポート、安部OHJIプロジェクトでのレコーディング、ライブなどから、JAFのキャンペーン曲製作等、その活動の幅は多岐に渡る。 有限会社FOMIS代表取締役、一般社団法人日本シンセサイザープロフェッショナルアーツ(JSPA)正会員、MIDI検定指導研究会委員。

ソフトシンセ(ソフトウェア・シンセサイザー)は、ピアノやギターなどのメロディ楽器だけでなく、多様なシンセシス(音の合成方式)によって、実在しないような楽器のサウンドも含め非常に多様な音色が使い分けられる上、ソフトウェアなので物理的な場所もとらない優れもの。一方、ソフトだからこそ、機種により得意な音色や機能、動作環境も千差万別。複雑なシステムにより音を合成する機種も多く、決して全てが安価なわけでもないものです。そのため失敗なく優れた機材を見極めるためにも、サウンドクリエイターである内藤 朗さんにソフトシンセ選びのポイントとおすすめソフト5つを紹介していただきました。


ソフトシンセの選び方、サウンドクリエーター・内藤 朗さんに聞く

サウンドクリエーター・内藤 朗さんに教えていただいた、ソフトシンセを選ぶときのポイントは4つ。自分のPCスペックが各機材の推奨環境を満たしているかチェックすること、起動タイプとプラグインフォーマットの種類もよく確認すること、大容量の機種でHDD(SSD)を使う場合はそちらのスペックにも注意すること、ユーザー認証のためのデバイスが必要であるか(同梱されているか)どうかを確認することです。

DTM環境の画像
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

プラグインとしてDAW上で起動するタイプも多いソフトシンセ。

まずはPCスペックが推奨環境を満たしているかチェック

サウンドクリエーター / キーボーディスト

ソフトシンセはPC自体をシンセサイザー化するものです。当然ながら、ハードウェアとソフトウェア、両方のスペックを満たしている必要があります。まず使用しているPCのCPU、HDDやSSDの空き容量、メモリ容量などが、推奨スペックに適しているかどうかをチェックしましょう。

基本的に、推奨環境はメーカーサイトの製品ページなどに記載されていますので、それらを参考にすると良いでしょう。また、推奨環境として「CPU***以上(***以上推奨)」のような表記もよく見ることでしょう。できる限りストレスなく使用したい場合は、記載のスペックを満たす環境で使用するのがベターです。

起動タイプとプラグインフォーマットにも注意を

サウンドクリエーター / キーボーディスト

ソフトシンセは、PC上でそのまま起動して使用するスタンドアローンのタイプと、DAW(デジタル・オーディオ・ワークステーション)上でプラグイン音源として起動・使用するタイプがあります。製品によって、これらの起動方法への対応の可否が異なります。

また、プラグイン形式にはVST、AAX、AUなど複数のフォーマットがありますが、検討中のソフトシンセがすべてのフォーマットに対応しているとは限りません。購入前にソフトシンセだけでも使用できるスタンドアローンのものかどうか、自分の使用しているDAWで使用されるプラグインフォーマットに対応しているかどうかなども確認が必要です。

サンプリング音源系はHDD(SSD)の容量や回転速度も見て

サウンドクリエーター / キーボーディスト

最近のサンプリング音源系ソフトシンセは、音色の元となるサンプル素材の容量が数GBから数十GBに及ぶものまでさまざまです。PCに負担をかけないよう、インストールするために専用HDDやSSDを用意したほうがいい場合も。

HDDは7,200回転を推奨されることが多いので、購入時にはディスク回転速度もおさえておきたいポイント。これは使用するPC環境次第ですが、SSDならサンプルの読み込み速度(あるいはストリーミング速度)が向上する傾向にあります。しかし、HDDに比べるとドライブ自体の破損やトラブルが生じた際の復旧が難しいというデメリットがあるため、よく検討することが大切です。

ユーザー認証のため別デバイスが必要な場合も

サウンドクリエーター / キーボーディスト

ソフトシンセの多くは、メーカーサイトでユーザーアカウントを作成し、製品のシリアルナンバーを登録することで使用できるようになります。しかし、製品によっては、eLicenser(イーライセンサー)やiLok(アイロック)などの認証デバイスが必要なケースも。これらは製品には含まれず別売りとなっていることも多いので、購入前は認証方式についても調べておきましょう。

サウンドクリエーター・内藤 朗さんのおすすめソフトシンセ5選

以下では、選び方のポイントをふまえて内藤さんに挙げていただいた、おすすめのソフトシンセ5つをご紹介します。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Native Instruments(ネイティブ・インストゥルメンツ)『Komplete 12 Ultimate』

