登山用水筒おすすめ8選【軽量コンパクト】ナルゲンやサーモスなど人気ブランドから

nalgene(ナルゲン) カラーボトル 広口1.0L トライタンボトル グレー 91311
出典:Amazon
山岳/アウトドアライター&プロデューサー
高橋 庄太郎

1970年宮城県仙台市出身。高校山岳部で山歩きを始め、早稲田大学卒業後は出版社に勤務。 その後、フリーランスのライターに。著書に『山道具 選び方、使い方』(枻出版社)、『テント泊登山の基本』(山と渓谷社)などがあり、近年はテレビ番組やイベントへの出演も増えている。また、アウトドアメーカー各社とのコラボレーションを行なう自身のブランド「SCREES」を立ち上げ、製品開発にも取り組んでいる。

水分補給に必要となる登山用水筒。登山では水を確保できる場所が限られており、脱水症状を防ぐためにも水筒の携帯は欠かせません。登山用水筒には、材質や形状、容量など、さまざまな種類があります。この記事では、山岳/アウトドアライターの高橋庄太郎さんへの取材をもとに、登山用水筒の選び方とおすすめ商品を紹介します。記事後半には比較一覧表、通販サイトにおける最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミも確認してみましょう。


登山用水筒の選び方 材質と形状、本数と容量、飲み口のタイプ、保温保冷性など

山岳/アウトドアライターの高橋庄太郎さんに取材をして、登山用水筒の選び方のポイントを教えていただきました。

水筒ボトル
Payless images logo 7d75d46922da333d985fdbdff6420aad801d95739d2bd451a5187eec7ce851e9

使いやすい材質と形状のものを選ぶ

登山用水筒はいろいろな材質や形状のものがあります。登山シーンや用途にあったものを選びましょう。

ペットボトル ポリエステルなどの樹脂製は比較的安価

山岳/アウトドアライター&プロデューサー

登山用の水筒は、いかにも「水筒」らしい筒形のものが中心です。外側からの圧力に強くて破損しにくく、口を閉じないままテーブルの上などに置いても中身がこぼれず、安心して使用できます。

筒形の水筒のなかにはやわらかな素材を使ったものがあり、立てて置くのは難しくなりますが、内部の水が少なくなるほど小さくつぶすことができ、収納に便利です。

一般的に金属製よりも安価で購入しやすいのが、ポリエステルなどを使った樹脂製の水筒です。軽量さにもメリットがありますが、耐久性では金属製には敵わず、熱湯を入れることもできません。

樹脂製やペットボトルタイプは軽くて扱いやすいため、子ども用やハイキングシーンなどにも使いやすいです。一方落とすと破損しやすい、気温や気圧の変化に弱いのがデメリットです。

金属製ボトル アルミやステンレスなど耐久性があって頑丈

山岳/アウトドアライター&プロデューサー

耐久性が高く、長い間使えるのは、なんといってもアルミを中心とした金属製の水筒です。熱にも強いので、お湯で内部の殺菌もできます。

落としても破損しないため、登山中に大切な水を失うこともふせげます。また、保温や保冷性のある金属製の水筒も多いため、水だけでなくお湯の持ち運びにも便利です。冬山での保温にも役立ちます。

ソフトボトル ポリエチレンなどのフィルム状で薄く収納できる

山岳/アウトドアライター&プロデューサー

フィルム状の水筒も人気があります。これは水を入れていない状態だと紙のように薄くなり、携行性に非常に優れています。ただし、形状が安定しないので立てて置くのは難しく、使用するたびに口を閉じる必要が出てきます。

もっとも軽量なのはポリエチレンなどを使ったフィルム状の水筒で、高温にも対応する商品もあります。ただし、やわらかくて薄い素材なので傷みやすく、長期間使うことはできません。耐久性、軽量性、入れる液体の温度などを考えて適当なものを選びましょう。

ハイドレーションタイプ 背負ってチューブで吸水できる

登山する人の写真
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

トレイルランニングなどのシーンでも、行動しながら水が飲めるハイドレーションは便利です

チューブで給水するソフトボトルタイプの水筒がハイドレーションタイプです。背中にせおってそのまま給水できるので、荷物を降ろさず行動したまま、自分の好きなタイミングで水が飲めるのがメリットです。

