登山用ヘルメットおすすめ11選|グリベル、マムート、安全基準規格適合モデル厳選

ROCK RIDER
出典:Amazon

登山での落石、転倒、滑落から頭部を守ってくれる登山用ヘルメット。

本記事では、アウトドアライターの夏野 栄さんと編集部が厳選した登山用ヘルメットのおすすめと選び方をご紹介。

記事の後半には、通販サイトの最新人気ランキングもありますので、売れ筋や口コミをチェックしてみてください。


目次

作家/アウトドアライター
夏野 栄

作家、マルチクリエイター、アウトドア・ファッションのライター・エディターとして活躍。 アウトドア誌やファッション誌でジャンルを超えて連載。ライトノベルやゲームシナリオを執筆。 アウトドアでは『キャンプチャリ』の制作やキャンプ場プロデュースを手掛ける。またファッションマーケットの企画運営からプロダクト開発まで幅広く活動。山岳部出身、海育ちのテンカラ師。 『BE-PAL』や『camp hack』、『OCEANS』や『MonoMax』『Fine』といったメンズ誌のほか、女性ファッション誌にも参加。

おすすめ商品の比較一覧表

画像
MAMMUT(マムート)『ロックライダー』
Black Diamond(ブラックダイヤモンド)『ハーフドーム 2019モデル』
PETZL(ペツル)『シロッコ』
Grivel(グリベル)『サラマンダー 2.0』
エーデルリッド『マディロ ハイブリッドヘルメット』
バーン『ユニオン』
Black Diamond(ブラックダイヤモンド)『ベクター』
MAMMUT(マムート)『Skywalker 2』
PETZL(ペツル)『ボレオ』
Grivel(グリベル)『ステルスHS』
CAMP(カンプ)『Titan (タイタン)(5212702)』
商品名 MAMMUT(マムート)『ロックライダー』 Black Diamond(ブラックダイヤモンド)『ハーフドーム 2019モデル』 PETZL(ペツル)『シロッコ』 Grivel(グリベル)『サラマンダー 2.0』 エーデルリッド『マディロ ハイブリッドヘルメット』 バーン『ユニオン』 Black Diamond(ブラックダイヤモンド)『ベクター』 MAMMUT(マムート)『Skywalker 2』 PETZL(ペツル)『ボレオ』 Grivel(グリベル)『ステルスHS』 CAMP(カンプ)『Titan (タイタン)(5212702)』
商品情報
特徴 良コスパのインモールドタイプ 高機能で低価格、バランスのよいハイブリッドタイプ しっかりとした耐久性で超軽量ヘルメット 「日本人に合う形状」のジャパンフィットモデル 折りたたんでパッキング可能 マルチユースでも耐久性問題なしでカラバリ豊富 大型ベンチレーターを8カ所装備 サムホイールで素早く片手でサイズ調整可能 汎用性と耐久性に優れたヘルメット 日本人に合う「ジャパンフィット」規格のヘルメット 軽量で快適性抜群の登山用ヘルメット
タイプ インモールド ハイブリッド(ハードシェル) インモールド ハイブリッド(ハードシェル) ハイブリッド(ハードシェル) ハイブリッド(ハードシェル) ハイブリッド(ハードシェル) ハイブリッド(ハードシェル) ハイブリッド(ハードシェル) ハイブリッド(ハードシェル) ハードシェル
サイズ 52-57cm、56-61cm S/M=50-58cm、M/L=56-63cm S/M=48-58cm、M/L=53-61cm 54-61cm 52-62cm M=55.5-59cm、L=59-62cm S/M(53-59cm) 53-61 cm 48-58 cm(サイズS/M)、53-61 cm(サイズM/L) 55-61cm 54〜62cm
重量 255g S/M=330g、M/L=350g S/M=160g、M/L=170g 360g 390g M=370g、L=390g S/M=230g 380g 285g(サイズS/M)、295g(サイズM/L) 310g 410g
素材 EPSコア ポリカーボネート、EPSフォーム EPPフォーム、ポリカーボネート、EPSフォーム、ポリエステル ABS樹脂、ポリスチレンフォーム ABS樹脂 - ポリカーボネイトシェルとEPSフォームを一体成型した超軽量 内装素材:ビーズ法発泡スチロール シェル材質:ABS樹脂 ライナー材質:発泡ポリスチレン シェル / ABS樹脂 ライナー / ポリスチレンフォーム ABS
ベンチレーション あり あり あり あり あり あり あり あり あり あり -
カラー ホワイト×ジオン、ホワイト×スモーク、ダークシアン×スモーク BDオレンジ、デニム、レイン、スレート ホワイト×オレンジ、ブラック×オレンジ イエロー、ホワイト、ブラック、グリーン、ピンク、ライトブルー ホワイト、オレンジ マットグレー、マットハンターグリーン、マットミュートティール、マットネオンイエロー ウルトラブルー ホワイト、ブルー、ブラック、オレンジ ホワイト、オレンジ、レッド、グレー、ブルー ホワイト、レッド、コバルトブルー グリーン、レッド、ホワイト、ブラック、グレーなど
商品リンク

