キャンプライターが選ぶ! おすすめのナルゲンボトル5選【アウトドアやオフィスで活躍】

キャンプライターが選ぶ! おすすめのナルゲンボトル5選【アウトドアやオフィスで活躍】
キャンプ/釣りライター
中山 一弘

青年期に始めた釣り新聞への寄稿を始めとして、サイトAllAboutでのフィッシングガイドを務める。 ほかにも雑誌『Salty!(ソルティ)』やアウトドア系の雑誌やWeb媒体などでの執筆多数。 今も休日には必ず海山湖を駆けまわっている自然派で、あらゆるジャンルの釣りを体験し、季節に合わせて日本中の旬な魚を追っている。 キャンプ用品は、あえて払い下げのミリタリー系ギアで揃えるマニアな一面も。

いつでも飲み物が手に入る日常とは違って、キャンプや登山などのアウトドアでは、飲み物も持って行かなければならないケースがよくあります。そんなとき、軽くて丈夫なナルゲンボトルがとても役立ちます。アウトドアはもちろん、オフィスやスポーツの場面など、日常的にも活躍してくれるので1つ持っていると便利ですね。コラボモデルなども豊富なので、コレクションして楽しむこともできます。本記事ではキャンプライターの中山一弘さんへの取材をもとに、ナルゲンボトルの選び方とおすすめ商品5選をご紹介します。本記事を参考に、シーンを選ばず毎日使いたくなるようなナルゲンボトルを探してみてください。


ナルゲンボトルの選び方! キャンプライターに聞きました

キャンプライターの中山一弘さんに、ナルゲンボトルを選ぶときのポイントを3つ教えていただきました。どんなものを選べばいいのか悩んでいる方は、エキスパートの視点を商品選びに生かしてみてください。

ナルゲンボトル
Payless images logo 7d75d46922da333d985fdbdff6420aad801d95739d2bd451a5187eec7ce851e9

ナルゲンボトルはもともと、「ナルゲン」というブランドが販売したプラスチックボトル。その使いやすさが評価され、現在ではさまざまメーカーが似た商品を販売しています。

容量は0.5リットルを基準に必要なサイズを考える

キャンプ/釣りライター

ナルゲンボトルにはさまざまなモデルがあって、さらに容量違いなどのバリエーションも豊富です。そのため、何を買ったらいいか迷ってしまうこともあるかもしれません。

そんなときは、広口で容量0.5リットルのモデルを基準として、自分が使いそうな状況で足りるかどうか想像してみましょう。0.5リットルは一般的なペットボトル飲料のサイズなので、具体的な状況も考えやすいと思います。

たとえばオフィスなどでマイボトルにするなら、0.38リットルで足りるかもしれませんが、キャンプ時の調理用にするなら1.5リットルが必要かもしれません。具体的な状況を想像して、必要な容量のモデルを選びましょう。

飲み口のサイズにも注目して選ぼう

キャンプ/釣りライター

モデルにもよりますが、たとえば中心モデルとなる「トライタン」では、飲み口のサイズに広口・細口が用意されています。

広口タイプがよく使われますが、お子さんが飲むときなどは飲み口が大きすぎてこぼしやすいというデメリットも。そんなときは、細口タイプにすれば、アウトドアでの水分補強も無駄なくできます。

また、片手でワンプッシュで開けられる「OTF」タイプなら、運動中や自動車の運転中でもすぐ水分補給ができます。このあたりも大切な判断材料となります。

ナルゲン『OTFアトランティス』

ロックつきのキャップと、安定感のあるデザインがポイント。ボタンを押すだけでキャップがあくので、片手でも扱いやすいのがうれしいですね。

>> Amazonで詳細を見る

使い方はアイデア次第で無限!

