【エコライターが選ぶ】マイボトルの選び方とおすすめ商品5選

【エコライターが選ぶ】マイボトルの選び方とおすすめ商品5選

エコライター・エディター:曽我 美穂
エコライター・エディター
曽我 美穂

子どもの頃から環境に関心を持ち続け、英語学校の広報を勤めるかたわらライター活動をスタートし、2008年にエコライター・エディター・翻訳家として独立。環境に関する雑誌やWebサイトでの取材(写真撮影含む)、執筆、翻訳などをおこなっている。エコ関連でも、特に得意としている分野はエコグッズやエコ家事。新聞やWebサイトでキッチン雑貨を含む、様々なエコグッズを紹介してきた。私生活では2009年生まれの娘と2012年生まれの息子の二児の母でもある。

オフィスや学校、スポーツ、アウトドアなどさまざまな場面で活躍するマイボトル。選ぶときに気にするのは容量だけだと思っていませんか? マイボトルを選ぶときは、容量はもちろん、保温性や軽さ、洗いやすさなど、用途によって選ぶ基準がたくさんあります。本記事では、マイボトル選びに詳しいエコライターである曽我美穂さんにお話しをうかがい、おすすめのマイボトルをピックアップしてご紹介します。


マイボトルの選び方|エコライター曽我美穂さんに聞く

マイボトル

Photo by Evan Wise on Unsplash

エコライターの曽我美穂さんに、マイボトルを選ぶときのポイントを4つ教えてもらいました。

ボトルの容量、大きさから選ぼう

エコライター・エディター

スポーツのときにたくさん飲みたい、職場で1日中飲み続けたい、散歩に持って行きたい…など、マイボトルを使いたいシチュエーションを考えましょう。

散歩に持って行くなら1Lは必要ないかもしれないですが、水分補給が大切な夏場のスポーツにはそのくらい容量があったほうが安心です。さまざまな観点から、一番使いたい場面を考えたうえで、ちょうどいい容量、大きさのものを選ぶと失敗しません。

重さ・形を確認しておこう

エコライター・エディター

学校や職場に歩いて持って行く場合、あまりにも重いと、持って行くのが億劫になってしまいます。また、いつも持って行くバッグの中におさまらないと、荷物が増えてしまうので不便ですよね。

まず最初に、重さと形(とくに長さ)を確認しておけば、毎日の生活で快適に使えるマイボトルが選べるでしょう。お店で手に取ると一番わかりやすいですが、それができないインターネットでの購入時は、ボトルの重さ+容量分の重さを計算し、だいたいのイメージをつかみましょう。

タイガー魔法瓶 『ステンレスミニボトル サハラマグ 0.5L(MMZ-A501)』

驚くほど軽く、保温・保冷力もしっかり。洗うときもラクなつくりのミニボトル。

>> Amazonで詳細を見る

洗いやすさとパーツのスペアの有無も確認しよう

エコライター・エディター

マイボトルを選ぶときに見落としがちですが、とても大切なのがボトルのパーツです。

パッキン(水漏れを防ぐために取り付けられている、輪っか状のゴム)を外して洗えるか、外したパッキンは簡単につけられるか、パッキンなどのパーツはスペアだけをメーカーから購入できるかなどを確認しておきましょう。

なお、パッキンは少ないほど洗う手間が省けるので、手入れの手間を考えた場合はパッキンが少ないものがおすすめです。

保温、保冷力をチェックしておこう

エコライター・エディター

マイボトルの材質には、プラスチック製や、ステンレス製などがあります。保温、保冷力が高いのは、ステンレス製のもの。

さらに保温・保冷力の高いものを選びたいという場合は、真空断熱構造のマイボトルを選びましょう。真空断熱構造は、ボトルの構造が二重の壁になっており、その内側が真空状態になっています。

真空は温度を伝わりにくくさせる作用があり、その構造が保温・保冷力を高めています。保温・保冷力にそこまでこだわらない場合は、軽さが魅力のプラスチック製を選んでください。

軽い! 洗いやすい! エコライターおすすめのマイボトル5選

マイボトル

Photo by Autri Taheri on Unsplash

上で紹介したマイボトルの選び方のポイントをふまえて、実際にエコライターの曽我美穂さんに選んでもらったおすすめ商品を5つ紹介します。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

タイガー魔法瓶 『ステンレスミニボトル サハラマグ 0.5L(MMZ-A501)』

出典:Amazon

サイズ
幅6.6×奥行6.6×高さ21.6cm
容量
500ml
重量
約190g
素材
ステンレス
カラー
アクアブルー、バレンシアオレンジ、パッションピンク、アイスホワイト
Thumb lg 7bd0b997 8956 4516 b166 cc130616cdec
エコライター・エディター

軽く、保温・保冷力が高く、洗いやすい!

