ヘッドランプのおすすめ18選【登山や釣り、非常用に!】子ども用もご紹介

ヘッドランプのおすすめ18選【登山や釣り、非常用に!】子ども用もご紹介

登山や釣りで使用するヘッドランプ。早朝や夜など周りが暗い時に視界を確保するために使います。頭につければ両手が自由になるので、移動したり作業するときにも使えます。この記事では、山岳写真家の荒井裕介さんへの取材をもとに、ヘッドランプの選び方とおすすめ商品をご紹介します。人気のジェントスをはじめ使い勝手のいい商品をピックアップ。さらに、子ども用のヘッドランプも厳選して紹介します。記事の最後には、amazonなど通販サイトの最新人気ランキングも載せているので、売れ筋や口コミもぜひ参考にしてください。


ワイルドライフクリエーター、山岳写真家
荒井 裕介

ブッシュクラフト、狩猟、ULスタイル、沢登りなど様々なアウトドアに取り組む。海外生活の経験もあり銃器やトイガンにも造詣が深い。 アウトドア料理やビンテージアウトドアアイテムのレストア、道具作りにも造詣が深く自作アイテムのみでの山行も行う。 フェールラーベンのアンバサダーとしても活動している。

ヘッドランプは登山の必需品

登山やキャンプなどのアウトドアに欠かせないヘッドランプ。山道を移動するときや、薄暗いテント内で作業するときに活躍します。懐中電灯のように手で持つ必要がなく、両手が自由に使えるのがメリットです。

山の天気は急変しやすいため、日中であっても視界が悪くなることがあります。また、想定より日が落ちるのが早く、あっという間に暗闇に包まれてしまうこともめずらしくありません。事故やケガといったリスクを回避するためにも、ヘッドランプを準備しておきましょう。

登山用ヘッドランプの選び方 山岳写真家に聞いた

登山用ヘッドランプ
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

登山の時に頭につけるライトです。明るさや装着感など選ぶポイントをわかりやすくお伝えします。

山岳写真家の荒井裕介さんへの取材をもとに、登山用のヘッドランプをを選ぶときのポイントをご紹介します。

明るさやLEDの色で選ぶ

水やホコリをシャットアウトし寒さにも強いモデルです。

ヘッドランプの明るさは「ルーメン」という単位であらわされ、数値が高いほど周囲を明るく照らすことができます。真っ暗な山道と薄暗いテント内では必要な光量が異なるので、使用環境に合わせて選ぶことが大切です。状況に合わせて使い分けるなら、明るさを段階的に調節できるモデルを選ぶのもいいでしょう。

最近ではほとんどのヘッドランプにLEDが使用されており、LEDの色味もさまざまです。

ワイルドライフクリエーター、山岳写真家

白色のLEDは明るく視認性がよいです。しかし、手もとを確認したり地図を確認したりする際に明るすぎる場合があります。

暖色の電球色のLEDがあると目にやさしく快適に使用できます。最大の光量や照射時間だけではなく、最小での使用時の場合や手もとの視認性にも注目して選ぶのもポイントです。

光の強さや照射範囲を調節できると便利

光の強さや照射範囲を調節できる機能を備えたヘッドランプもあります。暗い山道を歩くときは、広範囲を明るく照らすワイドビーム機能があると便利です。先がよく見えるので、道の形状や障害物を早めに察知できるでしょう。

また、一点を強い光で照らすスポットビーム機能があれば、ある1カ所を集中的に確認したい場合に役立ちます。

「バッテリー式」か「電池式」で選ぶ

ヘッドランプの給電方法は、バッテリー式電池式の2タイプ。バッテリー式と電池式の両方に対応した便利なモデルもあります。

「バッテリー式」はわざわざ電池を購入する必要がなく、充電するだけで使えるのがメリットです。ただし、バッテリー切れに注意しなければならないため、予備のバッテリーやモバイルバッテリーを用意しておくといいでしょう。

「電池式」は、電池の交換だけですぐに使えるのが魅力です。予備の電池をストックしておけば、突然電池が切れてしまっても困りません。また、電池式には、ライト部分に電池を入れる一体型と、電池を入れるケースが別になった分離型があります。

防水・防塵性能にも注目しよう

山の天気は変わりやすいので、出発時は晴れていても、途中で突然の雨や雪に見舞われることもあります。ヘッドランプが濡れることを想定して、防水性に注目するのも大事です。防水性能は「IPX」であらわされ、IPXのあとに続く数字が大きいほど、防水性能が高くなります

また、防水に加えて防塵性能がある場合は、IPXのXの部分に数字が入ります。たとえば、「IP67」なら、防水性能が7、防塵性能が6ということになります。

装着感や操作性も重要

ヘッドライトを快適に使用するために、装着感や操作性も確認しておきましょう。

ずれにくく安定感のある太めのストラップを選ぶ

動作や振動でずれないヘッドランプを選ぶために、ストラップの形状に注目しましょう。細くて弱いストラップだとかんたんに外れやすいので、太めでフィット感のあるタイプがベターです。

固定力と安定感を重視するなら、頭のまわりだけでなく頭頂部もストラップで固定できるモデルを選ぶといいでしょう。着脱にやや手間がかかるものの、しっかり頭にフィットして思い通りの場所を照らせます。

ボタンの大きさやセンサー機能をチェック

ヘッドライトは手元が見えにくい暗い環境で使うものなので、わかりやすい位置にボタンがあると便利です。グローブをつけたまま操作する場合は、ボタンが大きく押しやすいものを選びましょう。

