釣り用ヘッドライトおすすめ14選|ゼクサス・ジェントス他

釣り用ヘッドライトおすすめ14選|ゼクサス・ジェントス他

夜間や朝マズメ、夕マズメの釣りに必須の道具が「ヘッドライト」です。明るさや大きさ、バッテリー容量などでかなりの種類があり、どれを選んだらよいか迷いますよね。

この記事では、ヘッドライト選びのポイントとおすすめの商品を釣りライターの中山一弘さんに聞いてみました。


この記事を担当するエキスパート

キャンプ/釣りライター
中山 一弘

青年期に始めた釣り新聞への寄稿を始めとして、サイトAllAboutでのフィッシングガイドを務める。 ほかにも雑誌『Salty!(ソルティ)』やアウトドア系の雑誌やWeb媒体などでの執筆多数。 今も休日には必ず海山湖を駆けまわっている自然派で、あらゆるジャンルの釣りを体験し、季節に合わせて日本中の旬な魚を追っている。 キャンプ用品は、あえて払い下げのミリタリー系ギアで揃えるマニアな一面も。

マイナビおすすめナビ編集部

担当:アウトドア・キャンプ
天野 駿太郎

「アウトドア・キャンプ」カテゴリーを担当。元雑誌編集者で、アウトドアギアやファッションに親しむ。休日は愛車のロードバイクでツーリングがてらキャンプをしたり、野山やアルプスで登山を楽しんだりする。軽量&コンパクトなギアに目がない。

記事中の本文・商品の選定・ランキングなどのコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作され、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。広告は「PR」と表記し明確に区別しています。

釣り用ヘッドライトとは?

夜間はもちろん、早朝や夕暮れどきを狙うことも多い釣りにはライトが欠かせません。しかし、釣りの場合、両手がふさがることがほとんどなので、どうしてもそれ以外の部分を使ってライトを保持する必要があります。

そこで便利に使えるのが頭部にバンドでライトを装着する「ヘッドライト」です。様々な種類のものがありますが、自分の釣りスタイルと合わせることで快適に使うことができます。

ここではその選び方を解説するのでぜひ参考にしてみてください。

釣り用ヘッドライトの選び方

それでは、釣り用ヘッドライトの基本的な選び方を見ていきましょう。

釣り方に合わせてバッテリー容量を選ぶ

釣り用のヘッドライトを選ぶ際にはまず、バッテリーの容量で決めるのがおすすめです。

堤防釣り|大容量タイプがおすすめ

 

レッドレンザー『H8R』

夜釣りのつりばとして選ぶ機会が最も多いのは防波堤をはじめとした人工的な施設でしょう。アクセスも容易で、基本的に平坦な道中になるので、入門者にも最適です。

一方で、サビキ釣りや浮き釣りなど、暗いとトラブルが増える仕掛けを多用することもあるので、バッテリー切れの心配が少ない大容量タイプがおすすめです

ライトルアー釣り|容量よりコンパクトさを重視

 

エナジャイザー『コンパクトスポーツヘッドライト』

防波堤や小磯をテンポよく探るアジングやエギングなどでは、フットワークの邪魔にならないコンパクトタイプがおすすめです。ランガンでポイントを点々と移動することが多いので、ある程度の明るさも必要になります。

コンパクトタイプでもやや高価で信頼できるタイプの製品を選ぶと良いです。

シーバス釣り|大容量かつ機能面にも注目

 

ジェントス『ヘッドウォーズシリーズ HLP-2101』

ひとつのポイントで回遊を待つ干潟のウェーディングや、河川でのシーバス釣りは長丁場になることも考えて大容量タイプがあると安心できます。

後頭部側にサポートライトがある製品なら、そこに自分が居ることのアピールにもなるので周囲の人や船舶からも早めに気が付いてもらえます。安全面からも機能が豊富なタイプを選ぶとよいでしょう。

明るさは「200ル―メン」あれば十分

 

レッドレンザー『MH3』

常夜灯など、常に点灯している光は魚を寄せる効果もありますが、いきなり海面を照らしたり、光点を移動させたりする行為は魚に無用な警戒心を抱かせることがあります。

また、エサやルアーを交換したり、仕掛けをセットしなおすだけでしたら、50~100ルーメンもあれば十分すぎるほどです。極端に明るいライトは周囲への影響も大きくなるので、釣りを優先する場合は避けた方が無難です。