驚くほど軽く、でも保温・保冷力もしっかりとしており、冬は温かいお茶を入れ、夏は冷たいドリンク類を入れて楽しむことができます。

蓋をひねって開けて飲む形なのですが、飲み口の角度がちょうどよく、優しい口当たりだという点もポイントが高いです。作りがシンプルで、パッキンが1つしかないので、洗うときもとても楽な点が魅力的です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

サーモス 『真空断熱ケータイマグ(JNO-501)』

出典:Amazon

サイズ
幅7.0×奥行7.0×高さ21.5cm
容量
500ml
重量
約210g
素材
ステンレス鋼 (本体)、ポリプロピレン(フタ、せん全体)、ポリプロピレン(飲み口)、シリコーン(フタ、せんパッキン)
カラー
ラベンダー、ラズベリー、ミント、エスプレッソ
Thumb lg 7bd0b997 8956 4516 b166 cc130616cdec
エコライター・エディター

保温・保冷力が高い、安心の高品質の水筒

魔法瓶メーカーのサーモス製の水筒です。蓋をひねってあけて飲む形です。ドバっと飲み物が出てこないように工夫された飲み口で、冷たい飲み物も熱い飲み物も快適に飲めます。

保温・保冷力に優れており、熱い飲み物を入れる場合、沸騰した直後のお湯だと、1~2時間たっても熱すぎて飲めないという事態になりかねないほどです。

温かい状態のままで長時間飲み物を持ち歩きたい人におすすめです。色は焦げ茶色の他に、ピンクや水色があります。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ナルゲン 『広口 1.0L Tritan』

出典:Amazon

サイズ
幅9.3×奥行9.3×高さ21.5cm
容量
1,100ml
重量
約180g
素材
飽和ポリエステル樹脂(本体)、ポリプロピレン(キャップ)、ポリエチレン(ループ部)
カラー
ブルー、トラウトグリーン、シーフォーム、グロー、グレー、スプリンググリーン、クリア、オレンジ、メロンボール、パープル ほか
Thumb lg 7bd0b997 8956 4516 b166 cc130616cdec
エコライター・エディター

アウトドアで大活躍! ウォーターストッカー

こちらの商品は、研究用素材として開発されたプラスチック製の瓶を改良して作られたボトルです。キャンプや登山などアウトドアの場面で特に愛用されています。

その理由は、プラスチック製なので非常に軽く、持ち運びがしやすいからです。保冷・保温力はないですが、耐熱耐冷温度は−20℃〜100℃なので、熱湯も入れられます。

広口タイプゆえに、洗いやすさも魅力のひとつです。パッキンなしでもぴったり閉まる形になっているので、パッキンを洗う必要がありません。

なお、こちらの容量は、特に多めの水分補給を必要とする夏場のスポーツ用におすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

アイリスオーヤマ 『ステンレスマグボトル スクリュー 0.3L (MBS-300S)』

出典:Amazon

サイズ
幅5.5×奥行5.5×高さ20.0cm
容量
300ml
重量
約170g
素材
ステンレス鋼(本体)、ポリプロピレン、エポキシ樹脂(ふた)、ポリプロピレン(飲み口、せん本体)、シリコーン(パッキン)
カラー
イエロー、ピンク、ホワイト、ブルー
Thumb lg 7bd0b997 8956 4516 b166 cc130616cdec
エコライター・エディター

スペアパッキン付きなのに驚きの価格です!