※各社通販サイトの 2021年8月31日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年8月31日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年8月31日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年8月31日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年8月31日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年8月31日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年8月31日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年8月31日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年8月31日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年8月31日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年8月31日時点 での税込価格

登山用ヘルメットの必要性とは?

登山
ペイレスイメージズのロゴ

登山では何が起こるかわかりません。落石、転倒、滑落……。登山用ヘルメットは、自然の中にいるからこそ起こりうる危険から、頭部を守るために必要なアイテムです。

登山では、舗装された道は数少なく、危険な悪路も歩くことになります。また、岩肌が丸見えな道もあったり、登山人口によっては、山の上部の混雑による落石事故も起こります。長野県や北アルプス、南アルプスをはじめ、山域によっては「ヘルメット着用奨励山域」を設定している山域もあります。自分の身の安全を守るために、ヘルメットをはじめ、万全な準備が必要になります。

ヘルメットを着用するシーン

山
Pixabayのロゴ

・岩場が多く山岳
・地面が滑りやすい山道
・クライミング・岩登り
・ヴィアフェラータ
・雪山
・キャニオニング など


上記のシーンでは特にヘルメットの着用をおすすめします。各シーン、常に危険が伴うため、推奨地域でなくても着用し、安全で楽しいアウトドアにしてくださいね。

登山用ヘルメットの選び方

それでは、登山用ヘルメットを選ぶ際のチェックポイントをご紹介します。ポイントは下記の5点。

・安全性能
・素材、構造
・サイズ、フィット感
・重さ、通気性等の快適性
・ヘルメットのフロント面


上記の5つのポイントを抑えることで、より具体的に欲しい機能を知ることができます。一つひとつ解説していきます。

【1】安全性能をチェック

 

安全性能をチェックする際は、「EN規格(EN 12492)」「UIAA規格(UIAA 106)」の2つのうち、どちらか(もしくは両方)の安全基準規格に適合しているかを確認しましょう。

各安全基準規格は発行元が違い、EN規格は欧州の統一規格。UIAA規格は、国際山岳連盟が制定した登山用品の統一規格です。どちらも厳しい安全基準のため、ヘルメットとしての安全基準を満たしています。

何が起こるかわからないからこそ、しっかり安全基準は確認しておきましょう。

【2】素材、構造をチェック

登山用のヘルメットは、「ハイブリッド(ハードシェル)」と「インモールド」の2種類に分けられます。それぞれ特徴を見ていきましょう。

●ハードシェル:耐衝撃性能の高いABS樹脂を使用

 

耐衝撃性能の高いABS樹脂などを使用したヘルメットです。手頃な価格帯のものが多いので、はじめての登山用ヘルメットとしてもおすすめです。デメリットとしてはやや重量があるという点が挙げられます。

●インモールド:スポンジに強コーディングしたもの

 

インモールドタイプは軽量なスポンジ系の素材の表面に耐衝撃性の高い素材でコーティングしたタイプのものです。厚みはありますが、とても軽量で通気性の高いデザインのものも多いので夏場の登山などにおすすめです。

【3】サイズ、フィット感をチェック

 

ウェアと同様、身につける道具であるヘルメット。まずはサイズやフィット感が自身の頭部にマッチしていることが絶対条件です。こまかくサイズ分けされているヘルメットや、日本人の頭に特化したデザインのインナーをもつヘルメットなど、大きさからフィット感まで多数ラインナップされています。

まずはメジャーで頭部を計測して数字を算出します。その数字をもとに、各商品が明記している該当サイズを選びます。商品ごとにサイズ感は異なるため、ここは各商品によって異なります。一般的には~58cmがSからM、60cm以上がL以上というサイズ感が目安です。

基本的にはジャストサイズを選びますが、よりソフトにかぶりたい場合にはワッチキャップをかぶり、ワンサイズ上のヘルメットを選ぶと快適です。

フードとの相性も確認

山は気候が変動しやすいことから、レインウエアを身につける機会も決して少なくありません。なので、レインウエアのフードをヘルメットの上からかぶることができるのかという点はしっかりとチェックしておきたいポイントです。また、チャックが上までしっかり閉まるのかという点も確認しておきましょう。