個人的には磯場などの足元確認を含めても200ルーメンあれば十分だと思います。

防水性能で選ぶ

 

レッドレンザー『MH8』

釣り場で使うものなのでもちろん防水仕様であればそれに越したことはありません。ただし、ヘッドライトが濡れて壊れるような天候の時はそもそも釣りが成立しません。

防水性能を考えて予算が膨らむよりも、破損や忘れ物対策で予備を持っていく方が実際には役立ってくれるケースも多々あります。

最近は格安モデルでもしっかり防水してくれる製品も多いので、買い物上手に徹してみるのも面白いと思います。

装着感で選ぶ

 

ジェントス『CP-01R』

ヘッドバンドには大きくヘッドバンドがひとつのタイプと、頭頂部にかけてサポートベルトが着くタイプがあります。

前者はオールラウンドに使え、後者は頭が動く運動をする際にもズレに強いのでキャストを繰り返すシーバス釣りなどに最適です。そのほか、頭が締め付けられるのが苦手な人用にはベルトではなくコードタイプの製品もあるので、こだわる方は装着感などを予め試しておくと良いでしょう。

釣り用ヘッドライトのおすすめ14選

ここからは釣り用ヘッドライトのおすすめをご紹介していきます。

エキスパートのおすすめ

ジェントス『モーションセンサーシリーズ CB-300D』

ジェントス『モーションセンサーシリーズCB-300D』 ジェントス『モーションセンサーシリーズCB-300D』 ジェントス『モーションセンサーシリーズCB-300D』 ジェントス『モーションセンサーシリーズCB-300D』
出典:Amazon この商品を見るview item

スイッチに触れずにライトオン!

ライトを点灯させるにはスイッチを入れなくてはなりませんが、エサ釣りをしているときなどは手が汚れていて触りたくないときもありますよね。このモデルはレンズの前に手をかざすだけでライトのオンオフができる優れものです。スイッチに触りたくない時や、魚とのファイト中で指先を使った操作がしづらいときなどにも効果的です。釣りスタイルに合わせて選んでみてください。

エキスパートのおすすめ

ジェントス『ゲインテックシリーズ GT-391D』

ジェントス『ゲインテックシリーズGT-391D』 ジェントス『ゲインテックシリーズGT-391D』 ジェントス『ゲインテックシリーズGT-391D』 ジェントス『ゲインテックシリーズGT-391D』
出典:Amazon この商品を見るview item

タフネスを求めるならこれ!

防塵防滴性能はIP64、2mからの落下耐久テストにも合格というタフネスさがウリの製品です。磯歩きや遠い道のりのポイントへよく行く人にオススメです。こちらも乾電池の他、専用充電池も使えるモデルです。長く使いたい人にぴったりですね。

エキスパートのおすすめ

レッドレンザー『MH3』

レッドレンザー『MH3』 レッドレンザー『MH3』 レッドレンザー『MH3』 レッドレンザー『MH3』
出典:Amazon この商品を見るview item

手軽に使いたい人に超おすすめ

なんと、単3乾電池1本で使える超軽量のヘッドライトです。それでいて、200ルーメンで照射でき、省電力モードでなら35時間の連続点灯が可能です。重さもわずか92gと非常に扱いやすいのも魅力です。これならウエアのポケットのさっとしまい込んでおけますね。予備として車に常備しておくのにも良さそうです。

エキスパートのおすすめ

エナジャイザー『VISION ウルトラヘッドライト』

エナジャイザー『VISIONウルトラヘッドライト』 エナジャイザー『VISIONウルトラヘッドライト』 エナジャイザー『VISIONウルトラヘッドライト』 エナジャイザー『VISIONウルトラヘッドライト』 エナジャイザー『VISIONウルトラヘッドライト』
出典:Amazon この商品を見るview item

あらゆるシーンで使える多機能モデル

光の拡散タイプが4種類、レッドライト、グリーンライトも装備し、明るさが自由に設定できる調光機能付き、さらに電池残量インジケーターもあるという欲張りなモデルがこちら。さらにローモードなら50時間持つというおまけつきなので、使い勝手良さはピカイチ。あらゆるシーンで使える万能モデルです。

エキスパートのおすすめ

ジェントス『CP-01R』

ジェントス『CP-01R』 ジェントス『CP-01R』 ジェントス『CP-01R』 ジェントス『CP-01R』 ジェントス『CP-01R』 ジェントス『CP-01R』 ジェントス『CP-01R』
出典:Amazon この商品を見るview item

