【2020年最新】美味しいコーヒーメーカー種類別おすすめランキング20選

【2020年最新】美味しいコーヒーメーカー種類別おすすめランキング20選
家電プロレビュアー
石井 和美

白物家電のレビューを行う家電プロレビュアー。雑誌やWEBメディア、テレビなどで幅広く活躍中。 2018年より家電をレビューするためだけの一軒家タイプ「家電ラボ」を開設。 小物家電だけでなく、冷蔵庫や洗濯機といった大型家電もテストしている。 また、自身でも「家電blog」を運営する。

家電プロレビュアーの石井和美さんと509名に取材したコーヒーメーカーのランキングをご紹介します。買って良かった!と思えるコーヒーメーカーを選ぶために、購入の際に重視するポイントや上手な選び方などもご紹介。各商品のクチコミも掲載しましたので、ぜひ参考にしてください!


コーヒーメーカーには3種類それぞれ特徴と選び方がある 全自動、ミル付き、カプセル式、どれが好き?

コーヒーメーカーの種類には、大きく分けて、ドリップ式、カフェポッド式、カプセル式の3つがあります。

そして、コーヒーメーカーの種類によって選び方のポイントも変わってきます。下記でそれぞれの特徴と選び方を解説しているので、ぜひ参考にしてください。また、欲しい種類のコーヒーメーカーが決まっている場合は、下記のURLをクリックしていただくと、その種類のコーヒーメーカーの選び方にジャンプするので、こちらもご活用ください!

(A)ドリップ式コーヒーメーカーの特徴と選び方
(B)エスプレッソマシンの特徴と選び方
(C)カプセル式コーヒーメーカーの特徴と選び方

(A)ドリップ式コーヒーメーカーの特徴と選び方

ドリップ式:ペーパーフィルターや金属フィルターで抽出

ドリップ式コーヒーメーカーのイメージ写真
Payless images logo 7d75d46922da333d985fdbdff6420aad801d95739d2bd451a5187eec7ce851e9

コーヒーパウダーを入れたペーパーフィルターや金属フィルター内に沸騰したお湯を注いでコーヒーを抽出する方式です。 コーヒーメーカーは数多く発売されていますが、このドリップ式を採用している機種が一般的です。

ドリップ式は、ミル付きとミルなしの2つの機能に分けられます。

【 ミル付き 】
ミルとは、コーヒー豆を粉状に砕く機械で、ミル付きコーヒーメーカーとは、その機能をドリップ式コーヒーメーカー本体に内蔵したタイプです。
機種により差はあるものの、豆の挽き方からドリップ方法に至るまで、細かく調整できる機能や全自動でコーヒーが入れられるものもあります。自分好みのコーヒーを自宅で味わいたいという方は、ぜひミル付きコーヒーメーカーを試してみてください。

コーヒー豆は、粉状に挽いた瞬間から風味が抜けていきます。
そのためコーヒー豆を挽いた後すぐにコーヒーの抽出が始められるミル付きタイプは、コーヒー本来の風味を落とさず、おいしいコーヒーが飲めるので、コーヒー好きの人から支持されています。


【 ミルなし 】
コーヒー豆を挽いた状態のコーヒーパウダーを使います。ミルがないので低価格に抑えられます。
また、味にこだわる場合は個別にミルを購入し、コーヒー豆を砕くことでオリジナルの味も楽しむことができます。

本格的なコーヒーを「手軽に」楽しみたいという人におすすめです。

(※)ポイント:「ミル付き」の全自動なら挽き立てを楽しめる

家電プロレビュアー

ここ数年は「ミル付き」の全自動コーヒーメーカーがトレンドに。豆を購入し、本体に入れるだけで挽くところから淹れるところまで全自動で行ってくれます。

挽き方についてはプロペラ式や臼式、コーン式があります。より本格的なコーヒーを飲みたいのであれば、本体価格は高価ですが臼式やコーン式がおすすめです。

ドリップ式コーヒーメーカーの選び方 酸味のあるコーヒー?朝に飲みたい?好みに合わせてチェック!

【1】水タンクの容量をチェック

一回に飲むコーヒーの量を基準に水タンク容量を選択するとよいでしょう。

1杯ずつ抽出するタイプ、3~5杯を抽出するタイプ、7~10杯程度を抽出するタイプなどがありますが、一般的には、3~5杯を淹れられるタイプが標準となっています。

いつも淹れたてのコーヒーを味わいたいという人は、1杯ずつ用を、家族や数人で楽しみたいという人や、ひとりで数杯を作り置きしておきたい人は4~5杯用を、家族以外にも友人・知人を含めてたくさんの人でコーヒーを楽しむことが多い人は7~10杯用を選択するとよいでしょう。

【2】保温機能をチェック

一般的なコーヒーメーカーには、コーヒーを冷めさせない保温機能がありますが、電気を入れっぱなしにしていてコーヒーが煮詰まってしまった経験をした方も多いのではないでしょうか。

最近のコーヒーメーカーは、保温機能が改良されており、コーヒーを抽出した後、一定時間後に保温温度を下げるなど、コーヒー本来の風味を落とさず、いつでも淹れたてのおいしさを味わえるようになっています。

また保温性の高いステンレスサーバー付きのコーヒーメーカーも選択のひとつでしょう。

【3】浄水機能をチェック

コーヒーは、水やお湯で抽出するため、おいしいコーヒーを飲もうと思えば、水にもこだわりたいものです。水道水を使おうと考えている人は、ぜひ浄水機能付きのコーヒーメーカーを検討してみてください。

水道水がおいしくないと言われる原因は、消毒用の塩素によるカルキ臭。そのため塩素を除去することでコーヒーのおいしさが違ってきます。


ミネラルウォーターを使う場合
なお、余談ですが、市販のミネラルウォーターの種類によって、味も変わってきます。
一般的に、軟水はまろやかでクセのないすっきりした口当たり。硬水は、重量感があり独特の風味がある口当たりといわれます。

なので、まろやかで酸味のあるコーヒーを淹れたい場合には軟水を、苦みを引き出したい場合には硬水を選ぶことをおすすめします。

【4】タイマー機能をチェック

家電プロレビュアー

コーヒーメーカーのタイマー機能は便利です。でき上がりを朝にセットしておけば、コーヒーの香りで目覚めることも。

来客時にもあらかじめ設定しておけば、バタバタしなくてすみます。また、コーヒーメーカーは出しっぱなしにしておく場合が多いので、可能であれば大きさやデザインを確認するために実物を見ておきましょう。

【5】蒸らし機能をチェック

蒸らしはコーヒー抽出時にコーヒーの旨味をしっかりと引き出すための準備作業です。

ドリップの最初に少量のお湯をコーヒーパウダーにかけ、2回目のお湯の投入までに30秒~1分ほど時間をあけると、コーヒー粒の内部にお湯がよく浸透し、コーヒー成分がしっかりと溶け出し、コーヒーのおいしさをまるごと抽出できるのです。

【6】アイスコーヒー機能をチェック

同じコーヒー豆でもホットとアイスでは、味わいが違います。実は、冷たいコーヒーのほうが酸味を感じやすいのです。

暑い日にアイスコーヒーが作れるというだけではなく、コーヒーの楽しみ方をひとつ増やしてくれる機能として、アイスコーヒーが作れるコーヒーメーカーを選んでみても良いかもしれません。

【7】お手入れ方法をチェック 洗いやすさがポイント!

水タンクは、水道水の塩素やミネラルが固着しやすいため、水タンクが取りはずせるタイプを選ぶと、洗浄が非常にラクで衛生的に使えます。

フィルター部分の取りはずしができるかどうかもメンテナンス上、大きなポイントです。ミルの清掃は、自動のミル洗浄機能があるタイプが非常に便利でしょう。

【8】フィルターの種類をチェック

ドリップ式のフィルターの種類は、紙フィルターとメッシュフィルターがあります。メッシュフィルターの素材は、金属、樹脂など。コーヒーパウダーをダイレクトに入れてコーヒーを抽出します。

紙フィルターの場合
紙フィルターは、しっかり濾過できるので、エグみが除かれ、スッキリとした味わいとなります。

メッシュフィルターの場合
メッシュフィルターは、油分が多く含まれ、コクのある味わいに仕上がります。

『(A)ドリップ式コーヒーメーカーおすすめ人気ランキング3選』を見る

(B)エスプレッソマシンの特徴と選び方

エスプレッソマシン:高温のお湯で濃いコーヒーを抽出する

エスプレッソマシンの画像
Payless images logo 7d75d46922da333d985fdbdff6420aad801d95739d2bd451a5187eec7ce851e9

エスプレッソマシンとは、粉末の様に細かく挽いたコーヒー豆を高圧のお湯で抽出することで、通常よりも濃いコーヒーを淹れることができるマシンのこと。

エスプレッソを淹れる際は基本的に、豆挽き→タンピング(挽いた豆を圧縮する作業)→抽出の流れで行います。

豆挽きから抽出まで全て一括で行える全自動タイプのものや、豆挽き(ミル使用)が分かれているセミオートタイプなどの種類があります。
機種により、カプチーノを作るためのフォームミルクを作れるスチーマがついているものもあります。

エスプレッソマシンの選び方 お家でもバリスタが作ったような味わいを!