水を吸うときに少しコツがいるので、使用前に練習しておくのがよいでしょう。特殊な形状のため、使用後に洗浄するのに少し手間がかかるのがデメリットです。

自分に必要な「本数」と「容量」で選ぶ 最低0.5Lは必要、夏なら2L

山岳/アウトドアライター&プロデューサー

0.3L、0.5L、1Lを本数で組み合わせる

アウトドア用の水筒の多くはシリーズ化され、同一モデルでいくつかの容量が用意されています。水筒の用途が「登山中の水分補給」だとすると最低0.5Lは必要で、大量の汗をかく夏シーズンならば2Lでも足りないくらいです。しかし大容量の水筒ひとつで済ませるのではなく、複数の水筒を使って間に合わせられます。

アミノ酸系などの日本製の粉末ドリンクの大半は1Lの水に溶かしてつくるため、粉末ドリンクを利用したい人は、容量が1Lの水筒がおすすめ。また、山小屋などの目的地に到着後、持参したウイスキーやワインを楽しみたいという方は、小容量の水筒(0.3L程度のもの)も便利です。

容量が大きいと水筒が飲みにくく、小分けにすると荷物を圧迫します。持ち運ぶ水筒の本数も考慮して、ぴったりの容量のものを選びましょう。

口の形状と開け方で選ぶ 飲みやすさと洗浄時のポイント

シグ『ワイドマウスダイナミック スポーツ(0.75L)』

片手で使えて「スポーツキャップ」の飲み口が特徴の水筒です。

>> Amazonで詳細を見る

山岳/アウトドアライター&プロデューサー

飲み口はスクリュータイプとワンタッチタイプ

水筒の口の大きさも重要な要素です。飲み口が大きいものには氷も入れることができ、洗うのも簡単で洗った後は乾燥も早く、内部にカビが生えたりするトラブルを避けられ衛生的です。しかし、使用時に中身がこぼれることも多いので、不安な場合は口径が小さい飲み口のほうが安心して使えます。

水筒の飲み口の多くはネジ式のスクリュータイプですが、なかにはワンタッチで開けられるタイプのものもあります。水漏れの心配が少なく、破損も少ないのは一般的なスクリュータイプですが、手軽に使いたい人は片手でも開けやすいワンタッチ式のものも選択肢のひとつになります。

スクリュータイプの場合、グリップがついていると登山グローブをつけたまま回せるので便利です。

登山シーンや用途で保温保冷性をチェック 冬山なら保温、夏山なら保冷

保温保冷機能のある登山用水筒なら、いろいろなシーンで活用できます。冬山なら保温目的で、夏山なら冷たいままの水を給水できます。また、雪山登山なら水筒の中身が凍ってしまうのを防げます。

ほかにも、お湯を入れてコーヒーなどのあたたかい飲みものを作る、カップラーメンを作る、スープなどを入れておくなど給水以外のいろいろな用途で使えます。

登山用水筒のおすすめ8選 ナルゲン、サーモス、シグ、プラティパスほか

うえで紹介した登山用水筒の選び方のポイントをふまえて、山岳/アウトドアライターの高橋庄太郎さんに選んでもらったおすすめ商品、編集部で選んだ商品を紹介します。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ナルゲン『Tritan(広口1.0L)』

ハイマウント『ナルゲンTritan(広口1.0L)』 ハイマウント『ナルゲンTritan(広口1.0L)』 ハイマウント『ナルゲンTritan(広口1.0L)』

出典:Amazon

容量 約1.1L(満水容量)
重量 約180g
材質(素材) 本体:飽和ポリエステル樹脂 キャップ:ポリプロピレン ループ部:ポリエチレン

Thumb lg fe2a519f 6b8a 4ece b03d cf72fb154204

山岳/アウトドアライター&プロデューサー

定番中の定番、まさにイメージどおりの登山用水筒

この登山用水筒の口径に合わせてボトルホルダーのサイズを決定するバックパックも多いほど、アウトドア界を代表する樹脂製水筒の大定番。1Lを中心に、大小の容量サイズやデザイン違いが多数そろっています。

軽量で壊れにくいのが最大の魅力で、しかも安価。飲み口が広いので内部を洗いやすく、清潔さを保てます。気密性の高さにも定評があり、日常生活では食品保存用としても活用でき、おすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ナルゲン『OTFボトル(0.65L)』