操作性にこだわるなら、手をかざすだけで電源のオン・オフやモード変更ができるセンサー機能つきのモデルがおすすめです。グローブをつけたままでも手が汚れていても、気にせず操作できます。

用途に合わせて付加機能の確認を

ワイルドライフクリエーター、山岳写真家

照度調整機能、レッドライト、エマージェンシーシグナル(緊急時連続点滅信号)などヘッドランプには意外と多くの機能がついています。キャンプなどでは照度調節機能だけでもじゅうぶんですが、天体観測や野生動物の観察などにはレッドライト機能はほしいものです。

また、登山での利用時ではエマージェンシーシグナルは必要になります。自身の活動内容に見合った機能を有するヘッドライトを選択することはもちろん、活動内容に合わせた照射時間や充電、交換バッテリーの有無も重要な機能です。長期の行動ではバッテリーの充電のみではなく交換可能か、乾電池を使うタイプをおすすめします。

照射範囲と行動時間を考えて選ぶ

小型軽量ながら強めの光量に防水機能付き。

ワイルドライフクリエーター、山岳写真家

ヘッドランプはアウトドアには欠かせないアイテムです。山中で夜間の行動やテント、山小屋での生活などさまざまですが、装備として取り入れるならば状況に合わせて選びましょう。

富士登山のように着用して登山をする場合は、バッテリーや光量の容量があるものがおすすめです。テントや山小屋のみの利用でれば、最低限手もとや足もとが照らせるものであればじゅうぶんです。

また、充電タイプやバッテリー交換タイプなど充電環境によっても使い分ける必要があります。照射時間と行動時間を考え、自分に合ったものを選ぶようにしてください。

登山用のヘッドランプおすすめ15選 ジェントスやブラックダイヤモンドなど!

ここからは、山岳写真家の荒井裕介さんと編集部で選んだおすすめ商品を紹介します。初めてヘッドランプを選ぶ方や、用途によってどのヘッドランプを使えばいいかわからない方も参考にしてみてください。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

PETZL(ぺツル)『イーライト(E02P3e)』

PETZL(ぺツル)『イーライト(E02P3e)』 PETZL(ぺツル)『イーライト(E02P3e)』 PETZL(ぺツル)『イーライト(E02P3e)』

出典:Amazon

明るさ 最大26ルーメン
光の特徴 白色光
ストラップ -
バッテリー リチウムイオン
防水機能 水深1m(IP67)
重量 -
その他機能 誤操作ロック

Thumb lg 5fb869a0 d2e3 4eda 9228 905b60d2faa5

ワイルドライフクリエーター、山岳写真家

超小型軽量でリーズナブル

小型でも照射力29mもあり、5モードの切り替えが可能です。エマージェンシーシグナルやレッドライトも装備した本格派です。テント泊や山小屋、ツーリングはもちろんのこと、トレイルランニングやアドベンチャーレースのサブライトとしても選んでいただけます。

防水機能は1m防水で、雨天時でも安心して使えるのがおすすめのポイントです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Black Diamond(ブラックダイヤモンド)『ストーム(BD81089)』

BlackDiamond(ブラックダイヤモンド)『ストーム(BD81089)』 BlackDiamond(ブラックダイヤモンド)『ストーム(BD81089)』 BlackDiamond(ブラックダイヤモンド)『ストーム(BD81089)』 BlackDiamond(ブラックダイヤモンド)『ストーム(BD81089)』 BlackDiamond(ブラックダイヤモンド)『ストーム(BD81089)』 BlackDiamond(ブラックダイヤモンド)『ストーム(BD81089)』 BlackDiamond(ブラックダイヤモンド)『ストーム(BD81089)』

出典:Amazon

明るさ 250ルーメン
光の特徴 白、赤、緑色
ストラップ ダブルアジャスター
バッテリー 単4アルカリ電池4本
防水機能 IP67
重量 110g(電池込)
その他機能 ロックアウト機能

Thumb lg 5fb869a0 d2e3 4eda 9228 905b60d2faa5

ワイルドライフクリエーター、山岳写真家

これぞ定番の人気アイテム

小型のボディーながらバッテリー残量メーターを装備し、3色のナイトビジョンモードとナイトビジョンメモリーを搭載しています。

また、低温時にバッテリーに発光熱を還元しバッテリーを温めるヒートシンクを装備して乾電池でも安定して使用可能です。国際規格の単4アルカリ電池を使用するため、海外でもバッテリーの確保が必要ないのもおすすめのポイントです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

milestone(マイルストーン)『Trailmaster(MS-F1)』

milestone(マイルストーン)『Trailmaster(MS-F1)』

出典:Amazon

明るさ 最大約850ルーメン
光の特徴 2灯のLED(白色、電球色)搭載
ストラップ トップベルト
バッテリー 専用バッテリー(付属)
防水機能 IPX5 (防噴流形)
重量 180g(電池込)
その他機能 クイックダイヤルシステム

Thumb lg 5fb869a0 d2e3 4eda 9228 905b60d2faa5

ワイルドライフクリエーター、山岳写真家

バッテリー交換可能で高機能

防水機能をはじめ、さまざまな機能が盛り込まれたバッテリー別タイプのヘッドライト。一時的に高照度を使用可能な「パワーブスースター機能」や「誤操作防止ロック」など使い勝手抜群のアイテムです。

なかでもUSBで充電可能なリチウムイオンバッテリーが取り外し可能で、現地でバッテリー交換も可能になります。またリールタイプのベルトを装着しており、ヘッドウェア装着時でもかんたんに調整できるのが便利です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

