記事種別: article type icon レビュー

サーモスのスープジャーを使ってみた|本当に温かい?【レシピも試してみた!】

 サーモスのスープジャーを使ってみた|本当に温かい?【レシピも試してみた!】

お弁当を持っていく時、温かい料理は温かく、冷たいものは冷たくと適温で食べることができたら快適ですよね。そこで今回ご紹介するのが、ステンレス製で保温に優れていると言われるサーモスの『スープジャー』です。

しかし、本当にお弁当のように持ち歩いても保温や保冷機能が果たされるのか気になりませんか?当記事ではサーモスの『スープジャー』について徹底検証していくので、商品を購入する際の参考にしてみてください!


マイナビおすすめナビ編集部

担当:食品・ドリンク、ペット
吉川 優美

「食品・ドリンク」「ペット」カテゴリーを担当。犬とネットショッピングをこよなく愛する主婦編集者。主婦仲間から情報収集をし、家族が喜ぶおいしい食べ物や調味料を探すのが日課となっている。

◆本記事の公開は、2021年11月02日です。記事公開後も情報の更新に努めていますが、最新の情報とは異なる場合があります。(更新日は記事上部に表示しています)◆記事中のコンテンツは、すべて編集部の責任において制作されており、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。◆広告は「PR」と表記し明確に区別しています。

サーモスのスープジャーの魅力 温かいスープが外出先でも楽しめる

サーモスのスープジャー

Photo by マイナビおすすめナビ

『スープジャー』を探しているとサーモスが検索結果に上がってくるのではないでしょうか。『スープジャー』愛好家の中でも、とりわけ人気が高いイメージがあるサーモスのスープジャー。

その人気の秘密は、ステンレス製で保温性が優れていることでしょう。中の口が広く、スープだけでなくうどんや冷たいデザートなどを入れることも可能で、持ち運びしやすいところが魅力です。サーモスの公式サイトにはさまざまなレシピが公開されており、その使い方は多岐に渡ります。

口が広く洗いやすさもバッチリなので、扱いやすいと口コミ評価でも好評! 400mlや500mlなどサイズ展開も豊富で、商品バリエーションも豊富。今回はその中から300mlの「JBT-300」を検証していきます。

サーモスってどんなメーカー?

サーモスは「日本酸素ホールディングス」が所有する魔法瓶、調理用品のブランドです。生まれはドイツで、1904年に実用的な魔法瓶として「サーモス」を開発したのが始まりでした。その後、ドイツだけに留まらず世界的に有名なブランドとなりました。

サーモスの代名詞であるステンレス製魔法びんは、ステンレスの二重構造の容器になっていて、外びんと内びんの間は高真空状態になっているのが特徴です。これは、宇宙空間と同じ状態で、熱を伝える気体分子がほとんどないことで、放熱を防ぐ仕組みとなっています。

また、内びんの外側に放射率の小さな金属箔を巻きつけることにより、熱放射による放熱を防ぎます。このような工夫により、ステンレス製魔法びんの高い断熱効果を実現することが可能になっています。

サーモスのスープジャー「JBT-300」の評判や口コミは?

箱

Photo by マイナビおすすめナビ

良い口コミ

・毎日使っても劣化が気にならない
・分解して洗いやすく清潔
・女性のランチにぴったりのサイズ


毎日使っても劣化しにくいところは魅力的です。300mlは小ぶりに感じますが、うどん1玉とおつゆが入るサイズとのことなので、後ほど私も試してみます。

また、洗いやすいことも好評でした。

悪い口コミ

・少しぬるいと感じることも。専用ケースもあわせて使うのがおすすめ
・蓋を開ける時に中の水滴が飛ぶことがある
・開閉がしづらい


専用ケースを使うと熱々の状態を5時間キープできるので、直前に温め直したかのような保温性を発揮したとのことです。作り立てのような温かさを求める方は、専用ケースもあわせて買うといいですよ。

開閉は上蓋と中蓋が一緒になっている構造のため、慣れるまで難しいと感じるかもしれません。

サーモス「JBT-300」を実際に使ってみた!

