家電プロレビュアーがおすすめするコーヒーメーカー5選と人気30選

家電プロレビュアーがおすすめするコーヒーメーカー5選と人気30選

家電プロレビュアー:石井 和美
家電プロレビュアー
石井 和美

白物家電のレビューを行う家電プロレビュアー。雑誌やWEBメディア、テレビなどで幅広く活躍中。 2018年より家電をレビューするためだけの一軒家タイプ「家電ラボ」を開設。 小物家電だけでなく、冷蔵庫や洗濯機といった大型家電もテストしている。 また、自身でも「家電blog」を運営する。

自宅やオフィスでコーヒーを楽しむ方法はいくつかありますが、その中で一番手軽な方法はコーヒーメーカーを利用することではないでしょうか。各社それぞれの研究・開発を行い、独自の特徴を持った数多くのコーヒーメーカーが発売されていますので、自分にとって最適な1台を見つけるのはなかなか大変です。そこで、みなさんがコーヒーメーカーを購入する際に必要となる「コーヒーメーカーを選ぶポイント」について、家電プロレビューアーの石井和美さんに教えていただきます。また、おすすめのコーヒーメーカーもあわせて紹介していきます。


コーヒーのイメージ写真
Payless images logo 7d75d46922da333d985fdbdff6420aad801d95739d2bd451a5187eec7ce851e9

コーヒーは好きですか? 自宅やオフィスで美味しい一杯にコーヒーメーカーはいかがでしょうか。

コーヒーメーカーの種類

コーヒーメーカーはさまざまな方式があるので、迷ってしまいますよね。またエスプレッソマシンやカプセルタイプなどもあり、選択肢は広がるばかりです。そこで、それぞれの選び方のポイントについて解説していきます。

コーヒーメーカーの種類には、大きく分けて、ドリップ式、サイフォン式、カフェポッド式、カプセル式の4つがあります。

ドリップ式

ドリップ式コーヒーメーカーのイメージ写真
Payless images logo 7d75d46922da333d985fdbdff6420aad801d95739d2bd451a5187eec7ce851e9

【ドリップ式】コーヒーメーカーに、紙フィルターとコーヒーパウダーをセットするとお湯が注がれます

コーヒーパウダーを入れたペーパーフィルターや金属フィルター内に沸騰したお湯を注いでコーヒーを抽出する方式です。 コーヒーメーカーは数多く発売されていますが、このドリップ式を採用している機種が一般的です。

ドリップ式は、ミル付きとミルなしに分けられます。

ミル付き

ミルとは、コーヒー豆を粉状に砕く機械で、ミル付きコーヒーメーカーとは、その機能をドリップ式コーヒーメーカー本体に内蔵したタイプです。

コーヒー豆は、粉状に挽いた瞬間から風味が抜けていきます。そのためコーヒー豆を挽いた後すぐにコーヒーの抽出が始められるミル付きタイプは、コーヒー本来の風味を落とさず、おいしいコーヒーが飲めるので、コーヒー好きの人から支持されています。ただしミル機能を備えるのでコーヒーメーカー本体の価格は高くなります。

機種により差はあるものの、豆の挽き方からドリップ方法に至るまで、細かく調整できるものもあります。自分好みのコーヒーを自宅で味わいたいという方は、ぜひミル付きコーヒーメーカーを試してみてください。

ミルなし

コーヒー豆を挽いた状態のコーヒーパウダーを使います。ミルがないので低価格に抑えられます。本格的なコーヒーを「手軽に」楽しみたいという人におすすめです。

家電プロレビュアー

「ミル付き」の全自動コーヒーメーカーがトレンド

ここ数年は「ミル付き」の全自動コーヒーメーカーがトレンドに。豆を購入し、本体に入れるだけで挽くところから淹れるところまで全自動で行ってくれます。挽き方についてはプロペラ式や臼式、コーン式があります。より本格的なコーヒーを飲みたいのであれば、本体価格は高価ですが臼式やコーン式がおすすめです。

サイフォン式

サイフォン式のコーヒーメーカーのイメージ写真、
Payless images logo 7d75d46922da333d985fdbdff6420aad801d95739d2bd451a5187eec7ce851e9

【サイフォン式】二つのガラス容器の間で珈琲が移動する様子も楽しめます。喫茶店のような雰囲気も!

二つのガラス容器の間を気圧の変化を利用してお湯を移動させることでコーヒーを淹れる方式です。喫茶店やコーヒー専門店ではよく見られたコーヒーの抽出方法です。蒸らしの効果によりコーヒーの旨味やコクを存分に引き出してくれます。ただし、アルコールランプで加熱するものがほとんどですので、初心者にはハードルが高い方式と言えます。

サイフォン式はコーヒーを淹れる楽しみと味わう楽しみの両方を兼ねそろえているので、コーヒーを淹れる時間までを含めてコーヒーを楽しみたい方におすすめです。

カフェポッド式(共通規格)

カフェポッド式コーヒーメーカーのイメージ写真
Payless images logo 7d75d46922da333d985fdbdff6420aad801d95739d2bd451a5187eec7ce851e9

【カフェポッド式】コーヒーメーカーに、カフェポッド(ペーパーにコーヒーの粉がパック)をセットします。

ペーパーの中にコーヒーの粉がパックされ、そのパックをコーヒーメーカーにセットして、コーヒーを抽出するタイプです。そのパックされたポッドをカフェポッドと呼びますが、共通規格でありメーカーやマシンを問わず互換性があります。

サイズは、ポッドの直径により44mm(エスプレッソ用)と60mm(コーヒー用)の2種類があります。パックをセットするだけという手軽さと一杯あたりのコストが50円程度とリーズナブルにコーヒーを楽しむことができます。カフェポッド対応機種かどうかを確認するようにしてください。

カプセル(ポーション)式(メーカー独自規格)

カプセル式コーヒーメーカーのイメージしゃしん写真
Payless images logo 7d75d46922da333d985fdbdff6420aad801d95739d2bd451a5187eec7ce851e9

【カプセル式】コーヒーメーカーに、カプセル・ポーション(コーヒーの粉がパックされてる)をセットします。

必要な量のコーヒー豆がセットされた専用カプセルを使ってコーヒーを作るタイプです。個包装でコーヒー豆の鮮度が保たれているので、ボタン1つのカンタン操作でいつでもおいしいコーヒーが作れるところが魅力です。

カプセル式は、各メーカーの独自規格のため、専用カプセルと専用コーヒーメーカーでコーヒーを抽出します。UCCのドリップポッドとネスレのカプセルが代表的です。コーヒーの種類が豊富なことも魅力のひとつです。手軽に自宅でいろいろなコーヒーを飲みたい人に向いています。

家電プロレビュアー

ポッド式やカプセル式は手軽で安定した味を楽しめる

手軽で安定した味を楽しめるのはポッド式やカプセル式です。コーヒーの粉をスプーンですくっていれたり、ペーパーフィルターをセットしたりする必要がなく簡単です。ポッドはスーパーなどでも購入できるようになりましたが、カプセルはネットなどで取り寄せることがほとんどなので、そちらの手間はかかります。

ドリップ式コーヒーメーカーの選び方

まずは、ドリップ式から紹介していきましょう。

水タンクの容量をチェック

一回に飲むコーヒーの量を基準に水タンク容量を選択するとよいでしょう。1杯ずつ抽出するタイプ、3~5杯を抽出するタイプ、7~10杯程度を抽出するタイプなどがありますが、一般的には、3~5杯を淹れられるタイプが標準となっています。

いつも淹れたてのコーヒーを味わいたいという人は、1杯ずつ用を、家族や数人で楽しみたいという人や、ひとりで数杯を作り置きしておきたい人は4~5杯用を、家族以外にも友人・知人を含めてたくさんの人でコーヒーを楽しむことが多い人は7~10杯用を選択するとよいでしょう。

コーヒーメーカーの機能をチェック

保温機能

一般的なコーヒーメーカーには、コーヒーを冷めさせない保温機能がありますが、電気を入れっぱなしにしていてコーヒーが煮詰まってしまった経験をした方も多いのではないでしょうか。

最近のコーヒーメーカーは、保温機能が改良されており、コーヒーを抽出した後、一定時間後に保温温度を下げるなど、コーヒー本来の風味を落とさず、いつでも淹れたてのおいしさを味わえるようになっています。

また保温性の高いステンレスサーバー付きのコーヒーメーカーも選択のひとつでしょう。

浄水機能

コーヒーは、水やお湯で抽出するため、おいしいコーヒーを飲もうと思えば、水にもこだわりたいものです。ミネラルウォーターを使う場合は、あまり気にしなくてもよいですが、水道水を使おうと考えている人は、ぜひ浄水機能付きのコーヒーメーカーを検討してみてください。

水道水がおいしくないと言われる原因は消毒用の塩素にあり、このカルキ臭を伴う塩素を除去することでコーヒーのおいしさが格段に違ってきます。

なお、余談ですが、市販のミネラルウォーターを使う場合には、引き出したい味によって、適した水を選ぶのもおすすめです。水の種類には、カルシウムやマグネシウムなどミネラル分の含有量が少ない軟水と含有量の多い硬水があります。

