カプセル式コーヒーマシンおすすめ10選|手軽に様々な味を楽しめる機種を紹介

カプセル式コーヒーマシンおすすめ10選|手軽に様々な味を楽しめる機種を紹介


カプセルをセットするだけで、手軽にコーヒーが楽しめるカプセル式コーヒーマシン。ネスレやUCCなどのメーカーから、いくつかの種類が販売されています。

しかし、それぞれのメーカーで特徴が異なり、どれを選べばいいのかわからないという人も多いのではないでしょうか。

本記事では、カプセル式コーヒーマシンの選び方とおすすめの商品をご紹介します。ぜひ参考にしてくださいね。


目次

IT・家電ジャーナリスト
安蔵 靖志

一般財団法人 家電製品協会認定 家電製品総合アドバイザー(プラチナグレード)、スマートマスター。AllAbout オーディオプレーヤー、スピーカーなどのガイドを務める。 日経BP社『日経ネットナビ』『日経ネットブレーン』『デジタルARENA』『日経トレンディネット』などを経てフリーに。 デジタル家電や生活家電に関連する記事を執筆するほか、家電のスペシャリストとしてテレビやラジオ、新聞、雑誌など多数のメディアに出演。 KBCラジオ「キャイ~ンの家電ソムリエ」に出演するほか、ラジオ番組の家電製品紹介コーナーの構成などにも携わっている。

カプセル式コーヒーマシンの特徴

カプセル式コーヒーマシンとは、必要な量のコーヒー豆がセットされた専用カプセルを使ってコーヒーを作るコーヒーメーカーのこと。

専用カプセルは個包装でコーヒー豆の鮮度が保たれており、別途購入し、セットすることで、ボタン1つで手軽においしいコーヒーが作れます。カプセルの種類は豊富で、コーヒーだけでなく、紅茶、ココア、緑茶ラテなど様々な味を飲むことができます。

カプセルは、各メーカーが販売している独自規格が採用されているため、規格が合わないとコーヒーを抽出することはできませんが、スーパーやAmazon・楽天といった通販サイトでも購入できるため、昔よりも遥かに楽しむことができます。

カプセル式コーヒーマシンの選び方 家電ジャーナリストに聞いた

IT・家電ジャーナリストの安蔵靖志さんに、カプセル式コーヒーマシンを選ぶときのポイントを3つ教えてもらいました。買おうと思っている人も、どんな視点で選べばいいかわからない人もぜひ参考にしてみてください。

【1】使いたいカプセルの種類をチェック

カプセル式コーヒーメーカーは、基本的に決められたカプセルにしか対応していないというものが多く、特定のカプセルに加えてコーヒー粉にも対応するものもありますが、一部のモデルです。そのため、まずはどのカプセルを選ぶかが重要です。

一口にカプセル式といっても、エスプレッソタイプ、ドリップタイプなどがあります。コーヒーだけでなく紅茶や緑茶なども楽しめるものや、カプチーノやカフェオレなどミルク入りドリンクを楽しめるものなど、その種類はさまざまです。

エスプレッソコーヒーを中心にコーヒーを楽しみたい人なら「ネスプレッソ」、ドリップコーヒーが好きなら「ドリップポッド」や「K-Cup」、抹茶ラテなどのさまざまなドリンクを楽しみたい人なら「ネスカフェ ドルチェグスト」がおすすめです。

【2】1杯当たりのコストもチェック

「これが飲みたい! 」と決まっている人はそれを選ぶのがおすすめですが、気になるのが1杯当たりのコストです。

例えば、UCCの「ドリップポッド」ネスレの「ネスカフェ ドルチェグスト」なら1杯約60円~の商品があります。「ネスプレッソ」は1杯約75円~と、ちょっと高めです。そのほか、キューリグの「K-Cup」(1杯約90円~)、イリーの「Iperespresso」(1杯約100円~)というものもあります。