コードタイプのバンドが使える軽量モデル

通常のゴムバンドのほか、コードタイプのバンドもついてくるタイプのヘッドライトです。幅広のゴムバンドが苦手という人は結構いますから、こういったタイプで解消できる人にはおすすめです。また、コードタイプにしておくととてもコンパクトになります。タックルケースなどに常備していきたい人にもぴったりですよ。USB充電式なので釣行回数が多い人にとっては運用コストの節約にもなります。

エキスパートのおすすめ

レッドレンザー『MH8』

アウトドアでの使用を考えた専用モデル

野外スポーツでの使用を考えてデザインされた専用モデルです。明るさや配光、装着感、激しい動きの中でも安定した使い心地などを追及。ランプヘッドが取り外しできるのでハンディライトとしても使えるなど汎用性も高いでう。シンプルな中にもセンスが光る逸品といえます。

エキスパートのおすすめ

ジェントス『ヘッドウォーズシリーズ HLP-2101』

ジェントス『ヘッドウォーズシリーズHLP-2101』 ジェントス『ヘッドウォーズシリーズHLP-2101』 ジェントス『ヘッドウォーズシリーズHLP-2101』 ジェントス『ヘッドウォーズシリーズHLP-2101』 ジェントス『ヘッドウォーズシリーズHLP-2101』 ジェントス『ヘッドウォーズシリーズHLP-2101』 ジェントス『ヘッドウォーズシリーズHLP-2101』 ジェントス『ヘッドウォーズシリーズHLP-2101』 ジェントス『ヘッドウォーズシリーズHLP-2101』
出典:Amazon この商品を見るview item

シンプルに使える王道モデル

稼働式ヘッド、後部認識灯(サポートライト)など機能が充実した定番モデル。どれを買えば分からない時は、このモデルを選んでおけば安心です。最大の特長は乾電池も、専用充電池も使えるダブルバッテリー方式になっているところです。ヘビーユーザーもそうでない人もスタイルに合わせて使うことができます。

冨士灯器『ZEXUS(ゼクサス)ヘッドライト』

冨士灯器ZX-R730(充電タイプ/ZR-02付) 冨士灯器ZX-R730(充電タイプ/ZR-02付) 冨士灯器ZX-R730(充電タイプ/ZR-02付) 冨士灯器ZX-R730(充電タイプ/ZR-02付) 冨士灯器ZX-R730(充電タイプ/ZR-02付) 冨士灯器ZX-R730(充電タイプ/ZR-02付) 冨士灯器ZX-R730(充電タイプ/ZR-02付)
出典:Amazon この商品を見るview item

人気のゼクサスはスマホ or USBで充電可能!

ブースト点滅時に1200ル―メンという明るさで、電球色は8灯、ディミングメモリー搭載など、とにかく機能性に富んだゼクサス。

200m先まで照らせるスポット照射角35度から、ムラなく照らしてくれるワイド照射角85度まで、シーンに合わせて必要な光を即座に手にできます。

エキスパートのおすすめ

PETZL『IKO』

PETZL『IKO』 PETZL『IKO』 PETZL『IKO』 PETZL『IKO』 PETZL『IKO』 PETZL『IKO』 PETZL『IKO』 PETZL『IKO』 PETZL『IKO』
出典:Amazon この商品を見るview item

ヘッドライトの常識を変える最新作

独自のAIRFITヘッドバンドを採用したヘッドライトです。装着感があまりなく、とても自然にフィットします。ゴムバンドが苦手という人はぜひ試してください。ネックストラップとしても使えるので便利ですよ。また、バッテリーは乾電池で専用充電池の両方が使え、100ルーメンで使用しても8時間持ちます。90gと何しろ軽いのでスポーツにも最適です。

エキスパートのおすすめ

ヤザワ『3LED ミニヘッドライト』

超軽量超コンパクトモデル

リチウムコイン電池で動作するヘッドライトです。重さはわずか33g、サイズも横幅32mm、奥行き47㎜ととてもコンパクトです。まるでおもちゃのように感じるかも知れませんが、IP-X2相当の防滴性能もしっかり持っています。いろいろなところにセットできるクリップ付きなので、使い方も自由自在。ひとつ持っているといざというときに役立ってくれるアイテムです。