PETZL(ぺツル)『ピクサ3(E78CHB2)』

PETZL(ぺツル)『ピクサ3(E78CHB2)』 PETZL(ぺツル)『ピクサ3(E78CHB2)』 PETZL(ぺツル)『ピクサ3(E78CHB2)』 PETZL(ぺツル)『ピクサ3(E78CHB2)』 PETZL(ぺツル)『ピクサ3(E78CHB2)』 PETZL(ぺツル)『ピクサ3(E78CHB2)』 PETZL(ぺツル)『ピクサ3(E78CHB2)』 PETZL(ぺツル)『ピクサ3(E78CHB2)』 PETZL(ぺツル)『ピクサ3(E78CHB2)』 PETZL(ぺツル)『ピクサ3(E78CHB2)』

出典:Amazon

明るさ 100ルーメン
光の特徴 ワイド、ミックス、スポット
ストラップ ヘッドバンド
バッテリー 単3アルカリ電池2本
防水機能 IP 67(防塵・水深1mで 30 分間の防水、水に浸かった後のメンテナンス不要)
重量 160g
その他機能 ダイアル式スイッチ

Thumb lg 5fb869a0 d2e3 4eda 9228 905b60d2faa5

ワイルドライフクリエーター、山岳写真家

シリーズ最高のマルチビームヘッドランプ

登山はもちろんのこと、災害時の使用にもおすすめの照射力。各国の山岳ガイドや登山者にも多くの支持を受けているモデルです。

100ルーメンで90mの照射が可能な大光量でありながら、バッテリー一体型のコンパクトな設計が携帯にも便利です。遠くと足もとを同時に照らすこともできるので、夜間や早朝の歩行を余儀なくされる登山でも安心して使えます。ビギナーが最初に手にするヘッドライトとしてもおすすめできる商品です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Black Diamond(ブラックダイヤモンド) 『アイコン(BD81071)』

BlackDiamond(ブラックダイヤモンド)『アイコン(BD81071)』 BlackDiamond(ブラックダイヤモンド)『アイコン(BD81071)』 BlackDiamond(ブラックダイヤモンド)『アイコン(BD81071)』 BlackDiamond(ブラックダイヤモンド)『アイコン(BD81071)』

出典:Amazon

明るさ 500ルーメン
光の特徴 遠距離モード/近距離モード:照度75%で点灯、ディミング(増/減光)、ナイトビジョン:赤・緑・青
ストラップ ハーネス
バッテリー 単3アルカリ×4本
防水機能 IP67(粉塵が中に入らない/深さ1mに30分没しても影響を受けない)
重量 300g(電池込み)
その他機能 誤点灯を防ぐロックアウト機能

Thumb lg 5fb869a0 d2e3 4eda 9228 905b60d2faa5

ワイルドライフクリエーター、山岳写真家

遠征時に適したハイエンドモデル

ハイエンドモデルのヘッドランプです。ナイトビジョンモードやバッテリー残量メーターなど基本のモードを備え、最長で500時間の照射が可能なヘッドランプです。登山に限らずケービングや災害時における使用など幅広くカバーしたモデルです。

ハイエンドモデルもアルカリ電池を使用し、バッテリーを本体に装着するハーネスも付属しています。寒冷地でもバッテリーを温めることができるので、どんな状況下においても使いやすい仕様となっています。冒険やレースを始めるならば、このヘッドライトを選ぶとよいでしょう。

GENTOS(ジェントス)『 LEDヘッドライト(GH-001RG)』

GENTOS(ジェントス)『LEDヘッドライト(GH-001RG)』 GENTOS(ジェントス)『LEDヘッドライト(GH-001RG)』 GENTOS(ジェントス)『LEDヘッドライト(GH-001RG)』 GENTOS(ジェントス)『LEDヘッドライト(GH-001RG)』 GENTOS(ジェントス)『LEDヘッドライト(GH-001RG)』 GENTOS(ジェントス)『LEDヘッドライト(GH-001RG)』

出典:Amazon

明るさ 約300ルーメン(Highモード)
光の特徴 -
ストラップ -
バッテリー 専用リチウムポリマー充電池または 単4形アルカリ電池×4本
防水機能
重量 -
その他機能 後部認識灯

頑丈なつくりで耐久性良

2mの高さから落としても壊れないという頑丈さが特徴的なヘッドランプです。防水加工もされているので、雨の中でも使うことができます。また、電池は電池式とバッテリー式のハイブリッドタイプなので、好みや場所に合わせて変えることができます。

後方に存在を知らせる後部認識灯がついているので、山の中でも安心です。頑丈で機能性も高いヘッドランプをお探しの方におすすめです。

GENTOS(ジェントス)『 ヘッドライト(GT-391D)』

ジェントス(GENTOS)『ヘッドライト(GT-391D)』 ジェントス(GENTOS)『ヘッドライト(GT-391D)』 ジェントス(GENTOS)『ヘッドライト(GT-391D)』 ジェントス(GENTOS)『ヘッドライト(GT-391D)』

出典:Amazon

明るさ 320ルーメン
光の特徴 -
ストラップ -
バッテリー 電池:単三アルカリ電池3本
防水機能
重量 270g
その他機能 インスタントオフスイッチ

リーズナブルながら機能性も高い

リーズナブルながら高い機能性を持っているヘッドランプです。拡散する光を中央に集めて遠くに光を飛ばすレンズを採用していて、最大115m先まで光が到達します。防水加工や落下耐性もあるので、機能面ではほかの商品に負けていません。