【3】抽出のしやすさなど、その他の機能もチェック

人気の高い「ネスカフェ ドルチェグスト」や「ネスプレッソ」などの場合、低価格帯から高価格帯までさまざまな商品をラインアップしています。

例えば「ネスカフェ ドルチェグスト」の場合、手動で抽出量を調節するモデルから、レバー1つで調節して自動抽出できるものまであり、デザインや水タンクの容量も幅広いです。「ネスプレッソ」の場合は、ミルクタンクを装着してフォームミルクを作れるモデルと、そうでないモデルがあります。自分の楽しみ方に応じてタイプを選ぶのがおすすめです。

初心者にはドルチェグストがおすすめ! 家電ジャーナリストからアドバイス

IT・家電ジャーナリスト

カプセル式コーヒーメーカーの魅力は、手軽にコーヒーを楽しめるところにあります。好きなコーヒー豆を買って淹れるのに比べると自由度は低いですが、カプセルさえあればいつでも同じ味を楽しめるのは大きな魅力です。

それぞれ味わいが違い、ラインアップも異なるので選び方はむずかしいですが、「コンビニコーヒーを卒業して家カフェを楽しみたい」といった初心者の方には、「ネスカフェ ドルチェグスト」がおすすめです。種類が圧倒的に多く、来客時などにも出しやすいです。また、多くの大手スーパーで取り扱っているので、いつでも飲みたいときに飲むことができます。

カプセル式コーヒーマシン10選

上記で紹介したカプセル式コーヒーマシンの選び方を踏まえて、IT・家電ジャーナリストの安蔵靖志さんと編集部で選んだおすすめの商品を紹介します。

Nestle(ネスレ)『ネスカフェ ドルチェグスト ジェニオ2 プレミアム』

Nestle(ネスレ)『ネスカフェドルチェグストジェニオ2プレミアム』 Nestle(ネスレ)『ネスカフェドルチェグストジェニオ2プレミアム』 Nestle(ネスレ)『ネスカフェドルチェグストジェニオ2プレミアム』 Nestle(ネスレ)『ネスカフェドルチェグストジェニオ2プレミアム』 Nestle(ネスレ)『ネスカフェドルチェグストジェニオ2プレミアム』 Nestle(ネスレ)『ネスカフェドルチェグストジェニオ2プレミアム』 Nestle(ネスレ)『ネスカフェドルチェグストジェニオ2プレミアム』 Nestle(ネスレ)『ネスカフェドルチェグストジェニオ2プレミアム』

出典:Amazon

抽出タイプ 加圧抽出(最大15気圧)
サイズ 165×257×296mm
重量 2.7kg
水タンク容量 1000ml

バラエティ豊富なメニューを手軽に楽しめる

ネスレのネスカフェ ドルチェグストに対応するコーヒーメーカーです。コンパクトなサイズとちょっとおしゃれなデザインが魅力で、カラーは2色から選べます。レバー1つで抽出量を調節できるので、いつでも同じ味を楽しめるのも嬉しいポイントです。

リーズナブルなだけでなく、コーヒー、カフェオレ、ティーラテ、宇治抹茶ラテ、ラテマキアートなど、かなり幅広いラインアップが揃っています。一度の給水で約8杯分のコーヒーを抽出できます(レギュラーブレンド・ルンゴの場合)。

UCC『ドリップポッド DP2』

UCC『ドリップポッドDP2』 UCC『ドリップポッドDP2』 UCC『ドリップポッドDP2』 UCC『ドリップポッドDP2』 UCC『ドリップポッドDP2』 UCC『ドリップポッドDP2』 UCC『ドリップポッドDP2』 UCC『ドリップポッドDP2』 UCC『ドリップポッドDP2』 UCC『ドリップポッドDP2』

出典:Amazon

抽出タイプ ドリップ抽出
サイズ 288×130×224mm
重量 2.8kg
水タンク容量 750ml

ドリップコーヒーやお茶などを味わえる

ドリップポッドは、ほかのカプセル式コーヒーメーカーで見られるエスプレッソ方式(加圧抽出)ではなく、ドリップ方式でコーヒーなどを抽出してくれるのが大きな特徴のシリーズ。1回の給水で約5杯分の抽出ができます。エスプレッソに比べて、より透明度が高く雑味のないコーヒーを味わえるのが魅力です。電源を入れてから約30秒で立ち上がり、忙しい朝の時間でもかんたんに淹れることができます。