ハイマウント『ナルゲンOTFボトル(0.65L)』 ハイマウント『ナルゲンOTFボトル(0.65L)』 ハイマウント『ナルゲンOTFボトル(0.65L)』 ハイマウント『ナルゲンOTFボトル(0.65L)』 ハイマウント『ナルゲンOTFボトル(0.65L)』 ハイマウント『ナルゲンOTFボトル(0.65L)』

出典:Amazon

容量 約0.71L(満水容量)
重量 約130g
材質(素材) 本体:飽和ポリエステル樹脂 キャップ/ループ部:ポリプロピレン、TPE パッキン:シリコン

Thumb lg fe2a519f 6b8a 4ece b03d cf72fb154204

山岳/アウトドアライター&プロデューサー

シンプルで使いやすいデザイン

キャップの部分が二重になっており、飲み物を入れる際や洗浄のときは、口径が大きいキャップを開け、中身を飲むときは口径が小さいほうのキャップを使用します。

小さいほうのキャップは片手で開閉でき、ロック機能も付けられているので、不用意にキャップが緩んで飲み物がこぼれることはありません。緩やかな曲線を描くフォルムは現代的で、日常生活でも使い方にもおすすめ。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

シグ『トラベラークラシック(1.0L)』

シグ『トラベラークラシック(1.0L)』

出典:Amazon

容量 1.0L
重量 150g
材質(素材) アルミ

Thumb lg fe2a519f 6b8a 4ece b03d cf72fb154204

山岳/アウトドアライター&プロデューサー

金属製の登山用水筒といえばまずはコレ

アルミ製水筒の代名詞的なメーカーが誇る、ブランド「シグ」を代表するモデル。これもまたアウトドア界の大定番で、毎年さまざまなデザインと柄の商品が発売されています。

耐久性は驚くほど高く、本体を踏みつぶしたり、高い場所から落としたりしても割れることがほとんどありません。

内部ににおいが付きにくいのも長所のひとつで、水以外のドリンク類を入れても後処理が簡単です。少し温かいお湯を入れて使用することができます。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

クリーンカンティーン『リフレクトボトル 27oz』

クリーンカンティーン『リフレクトボトル27oz』 クリーンカンティーン『リフレクトボトル27oz』 クリーンカンティーン『リフレクトボトル27oz』 クリーンカンティーン『リフレクトボトル27oz』 クリーンカンティーン『リフレクトボトル27oz』 クリーンカンティーン『リフレクトボトル27oz』 クリーンカンティーン『リフレクトボトル27oz』 クリーンカンティーン『リフレクトボトル27oz』 クリーンカンティーン『リフレクトボトル27oz』 クリーンカンティーン『リフレクトボトル27oz』 クリーンカンティーン『リフレクトボトル27oz』 クリーンカンティーン『リフレクトボトル27oz』 クリーンカンティーン『リフレクトボトル27oz』 クリーンカンティーン『リフレクトボトル27oz』

出典:Amazon

容量 0.8L
重量 240g
材質(素材) 18/8ステンレススチール、バンブー

Thumb lg fe2a519f 6b8a 4ece b03d cf72fb154204

山岳/アウトドアライター&プロデューサー

竹を使った雰囲気のあるキャップ

無骨なデザインのものが多いなか、上品な雰囲気をもつステンレス製の登山用水筒。

プラスチックなどの樹脂は一切使わない反面、キャップには天然の竹を用(もち)い、ナチュラルなテイストを醸(かも)し出しています。

キャップに付けられたリングが大きいのも使いやすく、ここに手をかけてキャップをまわせば、あまり力を入れずに開閉することができるため、力の弱い女性やお子さんにもおすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

シグ『ワイドマウスダイナミック スポーツ(0.75L)』

シグ『ワイドマウスダイナミックスポーツ(0.75L)』

出典:Amazon

容量 0.75L
重量 175g
材質(素材) アルミニウム

Thumb lg fe2a519f 6b8a 4ece b03d cf72fb154204

山岳/アウトドアライター&プロデューサー

落としにくい形状と、飲みやすい飲み口

単なる円筒形ではなく、本体の一部をくびれさせた特殊な形状のアルミ製の水筒です。汗ばんだ手でつかんでも滑り落ちにくく、気楽に使えます。飲み口にも特徴があり、飲み口のストッパーを歯で挟んで引っ張るだけで飲めるようになる「スポーツキャップ」が使用されています。

この飲み口は一度にたくさんの水を口内に流し込むことはできませんが、片手で扱えるので行動中には大きなメリットがあります。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