【1】全自動か半自動かをチェック

【全自動】
全自動はコーヒー豆を挽くところから抽出するところまでを全てマシンが行ってくれて、手軽においしいエスプレッソが作れます。

コーヒー豆と水があれば、特に必要な作業はありません。マシンに豆と水をセットし、抽出温度や濃さなどの好みを調整してボタンを押すだけです。高性能なこともあり、本体サイズは大きく、価格も高めです。


(※)ポイント:手軽で美味しくエスプレッソ淹れるなら全自動タイプ

家電プロレビュアー

香り高いできたてのエスプレッソを気軽に楽しみたいのなら、本体価格は高価ですが、全自動タイプがおすすめです。

コーヒー豆やコーヒー粉を投入するだけで抽出まで行ってくれるため、テクニックがなくとも簡単にエスプレッソが完成します。

【半自動】
半自動はコーヒーの抽出のみなので、あらかじめコーヒー豆をグラインダーで細かく挽いたり、ポルタフィルターという器具にコーヒー粉を詰めたりする作業が必要です。

※グラインダー
ミルとほぼ同じですが、エスプレッソ用により細かく粉砕できるタイプを指す

手間は掛かりますが、エスプレッソを作る楽しさを実感できます。全自動に比べて機能が少ないので本体サイズもコンパクトで低価格です。


(※)ポイント:自分で調整しながら作るならセミオート(半自動)

家電プロレビュアー

エスプレッソを自分で調整しながら作りたい方に最適なのはセミオート(半自動)のエスプレッソマシンです。

コーヒーパウダーをポルタフィルターに敷き詰める「タンピング」という作業が必要で、この作業によって味が変わります。

【2】エスプレッソの要:ポンプ圧力をチェック

エスプレッソは、コーヒーの粉を高温・高圧の状態で抽出するため、ポンプの性能が非常に重要です。

一般にエスプレッソ抽出時に最適な圧力は9~10気圧といわれています。また上位機種では、スチーマー用とコーヒー抽出用でポンプが別々に用意されているので、コーヒー抽出と同時にミルクスチームが行えます。

【3】コーヒーパウダー・ポッド対応かをチェック

ポッドはコーヒーパウダーをペーパーフィルターでパックしたものですが、このポッドを使えば、ポルタフィルターにコーヒーパウダーを詰めるタンピングという作業が必要なくなり、手軽にエスプレッソを淹れられます。

またコーヒーパウダーのタンピング時の詰め加減により抽出される味が変わってきますが、ポッドは安定したテイストのエスプレッソを楽しむことができます。

【4】ミルクスチームが可能かチェック

スチーム機能があればエスプレッソだけではなく、カプチーノやカフェモカなどが楽しめます。

ミルクをおいしく仕上げることができれば、コーヒーのおいしさが一段とアップします。スチーム性能だけではなく、ノズルの形状、長さ、材質などもチェックしてみましょう。

【5】お手入れがカンタンかチェック

コーヒーの抽出まわりはもちろんですが、ミルクスチーム周りも汚れやすくお手入れが欠かせません。水タンクの着脱など、各部品の取りはずしができるので丸洗い可能!手入れのしやすさも見逃せないポイントです。

【6】コスパ重視の安いマシンか本格マシンか価格帯をチェック

エスプレッソマシンを初めて購入する初心者さんは、まずはコスパの高いエントリーモデルから始めてみるのが良いかもしれません。

最初に半自動タイプでエスプレッソを淹れる楽しみを実感し、おいしい淹れ方をいろいろと試してみて、もっと楽しみたいと思ったときに、全自動マシンを検討してもよいでしょう。

『(B)エスプレッソマシンおすすめ人気ランキング4選』を見る

(C)カプセル式コーヒーメーカーの特徴と選び方

カプセル(ポーション)式(メーカー独自規格)

カプセル式コーヒーメーカーのイメージしゃしん写真
Payless images logo 7d75d46922da333d985fdbdff6420aad801d95739d2bd451a5187eec7ce851e9

必要な量のコーヒー豆がセットされた専用カプセルを使ってコーヒーを作るタイプです。
個包装でコーヒー豆の鮮度が保たれているので、ボタン1つのカンタン操作でいつでもおいしいコーヒーが作れるところが魅力です。

コーヒーの種類が豊富なことも魅力のひとつ。手軽に自宅でいろいろなコーヒーを飲みたい人に向いています。

カプセル式は、各メーカーの独自規格のため、専用カプセルと専用コーヒーメーカーでコーヒーを抽出します。UCCのドリップポッドとネスレのカプセルが代表的です。

(★)カフェポッド式(共通規格)もある

カフェポッド式コーヒーメーカーのイメージ写真
Payless images logo 7d75d46922da333d985fdbdff6420aad801d95739d2bd451a5187eec7ce851e9

ペーパーの中にコーヒーの粉がパックされ、そのパックをコーヒーメーカーにセットして、コーヒーを抽出するタイプです。そのパックされたポッドをカフェポッドと呼びますが、共通規格でありメーカーやマシンを問わず互換性があります。

商品数が少ないため、本記事では割愛しますが、カプセル式と同じく、手軽に美味しいコーヒーが飲めるので選択肢のひとつに入れてもいいかもしれません。


(※)ポイント:ポッド式やカプセル式はフィルターレス。味も安定!

家電プロレビュアー

手軽で安定した味を楽しめるのはポッド式やカプセル式です。

コーヒーの粉をスプーンですくっていれたり、ペーパーフィルターをセットしたりする必要がなく簡単です。
ポッドはスーパーなどでも購入できるようになりましたが、カプセルはネットなどで取り寄せることがほとんどなので、そちらの手間はかかります。

カプセル式コーヒーメーカーの選び方

カプセル式は、各メーカーの独自規格ですが、代表的なものは、UCCのカフェカプセルとUCCのドリップポッドです。

独自規格で互換性がないため、コーヒーメーカーを選ぶ際には、コーヒーメーカー本体とカプセルとをトータルで比較・検討するようにしてください。とくにカプセルは、コーヒーの種類や味、コーヒー以外のバラエティさなどのほか、1個あたりのランニングコストなども含めて考えてみましょう。

【1】ネスレの場合

ネスレは、加圧抽出であるため、クレマ(泡)つきでコクのあるコーヒーが楽しめるだけでなく、エスプレッソを含めた合計14種類のコーヒーやお茶を楽しむことができます。

【2】UCCの場合

また、UCCは、ドリップポッドの種類が20種類以上と様々なコーヒーを淹れられるのが特徴です。抽出方法はドリップ式となります。

家電プロレビュアー

手間をかけずに便利なのはポッドやカプセル式

手間をかけずに、本格的なエスプレッソをサッと飲みたいのであれば、ポッドやカプセル式が便利です。

飲んだ後のお手入れが簡単。ただし、ポッドやカプセルは一杯当たりの単価は高くなります。

『(C)カプセル式コーヒーメーカーおすすめ人気ランキング3選』を見る

コーヒーメーカーのおすすめ人気メーカー ランキング前にご紹介!

各社それぞれの研究・開発を行い、独自の特徴を持ったコーヒーメーカー。特徴などを抑えると、少し違った商品選びができますよ!

パナソニック ユーザーのこだわりまで満足させる!

浄水機能や保温機能など自宅で手軽においしいコーヒーが飲める基本機能は押さえつつ、ユーザーの好みに応じて色々なテイストを味わえるよう、豆の挽き方やドリップの方法にまでこだわったつくりになっています。

メリタ ハンドドリップのおいしいコーヒーを追求!ポット専用マシンも販売!