ドリップポッドは単価が比較的安価で、紅茶やジャスミン茶、緑茶などもラインアップ。なかには数量限定の「ブルーマウンテンNo.1」、「ブルボンポワントゥ」など高級なものも揃えています。

Nespresso(ネスプレッソ)『ラティシマ・ワン F111WH』

Nespresso(ネスプレッソ)『ラティシマ・ワンF111WH』 Nespresso(ネスプレッソ)『ラティシマ・ワンF111WH』 Nespresso(ネスプレッソ)『ラティシマ・ワンF111WH』 Nespresso(ネスプレッソ)『ラティシマ・ワンF111WH』 Nespresso(ネスプレッソ)『ラティシマ・ワンF111WH』 Nespresso(ネスプレッソ)『ラティシマ・ワンF111WH』

出典:Amazon

抽出タイプ 加圧抽出(最大19気圧)
サイズ 154×324×265mm
重量 4.3kg
水タンク容量 1000ml

本格的なエスプレッソやカプチーノを楽しめる

ネスプレッソのカプセルに対応するコーヒーメーカーです。少量で濃いめのエスプレッソと、少し薄めで量多めのルンゴを楽しめます。

また、ミルクタンクに入れた牛乳と同量のフォームミルクが注がれるシステムを採用しているのが特徴で、ワンタッチでカプチーノやラテマキアートなどを楽しめるのも魅力です。

毎回ミルクタンクに牛乳を注ぐのが少し面倒ではありますが、ミルクタンクは食洗機で洗えるので手軽。本格的なカプチーノをいつでも楽しみたいという人におすすめです。

KEURIG(キューリグ)『ネオトレビエ BS200』

KEURIG(キューリグ)『ネオトレビエBS200』 KEURIG(キューリグ)『ネオトレビエBS200』 KEURIG(キューリグ)『ネオトレビエBS200』 KEURIG(キューリグ)『ネオトレビエBS200』

出典:Amazon

抽出タイプ
サイズ 184×319×277mm
重量 3.2kg
水タンク容量 1000ml

各種お茶や紅茶も楽しめるのが魅力

キューリグの「K-Cup」に対応するコーヒーメーカー。K-CUPはUCCやヒルス、カフェグレコのコーヒー、大和園のお茶(緑茶、烏龍茶、ジャスミン茶)、リプトンの紅茶など、複数のブランドによるコーヒーやお茶を楽しめるのが魅力です。

また、エスプレッソタイプではなく、UCCのドリップポッドと同じドリップタイプのマシンなのも大きな特徴。家庭用では現在2モデルラインアップしており、豊富なカラーバリエーションとコンパクトさがおすすめの1品です。

1回の給水で約5杯のコーヒーが抽出できます(140ml/杯換算・水タンク満水時)。

illy(イリー)『フランシスフランシス! Y3』

illy(イリー)『フランシスフランシス!Y3』 illy(イリー)『フランシスフランシス!Y3』 illy(イリー)『フランシスフランシス!Y3』

出典:Amazon

抽出タイプ 加圧抽出(19気圧)
サイズ 100×310×265mm
重量 約3.6kg
水タンク容量 1000ml

イタリアンデザインがインテリアに映える

イリーのIperespresso(カプセル)に対応するコーヒーメーカーです。Iperespressoはミディアム、ダーク、ルンゴ、デカフェ(カフェインレス)の4種類しかありませんが、イタリア生まれらしいフォルムとカラーリングがほかのカプセル式コーヒーメーカーにはない魅力のひとつです。