NativeInstruments(ネイティブ・インストゥルメンツ)『Komplete12Ultimate』

出典:Amazon

対応OS mac OS(10.12~)、Windows 7~
ビットレート 64ビット
起動タイプ VST、AU、AAX

Thumb lg 5e947903 373c 4bcc a871 e0a03392f756

サウンドクリエーター / キーボーディスト

NI社珠玉のオールインワン・パッケージ

フードメニューのトッピング全部乗せのような、Native Instruments(ネイティブ・インストゥルメンツ)社ソフトシンセ製品の数多くをバンドルした満足度の高いオールインワン・パッケージです。EDMやテクノ、ポップス・ロック、ジャズ、クラシックなど多岐のジャンルやニーズに応えるパッケージ構成でさまざまな楽曲制作に活用できます。

また、制作作業において使用する音色は多岐にわたり、そのときどきによって好みや必要とする質感は異なってきますが、そのニーズの多くに充分に対応してくれるパッケージ構成です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Spectrasonics(スペクトラソニックス)『Omnisphere 2』

Spectrasonics(スペクトラソニックス)『Omnisphere2』

出典:楽天市場

対応OS Mac OS(10.12~)、Windows 7~
ビットレート 64ビット、32ビット
起動タイプ AU(Cocoa対応)、VST、RTAS/AAX、スタンドアローン

Thumb lg 5e947903 373c 4bcc a871 e0a03392f756

サウンドクリエーター / キーボーディスト

多様な合成方式で積極的にサウンドメイクできる

シンセサイザーとしての機能が充実しているのはもちろん、計1万4,000以上のプリセットサウンドを選んで使用するだけでも充分な使い応えがあるのが、『Omnisphere 2』。内蔵のウェーブテーブル方式、グラニュラー方式などさまざまなシンセシスを活用した音色作りもできます。

また、オーディオファイルを読み込んで音色への互換および編集ができるなど、オリジナルのサウンドメイクを積極的に行なうことができます。プリセットを使用して、音色の独自性を演出したい方に注目してもらいたい製品です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

XLN Audio(エックスエルエヌ・オーディオ)『Addictive Drums 2』

XLNAudio(エックスエルエヌ・オーディオ)『AddictiveDrums2』

出典:Amazon

対応OS Windows 7~
ビットレート 32ビット、64ビット
起動タイプ スタンドアローン、AU、VST、AAX

Thumb lg 5e947903 373c 4bcc a871 e0a03392f756

サウンドクリエーター / キーボーディスト

ドラムの音色に特化した定番モデル

DAWで曲作りをはじめる際、まず内蔵ソフトシンセを使用してMIDIの打ち込みパートを作っていきます。より多彩な表現を求めていくと、さまざまなニーズが生じますが、なかでも「ドラムの音色にもっとこだわりたい」という声は多いです。そこで、『Addictive Drums 2(アディクティブ・ドラムス2)』の出番。ドラム音色に特化した定番モデルのひとつです。

各打楽器の音色やボリュームバランスの調整がかんたんにでき、プリセットのリズムパターンを好きなドラム音で演奏させられるなど、使い勝手のよさは専用音源ならでは。ドラムに特化したソフトシンセを求めているなら、ぜひ候補に入れておきたいソフトのひとつですね。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Vienna Symphonic Library(ビエナ・シンフォニック・ライブラリ)『VIENNA SMART ORCHESTRA』

ViennaSymphonicLibrary(ビエナ・シンフォニック・ライブラリ)『VIENNASMARTORCHESTRA』

出典:楽天市場

対応OS mac OS(10.10~)、Windows 7~
ビットレート 64ビット
起動タイプ VST、AU、AAX

Thumb lg 5e947903 373c 4bcc a871 e0a03392f756

サウンドクリエーター / キーボーディスト

オーケストラ系シンセの音源がコンパクトに

Vienna(ビエナ)は、高品質のオーケストラ系ソフトシンセメーカーとしてよく知られており、そのサウンドエッセンスがコンパクトにまとめられているのが、『VIENNA SMART ORCHESTRA(ビエナ・スマート・オーケストラ)』。多くの人にとって、本格的なオーケストレーションによる曲作りをいちからはじめるのは、容易なことではありません。

しかし、本製品ならオーソドックスなオーケストラ楽曲制作だけでなく、映画のサウンドトラック、RPG系ゲームのBGM制作などにも重宝できるだけでなく、入門用オーケストラ音源としても最適。もちろんクラシカルな雰囲気の曲作りを目指したい人にも使用してもらいたい製品です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Xfer Records『SERUM』