ペーパードリップシステムを考案した同社がたどり着いた結論は、ドリップの一つ穴抽出です。そのドリップ方式を守りながら、ハンドドリップのおいしさをそのままに、少人数から大人数まで、ガラスサーバーやステンレスポット、ポッド専用マシンなどユーザーニーズを捉えた豊富なラインナップが特徴となっています。

シロカ ミル内蔵ながらコンパクトかつスタイリッシュ!会社用としてもアリ!

2000年創業のファブレスメーカー。主力であるミル内蔵の全自動モデルは、2ラインの構成、機能の組み合わせにより全9製品をラインナップしています。クロスラインシリーズは、コンパクトでスクウェアデザインのシンプル設計が特徴です。

デロンギ エスプレッソの本場イタリアの味を堪能できるオシャレなコーヒーメーカー!

イタリアを感じさせるデザインと高い品質に定評があります。コーヒーからエスプレッソまで幅広く対応しており、高性能モデルからエントリーモデルまで幅広くラインナップされています。業務用マシンをベースに家庭用モデルが開発されているため、高スペックな製品が多く信頼性も高いのが特徴です。

ネスレ(ネスカフェ) コーヒーを楽しむ新しいライフスタイルを提案!

カプセル式コーヒーの独自企画を推進するなど、コーヒーを楽しむライフスタイルを提案しています。コーヒーの種類も豊富で、マシンも購入やレンタルが選べるなど、ユーザーのライフスタイルや利用用途に合わせて活用できる利便性の高さが特徴です。

(A)ドリップ式コーヒーメーカーおすすめ人気ランキング3選 全自動ミル付きタイプやお手入れ簡単なものまで!

ドリップ式コーヒーメーカーランキングの画像

続いては、ユーザーが選んだ【ドリップ式】コーヒーメーカーランキングです!

ユーザー509名のうち「自宅でコーヒーメーカーを使っている」と答えた237名を対象にアンケートを実施し、おすすめのコーヒーメーカーについてお聞きしました!

「サーバーのおしゃれさ」「全自動かどうか」「価格」など、様々なポイントから商品を選んでみてくださいね!また、各商品のクチコミも掲載していますので、こちらもぜひ参考にしてください!

【第3位】タイガー 『カフェバリエ(ACT-B040-DV)』

タイガー『カフェバリエ(ACT-B040-DV)』 タイガー『カフェバリエ(ACT-B040-DV)』 タイガー『カフェバリエ(ACT-B040-DV)』 タイガー『カフェバリエ(ACT-B040-DV)』 タイガー『カフェバリエ(ACT-B040-DV)』 タイガー『カフェバリエ(ACT-B040-DV)』 タイガー『カフェバリエ(ACT-B040-DV)』 タイガー『カフェバリエ(ACT-B040-DV)』 タイガー『カフェバリエ(ACT-B040-DV)』 タイガー『カフェバリエ(ACT-B040-DV)』

出典:Amazon

サイズ 幅18.1×奥行27.9×高さ34.2cm
抽出量 2~4杯(カフェポッド、ドリップポッドは1杯)
フィルター ペーパーフィルター、カフェポッド、ドリップポッド
サーバー ステンレス製
その他 蒸らし機能あり、給水タンクの着脱可
ポンプ圧力 -
タンク容量 -

3通りのドリップ方法を採用

大容量ステンレスサーバーがついたレギュラードリップ、ドリップポッド、カフェポッドの3通りの淹れ方ができる数少ない機種です。

レギュラードリップは、スチーム蒸らしによりコーヒー成分をしっかり抽出。またタイガー魔法瓶独自の深リブフィルターにより蒸らしたコーヒーを真空ステンレスサーバーに抽出すれば、おいしさそのままに保温もできます。

消し忘れのない「オートオフ機能」、「着脱式水タンク」は給水もお手入れもカンタンに行えます。


【クチコミ(アンケート回答より)】
ある程度、多めに作っても作り置きができるくらいの容量がある(44歳 男性)
好きなだけ飲める(42歳 男性)
手入れが簡単(43歳 男性)
古い機種だからかもしれないが、出来るまでが遅い(44歳 男性)

【第2位】パナソニック 『沸騰浄水コーヒーメーカー(NC-A57)』

パナソニック『沸騰浄水コーヒーメーカー(NC-A57)』

出典:Amazon

サイズ 幅22×奥行24.5×高さ34.5cm
抽出量 1~5杯
フィルター ペーパーフィルター
サーバー ガラス製
その他 蒸らし機能・浄水機能あり、給水タンクの着脱可、保温自動OFF
ポンプ圧力 -
タンク容量 -

豆の挽き~ミル洗浄まで全てが全自動!

豆挽き、抽出、保温までを、加えてミルの洗浄までも全自動で行ってくれます。

豆の挽き分け(粗挽き、中細挽き)と、抽出モード(マイルド/リッチ)の組み合わせで4つのテイストを味わうことができます。活性炭フィルターでの浄水により、カルキを90%以上カット、コーヒーの旨味を逃しません。

ミルの洗浄機能、抽出後30分経過すると自動で保温温度を低くして煮詰まりを防ぐ機能やリムーバブルタンクの採用によるメンテナンス面など、ユーザーも納得の1台といえるでしょう。


【クチコミ(アンケート回答より)】
フィルターと豆を見なくてもセットするだけで自動でコーヒーが出来上がるので便利(47歳 男性)
豆・粉両方でコーヒーを作れる(46歳 男性)
フィルターが少しずれてしまうとお湯がうまく落ちずにほとんどがこぼれてしまいます(47歳 男性)
片付が面倒です(46歳 女性)

【第1位】パナソニック『コーヒーメーカー NC-R500』

パナソニック『コーヒーメーカーNC-R500』 パナソニック『コーヒーメーカーNC-R500』 パナソニック『コーヒーメーカーNC-R500』 パナソニック『コーヒーメーカーNC-R500』 パナソニック『コーヒーメーカーNC-R500』 パナソニック『コーヒーメーカーNC-R500』 パナソニック『コーヒーメーカーNC-R500』 パナソニック『コーヒーメーカーNC-R500』

出典:Amazon

サイズ 幅24.5×奥行17×高さ30cm
抽出量 1~5杯
フィルター ステンレスフィルター
サーバー ガラス製
その他 蒸らし機能・浄水機能あり、給水タンクの着脱可、保温自動OFF
ポンプ圧力 -
タンク容量 -

ユーザーの好みに細かく応えるうれしい1台

粗挽き、中細挽きの豆の挽き分けができ、フィルターもステンレスとペーパーを選べます。

ドリップ方式もバスケット内の手動の切り替えレバーにより「蒸らして一気ドリップ」と「W(ダブル)ドリップ」が選べ、テイストもマイルド、リッチ、アイスから選択が可能となっています。ユーザーの好みをこれだけ多く実現できる機種はなかなかありません。

これらに加えて、コーヒー豆の種類や使用する水までを組み合わせれば、本当にたくさんのオリジナルコーヒーが作れます。浄水機能やリムーバブルタンクなど便利な機能も搭載。


【クチコミ(アンケート回答より)】
朝、時間がなくても簡単なので、家族みんな重宝している(41歳 女性)
難しい操作を必要とせず扱いやすいので助かります(43歳 男性)
毎日飲めばコストメリットがある(41歳 男性)
水を入れる容器が小さい(43歳 男性)
場所を取るので少し不便。コードも邪魔になっている(41歳 女性)

(B)エスプレッソマシンおすすめ人気ランキング4選 本格的な美味しさやバリスタの味を追求できるタイプをご紹介!

エスプレッソマシンのコーヒーメーカーランキングの画像

続いては、ユーザーが選んだ【エスプレッソマシン】コーヒーメーカーランキングです!

「サーバーのおしゃれさ」「全自動かどうか」「価格」など、様々なポイントから商品を選んでみてくださいね!また、各商品のクチコミも掲載していますので、こちらもぜひ参考にしてください!