たくさんの種類を楽しみたいという人にはおすすめできませんが、部屋のインテリアとしても楽しみたいという人にはぴったりのモデルです。

Nespresso(ネスプレッソ)『エスプレッソマシーン エッセンサ ミニ C30』

Nespresso(ネスプレッソ)『エスプレッソマシーンエッセンサミニ』

出典:Amazon

抽出タイプ 加圧抽出(最大19気圧)
サイズ 84×330×204mm
重量 2.3kg
水タンク容量 600ml

コンパクトさを求める方におすすめのネスプレッソ

コンパクトでシンプルなデザイン、置く場所に困らないのが魅力のポイントの1つです。カラーバリエーションも豊富でキッチンやオフィスにアクセントをつけられます。専用カプセルで気軽にエスプレッソを抽出し、ホッと一息つけるコーヒーブレイク時には素敵なお供となるでしょう。

カプセルタイプのコーヒーマシンとしては必要最低限の機能を兼ね備えているので、一人暮らしの方やはじめて、コーヒーマシンを購入する人向けの商品です。

Nespresso(ネスプレッソ)『クレアティスタ・プラス J520-ME』

Nespresso(ネスプレッソ)『クレアティスタ・プラスJ520-ME』 Nespresso(ネスプレッソ)『クレアティスタ・プラスJ520-ME』 Nespresso(ネスプレッソ)『クレアティスタ・プラスJ520-ME』 Nespresso(ネスプレッソ)『クレアティスタ・プラスJ520-ME』 Nespresso(ネスプレッソ)『クレアティスタ・プラスJ520-ME』 Nespresso(ネスプレッソ)『クレアティスタ・プラスJ520-ME』 Nespresso(ネスプレッソ)『クレアティスタ・プラスJ520-ME』 Nespresso(ネスプレッソ)『クレアティスタ・プラスJ520-ME』

出典:Amazon

抽出タイプ 加圧抽出(最大19気圧)
サイズ 170×409×309mm
重量 5.2kg
水タンク容量 1500ml

高級なカプセル式コーヒーマシン

高性能、高機能なカプセル式コーヒーマシンをお探しの方向け、自宅で本格的なコーヒーを、かんたんに楽しむことができる商品です。その機能は、8種類のメニュー(ブラックコーヒーからフォームミルク入りコーヒー)を設定で選択したら、あとは器とミルクを用意するだけで温度調整やコーヒーの抽出まで自動で行ってくれます。設定自体もモニターディスプレイで簡単操作が可能。ゲストのおもてなしや、リッチな気分でコーヒーを楽しみたい方にはぜひ試していただきたい一品です。

自動で電源をOFFにしてくれる機能が搭載されているため、電気代の節約やトラブルを防ぐことができる優れもの。

Nestle(ネスレ)『ネスカフェ ドルチェグスト ダークレッドルミオ』

Nestle(ネスレ)『ネスカフェドルチェグストダークレッドルミオ』

出典:Amazon

抽出タイプ 加圧抽出(最大15気圧)
サイズ 176×222×368mm
重量 2.7kg
水タンク容量 1000ml

ドルチェグストのカプセル式コーヒーマシン

毎回風味豊かなコーヒーで、淹れたての味と香りを楽しむことができます。高圧抽出による泡は、とてもきめがこまかくて滑らかな口当たり、自動で抽出が止まるオートストップ機能付きなので、誰でも気軽に使うことができます。日々のメンテナンスも、カプセルホルダーを洗うだけでかんたんなので、手間暇も掛かりません。

Nestle(ネスレ)『ネスカフェ インフィニッシマ 』

Nestle(ネスレ)『ネスカフェインフィニッシマ』

出典:Amazon

抽出タイプ 加圧抽出(最大15気圧)
サイズ 155×286×373mm
重量 (約)2.7kg
水タンク容量 1000ml

お手入れ簡単なコーヒーマシン

5分間経つと自動で電源がOFFになる、電源オートオフ機能付きなので、誰でも気兼ね夏使用することができるコーヒーマシンです。水1Lが入る大容量タンク搭載なので、一度に大人数のコーヒーを作ることも可能。パーティーや仕事場で重宝することでしょう。手動で操作できるコーヒーマシンなので、あなた好みの味わいにその都度、調節することができるので、こだわりの一杯を作成できます。

illy(イリー)『フランシスフランシス! X9』

illy(イリー)『フランシスフランシス!X9』 illy(イリー)『フランシスフランシス!X9』 illy(イリー)『フランシスフランシス!X9』 illy(イリー)『フランシスフランシス!X9』