XferRecords『SERUM』

出典:楽天市場

対応OS mac OS(10.6~)、Windows 7~
ビットレート 64ビット
起動タイプ VST、AU、AAX

Thumb lg 5e947903 373c 4bcc a871 e0a03392f756

サウンドクリエーター / キーボーディスト

EDM系シンセサウンドを求めているならばこちら

『SERUM(セラム)』は、ウェーブテーブル方式を採用したソフトシンセ。ウェーブテーブル方式とは、複数の異なる波形で構成されたウェーブテーブル波形をもとに音色加工を行なっていく音源方式です。ウェーブテーブル波形を連続的に変化させることで複雑なサウンドの多様性を得られます。

本製品では、この音作りのもととなるウェーブテーブルの編集が容易にできるのが大きな特徴。また、最近のEDM系ミュージックで使用される定番ソフトシンセのひとつとして知られています。EDM系のシンセサウンドを求めている人にはマストアイテムといってもいいくらいおすすめな製品です。

「ソフトシンセ」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
Native Instruments(ネイティブ・インストゥルメンツ)『Komplete 12 Ultimate』
Spectrasonics(スペクトラソニックス)『Omnisphere 2』
XLN Audio(エックスエルエヌ・オーディオ)『Addictive Drums 2』
No image a5af4642b0436750e4fa4b9b6657821d796059ff52e9d076f9077c654d1f4c85
No image a5af4642b0436750e4fa4b9b6657821d796059ff52e9d076f9077c654d1f4c85
商品名 Native Instruments(ネイティブ・インストゥルメンツ)『Komplete 12 Ultimate』 Spectrasonics(スペクトラソニックス)『Omnisphere 2』 XLN Audio(エックスエルエヌ・オーディオ)『Addictive Drums 2』
商品情報
特徴 NI社珠玉のオールインワン・パッケージ 多様な合成方式で積極的にサウンドメイクできる ドラムの音色に特化した定番モデル オーケストラ系シンセの音源がコンパクトに EDM系シンセサウンドを求めているならばこちら
対応OS mac OS(10.12~)、Windows 7~ Mac OS(10.12~)、Windows 7~ Windows 7~ mac OS(10.10~)、Windows 7~ mac OS(10.6~)、Windows 7~
ビットレート 64ビット 64ビット、32ビット 32ビット、64ビット 64ビット 64ビット
起動タイプ VST、AU、AAX AU(Cocoa対応)、VST、RTAS/AAX、スタンドアローン スタンドアローン、AU、VST、AAX VST、AU、AAX VST、AU、AAX
商品リンク

※各社通販サイトの 2019年3月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年3月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年3月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年3月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年3月28日時点 での税込価格

ECサイトのソフトシンセランキングを参考にする

Amazon、Yahoo!ショッピングでのソフトシンセの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:ソフトシンセランキング
Yahoo!ショッピング:ソフトシンセランキング

※上記リンク先のランキングは、各ECサイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

使用環境を念入りに確認して、不明点はサポートを受けよう

サウンドクリエーター / キーボーディスト

ソフトシンセを購入して、いざ使おうとしたときにきちんと動作しない原因は、製品の動作環境を満たしていないケースが多く、動作環境の改善によってほとんどの問題が解決できます。購入前には、OSやプラグインフォーマットといったソフトウェア的な仕様、HDDやSSDなどハードウェア的な仕様について、メーカーサイトの記載事項やパソコンのスペックなどを改めて確認しましょう。

不明な点がある場合には、製品を購入する前に、各メーカーのサポート部門へ問い合せることをおすすめします。使用パソコンのスペックやDAWなどを把握して、具体的に伝えることでより詳細なサポートが受けられ、ピッタリな製品が見つけられることでしょう。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正が必要と気付かれた場合は、ぜひ、記事下の「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2019/08/02 コンテンツ追加のため、記事を更新しました。(マイナビおすすめナビ編集部 花島優史)

※2019/09/30 表示されている価格は税込価格ですが、消費税率は掲載時点、あるいは更新時点のものです。(マイナビおすすめナビ編集部)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


2020年【ギターワイヤレスシステム】おすすめ12選|自宅やライブで!

2020年【ギターワイヤレスシステム】おすすめ12選|自宅やライブで!

ギターとアンプをシールドを使わずに接続できる機材がギターワイヤレスシステム。それぞれ、チャンネル数、使用周波数帯、通信可能範囲などが異な音楽機材です。そこで、 ピアノ講師/元大手楽器メーカー勤務・山野辺祥子さんと編集部で、ギターワイヤレスシステムを選ぶときのポイントと、おすすめ商品12選をご紹介します。


2020年【アナログミキサー】おすすめ12選|用途・入出力・チャンネル数で選ぶ

2020年【アナログミキサー】おすすめ12選|用途・入出力・チャンネル数で選ぶ

最近はDJや音楽制作はPCの上だけでこなしてしまう人も多いかと思いますが、さまざまなチャンネルをまとめるのであれば、アナログミキサーを使うのもおすすめです。そこで、大手楽器メーカー出身のライターである、山野辺祥子さんと編集部で選んだ最新アナログミキサー12選と選び方を紹介します。ぜひ参考にしてみてください。


