ハイドレーションパックおすすめ12選│登山やトレイルランで活躍!【水分補給を手軽に】

ハイドレーションパックおすすめ12選│登山やトレイルランで活躍!【水分補給を手軽に】
フリーエディター&SUV生活研究家
山崎 友貴

自動車雑誌編集長を経て、フリーの編集者に。登山やクライミングが趣味で、アウトドア雑誌「フィールダー(笠倉出版社刊)」にて連載中。悩みは増え続けるアウトドア用品などの遊び道具の収納場所で、愛車のJeepラングラーもすっかり倉庫代わりに。昨今は車中泊にもハマり、住居をキャンピングカーに変えるか真剣に悩み中。

ハイドレーションパックは、ザックに収納し、飲み口を口元の近くに出しておくことで、登山やトレイルランニングなどの行動中の水分補給が素早くできるようになる便利なアイテムです。この記事では、登山愛好家の山崎友貴さんと編集部が、ハイドレーションパックの選び方とおすすめ商品をご紹介します。容量や洗浄のしやすさなどを考慮し、アウトドアを快適に過ごしてください!


ハイドレーションパックの選び方 走りながらの水分補給が可能

トレイルランニングをする男性

Photo by Brian Metzler on Unsplash

登山やトレイルランニングのときの水分補給に便利な、ハイドレーションパック。選ぶときに知っておきたいポイントをチェックしていきましょう。

ハイドレーションパックを選ぶときは容量や飲み口の構造、ザックへの収納のしやすさ、お手入れのしやすさなどをチェックしましょう。なかにはザックとハイドレーションパックがセットになったものもありますよ。ここで詳しく解説していきます。

状況に応じた適切な容量を 登山やランニングなど

ハイドレーションパックに入る水の容量は1~3リットルと商品によってさまざま。登山やランニングは汗をかくので、こまめに水分を補給することが大切です。そのため、自分が必要とする容量のものを購入する必要があります。

ただし、水3リットルだと重さも3kgになるので自分が飲む量と持ち運ぶ重さのバランスを考えて容量を選びましょう。

ちなみに、登山上級者だと真夏でも2リットル、ランニングの場合はさらに軽くする方が多いようです。水分補給する場所が途中にあるかどうか、ペットボトルなど別の容器で水などを持ち運ぶかによっても状況が変わるので、使うシーンに合わせて選ぶようにしましょう。

飲み口の構造を確認 流水の出やすさに差が出る!

飲み口の構造によって流水の出やすさ、つまり飲みやすさに違いがあります。ここでは噛んで吸うタイプと、噛むだけまたはストッパーを外すだけで水が出るタイプについて解説します。

残量が心配なら飲み過ぎを防げる噛んで吸うタイプ

飲み口を噛んで吸うタイプのハイドレーションパックは、適量を素早く飲めるのがメリットです。ハイドレーションパックはザックに入って水の残量が分かりにくいということもあり、一回ごとの飲む量が調整できないといつの間にか水が足りなくなることも。

そのため吸う力によって水の量が調整できれば、飲みすぎ防止にも役立ちます。登山中は吸わずに飲めるとラクですが、残量の心配をしたくないという方におすすめです。

ラクに水が出る噛む or ストッパーを外すタイプ

登りがキツい登山や長距離ランニングでは、吸う力すら残っていないということもあります。そんなときは吸う力が少なくすむハイドレーションパックが便利です。飲み口を噛む、またはストッパーを外して軽い力で水が出るタイプなら、親子登山であればお子さまに水分を分けることもできます。

ラクに飲めるため、給水ペースが早くなりすぎて気づいたらなくなっていたということがないよう気をつけましょう。

水を入れても収納性にすぐれたパックが◎

登山のザックには荷物が左右どちらかに偏らないようにしたり、必要なものがすぐ取り出せるようにするなどの工夫で快適になります。そのため、ハイドレーションパックもザックへの収納性が重要になります。

パックの形が崩れにくく、水が少なくなってもぐしゃっとなったり丸まったりしないものを選ぶとザックのなかでおさまりがよく便利です。そのようなタイプは水を入れたときにもふくらまずに平らになるので、ザックのなかにフィットします。