電池式の製品で、ハイモードで約12時間点灯するので、キャンプなどには欠かせないでしょう。リーズナブルな価格で高機能なヘッドランプをお探しの方におすすめです。

GENTOS(ジェントス)『ヘッドライト(CP-095D)』

ジェントス(GENTOS)『ヘッドライト(CP-095D)』 ジェントス(GENTOS)『ヘッドライト(CP-095D)』 ジェントス(GENTOS)『ヘッドライト(CP-095D)』 ジェントス(GENTOS)『ヘッドライト(CP-095D)』 ジェントス(GENTOS)『ヘッドライト(CP-095D)』 ジェントス(GENTOS)『ヘッドライト(CP-095D)』 ジェントス(GENTOS)『ヘッドライト(CP-095D)』

出典:Amazon

明るさ 95ルーメン
光の特徴 白色LED
ストラップ ヘッドバンド
バッテリー 単3形アルカリ電池×1本
防水機能
重量 65g
その他機能 1m落下耐久

広範囲の照射が可能で安全

シンプルな見た目ながら機能性も抜群なヘッドランプです。光を反射させる反射板がついており広範囲を照らしてくれるので、安全性に長けています。

また、ヘッドが90度稼働したり、すぐに消灯できるスイッチがついていて簡単な操作感もポイントです。赤色のサブLEDを搭載しており、周りの人に迷惑が掛かりません。安全面が気になる方におすすめのヘッドランプです。

milestone(マイルストーン) 『LEDヘッドライト( MS-B4)』

マイルストーン(milestone)『LEDヘッドライト(MS-B4)』 マイルストーン(milestone)『LEDヘッドライト(MS-B4)』 マイルストーン(milestone)『LEDヘッドライト(MS-B4)』

出典:Amazon

明るさ 220ルーメン
光の特徴 LED:メイン=ナチュラルウォームカラー、サブ=レッド&クールホワイト
ストラップ -
バッテリー 単4アルカリ乾電池×3本
防水機能
重量 約41g(本体のみ)/約97g(電池込み)
その他機能 無段階照度調節機能、ディミングメモリー機能、ワイド照射(約120度)

毎回の明るさ調整いらずでラクラク

キャンプや釣り、テント内でも快適に使用できるヘッドランプです。赤色LEDを搭載しており、テント内でも人に迷惑にならず使うことができます。さらに、照射範囲が120度でかなりの広さを照らすことができるので、安全面でも安心です。

調節した明るさを記憶してくれるので、毎回調整する必要もないのがポイント。どんな場所でも使えて、機能性も重視している方におすすめです。

Helius『 LEDヘッドライト』

Helius『LEDヘッドライト』 Helius『LEDヘッドライト』 Helius『LEDヘッドライト』 Helius『LEDヘッドライト』 Helius『LEDヘッドライト』 Helius『LEDヘッドライト』 Helius『LEDヘッドライト』

出典:Amazon

明るさ 12000ルーメン
光の特徴 LED
ストラップ 4つヘルメットクリップ
バッテリー -
防水機能 -
重量 300g
その他機能 角度調整、ズーム機能、USBモバイル電源

3つのライトで明るさ調整可能

メインランプのほかに補佐灯が2つついていて、3つのライトが特徴的なヘッドランプです。点灯モードは4つから選べて、場面や用途に合わせて使い分けることができる万能ライトです。

最大500m先まで照射できるので、暗い山道や夜のキャンプでも大活躍でしょう。付属の充電ポートはスマホの充電器にもなるので、キャンプには必需品です。明るさを求めたい方や、万能なライトをお探しの方におすすめです。

GENTOS(ジェントス)『HLP-1805』

GENTOS(ジェントス)『HLP-1805』 GENTOS(ジェントス)『HLP-1805』 GENTOS(ジェントス)『HLP-1805』 GENTOS(ジェントス)『HLP-1805』 GENTOS(ジェントス)『HLP-1805』 GENTOS(ジェントス)『HLP-1805』 GENTOS(ジェントス)『HLP-1805』 GENTOS(ジェントス)『HLP-1805』

出典:Amazon

明るさ 500ルーメン(Highモード時)
光の特徴 白色LED×1
ストラップ ヘッドバンド、シリコンバンド、ヘルメットホルダー
バッテリー 専用リチウムポリマー充電池 3.7V 1,800mAh または 単3形アルカリ電池×3本
防水機能 IP64準拠
重量 185g(電池込み)
その他機能 レバー操作でスポットビームからワイドビームまで無段階に調節可能

スポットからワイドまで照らす範囲を調整可能

後部に充電状態がわかるインジケーターを搭載。このインジケーターが後部認識灯としても役立ち、うしろにいる人に居場所をしらせます。暗がりの登山や釣りなどで重宝するでしょう。

スポットビームからワイドビームまで無段階に調節可能。連続点灯時間は約6時間で、長時間の作業や登山にも活躍できそうです。明るさは500ルーメンで照射距離152mなので、遠くまで明るく照らすことができます。

LEDLENSER(レッドレンザー)『MH6』

LEDLENSER(レッドレンザー)『MH6』 LEDLENSER(レッドレンザー)『MH6』 LEDLENSER(レッドレンザー)『MH6』 LEDLENSER(レッドレンザー)『MH6』 LEDLENSER(レッドレンザー)『MH6』 LEDLENSER(レッドレンザー)『MH6』 LEDLENSER(レッドレンザー)『MH6』

出典:Amazon

明るさ 200ルーメン
光の特徴 Power LED×1
ストラップ ヘッドバンド
バッテリー 専用充電池または単4電池x3本
防水機能 IPX6(耐水形)
重量 約93g(電池込み)
その他機能 ヘッド部にあるスイッチは片手で操作可能

