やさしいミルク感が懐かしい! 『ビックル』の甘さや風味などの魅力を検証レビュー

やさしいミルク感が懐かしい! 『ビックル』の甘さや風味などの魅力を検証レビュー

乳酸菌入りで懐かしい味の『ビックル』。オリゴ糖などが入っていて気になりますよね。しかし、試してみたくて口コミを見てみても、なんだかイマイチわからない……と余計悩んでしまうこともあるはず。そこで今回は実際に購入して、『ビックル』の紹介からいい口コミ・悪い口コミを元に、味や特徴などを検証しました。ぜひ参考にしてみてくださいね!


『ビックル』を実際に飲んでみました

ビックルと空のコップ

昨今では乳酸菌入りの飲料も増えてきている印象がありますが、『ビックル』は1993年発売とその歴史は長いほうではないでしょうか。

今回は、実際に『ビックル』購入して細かい味のレビューや、試してみてわかった魅力などをお伝えします。

『ぐんぐんグルト』や『ヨービック』など数多くの飲料が販売されていて、差がイマイチわからない……。そんなお悩みを持っているなら、ぜひ今回のレビューを参考にしてください。

『ビックル』とは?

『ビックル』は、サントリーより1993年に発売された乳性飲料です。名前の由来は、大きいという意味の“ビック”と、おいしくてゴクゴク飲めて不思議という意味を込めた“ミラクル”の造語。

ラインナップは、280mlサイズでカルシウムとマグネシウム配合の『ビックル』、500mlサイズでコクのある甘さが強化された『ビックル500』、炭酸入りの『ビックルソーダ』の3種類が販売されています。

そのなかでも今回は『ビックル500』を購入して実際に試してみました。

『ビックル』の口コミや評判は? いい口コミ・悪い口コミを調査!

 ビックル口コミ

まずは、実際飲んでみたひとの口コミにはどのようなものが多いのかを見ていきましょう。
気になる口コミをまとめてみました。

『ビックル』の悪い口コミ

甘すぎるという口コミがありました。口コミの傾向としては女性の割合が多かったという印象です。

『ビックル』のいい口コミ

懐かしい味という声が多くありました。その他にも、そんなに甘くなく飲みやすいという声もありました。

甘みは人によって意見が分かれるところ。検証するときはしっかりと他の商品と比較したいと思います!

口コミでは30〜40代の方も多くいました。自身の子どもの頃に飲んで甘くて美味しかった記憶を思い出し、懐かしくてつい買ってしまうことがあるようです。なかには自分の子どもにも飲ませているという方も。

『ビックル』を実際に飲んで徹底検証! おいしいアレンジ方法も!

『ビックル』含め、6商品の乳酸菌入りの飲料

今回は『ビックル』含め、6商品の乳酸菌入りの飲料を購入し、飲み比べています。なかでも、同じ清涼飲料水の部類に入っている『ぐんぐんグルト』と『ヨービック』との違いは気になるところ。

『ビックル』はどんな味なのか、人によって差がある甘みについても検証! 他の商品と比較して、さまざまな項目を5段階評価しているので注目です!

ビックル手持ち画像

パッケージには励ましのメッセージも書かれています。くわえて、温かい色合いとキラキラしたデザインは、疲れた時につい手に取りたくなりそうです。メッセージは6種類あるそうで、買うごとに今回はどんなメッセージかなとワクワクしてしまいますね。

ビックルパッケージ裏(原材料)

ミルクオリゴ糖がしっかり入っています。ミルクオリゴ糖とは、さまざまな種類のオリゴ糖の混合物です。使われている人工甘味料の種類は、『ぐんぐんグルト』『ヨービック』より少なく、スクラロース1種類のみです。

『ビックル』の味を詳しく検証

ビックルをコップに注いでいる様子

ではさっそく、気になる味を検証すべく飲んでみました。他の商品と比べてどの程度甘いのかもしっかり検証していきます。

一口目に、感じたのは強いミルク感。パッケージに“ミルク感たっぷり”とあった通りです。
そして、気になる甘さも、しっかりと感じました。ふんわりとミルク感に包まれた甘さを最後まで楽しめます。それぞれ項目ごとに、その他の5商品と比較しながらみていきましょう。