【第3位(同率)】デロンギ『エスプレッソ・カプチーノメーカー EC221』

デロンギ『エスプレッソ・カプチーノメーカーEC221』

出典:Amazon

サイズ 幅24×奥行28×高さ32cm
抽出量 -
フィルター -
サーバー -
その他 -
ポンプ圧力 最大15気圧
タンク容量 1L

かわいいデザインとカラーで満足度も高い

イタリアらしいフォルムが美しいおしゃれな一台。

鮮やかな4カラーのラインナップとなっています。湯温はエスプレッソ抽出に最適な90°にコントールされ、高気圧(9気圧)で一気に成分を抽出するため、きめ細かいクレマと芳醇な香りが楽しめます。高性能スチームでフロスミルクもカンタンに作れ、カプチーノやカフェオレも楽しめます。

パウダーとポッドの両対応で、専用ホルダーを使えばカフェポッドでの抽出もカンタンにできます。使用後30分でのオートオフ機能を備えある安心の設計となっています。


【クチコミ(アンケート回答より)】
値段が安かったので買いました(29歳 男性)

【第3位(同率)】デロンギ『エレッタ カプチーノ コンパクト全自動コーヒーマシン(ECAM44660) 』

デロンギ『エレッタカプチーノコンパクト全自動コーヒーマシン(ECAM44660)』 デロンギ『エレッタカプチーノコンパクト全自動コーヒーマシン(ECAM44660)』 デロンギ『エレッタカプチーノコンパクト全自動コーヒーマシン(ECAM44660)』 デロンギ『エレッタカプチーノコンパクト全自動コーヒーマシン(ECAM44660)』

出典:Amazon

サイズ 幅26.0×奥行46.0×高さ36.0cm
抽出量 -
フィルター -
サーバー -
その他 自動電源オフ機能、着脱式抽出ユニット、洗浄機能あり、ほか
ポンプ圧力 15気圧(抽出時9気圧)
タンク容量 2.0L

ボタン一つで挽きたて本格コーヒーが楽しめる

デロンギのコーヒーメーカーは、ボタンを押すだけでおいしいコーヒーが楽しめる全自動式。

豆挽きから抽出まで香りと旨味を逃さずに至福の一杯を堪能できるうえに、一杯ずつ豆を挽くので、挽きたての味わいと安心感もあります。

ボタン操作だけで自動でカプチーノを作れるオートカプチーノ機能つき。コーヒー豆の補充や給水など、全操作がフロントオペレーションでできるので、コーヒーにこだわりたい人にはおすすめです。


【クチコミ(アンケート回答より)】
エスプレッソを作れるから嬉しい(38歳 男性)
朝から美味しいコーヒーを飲めるから気分がよくなる(36歳 男性)
操作が難しいのと、キッチンに置く場所がかなり取られるのでそこが難点だと思う(38歳 男性)

【第2位】デロンギ『コンビコーヒーメーカー BCO410J』

デロンギ『コンビコーヒーメーカーBCO410J』

出典:Amazon

サイズ 幅37×奥行29.5×高さ32cm
抽出量 10杯(ドリップ)、1~2杯同時抽出(エスプレッソ)
フィルター ゴールドフィルター(ドリップ)、 ポッド式&パウダー(エスプレッソ)
サーバー ガラス製(ドリップ)
その他 浄水機能あり、給水タンクの着脱可(エスプレッソ用のみ)
ポンプ圧力 -
タンク容量 -

3つの味を1台で楽しめる贅沢な高性能マシン

ドリップ&エスプレッソマシン。
独自のフィルターバスケット形状でコーヒーの対流時間を長く保ち、コーヒー本来の風味と香りを引き出すことができます。

またプロのコーヒーテイスターも愛用する23.8金のゴールドフィルターにより、コクのある濃厚なコーヒーも味わえます。

高性能スチームノズルにより、フォームミルクがカンタンにつくれるので、ドリップコーヒーのほかにもエスプレッソ、カプチーノ、カフェラテが楽しめます。 エスプレッソはポッドとパウダーの両対応(専用ホルダー)、ドリップとエスプレッソの同時抽出もできる、便利な1台です。

【クチコミ(アンケート回答より)】
コーヒーが早く出来上がり、重宝していますが、少しスペースを取ります(45歳 男性)

【第1位】デロンギ『エスプレッソ・カプチーノメーカー EC152J』

デロンギ『エスプレッソ・カプチーノメーカーEC152J』 デロンギ『エスプレッソ・カプチーノメーカーEC152J』 デロンギ『エスプレッソ・カプチーノメーカーEC152J』 デロンギ『エスプレッソ・カプチーノメーカーEC152J』 デロンギ『エスプレッソ・カプチーノメーカーEC152J』 デロンギ『エスプレッソ・カプチーノメーカーEC152J』 デロンギ『エスプレッソ・カプチーノメーカーEC152J』 デロンギ『エスプレッソ・カプチーノメーカーEC152J』

出典:Amazon

サイズ 幅19.5×奥行24.5×高さ29cm
抽出量 -
フィルター -
サーバー -
その他 -
ポンプ圧力 最大15気圧
タンク容量 1L

デロンギの小型ベーシックモデル。2杯同時もOK!

エスプレッソ専用マシンのエントリーモデル。
ポッドとパウダーの両方に対応(専用ホルダー)、2カップ同時抽出が可能、本体一体型のスチームノズルを搭載など、本体は非常にコンパクトながら機能は充実しています。


【クチコミ(アンケート回答より)】
機能性はいいですが、お手入れに手間がかかる(37歳 男性)

(C)カプセル式コーヒーメーカーおすすめ人気ランキング3選 置き場所にも困らない手軽で簡単なタイプをご紹介!

カプセル式コーヒーメーカーランキングの画像

続いては、ユーザーが選んだ【カプセル式】コーヒーメーカーランキングです!

「サーバーのおしゃれさ」「全自動かどうか」「価格」など、様々なポイントから商品を選んでみてくださいね!また、各商品のクチコミも掲載していますので、こちらもぜひ参考にしてください!

【第3位】ネスプレッソ『ラティシマ・ワン F111BW』

ネスプレッソ『ラティシマ・ワンF111BW』 ネスプレッソ『ラティシマ・ワンF111BW』 ネスプレッソ『ラティシマ・ワンF111BW』 ネスプレッソ『ラティシマ・ワンF111BW』 ネスプレッソ『ラティシマ・ワンF111BW』 ネスプレッソ『ラティシマ・ワンF111BW』

出典:Amazon

サイズ 幅15.4×奥行32.4×高さ26.5cm
抽出量 -
フィルター -
サーバー -
その他 -
ポンプ圧力 最大19気圧
タンク容量 1L

ミルクメニューをボタンひとつでカンタンにつくれる

エスプレッソのほかに、ルンゴ、カプチーノ、ラテ・マッキャートを淹れられるマシン。
電源を入れてから抽出可能な状態まではわずか約25秒と待たせません。

コーヒーもミルクもボタン1つで設定できます。好みに合わせて作りたい場合には、プログラムモードでコーヒーの抽出量を設定できます。


【クチコミ(アンケート回答より)】
本格的なラテが飲める。でも掃除はちょっと大変です(41歳 女性)


【第2位】ネスカフェ 『ドルチェグスト ジェニオアイ(MD9747S)』

ネスカフェドルチェグストジェニオアイホワイトMD9747S-WHMD9747S-WH ネスカフェドルチェグストジェニオアイホワイトMD9747S-WHMD9747S-WH ネスカフェドルチェグストジェニオアイホワイトMD9747S-WHMD9747S-WH

出典:Amazon

サイズ 幅16.5x高さ30x奥行23.1cm
抽出量 -
フィルター -
サーバー -
その他 カプセル対応、着脱タンク、オートオフ
ポンプ圧力 15 気圧
タンク容量 650 ml

自宅で、圧倒的バリエーションを楽しめる

お家で、カフェクオリティのコーヒーを楽しめるカプセル式カフェシステム『ドルチェグスト』。

特徴的なのは、圧倒的なパリエーションの多さ。カプセルを変えれば、抹茶、ミルクティー、ココア、ラテなど20種類以上のメニューを楽しむことができます。

カプセル自体にもこだわりがあり、世界中から厳選豆を集め、ブレンド・焙煎、酸素を抜いた特許技術で5層構造に密封し、抽出時のコーヒーの美味しさを引き立てます。

Bluetooth機能を搭載し、専用の「ネスカフェアプリ」と連動させるなど、機能も幅広いです。


【クチコミ(アンケート回答より)】
自分好みのコーヒーが作りやすい(34歳 男性)
手軽に飲めます(44歳 男性)
電気代がかかる、コーヒーの抽出に時間がかかる(37歳 男性)
連続して使いにくい(39歳 男性)