一般的に軟水は、まろやかでクセのないすっきりした口当たり、硬水は、重量感があり独特の風味がある口当たりといわれます。なので、まろやかで酸味のあるコーヒーを淹れたい場合には軟水を、苦みを引き出したい場合には硬水を選ぶことをおすすめします。

タイマー機能

目覚めは一杯のおいしいコーヒーでと考える人は多いでしょう。そんな方には、タイマー機能が便利です。寝る前にコーヒー豆とお水をタンクに入れておけば、朝起きたときには、おいしいコーヒーができ上がっています。タイマー機能を搭載したコーヒーメーカーは数少ないですが、非常に便利な機能なので、ぜひ検討したいものです。

家電プロレビュアー

タイマー機能は便利でおすすめの機能です

コーヒーメーカーのタイマー機能は便利です。でき上がりを朝にセットしておけば、コーヒーの香りで目覚めることも。来客時にもあらかじめ設定しておけば、バタバタしなくてすみます。また、コーヒーメーカーは出しっぱなしにしておく場合が多いので、可能であれば大きさやデザインを確認するために実物を見ておきましょう。

蒸らし機能

おいしいコーヒーを淹れるためには、「コーヒー豆」「水」、そして「蒸らし」が重要です。

蒸らしは、コーヒー抽出時にコーヒーの旨味をしっかりと引き出すための準備作業です。ドリップの最初に少量のお湯をコーヒーパウダーにかけ、2回目のお湯の投入までに30秒~1分ほど時間をあけると、コーヒー粒の内部にお湯がよく浸透し、コーヒー成分がしっかりと溶け出し、コーヒーのおいしさをまるごと抽出できるのです。

こうやって考えると「蒸らし」機能のあるコーヒーメーカーがやっぱりほしくなりますよね。 蒸らし時間によって、コーヒーの味も変わってきますので、蒸らし機能の有無はもちろん各メーカーの違いをぜひチェックしてみてくださいね。

アイスコーヒー機能

同じコーヒー豆でもホットとアイスでは、味わいが違います。それは、冷たい食べ物のほうが塩味を感じやすいのと似たようなもので、冷たいコーヒーのほうが酸味を感じやすいからです。

暑い日にアイスコーヒーが作れるというだけではなく、コーヒーの楽しみ方をひとつ増やしてくれる機能として、アイスコーヒーが作れるコーヒーメーカーを選んでみても良いかもしれません。

ランニングコストをチェック

コーヒー一杯に必要な豆の量は、およそ10gが目安と言われています。

ドリップ式の場合、コーヒー豆の種類にもよりますが、200g入りコーヒーパウダーが仮に500円だとすると、一杯当たりのコストは、約25円となります。一方で、カフェポッド、カプセルは、アマゾンでの価格を参考にすると、おおよそ1個あたり40円~100円程度です。

カフェポッド、カプセルは、包装加工がなされているのでコーヒーパウダー単体と比較すれば割高になりますが、コーヒーを淹れる際の手軽さや新鮮さを閉じ込めた個装であることは、大きなメリットになっています。

コストはコーヒーメーカーを選ぶ際の1つの要素と考え、利便性なども含めて検討を加えるほうが間違いのない1台を選択できるでしょう。

お手入れ方法をチェック

水タンクは、水道水の塩素やミネラルが固着しやすいため、水タンクが取りはずせるタイプを選ぶと、洗浄が非常にラクで衛生的に使えます。フィルター部分の取りはずしができるかどうかもメンテナンス上、大きなポイントです。ミルの清掃は、自動のミル洗浄機能があるタイプが非常に便利でしょう。

その他のチェックポイント

フィルターの種類により味が変わる

ドリップ式のフィルターの種類は、紙フィルターとメッシュフィルターがあります。メッシュフィルターの素材は、金属、樹脂など。コーヒーパウダーをダイレクトに入れてコーヒーを抽出するところまでは同じです。

紙フィルターは、しっかり濾過できるので、エグみが除かれ、スッキリとした味わいとなります。
メッシュフィルターは、油分が多く含まれ、コクのある味わいに仕上がります。

色々な種類のコーヒーが作れる

普通のコーヒー以外もエスプレッソ、カプチーノなどを作れる機種があります

エスプレッソマシンの選び方

さて、続いては、エスプレッソマシンの選び方を紹介します。

最近では、家庭用マシンの普及もあってエスプレッソもずいぶん身近な存在になりました。実際にマイナビニュース会員の中で、日常からコーヒーメーカーを使っていると回答した107人に対してアンケートを実施したところ、68%の人がエスプレッソマシン購入に興味を持っているという結果がでました。

Q.エスプレッソマシンを購入したいと思いますか?※コーヒーメーカーを使っていると回答した107名

購入したい:68%
購入しない:32%


すでにエスプレッソマシンを持っている人からは、マシンの購入時に「お手入れのカンタンさ」や「全自動」を重視したという声が聞かれました。購入するに際しては、まだまだ押さえなければならないポイントがあります。以下のポイントを参考に比較検討してみてください。

全自動か半自動か

全自動は、コーヒー豆を挽くところから抽出するところまでを全てマシンが行ってくれて、手軽においしいエスプレッソが作れます。コーヒー豆と水があれば、特に必要な作業はありません。マシンに豆と水をセットし、抽出温度や濃さなどの好みを調整してボタンを押すだけです。高性能なこともあり、本体サイズは大きく、価格も高めです。

家電プロレビュアー

手軽で美味しくエスプレッソ淹れるなら全自動タイプ

香り高いできたてのエスプレッソを気軽に楽しみたいのなら、本体価格は高価ですが、全自動タイプがおすすめです。コーヒー豆やコーヒー粉を投入するだけで抽出まで行ってくれるため、テクニックがなくとも簡単にエスプレッソが完成します。

半自動は、コーヒーの抽出のみなので、あらかじめコーヒー豆をグラインダー(ミルとほぼ同じですが、エスプレッソ用により細かく粉砕できるタイプをさす)で細かく挽いたり、ポルタフィルターという器具にコーヒー粉を詰めたりする作業が必要です。手間は掛かりますが、エスプレッソを作る楽しさを実感できます。全自動に比べて機能が少ないので本体サイズもコンパクトで低価格です。

家電プロレビュアー

自分で調整しながら作るならセミオート(半自動)

エスプレッソを自分で調整しながら作りたい方に最適なのはセミオート(半自動)のエスプレッソマシンです。コーヒーパウダーをポルタフィルターに敷き詰める「タンピング」という作業が必要で、この作業によって味が変わります。

ポンプ圧力は、エスプレッソの要

エスプレッソは、コーヒーの粉を高温・高圧の状態で抽出するため、ポンプの性能が非常に重要です。一般にエスプレッソ抽出時に最適な圧力は9~10気圧といわれています。また上位機種では、スチーマー用とコーヒー抽出用でポンプが別々に用意されているので、コーヒー抽出と同時にミルクスチームが行えます。

コーヒーパウダーやポッドにも対応しているか

ポッドは、コーヒーパウダーをペーパーフィルターでパックしたものですが、このポッドを使えば、ポルタフィルターにコーヒーパウダーを詰めるタンピングという作業が必要なくなり、手軽にエスプレッソを淹れられます。またコーヒーパウダーのタンピング時の詰め加減により抽出される味が変わってきますが、ポッドは安定したテイストのエスプレッソを楽しむことができます。

ミルクスチームが可能か

スチーム機能があればエスプレッソだけではなく、カプチーノやカフェモカなどが楽しめます。ミルクをおいしく仕上げることができれば、コーヒーのおいしさが一段とアップします。スチーム性能だけではなく、ノズルの形状、長さ、材質などもチェックしてみましょう。

お手入れはカンタンか

コーヒーの抽出まわりはもちろんですが、ミルクスチーム周りも汚れやすくお手入れが欠かせません。水タンクの着脱など、各パーツの取りはずしが可能で手入れのしやすさも見逃せないポイントです。

コスパ重視か本格マシンか?

エスプレッソマシンを初めて購入する場合には、まずはコスパの高いエントリーモデルから始めてみるのが良いかもしれません。半自動タイプになるので、エスプレッソを淹れる楽しみを実感し、おいしい淹れ方をいろいろと試してみて、もっと楽しみたいと思ったときに、全自動マシンを検討してもよいでしょう。

カプセル式コーヒーメーカーの選び方

さて、最後に、カプセル式の選び方を紹介します。

コーヒーの抽出方法とコーヒーの味わい方できめる

カプセル式は、各メーカーの独自規格ですが、代表的なものは、UCCのカフェカプセルとUCCのドリップポッドです。独自規格で互換性がないため、コーヒーメーカーを選ぶ際には、コーヒーメーカー本体とカプセルとをトータルで比較・検討するようにしてください。とくにカプセルは、コーヒーの種類や味、コーヒー以外のバラエティさなどのほか、1個あたりのランニングコストなども含めて考えてみましょう。

ネスレは、加圧抽出であるため、クレマ(泡)つきでコクのあるコーヒーが楽しめるだけでなく、エスプレッソを含めた合計14種類のコーヒーやお茶を楽しむことができます。

また、UCCは、ドリップポッドの種類が20種類以上と様々なコーヒーを淹れられるのが特徴です。抽出方法はドリップ式となります。

家電プロレビュアー

手間をかけずに便利なのはポッドやカプセル式

手間をかけずに、本格的なエスプレッソをサッと飲みたいのであれば、ポッドやカプセル式が便利です。飲んだ後のお手入れが簡単。ただし、ポッドやカプセルは一杯当たりの単価は高くなります。

コーヒーメーカーのおすすめメーカー

パナソニック

ユーザーのこだわりまで満足させる!