出典:Amazon

抽出タイプ 加圧抽出(15気圧)
サイズ 123×269×267mm
重量 5.0kg
水タンク容量 700ml

おしゃれなコーヒーマシン

アルミニウムを使用して作られた、メタリック、シックなデザインのコーヒーマシン。タッチボタン一つのかんたん操作でエスプレッソが出来上がります。抽出する際に、カプセル入ったコーヒーがマシンに触れることのない仕組みなので、マシンが汚れることを極限まで抑えて作られた優れものです。

デザイン性と日々のメンテナンスで手間を省きたい方には魅力的商品です。

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする カプセル式コーヒーマシンの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場でのカプセル式コーヒーマシンの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:カプセル式コーヒーマシンランキング
楽天市場:カプセル式コーヒーマシンランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

カプセルの収納に便利なボックスをご紹介

あわせて購入したいカプセル式コーヒーマシンのカプセルホルダーをご紹介します。

Masthome『カプセルホルダー 引き出し式 72個用』

カプセルホルダー引き出し式72個用カプセルケースカプセルストレージ収納ラック収納スタンドコーヒーカプセル収納省スペース厚手ぞうきん付き カプセルホルダー引き出し式72個用カプセルケースカプセルストレージ収納ラック収納スタンドコーヒーカプセル収納省スペース厚手ぞうきん付き カプセルホルダー引き出し式72個用カプセルケースカプセルストレージ収納ラック収納スタンドコーヒーカプセル収納省スペース厚手ぞうきん付き カプセルホルダー引き出し式72個用カプセルケースカプセルストレージ収納ラック収納スタンドコーヒーカプセル収納省スペース厚手ぞうきん付き カプセルホルダー引き出し式72個用カプセルケースカプセルストレージ収納ラック収納スタンドコーヒーカプセル収納省スペース厚手ぞうきん付き カプセルホルダー引き出し式72個用カプセルケースカプセルストレージ収納ラック収納スタンドコーヒーカプセル収納省スペース厚手ぞうきん付き カプセルホルダー引き出し式72個用カプセルケースカプセルストレージ収納ラック収納スタンドコーヒーカプセル収納省スペース厚手ぞうきん付き

出典:Amazon

抽出タイプ -
サイズ 406×366×146mm
重量 3.36kg
水タンク容量 -

カプセルを大量に収納

Masthome『カプセルホルダー 引き出し式 72個用』は、コーヒーカプセルを収納することができる、カプセルホルダーです。72個ものカプセルホルダーを収納できる大容量が魅力の1つです。

二層式になっていて、一番上の台の部分には、コーヒーマシン自体を置くことができるため、収納スペースの幅を取らずに済みます。滑り止めマットが付いているので、使いやすさも抜群です。