さらに、使わないときには小さくなるものであれば家での収納性も◎ですね。

汚れを防ぐ機能やお手入れ方法にも注目 衛生的だと安心

ハイドレーションパックは使い終わったあとにお手入れする必要がありますが、飲み口にカバーが付いていると土などの汚れもつきにくく衛生的。

また本体であるリザーバーが裏返せる仕様になっていたり、手が入れられるぐらい給水口が広いと洗いやすく乾燥もしやすいので清潔に使うことができます。そこで、衛生面に関係するチェックポイントをお伝えします。

飲み口にカバーがあれば汚れを気にせず使える

飲み口にカバーが付いたタイプであれば、飲み口が汚れるのを防ぐことができます。ハイドレーションパックのチューブと飲み口はすぐに飲めるように、外にむき出しになっている仕様です。そのため、ザックを地面におろしたときに飲み口に土などの汚れが付いてしまうことも考えられます。汚れが気になる方は飲み口にカバーが付いたものを選ぶと安心です。

洗浄・乾燥しやすいと衛生的に使用できる!

ハイドレーションパックは、しっかり洗ってしっかり乾かさないとカビや菌が増殖する可能性があります。そのため、洗いやすさと乾かしやすさも選ぶときに大切なチェックポイント。

たとえば、チューブが本体であるリザーバーから取り外せたり、飲み口もチューブから取り外せるタイプの方がチューブや飲み口を洗うのに便利です。

リザーバーも裏表をひっくり返して洗えるタイプは隅々まで洗うことができるだけでなく、乾かしやすく衛生的。水を入れる入り口が大きいタイプも手が入れられて洗いやすいでしょう。もしチューブの内部など隅々まで洗いたい場合は、錠剤タイプの専用クリーナーを使うとさらに便利です。

ザックとセットのパックなら収納効率アップ! 荷物が整理しやすい

ザックを背負って景色を眺める男性

Photo by Matt Gross on Unsplash

ハイドレーションパックにはザックとセットで販売されているタイプがあります。リザーバー、チューブ、ザックが一体になっているため、ハイドレーションパックの収納がしやすい構造になっています。

また、リザーバーを固定できるほか、ザックがからだに密着するため、安定性が高くなります。比較的小さいザックが多いため、短時間で荷物の少ないハイキングや、トレイルランニングなどの使用におすすめです。

そのほかに、セットではなくてもザックにハイドレーションパック用のポケットがついているものもあります。ザックの荷物整理にも役立つので、まずは手持ちのザックにハイドレーションパック用ポケットがついているか確認してみてください。

容量と素材に注目して選ぶ 登山愛好家がアドバイス

フリーエディター&SUV生活研究家

ハイドレーションパックは容量の選択が大切です。長期間の縦走、低山登山、トレランなどによって、何リットルを選ぶのかが変わってきます。自分の体力によっても変わります。

また、容量によっては、愛用のハイドレーションポケットに入らない場合があります。さらに素材も大切。素材によっては水ににおいが移り、気になって飲めないという方も。体調を大きく左右するギアですので、よく考慮して選びたいものです。

ハイドレーションパックおすすめ11選 容量、飲み口、洗いやすさをチェック

ここからは、登山愛好家と編集部が選んだ、ハイドレーションパックのおすすめ商品をご紹介します。容量や飲み口、洗いやすさなどをチェックし、自分の目的にあったもの選んでくださいね。

フリーエディター&SUV生活研究家

どれを買うか迷ったときにおすすめなのが、ハイドレーションパックの老舗・キャメルバッグ。軍にも採用されるなど、堅牢性が高いのが特徴です。『クラックス 2.0L リザーバー』は給水口が大きく、給排水や洗浄がしやすくなっています。手で簡単に操作できる、吸い口のロック機能も秀逸です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