浄水機能や保温機能など自宅で手軽においしいコーヒーが飲める基本機能は押さえつつ、ユーザーの好みに応じて色々なテイストを味わえるよう、豆の挽き方やドリップの方法にまでこだわったつくりになっています。

メリタ

ハンドドリップのおいしさを追求!

ペーパードリップシステムを考案した同社がたどり着いた結論は、ドリップの一つ穴抽出です。そのドリップ方式を守りながら、ハンドドリップのおいしさをそのままに、少人数から大人数まで、ガラスサーバーやステンレスポット、ポッド専用マシンなどユーザーニーズを捉えた豊富なラインナップが特徴となっています。

シロカ

ミル内蔵ながらコンパクトかつスタイリッシュ!

2000年創業のファブレスメーカー。主力であるミル内蔵の全自動モデルは、2ラインの構成、機能の組み合わせにより全9製品をラインナップしています。クロスラインシリーズは、コンパクトでスクウェアデザインのシンプル設計が特徴です。

デロンギ

エスプレッソの本場イタリアの味を堪能!

イタリアを感じさせるデザインと高い品質に定評があります。コーヒーからエスプレッソまで幅広く対応しており、高性能モデルからエントリーモデルまで幅広くラインナップされています。業務用マシンをベースに家庭用モデルが開発されているため、高スペックな製品が多く信頼性も高いのが特徴です。

ネスレ

コーヒーを楽しむ新しいライフスタイルを提案!

カプセル式コーヒーの独自企画を推進するなど、コーヒーを楽しむライフスタイルを提案しています。コーヒーの種類も豊富で、マシンも購入やレンタルが選べるなど、ユーザーのライフスタイルや利用用途に合わせて活用できる利便性の高さが特徴です。

家電プロレビュアー・石井和美さんおすすめのコーヒーメーカー5選

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

象印 『珈琲通 EC-RS40』

出典:Amazon

サイズ
幅24×奥行25×高さ37.5cm
抽出量
4杯分
フィルター
メッシュフィルター
サーバー
ステンレス製
その他
-
ポンプ圧力
-
タンク容量
-
Thumb lg c21cb16f 9460 4fe2 bda9 9b0996000253
家電プロレビュアー

コクと香りをじっくり引き出してくれる抽出方法

全自動のコーヒーメーカー。お湯の流れや蒸らし時間を制御する「マイコン予熱&ダブル加熱95℃抽出」や「マイコンじっくり蒸らし抽出」機能を搭載し、コーヒー本来のコクと香りをじっくりと引き出す抽出方法にこだわっている。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

メリタ 『ノアSKT54』

出典:Amazon

サイズ
幅26.5x奥行15.2x高さ31.1cm
抽出量
約5杯分
フィルター
ペーパーフィルター
サーバー
ステンレス製
その他
-
ポンプ圧力
-
タンク容量
-
Thumb lg c21cb16f 9460 4fe2 bda9 9b0996000253
家電プロレビュアー

深煎りで苦めのコーヒーが好みの方に

メリタ式の一つ穴抽出で、深煎りの苦いコーヒーをドリップするには向いていて、しっかりとしたコクを楽しむことができます。大口径のステンレスサーバーでお手入れも簡単。氷も入れられるのでアイスコーヒーも簡単にできます。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ネスカフェ 『ドルチェ グスト ジェニオ2 プレミアム』

出典:Amazon

サイズ
幅16.5× 奥行25.7×高さ29.6cm
抽出量
-
フィルター
カプセル式
サーバー
-
その他
-
ポンプ圧力
-
タンク容量
1L
Thumb lg c21cb16f 9460 4fe2 bda9 9b0996000253
家電プロレビュアー

一杯ずつ淹れるカプセル式のコーヒーメーカー

カプセル式で一杯ずつ淹れるから品質が損なわれず(酸化しない)、いつも淹れたての味と香りを楽しめます。最大15気圧のポンプ圧力によるきめ細やかなクレマも特徴。コーヒーだけでなく抹茶や紅茶などのカプセルの種類も豊富です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

デロンギ 『マグニフィカ ESAM03110B』

出典:Amazon

サイズ
幅28x奥行42.5×高さ36.5cm
抽出量
1~2杯分
フィルター
ポンプ式
サーバー
-
その他
-
ポンプ圧力
-
タンク容量
-
Thumb lg c21cb16f 9460 4fe2 bda9 9b0996000253
家電プロレビュアー

抽出量や濃さを自分好みに調整できます

全自動コーヒーメーカーです。パネルのつまみを回すだけで、 抽出量や粉量(濃さ)を無段階に調整できます。 また、抽出温度も4段階で設定可能で、手軽に本格コーヒーを楽しめます。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ラッセルホブス 『グランドリップ 7653JP』

出典:Amazon

サイズ
幅16.5×奥行22×高さ33cm
抽出量
8杯分
フィルター
メッシュフィルター
サーバー
ステンレス製
その他
-
ポンプ圧力
-
タンク容量
-
Thumb lg c21cb16f 9460 4fe2 bda9 9b0996000253
家電プロレビュアー

純金コーティングメッシュのフィルターが特長

スペシャルティコーヒーを楽しむために生まれたコーヒーメーカー。味と香りへの影響が少ない純金コーティングメッシュのゴールドフィルターを標準装備しているので、豆本来の風味・甘みを味わえます。

おすすめコーヒーメーカー30選【1万円未満編】

2019/1/22現在のAmazonでの販売価格をもとに、価格別に掲載しています。価格は変動する可能性がありますので、ご了承ください。

シロカ『crossline ドリップ式コーヒーメーカー SCM-401』

出典:Amazon

サイズ
幅17.8×奥行11.8×高さ25cm
抽出量
1~4杯
フィルター
メッシュフィルター
サーバー
ガラス製
その他
-
ポンプ圧力
-
タンク容量
-

初めての買う人におすすめのシンプル機能

機能もデザインもシンプルなベーシックモデル機能もシンプルなドリップコーヒーメーカーです(アイスコーヒーにも対応)。メッシュフィルターを採用しているため、コーヒー豆の持つ風味をそのまま抽出できます。本体価格も低価格で購入しやすいので、まずはコーヒーメーカーを使ってみたいと考える人にとっては、入門機の1台として最適といえます。

メリタ『エズ SKG56』

出典:Amazon

サイズ
幅18×奥行19.5×高さ26.5cm
抽出量
2~5杯
フィルター
ペーパーフィルター
サーバー
ガラス製
その他
-
ポンプ圧力
-
タンク容量
-

かんたん&シンプルなベーシックモデル

シンプルなドリップ式コーヒーメーカー。メリタ式ドリッパーは、一つ穴抽出とミゾの深さと角度に特徴があり、豆の個性を最大限に引き出す高温抽出とあわせて、芳醇な香りと味わいを引きだします。

デロンギ『コーヒーメーカー ICM14011J』

出典:Amazon

サイズ
幅18×奥行20×高さ27cm
抽出量
1-5杯
フィルター
メッシュフィルター
サーバー
ガラス製
その他
オートオフ機能
ポンプ圧力
-
タンク容量
-

コンパクトサイズのエントリーモデル

蒸らしながらゆっくり抽出するアロマ機能により、コーヒー風味を逃さないハンドドリップのような味わいを実現しています。メッシュフィルターによるドリップでコクのあるコーヒーを楽しめます。また給湯40分後に自動オートオフする安全設計も搭載されています。

TOSHIBA『ミル付きコーヒーメーカー HCD-L50M』

出典:Amazon

サイズ
幅22.2×奥行21.1×高さ26.8cm
抽出量
1~5杯
フィルター
ペーパーフィルター
サーバー
ガラス製
その他
蒸らし機能・浄水機能あり、給水タンクの着脱可
ポンプ圧力
-
タンク容量
-

蒸らしの工夫で2つの味が楽しめる

サイフォンパイプの長さを変えることで蒸らし時間を変えることができる可変蒸らしドリッパーを採用しているので、コクとキレの両方のテイストが味わえます。

ミル付き、浄水フィルター機能、アイスコーヒー対応など、コーヒーをおいしく楽しむために必要なものはひと通りそろっていて、コストパフォーマンスの高いコーヒーメーカーです。

アイリスオーヤマ『全自動 メッシュフィルター付き IAC-A600』

出典:Amazon

サイズ
幅17.7×奥行28.6×高さ29.2cm
抽出量
1~4杯
フィルター
メッシュフィルター
サーバー
ガラス製
その他
-
ポンプ圧力
-
タンク容量
-