サーモスのスープジャーの性能を検証

Photo by マイナビおすすめナビ

ここからは、サーモスの『スープジャー』を実際に購入し、使ってみた感想をご紹介していきます。評判通りの保温性を発揮してくれるか、こぼれないのかなど色々検証してみたので、見ていきましょう。

さっそく開封!

サーモスのスープジャーを開封

Photo by マイナビおすすめナビ

届いたサーモスの『スープジャー』を早速開封してみます。見た瞬間「ちょっと小さいかな?」とちょっぴり不安に。サイズ展開が豊富ですが、余り大きいのを持ち歩くと重くなり大変かなと思ったので、300mlを選びました。

しかし、前述したようにうどん1玉分がすっぽり入るので、コンパクトなのにしっかりと入るといった印象です。見た目もシンプルでかわいいので、持ち歩くのも楽しみです。

アツアツの味噌汁を入れてみた

温かいものは6時間後、猫舌の人にちょうどいい温度に

Photo by マイナビおすすめナビ

アツアツの味噌汁を入れて保温時間の検証を行ってみました。ぐつぐつと沸騰した状態の味噌汁を入れて6時間放置してみます。

検証時の室温は25℃程度です。6時間後は入れたての沸騰した状態とはいきませんでしたが、まだ温かさは感じることができました。猫舌の人はちょうどいいと感じる温度だと思います。

冷たい飲み物を入れてみた

冷たさは6時間ほどキープ

Photo by マイナビおすすめナビ

冷蔵庫でキンキンに冷えたジャスミン茶を入れてみて、6時間放置してみました。

さきほどと同じで室温25℃程度で検証しています。こちらは6時間経っても結構冷たさを感じられました。氷を入れていたら、さらに冷たさをキープできると思います。ですが、私はあまりキンキンすぎるのは好みではないので、このままでじゅうぶんだと感じました。

暑い日に飲むと「気持ちいい」と感じられるひんやり感をキープできています。

漏れる心配はない? 持ち歩いてみた

持ち運んでも漏れる心配がない

Photo by マイナビおすすめナビ

本当に漏れないのか、バッグに入れて検証してみました。

ちなみに私の通勤時間は徒歩5分、電車30分の計35分程度です。激しく揺られることはありませんが、それでも電車で立っていると傾くこともあり、少し心配をしていました。結果的には、会社に着いてもまったく漏れていませんでした!

洗いやすさはどう?

口が広いので洗いやすい

Photo by マイナビおすすめナビ

口が広いので洗いやすさもバッチリです! スープジャーの底までらくらくスポンジが届くので丸洗いすることも可能です。パッキンも外して洗えます。さらに食洗器で洗うこともできるので、手軽に清潔さをキープでき、どんなものを入れても大丈夫そうです。

ニオイがつかないか心配でしたが、スープカレーを入れても洗剤でしっかり洗えばニオイ移りは気になりませんでした。

今回使った商品はこちらから!

温冷の料理や飲み物の温度を6時間程度保ってくれる『JBT-300』。『スープジャー』という名前なので、スープ類を入れるものとばかり思っていましたが、公式サイトを見てみると、煮物やスイーツなどスープ以外にも幅広く使うことができそうです。

仕事や学校のお昼休みに、温かいものや冷たいものを食べることができるとリフレッシュになりますよね。サーモス自慢のステンレス製の二重構造で、ランチタイムを快適にすることができます

容量、カラーともにバリエーション豊富なので、自分に合ったものをひとつ見つけると、ランチタイムのクオリティが上がること間違いなしです。

THERMOS(サーモス)『真空断熱スープジャー 300ml JBT-300』

サーモス真空断熱スープジャーホワイト300mlJBT-300WH サーモス真空断熱スープジャーホワイト300mlJBT-300WH サーモス真空断熱スープジャーホワイト300mlJBT-300WH サーモス真空断熱スープジャーホワイト300mlJBT-300WH サーモス真空断熱スープジャーホワイト300mlJBT-300WH サーモス真空断熱スープジャーホワイト300mlJBT-300WH サーモス真空断熱スープジャーホワイト300mlJBT-300WH サーモス真空断熱スープジャーホワイト300mlJBT-300WH
出典:Amazon この商品を見るview item