【4】重さ、通気性等の快適性をチェック

 

登山において道具の重量は常に重要なポイントですが、頭部に乗せるヘルメットの重さは、通常のザックの重量以上にコンディションに影響します。ヘッドランプが苦手な方や貧血症ぎみの方はとくに要注意。首から上の重量は可能な限り軽くしたいところです。

ベンチレーション(通気をよくする機能)の有無、あるいはサイズによって放熱効率が大きく変わる点も見逃せません。またヘルメットのデザインやボリュームは、フードとのマッチングに影響します。雨天時やガスが出ているときなど、登山でフードをかぶるシーンは多くあります。その際にヘルメットをつけたままフードをかぶれるかという点もあわせて考慮しましょう。

【5】フロント面がフラットかどうかチェック

 

ハードに実用したり、拡張を考えているなら、フロント面の形はやはりチェックしておきたいポイントです。最近では山岳用ヘルメットの商品も増え、デザインも多様になりつつあります。

なかにはフロント面の中央が隆起していたり、斜めに尖っているデザインのものもあります。その場合、ヘッドライトを安定して止められず、上や横にズレて最悪固定できない場合があります。また、アクションカメラをヘルメットにマウントしたいという際にも、同様の不都合があります。

もしヘッドライトやアクションカメラを使用するかもしれないという方は、フロント面がなるべくフラットなタイプを選びましょう。

人気メーカー・ブランド

本項では、登山用ヘルメットを販売する人気のメーカー・ブランドの特徴を紹介します。こちらもぜひチェックしてください。

ブラックダイヤモンド

 

高性能な登山用品を手がけているブランドで、ヘルメットのラインナップもとても豊富です。デザインもスタイリッシュなものが多いので見た目にこだわりたいという方にもおすすめです。

マムート

 

登山用品やウェアなどを取り扱う老舗ブランドです。とても信頼性が高く、プロの登山家などにも愛用されています。ヘルメットもさまざまなタイプのものが揃っており、機能性が高いことが特徴です。

ペツル

 

ペツルは高性能な登山用ヘルメットをいくつもラインナップしています。特にインモールドタイプのものは評価も高いので、夏場の登山向けのヘルメットを探している方はチェックしてみましょう。

カンプ

 

シンプルでスタイリッシュなデザインの登山用ヘルメットをラインナップしています。もちろん、機能性も高く、その多くがEN規格をクリアしていますので、信頼性も抜群です。

登山用ヘルメットおすすめ11選

登山用ヘルメットの選び方のポイントをふまえ、アウトドアライターの夏野 栄さんと編集部が選んだおすすめ商品をご紹介します。商品のこまかな特徴をチェックして、納得して使える1つを見つけてみましょう。

※EN規格…欧州連合内で定められている安全規格。
 UIAA規格…国際山岳連盟が定めている安全規格。

MAMMUT(マムート)『ロックライダー』

良コスパのインモールドタイプ

ハードシェルタイプよりは強度の落ちるインモールドタイプですが、耐久性はじゅうぶん。ベンチレーションが大きくとられているので通気性が高く快適です。重さは250gほどと軽量で、コスパのいいヘルメットといえます。

Black Diamond(ブラックダイヤモンド)『ハーフドーム 2019モデル』

フィット感を調整して快適に

「ブラックダイヤモンド」の人気ハイブリッドタイプ、『ハーフドーム』ヘルメットの2019モデル。ダイヤルアジャスターで手軽にフィット感を調整できる仕様が魅力です。

PETZL(ペツル)『シロッコ』

しっかりとした耐久性で超軽量ヘルメット

サイドから後方にかけて広範囲に頭を保護するデザインながら、単数のベンチレーションが設置されているため、通気性はばつぐんで熱を効率的に逃がしてくれます。超軽量なインモールドタイプで、耐衝撃性能はしっかり確保しているので安心です。

Grivel(グリベル)『サラマンダー 2.0』

Grivel(グリベル)『サラマンダー2.0』 Grivel(グリベル)『サラマンダー2.0』 Grivel(グリベル)『サラマンダー2.0』 Grivel(グリベル)『サラマンダー2.0』 Grivel(グリベル)『サラマンダー2.0』

出典:Amazon

「日本人に合う形状」のジャパンフィットモデル

こちらはヘルメットインナーの幅と深さを日本人にマッチした形状にデザインしたジャパンフィットモデル。既存のヘルメットでフィットに違和感を感じていた方におすすめです。