おすすめ商品の比較一覧表

画像
Nestle(ネスレ)『ネスカフェ ドルチェグスト ジェニオ2 プレミアム』
UCC『ドリップポッド DP2』
Nespresso(ネスプレッソ)『ラティシマ・ワン F111WH』
KEURIG(キューリグ)『ネオトレビエ BS200』
illy(イリー)『フランシスフランシス! Y3』
Nespresso(ネスプレッソ)『エスプレッソマシーン エッセンサ ミニ C30』
Nespresso(ネスプレッソ)『クレアティスタ・プラス J520-ME』
Nestle(ネスレ)『ネスカフェ ドルチェグスト ダークレッドルミオ』
Nestle(ネスレ)『ネスカフェ インフィニッシマ 』
illy(イリー)『フランシスフランシス! X9』
Masthome『カプセルホルダー 引き出し式 72個用』
商品名 Nestle(ネスレ)『ネスカフェ ドルチェグスト ジェニオ2 プレミアム』 UCC『ドリップポッド DP2』 Nespresso(ネスプレッソ)『ラティシマ・ワン F111WH』 KEURIG(キューリグ)『ネオトレビエ BS200』 illy(イリー)『フランシスフランシス! Y3』 Nespresso(ネスプレッソ)『エスプレッソマシーン エッセンサ ミニ C30』 Nespresso(ネスプレッソ)『クレアティスタ・プラス J520-ME』 Nestle(ネスレ)『ネスカフェ ドルチェグスト ダークレッドルミオ』 Nestle(ネスレ)『ネスカフェ インフィニッシマ 』 illy(イリー)『フランシスフランシス! X9』 Masthome『カプセルホルダー 引き出し式 72個用』
商品情報
特徴 バラエティ豊富なメニューを手軽に楽しめる ドリップコーヒーやお茶などを味わえる 本格的なエスプレッソやカプチーノを楽しめる 各種お茶や紅茶も楽しめるのが魅力 イタリアンデザインがインテリアに映える コンパクトさを求める方におすすめのネスプレッソ 高級なカプセル式コーヒーマシン ドルチェグストのカプセル式コーヒーマシン お手入れ簡単なコーヒーマシン おしゃれなコーヒーマシン カプセルを大量に収納
抽出タイプ 加圧抽出(最大15気圧) ドリップ抽出 加圧抽出(最大19気圧) 加圧抽出(19気圧) 加圧抽出(最大19気圧) 加圧抽出(最大19気圧) 加圧抽出(最大15気圧) 加圧抽出(最大15気圧) 加圧抽出(15気圧) -
サイズ 165×257×296mm 288×130×224mm 154×324×265mm 184×319×277mm 100×310×265mm 84×330×204mm 170×409×309mm 176×222×368mm 155×286×373mm 123×269×267mm 406×366×146mm
重量 2.7kg 2.8kg 4.3kg 3.2kg 約3.6kg 2.3kg 5.2kg 2.7kg (約)2.7kg 5.0kg 3.36kg
水タンク容量 1000ml 750ml 1000ml 1000ml 1000ml 600ml 1500ml 1000ml 1000ml 700ml -
商品リンク

※各社通販サイトの 2020年6月22日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年6月22日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年6月22日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年6月22日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年6月22日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年6月22日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年6月22日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年6月22日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年6月22日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年6月22日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年6月22日時点 での税込価格

【関連記事】その他のコーヒーメーカーや関連アイテムをチェック

まとめ

手軽にコーヒーを楽しめるカプセルタイプのコーヒーマシン。味わいも常に同じものが楽しめるのが特徴で、コーヒーを飲むことが日課になっている人には特にぴったりの商品です。味のバリエーションなどが各メーカーで違うこともあり、どんな種類のコーヒーが用意されているかを事前にチェックして商品を選びましょう。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(制作協力:ぴのたろう、掲載:秋元清香)

※2021/06/25 リンク修正のため記事を更新しました(マイナビおすすめナビ編集部 加藤佑一)

人気の高い「ネスカフェ ドルチェグスト」や「ネスプレッソ」などの場合、低価格帯から高価格帯までさまざまな商品をラインアップしています。

例えば「ネスカフェ ドルチェグスト」の場合、手動で抽出量を調節するモデルから、レバー1つで調節して自動抽出できるものまであり、デザインや水タンクの容量も幅広いです。「ネスプレッソ」の場合は、ミルクタンクを装着してフォームミルクを作れるモデルと、そうでないモデルがあります。自分の楽しみ方に応じてタイプを選ぶのがおすすめです。

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

マイナビおすすめナビ編集部

映画・アニメ鑑賞が趣味の20代編集部員。ホラー以外ならなんでも好みで、学生時代は800本以上の作品を鑑賞。知りたがりで、気になったことは何でも調べてしまう半面、興味のないことには見向きもしない性格。ちなみに、夏でも冬でも半袖Tシャツを着る根っからの暑がりで、冷暖房の気温はみんなが寒いと思うくらいがちょうどいい。担当は『家電』『アウトドア』『ホビー』など。

関連する記事


【美味しくておしゃれ】アイスコーヒーメーカーおすすめ16選【全自動・手動別】人気のデロンギやハリオも!