甘み

ビックル キャップを開けている画像

甘さが強い『ヤクルト』や『ピルクル』は酸味のある甘さですが、『ビックル』はふんわりミルク感のある甘さが際立ちます。ミルク感が強いので、甘いけれど優しい味わいだと思いました。この甘さの特徴が、人によっては甘ったるいと感じてしまうところではないかと思います。

酸味

コップに入ったビックル

酸味は、他の6商品のなかでは少ないほうだと思いました。他の商品と比較して感じたのは、酸味というより甘みが強かったです。特に『ぐんぐんグルト』と比べると、『ビックル』のほうが優しい味だと感じました。

香りの強さ

ビックルをコップに注いでいる様子②

香りを嗅ぐと、他の6商品のなかで一番強く感じました。香りのみで『ビックル』とすぐわかるほど。後味にも繋がってきそうだと思いました。

後味のよさ

コップに入ったビックルを飲みきった画像

後味のよさは比較的低めです。香りが強いこともあり、口に残りやすいと思います。『ぐんぐんグルト』『ヨービック』と比べると、後味はあまりよくないと感じてしまいました。

濃度

ビックルとビックルが入った二つのコップ

濃度はとても高いと感じました。『ヤクルト』よりは低いですが、十分濃厚です。『ぐんぐんグルト』『ヨービック』『マミー』よりは濃く感じました。ミルク感のある濃厚な飲み口で、飲んでいてホッとしてしまいました。

爽やかさ

ビックルとコップに入ったビックル

爽やかさよりも、ふんわり優しいけれど濃厚といったイメージです。

『ぐんぐんグルト』は、酸味があり後味さっぱり、『ヨービック』は、爽やかな飲み口なのに対して、『ビックル』は甘さと香りが強く、『ヤクルト』よりは低いですが、濃度が比較的高めなのが特徴です。

『ビックル』におすすめのアレンジ

『ビックル』は甘くて濃厚なことがわかりました。その体験をもとに、もっと楽しめるアレンジ方法を発見したのでご紹介したいと思います。

濃厚でおいしいけれど、ちょっと味を変えたいというときにもおすすめですよ!

『ビックル』+強炭酸水

ビックルと炭酸水のボトル

甘い『ビックル』は、そのまま飲んでも美味しいですが、濃厚だからこそ、炭酸水と割る飲み方もおすすめです。※薄めすぎないためにも強炭酸がいいと思います。

「ビックルは甘過ぎて飲めない!」と思った人も、これなら爽やかに飲めそうですよ。

ビックルに炭酸水を注いでいる様子

作り方は、『ビックル』に強炭酸水を入れるだけ。配合はお好みですが、1:1くらいが爽やかでおすすめです。濃厚がいい場合はもっと『ビックル』の割合を多くしてみてくださいね。

ビックルに炭酸水と氷を入れてストローをさした画像

炭酸水で甘さが和らいで、爽やかになりました。疲れた日の夜には、『ビックル』をそのまま。おやつ時に楽しみたいなら炭酸割りなど、シーンによって飲み分けることもできます。

乳酸菌・ミルクオリゴ糖なども入っているので、家族が炭酸飲料を飲みたいと言ったらこれを出そうと思いました。

本家『ビックルソーダ』との違い

実は、サントリーより『ビックルソーダ』という商品が発売されています。炭酸で爽やかに楽しめる点は同じですよね。

しかし、『ビックル』を活用したアレンジなら、炭酸水の量で自分好みに濃度を変えることができます。これが、本家ビックルソーダとの違いでありアピールポイントです!

たとえば、家族が甘過ぎるのが苦手だったら炭酸水の量を多くしてみるなど、カスタマイズできるので、ぜひ一度試してみてほしいです。気になる人は、本家ビックルソーダも飲んでみてくださいね。

SUNTORY(サントリー)『ビックル』

サントリービックル500500ml×24本

出典:Amazon

容量 500ml
原材料 果糖ぶどう糖液糖、はっ酵乳、脱脂粉乳、ミルクオリゴ糖、酸味料、安定剤(ペクチン、大豆多糖類)、香料、乳化剤、カラメル色素ほか
アレルギー成分 乳、大豆

『ビックル』の染み渡る甘さでホッとしよう

ビックルレーダー

『ビックル』を試した感想をチャートにしてみました。
※執筆者の主観を数値化したものです。

人によっては甘ったるい、爽やかさが少ない、などの注意点もありましたが、『ビックル』は優しいミルク感で、甘みと香りが強く濃厚な飲み物であることがわかりました。

やわらかい甘みが染みわたって美味しいので、こんな時にもおすすめです。

・休日のおやつ時
・小腹がすいたとき時
・疲れて甘いものがほしい時
・お風呂上がりの一杯


ミルク感が強いので、お子さんが飲むのもいいですね。

また、カルシウムとマグネシウムが配合された280mlの『ビックル』も販売されています。ぜひ試してみてくださいね!

