フィジカルコントローラーおすすめ11選|音楽制作の作業効率アップに不可欠

Steinberg(スタインバーグ)『CC121』
出典:Amazon

音楽制作やミックスのシーンにおいて、直感的な操作を可能にするフィジカルコントローラー。これを使えば作業効率もアップするので、音楽制作やミックスをしている人はチェックしておきたいところですね。当記事では、フィジカルコントローラーのおすすめと選び方のポイントをご紹介します。後半には通販サイトの最新人気ランキングのリンクがありますので、売れ筋や口コミもチェックしてみてください。


目次

サウンドクリエーター / キーボーディスト
内藤 朗

キーボーディスト、シンセサイザープログラマー、サウンドクリエーターなど様々な側面を持ち、作編曲からレコーディング制作、ライブ演奏など多方面で活動中。 S.E.N.Sのレコーディングサポート、安部OHJIプロジェクトでのレコーディング、ライブなどから、イベント、キャンペーンソング、放送メディアのテーマ曲、BGM製作等、その活動の幅は多岐に渡る。 また、DTM黎明期より音楽制作系ライターとしても広く知られ、近著は「音楽・動画・ゲームに活用! ソフトシンセ音作り大全」(技術評論社刊)など。 数多くの音楽専門学校、ミュージック・スクールなどでおよそ30年以上に渡り講師を務め、数多くの人材を輩出する実績を持つ。 有限会社FOMIS代表取締役、一般社団法人日本シンセサイザープロフェッショナルアーツ(JSPA)正会員、MIDI検定指導研究会委員。

「フィジカルコントローラー」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
Behringer(ベリンガー)『X-TOUCH ONE』
KORG(コルグ)『nanoKONTROL2』
Nektar Technology(ネクターテクノロジー)『PANORAMA P1』
iCON(アイコン)『Platform Nano』
Akai(アカイ)『アカイプロフェッショナル MIDI MIX』
Novation(ノベーション)『Launch Control XL』
ABLETON(エイブルトン)『Push 2』
PreSonus(プレソナス)『FaderPort』
Steinberg(スタインバーグ)『CC121』
Novation(ノベーション)『Launchpad Pro』
Akai(アカイ)『アカイプロフェッショナル Fire』
商品名 Behringer(ベリンガー)『X-TOUCH ONE』 KORG(コルグ)『nanoKONTROL2』 Nektar Technology(ネクターテクノロジー)『PANORAMA P1』 iCON(アイコン)『Platform Nano』 Akai(アカイ)『アカイプロフェッショナル MIDI MIX』 Novation(ノベーション)『Launch Control XL』 ABLETON(エイブルトン)『Push 2』 PreSonus(プレソナス)『FaderPort』 Steinberg(スタインバーグ)『CC121』 Novation(ノベーション)『Launchpad Pro』 Akai(アカイ)『アカイプロフェッショナル Fire』
商品情報
特徴 使い勝手もコスパもよいフィジカルコントローラー ノートパソコンやiPadにぴったり スムーズな作業を可能にするコントローラー コンパクトで使いやすいフィジカルコントローラー エディターソフトつきのフィジカルコントローラー 持ち運びにも便利なフィジカルコントローラー 64個のパッドとマルチカラーディスプレイが魅力 100mmのフェーダーが搭載 GUIをそのまま再現しているからなじみやすい プロ仕様の本格的なフィジカルコントローラー 最大4台まで連携可能
フェーダースクロール 100mm - 45mm 100mm - 60mm - 100mm 100mm - -
モーターフェーダー あり あり - あり あり あり - あり あり - -
フェーダー数 1 8 9 1 9 8 - 1 1 - -
LEDパネル あり なし - - なし なし - なし - なし あり
対応OS - iOS:4.2.1以降、macOSX:10.8MontainLion以降、Windows:7SP1以降 MacOSX:10.7以降、Windows:Vista以降 MacOSX:10.12以降、Windows:Vista以降 MacOSX:10.4.11(10.5以降推奨)、Windows:XP以降 - - MacOSX:10.8.5以降、Windows:7以降 MacOSX:10.7.5以降、Windows:7以降 MacOSX:最新バージョン、Windows:10 -
サイズ 幅196×奥行233×高さ65mm 幅325×奥行83×高さ30mm (約)幅387.4×奥行235×高さ50.8mm 幅215×奥行195×高さ55mm (約)幅239×奥行201×高さ3mm 幅240×奥行き240×高さ39mm 幅378×奥行304×高さ26mm 幅140×奥行230×高さ44.45mm 幅284×奥行185×高さ72mm 幅268×奥行268×高さ18mm 幅316×奥行166×高さ43mm
重量 1.5kg 0.293kg (約)1.27kg 0.766kg (約)0.7kg - 2.71kg 0.68kg 1.5kg - 0.76kg
商品リンク