CAMELBAK(キャメルバック)『クラックス 2.0L リザーバー』

CAMELBAK(キャメルバック)『クラックス2.0Lリザーバー』 CAMELBAK(キャメルバック)『クラックス2.0Lリザーバー』 CAMELBAK(キャメルバック)『クラックス2.0Lリザーバー』 CAMELBAK(キャメルバック)『クラックス2.0Lリザーバー』 CAMELBAK(キャメルバック)『クラックス2.0Lリザーバー』 CAMELBAK(キャメルバック)『クラックス2.0Lリザーバー』

出典:Amazon

容量 2L
重量 210g
サイズ 縦38×横19×奥行6cm
飲み口カバー ×

ハイドレーションのパイオニア! 水漏れ防止つき

アウトドア愛好家からハイドレーションのパイオニアとして親しまれている、キャメルバックのハイドレーションパックです。給水口が大きいため、水を入れやすく、また洗いやすいのがポイントです。

さらに、水漏れがしないようロック機能が付いていたり、飲み口は噛んで吸うだけでかんたんに補給量が調整できます。容量も2Lと多すぎず少なすぎないのでハイキングや登山などあらゆる場面で活躍するでしょう。

フリーエディター&SUV生活研究家

オスプレー『レザヴォア 3L』はオスプレーのザックを使っていない方にもおすすめのモデル。水を入れたときの形状変化や堅牢性(けんろうせい)を考慮した、背面の素材とデザインが採用されています。ホースマグネットや吸い口のキャップなど、オプションが豊富なのもうれしいポイントです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

OSPREY(オスプレー)『レザヴォア 3L』

OSPREY(オスプレー)『レザヴォア3L』 OSPREY(オスプレー)『レザヴォア3L』 OSPREY(オスプレー)『レザヴォア3L』 OSPREY(オスプレー)『レザヴォア3L』

出典:Amazon

容量 3L
重量 310g
サイズ 縦39×横18.5×奥行8cm
飲み口カバー ×

水を入れても平らのままだから安定感◎

登山用の高性能なザックを展開するオスプレーのハイドレーションパックです。水を入れても平らな形を維持することができるのが特長です。そのため、ザックを背負って水が減ってきた際にも安定性をたもつことができ、登山中も快適です。

BPAフリーのほか、フタル酸塩も不使用、無鉛と安全性が高い点もうれしいポイントです。

フリーエディター&SUV生活研究家

ガイガーリグ『ハイドレーション エンジン』は元米軍軍人が考えたアイテム。空気の圧力で、水が噴き出すのが特徴です。吸うのがつらいような状況でも水が飲める上に、頭や顔などに水をかけることができます。サイズが大きくなってしまいますが、それをおぎなって余りある機能があります。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

GEIGERRIG(ガイガーリグ)『ハイドレーション エンジン』

GEIGERRIG(ガイガーリグ)『ハイドレーションエンジン』 GEIGERRIG(ガイガーリグ)『ハイドレーションエンジン』 GEIGERRIG(ガイガーリグ)『ハイドレーションエンジン』

出典:Amazon

容量 2L
重量 105g
サイズ 縦32×横18.5cm
飲み口カバー ×

口をつけず水分補給! 衛生的に使える

ガイガーリグは、ハイドレーションパックをメインに手掛けているアメリカのブランドです。このハイドレーションはポンプが付属している珍しいタイプ。ポンプをプッシュすることで、空気の圧力によって水を勢いよく噴射させることが可能で、マウスピースに口をつけずに水分補給ができます。

これにより、リザーバーへのバクテリアの侵入も防止。衛生的に使えるのがメリットです。

Platypus(プラティパス)『ホーサー』

Platypus(プラティパス)『ホーサー』 Platypus(プラティパス)『ホーサー』 Platypus(プラティパス)『ホーサー』 Platypus(プラティパス)『ホーサー』 Platypus(プラティパス)『ホーサー』

出典:Amazon

容量 2L
重量 102g
サイズ 縦40.5×横15cm
飲み口カバー ×

どんなザックにも収納しやすく耐久性も◎

アメリカの工場で厳しい品質管理のもとで製造されているプラティパスのハイドレーションパックです。リザーバーはラミネート加工により耐久性が高く、軽量で、あらゆるザックに収納しやすくなっています。また、BPAフリー素材を使っているためにおいなどがなく、おいしく水を飲むことができるのもポイント。