広い範囲も隅まで照らせるヘッドランプ

照射部分のリングを回転させることで、照らす距離を自在に調整することが可能。リフレクターとレンズを組み合わせた技術で、広範囲をムラなく照射できます。

IPX6の防水仕様なので、悪天候時の登山や夜釣りなどにも活躍するでしょう。点灯時間は最長20時間。専用の充電池を使用すれば、4時間の充電で繰り返し使用可能です。もし充電が切れた場合、単三電池1本で使用できるのもうれしいポイント。

n-force(エヌフォース)『SP-260R』

n-force(エヌフォース)『SP-260R』 n-force(エヌフォース)『SP-260R』 n-force(エヌフォース)『SP-260R』 n-force(エヌフォース)『SP-260R』 n-force(エヌフォース)『SP-260R』 n-force(エヌフォース)『SP-260R』 n-force(エヌフォース)『SP-260R』 n-force(エヌフォース)『SP-260R』 n-force(エヌフォース)『SP-260R』

出典:Amazon

明るさ 1,000ルーメン
光の特徴 白色LED、赤色LED
ストラップ ヘッドバンド
バッテリー 単3電池×3
防水機能 IP67
重量 130g
その他機能 センサーに手をかざすだけで素早くオン/オフ

手をかざすだけで点灯のパターンを変更できる

IP67の防水防塵性能に加え、1.5mの落下に耐えうる耐久性を備えた製品。ロッククライミングや外での作業など、厳しい環境下でも役立ちそうです。

状況に合わせて6種類の点灯パターンを使用可能。「センシングモード」に切り替えることで、手をかざすだけでオン/オフはもちろん、点灯パターンを変更することもできます。最大14時間という連続点灯時間も魅力。単3電池3本で使用することが可能です。

OLIGHT(オーライト)『H2R NOVA』

OLIGHT(オーライト)『H2RNOVA』 OLIGHT(オーライト)『H2RNOVA』 OLIGHT(オーライト)『H2RNOVA』 OLIGHT(オーライト)『H2RNOVA』 OLIGHT(オーライト)『H2RNOVA』 OLIGHT(オーライト)『H2RNOVA』 OLIGHT(オーライト)『H2RNOVA』 OLIGHT(オーライト)『H2RNOVA』 OLIGHT(オーライト)『H2RNOVA』

出典:Amazon

明るさ 2,300ルーメン
光の特徴 明るさ5段階調節
ストラップ ヘッドストラップ
バッテリー OLIGHT専用 3000mAh 18650充電池
防水機能 IPX8(2M)
重量 64g
その他機能 オン/オフ時:次第に明るくなり、次第に消える

ヘッドランプだけでなく懐中電灯としても使える

連続点灯や点滅など、5種類のモードに切り替えることが可能。最大2,300ルーメンもの明るさを実現しているほか、角度を180度調節できる便利なライトです。

頭やヘルメットに装着するだけでなく、ライトを取り外して手持ちのLED懐中電灯にもなります。アウトドアシーンはもちろん自動車修理などの作業にも使用しやすいので、汎用性を求める方にぴったりです。充電は付属の充電器を差し込むだけのUSBタイプ。色で充電状況がわかるインジケーターも備えられています。

FUKANG『ヘッドランプ マルチライト』

FUKANG『ヘッドランプマルチライト』 FUKANG『ヘッドランプマルチライト』 FUKANG『ヘッドランプマルチライト』 FUKANG『ヘッドランプマルチライト』 FUKANG『ヘッドランプマルチライト』 FUKANG『ヘッドランプマルチライト』 FUKANG『ヘッドランプマルチライト』 FUKANG『ヘッドランプマルチライト』

出典:Amazon

明るさ 1,200ルーメン
光の特徴 L2白色LED×1灯、XPG2 LED×4灯
ストラップ ヘッドバンド
バッテリー 21700リチウム電池/18650リチウム電池/単4乾電池x3本
防水機能 IPX4
重量 -
その他機能 6モード切り替え

計5つのライトで6つの照射モードを使い分けられる

メインライトのほかに、4つのサブライトを搭載。これらのライトを組み合わせた、6つの照射モードを備えています。給電は充電・乾電池どちらも使用可能な2Wayタイプ。USBからの給電も可能です。

1.5mの落下耐久性も兼ね備えているため、多少の衝撃には耐えられそう。角度は160°まで無段階で調整できます。こちらの商品もライトが取り外しできて汎用性が高く、価格がリーズナブルなのでコスパの高い商品と言えそうです。

子ども向けのヘッドランプおすすめ3選 操作が簡単で安全!

両手をフリーにして駆けまわりたいお子さまほど、ヘッドランプをつけてあげたいもの。操作がかんたんなものやヘッドバンドに工夫のあるものなど、お子さま向けの商品をご紹介します。

PETZL(ペツル)『ティキッド(E091BA)』

PETZL(ペツル)『ティキッド(E091BA)』 PETZL(ペツル)『ティキッド(E091BA)』 PETZL(ペツル)『ティキッド(E091BA)』 PETZL(ペツル)『ティキッド(E091BA)』 PETZL(ペツル)『ティキッド(E091BA)』 PETZL(ペツル)『ティキッド(E091BA)』 PETZL(ペツル)『ティキッド(E091BA)』 PETZL(ペツル)『ティキッド(E091BA)』

出典:Amazon

明るさ 20ルーメン
光の特徴 白色光(強、弱、点滅の3モード)
ストラップ ヘッドバンド
バッテリー 単4アルカリ電池3本(付属)、リチャージャブルバッテリー『コア』(別売)
防水機能 IPX4 (全天候型)
重量 80g
その他機能 蓄光リフレクターつき