エキスパートのおすすめ

PETZL『ピクサ3』

PETZL『ピクサ3』 PETZL『ピクサ3』 PETZL『ピクサ3』 PETZL『ピクサ3』 PETZL『ピクサ3』 PETZL『ピクサ3』 PETZL『ピクサ3』 PETZL『ピクサ3』 PETZL『ピクサ3』
出典:Amazon この商品を見るview item

プロが使う本格派モデル

爆発の危険性があるATEXゾーンでの使用も可能なプロフェッショナルモデル。ワイド、スポット、ミックスと複数の照射モードや、グローブをした手でも操作しやすいダイアルスイッチなど、過酷な場所で活躍する人のための機能を詰め込んでいます。耐久性が高いので、あらゆるジャンルの釣りにおけるヘビーユーザーにも安心しておすすめできる製品です。

エキスパートのおすすめ

レッドレンザー『H8R』

レッドレンザー『H8R』 レッドレンザー『H8R』 レッドレンザー『H8R』 レッドレンザー『H8R』 レッドレンザー『H8R』 レッドレンザー『H8R』
出典:Amazon この商品を見るview item

最後に行きつくヘッドライトの決定版

明るさ、軽さ、バッテリーの持ちの良さの3拍子が揃ったバランスの良い高品質モデルです。人間工学に配慮して重量分散設計を考慮したデザインで、長時間での着用でも疲れは最小限。バッテリーボックスには後部に人がいることを知らせるサポートライトもついているので、人がよく出入りするフィールドでも安全です。USBポートからの充電式なのでランニングコストも抜群に良いです。

エキスパートのおすすめ

エナジャイザー『コンパクトスポーツヘッドライト』

エナジャイザー『コンパクトスポーツヘッドライト』 エナジャイザー『コンパクトスポーツヘッドライト』 エナジャイザー『コンパクトスポーツヘッドライト』 エナジャイザー『コンパクトスポーツヘッドライト』 エナジャイザー『コンパクトスポーツヘッドライト』 エナジャイザー『コンパクトスポーツヘッドライト』 エナジャイザー『コンパクトスポーツヘッドライト』
出典:Amazon この商品を見るview item

シンプル機能のスポーティーモデル

34gの本体と3つのLEDで最大125ルーメンの照射が可能なスポーツ専用モデル。軽さと負担のない装着感がうれしい製品です。機能はハイモードとローモードの2つだけ。ローモードでは連続25時間の仕様が可能です。シンプルに光が欲しいときだけ使うというタイプの実用重視アングラーにおすすめです。

エキスパートのおすすめ

PETZL『イーライト』

PETZL『イーライト』 PETZL『イーライト』 PETZL『イーライト』
出典:Amazon この商品を見るview item

ポケットに入れっぱなしも可!

26gの本体は専用保護ケースに入れてしまうと手のひらにすっぽり収まるほどのサイズになります。電池を入れたまま10年間保存できるので、予備としてタックルボックス入れておくことも可能です。赤色光、白色光の切り替えの他、最大30ルーメンの点灯、点滅モードも備えています。さらにヘッドバンドの後部にはホイッスルもついているので災害対策用としても抜群です。持っていて損の無い製品といえるでしょう。