コスパの高い全自動コーヒーメーカー

豆挽きからドリップまで全自動で行ってくれます。細かいパーツまで取りはずせるのでお手入れがカンタンなところもうれしいですね。本体サイズは、ミル付きの中ではコンパクトな1台。ミルは中挽き/粗挽きの選択が可能。メッシュフィルターを採用しているので、コーヒー本来の風味を逃さず抽出ができます。

初めてのコーヒーメーカーとして、またコストパフォーマンスの高いコーヒーメーカーと位置づけられます。

タイガー魔法瓶『コーヒーメーカー ACE-S080』

出典:Amazon

サイズ
幅28×奥行17.4×高さ34.5cm
抽出量
2~8杯
フィルター
ペーパーフィルター
サーバー
ステンレス製
その他
蒸らし機能あり、給水タンクの着脱可
ポンプ圧力
-
タンク容量
-

マイコン深蒸しドリップでじっくり蒸らして抽出

1.08リットル、8カップの大容量タイプ。マイコン深蒸しドリップでしっかり蒸らしたコーヒーを大人数で楽しむことができます。選べるテイストも、マイルド、ストロング、アイスの3種類。真空ステンレスサーバーで保温も安心。タイガー魔法瓶独自の深リブフィルターによる蒸らし効果でコクのあるコーヒーが楽しめます。

安心のオートオフ機能、メンテナンスも便利な着脱式タンク仕様となっています。

メリタ『オルフィ SKT521B』

出典:Amazon

サイズ
幅31×奥行14.6×高さ29.3cm
抽出量
2~5杯
フィルター
ペーパーフィルター
サーバー
ステンレス製
その他
浄水機能あり、給水タンクの着脱可、オートオフ機能
ポンプ圧力
-
タンク容量
-

ほしい機能がそろうオールマイティー

浄水フィルターによりカルキを99%以上カットするので、水道水を使ってもおいしいコーヒーが抽出できます。でき立てのコーヒーは、保温性の高い真空二重構造のステンレスボトルに落ちるので、長い時間おいしいコーヒーを堪能することができます。ポットに氷を入れれば、冷たいアイスコーヒーも楽しめます。

抽出後1分したら自動で電源がOFFになるオートオフ機能を搭載、リムーバブルタンク(水タンク)は取りはずしが可能で、給水も洗浄もカンタンです。

サーモス『真空断熱ポットコーヒーメーカー 0.7L ブラック ECF-701』

出典:Amazon

サイズ
幅15.5×奥行25×高さ35.5cm
抽出量
3~5杯
フィルター
ペーパーフィルター
サーバー
ステンレス製
その他
-
ポンプ圧力
-
タンク容量
-

保温性に定評のあるステンレスサーバー

本体は幅15.5cmと非常にコンパクトで、デザインや機能など極めてシンプルなつくり。真空断熱ポットなので、淹れたてのおいしさを長くキープできるところがうれしいですね。サーバーは、保温・保冷の両方ともに対応しています。ポットの中栓も細部まで取りはずしが可能なので清掃もかんたんです。

メリタ『ルック デラックスII MKM-9110』

出典:Amazon

サイズ
幅22.5×奥行22.5×高さ33cm
抽出量
2~10杯
フィルター
ペーパーフィルター
サーバー
ガラス製
その他
オートオフ機能
ポンプ圧力
-
タンク容量
-

アロマセレクター搭載でコーヒーを堪能

自宅に友人を招いて大人数で、また小さめのオフィスなら十分対応可能な容量です。オートオフ機能も抽出後2時間後と利用シーンを想定した設定にも納得です。もちろんコーヒーそのものもマイルドからストロングまで選べるアロマセレクター搭載により、しっかりとコーヒーを堪能できます。内部フィルター部の取り外しも可能で、お手入れもラクちんです。

ハリオ『珈琲王 コーヒーメーカー V60 EVCM-5TB』

出典:Amazon

サイズ
幅23×奥行24×高 32.7cm
抽出量
2~5杯
フィルター
ペーパーフィルター
サーバー
ガラス製
その他
蒸らし機能あり
ポンプ圧力
-
タンク容量
-

ハンドドリップのおいしさを追求したマシン

ハンドドリップのおいしさをそのままコーヒーメーカーへと昇華させた非常にシンプルなマシンです。独自の円錐型の大きな一つ穴のドリッパーがハリオの特徴で、コーヒー豆が本来持つ成分を余すところなく抽出することができます。

湯温の管理にこだわり、最初の蒸らしから抽出まで一貫して93℃前後の高温で抽出、杯数に応じた新世代「蒸らし」機能で、コクのあるコーヒーを淹れることができます。

シンプルに「コーヒーを味わいたい」という人は、検討してみる価値があるコーヒーメーカーでしょう。

おすすめコーヒーメーカー30選【1万円~2万円未満編】

タイガー魔法瓶『カフェバリエ ACT-B040』

出典:Amazon

サイズ
幅18.1×奥行27.9×高さ34.2cm
抽出量
2~4杯(カフェポッド、ドリップポッドは1杯)
フィルター
ペーパーフィルター、カフェポッド、ドリップポッド
サーバー
ステンレス製
その他
蒸らし機能あり、給水タンクの着脱可
ポンプ圧力
-
タンク容量
-

3通りのドリップ方法を採用

レギュラードリップ、ドリップポッド、カフェポッドの3通りの淹れ方ができる数少ない機種です。レギュラードリップは、スチーム蒸らしによりコーヒー成分をしっかり抽出。またタイガー魔法瓶独自の深リブフィルターにより蒸らしたコーヒーを真空ステンレスサーバーに抽出すれば、おいしさそのままに保温もできます。

消し忘れのない「オートオフ機能」、「着脱式水タンク」は給水もお手入れもカンタンに行えます。

ラッセルホブス『コーヒーメーカー ヘリテージ パープル 18499JP』

出典:Amazon

サイズ
幅23×奥行21×高さ35.5cm
抽出量
2~12杯
フィルター
メッシュフィルター
サーバー
ガラス製
その他
蒸らし機能あり、タイマー機能あり
ポンプ圧力
-
タンク容量
-

大容量なのでスモールオフィスでも活用できる

イギリスの代表的な調理家電のブランド。12カップの大容量モデルで、大人数でのコーヒーブレイクにも対応が可能です。電子制御により湯温、湯量、蒸らしが最適に管理されるので、コーヒー本来の旨味を逃しません。

またメッシュフィルターとペーパーフィルターの使い分けが可能なので、色々な味でコーヒーを楽しむことができますし、濃い目が好みの人には、付属のアロマセレクト機能が便利です。

タイガー魔法瓶『GRAND X(グランエックス) ACQ-X020』

出典:Amazon

サイズ
幅22.6×奥行19.9×高さ29.8cm
抽出量
1~2杯
フィルター
チタンメッシュフィルター
サーバー
-
その他
蒸らし機能あり、給水タンクの着脱可
ポンプ圧力
-
タンク容量
-

組み合わせ次第で15通りのテイスト

タイガー魔法瓶独自の蒸気プレス方式「Tiger Press」を採用。湯温は85度、90度、95度の3段階、浸し時間は30~90秒まで5段階の設定が可能で15通りのテイストが味わえます。抽出量は2~4杯分まで選択でき、ほかアイスコーヒー用も選べます。

チタンコートメッシュフィルターを採用しているため、コーヒー本来のコクを味わうことができます。操作は、タッチパネルで快適です。

パナソニック『全自動 沸騰浄水コーヒーメーカー NC-A56』

出典:Amazon

サイズ
幅22×奥行24.5×高さ34.5cm
抽出量
1~5杯
フィルター
ペーパーフィルター
サーバー
ガラス製
その他
蒸らし機能・浄水機能あり、給水タンクの着脱可、保温自動OFF
ポンプ圧力
-
タンク容量
-

豆の挽き~ミル洗浄まで全てが全自動!

豆挽き、抽出、保温までを、加えてミルの洗浄までも全自動で行ってくれます。豆の挽き分け(粗挽き、中細挽き)と、抽出モード(マイルド/リッチ)の組み合わせで4つのテイストを味わうことができます。活性炭フィルターでの浄水により、カルキを90%以上カット、コーヒーの旨味を逃しません。

ミルの洗浄機能、抽出後30分経過すると自動で保温温度を低くして煮詰まりを防ぐ機能やリムーバブルタンクの採用によるメンテナンス面など、ユーザーも納得の1台といえるでしょう。

メリタ『コーヒーポッドマシーン MKM-112』

出典:Amazon

サイズ
幅22×奥行35×高さ25cm
抽出量
1~2杯同時抽出あり
フィルター
ポッド式
サーバー
-
その他
給水タンクの着脱可、オートオフ機能
ポンプ圧力
-
タンク容量
-

ポッド式でいつでもカンタンにおいしいコーヒーを

誰でも手軽にいつでも入れたてのコーヒーを味わえるのがポッド式のよさです。2杯を同時に抽出が可能で、高さの異なるドリップトレーによりカップをセットする位置が変えられるのも便利です。リムーバブルタンク(水タンク)は取りはずしができるので給水も洗浄もカンタンに行えます。