小さな子どもが使用するのにうれしい配慮が満載

対象年齢が3歳以上と、小さなお子さまにも使用できる珍しいタイプ。スイッチがひとつだけでオン/オフと強弱の切り替えなどができ、操作がかんたんです。

ヘッドバンドは強く引っ張られるとロックが開放される機構になっているので、枝などに引っかかったときなどの安全性も考慮されているのがうれしいですね。明るさは最大20ルーメンですが、こちらもお子さまの目を保護するように配慮されています。

SUNREI『LEDヘッドライト』

SUNREI『LEDヘッドライト』 SUNREI『LEDヘッドライト』 SUNREI『LEDヘッドライト』 SUNREI『LEDヘッドライト』 SUNREI『LEDヘッドライト』 SUNREI『LEDヘッドライト』 SUNREI『LEDヘッドライト』 SUNREI『LEDヘッドライト』 SUNREI『LEDヘッドライト』

出典:Amazon

明るさ 350ルーメン
光の特徴 白色LED×2、赤色LED×1
ストラップ ヘッドバンド
バッテリー 単4型乾電池2本使用
防水機能 IPX6
重量 約42g
その他機能 -

キュートなデザインがかわいい

ヘッドバンドに描かれたイラストがとてもキュート。カラーリングもポップでかわいいですね。ヘッドバンドの内側には滑り止めがついていて、駆けまわっても外れにくく安心。

本体重量は約42gとお子さまが長時間つけても負担になりにくいので、気軽につけてファミリーでアウトドアを楽しめそう。IPX6の防水性能も、うれしいポイントです。

LOGOS(ロゴス)『neos ノンタッチヘッドライト』

LOGOS(ロゴス)『neosノンタッチヘッドライト』 LOGOS(ロゴス)『neosノンタッチヘッドライト』 LOGOS(ロゴス)『neosノンタッチヘッドライト』 LOGOS(ロゴス)『neosノンタッチヘッドライト』 LOGOS(ロゴス)『neosノンタッチヘッドライト』 LOGOS(ロゴス)『neosノンタッチヘッドライト』 LOGOS(ロゴス)『neosノンタッチヘッドライト』 LOGOS(ロゴス)『neosノンタッチヘッドライト』

出典:Amazon

明るさ LED球値:約100ルーメン、ロゴス基準値:約59ルーメン
光の特徴 LED(強、弱、点滅、レッドライト)
ストラップ ヘッドバンド
バッテリー 単四アルカリ乾電池×3pcs(別売)
防水機能 IPX4
重量 約50g
その他機能 ノンタッチモード

お子さまでも着脱しやすいタイプのヘッドバンド

差し込み式のバックベルトがお子さまにも使いやすいうれしい仕様。あらかじめサイズ調整しておけば、そのまますっぽりと頭にはめることもできます。

センサーでオン/オフできるノンタッチモード搭載。不要な点灯を防ぐため、通常モードへの切り替えも可能です。ライトは強弱のほか、緊急時のサインとなる点滅モードや、あまり明るくしたくないときのレッドランプも。機能が充実していて操作もかんたんなので、お子さまと一緒に登山したい方などにぴったりです。