「ヘッドライト」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
ジェントス『モーションセンサーシリーズ CB-300D』
ジェントス『ゲインテックシリーズ GT-391D』
レッドレンザー『MH3』
エナジャイザー『VISION ウルトラヘッドライト』
ジェントス『CP-01R』
レッドレンザー『MH8』
ジェントス『ヘッドウォーズシリーズ HLP-2101』
冨士灯器『ZEXUS(ゼクサス)ヘッドライト』
PETZL『IKO』
ヤザワ『3LED  ミニヘッドライト』
PETZL『ピクサ3』
レッドレンザー『H8R』
エナジャイザー『コンパクトスポーツヘッドライト』
PETZL『イーライト』
商品名 ジェントス『モーションセンサーシリーズ CB-300D』 ジェントス『ゲインテックシリーズ GT-391D』 レッドレンザー『MH3』 エナジャイザー『VISION ウルトラヘッドライト』 ジェントス『CP-01R』 レッドレンザー『MH8』 ジェントス『ヘッドウォーズシリーズ HLP-2101』 冨士灯器『ZEXUS(ゼクサス)ヘッドライト』 PETZL『IKO』 ヤザワ『3LED ミニヘッドライト』 PETZL『ピクサ3』 レッドレンザー『H8R』 エナジャイザー『コンパクトスポーツヘッドライト』 PETZL『イーライト』
商品情報
特徴 スイッチに触れずにライトオン! タフネスを求めるならこれ! 手軽に使いたい人に超おすすめ あらゆるシーンで使える多機能モデル コードタイプのバンドが使える軽量モデル アウトドアでの使用を考えた専用モデル シンプルに使える王道モデル 人気のゼクサスはスマホ or USBで充電可能! ヘッドライトの常識を変える最新作 超軽量超コンパクトモデル プロが使う本格派モデル 最後に行きつくヘッドライトの決定版 シンプル機能のスポーティーモデル ポケットに入れっぱなしも可!
明るさ(ルーメン) High:230ルーメン High:320、Mid:150、Eco:45ルーメン High:200、Eco:20ルーメン High:450、Eco:30ルーメン High:220、Mid:120、Eco:10、サブ赤色:2ルーメン High:600、Eco:20ルーメン High:360、Mid:160、Eco:50ルーメン 1200 High:350、Mid:100、Eco:6ルーメン 12ルーメン High:100、Mid:70、Eco:30ルーメン High:600、Eco:10ルーメン 125ルーメン High:30、Eco:13、点滅:15ルーメン
使用電源 単4形アルカリ電池×3本 単3形アルカリ電池×3本 単3電池×1本 単4形乾電池×3本 リチウムポリマー充電池 3.7V 680mAh内蔵 充電池 単3形アルカリ電池×3本 または 専用リチウムポリマー充電池 3.7V 1,800mAh 充電式 単4アルカリ電池3本 (付属)、リチャージャブルバッテリー『コア』 (別売) リチウムコイン電池CR2032×2個 単3アルカリ電池×2本(付属)、ニッケル水素充電池、リチウム電池も使用可能 充電池 単4形乾電池×2本 CR2032 リチウム電池×2個(付属)
連続点灯時間(最長) High:5、Mid:12、Eco:85時間 High:12、Mid:25、Eco:47時間 High:4.5、Eco:30時間 High:2.75、Eco:50時間 High:2、Mid:4、Eco:56、サブ赤色点灯:28、サブ赤色点滅:120時間 High:3.5、Eco:40時間 High:18、Mid:57、Eco:100時間 約35時間 High:2、Mid:8、Eco:100時間 15時間 High:16、Mid:23、Eco:56時間 High:10、Eco:120時間 25時間 High:3、Eco:11.5、点滅:95時間
サイズ W62.2×H44.5×D36.5mm ヘッド部:W69.1×H40.7×D33.0、電池ボックス部:W84.8×H53.8×D30.4mm ヘッド直径:31mm W59×H49×D37mm W56.9×H30.1×D33.0mm ヘッド直径:31mm ヘッド部:W73.1×H52.8×D38.8、電池ボックス部:W84.8×H53.8×D30.4mm - - W32×D47×H35mm - ヘッド直径:36mm W89×D36×H24mm -
重量 105g 207g 92g 53g 41g 139g 219g - 90g 33g 160g 158g 34g 26g
後部認識灯 - 点灯・点滅により後方からの視認性を確保 - - - - 点灯・点滅により後方からの視認性を確保 - - - - - - -
商品リンク

※各社通販サイトの 2022年11月17日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年11月17日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年11月17日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年11月17日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年11月17日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年11月17日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年11月17日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年11月17日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年11月17日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年11月17日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年12月9日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年12月9日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年12月9日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年12月9日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする ヘッドライトの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでのヘッドライトの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:ヘッドライトランキング
楽天市場:ヘッドライトランキング
Yahoo!ショッピング:ヘッドライトランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

エキスパートからの購入アドバイス

キャンプ/釣りライター

デイゲーム派でも必ず持っていてほしい「釣り道具」

日中の釣りだけしようと思っても、ついつい夢中になって気が付いたらすっかり日が暮れていた。なんてこともあるのが釣りです。ヘッドライトは夜釣りのためだけでなく、朝一番や夕マヅメに釣り場と駐車場の往復をするときにも必要なので、デイゲーム派でも必ずひとつは持っていてほしい「釣り道具」だと考えてください。