【美味しくておしゃれ】アイスコーヒーメーカーおすすめ16選【全自動・手動別】人気のデロンギやハリオも!

自宅で本格的なアイスコーヒーや水出しコーヒーが味わえる「アイスコーヒーメーカー」。サーモスやハリオといったメーカーをはじめ、全自動や氷不要、ホット兼用、スタバなどさまざまな種類が販売されています。そこでこの記事では、プロの家電販売員であるたろっささんに、アイスコーヒーメーカーの選び方とおすすめの商品をうかがいました。通販サイトの最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミとあわせてチェックしてみてください。

Icon mini tag キッチン用品 , キッチン雑貨 , キッチン・調理家電

【2021年】全自動コーヒーメーカーおすすめ23選|コスパ最強機種を価格別に厳選 !自動洗浄やミル付きも

【2021年】全自動コーヒーメーカーおすすめ23選|コスパ最強機種を価格別に厳選 !自動洗浄やミル付きも

お手入れかんたんなものやエスプレッソメーカーに加え、フィルターレスやカプセル式コーヒーメーカーもそろっている全自動コーヒーメーカー。ここでは、ドヤ家電ライターの小口 覺さんと編集部が厳選した全自動コーヒーメーカーのおすすめと選び方をご紹介します。記事の後半には、通販サイトの最新人気ランキングもありますので、売れ筋や口コミをチェックしてみてください。

Icon mini tag キッチン用品 , キッチン・調理家電 , コーヒーメーカー・コーヒーマシン

直火式エスプレッソメーカーおすすめ13選|IH対応・クレマ機能付きも

直火式エスプレッソメーカーおすすめ13選|IH対応・クレマ機能付きも

直火式メーカーの魅力は、サイフォン式やドリップ式と比べて、一気に過熱するため、味わい深い旨味が楽しめることです。ここでは、IT&家電ライター・秋葉けんたさんと編集部が厳選した直火式エスプレッソメーカーのおすすめと選び方のポイントをご紹介します。後半には通販サイトの最新人気ランキングもありますので、売れ筋や口コミもチェックしてみてください。

Icon mini tag キッチン・調理家電 , コーヒーメーカー・コーヒーマシン

ウォータードリッパーおすすめ11選|抽出時間やライフスタイルに合わせて選ぶ

ウォータードリッパーおすすめ11選|抽出時間やライフスタイルに合わせて選ぶ

水出しコーヒーは手間がかかると思っていませんか? ウォータードリッパーを使えば、カンタンに水出しコーヒーを作ることができます。抽出時間を自分好みに変えて味の濃さを調節できるものもあります。本記事では、初心者向きからプロ仕様のもの、少量タイプから大容量タイプまで、おすすめ商品をご紹介。ぜひ参考にしてください。

Icon mini tag キッチン・調理家電 , コーヒーメーカー・コーヒーマシン

エスプレッソマシンおすすめ16選|全自動から直火式までタイプ別に紹介

エスプレッソマシンおすすめ16選|全自動から直火式までタイプ別に紹介

家庭やオフィスでもお店のようなおいしいコーヒーを楽しめる、エスプレッソマシン。マシンの機能は機種によってさまざまで、豆を挽いて抽出まで全自動のタイプやカプセル式のタイプ、コーヒー粉をセットする手軽なタイプなどあります。本記事では、エスプレッソマシンの選び方やタイプ別のおすすめ商品をご紹介。手軽に作れる全自動タイプや、おしゃれで味のある直火式まで、幅広く紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

Icon mini tag キッチン・調理家電 , コーヒーメーカー・コーヒーマシン

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、安心・べんりなお買い物サポートメディアです。知識豊富なエキスパートがあなたの欲しいモノ、商品の選び方、情報を解説してサポート。ユーザーアンケートや人気ランキングなど、役に立つ情報で満足いくお買い物を「ナビ」します。