別売りのクロ―ジャーキャップを購入してチューブと交換すればウォータージャグとしても使用できます。100g前後と軽量なので登山やトレイルランニングなどにおすすめです。

SALOMON(サロモン)『SOFT RESERVOIR 1.5L』

SALOMON(サロモン)『SOFTRESERVOIR1.5L』 SALOMON(サロモン)『SOFTRESERVOIR1.5L』 SALOMON(サロモン)『SOFTRESERVOIR1.5L』 SALOMON(サロモン)『SOFTRESERVOIR1.5L』 SALOMON(サロモン)『SOFTRESERVOIR1.5L』

出典:Amazon

容量 1.5L
重量 120g
サイズ 縦31×横15cm
飲み口カバー ×

水が減っても圧縮されるから水揺れを感じない!

山を楽しむためのスポーツギアを開発し、マウンテンスポーツ界をリードしてきたサロモンのハイドレーションパックです。飲んで水分量が減ると圧縮される構造になっていて、水が揺れたりせず安定感を維持します。

くびれた形状なのでポケットに入れたときにほかの荷物との親和性が高く、ものが入れやすいのもメリットです。裏返しにできるので洗いやすく乾かしやすいため衛生的。軽い吸引で飲むことができるので登山中、ラクに水分補給ができるでしょう。

Platypus(プラティパス)『ビッグジップEVO』

Platypus(プラティパス)『ビッグジップEVO』 Platypus(プラティパス)『ビッグジップEVO』 Platypus(プラティパス)『ビッグジップEVO』 Platypus(プラティパス)『ビッグジップEVO』

出典:Amazon

容量 1.5L
重量 160g
サイズ 縦33×横21cm
飲み口カバー ×

片手でつかめるから水を注ぎやすい!

リザーバーを片手で運べるグリップつきで、給水時にも便利。グリップの取り外しもかんたんで、リザーバー内部の仕切りで口が開いた状態をキープしやすく、洗浄や乾燥もしやすいので衛生的に使うことができます。

BPAフリーでテイストフリーの素材を使用し、水を飲むときにいやなにおいがすることもありません。チューブの径が太めで流量が多いので、ひと口の飲む量が多めの方におすすめのハイドレーションパックです。

deuter(ドイター)『ストリーマー 3.0L』

deuter(ドイター)『ストリーマー3.0L』 deuter(ドイター)『ストリーマー3.0L』 deuter(ドイター)『ストリーマー3.0L』 deuter(ドイター)『ストリーマー3.0L』 deuter(ドイター)『ストリーマー3.0L』

出典:Amazon

容量 3L
重量 185g
サイズ 縦42cm
飲み口カバー

チューブが取り外し可能でお手入れがカンタン

1898年にドイツのアウクスブルクで創業した老舗リュックサックメーカー、ドイター。もともとは郵便局の配達袋を作っていたメーカーでしたが、本格的なアウトドア用品の製造をスタートし、現在も高品質なプロダクトを生産しています。

そんなドイターのリザーバーを使用したハイドレーションパックは、使い勝手のよいシンプルな設計。チューブがソフトパックから取り外しできて洗いやすいのも魅力です。

SOURCE(ソース)『ワイドパック 3.0L』

SOURCE(ソース)『ワイドパック3.0L』

出典:Amazon

容量 3L
重量 180g
サイズ 縦42.5×横21.5cm
飲み口カバー

汚れがつきにくく洗浄・乾燥しやすいから衛生的

雨が降りにくいイスラエルのメーカーの、ムダなく水分補給というところに重点を置いたハイドレーションパックです。リザーバー内部にはガラスのような表面をもつPEフィルムを採用し、汚れが付着しにくく、かつ水ににおいをつけにくいのがポイントです。

大きく開口するので水を注ぐのも便利で、洗いやすく乾燥もしやすいので衛生的。回して開閉できる飲み口で、ムダな水漏れを防ぐことができるのもポイントです。

SOURCE(ソース)『WXPリザーバー2L』

SOURCE(ソース)『WXPリザーバー2L』 SOURCE(ソース)『WXPリザーバー2L』 SOURCE(ソース)『WXPリザーバー2L』 SOURCE(ソース)『WXPリザーバー2L』 SOURCE(ソース)『WXPリザーバー2L』