コーヒー抽出後、2時間で自動的に電源が切れるオートオフ機構を備えています。

パナソニック『コーヒーメーカー NC-R500』

出典:Amazon

サイズ
幅24.5×奥行17×高さ30cm
抽出量
1~5杯
フィルター
ステンレスフィルター
サーバー
ガラス製
その他
蒸らし機能・浄水機能あり、給水タンクの着脱可、保温自動OFF
ポンプ圧力
-
タンク容量
-

ユーザーの好みに細かく応えるうれしい1台

粗挽き、中細挽きの豆の挽き分けができ、フィルターもステンレスとペーパーを選べます。ドリップ方式もバスケット内の手動の切り替えレバーにより「蒸らして一気ドリップ」と「W(ダブル)ドリップ」が選べ、テイストもマイルド、リッチ、アイスから選択が可能となっています。ユーザーの好みをこれだけ多く実現できる機種はなかなかありません。

これらに加えて、コーヒー豆の種類や使用する水までを組み合わせれば、本当にたくさんのオリジナルコーヒーが作れます。浄水機能やリムーバブルタンクなど便利な機能も搭載。

シロカ『コーン式全自動コーヒーメーカー SC-C121』

出典:Amazon

サイズ
幅16×奥行27×高さ39cm
抽出量
1~4杯
フィルター
ペーパーフィルター
サーバー
ステンレス製
その他
蒸らし機能あり、給水タンクの着脱可、タイマー機能あり
ポンプ圧力
-
タンク容量
-

コーン式ミルを搭載する本格全自動コーヒーメーカー

作りたいコーヒー量に応じてコーヒー豆を自動軽量してくれる優れモノです。内蔵されたコーン式ミルは、粒度を一定に挽くことができるので、香り高いコーヒーが飲めるのはもちろんですが、細挽きから粗挽きまで無段階で粒度の調節が可能で、コーヒーの抽出もマイルドとリッチから選択が可能ですので、その日の気分によって飲みたいコーヒーが淹れられるのもうれしいですね。

その他、保温性の高い真空二重ステンレスサーバーの採用、アイスコーヒーの設定、起動タイマー機能があるなど、まさに必要十分な機能がそろったコーヒーメーカーと言えます。

おすすめコーヒーメーカー30選【2万円以上編】

象印『珈琲通 全自動 ステンレスサーバー EC-NA40』

出典:Amazon

サイズ
幅24×奥行25×高さ37.5cm
抽出量
1~4杯
フィルター
ペーパーフィルター
サーバー
ステンレス製
その他
蒸らし機能・浄水機能あり、給水タンクの着脱可
ポンプ圧力
-
タンク容量
-

豆挽きからドリップまで全自動のすぐれモノ

豆挽きからドリップまで全自動のコーヒーメーカー。コーヒー豆は「中細挽き」「粗挽き」の2段階に挽き分け、抽出も2段階の濃さ調節が可能なので、4つのコーヒーの味を淹れられます。
おいしさへのこだわりは、98%のカルキを除去する浄水機能、同社が培った「ダブルヒーター」「マイコン予熱」の技術、ステンレス製の速温ドリッパー&断熱ドリッパーカバーによる高温抽出を実現したことに見てとれます。
ステンレスマホービンサーバーを使えば、ヒーターを使わずに保温でき、おいしさも長持ち。ミルケース、水タンクは取りはずしができてお手入れもカンタンです。

デロンギ『コンビコーヒーメーカー BCO410J』

出典:Amazon

サイズ
幅37×奥行29.5×高さ32cm
抽出量
10杯(ドリップ)、1~2杯同時抽出(エスプレッソ)
フィルター
ゴールドフィルター(ドリップ)、 ポッド式&パウダー(エスプレッソ)
サーバー
ガラス製(ドリップ)
その他
浄水機能あり、給水タンクの着脱可(エスプレッソ用のみ)
ポンプ圧力
-
タンク容量
-

3つの味を1台で楽しめる贅沢な高性能マシン

ドリップ&エスプレッソマシン。独自のフィルターバスケット形状でコーヒーの対流時間を長く保ち、コーヒー本来の風味と香りを引き出すことができます。またプロのコーヒーテイスターも愛用する23.8金のゴールドフィルターにより、コクのある濃厚なコーヒーも味わえます。

高性能スチームノズルにより、フォームミルクがカンタンにつくれるので、ドリップコーヒーのほかにもエスプレッソ、カプチーノ、カフェラテが楽しめます。 エスプレッソはポッドとパウダーの両対応(専用ホルダー)、ドリップとエスプレッソの同時抽出もできる、便利な1台です。

デロンギ『マグニフィカ ESAM03110S』

出典:Amazon

サイズ
幅28×奥行42.5×高さ36.5cm
抽出量
1~2杯同時抽出
フィルター
-
サーバー
-
その他
給水タンクの着脱可
ポンプ圧力
-
タンク容量
-

全自動マシンのエントリーモデル

豆を挽き、コーヒーを抽出するまでを全自動で行ってくれるマシンのエントリーモデルです。

コーン式グラインダーで粒度が一定したコーヒーパウダーを生成できることに加え、抽出量やコーヒーパウダー量を無段階で、また抽出温度を4段階で設定可能なので、エントリーモデルとはいえ、まさに自分好みの一杯をという考える方には、ぜひとも手にいれたい1台と言えます。また高性能スチームを使えばドリップコーヒーのみならず、エスプレッソ、カフェラテ、カプチーノなどいくつもの楽しみ方ができる点も見逃せないところです。

おすすめコーヒーメーカー30選【エスプレッソマシン編】

デロンギ『エスプレッソ・カプチーノメーカー EC152J』

出典:Amazon

サイズ
幅19.5×奥行24.5×高さ29cm
抽出量
-
フィルター
-
サーバー
-
その他
-
ポンプ圧力
最大15気圧
タンク容量
1L

デロンギが発売するベーシックモデル

エスプレッソ専用マシンのエントリーモデル。ポッドとパウダーの両方に対応(専用ホルダー)、2カップ同時抽出が可能、本体一体型のスチームノズルを搭載など、本体は非常にコンパクトながら機能は充実しています。

ボンマック『BME-100 DARMAR』

出典:Amazon

サイズ
幅24×奥行25×高さ30cm
抽出量
-
フィルター
-
サーバー
-
その他
-
ポンプ圧力
最大15気圧
タンク容量
0.8L

高コスパの家庭用エスプレッソマシン

エスプレッソ抽出の命であるスチームパワーは、家庭用マシンの中では最高クラスの性能。コーヒーパウダー、カフェポッド、エコポッド、ドリップポッド(UCCの独自規格)にも対応している。

デロンギ『エスプレッソ・カプチーノメーカー EC221』

出典:Amazon

サイズ
幅24×奥行28×高さ32cm
抽出量
-
フィルター
-
サーバー
-
その他
-
ポンプ圧力
最大15気圧
タンク容量
1L

かわいいデザインとカラーで満足度も高い

イタリアらしいフォルムが美しいおしゃれな一台。鮮やかな4カラーのラインナップとなっています。湯温はエスプレッソ抽出に最適な90°にコントールされ、高気圧(9気圧)で一気に成分を抽出するため、きめ細かいクレマと芳醇な香りが楽しめます。高性能スチームでフロスミルクもカンタンに作れ、カプチーノやカフェオレも楽しめます。

パウダーとポッドの両対応で、専用ホルダーを使えばカフェポッドでの抽出もカンタンにできます。使用後30分でのオートオフ機能を備えある安心の設計となっています。

ビアレッティ『エスプレッソマシン モキッシマ レッド CF43–RE』

出典:Amazon

サイズ
幅29×奥行34.5×高さ21cm
抽出量
-
フィルター
-
サーバー
-
その他
-
ポンプ圧力
最大20気圧
タンク容量
0.8L

インテリアに映えるおシャレな1台

イタリア「ビアレッティ」社から発売される直火式エスプレッソマシン「モカエキスプレス」は有名だが、個性的なデザインはそのままに、電気式エスプレッソマシンに進化。 コーヒーパウダーだけでなくポッド、カプセルにも対応。最大20気圧とスチーム能力は高い。かわいいフォルムはインテリアにも映え、自然と満足度も高まります。

デロンギ『エスプレッソ・カプチーノメーカー EC860M』

出典:Amazon

サイズ
幅28×奥行32×高さ31cm
抽出量
-
フィルター
-
サーバー
-
その他
-
ポンプ圧力
最大15気圧
タンク容量
1L

プロレベルの高性能エスプレッソマシン

エスプレッソ・カプチーノメーカーの最上位モデル。プロ用マシンと同じポンプ式によりベストな状態でエスプレッソを抽出できるだけなく、デザイン、質感、機能を含め全てにおいて満足のできるマシンです。3段階の抽出温度設定、5段階の水硬度設定、カップウォーマー、ミルクフロッサー搭載、オートオフ機能、ポッド・パウダー両対応など、必要十分な機能が備わっています。