おすすめ商品の比較一覧表

画像
PETZL(ぺツル)『イーライト(E02P3e)』
Black Diamond(ブラックダイヤモンド)『ストーム(BD81089)』
milestone(マイルストーン)『Trailmaster(MS-F1)』
PETZL(ぺツル)『ピクサ3(E78CHB2)』
Black Diamond(ブラックダイヤモンド) 『アイコン(BD81071)』
GENTOS(ジェントス)『 LEDヘッドライト(GH-001RG)』
GENTOS(ジェントス)『 ヘッドライト(GT-391D)』
GENTOS(ジェントス)『ヘッドライト(CP-095D)』
milestone(マイルストーン) 『LEDヘッドライト( MS-B4)』
Helius『 LEDヘッドライト』
GENTOS(ジェントス)『HLP-1805』
LEDLENSER(レッドレンザー)『MH6』
n-force(エヌフォース)『SP-260R』
OLIGHT(オーライト)『H2R NOVA』
FUKANG『ヘッドランプ マルチライト』
PETZL(ペツル)『ティキッド(E091BA)』
SUNREI『LEDヘッドライト』
LOGOS(ロゴス)『neos ノンタッチヘッドライト』
商品名 PETZL(ぺツル)『イーライト(E02P3e)』 Black Diamond(ブラックダイヤモンド)『ストーム(BD81089)』 milestone(マイルストーン)『Trailmaster(MS-F1)』 PETZL(ぺツル)『ピクサ3(E78CHB2)』 Black Diamond(ブラックダイヤモンド) 『アイコン(BD81071)』 GENTOS(ジェントス)『 LEDヘッドライト(GH-001RG)』 GENTOS(ジェントス)『 ヘッドライト(GT-391D)』 GENTOS(ジェントス)『ヘッドライト(CP-095D)』 milestone(マイルストーン) 『LEDヘッドライト( MS-B4)』 Helius『 LEDヘッドライト』 GENTOS(ジェントス)『HLP-1805』 LEDLENSER(レッドレンザー)『MH6』 n-force(エヌフォース)『SP-260R』 OLIGHT(オーライト)『H2R NOVA』 FUKANG『ヘッドランプ マルチライト』 PETZL(ペツル)『ティキッド(E091BA)』 SUNREI『LEDヘッドライト』 LOGOS(ロゴス)『neos ノンタッチヘッドライト』
商品情報
特徴 超小型軽量でリーズナブル これぞ定番の人気アイテム バッテリー交換可能で高機能 シリーズ最高のマルチビームヘッドランプ 遠征時に適したハイエンドモデル 頑丈なつくりで耐久性良 リーズナブルながら機能性も高い 広範囲の照射が可能で安全 毎回の明るさ調整いらずでラクラク 3つのライトで明るさ調整可能 スポットからワイドまで照らす範囲を調整可能 広い範囲も隅まで照らせるヘッドランプ 手をかざすだけで点灯のパターンを変更できる ヘッドランプだけでなく懐中電灯としても使える 計5つのライトで6つの照射モードを使い分けられる 小さな子どもが使用するのにうれしい配慮が満載 キュートなデザインがかわいい お子さまでも着脱しやすいタイプのヘッドバンド
明るさ 最大26ルーメン 250ルーメン 最大約850ルーメン 100ルーメン 500ルーメン 約300ルーメン(Highモード) 320ルーメン 95ルーメン 220ルーメン 12000ルーメン 500ルーメン(Highモード時) 200ルーメン 1,000ルーメン 2,300ルーメン 1,200ルーメン 20ルーメン 350ルーメン LED球値:約100ルーメン、ロゴス基準値:約59ルーメン
光の特徴 白色光 白、赤、緑色 2灯のLED(白色、電球色)搭載 ワイド、ミックス、スポット 遠距離モード/近距離モード:照度75%で点灯、ディミング(増/減光)、ナイトビジョン:赤・緑・青 - - 白色LED LED:メイン=ナチュラルウォームカラー、サブ=レッド&クールホワイト LED 白色LED×1 Power LED×1 白色LED、赤色LED 明るさ5段階調節 L2白色LED×1灯、XPG2 LED×4灯 白色光(強、弱、点滅の3モード) 白色LED×2、赤色LED×1 LED(強、弱、点滅、レッドライト)
ストラップ - ダブルアジャスター トップベルト ヘッドバンド ハーネス - - ヘッドバンド - 4つヘルメットクリップ ヘッドバンド、シリコンバンド、ヘルメットホルダー ヘッドバンド ヘッドバンド ヘッドストラップ ヘッドバンド ヘッドバンド ヘッドバンド ヘッドバンド
バッテリー リチウムイオン 単4アルカリ電池4本 専用バッテリー(付属) 単3アルカリ電池2本 単3アルカリ×4本 専用リチウムポリマー充電池または 単4形アルカリ電池×4本 電池:単三アルカリ電池3本 単3形アルカリ電池×1本 単4アルカリ乾電池×3本 - 専用リチウムポリマー充電池 3.7V 1,800mAh または 単3形アルカリ電池×3本 専用充電池または単4電池x3本 単3電池×3 OLIGHT専用 3000mAh 18650充電池 21700リチウム電池/18650リチウム電池/単4乾電池x3本 単4アルカリ電池3本(付属)、リチャージャブルバッテリー『コア』(別売) 単4型乾電池2本使用 単四アルカリ乾電池×3pcs(別売)
防水機能 水深1m(IP67) IP67 IPX5 (防噴流形) IP 67(防塵・水深1mで 30 分間の防水、水に浸かった後のメンテナンス不要) IP67(粉塵が中に入らない/深さ1mに30分没しても影響を受けない) - IP64準拠 IPX6(耐水形) IP67 IPX8(2M) IPX4 IPX4 (全天候型) IPX6 IPX4
重量 - 110g(電池込) 180g(電池込) 160g 300g(電池込み) - 270g 65g 約41g(本体のみ)/約97g(電池込み) 300g 185g(電池込み) 約93g(電池込み) 130g 64g - 80g 約42g 約50g
その他機能 誤操作ロック ロックアウト機能 クイックダイヤルシステム ダイアル式スイッチ 誤点灯を防ぐロックアウト機能 後部認識灯 インスタントオフスイッチ 1m落下耐久 無段階照度調節機能、ディミングメモリー機能、ワイド照射(約120度) 角度調整、ズーム機能、USBモバイル電源 レバー操作でスポットビームからワイドビームまで無段階に調節可能 ヘッド部にあるスイッチは片手で操作可能 センサーに手をかざすだけで素早くオン/オフ オン/オフ時:次第に明るくなり、次第に消える 6モード切り替え 蓄光リフレクターつき - ノンタッチモード
商品リンク

※各社通販サイトの 2019年12月16日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月16日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月16日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月16日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月16日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年12月18日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年12月18日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年12月18日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年12月18日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年12月18日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月16日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月16日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月16日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月16日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月16日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月16日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月16日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月16日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする ヘッドランプの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでのヘッドランプの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:アウトドア用ヘッドライトランキング
楽天市場:ヘッドライトランキング
Yahoo!ショッピング:ヘッドライト 登山ランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

ヘッドランプの役割で選ぶ 山岳写真家からのアドバイス

ワイルドライフクリエーター、山岳写真家

夜間や日の出前の早朝に歩行の行動予定がある場合は、光量が大きく、照射距離が長いものを選ぶことをおすすめします。ヘッドライトは、アウトドア活動において唯一の光源になる場合も多く、装備の確認から行動をサポートしてくれる重要な道具。

アウトドアでは朝方や夕方に思いのほか手もとが暗いと感じる場合が多いため、一般登山のために初めて買うならば、バランスのとれたものがよいでしょう。

また、トレイルランニングやアドベンチャーレースを視野に入れるならば、バッテリーが別のものを選ぶようにしましょう。ただ、どちらのスタイルにも機器の故障はつきもの。余裕があれば、コンパクトなサブ機を同時に携帯することをおすすめします。