出典:Amazon

容量 2L
重量 -
サイズ 縦38×横20×奥行3cm(奥行最大8cm)
飲み口カバー

飲み口カバーつき! 各国が愛用する本格モデル

バクテリアの増殖を抑制する素材を採用し、世界各国の警察や軍隊でも使用されているほど丈夫なハイドレーションパックです。

給水口は大きく開くため洗浄・乾燥がしやすく、またリザーバー本体の素材はガラスのような素材を使用しているので、水へのにおい移りも少なくてすみます。また、飲み口には汚れ防止のカバーが付いているため、衛生面が気になる方にもおすすめです。

OSPREY(オスプレー)『LT レザヴォア 1.5L』

OSPREY(オスプレー)『LTレザヴォア1.5L』 OSPREY(オスプレー)『LTレザヴォア1.5L』 OSPREY(オスプレー)『LTレザヴォア1.5L』 OSPREY(オスプレー)『LTレザヴォア1.5L』

出典:Amazon

容量 1.5L
重量 160g
サイズ 縦32×横19×奥行4cm
飲み口カバー ×

超軽量で給水口が広く給水も洗浄・乾燥もラク!

水をいれても樽型にふくらむことがなく、ザックに収納しやすい構造。また、超軽量なので登山やトレイルランニングなど少しでも荷物量を減らしたい方におすすめです。

飲み口カバーがないので汚さないよう気をつける必要がありますが、給水口は大きく開くスライドタイプのため、給水時もかんたん。洗浄もしやすいため衛生的です。

Hydrapak(ハイドラパック)『シェイプシフト 2L』

Hydrapak(ハイドラパック)『シェイプシフト2L』 Hydrapak(ハイドラパック)『シェイプシフト2L』 Hydrapak(ハイドラパック)『シェイプシフト2L』 Hydrapak(ハイドラパック)『シェイプシフト2L』 Hydrapak(ハイドラパック)『シェイプシフト2L』 Hydrapak(ハイドラパック)『シェイプシフト2L』 Hydrapak(ハイドラパック)『シェイプシフト2L』 Hydrapak(ハイドラパック)『シェイプシフト2L』

出典:Amazon

容量 2L
重量 141g
サイズ 縦34×横16.5cm
飲み口カバー ×

裏返して洗浄できる! 給水量がわかる目盛りつき

ハイドラパックは多くのアウトドア愛好家やアスリートからの意見を参考に、ハイドレーションパックの改良を続けてきたアメリカのブランド。給水口のトップはスライドでかんたんに取り外しが可能で、クリップやストラップなどで固定しやすい穴もあいています。

こちらのリザーバーは横に目盛りがついているので、飲んだ量や給水した量が分かりやすく、膨らみを抑えるバッフル構造もうれしいポイント。洗浄時は裏返しにすることもできるのでお手入れもしやすい構造です。

【凍結防止】ハイドレーションパックおすすめ1選 冬登山に欠かせない

冬登山や寒い環境下でハイドレーションバッグを使う場合、チューブの中に残ってしまった水が凍ってしまうことがあります。そもそもハイドレーションバッグを使用しないというてもありますが、もし使う場合には飲み終わりに息を吹き込んで、チューブの中の水を押し戻してあげるなどの工夫が必要です。

バッグやチューブの衛生面が気になるという方は、これから紹介するCAMELBAK(キャメルバック)『ストアウェイ 2.0L』のように、チューブにカバーがついているタイプなどを使うとチューブ内の水の凍結を防いでくれますよ。

CAMELBAK(キャメルバック)『ストアウェイ 2.0L』

CAMELBAK(キャメルバック)『ストアウェイ2.0L』

出典:Amazon

容量 2L
重量 350g
サイズ 縦34×横22cm
飲み口カバー ×

低温下でのチューブ内の水の凍結を防ぐモデル

低温化でハイドレーションバッグを使用するとチューブ内の水が凍ってしまい、思うように水が吸えない、もしくはチューブをいためてしまうことにもなります。

このハイドレーションバッグにはチューブの周りにカバーがついていて、寒冷地や雪山登山でもチューブ内の水が凍りにくい仕様になっています。冬季の登山などを考えている方におすすめのアイテムです。

