PR(アフィリエイト) article type icon レビュー

Curél(キュレル)泡洗顔料の口コミを検証! 2種類を比較しました

Curél(キュレル)泡洗顔料の口コミを検証! 2種類を比較しました
Curél(キュレル)泡洗顔料の口コミを検証! 2種類を比較しました

◆本記事はプロモーションが含まれています。

乾燥性敏感肌の方でも使えるスキンケアアイテム、キュレル。今回は、キュレルの2種類の泡洗顔を実際に使って使い心地や洗い上がりなどをまとめてみました。気になっていたけど、肌に合うか心配で手を出せないでいたという方はぜひ参考にしてみてください。


ハピコス編集部

八木 裕実葉

メイク・コスメ、美容家電をメインで担当する20代編集者。トレンドに敏感で、定番から話題のコスメ、新作まで、まずは自身で何でも試してみる派。 いつまでもキレイでいたいと願う方に向けて、年齢に応じたアイテムほか”本当におすすめできる”ものを紹介するがモットー。

キュレル泡洗顔料を実際に試してみました

キュレル潤浸保湿 泡洗顔料と皮脂トラブルケア 泡洗顔料のパッケージ&本体
キュレル潤浸保湿 泡洗顔料と皮脂トラブルケア 泡洗顔料のパッケージ&本体

「乾燥性敏感肌を考えた」というフレーズでおなじみのキュレル。乾燥や敏感になりやすい肌でお悩みの方は試してみたいと思ったこともあるのではないでしょうか。

ただ、購入してみても肌に合わなかったらどうしようと考えてしまいますよね。慣れていないスキンケアアイテムに挑戦するのは心配なことも多いと思います。

キュレルの泡洗顔料として現在販売されている『キュレル 潤浸保湿 泡洗顔料』と『キュレル 皮脂トラブルケア 泡洗顔料』の2種類を実際に購入して使ってみました。

キュレル泡洗顔料とは

 

キュレルから販売されている泡洗顔料は『キュレル 潤浸保湿 泡洗顔料』と『キュレル 皮脂トラブルケア 泡洗顔料』の2種類。どちらも医薬部外品の商品です。

ポンプ式になっており、プッシュするだけで泡になって出てくる点が特徴です。手で強くこすらなくても肌の上をスーッと行きわたるような洗い心地で、肌に負担がかかりにくいようになっています。

肌の必須成分である「セラミド」を守りながら洗顔できるので、適度な潤いを保ちながら、汚れや余分な皮脂だけを洗い流してくれます。

気になるカサつき・ベタつきにあわせて選べる

『キュレル 潤浸保湿 泡洗顔料』は、肌荒れやカサつきを防ぐアイテム。うるおいを損なわず、汚れを洗浄してくれます。洗い上がりはしっとりなめらか。とにかく乾燥を防ぎたいときに活躍します。

『キュレル 皮脂トラブルケア 泡洗顔料』はオイリーでベタつくのにカサつきもある方向け。有効成分の消炎剤を配合しており、ニキビや肌荒れを防いでくれます。ざらつきのない洗い上がりが魅力です。