※各社通販サイトの 2020年9月14日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年9月14日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年9月14日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年9月14日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年9月14日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年9月14日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年9月14日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年9月14日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年9月14日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年9月14日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年9月14日時点 での税込価格

フィジカルコントローラーの魅力とは

フェイダー部分を強調したモノクロ写真のCDJ
Pixabayのロゴ

フィジカルコントローラがパソコンに対応しているかも確認しましょう。

フィジカルコントローラーとは、「手でツマミをいじって操作するコントローラー」のことを指します。すなわち、DAWなどに装備されているそれらの機能の操作を容易におこないやすくするための機器です。パソコンやiOSデバイスに接続することで、ツマミやボタンを使用した直感的な操作ができるようになるのが魅力です。

フィジカルコントローラーを使えば、マウスやキーボードを使って操作するよりも効率的に音楽制作ができるようになりますよ。

フィジカルコントローラーの選び方 用途・操作性などで

まずは、フィジカルコントローラーの選び方を解説していきます。フィジカルコントローラーを選ぶときには、用途に合わせて機能をチェックすることが大切です。

さまざまなポイントに着目し、あなたに合ったフィジカルコントローラーを選びましょう

 

Novation(ノベーション)『Launchpad Pro』

曲作り? DJプレイ? 用途に合った機能で選ぶ

 

Novation(ノベーション)『Launch Control XL』

曲作りの場合には、コントロールするためのノブやスライダー、ボタンなどの数などに注目。DJプレイなどのパフォーマンス優先であれば、ライブ時の操作性などに注目して比較検討するといいでしょう。

「パッド搭載コントローラー」 ドラムの打ち込みに便利!

 

ABLETON(エイブルトン)『Push 2』

音楽制作に使うなら、パッド搭載コントローラーがぴったりですよ。パッド搭載のモデルならリズムをパッドで打ち込めるので、直感的に音楽制作ができます

マウスでもリズムの打ち込みは可能ですが、パッドを使ったほうが効率的で楽しみながら打ち込めますよ。

「ミュート・トランスポートボタン搭載モデル」 ミックスの効率化に不可欠!

 

PreSonus(プレソナス)『FaderPort』

ソロ、ミュート、そしてトランスポート(再生、停止、巻き戻し、早送りなど)ボタンが付いているモデルなら、ミックス作業を効率的におこなえます。マウスで操作するよりもスムーズに編集作業ができます

音声調節の操作性も要チェック

 

Steinberg(スタインバーグ)『CC121』

音源や音声などの調整のしやすさも注目のポイント。操作性をチェックしていきましょう。

フェーダーのストロークは「長さ」をチェック

 

Behringer(ベリンガー)『X-TOUCH ONE』

フィジカルコントローラーを選ぶときには、プロ用モデルで多く採用されているフェーダーのストロークが長いものを選ぶとよいですよ。

フェーダーは長めのものから短めのものがありますが、長いモデルほどこまかい操作ができるようになります

「LEDパネル」対応なら直感的な調整が可能に

 