キャンプ/釣りライター

ナルゲンボトルはシンプルな作りですが、汎用(はんよう)性が高いすぐれものです。行動食を入れるといった使い方もよくされますが、その防水性を活かした活用方法もあります。

中の液体が漏れないということは、うらを返せば、ボトル内に水が入らないということ。登山などのシビアな環境下で使うエマージェンシーグッズなどを、ナルゲンボトルに入れて持ち運ぶ方もいます。救急用品・常備薬やバッテリー、ヘッドライトなど、濡らしたくないものを持ち運ぶのにも、ナルゲンボトルは便利です。

頑丈なので、中のものがつぶれたりしないのもメリットです。他にも、中に光源を入れてランタン代わりにするなど、あれこれとアイデアを考えるのも楽しいでしょう。

ナルゲン『フードシリーズ 広口丸形ボトル』

飲み物だけでなく、調味料入れとして便利なサイズの商品も販売されています。キャンプなどで、少量の調味料を持ち運びたいときにピッタリ!

>> 楽天市場で詳細を見る

キャンプライターが厳選! おすすめのナルゲンボトル5選

上でご紹介したナルゲンボトルの選び方のポイントをふまえて、キャンプライターの中山一弘さんに選んでいただいたおすすめ商品5選をご紹介します。商品の容量や特徴をチェックして、お気にいりのナルゲンボトルを見つけてみてください。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ナルゲン『広口0.5リットル トライタン』

ナルゲン『広口0.5リットルトライタン』 ナルゲン『広口0.5リットルトライタン』 ナルゲン『広口0.5リットルトライタン』 ナルゲン『広口0.5リットルトライタン』 ナルゲン『広口0.5リットルトライタン』 ナルゲン『広口0.5リットルトライタン』

出典:Amazon

容量 約500ml(満水容量)
本体重量 約90g
素材 飽和ポリエステル樹脂(本体部)
耐熱温度 100℃(本体部)
耐冷温度 -20℃(本体部)
飲み口 広口
カラー 13種
Thumb lg 9e85a6da 7fe7 4063 b6de e73f47b48d34

キャンプ/釣りライター

定番中の定番! アウトドア用水筒はこれが基本

ナルゲンボトルのなかでも、大定番といえるのがこのモデルです。環境にやさしい飽和ポリエステル樹脂を採用し、頑丈ながらBPAフリーで安心して使える商品です。

また、本体とキャップの間はループでつながっているので、キャップをなくす心配がありません。キャンプ時などはループ部をどこかにひっかけて、つるすこともできます。

広口タイプなので、たとえば登山時の行動食としてナッツ類やシリアルを入れるケースとして使うこともできます。耐熱温度も100℃と高いので、なかに食材を入れて湯せんに使うなど、アイデア次第でさまざまな使い方ができる汎用性も魅力です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ナルゲン『広口0.65リットル トライタン フラットキャップ』

ナルゲン『広口0.65リットルトライタンフラットキャップ』

出典:Amazon

容量 700ml(満水容量)
本体重量 約95g
素材 飽和ポリエステル樹脂(本体部)
耐熱温度 100℃(本体部)
耐冷温度 -20℃(本体部)
飲み口 広口
カラー 1種
Thumb lg 9e85a6da 7fe7 4063 b6de e73f47b48d34

キャンプ/釣りライター

フラットキャップ採用でバッグへの収納性もアップ

定番の「トライタン」のキャップ違いですが、フラットキャップモデルには少しだけ容量の大きい、0.65リットルのモデルが用意されています。少しの違いですが、「マイドリンクを作って持って行くのに、ちょっとだけ容量が大きいのがほしい」といったニーズにピッタリです。

フラットキャップなので、本体にループはありません。ひっかかる部分がないので、バッグなどにもスマートに入れておくことができます。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ナルゲン『オアシス トライタン』

ナルゲン『オアシストライタン』 ナルゲン『オアシストライタン』 ナルゲン『オアシストライタン』 ナルゲン『オアシストライタン』

出典:Amazon

容量 約1L
本体重量 約132g
素材 飽和ポリエステル樹脂(本体部)
耐熱温度 100℃(本体部)
耐冷温度 -20℃(本体部)
飲み口 細口
カラー 2種
Thumb lg 9e85a6da 7fe7 4063 b6de e73f47b48d34