「ハイドレーションパック」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
CAMELBAK(キャメルバック)『クラックス 2.0L リザーバー』
OSPREY(オスプレー)『レザヴォア 3L』
GEIGERRIG(ガイガーリグ)『ハイドレーション エンジン』
Platypus(プラティパス)『ホーサー』
SALOMON(サロモン)『SOFT RESERVOIR 1.5L』
Platypus(プラティパス)『ビッグジップEVO』
deuter(ドイター)『ストリーマー 3.0L』
SOURCE(ソース)『ワイドパック 3.0L』
SOURCE(ソース)『WXPリザーバー2L』
OSPREY(オスプレー)『LT レザヴォア 1.5L』
Hydrapak(ハイドラパック)『シェイプシフト 2L』
CAMELBAK(キャメルバック)『ストアウェイ 2.0L』
商品名 CAMELBAK(キャメルバック)『クラックス 2.0L リザーバー』 OSPREY(オスプレー)『レザヴォア 3L』 GEIGERRIG(ガイガーリグ)『ハイドレーション エンジン』 Platypus(プラティパス)『ホーサー』 SALOMON(サロモン)『SOFT RESERVOIR 1.5L』 Platypus(プラティパス)『ビッグジップEVO』 deuter(ドイター)『ストリーマー 3.0L』 SOURCE(ソース)『ワイドパック 3.0L』 SOURCE(ソース)『WXPリザーバー2L』 OSPREY(オスプレー)『LT レザヴォア 1.5L』 Hydrapak(ハイドラパック)『シェイプシフト 2L』 CAMELBAK(キャメルバック)『ストアウェイ 2.0L』
商品情報
特徴 ハイドレーションのパイオニア! 水漏れ防止つき 水を入れても平らのままだから安定感◎ 口をつけず水分補給! 衛生的に使える どんなザックにも収納しやすく耐久性も◎ 水が減っても圧縮されるから水揺れを感じない! 片手でつかめるから水を注ぎやすい! チューブが取り外し可能でお手入れがカンタン 汚れがつきにくく洗浄・乾燥しやすいから衛生的 飲み口カバーつき! 各国が愛用する本格モデル 超軽量で給水口が広く給水も洗浄・乾燥もラク! 裏返して洗浄できる! 給水量がわかる目盛りつき 低温下でのチューブ内の水の凍結を防ぐモデル
容量 2L 3L 2L 2L 1.5L 1.5L 3L 3L 2L 1.5L 2L 2L
重量 210g 310g 105g 102g 120g 160g 185g 180g - 160g 141g 350g
サイズ 縦38×横19×奥行6cm 縦39×横18.5×奥行8cm 縦32×横18.5cm 縦40.5×横15cm 縦31×横15cm 縦33×横21cm 縦42cm 縦42.5×横21.5cm 縦38×横20×奥行3cm(奥行最大8cm) 縦32×横19×奥行4cm 縦34×横16.5cm 縦34×横22cm
飲み口カバー × × × × × × × × ×
商品リンク

※各社通販サイトの 2020年4月24日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年4月24日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年4月24日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年4月24日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年4月24日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年4月24日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年4月24日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年4月24日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年4月24日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年4月24日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年4月24日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年4月24日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする ハイドレーションパックの売れ筋をチェック

Amazon、Yahoo!ショッピングでのハイドレーションパックの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:ハイドレーションパックランキング
Yahoo!ショッピング:ハイドレーションパックランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

そのほか関連商品の情報はこちら

水分補給に必要となる登山用水筒。登山では水を確保できる場所が限られており、脱水症状を防ぐためにも水筒の携帯は欠かせません。しかし登山用水筒を選ぼうと思っても、材質や形状、容量など、なにを基準に買えばいいか迷う方もいらっしゃるのではないでしょうか。そこで山岳/アウトドアライターの高橋庄太郎さんへ...