キュレル泡洗顔料の使い方

キュレル洗顔料裏面
キュレル洗顔料裏面

1.顔をぬらす
2.ポンプで2プッシュ分ほど手にとる
3.泡立てずにやさしく包みこむように洗う
4.肌がすっきりするまで洗い流す

詳しい使い方は本体の裏面にも書かれています。

出てきた泡はそこからさらに泡立てることはせずに、そのまま顔へ。肌を強くこすらないことがポイントです。

キュレル泡洗顔料の口コミや評判

キュレル泡洗顔口コミ
キュレル泡洗顔口コミ

キュレル泡洗顔料のポジティブな口コミとネガティブな口コミをそれぞれチェックしてみましょう。

『キュレル 潤浸保湿 泡洗顔料』

まずはカサつきが気になる方向けの『キュレル 潤浸保湿 泡洗顔料』の口コミをチェックしてみましょう。

ポジティブな口コミ

泡で出てくるので泡立てるのが面倒なときや、朝に時間がないときに便利との声がありました。ひりつきがなくてよかったとの口コミも見られます。

ネガティブな口コミ

洗浄力が弱すぎてなにに効いているのかわからないとの声が見られます。

敏感になりやすい肌の方でも使える商品なのかと疑いたくなるほど刺激が強かったとの意見も。出てくる泡がゆるすぎて肌にあてたときにつぶれてしまったとの口コミもありました。

『キュレル 皮脂トラブルケア 泡洗顔料』

続いてオイリー肌向けの『キュレル 皮脂トラブルケア 泡洗顔料』についての口コミです。

ポジティブな口コミ

「肌が荒れやすい体質が、この洗顔料は荒れなかった」との口コミがありました。「洗顔後のつっぱり感や乾燥が気にならない」という声も多く見られます。

ネガティブな口コミ

使い方にある「1回の使用量目安は2プッシュだが、3プッシュしてもボリュームがたりなかった」「泡立ちが悪い」といった泡に対する意見が目立ちました。「皮脂を洗えている感じがせず、ニキビができてしまった」との声も。「ツンとした香りが気になった」との口コミもありました。

キュレル泡洗顔料を実際に使ってみた

ここからは、キュレルの2種類の洗顔料を実際に使って検証した結果をご紹介します。口コミや評判で見られた意見を中心にチェックしました。

【筆者のかんたんな情報】
乾燥肌・30代前半・女性

【検証1】容器の使いやすさ

キュレル 潤浸保湿 泡洗顔料と皮脂トラブルケア 泡洗顔料本体
キュレル 潤浸保湿 泡洗顔料と皮脂トラブルケア 泡洗顔料本体

ポンプ式で泡になって出てくる点が特徴のキュレル泡洗顔料。容器の形状や使いやすさをチェックしてみました。

本体の高さは17cm程度。外箱が大きかったので本体も大きくて邪魔になるのではと心配でしたが、本体のみであればコンパクトな印象を受けました。プッシュする部分が大きくて押しやすそうです。

外箱の仕様にも注目

キュレル 潤浸保湿 泡洗顔料パッケージ内部
キュレル 潤浸保湿 泡洗顔料パッケージ内部

外箱に切り取り線がついており、内側にも商品の情報が書かれています。

外箱開いた画像
外箱開いた画像

外側に書かれている内容が、よりわかりやすくまとめられていました。スキンケアのポイントなど、はじめて使う方に役立つ内容が書かれています。

【検証2】泡立ち

口コミでも意見が分かれていた泡について見ていきましょう。成分によって違いがあるかもしれないので2種類とも確認してみました。

『キュレル 潤浸保湿 泡洗顔料』の泡

キュレル 潤浸保湿 泡洗顔料の泡
キュレル 潤浸保湿 泡洗顔料の泡

『キュレル 潤浸保湿 泡洗顔料』を2プッシュした状態がこちら。泡で出てくるハンドソープのような泡を想像していましたが、それよりも濃密できめ細かい印象を受けました。プッシュするだけでこのレベルの泡が出てくるのはうれしいですね。