キャンプ/釣りライター

レトロな可愛い外観で雰囲気のあるキャンプにも最適

定番の広口の「トライタン」と素材は同じですが、いかにもレトロでミリタリー調の「水筒」といった雰囲気を醸(かも)し出すのが『オアシストライタン』です。

細口になっているので、お子さんや女性でも飲みやすく、容量も1リットルと大きめなので、真夏の水分補給や調理用の水として用意しておくのにも最適です。

「トライタンシリーズ」のキャップにはパッキンが入っていないのですが、まず漏れることはありません。そのため、長年使ってもパッキンの劣化による水漏れ・交換が不要で、洗いやすいのも特徴といえます。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ナルゲン『OTFアトランティス』

ナルゲン『OTFアトランティス』

出典:Amazon

容量 約700ml(満水容量)
本体重量 約120g
素材 飽和ポリエステル樹脂(本体部)
耐熱温度 100℃(本体部)
耐冷温度 -20℃(本体部)
飲み口 OTFキャップ(細口)
カラー 4種
Thumb lg 9e85a6da 7fe7 4063 b6de e73f47b48d34

キャンプ/釣りライター

ワンタッチであく「OTF」ボトルの新シリーズ

これまでも人気だったワンタッチで開けられる「OTF」ボトルに、より安定性が増して使いやすくなった新モデルの『OTFアトランティス』が登場しました。

従来モデルと比較すると、少しだけ容量が減っていますが、置いたときの安定性は増しています。小さな工夫なのですが、ユーザーの声などを反映した改良だといえるでしょう。一見変わらないようなモデルでも、ナルゲンボトルが改良をくりかえしていることがよくわかります。

片手でワンタッチで開く「ワンプッシュオープンシステム」は使いやすく、運動中や運転中などでもこぼさず安全に飲むことができます。飲み口は細く飲みやすいのですが、ボトルとの接続部は広口なので洗いやすいつくりです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ナルゲン『フード 広口丸形ボトル』

ナルゲン『フード広口丸形ボトル』

出典:Amazon

容量 30ml・60ml・125ml・250ml
本体重量 --
素材 ポリエチレン(本体部)
耐熱温度 120℃(本体部)
耐冷温度 -100℃(本体部)
飲み口 広口
カラー --
Thumb lg 9e85a6da 7fe7 4063 b6de e73f47b48d34

キャンプ/釣りライター

必要な分だけ持ち運べて収納もらくらく

ナルゲンボトルでドリンク用以上に長く愛されているモデルが、小さな半透明のボディの広口丸形ボトルです。これには、30ml・60ml・125ml・250mlの4サイズが用意されていて、少量の調味料を持ち運びたいときなどに最適です。

ギリギリまで荷物を減らしたい登山だけではなく、日常生活で使っている油や醤油などを、ボトルごとキャンプに持って行くのは面倒で収納も大変です。たとえば2泊3日の予定であれば、バーベキューやカレーなど、想定するメニューに必要な分だけ調味料を持てば、小さなバスケットなどにも収まります。

においが漏れにくいので、日常使いをする方も多いようです。

「ナルゲンボトル」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
ナルゲン『広口0.5リットル トライタン』
ナルゲン『広口0.65リットル トライタン フラットキャップ』
ナルゲン『オアシス トライタン』
ナルゲン『OTFアトランティス』
ナルゲン『フード 広口丸形ボトル』
商品名 ナルゲン『広口0.5リットル トライタン』 ナルゲン『広口0.65リットル トライタン フラットキャップ』 ナルゲン『オアシス トライタン』 ナルゲン『OTFアトランティス』 ナルゲン『フード 広口丸形ボトル』
商品情報
特徴 定番中の定番! アウトドア用水筒はこれが基本 フラットキャップ採用でバッグへの収納性もアップ レトロな可愛い外観で雰囲気のあるキャンプにも最適 ワンタッチであく「OTF」ボトルの新シリーズ 必要な分だけ持ち運べて収納もらくらく
容量 約500ml(満水容量) 700ml(満水容量) 約1L 約700ml(満水容量) 30ml・60ml・125ml・250ml
本体重量 約90g 約95g 約132g 約120g --
素材 飽和ポリエステル樹脂(本体部) 飽和ポリエステル樹脂(本体部) 飽和ポリエステル樹脂(本体部) 飽和ポリエステル樹脂(本体部) ポリエチレン(本体部)
耐熱温度 100℃(本体部) 100℃(本体部) 100℃(本体部) 100℃(本体部) 120℃(本体部)
耐冷温度 -20℃(本体部) -20℃(本体部) -20℃(本体部) -20℃(本体部) -100℃(本体部)
飲み口 広口 広口 細口 OTFキャップ(細口) 広口
カラー 13種 1種 2種 4種 --
商品リンク