おすすめコーヒーメーカー30選【カプセル式編】

ネスカフェ『ドルチェグスト ダークレッドルミオ MD9777-DR』

出典:Amazon

サイズ
幅17.6×奥行22.2×高さ36.8cm
抽出量
-
フィルター
-
サーバー
-
その他
-
ポンプ圧力
最大15気圧
タンク容量
1L

高圧抽出で本格コーヒーを自宅で楽しめる

1杯ずつのカプセル式なので常に新鮮なコーヒーを味わえます。ポンプ圧力により抽出するエスプレッソタイプなので、きめ細かいクレマも楽しめます。自動で抽出が止まるオートストップ機能も搭載されています。

ネスプレッソ『エッセンサ ミニ C30WH』

出典:Amazon

サイズ
幅11×奥行32.5×高さ20.5cm
抽出量
-
フィルター
-
サーバー
-
その他
-
ポンプ圧力
最大19気圧
タンク容量
0.6L

軽量&コンパクト、初めての1台に最適

メーカー史上、最小・最軽量のコーヒーメーカーです。コンパクトなので置く場所を選ばす、かつ洗練されたおしゃれなデザインで、インテリアにも馴染みます。 24種のグラン・クリュから好きなカプセルを選び、ボタン1つで好みのコーヒーができあがります。

UCC『ドリップポッド DP2』

出典:Amazon

サイズ
幅13×奥行28.8×高22.4cm
抽出量
1杯
フィルター
ドリップポッド (レギュラードリップは専用フィルター)
サーバー
-
その他
給水タンクの着脱可
ポンプ圧力
-
タンク容量
-

ハンドドリップのおいしさがボタン1つで楽しめる

ハンドドリップのおいしさをそのままに1杯から楽しめるドリップポッドです。起動から抽出まで2分弱のスピーディーさ、コーヒーパウダーでのドリップにもあらたに対応するなど使い勝手があがっています。用意されるポッドも世界各地から厳選された高品質なコーヒー豆ばかりなので、産地ごとの味わいの違いを楽しむこともできます。

ネスプレッソ『エキスパート D80GR』

出典:Amazon

サイズ
幅38×奥行22.5×高さ29cm
抽出量
-
フィルター
-
サーバー
-
その他
-
ポンプ圧力
最大19気圧
タンク容量
1.1L

スタイリッシュ&シンプルな高級マシン

スタイリッシュでモダンなデザイン、その上に配置された2つのダイヤル。コーヒーを淹れる作業は、カップサイズとお湯の温度をこの2つのダイヤルで設定するだけという極めてシンプルな操作性で、おいしいコーヒーがすぐでき上がります。お手入れの自動お知らせ機能も搭載される親切設計です。

ネスプレッソ『ラティシマ・ワン F111BW』

出典:Amazon

サイズ
幅15.4×奥行32.4×高さ26.5cm
抽出量
-
フィルター
-
サーバー
-
その他
-
ポンプ圧力
最大19気圧
タンク容量
1L

ミルクメニューをボタンひとつでカンタンにつくれる

エスプレッソのほかに、ルンゴ、カプチーノ、ラテ・マッキャートを淹れられるマシン。電源を入れてから抽出可能な状態まではわずか約25秒と待たせません。コーヒーもミルクもボタン1つで設定できます。好みに合わせて作りたい場合には、プログラムモードでコーヒーの抽出量を設定できます。

一覧表でおすすめ商品を比較する

画像

象印 『珈琲通 EC-RS40』
メリタ 『ノアSKT54』
ネスカフェ 『ドルチェ グスト ジェニオ2 プレミアム』
デロンギ  『マグニフィカ ESAM03110B』
ラッセルホブス 『グランドリップ 7653JP』
シロカ『crossline ドリップ式コーヒーメーカー SCM-401』
メリタ『エズ SKG56』
デロンギ『コーヒーメーカー ICM14011J』
TOSHIBA『ミル付きコーヒーメーカー HCD-L50M』
アイリスオーヤマ『全自動 メッシュフィルター付き IAC-A600』
タイガー魔法瓶『コーヒーメーカー ACE-S080』
メリタ『オルフィ SKT521B』
サーモス『真空断熱ポットコーヒーメーカー 0.7L ブラック ECF-701』
メリタ『ルック デラックスII MKM-9110』
ハリオ『珈琲王 コーヒーメーカー V60 EVCM-5TB』
タイガー魔法瓶『カフェバリエ ACT-B040』
ラッセルホブス『コーヒーメーカー ヘリテージ パープル 18499JP』
タイガー魔法瓶『GRAND X(グランエックス) ACQ-X020』
パナソニック『全自動 沸騰浄水コーヒーメーカー NC-A56』
メリタ『コーヒーポッドマシーン MKM-112』
パナソニック『コーヒーメーカー NC-R500』
シロカ『コーン式全自動コーヒーメーカー SC-C121』
象印『珈琲通 全自動 ステンレスサーバー EC-NA40』
デロンギ『コンビコーヒーメーカー BCO410J』
デロンギ『マグニフィカ ESAM03110S』
デロンギ『エスプレッソ・カプチーノメーカー EC152J』
ボンマック『BME-100 DARMAR』
デロンギ『エスプレッソ・カプチーノメーカー EC221』
ビアレッティ『エスプレッソマシン モキッシマ レッド CF43–RE』
デロンギ『エスプレッソ・カプチーノメーカー EC860M』
ネスカフェ『ドルチェグスト ダークレッドルミオ MD9777-DR』
ネスプレッソ『エッセンサ ミニ C30WH』
UCC『ドリップポッド DP2』
ネスプレッソ『エキスパート D80GR』
ネスプレッソ『ラティシマ・ワン F111BW』

商品

象印 『珈琲通 EC-RS40』 メリタ 『ノアSKT54』 ネスカフェ 『ドルチェ グスト ジェニオ2 プレミアム』 デロンギ 『マグニフィカ ESAM03110B』 ラッセルホブス 『グランドリップ 7653JP』 シロカ『crossline ドリップ式コーヒーメーカー SCM-401』 メリタ『エズ SKG56』 デロンギ『コーヒーメーカー ICM14011J』 TOSHIBA『ミル付きコーヒーメーカー HCD-L50M』 アイリスオーヤマ『全自動 メッシュフィルター付き IAC-A600』 タイガー魔法瓶『コーヒーメーカー ACE-S080』 メリタ『オルフィ SKT521B』 サーモス『真空断熱ポットコーヒーメーカー 0.7L ブラック ECF-701』 メリタ『ルック デラックスII MKM-9110』 ハリオ『珈琲王 コーヒーメーカー V60 EVCM-5TB』 タイガー魔法瓶『カフェバリエ ACT-B040』 ラッセルホブス『コーヒーメーカー ヘリテージ パープル 18499JP』 タイガー魔法瓶『GRAND X(グランエックス) ACQ-X020』 パナソニック『全自動 沸騰浄水コーヒーメーカー NC-A56』 メリタ『コーヒーポッドマシーン MKM-112』 パナソニック『コーヒーメーカー NC-R500』 シロカ『コーン式全自動コーヒーメーカー SC-C121』 象印『珈琲通 全自動 ステンレスサーバー EC-NA40』 デロンギ『コンビコーヒーメーカー BCO410J』 デロンギ『マグニフィカ ESAM03110S』 デロンギ『エスプレッソ・カプチーノメーカー EC152J』 ボンマック『BME-100 DARMAR』 デロンギ『エスプレッソ・カプチーノメーカー EC221』 ビアレッティ『エスプレッソマシン モキッシマ レッド CF43–RE』 デロンギ『エスプレッソ・カプチーノメーカー EC860M』 ネスカフェ『ドルチェグスト ダークレッドルミオ MD9777-DR』 ネスプレッソ『エッセンサ ミニ C30WH』 UCC『ドリップポッド DP2』 ネスプレッソ『エキスパート D80GR』 ネスプレッソ『ラティシマ・ワン F111BW』

特徴

コクと香りをじっくり引き出してくれる抽出方法 深煎りで苦めのコーヒーが好みの方に 一杯ずつ淹れるカプセル式のコーヒーメーカー 抽出量や濃さを自分好みに調整できます 純金コーティングメッシュのフィルターが特長 初めての買う人におすすめのシンプル機能 かんたん&シンプルなベーシックモデル コンパクトサイズのエントリーモデル 蒸らしの工夫で2つの味が楽しめる コスパの高い全自動コーヒーメーカー マイコン深蒸しドリップでじっくり蒸らして抽出 ほしい機能がそろうオールマイティー 保温性に定評のあるステンレスサーバー アロマセレクター搭載でコーヒーを堪能 ハンドドリップのおいしさを追求したマシン 3通りのドリップ方法を採用 大容量なのでスモールオフィスでも活用できる 組み合わせ次第で15通りのテイスト 豆の挽き~ミル洗浄まで全てが全自動! ポッド式でいつでもカンタンにおいしいコーヒーを ユーザーの好みに細かく応えるうれしい1台 コーン式ミルを搭載する本格全自動コーヒーメーカー 豆挽きからドリップまで全自動のすぐれモノ 3つの味を1台で楽しめる贅沢な高性能マシン 全自動マシンのエントリーモデル デロンギが発売するベーシックモデル 高コスパの家庭用エスプレッソマシン かわいいデザインとカラーで満足度も高い インテリアに映えるおシャレな1台 プロレベルの高性能エスプレッソマシン 高圧抽出で本格コーヒーを自宅で楽しめる 軽量&コンパクト、初めての1台に最適 ハンドドリップのおいしさがボタン1つで楽しめる スタイリッシュ&シンプルな高級マシン ミルクメニューをボタンひとつでカンタンにつくれる