SUNTORY(サントリー)『ビックル』

【乳飲料】サントリービックル280mlペット1ケース《24本入》《1配送あたり最大2ケースまで同梱OK!》

出典:楽天市場

容量 280ml
原材料 糖類(砂糖、果糖ぶどう糖液糖)、はっ酵乳、脱脂粉乳、ミルクオリゴ糖、ミルクカルシウム、安定剤(ペクチン)、酸味料、香料ほか
アレルギー成分

SUNTORY(サントリー)『ビックルソーダ』

サントリービックルソーダ490mlペットボトル×24本入

出典:楽天市場

容量 490ml
原材料 糖類(果糖ぶどう糖液糖、砂糖)、はっ酵乳、脱脂粉乳、ミルクオリゴ糖、炭酸、酸味料、香料、安定剤(大豆多糖類)、カラメル色素
アレルギー成分 乳、大豆

そのほかの乳性飲料に関する記事はこちら 【関連記事】

※紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。写真の見え方により、色味などが実際のものと多少異なる場合があります。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

(制作協力:丹羽、掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


クリスマスノンアルコールドリンクおすすめ16選&ランキング|シャンメリーも

クリスマスノンアルコールドリンクおすすめ16選&ランキング|シャンメリーも

クリスマスには特別な料理を食べるという人が多いのではないでしょうか。特別な料理には特別な飲み物を合わせたくなりますよね。そんなときにぴったりなのが、みんなで楽しめるノンアルコールドリンクです。この記事では、ソムリエ・利き酒師/株式会社ケトル女将の岩倉久恵さんと編集部が厳選したクリスマスノンアルコールドリンクのおすすめと選び方をランキングとともにご紹介します。


粉末アサイースムージーおすすめ9選|鉄分やポリフェノールが豊富【ダイエットに】

粉末アサイースムージーおすすめ9選|鉄分やポリフェノールが豊富【ダイエットに】

料理ライターの横川仁美さんへの取材をもとに、粉末アサイースムージーの選び方とおすすめの商品を厳選! 豊富な鉄分やポリフェノールで知られるアサイーを手軽に摂取できる、粉末アサイースムージー。記事の後半には、Yahoo!ショッピングでの人気売れ筋ランキングもあるので、ぜひチェックしてみてくださいね。


抹茶シロップおすすめ11選|かき氷・タピオカ・抹茶ラテなど多用途に使える!

抹茶シロップおすすめ11選|かき氷・タピオカ・抹茶ラテなど多用途に使える!

かき氷用や抹茶ラテなどに使われる抹茶シロップ。抹茶好きの方も、お家でカフェの味を再現したり楽しめる便利なアイテムのひとつです。ここでは、抹茶シロップの選び方と、フードコーディネーターの加治佐由香里さんと編集部が容量・素材別に厳選したおすすめ11選をご紹介します。お気に入りの抹茶シロップを買って、気軽に家でも抹茶メニューを楽しんでみましょう!


カフェラテベースおすすめ11選|無糖・カフェインレス・オーガニックも!

カフェラテベースおすすめ11選|無糖・カフェインレス・オーガニックも!