【第1位】ネスカフェ 『ドルチェ グスト ジェニオ2 プレミアム』

ネスカフェ『ドルチェグストジェニオ2プレミアム』 ネスカフェ『ドルチェグストジェニオ2プレミアム』 ネスカフェ『ドルチェグストジェニオ2プレミアム』 ネスカフェ『ドルチェグストジェニオ2プレミアム』 ネスカフェ『ドルチェグストジェニオ2プレミアム』 ネスカフェ『ドルチェグストジェニオ2プレミアム』 ネスカフェ『ドルチェグストジェニオ2プレミアム』 ネスカフェ『ドルチェグストジェニオ2プレミアム』

出典:Amazon

サイズ 幅16.5× 奥行25.7×高さ29.6cm
抽出量 -
フィルター カプセル式
サーバー -
その他 -
ポンプ圧力 -
タンク容量 1L

一杯ずつ淹れるカプセル式のコーヒーメーカー

いつも淹れたての味と香りを楽しめる、カプセル式のコーヒーメーカー。一杯ずつ淹れるタイプなので、一人暮らしの方にぴったりです。

カフェラテやエスプレッソといった王道コーヒーだけでなく、チョコチーノや抹茶などの変わりダネコーヒーも楽しめるなど、まるでお家がカフェになったかのようなカプセル式マシンです。

また、最大15気圧のポンプ圧力によるきめ細やかなクレマも特徴で、本格的なラテも楽しめます。コーヒーの味だけでなく、見た目のスタイリッシュさも楽しめるコーヒーメーカーです。


【クチコミ(アンケート回答より)】
いれたての香りがとてもいいしデザインもおしゃれ(44歳 女性)
カプセルと水を入れるだけなので簡単(43歳 男性)
カプセルもコストコで安く売っていたりするので買いやすい(27歳 女性)
音がちょっとうるさい。(49歳 男性)
キッチンで場所をとります(41歳 男性)

【プロのおすすめはコレ】コーヒーメーカーランキング10選 石井さんの目線でおすすめする商品はどれ?口コミ・評判もチェック!

石井さんが選ぶコーヒーメーカーランキングの画像

それでは早速、おすすめランキングを発表していきます!

まずは、プロ家電レビュアーの石井和美さんが選ぶ、おすすめコーヒーメーカーランキングです。プロならではの視点でランキングにしていただきました。509人のアンケート調査で得られた、同商品のクチコミも掲載しましたので、ぜひ参考にしてくださいね。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

【第10位】メリタ『ノアSKT54』

メリタ『ノアSKT54』

出典:楽天市場

サイズ 幅26.5x奥行15.2x高さ31.1cm
抽出量 約5杯分
フィルター ペーパーフィルター
サーバー ステンレス製
その他 -
ポンプ圧力 -
タンク容量 -

Thumb lg c21cb16f 9460 4fe2 bda9 9b0996000253

家電プロレビュアー

深煎りで苦めのコーヒーが好みの方に

メリタ式の一つ穴抽出で、深煎りの苦いコーヒーをドリップするには向いていて、しっかりとしたコクを楽しむことができます。

大口径のステンレスサーバーでお手入れも簡単。氷も入れられるのでアイスコーヒーも簡単にできます。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

【第9位】ネスカフェ 『ドルチェ グスト ジェニオ2 プレミアム』

ネスカフェ『ドルチェグストジェニオ2プレミアム』

出典:Amazon

サイズ 幅16.5× 奥行25.7×高さ29.6cm
抽出量 -
フィルター カプセル式
サーバー -
その他 -
ポンプ圧力 -
タンク容量 1L

Thumb lg c21cb16f 9460 4fe2 bda9 9b0996000253

家電プロレビュアー

一杯ずつ淹れるカプセル式のコーヒーメーカー

カプセル式で一杯ずつ淹れるから品質が損なわれず(酸化しない)、いつも淹れたての味と香りを楽しめます。また、カプセルを変えれば紅茶も楽しめます。

最大15気圧のポンプ圧力によるきめ細やかなクレマも特徴。コーヒーだけでなく抹茶や紅茶などのカプセルの種類も豊富です。

【クチコミ(アンケート回答より)】
カプセルと水を入れるだけなので簡単(43歳 男性)
いれたての香りがとてもいいしデザインもおしゃれ(44歳 女性)
めちゃくちゃ起動が早いので、朝の忙しい時間帯に、めちゃくちゃコーヒーが簡単に飲めるのがいいです(42歳 男性)
美味しいコーヒーを飲みたい時に、簡単に淹れることができる(48歳 男性)

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

【第8位】ハリオ『珈琲王 コーヒーメーカー V60 EVCM-5TB』

ハリオ『珈琲王コーヒーメーカーV60EVCM-5TB』

出典:Amazon

サイズ 幅23×奥行24×高 32.7cm
抽出量 2~5杯
フィルター ペーパーフィルター
サーバー ガラス製
その他 蒸らし機能あり
ポンプ圧力 -
タンク容量 -

Thumb lg c21cb16f 9460 4fe2 bda9 9b0996000253

家電プロレビュアー

喫茶店のようなコーヒーの旨味を引き出す商品

21穴の抽出口により、コーヒー粉全体に柔らかくお湯をかけます。抽出口から出るお湯は95℃前後の高温で、コーヒー本来の旨味をしっかり堪能できます。

ぬるいコーヒーは苦手、アツアツのコーヒーを楽しみたいという方にピッタリです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

【第7位】タイガー魔法瓶『GRAND X(グランエックス) ACQ-X020』

タイガー魔法瓶『GRANDX(グランエックス)ACQ-X020』

出典:Amazon

サイズ 幅22.6×奥行19.9×高さ29.8cm
抽出量 1~2杯
フィルター チタンメッシュフィルター
サーバー -
その他 蒸らし機能あり、給水タンクの着脱可
ポンプ圧力 -
タンク容量 -

Thumb lg c21cb16f 9460 4fe2 bda9 9b0996000253

家電プロレビュアー

豆が主役になるコーヒーメーカー

タイガー独自の蒸気プレス式を採用。抽出温度3段階、浸し時間5段階で15通りの設定が選べます。

コーヒー豆の種類に合わせた淹れ方ができるので、「苦味を強く」「フルーティに」「酸味を楽しみたい」といった好みに合わせて調整できます。豆にこだわる方にピッタリです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

【第6位】象印『珈琲通 EC-RS40』

象印『珈琲通EC-RS40』

出典:Amazon

サイズ 幅24×奥行25×高さ37.5cm
抽出量 4杯分
フィルター メッシュフィルター
サーバー ステンレス製
その他 -
ポンプ圧力 -
タンク容量 -

Thumb lg c21cb16f 9460 4fe2 bda9 9b0996000253

家電プロレビュアー

コクと香りをじっくり引き出してくれる抽出方法

全自動のコーヒーメーカー。お湯の流れや蒸らし時間を制御する「マイコン予熱&ダブル加熱95℃抽出」「マイコンじっくり蒸らし抽出」機能を搭載し、コーヒー本来のコクと香りをじっくりと引き出す抽出方法にこだわっています。

【クチコミ(アンケート回答より)】
操作が簡単なところがいいですね(44歳 女性)

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

【第5位】デロンギ 『マグニフィカ ESAM03110B』

デロンギ『マグニフィカESAM03110B』

出典:Amazon

サイズ 幅28x奥行42.5×高さ36.5cm
抽出量 1~2杯分
フィルター ポンプ式
サーバー -
その他 -
ポンプ圧力 -
タンク容量 -

Thumb lg c21cb16f 9460 4fe2 bda9 9b0996000253

家電プロレビュアー

抽出量や濃さを自分好みに調整できます

全自動コーヒーメーカーです。パネルのつまみを回すだけで、 抽出量や粉量(濃さ)を無段階に調整できます。また、抽出温度も4段階で設定可能で、手軽に本格コーヒーを楽しめます。

【クチコミ(アンケート回答より)】
コーヒーが早く出来上がる(45歳 男性)

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

【第4位】ラッセルホブス 『グランドリップ 7653JP』

ラッセルホブス『グランドリップ7653JP』

出典:Amazon

サイズ 幅16.5×奥行22×高さ33cm
抽出量 8杯分
フィルター メッシュフィルター
サーバー ステンレス製
その他 -
ポンプ圧力 -
タンク容量 -

Thumb lg c21cb16f 9460 4fe2 bda9 9b0996000253

家電プロレビュアー

純金コーティングメッシュのフィルターが特長

スペシャルティコーヒーを楽しむために生まれたコーヒーメーカー。

味と香りへの影響が少ない純金コーティングメッシュのゴールドフィルターを標準装備しているので、豆本来の風味・甘みを味わえます。

【クチコミ(アンケート回答より)】
毎朝コーヒーを飲むのが楽しみになります(38歳 男性)
使いにくいところは特にありません(30歳 女性)