価格

Amazon : ¥ 23,800
楽天市場 : ¥ 22,800
※各社通販サイトの 2019年1月9日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 5,970
楽天市場 : ¥ 6,321
※各社通販サイトの 2019年1月9日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 13,165
楽天市場 : ¥ 9,799
※各社通販サイトの 2019年4月17日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 46,915
楽天市場 : ¥ 48,900
※各社通販サイトの 2019年1月9日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 16,200
楽天市場 : ¥ 16,200
※各社通販サイトの 2019年1月9日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 4,320
楽天市場 : ¥ 1,954
※各社通販サイトの 2019年1月9日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 2,140
楽天市場 : ¥ 2,160
※各社通販サイトの 2019年1月9日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 5,966
楽天市場 : ¥ 4,693
※各社通販サイトの 2019年1月9日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 4,350
楽天市場 : ¥ 4,235
※各社通販サイトの 2019年1月9日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 5,660
楽天市場 : ¥ 6,177
※各社通販サイトの 2019年1月9日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 9,274
楽天市場 : ¥ 10,800
※各社通販サイトの 2019年1月9日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 7,250
楽天市場 : ¥ 6,480
※各社通販サイトの 2019年1月9日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 7,900
楽天市場 : ¥ 7,980
※各社通販サイトの 2019年1月9日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 15,120
楽天市場 : ¥ 10,800
※各社通販サイトの 2019年1月9日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 15,984
楽天市場 : ¥ 9,480
※各社通販サイトの 2019年1月9日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 9,450
楽天市場 : ¥ 14,800
※各社通販サイトの 2019年1月9日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 16,200
楽天市場 : ¥ 16,200
※各社通販サイトの 2019年1月9日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 13,277
楽天市場 : ¥ 12,543
※各社通販サイトの 2019年1月9日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 18,800
楽天市場 : ¥ 20,850
※各社通販サイトの 2019年1月9日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 21,600
楽天市場 : ¥ 20,610
※各社通販サイトの 2019年1月9日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 15,871
楽天市場 : ¥ 17,992
※各社通販サイトの 2019年1月9日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 37,800
楽天市場 : ¥ 24,710
※各社通販サイトの 2019年1月9日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 22,480
楽天市場 : ¥ 29,600
※各社通販サイトの 2019年4月17日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 38,880
楽天市場 : ¥ 22,390
※各社通販サイトの 2019年1月9日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 45,900
楽天市場 : ¥ 48,480
※各社通販サイトの 2019年1月9日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 7,344
楽天市場 : ¥ 8,326
※各社通販サイトの 2019年1月9日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 9,800
楽天市場 : ¥ 9,980
※各社通販サイトの 2019年1月9日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 18,000
楽天市場 : ¥ 19,440
※各社通販サイトの 2019年1月9日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 37,800
楽天市場 : ¥ 26,800
※各社通販サイトの 2019年1月9日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 38,117
楽天市場 : ¥ 37,180
※各社通販サイトの 2019年1月9日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 4,340
楽天市場 : ¥ 4,390
※各社通販サイトの 2019年1月9日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 8,650
楽天市場 : ¥ 10,670
※各社通販サイトの 2019年1月9日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 8,393
楽天市場 : ¥ 10,814
※各社通販サイトの 2019年1月9日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 20,016
楽天市場 : ¥ 20,105
※各社通販サイトの 2019年1月9日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 21,789
楽天市場 : ¥ 21,697
※各社通販サイトの 2019年1月9日時点 での税込価格

サイズ

幅24×奥行25×高さ37.5cm 幅26.5x奥行15.2x高さ31.1cm 幅16.5× 奥行25.7×高さ29.6cm 幅28x奥行42.5×高さ36.5cm 幅16.5×奥行22×高さ33cm 幅17.8×奥行11.8×高さ25cm 幅18×奥行19.5×高さ26.5cm 幅18×奥行20×高さ27cm 幅22.2×奥行21.1×高さ26.8cm 幅17.7×奥行28.6×高さ29.2cm 幅28×奥行17.4×高さ34.5cm 幅31×奥行14.6×高さ29.3cm 幅15.5×奥行25×高さ35.5cm 幅22.5×奥行22.5×高さ33cm 幅23×奥行24×高 32.7cm 幅18.1×奥行27.9×高さ34.2cm 幅23×奥行21×高さ35.5cm 幅22.6×奥行19.9×高さ29.8cm 幅22×奥行24.5×高さ34.5cm 幅22×奥行35×高さ25cm 幅24.5×奥行17×高さ30cm 幅16×奥行27×高さ39cm 幅24×奥行25×高さ37.5cm 幅37×奥行29.5×高さ32cm 幅28×奥行42.5×高さ36.5cm 幅19.5×奥行24.5×高さ29cm 幅24×奥行25×高さ30cm 幅24×奥行28×高さ32cm 幅29×奥行34.5×高さ21cm 幅28×奥行32×高さ31cm 幅17.6×奥行22.2×高さ36.8cm 幅11×奥行32.5×高さ20.5cm 幅13×奥行28.8×高22.4cm 幅38×奥行22.5×高さ29cm 幅15.4×奥行32.4×高さ26.5cm

抽出量

4杯分 約5杯分 - 1~2杯分 8杯分 1~4杯 2~5杯 1-5杯 1~5杯 1~4杯 2~8杯 2~5杯 3~5杯 2~10杯 2~5杯 2~4杯(カフェポッド、ドリップポッドは1杯) 2~12杯 1~2杯 1~5杯 1~2杯同時抽出あり 1~5杯 1~4杯 1~4杯 10杯(ドリップ)、1~2杯同時抽出(エスプレッソ) 1~2杯同時抽出 - - - - - - - 1杯 - -

フィルター

メッシュフィルター ペーパーフィルター カプセル式 ポンプ式 メッシュフィルター メッシュフィルター ペーパーフィルター メッシュフィルター ペーパーフィルター メッシュフィルター ペーパーフィルター ペーパーフィルター ペーパーフィルター ペーパーフィルター ペーパーフィルター ペーパーフィルター、カフェポッド、ドリップポッド メッシュフィルター チタンメッシュフィルター ペーパーフィルター ポッド式 ステンレスフィルター ペーパーフィルター ペーパーフィルター ゴールドフィルター(ドリップ)、 ポッド式&パウダー(エスプレッソ) - - - - - - - - ドリップポッド (レギュラードリップは専用フィルター) - -

サーバー

ステンレス製 ステンレス製 - - ステンレス製 ガラス製 ガラス製 ガラス製 ガラス製 ガラス製 ステンレス製 ステンレス製 ステンレス製 ガラス製 ガラス製 ステンレス製 ガラス製 - ガラス製 - ガラス製 ステンレス製 ステンレス製 ガラス製(ドリップ) - - - - - - - - - - -

その他

- - - - - - - オートオフ機能 蒸らし機能・浄水機能あり、給水タンクの着脱可 - 蒸らし機能あり、給水タンクの着脱可 浄水機能あり、給水タンクの着脱可、オートオフ機能 - オートオフ機能 蒸らし機能あり 蒸らし機能あり、給水タンクの着脱可 蒸らし機能あり、タイマー機能あり 蒸らし機能あり、給水タンクの着脱可 蒸らし機能・浄水機能あり、給水タンクの着脱可、保温自動OFF 給水タンクの着脱可、オートオフ機能 蒸らし機能・浄水機能あり、給水タンクの着脱可、保温自動OFF 蒸らし機能あり、給水タンクの着脱可、タイマー機能あり 蒸らし機能・浄水機能あり、給水タンクの着脱可 浄水機能あり、給水タンクの着脱可(エスプレッソ用のみ) 給水タンクの着脱可 - - - - - - - 給水タンクの着脱可 - -

ポンプ圧力

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 最大15気圧 最大15気圧 最大15気圧 最大20気圧 最大15気圧 最大15気圧 最大19気圧 - 最大19気圧 最大19気圧

タンク容量

- - 1L - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 1L 0.8L 1L 0.8L 1L 1L 0.6L - 1.1L 1L

商品情報

ECサイトのコーヒーメーカーランキングを参考にする

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでのコーヒーメーカーの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:コーヒーメーカーランキング
楽天市場:コーヒーメーカーランキング
Yahoo!ショッピング:コーヒーメーカーランキング

※上記リンク先のランキングは、各ECサイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

コーヒーメーカーユーザーに聞いた! 重視するポイントは?