あわせて読みたいライト関連の記事はこちら 【関連記事】

世界中の警察や軍に採用され、高い信頼性を実証しているシュアファイア(SUREFIRE)は日本でも人気のライトメーカーです。キャンプや山歩きなどにぴったりのシュアファイアのライトをキャンプライターの中山一弘さんに紹介してもらいます。

金属削り出しのボディで痛みしらずのタフネスライトといえば「マグライト」です。キャンプライターの中山一弘さんに、マグライトの選び方とおすすめの商品をうかがいました。ぜひ参考にして、用途にあったマグライトを探してみてくださいね。

懐中電灯は、防災グッズとして欠かせないもののひとつです。いろいろな種類があり、形状、質量、使用電源などがそれぞれで異なります。備え・防災のプロフェッショナルである高荷智也さんのアドバイスを元に、いざというときに使いやすい懐中電灯の選び方とおすすめ商品を紹介します。

ヘッドランプについて5つのポイントをおさらい

1)着用した状態で登山をするならバッテリー容量や光量が重要
2)テントや山小屋のみの利用なら足もとが照らせる程度で充分
3)天体観測や野生動物の観察などにはレッドライト機能つきが理想
4)登山で使うならエマージェンシーシグナルは必須
5)光量や照射時間だけではなくLEDの色にも注目

少しの時間、手元を照らすだけであればそこまで性能にこだわる必要はありません。登山や釣りなど、長時間ヘッドライトを使う場合には連続照射時間が長いもの、緊急時にも役立つものいいでしょう。使用する環境や行動時間に見合ったヘッドランプを選んでください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(制作協力:やきさんま、掲載:マイナビおすすめナビ編集部 名原広雄)

※2020/12/23 コンテンツ追加・修正のため記事を更新しました(マイナビおすすめナビ編集部 下田結賀子)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


アウトドア高機能グローブおすすめ13選|キャンプ・登山・スポーツまで用途別に紹介

アウトドア高機能グローブおすすめ13選|キャンプ・登山・スポーツまで用途別に紹介

キャンプや登山、ウィンタースポーツなどの野外活動で大切な手を守ってくれるのが、アウトドア用高機能グローブ。キャンプ用から登山用、ウィンタースポーツ用と、様々な種類があり、各用途に合わせてポイントを抑えて選ぶことが大切です。本記事では、アウトドア高機能グローブについて、選び方やおすすめ商品をご紹介。アウトドア高機能グローブの機能についても解説しているので、ぜひ参考にしてくださいね。


【アウトドアライターが選ぶ】ローカットトレッキングシューズおすすめ6選|ローカット・ミドルカット

【アウトドアライターが選ぶ】ローカットトレッキングシューズおすすめ6選|ローカット・ミドルカット

山歩き専用の靴であるトレッキングシューズ。山を歩くことに特化しているため、1足持っているとトレッキングを快適に楽しむことができます。しかし、さまざまな機能をもつ商品があるため、どんなものを購入したらいいのか悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。この記事では、山岳/アウトドアライターの高橋庄太郎さんに聞いた、ローカットトレッキングシューズの選び方とおすすめ商品を紹介します。通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミを確認してみよう。


登山用帽子のおすすめ11選|登山家が教えるシーンや季節による選び方

登山用帽子のおすすめ11選|登山家が教えるシーンや季節による選び方

男性のみならず、いまや「山ガール」と呼称ができるほど女性もトレッキング・ハイキングなど楽しんでいます。そんな登山や山歩き中のスタイルに欠かせないのはやっぱり帽子。普段使いや似合わないといって登山用帽子を敬遠している方もいるのでは?登山用帽子は登山中の厳しい自然環境における日差しや落下物から身を守ってくれる、とても大切なアイテムです。登山用帽子はキャップやハットなどの形の違いに加え、機能もさまざま。今回は山岳写真家・荒井裕介さんに、登山用帽子の選び方やおすすめの商品を教えてもらいました。登山や山歩きの帽子選びの際には、ぜひ参考にしてみて下さい。


トランシーバーおすすめ12選|免許不要のものから子供向けまで

トランシーバーおすすめ12選|免許不要のものから子供向けまで

イベント会場や登山、スキーやスノーボードなどのアウトドアスポーツ、そしてサバゲーなど、屋内外のさまざまなシーンで活用されているトランシーバー。発売するメーカーでは、アイコムやケンウッドなどが有名です。この記事では、数あるトランシーバーのなかから、家電ジャーナリストの安蔵靖志さんと編集部おすすめの商品を厳選しました。通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミを確認してみよう。


ニクソンリュックのおすすめ11選&ランキング【人気の防水モデルや大容量も】

ニクソンリュックのおすすめ11選&ランキング【人気の防水モデルや大容量も】

機能性の高さが魅力のニクソンリュック。耐水性に優れているモデルや収納性の高いモデルなど豊富な種類があり、さまざまなシーンにマッチします。この記事では、ファッションのプロ・平 格彦さんにお話をうかがい、ニクソンのリュックの選び方とおすすめ商品、ランキングをご紹介します。記事後半には、通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミを確認してみてください。


マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、安心・べんりなお買い物サポートメディアです。知識豊富なエキスパートがあなたの欲しいモノ、商品の選び方、情報を解説してサポート。ユーザーアンケートや人気ランキングなど、役に立つ情報で満足いくお買い物を「ナビ」します。