※各社通販サイトの 2019年12月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月12日時点 での税込価格

ECサイトのナルゲンボトルランキングを参考にする

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでのナルゲンボトル売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:nalgene(ナルゲン)ランキング
楽天市場:水筒・マグボトル(ブランド:ナルゲン)ランキング
Yahoo!ショッピング:ナルゲンボトルランキング

※上記リンク先のランキングは、各ECサイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

オプションやアクセサリで自分だけのボトルに育てよう! キャンプライターからのアドバイス

キャンプ/釣りライター

ナルゲンボトルは非常に便利ですが、中心モデルの「トライタン」も「OTF」も耐熱性・耐冷性にすぐれる半面、保温や保冷の機能はほぼありません。そのため、飲み物を入れても常温で持ち運ぶことになります。

特に夏場などは、冷たい飲み物を入れるとすぐ結露するので、対策が必要です。また、熱湯を入れてもOKですが、当然ながらこれもそのまま持ち運ぶには熱すぎます。

そんなときは、オプションのアクセサリでボトルケースも販売されているので、活用するとよいでしょう。もちろん、市販のボトルホルダーなどでもフィットするものが多いので、自分だけの組み合わせにするのも面白いですよ。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2019/12/16 コンテンツ追加・修正と価格を更新しました(マイナビおすすめナビ編集部 花島優史)

 

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


スムージーシェイカーおすすめ12選|使いやすいシェイカーで【ダイエットにも】

スムージーシェイカーおすすめ12選|使いやすいシェイカーで【ダイエットにも】

毎日の健康をサポートするためにスムージーを飲む人が増えています。粉末タイプは溶けにくかったりしますが、そんなときに便利なのがスムージーシェイカー。ミキサーボール付きの便利な商品などもありますので、用途やシーンに合わせて選んでください。この記事では、管理栄養士の横川仁美さんと編集部が、スムージーシェイカーの選び方とおすすめ12選をご紹介します。


冷水筒のおすすめ31選|食洗器OKの耐熱&収納に便利な横置きも【おしゃれ!】

冷水筒のおすすめ31選|食洗器OKの耐熱&収納に便利な横置きも【おしゃれ!】

冷蔵庫に水出しコーヒーを入れておいたり、麦茶を冷やしておくのに大活躍する冷水筒。昨今ではさまざまなものが登場しています。本記事では、ルームコーディネーターの瀧本真奈美さんに、生活スタイルに応じた冷水筒の選び方についてうかがいました。あわせて、瀧本さんと編集部が選んだおすすめの冷水筒31選をまとめてご紹介。おしゃれなものをたくさんピックアップしたのでぜひチェックしてください! 後半には、お手入れの仕方も紹介しています。


ステンレス水筒おすすめ5選|形状や洗いやすさをチェック!

ステンレス水筒おすすめ5選|形状や洗いやすさをチェック!

子どもの遠足用などの用途はもちろん、ビジネスワーカーもスリムで保冷保温能力に優れた水筒を愛用するようになりました。自宅からお気に入りのドリンクをつめていくこともでき、コーヒーショップで補充も可能。ペットボトルのゴミを出さずにすむのもいいですね。タイガー、アイリスオーヤマ、サーモス、ドウシシャなどから、良い商品がたくさん発売されていますが、どれを選んでいいのか迷ってしまいますよね。今回はエコエディター・エコライターの曽我美穂さんにステンレス水筒の選び方・おすすめの商品について取材しました。毎日愛用できるステンレス水筒を見つけてみてください。


登山用水筒おすすめ7選|保温ケースを組み合わせると使いやすさUP!