温かいスープから冷たいデザートまで楽しめるスープ

ステンレス製の二重構造で高い保温性・保冷性を実現。魔法瓶のパイオニア的存在のサーモスが誇る人気の『スープジャー』です。6時間入れたところでの参考温度は、保温の場合で55℃。保冷の場合で12℃となっています。

ランチタイムやスポーツシーンでのリフレッシュタイム、レジャーのお供に。幅広い使い方で楽しめる商品です。

使ってみて分かった良い点&悪い点

スープジャー本体と箱

Photo by マイナビおすすめナビ

サーモスの『スープジャー』は工夫次第で、さまざまな料理に使えることが分かりました。温かい料理・冷たい料理両方に使え、なかに入れられるものはスープだけに限らず多岐に渡るので、想像以上に使い勝手のよい商品です。

ここからは、実際に使ってみて気がついた、よかった点と悪かった点をまとめていきます。細かなところまでお伝えしていくので、ぜひ購入時の参考にしてください。

良い点

6時間後でも温かさをキープできるので、お弁当に持っていっても作り立てのような温もりを感じることができます。二重構造なので、ほかの保温ジャーで満足できなかった方にもおすすめです。

また、口が広いのでスープなどの液体だけでなく、煮物などの具材が大きい物でも出し入れしやすくなっています。冷たいデザートを持っていくのもすてきですね。

悪い点

蓋の独特な二重構造が慣れるまで難しいかもしれません。実際私も要領が掴めず、中身をこぼしてしまったことがありました。しかし、この二重構造だからこそしっかりと保温することができるので、ロックされているか必ず確認をしてみてください。

また、もっと温かいほうがいいという方は専用の保温ケースの購入を検討するのがおすすめです。より冷めにくく、作り立ての美味しさを感じられますよ。

スープジャーの上手な使い方

サーモスの『スープジャー』は便利だということが分かりましたが、以下のような口コミも寄せられていました。

・専用のケースがないと保温が効きにくい
・蓋が閉まりにくい


そこで、もっと快適かつ料理を美味しく楽しむために、サーモスの『スープジャー』を使うためのポイントを3つご紹介していきます。ぜひ参考にして『スープジャー』を活用していきましょう。

本体を予熱・予冷しておく

予熱・予冷をすると温度をキープする時間が伸びる

Photo by マイナビおすすめナビ

『スープジャー』の保温効果や保冷効果をより高めたい場合、そのまま用意したものをジャーに注がず、下準備をすることがおすすめです。

温かいものを入れたい場合は、先に熱湯を注いで数分置き「予熱」をしておくことで、スープが冷めにくくなります。また、保冷効果を高めたいときは、冷水などを入れて「予冷」をすると、より効果を実感できるはずです。

なるべく作り置きではなく作ってすぐの料理を

温かさ、冷たさをキープしてくれるが、6時間以内に食べることを推奨

Photo by マイナビおすすめナビ

温かいものを持ち歩くことは食中毒の危険にも繋がります。そのため、サーモスの公式サイトでは6時間以内に食べることを推奨しています。

作ってから時間が経てば経つほど、食べものが腐敗してしまうリスクも高くなるので、作り置きしたものは詰めず、出来立てのものを入れるようにしましょう。そして、必ず6時間以内には食べ切るようにしてください。

朝、調理をしてからすぐに詰めればランチタイムなら問題なく食べることができます。食の安全も意識しながら活用していってくださいね。

入れる量はたっぷりと

止水部から1㎝下が入れる目安

Photo by マイナビおすすめナビ

スープジャーのなかにたっぷりと料理を入れることがポイントです。量が少ないとそれだけ冷めるのも早くなってしまいます。そのため、しっかりと中身を入れることが、快適な温度を保って食事をするためには非常に重要となります。

しかし、入れ過ぎも中身が溢れ出てしまう原因となるので、 止水部から1cm下ぐらいを目安に入れ過ぎないようにしていきましょう。

おすすめスープジャーレシピ

サーモスの公式サイトでも紹介されているおすすめのレシピの中から2つ、実際に作ってみたのでその様子をご紹介していきます。

料理1:ひたパンクラムチャウダー

クラムチャウダーはホカホカ

Photo by マイナビおすすめナビ

まずはクラムチャウダーから!牛乳ベースでかんたんに作れました。具材もゴロゴロで栄養もしっかり摂ることができます。ベーコンとアサリの旨味で食も進みます!