アイリスオーヤマが開発・販売しているお手ごろ価格の水筒です。例えば、300mlの容量の水筒の場合、直径約5.5cmで高さが20cmほどのスリムな形なので、バッグに入れやすいです。

飲む際の飲み口は、温かい飲み物用の小さめの飲み口と、冷たい飲み物用の大きい飲み口がついており、自分で飲むドリンクの種類に応じて選べます。

長く使っていると変えたくなるパッキンのスペアが最初からついているので、改めてパーツを別途購入せずに済む点が親切です。他の水筒でも取り入れて欲しいサービスです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

パール金属 『ステンレスマグ プレミアムマイカフェスリム ダイレクトマグ200』

出典:Amazon

サイズ
幅6.0×奥行6.0×高さ14.5cm
容量
200ml
重量
約180g
素材
ステンレス鋼(内びん、胴部)、ABS樹脂(ボトルリング)、ABS樹脂、ポリプロピレン(キャップ)、シリコーンゴム(パッキン)
カラー
ルビーレッド、ピュアホワイト、レザーブラック、サンドベージュ、ジタンブルー、ピュアピンク
Thumb lg 7bd0b997 8956 4516 b166 cc130616cdec
エコライター・エディター

コンパクトに持ち運ぶカフェタイム

キッチン用品を中心に開発・販売しているパール金属による水筒です。

200mlという少なめの容量なので、温かい飲み物を持って散歩に行く時や、オフィスのインスタントコーヒーを作る際のコップ代わりにするなど、気軽に使える点がおすすめのポイントです。

パッキンが1つだけなので洗いやすい点も魅力的です。真空二重構造なので、保温・保冷力もあります。

一覧表でおすすめ商品を比較する

画像

タイガー魔法瓶 『ステンレスミニボトル サハラマグ 0.5L(MMZ-A501)』
サーモス 『真空断熱ケータイマグ(JNO-501)』
ナルゲン 『広口 1.0L Tritan』
アイリスオーヤマ 『ステンレスマグボトル スクリュー 0.3L (MBS-300S)』
パール金属 『ステンレスマグ プレミアムマイカフェスリム ダイレクトマグ200』

商品

タイガー魔法瓶 『ステンレスミニボトル サハラマグ 0.5L(MMZ-A501)』 サーモス 『真空断熱ケータイマグ(JNO-501)』 ナルゲン 『広口 1.0L Tritan』 アイリスオーヤマ 『ステンレスマグボトル スクリュー 0.3L (MBS-300S)』 パール金属 『ステンレスマグ プレミアムマイカフェスリム ダイレクトマグ200』

特徴

軽く、保温・保冷力が高く、洗いやすい! 保温・保冷力が高い、安心の高品質の水筒 アウトドアで大活躍! ウォーターストッカー スペアパッキン付きなのに驚きの価格です! コンパクトに持ち運ぶカフェタイム

価格

Amazon : ¥ 5,940
楽天市場 : ¥ 2,462
Yahoo!ショッピング : ¥ 5,008
※各社通販サイトの 2019年3月26日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 5,400
楽天市場 : ¥ 3,000
Yahoo!ショッピング : ¥ 4,227
※各社通販サイトの 2019年3月26日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 1,998
楽天市場 : ¥ 1,998
Yahoo!ショッピング : ¥ 1,832
※各社通販サイトの 2019年3月26日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 1,077
楽天市場 : ¥ 1,280
Yahoo!ショッピング : ¥ 1,280
※各社通販サイトの 2019年3月26日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 1,944
楽天市場 : ¥ 596
Yahoo!ショッピング : ¥ 864
※各社通販サイトの 2019年3月26日時点 での税込価格

サイズ

幅6.6×奥行6.6×高さ21.6cm 幅7.0×奥行7.0×高さ21.5cm 幅9.3×奥行9.3×高さ21.5cm 幅5.5×奥行5.5×高さ20.0cm 幅6.0×奥行6.0×高さ14.5cm

容量

500ml 500ml 1,100ml 300ml 200ml

重量

約190g 約210g 約180g 約170g 約180g

素材

ステンレス ステンレス鋼 (本体)、ポリプロピレン(フタ、せん全体)、ポリプロピレン(飲み口)、シリコーン(フタ、せんパッキン) 飽和ポリエステル樹脂(本体)、ポリプロピレン(キャップ)、ポリエチレン(ループ部) ステンレス鋼(本体)、ポリプロピレン、エポキシ樹脂(ふた)、ポリプロピレン(飲み口、せん本体)、シリコーン(パッキン) ステンレス鋼(内びん、胴部)、ABS樹脂(ボトルリング)、ABS樹脂、ポリプロピレン(キャップ)、シリコーンゴム(パッキン)

カラー

アクアブルー、バレンシアオレンジ、パッションピンク、アイスホワイト ラベンダー、ラズベリー、ミント、エスプレッソ ブルー、トラウトグリーン、シーフォーム、グロー、グレー、スプリンググリーン、クリア、オレンジ、メロンボール、パープル ほか イエロー、ピンク、ホワイト、ブルー ルビーレッド、ピュアホワイト、レザーブラック、サンドベージュ、ジタンブルー、ピュアピンク

商品情報

ECサイトのマイボトル(マグボトル)ランキングを参考にする

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでのマイボトル(マグボトル)の売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:マイボトル(マグボトル)ランキング
楽天市場:マイボトル(マグボトル)ランキング
Yahoo!ショッピング:マイボトル(マグボトル)ランキング

※上記リンク先のランキングは、各ECサイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

容量・持ち運びのしやすさ・洗いやすさを必ず確認しよう!