Akai(アカイ)『アカイプロフェッショナル Fire』

LEDパネルは視認性が高いのが特徴。DAWソフトの画面を確認することなく、手元で把握できるようになるので、作業効率がアップしますよ。

調整したい音源とフェダーの数は合わせて

 

Akai(アカイ)『アカイプロフェッショナル MIDI MIX』

フェーダーの数は用途に合わせるようにしましょう。ギターやドラム、ベースなど、複数の音源を扱う場合は、フェーダー数が多いほどミックスをおこなう際、より便利になります

「モーターフェーダー」や「タッチストリップ」機能が便利

 

iCON(アイコン)『Platform Nano』

「モーターフェーダー」や「タッチストリップ」が付いたモデルなら、快適に操作ができます

モーターフェーダーは、DAW内のフェーダーに追従して動くフェーダーのこと。途中で終了したプロジェクトを開いたときに、自動でDAW内のフェーダーと物理フェーダーを合わせてくれるので、いちいち合わせる手間が省けます。

タッチストリップとは、指でなぞってパラメーターを調整できる機能。モデルによっては複数のパラメータをコントロールできますよ。

対応するDAWの種類や動作環境は購入前に確認を

 

Nektar Technology(ネクターテクノロジー)『PANORAMA P1』

フィジカルコントローラーを選ぶときは、対応するDAWの種類や接続端子の種類がどうなのかを必ずチェックしましょう。

また、WindowsやMacのどのOSに対応しているモデルなのか、動作環境もチェックしてくださいね。

端子や対応ソフトなどを事前にチェックして選びましょう サウンドクリエーターからアドバイス

サウンドクリエーター / キーボーディスト

フィジカルコントローラは、用途や機能によって本体の形状、操作子の数や有無の比較検討はもちろん、装備している端子や対応ソフトなども事前にチェックしておくと、より自分の用途に合った製品を選びやすくなります。

フィジカルコントローラーおすすめ11選 異なる特徴ごとに

ここからは、おすすめのフィジカルコントローラーを11選ご紹介していきます。それぞれ異なる特徴を持つ、さまざまなメーカーのフィジカルコントローラーを集めてみました。

あなたのほしいフィジカルコントローラーを見つけてくださいね。

Behringer(ベリンガー)『X-TOUCH ONE』

Behringer(ベリンガー)『X-TOUCHONE』 Behringer(ベリンガー)『X-TOUCHONE』 Behringer(ベリンガー)『X-TOUCHONE』 Behringer(ベリンガー)『X-TOUCHONE』 Behringer(ベリンガー)『X-TOUCHONE』 Behringer(ベリンガー)『X-TOUCHONE』 Behringer(ベリンガー)『X-TOUCHONE』 Behringer(ベリンガー)『X-TOUCHONE』

出典:Amazon

使い勝手もコスパもよいフィジカルコントローラー

ドイツの音響機器メーカー、ベリンガーのフィジカルコントローラーです。さまざまな音楽制作ソフトに使えます。

直感的な操作を実現するホイール、100mmのフェーダーなど、快適に作業できる機能が搭載されています。本体に液晶が付いているため、PCのモニター画面を見ずに手元だけである程度操作できますよ。

KORG(コルグ)『nanoKONTROL2』

KORG(コルグ)『nanoKONTROL2』 KORG(コルグ)『nanoKONTROL2』 KORG(コルグ)『nanoKONTROL2』 KORG(コルグ)『nanoKONTROL2』 KORG(コルグ)『nanoKONTROL2』

出典:Amazon

ノートパソコンやiPadにぴったり

電子楽器を製造・販売している日本のメーカー、コルグのフィジカルコントローラーです。ノートパソコンの前にもおけるコンパクトなボディなので、本格的なものまでは必要ないという人にもぴったり。iPadでも動作します。

フェーダーやノブ、スイッチは8チャンネル分あるので、複数チャンネルのオートメーションに便利。安価で購入できるのも魅力です。

Nektar Technology(ネクターテクノロジー)『PANORAMA P1』

NektarTechnology(ネクターテクノロジー)『PANORAMAP1』 NektarTechnology(ネクターテクノロジー)『PANORAMAP1』