ロードバイクで走ると、体の水分はどんどん失われていきます。適度な水分補給をして、体に無理のない範囲で楽しみたいですね。自分にあった機能的なロードバイク専用のボトルを使用すると、余分な力を使わずにスムーズに水分補給をすることができます。しかし、ロードバイク用のボトルはたくさんのメーカーが販売して...

長距離を走るときやトレイルランニングに欠かせないランニングバックパックですが、通勤RUNで仕事の荷物や着替えを入れて背負うタイプ、長距離を走るために着替えや水分(ハイドレーションパック)・栄養ジェルなどを背負うタイプ、最低限の水分や栄養ジェルだけを背負うタイプなど、種類はさまざま。そんなランニ...

アウトドアライターの夏野 栄さんへの取材をもとに、登山用バックパックの選び方とおすすめ商品をご紹介します。登山は日常生活で使う道とは違い、舗装されてない道で、道具や食料を持ち運ぶ必要があります。場合によってはテントなどの大きなものを持って行かなければならず、必要なものをまとめられる登山用バック...

アウトドアライターが選ぶトレッキング用デイパックおすすめ商品5選をご紹介します。デイパックとは、1日分の装備を入れるための小型のバックパックのこと。この記事では、トレッキング用デイパックの選び方を、アウトドアライターの高橋庄太郎さんにうかがいました。サイズやフィット感、各部のディテール、防水性...

使用シーンに合わせた形状を

この記事ではハイドレーションパックの11商品をご紹介しました。ハイドレーションパックにはさまざまな容量があります。

また、洗いやすさや乾燥のしやすさ、水を入れたときの形状、専用ザックがついているかどうかなども選ぶポイントです。

あなたの使用シーンをふまえて、用途にあったハイドレーションパックを選んでみてくださいね。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


アノラックパーカーのおすすめ4選|プロが教える機能性抜群のメンズ用アウターの選び方

アノラックパーカーのおすすめ4選|プロが教える機能性抜群のメンズ用アウターの選び方

軽めのアウターとして山でも街でも活躍するアノラックパーカー。タウンユース向けにデザインを重視したタイプもありますが、アウトドアブランドのしっかりした作りのアノラックなら流行にとらわれずに長く着られ、機能性も優れています。防水性や防風性、耐摩耗性など、一口に機能性といってもいろいろあり、商品ごとに程度もさまざま。着回しと機能性のどちらを重視するかも考えどころで、商品選びに迷われている方も多いのではないでしょうか。本記事では「着こなし工学」提唱者であるライター・編集者の平 格彦さんへの取材をもとに、アウトドアブランドのアノラックパーカーの選び方とおすすめ商品を紹介します。


初心者におすすめのランニングシューズ14選|人気のナイキ・アシックス・ミズノなど

初心者におすすめのランニングシューズ14選|人気のナイキ・アシックス・ミズノなど

この記事では、スポーツトレーナーの内田英利さんへの取材をもとに、初心者におすすめのランニングシューズの選び方とイチオシ商品をご紹介! これからランニングをはじめる初心者にとって、自分の足にあった商品を選ぶことはとても大切。メンズ・レディース・ユニセックスに分けて、ナイキ、アシックス、ニューバランス、ミズノなど人気メーカーのシューズをたっぷり紹介していきます!


レインポンチョおすすめ10選【自転車通勤や台風対策にも】メンズ・レディース・キッズ

レインポンチョおすすめ10選【自転車通勤や台風対策にも】メンズ・レディース・キッズ

雨の日の自転車やアウトドアシーンなどで人気のレインポンチョ。機能性の高いものからおしゃれなデザインまで、幅広く展開されています。ここでは、キャンプライターの中山一弘さんにお話をうかがい、レインポンチョの選び方とおすすめ商品をご紹介。メンズレディースで着れる大人用と、キッズ用をセレクトしています。記事後半では、通販サイトの人気売れ筋ランキングも掲載しているので要チェックです!