キュレル洗顔料泡をつけたまま手を下に向けた画像
キュレル洗顔料泡をつけたまま手を下に向けた画像

手を傾けてみても泡がしっかり保たれていました。肌と肌が触れ合うことなく、泡で洗うには充分なボリューム感です。

『キュレル 皮脂トラブルケア 泡洗顔料』の泡

キュレル 皮脂トラブルケア 泡洗顔料の泡
キュレル 皮脂トラブルケア 泡洗顔料の泡

『キュレル 皮脂トラブルケア 泡洗顔料』を2プッシュしました。潤浸保湿の商品とほとんど違いがありません。キメの細かさも同程度。ボリュームも充分です。

【検証3】香り

キュレル泡洗顔料シリーズはいずれも無香料。香料でごまかしていないので、成分本来の香りが気になるかと思いましたが、とくに強い香りはしません。

かすかに石けんのような香りがありますが、顔を洗っている最中も気にならない程度でした。

【検証4】洗い上がり

まずは乾燥肌の筆者が『キュレル 潤浸保湿 泡洗顔料』を試しました。

やさしい洗い心地で、洗顔後も潤いが保たれているように感じました。ほかの洗顔料では洗顔後のスキンケアをせずに10分程度放置してしまうと、粉吹きやつっぱりが気になり始めることもあるのですが、そういったこともとくにありません。

秋から冬にかけて乾燥している時期にも期待できそうです!

敏感な肌の家族にも協力してもらいました

肌荒れで専門機関に通院しており、皮脂にも悩んでいる夫に『キュレル 皮脂トラブルケア 泡洗顔料』を試してもらいました。ふだんからスキンケアアイテム選びに慎重で、肌に合わないと痒みが強く出てしまうこともあります。

洗顔後はすぐに専門機関から出ているクリームを塗るので、洗顔中の感想を聞いたところ、ヒリヒリすることなく使えたとのことでした。

花王『Curél(キュレル)潤浸保湿 泡洗顔料』 総合評価:4.3点

花王『Curél(キュレル)潤浸保湿泡洗顔料』 花王『Curél(キュレル)潤浸保湿泡洗顔料』 花王『Curél(キュレル)潤浸保湿泡洗顔料』 花王『Curél(キュレル)潤浸保湿泡洗顔料』 花王『Curél(キュレル)潤浸保湿泡洗顔料』 花王『Curél(キュレル)潤浸保湿泡洗顔料』 花王『Curél(キュレル)潤浸保湿泡洗顔料』
出典:Amazon この商品を見るview item

商品を試した感想をチャートにしてみました。
洗いあがり:5
泡立ち:4
容器の使いやすさ:5
香り:3
※執筆者の主観を数値化したものです。

花王『Curél(キュレル)潤浸保湿 泡洗顔料』
内容量 150ml
成分 グリチルリチン酸2K、精製水、グリセリン、ラウロイルアスパラギン酸Na液、マルチトール、ラウリルヒドロキシスルホベタイン液ほか

内容量 150ml
成分 グリチルリチン酸2K、精製水、グリセリン、ラウロイルアスパラギン酸Na液、マルチトール、ラウリルヒドロキシスルホベタイン液ほか

花王『Curél(キュレル)皮脂トラブルケア 泡洗顔料』 総合評価:4.3点

花王『Curél(キュレル)皮脂トラブルケア泡洗顔料』 花王『Curél(キュレル)皮脂トラブルケア泡洗顔料』 花王『Curél(キュレル)皮脂トラブルケア泡洗顔料』 花王『Curél(キュレル)皮脂トラブルケア泡洗顔料』 花王『Curél(キュレル)皮脂トラブルケア泡洗顔料』 花王『Curél(キュレル)皮脂トラブルケア泡洗顔料』 花王『Curél(キュレル)皮脂トラブルケア泡洗顔料』
出典:Amazon この商品を見るview item

商品を試した感想をチャートにしてみました。
洗いあがり:5
泡立ち:4
容器の使いやすさ:5
香り:3
※執筆者の主観を数値化したものです。

花王『Curél(キュレル)皮脂トラブルケア 泡洗顔料』
内容量 150ml
成分 グリチルリチン酸2K、精製水、グリセリン、ソルビトール液、ヤシ油脂肪酸アシルグルタミン酸Na、PEG-8、ベタインほか