出典:Amazon

スムーズな作業を可能にするコントローラー

カルフォルニアのメーカー、ネクターテクノロジーから発売されているフィジカルコントローラーです。コンパクトなボディながらも、9個の45mmフェーダーや10個のLEDパッドボタンなど、必要な機能はしっかり搭載されています

必要な情報を鮮明に表示してくれるカラー液晶が装備されているので、スムーズに作業可能。また、コントロールのセッティングは20個まで保存できるので、用途によって切り替えたり、あとでもう一度設定を呼び戻したりすることもできますよ。

iCON(アイコン)『Platform Nano』

iCON(アイコン)『PlatformNano』 iCON(アイコン)『PlatformNano』 iCON(アイコン)『PlatformNano』 iCON(アイコン)『PlatformNano』

出典:Amazon

コンパクトで使いやすいフィジカルコントローラー

コンパクトながらも使いやすいフィジカルコントローラーです。チャンネル名や制御値などを表示するバックライトつきの液晶が付いているので便利です

操作性のよさそうなタッチセンサーつきの100mmフェーダーを搭載。パネルが頑丈なので、安心して使えます。コンパクトでスタイリッシュなデザインも魅力的です。

Akai(アカイ)『アカイプロフェッショナル MIDI MIX』

Akai(アカイ)『アカイプロフェッショナルMIDIMIX』 Akai(アカイ)『アカイプロフェッショナルMIDIMIX』 Akai(アカイ)『アカイプロフェッショナルMIDIMIX』 Akai(アカイ)『アカイプロフェッショナルMIDIMIX』 Akai(アカイ)『アカイプロフェッショナルMIDIMIX』

出典:Amazon

エディターソフトつきのフィジカルコントローラー

電子音楽を製造・販売するアカイのフィジカルコントローラーです。8チャンネルそれぞれにノブとボタン、そしてフェーダーがついており、使いやすいです。

コンパクトなサイズなので持ち運びがしやすいというメリットも。USBケーブルを接続するだけで、複雑なマッピング作業をすることなく手軽に使用することができます

Novation(ノベーション)『Launch Control XL』

Novation(ノベーション)『LaunchControlXL』 Novation(ノベーション)『LaunchControlXL』 Novation(ノベーション)『LaunchControlXL』 Novation(ノベーション)『LaunchControlXL』 Novation(ノベーション)『LaunchControlXL』 Novation(ノベーション)『LaunchControlXL』 Novation(ノベーション)『LaunchControlXL』 Novation(ノベーション)『LaunchControlXL』 Novation(ノベーション)『LaunchControlXL』 Novation(ノベーション)『LaunchControlXL』

出典:Amazon

持ち運びにも便利なフィジカルコントローラー

イギリスのメーカー、ノベーションのフィジカルコントローラーです。Ableton Liveに最適化された商品で、24ノブを3列に配置。Ableton Liveのミキサーとぴったりと一致します。

持ち運びに向けて設計されているから、コンパクトで頑丈。安全にライブに持っていけます。フェーダーが60mmと比較的長いので、繊細なコントロールが可能ですよ

ABLETON(エイブルトン)『Push 2』

ABLETON(エイブルトン)『Push2』 ABLETON(エイブルトン)『Push2』 ABLETON(エイブルトン)『Push2』 ABLETON(エイブルトン)『Push2』 ABLETON(エイブルトン)『Push2』

出典:Amazon

64個のパッドとマルチカラーディスプレイが魅力

DAWソフトを製造・販売するドイツのメーカー、エイブルトンのフィジカルコントローラーです。こちらもAbleton Liveに最適化されたモデルで、シームレスに連動しハードウェアとソフトウェアの両方の利点を享受できます。

マルチカラーディスプレイが搭載されているから、手元だけで操作が可能。楽器を演奏しているような感覚で操作できるので、楽しく作業できますよ。音楽制作もミックスもできる、便利なフィジカルコントローラーです。