マイボトル
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0
エコライター・エディター

マイボトルを選ぶ前に必ず考えていただきたいのは、どんな場所やシチュエーションで使いたいのかということです。使う場所や持ち歩く時間、飲みたい量によって、200ml程度の小ぶりのものがよいのか、1L入る大きさがよいのかが決まります。

機能性を重視するのであれば、真空断熱構造のボトルなど保温力や保冷力に着目してください。

また、水筒そのものの重さも異なるので「水筒の重さ+入れる量」を計算して大体の重さを想像するとよいでしょう。さらに長さなどサイズも確かめて、いつも使うバッグに入るかどうかも確認しておきましょう。

最後に注意すべきは、洗いやすさです。洗いやすいと使う頻度がぐっと増えます。ぜひ、洗うパーツが少なく手入れのしやすいものを選んでください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2019/09/30 表示されている価格は税込価格ですが、消費税率は掲載時点、あるいは更新時点のものです。(マイナビおすすめナビ編集部)

※2019/11/15 タグ修正のため、記事を更新しました(マイナビおすすめナビ編集部 秋元清香)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


【トレッキング用リュックおすすめ5選!】アウトドアライターに聞く|フィットする商品の選び方

【トレッキング用リュックおすすめ5選!】アウトドアライターに聞く|フィットする商品の選び方

アウトドアライターの夏野 栄さんに、トレッキング用リュックのおすすめ商品5選と選び方を教えてもらいました。山へ行くのに欠かすことができないアイテムといえば、まずはリュックですよね。疲れや身体への負担を軽くするためにも体型や目的に合ったものを使う必要がありますが、各ブランドから数多くのモデルが販売されていて選ぶのが難しいと感じている人も多いようです。そこで、アウトドアライターの夏野 栄さんにお話しをうかがい、トレッキング用リュックを選ぶポイントを解説していただきました。後半では各通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、ぜひトレッキング用リュック選びの参考にしてください。


【アウトドアライターに聞く!】登山用のザックカバーおすすめ5選|軽量・防水

【アウトドアライターに聞く!】登山用のザックカバーおすすめ5選|軽量・防水

アウトドアライターの夏野 栄さんに登山用ザックカバーの選び方とおすすめの商品を教えていただきました。登山用のザックを購入するなら、あわせてそろえておきたいのがザックカバーです。山の天気は変わりやすいもの。ザックカバーは雨や雪はもちろん、ときにはホコリや砂からも大切な荷物を守ってくれます。後半では各通販サイトの売れ筋ランキングも掲載しています。備えあれば憂いなし。いざというとき頼りになる登山用ザックカバー選びの参考にしてください。


【アタックザック】の選び方&おすすめ5選|アウトドアライターが商品を厳選!

【アタックザック】の選び方&おすすめ5選|アウトドアライターが商品を厳選!

アウトドアライターの夏野 栄さんが選ぶアタックザックのおすすめ5選をご紹介します。登山では山小屋やベースキャンプから頂上を目指す場合などに、最小限の荷物だけを持って挑むことがあります。こうしたときに役立つのが「アタックザック」や「サミットパック」と呼ばれる、携帯性にすぐれた予備のザックです。糸や生地の品質に加えてザックそのものの性能が向上し、各メーカーから軽量でコンパクトな製品が数多くリリースされています。そこで、夏野さんにアタックザックを選ぶポイントをうかがい、おすすめの商品について解説していただきました。記事後半の各通販サイトの売れ筋ランキングとあわせて参考にしてみてください。


【クライミングロープ】のおすすめ商品5選|アウトドアライターが選び方を解説

【クライミングロープ】のおすすめ商品5選|アウトドアライターが選び方を解説

アウトドアライターの夏野 栄さんが選ぶクライミングロープ5選をご紹介します。クライミングにもさまざまな種類があり、それぞれ適したロープがあります。命を預けることになるロープなので、安全性を考慮して商品を選びたいですよね。そこで、夏野さんに選ぶときに気をつけるポイントとおすすめの商品について教えてもらいました。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