エーデルリッド『マディロ ハイブリッドヘルメット』

折りたたんでパッキング可能

ABSプラスチック樹脂を使用した、折りたためるユニークなヘルメット。ヘルメットが必要かどうかわからない状況や平地の移動が長い状況で、ヘルメットをコンパクトにパッキングして持ち歩けるのは大きなメリットです。

バーン『ユニオン』

バーン『ユニオン』 バーン『ユニオン』 バーン『ユニオン』

出典:楽天市場

マルチユースでも耐久性問題なしでカラバリ豊富

こちらはマルチユースモデルですが、通常の登山用ヘルメット同様EN規格適合。耐久性はもちろん、登山に使うヘルメットの要所を満たしているので登山用としてじゅうぶん活躍します。

Black Diamond(ブラックダイヤモンド)『ベクター』

大型ベンチレーターを8カ所装備

前後に8カ所の大型ベンチレーター装備で優れた通気性を発揮します。シェルと一体化されたヘッドランプグリップによりしっかりと固定可能です。サイズ調整はラチェット式アジェスターですばやくできます。

MAMMUT(マムート)『Skywalker 2』

マムート『Skywalker2』 マムート『Skywalker2』 マムート『Skywalker2』

出典:楽天市場

サムホイールで素早く片手でサイズ調整可能

極めて頑丈なプラスチックハードシェルで人間工学に基づいて作られ、8カ所の開口部が設置された通気性の良いヘルメットです。サムホイールで片手で素早く簡単に頭のサイズに調整できます。

PETZL(ペツル)『ボレオ』

汎用性と耐久性に優れたヘルメット

厚いABS樹脂製のシェル、ライナーにはEPPフォームとEPSフォームを使用したハイブリット構造でコンパクトでありながら頭部の保護を両立を実現しています。後頭部をより広くカバーするデザインで頭部の保護を強化しています。

Grivel(グリベル)『ステルスHS』

日本人に合う「ジャパンフィット」規格のヘルメット

西洋人に比べて丸い形状の日本人の頭にあうように内側の幅と深さを意識したデザインです。素材にはABS樹脂を使用しています。ポリカーボン製のヘルメットに比べて軽さは劣りますが、強度は高いです。

CAMP(カンプ)『Titan (タイタン)(5212702)』

軽量で快適性抜群の登山用ヘルメット

軽量で汗吸収パッドなどを備えていることから快適性の高い登山用ヘルメット。内部は取り外して洗濯することができ、いつでも衛生的に使用できます。シンプルでスタイリッシュなデザインも魅力。

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする 登山用ヘルメットの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場での登山用ヘルメットの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:登山用ヘルメットランキング
楽天市場:登山用ヘルメットランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

エキスパートからのアドバイス

作家/アウトドアライター

通常の登山でヘルメットが積極的に使われはじめたのは、比較的ここ最近です。2014年の御嶽山(おんたけさん)噴火以降ではないでしょうか。それまでヘルメットは岩登りや沢登り、あるいは一部の極所周辺用というニュアンスのアイテムでした。もちろん、噴火のような大きな落石に効力のある道具ではありませんが、一番多い事故である転倒時の頭部保護には効果的です。

重さや動きづらさ、また外観などから手が伸びにくい登山道具ともいえますが、自転車のヘルメットと同じく被害を小さくする保険になります。エントリー層でも扱いやすいラインナップも増えているため、行動時の快適さ、また納得いくデザインのアイテムを探してみてください。

登山用ヘルメットに関するQ&A よくある質問

寿命と交換時期は?

登山用ヘルメットの寿命・交換の目安は、一度でも強い衝撃を受けたとき、またはあご紐のほつれが目立つようになったときです。

自転車用のヘルメットで代用できる?

用途によって安全基準が異なります。そのため、「~用」と明記されていれば、その表記に従いましょう。登山用であれば、「UIAA 106」または「EN 12492」のいずれかの規格に適合(または準拠)している必要があります。

そのほかの登山グッズに関連する記事はこちら 【関連記事】

EN規格またはUIAA規格の安全基準を満たしたものを

本記事では、登山用ヘルメットの必要性や失敗しない選び方、そしておすすめ商品を紹介しましたが、いかがでしたか?