【動画解説】オーディオインターフェイスおすすめ11選|PC接続/音質/端子の種類

【動画解説】オーディオインターフェイスおすすめ11選|PC接続/音質/端子の種類

オーディオインターフェイスは、パソコンと楽器・オーディオ機器とをつなぎ、入出力させるための機材です。この記事では、DTMに精通するオーディオライターの藤本 健さんと編集部が厳選したオーディオインターフェイス11選をご紹介します。また、各機能の役割を動画で解説。さらに選び方のポイントも解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。


【動画解説】MIDIキーボードおすすめ11選|鍵盤数/機能/USB・Bluetooth接続

【動画解説】MIDIキーボードおすすめ11選|鍵盤数/機能/USB・Bluetooth接続

MIDIキーボードは、PCを使ってオリジナル曲を作ったり編集したりするDTMの必須アイテム。そこで、サウンドクリエイターの内藤 朗さんと編集部が選んだMIDIキーボードのおすすめ商品11選をご紹介します。また、選び方や動画で各種ボタンやツマミの役割も解説しています。ぜひ参考にしてみてください。


【2020年版】モニタースピーカーおすすめ20選|DTM向けから小型サイズの商品も紹介

【2020年版】モニタースピーカーおすすめ20選|DTM向けから小型サイズの商品も紹介

レコーディングエンジニアの小野寺孝樹さんへの取材をもとに、2020年版モニタースピーカー20選をご紹介します。小型で場所を選ばないスピーカーや、編集に役立つ低音モニタースピーカーなどをご紹介していますので、ぜひ参考にしてください。


新着記事


エナジードリンクのおすすめ商品26選|ノンカフェイン商品も紹介!

エナジードリンクのおすすめ商品26選|ノンカフェイン商品も紹介!

仕事や勉強を始めるまえや、気分転換したいときに頼りになるエナジードリンク。ここでは、エナジードリンクについて、フードアナリストの市岡充重さんと編集部で選び方とおすすめ商品26点を調べました。深夜に飲みたい人に向けたものも紹介していますので、ぜひ参考にしてみしてください。


【お家で本格カクテル】バーセットおすすめ9選|初心者でもかんたんに作れる!

【お家で本格カクテル】バーセットおすすめ9選|初心者でもかんたんに作れる!

バーテンダーがかっこよくシェイカーを振っている姿を見て「やってみたい」と憧れを抱いた方も多いのではないでしょうか。本格的なカクテル作りに必要なツールがそろったバーセットがあると、自宅でも手軽にバーテンダー気分を味わうことができます。 この記事では、暮らしスタイリスト・料理家の河野真希さんと編集部が、バーセットの選び方とおすすめ商品をご紹介。


ルーフボックスおすすめ11選| 収納機能だけでなくデザインでも【ルーフバッグタイプも】

ルーフボックスおすすめ11選| 収納機能だけでなくデザインでも【ルーフバッグタイプも】

車の屋根に取り付けてたくさんの荷物を持ち運びができるルーフボックス。キャンプやアウトドアに行く際に便利な収納ツールです。自分の車に取りつけたいと思っても、そのサイズや容量はさまざま。ブランドも異なるのでなかなかすぐには選べません。この記事では、フリーエディター&SUV生活研究家である山崎友貴さんと編集部が選んだ、ルーフボックスのおすすめ商品と選び方をご紹介します。


電子レンジラーメン調理器のおすすめ11選|素材・形状・機能で選ぶ!

電子レンジラーメン調理器のおすすめ11選|素材・形状・機能で選ぶ!

忙しいときや洗いものを増やしたくないときに活躍する「電子レンジラーメン調理器」。この記事では、湯切り穴や目盛り付き、時短できる商品など、フードコーディネーターの倉田沙也加さんと編集部が、おすすめの商品をご紹介。あわせて、電子レンジラーメン調理器の選び方を解説します。


フローラル系アロマオイルおすすめ12選|甘くて、優しい香りで穏やかな時間を過ごそう【注意点も】

フローラル系アロマオイルおすすめ12選|甘くて、優しい香りで穏やかな時間を過ごそう【注意点も】

なにかにつれストレスを感じることが多い日々……。ちょっとしたことでもすぐに落ち込んでしまうこともありますよね。そんなときはアロマオイルの香りでゆったりとした時間を過ごしてみてはいかがですか? 自分の好きな香りに包まれて、お手軽にリラックスできる空間を手に入れましょう!英国ITEC認定アロマセラピストの中野智美さんと編集部が選んだ、フローラル系アロマオイルおすすめ12選を紹介します。


ホビーの人気記事


>>もっと見る