加糖や無糖、無添加、フレーバーの有無などさまざまな特徴があるカフェラテベース。作り方は超カンタン。オフィスやお家カフェなど、どこでも牛乳を注ぐだけ。おしゃれなセットもあるので、ギフトにもおすすめですよ。ここでは、フードスタイリスト・料理家の江口恵子さんと編集部が厳選したカフェラテベースのおすすめと選び方をご紹介します。後半には通販サイトの最新人気ランキングもありますので、売れ筋や口コミもチェックしてみてください。


ブルーベリードリンクのおすすめ12選【おいしくて栄養たっぷり!】無農薬栽培も

ブルーベリードリンクのおすすめ12選【おいしくて栄養たっぷり!】無農薬栽培も

豊富なアントシアニンが含まれ、目の疲れに効果的といわれているブルーベリー。生で食べるのももちろんおいしいですが、ドリンクにしても手軽にその栄養素を取ることができます。本記事では、インナービューティー料理研究家の國塩 亜矢子さんへの取材をもとに、ブルーベリードリンクの選び方とおすすめの商品をご紹介します! 着色料や保存料など添加物不使用の商品も厳選しました。Amazonの人気売れ筋ランキングもあわせて参考にしてくださいね!


関連するブランド・メーカー


SUNTORY(サントリー)

新着記事


フィッシンググローブおすすめ13選&ランキング【ダイワやシマノなど】

フィッシンググローブおすすめ13選&ランキング【ダイワやシマノなど】

ゴツゴツした岩場や魚の鋭いヒレや歯から手を守るフィッシンググローブ。岩場で釣りをする人であれば、一双は持っておきたいもの。手の保護だけでなく、夏の紫外線や冬の寒さからも守ってくれます。ここでは、ワイルドライフクリエーターの荒井裕介さんにお話をうかがい、フィッシンググローブの選び方とおすすめ商品、ランキングをご紹介。通販サイトランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミもチェックしてみてください。


シャッドルアーおすすめ11選|初心者向けに浮力や重心、浸水深度も解説

シャッドルアーおすすめ11選|初心者向けに浮力や重心、浸水深度も解説

ワイルドライフクリエーターで山岳写真家の荒井裕介さんへの取材をもとに、シャッドルアーのおすすめ商品をご紹介します。幅広いタイプのバスにアプローチできるのがメリットのシャッドルアー。テクニックと経験が必要なワームやラバージグとは違い、一定のスピードを保ちながら巻くだけで一定層をトレースできるため、初心者にも使いやすいアイテムです。選び方も解説しているのでぜひ参考にしてくださいね。


【プロ厳選】磁気枕おすすめランキング6選|首や肩のコリに効果的!

【プロ厳選】磁気枕おすすめランキング6選|首や肩のコリに効果的!

フィット感や医療機器認証の有無、清潔感を保てるかどうかなど、さまざまな特徴がある磁気枕。枕に埋め込まれている磁気によって、肩や首の凝りを軽減することができます。自分にあったものを選ぶと、毎日安心して眠ることができるもの。この記事では、磁気枕の選び方と暮らしコーディネーター・瀧本真奈美さんのおすすめランキングを紹介します。記事の後半には、枕の人気売れ筋ランキングもあるので、ぜひチェックしてみてくださいね。


釣り初心者入門セットおすすめ6選【魚・場所別に】ダイワやシマノなど人気メーカーも!

釣り初心者入門セットおすすめ6選【魚・場所別に】ダイワやシマノなど人気メーカーも!

入門セットの多くはショップのオリジナルセットで、釣り具メーカーが販売しているものはほとんどありません。それは、同じ魚を狙う場合でも、地域によってタックルが異なったり、釣り人の好みもあるからです。この記事では、フィッシングライターの田澤 晃さんにお話をうかがい、釣り初心者入門セットの選び方とおすすめ商品をご紹介。通販サイトランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミもチェックしてみてください。


【プロ厳選ランキング】釣り糸おすすめ11選|素材ごとの特徴を捉えた選び方と厳選アイテムをご紹介

【プロ厳選ランキング】釣り糸おすすめ11選|素材ごとの特徴を捉えた選び方と厳選アイテムをご紹介

近年は釣りのジャンルに関わらず、PEラインの使用率が高めですが、必ずしもPEラインが良いというわけではありません。キャッチ&リリースが前提の釣りには、魚を弱らせやすいPEラインは不向きです。また、特性上タックルや仕掛けに掛かる負荷も大きく、扱いを間違えるとリールのシャフトを曲げてしまったり、スナップなど接続金具が簡単に破損してしまうこともあります。この記事では、フィッシングライター/職業釣師の田澤 晃さんと編集部が選んだおすすめの商品をご紹介しています。


食品・ドリンクの人気記事


>>もっと見る