PreSonus(プレソナス)『FaderPort』

PreSonus(プレソナス)『FaderPort』 PreSonus(プレソナス)『FaderPort』 PreSonus(プレソナス)『FaderPort』

出典:Amazon

100mmのフェーダーが搭載

アメリカのレコーディング機器メーカー・プレソナスが発売しているフィジカルコントローラー。同社のDAW「Studio One」に最適化されています。

100mmのタッチセンシティブモーターフェーダーと多数の機能をカバーする各種ボタンを備えながら、コンパクトなサイズ感が魅力。トランスポートコントロールも充実していながらコンパクトなボディなので、使い心地もよいですよ

Steinberg(スタインバーグ)『CC121』

Steinberg(スタインバーグ)『CC121』 Steinberg(スタインバーグ)『CC121』 Steinberg(スタインバーグ)『CC121』 Steinberg(スタインバーグ)『CC121』 Steinberg(スタインバーグ)『CC121』

出典:Amazon

GUIをそのまま再現しているからなじみやすい

ドイツのソフトウェア会社・スタインバーグから発売されているCubaseに最適化されたフィジカルコントローラーです。トランスポート、チャンネル設定、EQ部分をユーザーの操作感覚に即座になじむよう設計されていて、フェーダーのタッチセンス感度なども調整できます

Cubaseのパラメーターの割り当てが不要なので、難しい設定することなしにCubaseを快適に使用できますよ。

Novation(ノベーション)『Launchpad Pro』

Novation(ノベーション)『LaunchpadPro』 Novation(ノベーション)『LaunchpadPro』 Novation(ノベーション)『LaunchpadPro』 Novation(ノベーション)『LaunchpadPro』 Novation(ノベーション)『LaunchpadPro』 Novation(ノベーション)『LaunchpadPro』

出典:Amazon

プロ仕様の本格的なフィジカルコントローラー

64個のLEDパッドを搭載したフィジカルコントローラーです。Ableton Liveに最適化されたコントローラーで、Ableton Liveワークフローに近づけることができる専用のコントロールを豊富に搭載。ほかのDAWなどでも使用できます。

4トラック、8ポリフォニック、32ステップのシーケンサーを搭載しているので、豊富なトラックアレンジができますよ。

Akai(アカイ)『アカイプロフェッショナル Fire』

Akai(アカイ)『アカイプロフェッショナルFire』 Akai(アカイ)『アカイプロフェッショナルFire』 Akai(アカイ)『アカイプロフェッショナルFire』 Akai(アカイ)『アカイプロフェッショナルFire』 Akai(アカイ)『アカイプロフェッショナルFire』 Akai(アカイ)『アカイプロフェッショナルFire』 Akai(アカイ)『アカイプロフェッショナルFire』 Akai(アカイ)『アカイプロフェッショナルFire』

出典:Amazon

最大4台まで連携可能

「FL Studio」専用に作られたフィジカルコントローラーです。「FL Studio Fruity Fire Edition」が付属しているから、このセットを購入すれば音楽制作がおこなえます。

接続して即入力できるから、購入後すぐに使えてストレスフリーです。最大4台まで連携できるので、ステップ数を増やしても快適に使えます。

そのほかの記事も参考にしてみてください

編集部からひとこと

この記事では、フィジカルコントローラーのおすすめ11商品をご紹介しました。

フィジカルコントローラーには、さまざまな種類があります。用途に合わせて機能をチェックし、効率的に作業できるようにしましょう。

あなたのほしいフィジカルコントローラーを選んでみてくださいね。

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

マイナビおすすめナビ編集部

メディアが大好きな編集部最年少の九州男児。おすすめナビでは、主に『家電・AV機器』を担当。趣味はSEO、サッカー観戦とファッション。休日はJリーグと海外サッカーに捧げる。月に数万円は洋服に浪費していながら、オフィスには着用してこない噂も・・・。ちなみに、毎朝アレクサで起きているものの、『あと、5分寝かせて!』が決まり文句。自称・九州男児の対岸にいる人。