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

【第3位】ツインバード工業『全自動コーヒーメーカー(CM-D465B)』

ツインバード全自動コーヒーメーカーCM-D465B6カップ用ミル付き

出典:Amazon

サイズ 幅16x高さ42.5x奥行33.5cm
抽出量 6杯
フィルター 紙フィルター
サーバー ガラス容器
その他 -
ポンプ圧力 -
タンク容量 900 ml

Thumb lg c21cb16f 9460 4fe2 bda9 9b0996000253

家電プロレビュアー

プロの作り方を再現したコーヒーメーカー

均一に挽けるミルの刃を搭載し、豆にムラができません。また、注がれるときに適温となるよう、徹底した温度管理が行われています。さらに6ヶ所から内側に向けて斜めにお湯を注ぐシャワードリップで、ハンドドリップを再現しています。プロが淹れたようなコクのあるコーヒーを味わうことができます。

【クチコミ(アンケート回答より)】
ペーパーフィルターで捨てるのが楽です(46歳 男性)

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

【第2位】UCC 『ドリップポッド DP3』

UCC『ドリップポッドDP2』

出典:Amazon

サイズ 幅13×奥行28.8×高22.4cm
抽出量 1杯
フィルター ドリップポッド (レギュラードリップは専用フィルター)
サーバー -
その他 給水タンクの着脱可
ポンプ圧力 -
タンク容量 -

Thumb lg c21cb16f 9460 4fe2 bda9 9b0996000253

家電プロレビュアー

カプセルひとつで、本格コーヒーを楽しもう

カプセルを入れ、ボタンを押すだけで本格的なコーヒーを淹れることができます。カプセルは半円状。お湯が均等にゆきわたり、しっかり蒸らしを行えるので、香り高いコーヒーを抽出します。カプセルの種類はコーヒーだけでなく、紅茶や緑茶も選ぶことができます。カプセルタイプは飽きることがありますが、これならずっと楽しめますよ。

【クチコミ(アンケート回答より)】
サクッと作れるので、忙しいとき、時間を節約できます(36歳 男性)

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

【第1位】パナソニック 『沸騰浄水コーヒーメーカー(NC-A57)』

パナソニック『沸騰浄水コーヒーメーカー(NC-A57)』

出典:Amazon

サイズ 幅22×奥行24.5×高さ34.5cm
抽出量 1~5杯
フィルター ペーパーフィルター
サーバー ガラス製
その他 蒸らし機能・浄水機能あり、給水タンクの着脱可、保温自動OFF
ポンプ圧力 -
タンク容量 -

Thumb lg c21cb16f 9460 4fe2 bda9 9b0996000253

家電プロレビュアー

コーヒーメーカーのいい所を集めた商品です

水と豆をセットすれば、豆を挽くところから抽出までおまかせできる便利な全自動タイプです。これで豆から作るコーヒーも簡単に楽しむことができます。

ハンドドリップしたような香りとスッキリした味わいが特徴。比較的コンパクトでお手入れもカンタンです。日常でも使いやすい、バランスのよいコーヒーメーカーです。

【クチコミ(アンケート回答より)】
フィルターと豆を見なくてもセットするだけで自動でコーヒーが出来上がるので便利(47歳 男性)
豆を挽くところから抽出まで全自動で行ってくれる(39歳 男性)
本格的な味が飲める(42歳 男性)
豆・粉両方でコーヒーを作れる(46歳 男性)

おすすめ商品の比較一覧表

画像
【第3位】タイガー 『カフェバリエ(ACT-B040-DV)』
【第2位】パナソニック 『沸騰浄水コーヒーメーカー(NC-A57)』
【第1位】パナソニック『コーヒーメーカー NC-R500』
【第3位(同率)】デロンギ『エスプレッソ・カプチーノメーカー EC221』
【第3位(同率)】デロンギ『エレッタ カプチーノ コンパクト全自動コーヒーマシン(ECAM44660) 』
【第2位】デロンギ『コンビコーヒーメーカー BCO410J』
【第1位】デロンギ『エスプレッソ・カプチーノメーカー EC152J』
【第3位】ネスプレッソ『ラティシマ・ワン F111BW』
【第2位】ネスカフェ 『ドルチェグスト ジェニオアイ(MD9747S)』
【第1位】ネスカフェ 『ドルチェ グスト ジェニオ2 プレミアム』
【第10位】メリタ『ノアSKT54』
【第9位】ネスカフェ 『ドルチェ グスト ジェニオ2 プレミアム』
【第8位】ハリオ『珈琲王 コーヒーメーカー V60 EVCM-5TB』
【第7位】タイガー魔法瓶『GRAND X(グランエックス) ACQ-X020』
【第6位】象印『珈琲通 EC-RS40』
【第5位】デロンギ 『マグニフィカ ESAM03110B』
【第4位】ラッセルホブス 『グランドリップ 7653JP』
【第3位】ツインバード工業『全自動コーヒーメーカー(CM-D465B)』
【第2位】UCC 『ドリップポッド DP3』
【第1位】パナソニック 『沸騰浄水コーヒーメーカー(NC-A57)』
商品名 【第3位】タイガー 『カフェバリエ(ACT-B040-DV)』 【第2位】パナソニック 『沸騰浄水コーヒーメーカー(NC-A57)』 【第1位】パナソニック『コーヒーメーカー NC-R500』 【第3位(同率)】デロンギ『エスプレッソ・カプチーノメーカー EC221』 【第3位(同率)】デロンギ『エレッタ カプチーノ コンパクト全自動コーヒーマシン(ECAM44660) 』 【第2位】デロンギ『コンビコーヒーメーカー BCO410J』 【第1位】デロンギ『エスプレッソ・カプチーノメーカー EC152J』 【第3位】ネスプレッソ『ラティシマ・ワン F111BW』 【第2位】ネスカフェ 『ドルチェグスト ジェニオアイ(MD9747S)』 【第1位】ネスカフェ 『ドルチェ グスト ジェニオ2 プレミアム』 【第10位】メリタ『ノアSKT54』 【第9位】ネスカフェ 『ドルチェ グスト ジェニオ2 プレミアム』 【第8位】ハリオ『珈琲王 コーヒーメーカー V60 EVCM-5TB』 【第7位】タイガー魔法瓶『GRAND X(グランエックス) ACQ-X020』 【第6位】象印『珈琲通 EC-RS40』 【第5位】デロンギ 『マグニフィカ ESAM03110B』 【第4位】ラッセルホブス 『グランドリップ 7653JP』 【第3位】ツインバード工業『全自動コーヒーメーカー(CM-D465B)』 【第2位】UCC 『ドリップポッド DP3』 【第1位】パナソニック 『沸騰浄水コーヒーメーカー(NC-A57)』
商品情報
特徴 3通りのドリップ方法を採用 豆の挽き~ミル洗浄まで全てが全自動! ユーザーの好みに細かく応えるうれしい1台 かわいいデザインとカラーで満足度も高い ボタン一つで挽きたて本格コーヒーが楽しめる 3つの味を1台で楽しめる贅沢な高性能マシン デロンギの小型ベーシックモデル。2杯同時もOK! ミルクメニューをボタンひとつでカンタンにつくれる 自宅で、圧倒的バリエーションを楽しめる 一杯ずつ淹れるカプセル式のコーヒーメーカー 深煎りで苦めのコーヒーが好みの方に 一杯ずつ淹れるカプセル式のコーヒーメーカー 喫茶店のようなコーヒーの旨味を引き出す商品 豆が主役になるコーヒーメーカー コクと香りをじっくり引き出してくれる抽出方法 抽出量や濃さを自分好みに調整できます 純金コーティングメッシュのフィルターが特長 プロの作り方を再現したコーヒーメーカー カプセルひとつで、本格コーヒーを楽しもう コーヒーメーカーのいい所を集めた商品です
サイズ 幅18.1×奥行27.9×高さ34.2cm 幅22×奥行24.5×高さ34.5cm 幅24.5×奥行17×高さ30cm 幅24×奥行28×高さ32cm 幅26.0×奥行46.0×高さ36.0cm 幅37×奥行29.5×高さ32cm 幅19.5×奥行24.5×高さ29cm 幅15.4×奥行32.4×高さ26.5cm 幅16.5x高さ30x奥行23.1cm 幅16.5× 奥行25.7×高さ29.6cm 幅26.5x奥行15.2x高さ31.1cm 幅16.5× 奥行25.7×高さ29.6cm 幅23×奥行24×高 32.7cm 幅22.6×奥行19.9×高さ29.8cm 幅24×奥行25×高さ37.5cm 幅28x奥行42.5×高さ36.5cm 幅16.5×奥行22×高さ33cm 幅16x高さ42.5x奥行33.5cm 幅13×奥行28.8×高22.4cm 幅22×奥行24.5×高さ34.5cm
抽出量 2~4杯(カフェポッド、ドリップポッドは1杯) 1~5杯 1~5杯 - - 10杯(ドリップ)、1~2杯同時抽出(エスプレッソ) - - - - 約5杯分 - 2~5杯 1~2杯 4杯分 1~2杯分 8杯分 6杯 1杯 1~5杯
フィルター ペーパーフィルター、カフェポッド、ドリップポッド ペーパーフィルター ステンレスフィルター - - ゴールドフィルター(ドリップ)、 ポッド式&パウダー(エスプレッソ) - - - カプセル式 ペーパーフィルター カプセル式 ペーパーフィルター チタンメッシュフィルター メッシュフィルター ポンプ式 メッシュフィルター 紙フィルター ドリップポッド (レギュラードリップは専用フィルター) ペーパーフィルター
サーバー ステンレス製 ガラス製 ガラス製 - - ガラス製(ドリップ) - - - - ステンレス製 - ガラス製 - ステンレス製 - ステンレス製 ガラス容器 - ガラス製
その他 蒸らし機能あり、給水タンクの着脱可 蒸らし機能・浄水機能あり、給水タンクの着脱可、保温自動OFF 蒸らし機能・浄水機能あり、給水タンクの着脱可、保温自動OFF - 自動電源オフ機能、着脱式抽出ユニット、洗浄機能あり、ほか 浄水機能あり、給水タンクの着脱可(エスプレッソ用のみ) - - カプセル対応、着脱タンク、オートオフ - - - 蒸らし機能あり 蒸らし機能あり、給水タンクの着脱可 - - - - 給水タンクの着脱可 蒸らし機能・浄水機能あり、給水タンクの着脱可、保温自動OFF
ポンプ圧力 - - - 最大15気圧 15気圧(抽出時9気圧) - 最大15気圧 最大19気圧 15 気圧 - - - - - - - - - - -
タンク容量 - - - 1L 2.0L - 1L 1L 650 ml 1L - 1L - - - - - 900 ml - -
商品リンク