登山用水筒おすすめ7選|保温ケースを組み合わせると使いやすさUP!

水分補給に必要となる登山用水筒。登山では水を確保できる場所が限られており、脱水症状を防ぐためにも水筒の携帯は欠かせません。しかし登山用水筒を選ぼうと思っても、材質や形状、容量など、なにを基準に買えばいいか迷う方もいらっしゃるのではないでしょうか。そこで山岳/アウトドアライターの高橋庄太郎さんへの取材をもとに、登山用水筒の選び方とおすすめ商品をご紹介します!


ハイドレーションパックおすすめ12選│登山やトレイルランで活躍!【水分補給を手軽に】

ハイドレーションパックおすすめ12選│登山やトレイルランで活躍!【水分補給を手軽に】

ハイドレーションパックは、ザックに収納し、飲み口を口元の近くに出しておくことで、登山やトレイルランニングなどの行動中の水分補給が素早くできるようになる便利なアイテムです。この記事では、登山愛好家の山崎友貴さんと編集部が、ハイドレーションパックの選び方とおすすめ商品をご紹介します。容量や洗浄のしやすさなどを考慮し、アウトドアを快適に過ごしてください!


関連するブランド・メーカー


ナルゲン

新着記事


デーツのおすすめ11選|食べやすい粒タイプや料理に使えるペーストタイプなど!

デーツのおすすめ11選|食べやすい粒タイプや料理に使えるペーストタイプなど!

日本ではあまりなじみのないデーツですが、世界ではメジャーなフルーツとして多くの人に食べられています。栄養価が高く強い甘みとクセになる味わいが特徴。ここでは、フードスタイリストの江口恵子さんと編集部で、デーツの選び方とおすすめのデーツをご紹介します。


スムージーシェイカーおすすめ12選|使いやすいシェイカーで【ダイエットにも】

スムージーシェイカーおすすめ12選|使いやすいシェイカーで【ダイエットにも】

毎日の健康をサポートするためにスムージーを飲む人が増えています。粉末タイプは溶けにくかったりしますが、そんなときに便利なのがスムージーシェイカー。ミキサーボール付きの便利な商品などもありますので、用途やシーンに合わせて選んでください。この記事では、管理栄養士の横川仁美さんと編集部が、スムージーシェイカーの選び方とおすすめ12選をご紹介します。


ボールプールおすすめ12選|子どもが喜ぶ多彩な遊び方【安心して遊べる】

ボールプールおすすめ12選|子どもが喜ぶ多彩な遊び方【安心して遊べる】

休園中や自宅待機などで外遊びができないと体力が有り余ってしまい、生活リズムが崩れてしまう場合も。そんなとき、子ども向けの遊具施設などにあるボールプールが自宅にあれば、体を動かして遊ぶことができます。商品によってサイズや仕様が異なるため、自宅に置けるものやどのように遊ばせるかで選ぶのが重要です。この記事では、保育士・武田優希さんと編集部でボールプールの選び方とおすすめ12商品を紹介します。


花粉対策メガネのおすすめ商品12選|紫外線カット・曇り止めなど

花粉対策メガネのおすすめ商品12選|紫外線カット・曇り止めなど

花粉が飛ぶシーズンになると悩まされるのが花粉性結膜炎。ゴロゴロとした不快な異物感も症状のひとつです。本記事では、花粉対策に役立つメガネの選び方をご紹介します。医療ライターの宮座美帆さんからのアドバイスと編集部が選んだおすすめ商品12選もチェックしていきましょう。


目打ちおすすめ12選|手芸やレザークラフトに!【美しい出来上がりを】

目打ちおすすめ12選|手芸やレザークラフトに!【美しい出来上がりを】

レザークラフト作家のHARUさんと編集部が、目打ちの選び方とおすすめ12選をご紹介します。目打ちはレザークラフトや刺繍、裁縫などの手芸で使う道具で、目打ちを使うことで、作品の出来上がりに差が出ます。こまかい部分まで美しく仕上げたい人は、ぜひ一度使ってみましょう。


人気の記事


>>総合ランキングを見る