カリカリめに焼いたトーストを浮かべて持ち歩くと、お昼にはしんなりと吸って美味しくなっています。私は中に入れたものとは別に残ったトーストも持って行き、食べる直前に浸したりして食感の違いを楽しみました。

料理2:冷やしすだちうどん

すだちうどんは冷たさキープ

Photo by マイナビおすすめナビ

冷たいおうどんもサッパリしておいしいです。口コミでうどん1玉入ると見たので試してみました。うどんを茹でていると1玉は結構多く、これ全部入らないでしょと思ったのですが、入れてみると1玉は余裕。冷たく冷やしたおつゆに輪切りのすだちを添えてお弁当に持っていきました。

おつゆを吸うので硬めに茹でたほうが美味しくランチタイムに食べられると思います。

禁止事項や入れてはいけないものは?

スープジャーは電子レンジで加熱しない

Photo by マイナビおすすめナビ

ここでは、サーモスの公式が禁止している使い方を紹介していきます。

電子レンジの使用や煮沸は禁止

『スープジャー』本体は、変形するおそれがあるので以下の点には注意が必要です。

・レンジで加熱すること
・煮沸消毒すること
・塩素系漂白剤を使用すること
・冷凍庫に入れること
・中身に炭酸を入れること
・『スープジャー』の底に貼られているシールは剥がさないこと


これらは『スープジャー』を安全に長く使用するために禁止されていることです。取扱説明書に書かれているような禁忌事項は必ず守って、安全に『スープジャー』を使っていってくださいね。

生ものやドライアイスなどは入れない

生ものやドライアイスを入れることも禁止です。変質や腐敗の恐れがあるものは入れてはいけません。

食材は加熱したものを使い、冷やしたい場合は氷を使ってくださいね。

あわせて使いたい別売品もチェック!

サーモスの『スープジャー』に関連した別売品もご紹介していきます。一緒に使うともっと『スープジャー』生活が楽しくなりますよ!

THERMOS(サーモス)『スプーン・ハシセット』

サーモス弁当箸スプーン・ハシセットネイビー(NVY)CPE-001|THERMOSスプーンお弁当箸セットカトラリーランチボックスランチBOX箸箱2021秋冬 サーモス弁当箸スプーン・ハシセットネイビー(NVY)CPE-001|THERMOSスプーンお弁当箸セットカトラリーランチボックスランチBOX箸箱2021秋冬 サーモス弁当箸スプーン・ハシセットネイビー(NVY)CPE-001|THERMOSスプーンお弁当箸セットカトラリーランチボックスランチBOX箸箱2021秋冬
出典:楽天市場 この商品を見るview item

スープジャーポーチとセットで使えてスッキリ収納!

サーモス公式から『スープジャー』のセットアイテムとして販売されている商品です。スープジャーポーチ(別売)の背面ポケットにスッキリと収納できるので、コンパクトに持ち運ぶことができ、セットで集めるのもおすすめです。

お弁当デビューなどを考えている方はサーモスで一式そろえると、継続する意欲も湧くのではないでしょうか。

スープジャーポーチにすっぽり収納!