内容量 150ml
成分 グリチルリチン酸2K、精製水、グリセリン、ソルビトール液、ヤシ油脂肪酸アシルグルタミン酸Na、PEG-8、ベタインほか

キュレル泡洗顔の検証まとめ

『キュレル 皮脂トラブルケア 泡洗顔料』『キュレル 皮脂トラブルケア 泡洗顔料』外箱
『キュレル 皮脂トラブルケア 泡洗顔料』『キュレル 皮脂トラブルケア 泡洗顔料』外箱

キュレル泡洗顔料を使ってみて、やさしい洗い上がりが魅力だと感じました。試すまでは出てくる泡の状態が心配でしたが、実際は充分な泡立ちで、忙しいときにも重宝しそうです。

刺激の強すぎない洗顔料をお探しの方はキュレル泡洗顔料を使ってみてはいかがでしょうか。

『キュレル 皮脂トラブルケア 泡洗顔料』『キュレル 皮脂トラブルケア 泡洗顔料』ともにつめかえ用も販売されています。

花王『Curél(キュレル)潤浸保湿 泡洗顔料 つめかえ用』

花王『Curél(キュレル)潤浸保湿泡洗顔料つめかえ用』 花王『Curél(キュレル)潤浸保湿泡洗顔料つめかえ用』 花王『Curél(キュレル)潤浸保湿泡洗顔料つめかえ用』 花王『Curél(キュレル)潤浸保湿泡洗顔料つめかえ用』 花王『Curél(キュレル)潤浸保湿泡洗顔料つめかえ用』 花王『Curél(キュレル)潤浸保湿泡洗顔料つめかえ用』 花王『Curél(キュレル)潤浸保湿泡洗顔料つめかえ用』
出典:Amazon この商品を見るview item
内容量 130ml
成分 グリチルリチン酸2K、精製水、グリセリン、ラウロイルアスパラギン酸Na液、マルチトール、ラウリルヒドロキシスルホベタイン液ほか

内容量 130ml
成分 グリチルリチン酸2K、精製水、グリセリン、ラウロイルアスパラギン酸Na液、マルチトール、ラウリルヒドロキシスルホベタイン液ほか

花王『Curél(キュレル)皮脂トラブルケア 泡洗顔料 つめかえ用』

花王『Curél(キュレル)皮脂トラブルケア泡洗顔料つめかえ用』 花王『Curél(キュレル)皮脂トラブルケア泡洗顔料つめかえ用』 花王『Curél(キュレル)皮脂トラブルケア泡洗顔料つめかえ用』 花王『Curél(キュレル)皮脂トラブルケア泡洗顔料つめかえ用』 花王『Curél(キュレル)皮脂トラブルケア泡洗顔料つめかえ用』 花王『Curél(キュレル)皮脂トラブルケア泡洗顔料つめかえ用』 花王『Curél(キュレル)皮脂トラブルケア泡洗顔料つめかえ用』
出典:Amazon この商品を見るview item
内容量 130ml
成分 グリチルリチン酸2K、精製水、グリセリン、ソルビトール液、ヤシ油脂肪酸アシルグルタミン酸Na、PEG-8、ベタインほか

内容量 130ml
成分 グリチルリチン酸2K、精製水、グリセリン、ソルビトール液、ヤシ油脂肪酸アシルグルタミン酸Na、PEG-8、ベタインほか

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする 洗顔料の売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場での洗顔料の売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:洗顔料ランキング
楽天市場:洗顔料ランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

そのほかの洗顔料に関する記事はこちら 【関連記事】

PR(アフィリエイト)

◆Amazonや楽天を始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しており、当記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部がハピコス powered by マイナビおすすめナビに還元されます。◆記事公開後も情報の更新に努めていますが、最新の情報とは異なる場合があります。(更新日は記事上部に表示しています)◆記事中のコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作されており、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。◆アンケートや外部サイトから提供を受けるコメントは、一部内容を編集して掲載しています。◆「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。◆レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

企画/制作/編集:ハピコス編集部

page top button