※各社通販サイトの 2020年4月9日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年4月9日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年4月9日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年4月9日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年4月9日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年4月9日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年10月11日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年4月9日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年4月9日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年4月9日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年4月9日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年4月9日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年4月9日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年4月9日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年4月9日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年4月9日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年4月9日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年2月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年4月9日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年4月9日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする コーヒーメーカーの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでのコーヒーメーカーの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:コーヒーメーカーランキング
楽天市場:コーヒーメーカーランキング
Yahoo!ショッピング:家庭用コーヒーメーカーランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

【アンケート結果】ユーザーに人気のコーヒーメーカーはこれだ! 全自動式、カプセル式などが上位にランクイン!

マイナビニュース会員のうち、「自宅でコーヒーメーカーを使用している」「購入する予定がある」「購入したいと思っている」と回答したに379名聞いた、「コーヒーメーカー人気総合ランキング」やコーヒーメーカーの購入時に重視したいポイントをご紹介します。

これから購入される方は、ぜひこちらを参考に、商品を選んでくださいね!

【第1位】 ネスカフェ 『ドルチェ グスト ジェニオ2 プレミアム』 商品はこちら
【第2位】 パナソニック『コーヒーメーカー NC-R500』 商品はこちら
【第3位(同率)】 タイガー 『カフェバリエ(ACT-B040-DV)』 商品はこちら
【第3位(同率)】 パナソニック 『沸騰浄水コーヒーメーカー NC-A57』 商品はこちら
【第3位(同率)】 ネスカフェ 『ドルチェグスト ジェニオアイ』 商品はこちら
【第6位】 デロンギ『エスプレッソ・カプチーノメーカー EC152J』 商品はこちら
【第7位】 デロンギ『コンビコーヒーメーカー BCO410J』 商品はこちら
【第8位】 ネスプレッソ『ラティシマ・ワン F111BW』 商品はこちら
【第9位(同率)】 デロンギ『エスプレッソ・カプチーノメーカー EC221』 商品はこちら
【第9位(同率)】 デロンギ『エレッタ カプチーノ コンパクト全自動コーヒーマシン(ECAM44660) 』 商品はこちら

第1位に輝いたのは、王道のネスカフェ『ドルチェ グスト ジェニオ2 プレミアム』。カプセル式で、差し込んで押すだけという簡単さが引きになったのでしょうか。
第2位のパナソニック『コーヒーメーカー NC-R500』はユーザーの好みに答える細かな設定があり、コーヒー好きのユーザーにとってはとても嬉しい商品なのかもしれません。

価格の問題がありつつも、やはり、手軽さやコーヒーのおいしさ、メンテナンス性など、機種ごとのこだわりが見えるランキングになっていると感じました。

コーヒーメーカーの購入時に重視したいポイント

マイナビニュース会員のうち、「自宅でコーヒーメーカーを使用している」「購入する予定がある」「購入したいと思っている」と回答したに379名聞いた、コーヒーメーカーの購入時に重視したいポイントのランキングを紹介します。

これから購入される方は、ぜひこちらも参考にしてみてください!

【第1位】 価格
【第2位】 コーヒーのおいしさ
【第3位】 お手入れの簡単さ
【第4位】 手軽さ
【第5位】 コンパクトさ、スリムさ
【第6位】 耐久性
【第7位】 容量
【第8位】 デザイン性
【第9位(同率)】 全自動かどうか
【第9位(同率)】 ブランド
【第11位】 保温機能
【第12位】 コーヒーを淹れるスピード
【第13位】 ミルの有無
【第14位】 コーヒーパウダーやポッドにも対応しているか


アンケートの結果、やはり一番は価格。しかしアンケートの内約を見ると、「価格」「コーヒーのおいしさ」「お手入れの簡単さ」は、ほとんど同じ票数でした。
飲む瞬間だけでなく、飲んだ後の片付けなども想像しながら、購入を決めているのかもしれません。

コーヒーメーカーの購入予算の参考

また、「コーヒーメーカー本体に掛ける予算」を聞いたところ、

1万円以下……37.2%
1万円~3万円……49.3
3万円~5万円……11.1%
5万円以上……2.4%


となりました。
1万円~3万円を選ぶ方が約50%というところを見ると、そこまで本格的なものは求めていないまでも、しっかりおいしいコーヒーを毎日飲みたいと考えるユーザーや購入予定者が多いのではないでしょうか

商品選びは、コーヒーのおいしさと価格のバランスを基軸に、手軽さやコンパクトさといった、自分の生活にピッタリの商品を選んでいるのかもしれません。

好きなメーカーランキングも発表!

【第1位】 ネスカフェ
【第2位】 ネスプレッソ
【第3位】 デロンギ
【第4位】 パナソニック
【第5位】 象印
【第6位】 タイガー
【第7位】 サーモス
【第8位】 ティファール
【第9位】 アイリスオーヤマ
【第10位】 メリタ
【第11位】 ブルーノ
【第12位】 カリタ
【第13位】 ツインバード
【第14位】 ハリオ
【第15位】 ビアレッティ
【第16位】 ラドンナ
【第17位】 ラッセルホブス
【第18位】 シロカ
【第19位】 ボダム



堂々の第1位はネスカフェ!
「家電量販店に行くとデザインが面白い」「おしゃれで安心感がある」「有名でおいしいから」などのクチコミが多数ありました。
使用しているコーヒーメーカーでも多くの方が使っており、「昔から使用している親しみやすさ」もあるのでしょうか。

続く、第2位のネスプレッソ第3位のデロンギは、コーヒーの味だけでなく、「デザインが好み」といった見た目について答える方が多かく、おしゃれなイメージを確立している印象を受けました。

第4位のパナソニックでは「信頼できるメーカーです」といった信頼性が目立つクチコミが多い印象。

第5位の象印は「頑丈なイメージがある」「保温がいい」といった機能に関するクチコミが多かったです。


こちらの、ユーザーの感想やメーカーへのイメージも参考にしながら、商品選びをしてみてくださいね!