プラティパス『メタボトル(1.0L)』

プラティパス『メタボトル(1.0L)』

出典:Amazon

容量 1.0L
重量 195g
材質(素材) 上部:PP 下部:TPE

Thumb lg fe2a519f 6b8a 4ece b03d cf72fb154204

山岳/アウトドアライター&プロデューサー

落としても壊れないソフトな水筒

最上部に飲み口があるだけではなく、水筒の中央上でもふたつに分解ができる柔らかな素材です。内部が洗いやすく、雑菌が繁殖する前に乾燥させられます。

水筒のメインとなる下部には柔らかい素材が使われており、水を入れていないときはつぶして小さくして持ち運べます。

飲み物ごと凍らせられるのも大きなポイント。素材の伸縮性によって、水が凍り付いて膨張した分を緩和できるため破損しにくく、夏場など凍結させた飲み物を持参したい方におすすめ。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

プラティパス『デュオロックソフトボトル(2.0L)』

プラティパス『デュオロックソフトボトル(2.0L)』 プラティパス『デュオロックソフトボトル(2.0L)』 プラティパス『デュオロックソフトボトル(2.0L)』 プラティパス『デュオロックソフトボトル(2.0L)』 プラティパス『デュオロックソフトボトル(2.0L)』

出典:Amazon

容量 2.0L
重量 50g
材質(素材) 本体:PE・ナイロン 注ぎ口・キャップ:PE・TPE ハンドル:PE

Thumb lg fe2a519f 6b8a 4ece b03d cf72fb154204

山岳/アウトドアライター&プロデューサー

容量2Lの大サイズでも、重量はたった50g

ポリエチレンのフィルムで作られた、しなやかな水筒です。水を入れないときは丸めて小さく収納が可能。

サイズは0.75L、1.0L、2.0Lとラインナップされ、ロック式の大型キャップとカラビナ式のハンドルがついているのに、最大の2.0Lでもわずか50gの重さしかないというのは驚きです。

たくさんの汗をかく夏場に大量の水を持ち運んだり、山小屋やテント場で自炊をするときに調理用の水を確保したりと、小型水筒を補う形で使ってもいいでしょう。

サーモス『真空断熱ケータイマグ(JNR-501)』

容量 0.5L
重量 約210g
材質(素材) 本体:ステンレス鋼(アクリル樹脂塗装) フタ・せん本体:ポリプロピレン 飲み口:ポリプロピレン フタパッキン:シリコーン

優れた保温、保冷効力をもつマグボトル

68度以上の保温効力、10度以下の保冷効力がともに6時間と、温度をキープする性能が高いボトルです。とくに冬の登山などで重宝するでしょう。

しっかりロックできるフタは、ワンタッチで開くタイプで、飲み口も広め。カラーバリエーションも豊富にそろっているところもうれしいポイントです。

「登山用水筒」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
ナルゲン『Tritan(広口1.0L)』
ナルゲン『OTFボトル(0.65L)』
シグ『トラベラークラシック(1.0L)』
クリーンカンティーン『リフレクトボトル 27oz』
シグ『ワイドマウスダイナミック スポーツ(0.75L)』
プラティパス『メタボトル(1.0L)』
プラティパス『デュオロックソフトボトル(2.0L)』
サーモス『真空断熱ケータイマグ(JNR-501)』
商品名 ナルゲン『Tritan(広口1.0L)』 ナルゲン『OTFボトル(0.65L)』 シグ『トラベラークラシック(1.0L)』 クリーンカンティーン『リフレクトボトル 27oz』 シグ『ワイドマウスダイナミック スポーツ(0.75L)』 プラティパス『メタボトル(1.0L)』 プラティパス『デュオロックソフトボトル(2.0L)』 サーモス『真空断熱ケータイマグ(JNR-501)』
商品情報
特徴 定番中の定番、まさにイメージどおりの登山用水筒 シンプルで使いやすいデザイン 金属製の登山用水筒といえばまずはコレ 竹を使った雰囲気のあるキャップ 落としにくい形状と、飲みやすい飲み口 落としても壊れないソフトな水筒 容量2Lの大サイズでも、重量はたった50g 優れた保温、保冷効力をもつマグボトル
容量 約1.1L(満水容量) 約0.71L(満水容量) 1.0L 0.8L 0.75L 1.0L 2.0L 0.5L
重量 約180g 約130g 150g 240g 175g 195g 50g 約210g
材質(素材) 本体:飽和ポリエステル樹脂 キャップ:ポリプロピレン ループ部:ポリエチレン 本体:飽和ポリエステル樹脂 キャップ/ループ部:ポリプロピレン、TPE パッキン:シリコン アルミ 18/8ステンレススチール、バンブー アルミニウム 上部:PP 下部:TPE 本体:PE・ナイロン 注ぎ口・キャップ:PE・TPE ハンドル:PE 本体:ステンレス鋼(アクリル樹脂塗装) フタ・せん本体:ポリプロピレン 飲み口:ポリプロピレン フタパッキン:シリコーン
商品リンク