関連する記事


【音楽編集ソフト】の選び方&おすすめ5選|サウンドクリエーターが機能を解説

【音楽編集ソフト】の選び方&おすすめ5選|サウンドクリエーターが機能を解説

趣味のダンスやカラオケ、子どもの音楽発表会など、幅広いシーンで活躍する音楽編集ソフト。ただ、購入を考えている人の中には、何を購入すべきか悩む人も多いのではないでしょうか。この記事では、サウンドクリエーターでキーボーディストの内藤朗さんにお話をうかがい、おすすめの音楽編集ソフトをご紹介します。通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミを確認してみよう。

tag icon DTM機材 , 音楽機材 , Mac

サンプラーおすすめ10選|DTM・ライブ・演劇のポン出しに! ジャンル別に厳選

サンプラーおすすめ10選|DTM・ライブ・演劇のポン出しに! ジャンル別に厳選

サンプリングした音を好きなタイミングで再生できるサンプラー。ヒップホップやレゲエからハウス、テクノ、トランスなどライブやDJ・楽曲制作の現場で使用されています。ここでは、レコーディングエンジニア・小野寺孝樹さんと編集部がジャンル別に厳選したサンプラーのおすすめと選び方のポイントをご紹介します。

tag icon DTM機材 , 楽器 , 音楽用品

ドラムマシン(リズムマシン)おすすめ14選|DTMに! サンプラー機能つきも

ドラムマシン(リズムマシン)おすすめ14選|DTMに! サンプラー機能つきも

DTMや自宅での録音、ドラマーがいないバンドにとって強い味方の「ドラムマシン(リズムマシン)」。作曲や編曲などをするときにもあると便利なアイテムです。ここでは、元大手楽器メーカー店員・山野辺祥子さんと編集部が厳選した最新ドラムマシンのおすすめと選び方をご紹介します。後半に通販サイトの最新人気ランキングもありますので、売れ筋や口コミもチェックしてみてください。

tag icon DTM機材 , ドラム , 楽器

ソフトシンセサイザーおすすめ11選|SERUM、KOMPLETEなど厳選

ソフトシンセサイザーおすすめ11選|SERUM、KOMPLETEなど厳選

ソフトシンセ(ソフトウェア・シンセサイザー)は、ピアノやギターなどのメロディ楽器だけでなく、多様なシンセシス(音の合成方式)によって、実在しないような楽器のサウンドも含め非常に多様な音色が使い分けられるソフトです。複雑なシステムにより音を合成する機種も多く、決して全てが安価なわけでもありません。とくに初心者は失敗なく見極めるたいですよね。そこで現役サウンドクリエイターの内藤 朗さんにソフトシンセ選びのポイントとおすすめの商品を伺いました。通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミとあわせてチェックしてみてください。

tag icon シンセサイザー・キーボード , DTM機材 , 楽器

完成度の高い音作りを目指す!アナログミキサーおすすめ11選

完成度の高い音作りを目指す!アナログミキサーおすすめ11選

アナログミキサーを購入しようと考えているけど、何を基準に選んでいいのかわからないという方は多いのではないでしょうか。実は、アナログミキサーは何の用途で使用したいかによって、チャンネル数やエフェクターの有無など、選ぶ機能や商品が変わってきます。本記事では、これからアナログミキサーを購入しようと考えている方に向け、どんな種類があるのか、選び方はあるのか、おすすめ商品はどれか、など、初心者向けに詳しく解説いたします。本記事を読めば、目的に応じた選び方、自分が求める商品がどれなのかを見つけられるはずです。ぜひ参考にしてくださいね。

tag icon DTM機材 , 音楽機材 , 音楽用品

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、「買いたいものがきっと見つかる」サイト。各分野の専門家と編集部があなたのためにおすすめの商品を厳選してご紹介します。モノ選びに悩むことなく、簡単スマートに自分の欲しいモノが見つけられます。