商品を選ぶ際は、必ず、EN規格か、UIAA規格かどちらかの安全基準を満たしたものを選び、その上で、素材・構造、サイズやフィット感をチェックしましょう。また、登山中のことも考え、重さ、通気性等の快適性、また、カメラがつけられるか、ヘルメットのフロント面などもチェックしておきましょう。

自然を楽しむことができるのみでなく、体を動かすことができることから、登山は幅広い層の方の人気を集めています。そんな登山をより安全に楽しむために欠かせないのがヘルメットです。一番大切なのが、自分に合ったヘルメットを探すこと。ぜひ本記事を参考に、安全で満足のいく商品を見つけてくださいね。

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

マイナビおすすめナビ編集部

パーティー好きの祭人。編集歴17年。趣味はギターとDJ、ランニング。特技はフリーダイビング。週末はゴールデン街と中華街、コリアンタウンにいることが多い。芸能誌の編集、アスリートもの単行本制作などを経て現在に至る。将来は南の島で悠々自適に暮らしたい。

関連する記事


登山用帽子おすすめ10選【おしゃれで高機能】通気性抜群・シェード付きも

登山用帽子おすすめ10選【おしゃれで高機能】通気性抜群・シェード付きも

男性女性問わず、トレッキングやハイキングなどのアウトドアが人気です。登山用帽子は登山中の厳しい自然環境における日差しや落下物から身を守ってくれる、とても大切なアイテム。ここでは、山岳写真家・荒井裕介さんとにお話をうかがい、登山用帽子のおすすめ商品と選び方をご紹介します。記事の後半には、通販サイトの最新人気ランキングもありますので、売れ筋や口コミをチェックしてみてください。

tag icon レディース帽子・キャップ , メンズ帽子・キャップ , レディースファッション雑貨・小物

雪山登山ハードシェルパンツおすすめ8選|スノボやスケートにも! マムート・モンベル他

雪山登山ハードシェルパンツおすすめ8選|スノボやスケートにも! マムート・モンベル他

雪山の装備で大切なハードシェルパンツ。そして、雪山登山のウェアに防水性は外せません。ゴアテックスやネオシェルなど、どの素材がいいのでしょう。この記事では、自分に合うハードシェルパンツの選び方と、登山愛好家の山崎友貴さんと編集部が選んだおすすめ商品をご紹介します。

tag icon 登山・トレッキング携行品 , 登山・トレッキング , レディースボトムス

携帯浄水器おすすめ13選|登山やキャンプほか防災時にも活躍・人気ランキングも

携帯浄水器おすすめ13選|登山やキャンプほか防災時にも活躍・人気ランキングも

アウトドアや災害用の備品として、ひとつ持っておくと便利なのが携帯浄水器です。携帯浄水器は、ボトル一体型や自重落下浄水タイプなど、さまざまな種類があって特徴も異なるため、しっかりとチェックしておきたいもの。本記事では、携帯浄水器の選び方とおすすめ商品を紹介します。ぜひ、ご自身に合った携帯浄水器を探す参考にしてみてくださいね。

tag icon 登山・トレッキング , アウトドア・キャンプ , 防災グッズ

登山用カトラリーおすすめ13選|持ち運びに便利な折りたたみ式や一体型も

登山用カトラリーおすすめ13選|持ち運びに便利な折りたたみ式や一体型も

登山やキャンプ、アウトドアでの食事に欠かせないスプーンやフォークなどの「カトラリー」。モンベルやスノーピークといった人気有名ブランドから、折りたたみや一体型、計量モデルなど収納や持ち運びに工夫がほどかされたたさまざまなものが販売されています。本記事では、登山用カトラリーの選び方とおすすめ商品をご紹介。記事後半には、通販サイトの口コミや評判、最新人気ランキングやスペック比較表もありますので、ぜひチェックしてみてください。

tag icon 皿・プレート , キャンプ用皿・コップ・カトラリー , 登山・トレッキング

軽アイゼンおすすめ7選|【4本爪~6本爪】モンベル・エバニューなど厳選

軽アイゼンおすすめ7選|【4本爪~6本爪】モンベル・エバニューなど厳選

平地や低山・夏の雪渓歩行で活躍する軽アイゼン。アイゼンは、登山において自分の身を守るために欠かせないアイテムのひとつです。ここでは、チェーンスパイクや4~6本の爪からなるビギナー向けなど、登山に精通する登山愛好家・山崎友貴さんと編集部が厳選した軽アイゼンのおすすめと選び方を紹介します。後半に軽アイゼンの付け方、通販サイトの最新人気ランキングもありますので、売れ筋や口コミも確認してみましょう。

tag icon 登山・トレッキング携行品 , 登山・トレッキング , アウトドア・キャンプ

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、「買いたいものがきっと見つかる」サイト。各分野の専門家と編集部があなたのためにおすすめの商品を厳選してご紹介します。モノ選びに悩むことなく、簡単スマートに自分の欲しいモノが見つけられます。