おすすめの「Cyber-Shot(サイバーショット)」に関する記事


ネオ一眼・超望遠カメラのおすすめ9選【野鳥・運動会・スポーツ観戦に】 さらに6選

ネオ一眼・超望遠カメラのおすすめ9選【野鳥・運動会・スポーツ観戦に】 さらに6選

写真家でカメラ評論家の田中希美男さんにお聞きして、超望遠カメラの選び方とおすすめ機種を教えていただきました。超望遠カメラは、その名のとおり、より遠くのものを撮れるカメラのことです。ここのところ超望遠ズームレンズ内蔵のデジタルカメラが増加中で、「ネオ一眼デジカメ」と呼ばれる場合もあります。鉄道や飛行機、動物などの写真を撮る際、超望遠レンズは大活躍してくれるでしょう。しかし、具体的に超望遠カメラを買おうとすると、数字の羅列ばかりでどれを選べばよいのかわからない、という人もいるのではないでしょうか。本記事で紹介している選び方のポイントを確認して、超望遠カメラを選ぶときの参考にしてください。


高級デジタルカメラのおすすめ6選【ミラーレス・一眼レフとコンデジの違いも比較】

高級デジタルカメラのおすすめ6選【ミラーレス・一眼レフとコンデジの違いも比較】

写真家でカメラ評論家の田中希美男さんへの取材をもとに、高級コンデジの選び方とおすすめ機種についてご紹介します。スマホよりももっときれいな写真を撮りたい、コンパクトで高画質な高級コンデジを持ちたい、とお考えではありませんか? 高級コンデジは店頭にたくさんあって値段もピンキリ。どれを選べばよいか悩む人も多くいます。本記事で紹介するプロの選び方をチェックして、自分に合った高級コンデジを探す際に参考にしてください。


望遠タイプ【コンデジ】おすすめ商品6選!|写真家/カメラ評論家の選び方

望遠タイプ【コンデジ】おすすめ商品6選!|写真家/カメラ評論家の選び方

遠くの被写体を撮影したいときに大活躍する望遠機能を持つコンデジ(コンパクトデジタルカメラ)。今回ご紹介するコンデジは、どれも広い範囲の画角をカバーする高倍率ズームレンズを内蔵し、軽量なスリム型のカメラボディが特徴のコンパクトカメラです。そこで、写真家/カメラ評論家・田中希美男さんに取材し、コンデジの選び方とおすすめ機種をまとめました。各機種の特徴などを確認して、自分にピッタリの機種を見つけてくださいね。


低価格なコンパクトデジタルカメラおすすめ6選【性能充実コンデジも】さらに6選紹介

低価格なコンパクトデジタルカメラおすすめ6選【性能充実コンデジも】さらに6選紹介

写真家でカメラ評論家の田中希美男さんに写真家視点での低価格コンパクトデジタルカメラの選び方と、おすすめ商品6選を教えてもらいます。コンパクトデジタルカメラは、画質や使い勝手などの面でスマートフォンにはない利点が多く存在します。シンプルで使いやすいカメラや、かわいいデザインのカメラなどを紹介していきます。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


ガジェット選びのプロがおすすめするハイエンドアクションカメラ5選

ガジェット選びのプロがおすすめするハイエンドアクションカメラ5選

アウトドアで写真や動画の撮影に重宝されるアクションカメラ。アクションカメラ専門のメーカーもある中で、一般的なカメラを製造するメーカーやドローンメーカーなど、さまざまなメーカーから販売されるようになりました。1万円台で購入できるモデルあるなかで、高価格帯の商品にはどのような魅力や性能の違いがあるのでしょうか。本記事では、ガジェット選びのプロフェッショナルの東 智美さんに、ハイエンドアクションカメラの選び方とおすすめ商品5選をご紹介いただきました。アウトドアの相棒としてカメラをお探しの方、2つ目は高機能な商品がほしいとお考えの方はぜひご検討ください。


【1万円台・2万円台】コンパクトデジタルカメラのおすすめ5選|フォトジャーナリストに聞く

【1万円台・2万円台】コンパクトデジタルカメラのおすすめ5選|フォトジャーナリストに聞く

フォトジャーナリストの内村コースケさんがおすすめする、1万円台・2万円台のコンパクトデジタルカメラ5点と、その選び方を紹介します。市場は年々縮小しているものの、独自の機能や性能面のメリットにより、一定の支持が存在し続けているのが低価格帯のコンパクトデジタルカメラ。ニーズに合った1台探しに、ぜひお役立てください。


防水カメラおすすめ6選と選び方【水中撮影できるものを厳選】自撮り向き商品も!

防水カメラおすすめ6選と選び方【水中撮影できるものを厳選】自撮り向き商品も!

カメラの専門家である田中希美男さんに教えてもらった防水カメラの選び方とおすすめの商品を紹介します。「家族で海水浴に行きたい」「プールでも撮影したい」などと、水中でカメラを使いたいと思う人にピッタリなのが防水カメラです。防水カメラと一口にいっても水深何十メートルもの深さに対応したものから、プール程度の防水まで、いろいろあります。またズーム機能を内蔵したカメラや自撮りに適したカメラなどもあります。この記事を参考に自分の欲しいカメラのタイプをぜひイメージしてみてください。また記事後半では中古品を買うときの注意点の紹介やAmazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングへのリンクもご用意しました。


自撮り向きデジカメおすすめ5選|Wi-Fiでスマホと連携するものも

自撮り向きデジカメおすすめ5選|Wi-Fiでスマホと連携するものも

ITライターの酒井麻里子さんへの取材をもとに、自撮りに適したデジタルカメラの選び方とおすすめ製品を5つ紹介します。近年、自撮りに便利な機能を備えたデジタルカメラが増えています。自撮りはスマートフォンでもできますが、デジカメは高画質で、夜景もキレイに撮影できるものが多いのが特徴。なかには肌をきれいに見せたり、背景をぼかしたりと自撮りをより美しく撮影するための機能が搭載されている製品も。スマホと接続すれば、家族や友達、カップルと撮った思い出の写真を手軽に共有できますよ! おすすめ商品や選び方を参考に、自分にぴったりの自撮り向きデジカメを見つけてみてください。


登山カメラおすすめ5選【写真を高倍率で撮れる小型カメラや雨に強い商品も】

登山カメラおすすめ5選【写真を高倍率で撮れる小型カメラや雨に強い商品も】

カメラマンの山下大祐さんに登山カメラの選び方とおすすめ商品を教えて頂きました。なくても山は登れますが、できれば持っていきたいアイテムがカメラです。低山ハイキングから2,000m級の登山まで、経験やレベルに関わらず、その思いは共通でしょう。近年のスマホカメラは画質がよくなったとはいわれるますが、拡大やプリント時にアラに気づいたユーザーも多いことでしょう。イメージセンサー(撮像素子)がスマホカメラのそれより大きいデジタルカメラなら、高解像で階調豊かな描写が可能です。とはいえ、むやみに大きく重いカメラは持ち運びに不便です。選び方のポイントとおすすめ商品を参考にご自身にぴったりな登山カメラを探しましょう。


人気の記事


>>総合ランキングを見る