ビクトリノックスナイフおすすめ11選│クラシック、スイスモダンなど厳選

ビクトリノックスナイフおすすめ11選│クラシック、スイスモダンなど厳選

ナイフには切る、刻む、むく、そぐ、つぶすなどたくさんの役割があります。ビクトリノックスはそれぞれの食材に合ったナイフを開発。ここでは、料理家・栄養士・国際中医薬膳師である竹内ひろみさんと編集部が選んだ、ビクトリノックスのナイフのおすすめ商品と選び方をご紹介します。


マイボトルおすすめ15選|洗いやすく・コンパクトから大容量まで【保冷・保温も】

マイボトルおすすめ15選|洗いやすく・コンパクトから大容量まで【保冷・保温も】

オフィスや学校、スポーツ、アウトドアなどさまざまな場面で活躍するマイボトル。選ぶときに気にするのは容量だけだと思っていませんか? マイボトルを選ぶときは、容量はもちろん、保温性や軽さ、洗いやすさなど、用途によって選ぶ基準がたくさんあります。本記事では、マイボトル選びに詳しいエコライター・曽我美穂さんにお話しをうかがい、おすすめのマイボトルをピックアップしてご紹介します。


新着記事


毎日開催【Amazonタイムセール】今日のおすすめ|2020年9月25日:ワンタッチテント

毎日開催【Amazonタイムセール】今日のおすすめ|2020年9月25日:ワンタッチテント

Amazonタイムセール、実は毎日開催しているのをご存じですか? そこで、タイムセールのなかから、編集部部員が個人的に欲しいと思う一品を毎日ガチで厳選! 今日のおすすめタイムセールはSoarmax『ワンタッチテント』。


毎日開催【Amazonタイムセール】今日のおすすめ|2020年9月24日:空気清浄機

毎日開催【Amazonタイムセール】今日のおすすめ|2020年9月24日:空気清浄機

Amazonタイムセール、実は毎日開催しているのをご存じですか? そこで、タイムセールのなかから、編集部部員が個人的に欲しいと思う一品を毎日ガチで厳選! 今日のおすすめタイムセールはシャープの空気清浄機『プラズマクラスター 7000』。


【プロ厳選ランキング】小型スマホおすすめ11選|高性能なものやおサイフケータイ対応のものも

【プロ厳選ランキング】小型スマホおすすめ11選|高性能なものやおサイフケータイ対応のものも

ITライターである酒井麻里子さんへの取材をもとに、小型スマホのおすすめ商品と選び方をご紹介します。ほどよい大きさで手におさまりやすい小型スマホ。大型化が進むスマホですが、扱いづらさを感じることもあり、小さいサイズを求めている方も多いのではないでしょうか? どれを選べばいいか悩んでいる方は、ぜひこの記事を参考にしてください。


車ハンドルカバーおすすめ15選|シンプルからかわいい・デザイン性が高いものまで!

車ハンドルカバーおすすめ15選|シンプルからかわいい・デザイン性が高いものまで!

車の内装グッズのなかでも、手軽に車内の雰囲気を変えられる「ハンドルカバー」。しかし、デザインや素材、サイズなどが幅広く、どれを選べばいいのか悩みますよね。この記事では、車ハンドルカバーの選び方のポイントを解説していきます。また、自動車ライターの塚田勝弘さんと編集部が、タイプ別に選んだ魅力的な商品15点もご紹介します。すてきなハンドルカバーを選んで、愛車でのドライブを楽しみましょう。


【2020年最新版】iPhone対応スピーカーおすすめランキング16選| Bluetooth対応&安定の有線タイプの商品を紹介!

【2020年最新版】iPhone対応スピーカーおすすめランキング16選| Bluetooth対応&安定の有線タイプの商品を紹介!

iPhoneに収録してある音楽を、本格的なイヤホンで楽しみたい人もいるのではないでしょうか。持ち運びのしやすいポータブルスピーカーなら、車内や旅行先でも音楽を楽しめますし、大きめで音質にこだわったスピーカーならば家でのリラックスタイムに重宝します。ここでは、ITライターの傍島康雄さんへの取材をもとに、iPhoneに対応しているスピーカーの選び方とおすすめの商品を全部で16商品ご紹介します。


アウトドア・キャンプの人気記事


>>もっと見る