最後に、コーヒーメーカーを自宅で使っていると回答した107名に聞いた、コーヒーメーカーに求めるものランキングを紹介します。

Q.コーヒーメーカーを買い替えるとしたら、重視する点をすべて選んでください。【複数選択】  ※コーヒーメーカーを使っていると回答した107名

お手入れのしやすさ:48.6%
味の濃さの選択機能:23.4%
本体サイズ(コンパクト):22.4%
全自動機能:19.6%
デザインのよさ:17.8%
フィルターの種類:16.8%
ポット容量:15.9%
水タンクの取りはずし:15.9%
ミル機能:14.0%
ステンレスサーバー:14.0%
浄水機能:14.0%
保温機能:12.1%
蒸らし機能:11.2%
タイマー機能:5.6%
その他:1.9%

コーヒーメーカーの最大のメリットは、手軽においしいコーヒーを飲めるところですが、できれば後始末もかんたんに済ませたいという思いが、アンケートのNo.1に輝きました。コーヒー抽出部などは特に汚れやすいですが、そのほかにも水タンク、ミル、ドリップバスケットなどは着脱が可能かどうかなどはチェックしておきたいところですね。

味にこだわるなら、テイスト設定、フィルターの種類、蒸らし機能などがチェックポイントです。コーヒー豆が同じでも、湯温と蒸らし時間でコーヒーの味は変わってきます。いろいろなコーヒーの味を楽しみたい人、自分好みのコーヒーを見つけたい人は、上記ポイントにこだわってみてください。

まとめ

いろいろなコーヒーメーカーをおすすめしてみました。気になるコーヒーメーカーは見つかりましたか? コーヒーメーカーごとに「個性」と「こだわり」がありますので、ぜひ比較検討して、最高の1台を見つけてくださいね。

◆アンケート情報
調査時期: 2018年6月12日
調査対象: マイナビニュース会員
調査数: 503名
調査方法: インターネットログイン式アンケート

※この記事は、2018/6/23にマイナビニュースの「おすすめナビ!」コーナーに掲載した内容を、エキスパートへの取材を経て、リライト・再編集の上で再公開したものです。(元記事執筆:おすすめナビ!編集部、取材・編集・リライト:マイナビおすすめナビ編集部 中村亜紀子)

※2019/03/29 画像の変更のため、記事を更新しました(マイナビおすすめナビ編集部 中村亜紀子)

※マイナビニュース会員とは、Tポイントが貯まるアンケートやキャンペーンの参加、メールマガジンの購読などができる「マイナビニュース」の会員サービスです。(https://news.mynavi.jp/lp/2018/present/present/register_campaign/)

※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

※2019/06/27 コンテンツ追加のため、記事を更新しました。(マイナビおすすめナビ編集部 花島優史)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


【チョコレートファウンテン】おすすめ5選! 家電コンシェルジュが選ぶ

【チョコレートファウンテン】おすすめ5選! 家電コンシェルジュが選ぶ

スイーツバイキングやケーキバイキングなどで見かけることの多いチョコレートファウンテン。見た目に華やかなアイテムですが、実は自宅でも楽しめる家庭用のモデルも販売されているんです。業務用に比べてコンパクトで、より気軽に始められますよ。本記事では、家電コンシェルジュの松本レイナさんに、チョコレートファウンテンのおすすめ商品を教えてもらいました。イベントに華やかさをプラスしたいなと考えている方は、ぜひ本記事を参考にしてみてください。


【ビールサーバーのおすすめ6選!】家電コンシェルジュに聞く|手軽で手入れもかんたん

【ビールサーバーのおすすめ6選!】家電コンシェルジュに聞く|手軽で手入れもかんたん

家庭でもきめ細やかな泡とビールが楽しめるビールサーバー。業務用のモデルにくらべて省スペースで済むため、気軽に始めやすく、誰でもかんたんに扱えます。仲間を呼んでパーティーを開くときに、ビールサーバーがあると場も盛り上がるはず! 本記事では、モノレビュアー・家電コンシェルジュの松本レイナさんにお話をうかがい、ビールサーバーのおすすめ商品を教えてもらいました。選び方のポイントもあわせて紹介していますので、ぜひチェックしてくださいね。


低速ミキサー・スロージューサーおすすめ8選|家電コンシェルジュが解説

低速ミキサー・スロージューサーおすすめ8選|家電コンシェルジュが解説

ゆっくりと低回転で食材をすりつぶすことで、熱による酸化を抑える低速ミキサー・スロージューサー。ビタミンCやポリフェノールといった栄養素を残しつつ、口当たりのよい仕上がりになるのが魅力です。海外メーカーからも多数商品が発売されていて、どれを選んだらよいのか悩んでしまいますよね。そこで本記事では、家電コンシェルジュの松本レイナさんに、低速ミキサーとスロージューサーの違いや選び方、おすすめ商品を教えてもらいました。はじめて低速ミキサーを使うという方でも使いやすい商品がありますので、ぜひ参考にしてみてください。


直火式エスプレッソメーカーおすすめ5選|IT&家電ライターが選び方のコツを解説

直火式エスプレッソメーカーおすすめ5選|IT&家電ライターが選び方のコツを解説

IT&家電ライターが選ぶ直火式エスプレッソメーカー5選をご紹介します。コーヒーメーカーにもさまざまな方式がありますが、サイフォン式やドリップ式と比べて、直火式エスプレッソメーカーは高圧蒸気で一気に抽出するため、深いコクと旨味があるコーヒーを作れます。本記事では、IT&家電ライターの秋葉けんたさんにお話をうかがい、エスプレッソメーカーの選び方とおすすめ商品について教えてもらいます。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


ガス炊飯器のおすすめ5選!|IT&家電ライターが選び方を解説

ガス炊飯器のおすすめ5選!|IT&家電ライターが選び方を解説

ガス炊飯器はガスの強い火力で一気にご飯を炊き上げるため、炊き上がったご飯はまるで、昔懐かしいかまどで炊いたようなふっくらとした仕上がりに。また、お米本来の甘みや香りを最大限に引き出してくれます。そんなガス炊飯器について、IT&家電ライターの秋葉けんたさんが解説。また、選び方やおすすめ5選もあわせて紹介します。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


最新の記事


パーソナルトレーナーがおすすめ【フィットネスシューズ5選】|ジム通いに必須

パーソナルトレーナーがおすすめ【フィットネスシューズ5選】|ジム通いに必須

パーソナルトレーナーの田子政昌さんに、フィットネスシューズの選び方とおすすめ商品を紹介してもらいました。フィットネスシューズも、そのほかのスポーツシューズに近い構造となっている場合が多いですが、野外の運動シューズを室内で使うと、床に跡が残ってしまったりして迷惑がかかってしまいます。また、動作の際の適切なクッション性も感じることができ安全性も高まるので、やはりジムに通う際はフィットネスシューズを使用した方が無難です。パーソナルトレーナーの田子政昌さんの意見を参考にして、自分に合ったシューズで快適なフィットネスライフを楽しみましょう。


40代におすすめの化粧下地7選【ヘア&メイクアップアーティストに取材】

40代におすすめの化粧下地7選【ヘア&メイクアップアーティストに取材】

40代になるとホルモンバランスの乱れなどから肌の変化を感じやすくなりますが、流行のファッションやメイクを取り入れ、若々しさを維持したいという願望を持つ方も多いですよね。ファンデーションだけでカバーするのではなく、ツヤ感のある化粧下地を上手に取り入れて素肌が輝いていきき見えるベース作りを目指しましょう。そこで、本記事ではヘア&メイクアップアーティストの渡辺みゆきさんへの取材をもとに、40代用化粧下地の選び方とおすすめ商品を紹介していきます。


【振動スピーカー】の選び方&おすすめ5選|家電コンシェルジュが商品を厳選!

【振動スピーカー】の選び方&おすすめ5選|家電コンシェルジュが商品を厳選!

家電コンシェルジュが選ぶ振動スピーカー5選をご紹介します。机や棚の振動を利用して音を増幅する振動スピーカー。一度使えば、自宅使用だけでなく旅行などにも手放せない存在になるでしょう。しかし、振動スピーカーを販売しているのは日本では無名なメーカーが多いため、選ぶのに困ることも。そこで、家電ライターの松本レイナさんにお話をうかがい、おすすめの選び方から厳選した商品までをご紹介いただきました。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


【名刺スキャナー】の選び方&おすすめ6選|ガジェットレビュアーが商品を厳選!

【名刺スキャナー】の選び方&おすすめ6選|ガジェットレビュアーが商品を厳選!

ガジェットレビュアーが選ぶ名刺スキャナー6選をご紹介します。名刺は捨てることがあまりないので、たまる一方ですよね。名刺スキャナーがあれば、ファイルにまとめる必要はなく、大量の名詞を手軽に管理することが可能です。本記事では、大くのガジェットをレビューしている東雲八雲さんに、名刺スキャナーのおすすめ商品を教えてもらいました。かんたんに使える商品もたくさんありますので、ぜひお気に入りの1台を見つけてみてください。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてくださいね。


【スマートキーケース】のおすすめ商品8選|カージャーナリストが選び方を解説

【スマートキーケース】のおすすめ商品8選|カージャーナリストが選び方を解説

カージャーナリストが選ぶスマートキーケース8選をご紹介します。スマートキーの持ち運びと保護に役立つスマートキーケースですが、リレーアタック対策が施されているタイプや、防水加工が施されているタイプなど、商品によって機能が異なります。本記事では、スマートキーケースのおすすめ商品と選び方について、カージャーナリストの松村 透さんにお話をうかがいました。各商品の特徴を見比べて、用途に合ったスマートキーケースを選びましょう。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。