【関連記事】その他のコーヒーメーカーや関連アイテムをチェック

もっと細かく、種類別にコーヒーメーカーの選び方とおすすめ商品を見る

コーヒーメーカーをもっと美味しく楽しむための関連アイテムを見る

◆アンケート情報
調査時期: 2020年2月27日
調査対象: マイナビニュース会員
調査数: 509名
調査方法: インターネットログイン式アンケート

※この記事は、2018/6/23にマイナビニュースの「おすすめナビ!」コーナーに掲載した内容を、エキスパートへの取材を経て、リライト・再編集の上で再公開したものです。(元記事執筆:おすすめナビ!編集部、取材・編集・リライト:マイナビおすすめナビ編集部 中村亜紀子)

※マイナビニュース会員とは、Tポイントが貯まるアンケートやキャンペーンの参加、メールマガジンの購読などができる「マイナビニュース」の会員サービスです。(https://news.mynavi.jp/lp/2018/present/present/register_campaign/)

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。記事中に掲載しているクチコミはアンケート調査時の回答データを使用しております。回答者個人の意見に基づくものになりますので、商品選びのご参考にされる場合には、ご注意ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2020/11/16 リンクの修正のため、記事を更新しました(マイナビおすすめナビ編集部 加藤佑一)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


カプセル式コーヒーマシンおすすめ10選|手軽に様々な味を楽しめる機種を紹介

カプセル式コーヒーマシンおすすめ10選|手軽に様々な味を楽しめる機種を紹介

カプセルをセットするだけで、手軽にコーヒーが楽しめるカプセル式コーヒーマシン。ネスレやUCCなどのメーカーから、いくつかの種類が販売されています。しかし、それぞれのメーカーで特徴が異なり、どれを選べばいいのかわからないという人も多いのではないでしょうか。この記事では、IT・家電ジャーナリストの安藤靖志さんへの取材をもとに、カプセル式コーヒーマシンの選び方とおすすめの商品をご紹介します。


【2020年最新】エスプレッソマシンおすすめ7選|初心者向け直火式まで!

【2020年最新】エスプレッソマシンおすすめ7選|初心者向け直火式まで!

家庭やオフィスでもお店のようなおいしいコーヒーを楽しめる、エスプレッソマシン。マシンの機能は機種によってさまざまで、豆を挽いて抽出まで全自動のタイプやカプセル式のタイプ、コーヒー粉をセットする手軽なタイプなどあります。この記事では、IT・家電ジャーナリストの安蔵靖志さんに取材し、エスプレッソマシンを選ぶときのポイントを教えていただきました。通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミを確認してみよう。


【最新】直火式エスプレッソメーカーおすすめ13選|IH対応・クレマ機能付きも

【最新】直火式エスプレッソメーカーおすすめ13選|IH対応・クレマ機能付きも

直火式メーカーの魅力は、サイフォン式やドリップ式と比べて、一気に過熱するため、味わい深い旨味が楽しめることです。ここでは、IT&家電ライター・秋葉けんたさんが選んだ2020年・直火式エスプレッソメーカー13選と選び方のポイントをご紹介します。後半には通販サイトの最新人気ランキングのリンクがありますので、売れ筋や口コミもチェックしてみてください。


アイスコーヒーメーカーおすすめ13選|おうちで気軽においしく飲む方法【2020年最新】

アイスコーヒーメーカーおすすめ13選|おうちで気軽においしく飲む方法【2020年最新】

自宅で本格的なアイスコーヒーや水出しコーヒーが味わえる「アイスコーヒーメーカー」。サーモスやハリオといったメーカーをはじめ、全自動や氷不要、ホット兼用、スタバなどさまざまな種類が販売されています。そこでこの記事では、プロの家電販売員であるたろっささんに、アイスコーヒーメーカーの選び方とおすすめの商品をうかがいました。通販サイトの最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミとあわせてチェックしてみてください。


【2020年版・価格別】全自動コーヒーメーカーおすすめ24選|コスパ最強の機種はどれ?

【2020年版・価格別】全自動コーヒーメーカーおすすめ24選|コスパ最強の機種はどれ?

ドヤ家電ライターの小口 覺さんへの取材をもとに、2020年版全自動コーヒーメーカーをご紹介します。お手入れのかんたんなコーヒーメーカーやエスプレッソメーカーに加え、フィルターレスやカプセル式コーヒーメーカーもご紹介していますので、ぜひ参考にしてください。


新着記事


ファッションアイテム感覚で持ち歩きたい! シャーペン『ジョッター』のおしゃれさや魅力を検証レビュー

ファッションアイテム感覚で持ち歩きたい! シャーペン『ジョッター』のおしゃれさや魅力を検証レビュー

『ジョッター』は、英国王室御用達(ロイヤルワラント)の称号をふたつも獲得する高級筆記具ブランド「パーカー」のコレクションのひとつ。万年筆やボールペンだけでなく、シャーペンもラインナップされています。「パーカー」の象徴である矢羽をモチーフにしたクリップをそなえたシャーペンは、上質な雰囲気でスタイリッシュ。特別感があって、所有するよろこびを感じさせてくれます。しかも、1,000円台で販売されており手を出しやすいのがうれしいところ。本記事では、『ジョッター』のシャーペンを実際に試したレビューをご紹介していきます。手に取ってみないと分からない持ち心地や書き心地もくわしく見ていくので、ぜひ記事を読んで購入の参考にしてくださいね。


コスパ良しのフェイスパウダー!『キャンメイク マシュマロフィニッシュパウダー』のカバー力を徹底検証

コスパ良しのフェイスパウダー!『キャンメイク マシュマロフィニッシュパウダー』のカバー力を徹底検証

フェイスパウダーは、ベースメイクの仕上げに欠かせないアイテムのひとつ。たくさんの種類のアイテムがあり、カバー力やキープ力などその特徴もさまざまです。そこで今回は、プチプラコスメの『マシュマロフィニッシュパウダー』をご紹介。カバー力や使い心地などについて、徹底検証してみました!


汗に強いフェイスパウダー「チャコット フィニッシングパウダー」キープ力など人気の秘密を徹底検証

汗に強いフェイスパウダー「チャコット フィニッシングパウダー」キープ力など人気の秘密を徹底検証

メイクの仕上がりを左右するといっても過言ではない、フェイスパウダー。選ぶアイテムによって仕上がる肌の質が異なり、販売されている種類もさまざまです。そこで今回は、汗に強くキープ力が高いと評価されているチャコットの『フィニッシングパウダー』をご紹介。カバー力や使用感などの評価について、実際に検証してみました。ぜひ参考にしてみてください。


【2021】『クオバティス手帳』はビジネスシーンで使いやすい? 徹底レビューしてみました!

【2021】『クオバティス手帳』はビジネスシーンで使いやすい? 徹底レビューしてみました!

2021年度の手帳をどうしようかいろいろ情報収集していくなかで、よく見かける「クオバディス」のビジネス手帳。海外製の手帳で自分に合っているのかどうか不安に思っていたり、どのように使えばいいのかわからず購入をためらっている人もいるのではないでしょうか。そこで、ここでは『クオバディス手帳』の「ビジネスプレステージ・クラブ」を実際に購入したので、カバーの質感や気になる手帳の中身を、写真を交えながら徹底レビューします。『クオバディス手帳』の中身や機能性が気になる人は、当記事を参考にしてみてくださいね。


乾燥性敏感肌のための保湿ケア『キュレル 潤浸保湿 フェイスクリーム』ベタつきのない軽やかな使い心地を検証レビュー

乾燥性敏感肌のための保湿ケア『キュレル 潤浸保湿 フェイスクリーム』ベタつきのない軽やかな使い心地を検証レビュー

毎日のスキンケア。保湿力が高くても、なかには肌トラブルを起こしてしまう刺激の強いものもあり、購入したものの肌に合わず使用を中止した経験がある方もいるのではないでしょうか。とくに敏感肌の方などは、スキンケアのアイテム選びはなかなか難しいですよね。そんな方におすすめなのが、乾燥性敏感肌のためにつくられた『キュレル 潤浸保湿 フェイスクリーム』。肌へのやさしさを考慮しつつも、しっとり保湿し軽やかな使い心地が魅力の保湿クリームですが、なかには残念なレビューも。この記事では、実際に使って、商品の特徴や使用感を詳しく検証。気になっているけど購入を迷っているという方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。


家電・AV機器の人気記事


>>もっと見る