※各社通販サイトの 2020年7月9日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年7月9日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年7月9日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年7月9日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年7月9日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年7月9日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年7月9日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年12月15日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする 登山用水筒の売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでの登山用水筒の売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:ウォーターボトル・水筒ランキング
楽天市場:大人用水筒・マグボトルランキング
Yahoo!ショッピング:ウォーターボトルランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

オプションパーツも有効活用しよう 山岳/アウトドアライターからのアドバイス

山岳/アウトドアライター&プロデューサー

使用後はすぐ洗浄・乾燥を

登山用水筒には、さまざまなオプションパーツが販売されています。もちろん、そのままでもじゅうぶんに水筒としての機能は果たしますが、大きい飲み口を小さなものに変更したり、保温ケースを組み合わせたりすると、ますます使い勝手は向上します。

なかに浄水用のフィルターを合わせられるものもありますので、チェックしてみるといいでしょう。使用後は飲み物を入れたままにせず、早めに洗浄と乾燥を行なうことをおすすめします。

酸性の飲み物は金属製の水筒すら腐食させる可能性があり、また長時間湿らせたままでいると雑菌が繁殖しますので注意しましょう。メンテナンスにも気を遣えば、愛用できる期間も長くなるでしょう。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2020/12/15 一部コンテンツ修正のため、記事を更新しました。(マイナビおすすめナビ編集部 横尾忠徳)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


スムージーシェイカーおすすめ14選|持ち運べる、使いやすいシェイカーで【ダイエットや健康志向な方に】

スムージーシェイカーおすすめ14選|持ち運べる、使いやすいシェイカーで【ダイエットや健康志向な方に】

毎日の健康をサポートするためにスムージーを飲む人が増えています。粉末タイプは溶けにくかったりしますが、そんなときに便利なのがスムージーシェイカー。ミキサーボール付きの便利な商品などもありますので、用途やシーンに合わせて選んでください。この記事では、管理栄養士の横川仁美さんと編集部が、スムージーシェイカーの選び方とおすすめ商品をご紹介します。通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミを確認してみよう。


【2021】冷水筒のおすすめ32選! 超便利な横置きや耐熱タイプも

【2021】冷水筒のおすすめ32選! 超便利な横置きや耐熱タイプも

本記事では、整理収納コンサルタントの瀧本真奈美さんに、生活スタイルに応じた冷水筒の選び方についてうかがいました。あわせて、瀧本さんと編集部が選んだおすすめの冷水筒をまとめてご紹介。おしゃれで扱いやすいものをたくさんピックアップしたのでぜひチェックしてください! 後半には、お手入れの仕方のほかに、おすすめ商品の比較一覧表や通販サイトにおける最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミ・評判なども確認してみましょう。


電動・高機能プロテインシェイカーおすすめ11選|USB充電式・ブレンダー付きも紹介

電動・高機能プロテインシェイカーおすすめ11選|USB充電式・ブレンダー付きも紹介

ダマのないプロテインドリンクをかんたんに作りたい……そんなときは電動で動くプロテインシェイカーや、ブレンダーつきなど高機能なプロテインシェイカーを使ってみては。一度使うと、その便利さにきっと驚きますよ。当記事では、プロテインシェイカーのタイプや形状など選ぶときのポイントや、フィットネストレーナー講師の曽谷英之さんと編集部が選んだおすすめの電動・高機能プロテインシェイカーをご紹介します。


【ちょっとしたおしゃれに】スキットルおすすめ15選|キャンプなどのアウトドアにも

【ちょっとしたおしゃれに】スキットルおすすめ15選|キャンプなどのアウトドアにも

スキットルは、ウイスキーやウォッカなどのアルコール類を持ち運ぶボトル。登山やアウトドア用のグッズとしても人気が高く、材質や容量などのバリエーションも豊富にそろっています。今回は作家でアウトドアライターの夏野 栄さんに取材をし、スキットルの選び方のポイントや、おすすめの商品を紹介します。通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミを確認してみよう。


保温卓上ポットのおすすめ13選|おしゃれなデザインや洗いやすいものも!