上記でご紹介した『スプーン・ハシセット』のスプーンだけのものです。こちらもすっぽりと専用ポーチに入るサイズです。

うどんなどお箸でないと食べられないものを入れる予定なら箸セットがおすすめですが、スープやデザートなどが中心なら安価なこちらのスプーンのみでもいいかもしれません。

使い方に合わせて選んでみてくださいね。

THERMOS(サーモス)『スープジャーポーチ』

サーモス純正スープジャーポーチポーチケーススープジャー用(カバー持ち運びお弁当バッグフードコンテナ専用フードコンテナスープジャー専用ポーチライトブルーライトピンクネイビー300〜500mlRET-001定外150定形外 サーモス純正スープジャーポーチポーチケーススープジャー用(カバー持ち運びお弁当バッグフードコンテナ専用フードコンテナスープジャー専用ポーチライトブルーライトピンクネイビー300〜500mlRET-001定外150定形外 サーモス純正スープジャーポーチポーチケーススープジャー用(カバー持ち運びお弁当バッグフードコンテナ専用フードコンテナスープジャー専用ポーチライトブルーライトピンクネイビー300〜500mlRET-001定外150定形外
出典:楽天市場 この商品を見るview item

真空断熱スープジャーを入れて持ち歩くのに便利なポ

こちらはサーモスの『スープジャー』250~400ml用のポーチです。保冷効果の高いアイソテック2 断熱構造となっています。背面には上記でご紹介したスプーンなどがすっぽり入るポケット付きです。

より温かく、もしくは冷たく入れたてのような温度で楽しみたい場合はこちらもあわせて活用するのがおすすめです。

「スープジャー」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
THERMOS(サーモス)『真空断熱スープジャー 300ml JBT-300』
THERMOS(サーモス)『スプーン・ハシセット』
THERMOS(サーモス)『フードコンテナースプーン』
THERMOS(サーモス)『スープジャーポーチ』
商品名 THERMOS(サーモス)『真空断熱スープジャー 300ml JBT-300』 THERMOS(サーモス)『スプーン・ハシセット』 THERMOS(サーモス)『フードコンテナースプーン』 THERMOS(サーモス)『スープジャーポーチ』
商品情報
特徴 温かいスープから冷たいデザートまで楽しめるスープ スープジャーポーチとセットで使えてスッキリ収納! スープジャーポーチにすっぽり収納! 真空断熱スープジャーを入れて持ち歩くのに便利なポ
サイズ 9×9×12cm 18.5×4.5×3cm 17×4×2.5cm 10.5×10.5×14.5cm
重さ 300g 100g 100g 100g
容量 ‎300ml - - 250~400mlのスープジャー用
カラー ホワイト、ライトピンク、ライトブルー、ブラック ブラウン、ディープレッド、ネイビー、ピュアホワイト、ライトピンク ディープレッド、レッド、ブラウン、ネイビー、ホワイト ネイビー、ライトピンク、ライトブルー
お手入れ 食洗機、手洗い 食洗機、手洗い 食洗機、手洗い -
商品リンク

※各社通販サイトの 2022年11月14日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年11月14日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年11月14日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年11月14日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする ランチジャーの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場でのランチジャーの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:保温ランチジャーランキング
楽天市場:保温ランチジャーランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

そのほかの弁当箱関連の記事はこちら 【関連記事】

サーモスの『スープジャー』でランチタイムをより楽しく

今回、保温機能が高いと口コミ評価のよいサーモスの『スープジャー』を実際に購入し、色々な使い方をして、どんな商品なのかを検証してみました。

どうしても従来のお弁当箱だとランチタイムには温度が下がってしまいますし、夏場は傷むのが心配で保冷剤をたっぷりと入れて、通常より冷たいおかずをこれまでは食べていました。そんなお弁当が保温機能のある『スープジャー』を使うことで、格段にランチタイムが豊かになったと思っています。

休憩時間に温かいスープや温かいおかずを食べると、ものすごくほっとした感覚を味わうことができました。寒い季節ならなおのことだと思います。お弁当をよく作って持っていく方なら買って損なしのアイテムだと思います。

サーモスの『スープジャー』の購入を検討している方は、ぜひ当記事を参考にして頂けたら幸いです。

◆記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。◆特定商品の広告を行う場合には、商品情報に「PR」表記を記載します。◆「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。◆記事で紹介する商品の価格やリンク情報は、ECサイトから提供を受けたAPIにより取得しています。データ取得時点の情報のため最新の情報ではない場合があります。◆レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部