普段から使っていないとついつい忘れがちになるので、いざというときに使えるコンパクトモデルをタックルボックスやベストのポケットにしまっておくのもひとつの方法です。満月の日に街灯の無い野山を歩いた経験がある人なら分かると思いますが、目が慣れてしまえば少しの光源でも結構周囲がみえるものです。

光源の強さは気にしなくても良いですから、安全な釣行のためにもぜひヘッドライトを活用してください。

安全を考慮して選ぼう

ヘッドライトは自分の釣りスタイルに合わせて買うようにすると失敗がありません。釣り用と考えれば、高いものほど良いというわけではないので、まずは最低限の安全が確保できることを優先に製品を選びましょう。

また、アウトドア全般で利用する場合はルーメンの高いヘッドライトを選ぶべきですが、夜釣りのライトは近くに釣り人がいる場合マナー違反にもなりますので、くれぐれも注意してください。

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。
※特定商品の広告を行う場合には、商品情報に「PR」表記を記載します。
※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。
※商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。
※記事で紹介する商品の価格やリンク情報は、ECサイトから提供を受けたAPIにより取得しています。データ取得時点の情報のため最新の情報ではない場合があります。
※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。
※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


小型懐中電灯おすすめ11選|災害時に役立つ防水機能付き商品も紹介

小型懐中電灯おすすめ11選|災害時に役立つ防水機能付き商品も紹介

小型の懐中電動は災害時や緊急時にも使うことができる自宅に一つ持っておきたい便利なアイテムです。本記事では、小型懐中電灯について、選び方やおすすめ商品をご紹介。通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミもぜひ確認してみてください。

tag icon アウトドア・キャンプ用LEDライト , アウトドア・キャンプ用ライト , ライト・ランタン

キャンドルランタンおすすめ9選|部屋やキャンプをおしゃれに!アンティーク調デザインも

キャンドルランタンおすすめ9選|部屋やキャンプをおしゃれに!アンティーク調デザインも

アウトドアライターのSAMさんに取材のもと、キャンプや部屋のインテリアに活躍するキャンドルランタンの選び方とおすすめ9選をご紹介。おしゃれなものから利便性の高いものまで多数ピックアップしました。UCO、ロゴス、キャプテンスタッグなど人気ブランドも紹介するので、ぜひチェックしてくださいね。後半にはAmazonなどの通販サイトの最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミを確認してみよう。

tag icon LEDランタン , ランタン , ライト・ランタン

LEDランタンおすすめ24選|【充電式・電池式】コールマン・ロゴスなど厳選

LEDランタンおすすめ24選|【充電式・電池式】コールマン・ロゴスなど厳選

火を起こすことなく明るく照らし、雰囲気を作り出すLEDランタン。災害用や非常用、キャンプで役立ちます。本記事では、アウトドアのエキスパートである大森弘恵さん、そして編集部が厳選したLEDランタンのおすすめと選び方をご紹介。

tag icon LEDランタン , ランタン , ソロキャンプ

ランタンスタンドおすすめ13選|風にも強く設置簡単なおしゃれモデルも

ランタンスタンドおすすめ13選|風にも強く設置簡単なおしゃれモデルも

本記事では、アウトドアライターのSAMさんへの取材のもと、ランタンスタンドの役割や種類ごとの特徴、選び方、そして種類ごとのおすすめ商品をご紹介。本記事を参考に、ぜひピッタリのランタンスタンドを選んでください。

tag icon LEDランタン , ランタン , ソロキャンプ

トルコランプおすすめ5選|スタンドタイプから吊り下げタイプまで紹介

トルコランプおすすめ5選|スタンドタイプから吊り下げタイプまで紹介

煌びやかなガラスと独特のフォルムが美しいトルコランプ。自宅でも取り入れてみたいと思っている方もいるのではないでしょうか。トルコランプは現地から輸入されたものが多く日本では売っているお店も少なめですから、購入するとなるとどんなデザインがあるのか把握しにくく悩みますよね。本記事では、トルコランプの選び方とおすすめ商品をご紹介。さらに記事後半には、通販サイトの最新人気ランキングへのリンクもあるので、ぜひ売れ筋や評判・口コミなども確認してみてくださいね。

tag icon ライト・ランタン , 天井照明 , フロアライト・フロアランプ

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、「買いたいものがきっと見つかる」サイト。各分野の専門家と編集部があなたのためにおすすめの商品を厳選してご紹介します。モノ選びに悩むことなく、簡単スマートに自分の欲しいモノが見つけられます。