保温卓上ポットのおすすめ13選|おしゃれなデザインや洗いやすいものも!

あたたかいお茶やスープを入れておくのに役立つ保温卓上ポット。保温だけではなく保冷ができる商品もあります。電気を使用せずに保温・保冷ができるのはうれしいですよね。この記事では、暮らしのグッズに詳しい瀧本真奈美さんにお話をうかがい、保温卓上ポットの選び方とおすすめの商品をご紹介。記事後半には、Amazonや楽天市場など大手通販サイトの売れ筋ランキングも掲載しています。


新着記事


【目のかゆみ】おすすめ目薬12選|花粉症・炎症・ものもらいなど

【目のかゆみ】おすすめ目薬12選|花粉症・炎症・ものもらいなど

乾燥や季節、住む環境など、さまざまなこと要因で引き起こされる目のかゆみ。こすらずにはいられないつらい目のかゆみにはその症状に適した目薬を使用することが大切です。本記事では、医療ライターの西村テツジさんと編集部が、目のかゆみに効く目薬の選び方やおすすめ12商品をご紹介します。これから目のかゆみに効く目薬を購入予定の人は、ぜひ参考にしてください。


マキタコードレス掃除機おすすめ20選|業務用にも使われる高性能が特徴!

マキタコードレス掃除機おすすめ20選|業務用にも使われる高性能が特徴!

マキタのコードレス掃除機ってどんな使い勝手? バッテリーは? 吸引力は? と、疑問に思うことが多々あるかと思います。家電メーカーではないだけに、マキタのコードレス掃除機をくわしく知っている人も少ないかもしれません。そこで本記事では、電動工具メーカーであるマキタの魅力をはじめ、電動工具メーカーが作るコードレス掃除機の選び方や実際の商品などをご紹介します。


寝室用加湿器おすすめ14選|加湿方式別のメリット・デメリットや効果的な置き場所も紹介

寝室用加湿器おすすめ14選|加湿方式別のメリット・デメリットや効果的な置き場所も紹介

湿度が下がって乾燥する冬。ほとんどの方が、朝起きたら「のどが痛い」「肌が乾燥している」という経験をしたことがあるでしょう。そんなときにあるとうれしいのが寝室用加湿器。リビングに置く加湿器と、選び方がどのように違うのか、加湿方式別に解説します。記事後半には、プロの家電販売員であるたろっささんのおすすめランキングなども紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。


パナソニックの空気清浄機おすすめ6選+α|よく聞く「ナノイー」ってなに?

パナソニックの空気清浄機おすすめ6選+α|よく聞く「ナノイー」ってなに?

パナソニックの独自技術「ナノイー」。みなさんも一度は聞いたことがありませんか? 本記事では、パナソニックの空気清浄機の選び方とおすすめ商品をご紹介するとともに、「ナノイー」についても詳しく解説しています。記事後半には、プロの家電販売員であるたろっささんのおすすめランキングなども紹介していますので、ぜひパナソニックの空気清浄機を選ぶ際の参考にしてみてください。


シャープの空気清浄機おすすめ11選|加湿? 除加湿? 付加機能をどのように選ぶかも解説!

シャープの空気清浄機おすすめ11選|加湿? 除加湿? 付加機能をどのように選ぶかも解説!

シャープの空気清浄機は多彩な機能を搭載しているのが特徴。ラインナップがたくさんあり、どれを購入すればよいのか迷ってしまいますね。本記事では、シャープの空気清浄機の選び方とおすすめ商品をご紹介するとともに、独自テクノロジーの「プラズマクラスター」についてもくわしく解説していきます。記事後半には、プロの家電販売員であるたろっささんのおすすめランキングなども紹介していますので、ぜひシャープの空気清浄機を選ぶ際の参考にしてみてください。


マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、安心・べんりなお買い物サポートメディアです。知識豊富なエキスパートがあなたの欲しいモノ、商品の選び方、情報を解説してサポート。ユーザーアンケートや人気ランキングなど、役に立つ情報で満足いくお買い物を「ナビ」します。

 

アウトドア・キャンプの人気記事


>>もっと見る