【アウトドアライターが解説】バラクラバおすすめ5選|スノボやサバゲーで使える

【アウトドアライターが解説】バラクラバおすすめ5選|スノボやサバゲーで使える

作家でアウトドアライターの夏野 栄さんにバラクラバ(目出し帽)のおすすめ5選と選び方を教えてもらいました。防寒性に優れ、ウィンタースポーツやロードバイクなどで使用することも多いバラクラバですが、夏場に嬉しいUVカット機能付きのタイプや、花粉をカットしてくれるタイプなど種類がさまざまです。この記事では、数あるバラクラバの中から厳選した商品をご紹介します。最後に各ショッピングサイトのランキングもありますので、ぜひ参考にしてください。


最新の記事


パーソナルトレーナーがおすすめ【フィットネスシューズ5選】|ジム通いに必須

パーソナルトレーナーがおすすめ【フィットネスシューズ5選】|ジム通いに必須

パーソナルトレーナーの田子政昌さんに、フィットネスシューズの選び方とおすすめ商品を紹介してもらいました。フィットネスシューズも、そのほかのスポーツシューズに近い構造となっている場合が多いですが、野外の運動シューズを室内で使うと、床に跡が残ってしまったりして迷惑がかかってしまいます。また、動作の際の適切なクッション性も感じることができ安全性も高まるので、やはりジムに通う際はフィットネスシューズを使用した方が無難です。パーソナルトレーナーの田子政昌さんの意見を参考にして、自分に合ったシューズで快適なフィットネスライフを楽しみましょう。


40代におすすめの化粧下地7選【ヘア&メイクアップアーティストに取材】

40代におすすめの化粧下地7選【ヘア&メイクアップアーティストに取材】

40代になるとホルモンバランスの乱れなどから肌の変化を感じやすくなりますが、流行のファッションやメイクを取り入れ、若々しさを維持したいという願望を持つ方も多いですよね。ファンデーションだけでカバーするのではなく、ツヤ感のある化粧下地を上手に取り入れて素肌が輝いていきき見えるベース作りを目指しましょう。そこで、本記事ではヘア&メイクアップアーティストの渡辺みゆきさんへの取材をもとに、40代用化粧下地の選び方とおすすめ商品を紹介していきます。


【振動スピーカー】の選び方&おすすめ5選|家電コンシェルジュが商品を厳選!

【振動スピーカー】の選び方&おすすめ5選|家電コンシェルジュが商品を厳選!

家電コンシェルジュが選ぶ振動スピーカー5選をご紹介します。机や棚の振動を利用して音を増幅する振動スピーカー。一度使えば、自宅使用だけでなく旅行などにも手放せない存在になるでしょう。しかし、振動スピーカーを販売しているのは日本では無名なメーカーが多いため、選ぶのに困ることも。そこで、家電ライターの松本レイナさんにお話をうかがい、おすすめの選び方から厳選した商品までをご紹介いただきました。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


【名刺スキャナー】の選び方&おすすめ6選|ガジェットレビュアーが商品を厳選!

【名刺スキャナー】の選び方&おすすめ6選|ガジェットレビュアーが商品を厳選!

ガジェットレビュアーが選ぶ名刺スキャナー6選をご紹介します。名刺は捨てることがあまりないので、たまる一方ですよね。名刺スキャナーがあれば、ファイルにまとめる必要はなく、大量の名詞を手軽に管理することが可能です。本記事では、大くのガジェットをレビューしている東雲八雲さんに、名刺スキャナーのおすすめ商品を教えてもらいました。かんたんに使える商品もたくさんありますので、ぜひお気に入りの1台を見つけてみてください。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてくださいね。


【スマートキーケース】のおすすめ商品8選|カージャーナリストが選び方を解説

【スマートキーケース】のおすすめ商品8選|カージャーナリストが選び方を解説

カージャーナリストが選ぶスマートキーケース8選をご紹介します。スマートキーの持ち運びと保護に役立つスマートキーケースですが、リレーアタック対策が施されているタイプや、防水加工が施されているタイプなど、商品によって機能が異なります。本記事では、スマートキーケースのおすすめ商品と選び方について、カージャーナリストの松村 透さんにお話をうかがいました。各商品の特徴を見比べて、用途に合ったスマートキーケースを選びましょう。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。