ぐんぐんグルトは本当に薄い? 悪い口コミをもとに検証してみました

ぐんぐんグルトは本当に薄い? 悪い口コミをもとに検証してみました

3種の乳酸菌入りでゴクゴク飲める「ぐんぐんグルト」。飲んだことがあるでしょうか? 試してみたくて口コミを見ても、なんだかイマイチわからない……と余計悩んでしまうこともありますよね。この記事では、ぐんぐんグルトの紹介から、悪い口コミの検証までしていきます。


ぐんぐんグルトを実際に購入して飲んでみました! 味や特徴が知りたい!

ぐんぐんグルトをコップに注ぐ

商品名の「ぐんぐん」から、背が伸びそう?子ども向け?というイメージもあるぐんぐんグルト。他の乳酸菌入り飲料「ビックル」「ヨービック」とどう違うのか、疑問を抱く人も多いのではないでしょうか。

「ヨービック」は比較的新しい商品ですが、「ぐんぐんグルト」や「ビックル」はもっと以前からあるイメージです。「ビックル」との違いが気になる人も多いのではないでしょうか?

実際に購入し、ぐんぐんグルトにしかない特徴や、味の違いを検証してみました!

ぐんぐんグルトとは? 実は男性にも人気のドリンク!

ぐんぐんグルトはアサヒ飲料より2003年に発売された乳性飲料(清涼飲料水)です。3種の乳酸菌入りでゴクゴク美味しく、ぐんぐん元気なイメージ。公式サイトを見ると、意外にも30代から50代の男性に人気なのだそうです。

以下、内容量や成分を見ていきましょう。

今回検証した商品:ぐんぐんグルト
種類別:清涼飲料水
内容量:500ml
成分:砂糖類(果糖ぶどう糖液糖、砂糖)、乳酸菌飲料、脱脂粉乳、たんぱく質濃縮ホエイパウダー/酸味料、安定剤(大豆多糖類)、香料、甘味料(アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物、アセスルファムK)
エネルギー:(100mlあたり)22kcal

乳酸菌の内容は、L.ブルガリカス菌、L.カゼイ菌、Sサーモフィラス菌の3種。その他にもカルシウムが入っているそうです。

100mlあたりのカロリーは、「ビックル」が45kcal、「ヨービック」が38kcalなのに対して、ぐんぐんグルトは22kaclと低い点にも注目です。

ぐんぐんグルトの口コミは? 悪い評判も?

ぐんぐんグルトの口コミ評判は?

ぐんぐんグルトの基本的な情報についてはわかりましたが、実際飲んでみた口コミはどのようなものが多いのでしょうか? 気になるものをまとめてみました。

ぐんぐんグルトのいい口コミ

カロリー控えめなのが意外で嬉しい、さっぱりしていてゴクゴク飲めるという意見が多かったです。また、甘みと酸味のバランスがいい、ヤクルトとカルピスを合わせたような味という声もみられました。乳酸菌とぶどう糖が手軽にとれて、お腹にもいいという声もありました。

ぐんぐんグルトの悪い口コミ

薄味、濃厚なものを期待して買ったのに薄くてがっかり……などの意見が多くありました。その他にも、甘ったるく口に残る、人工甘味料の後味が気になるといった声も。さっぱりしていて美味しいという声もある一方、薄すぎる・甘すぎるなどの声もあり、意見は分かれているようです。

ぐんぐんグルトを試してわかった伝えたい3つのポイント

今回はぐんぐんグルト含め、6商品の乳酸菌入りの飲料を購入し、飲み比べています。特に、ぐんぐんグルトと同じ清涼飲料水の部類に入っている「ビックル」と「ヨービック」との違いは気になるところ。

実際に飲んでみて、わかったポイントを3つにまとめました。

【ポイント】
1.パッケージでわかった「ぐんぐんグルトはヤクルトより薄い?」
2.口コミを検証してわかった「パンチの効いた酸味のすっきり感」
3.実際に向き合ってわかった「ぐんぐんグルトはゴクゴク飲める飲料」

ぐんぐんグルトとその他の商品

ぐんぐんグルトはどんな味がするのか、口コミでは人によって差があった、濃度や甘さについても実際に飲んで検証しました! 甘みや酸味、後味などさまざまな項目から評価しているのでぜひ参考にしてみてください。

1.「ぐんぐんグルトはヤクルトより薄い?」 パッケージでわかった

ぐんぐんグルト全体

よくない口コミ・いい口コミの両方を検証すべく、購入したのは500mlのぐんぐんグルト。のはずが、キャンペーンだったのか増量されて600mlのものが届きました!

パッケージの文字が右上がりで躍動感もあって、元気が出そうなデザインです!

ぐんぐんグルトのパッケージ|原材料など
ぐんぐんグルトのパッケージ|アレルゲン表示など

裏面を見てみると乳酸菌飲料ではなく、やはり「清涼飲料水」の文字が見えます。

「乳および乳製品の成分規格等に関する省令」において、乳酸菌飲料は以下のように定められています。
・無脂乳固形分が3.0%未満
・乳酸菌数または酵母数が(1mlあたり)100万以上
・大腸菌群→陰性

ちなみに、ヤクルトとピルクルは乳酸菌飲料よりもさらに濃度が高い「乳製品乳酸菌飲料」の部類に入ります。ぐんぐんグルトは、乳性飲料ですが清涼飲料水の部類に入っているため、ヤクルトやピルクルよりは無脂乳固形分や乳酸菌数などが薄めということがわかりますね。

では、味はどうでしょうか?

2.ぐんぐんグルトは「パンチの効いた酸味のすっきり感」 口コミを検証してわかった

ぐんぐんグルトをコップにそそぐ

ではさっそく、気になる味を検証すべく飲んでみました。口に入れた瞬間、甘みのあとにやってくるのは酸味。そのおかげか、甘ったるく感じることはなかったです。すっきりと後味よく、甘いけれど飲みやすいといった印象です。

それぞれ項目ごとに、その他の5商品と比較しながらみていきます。

甘さはあるけれどすっきり!?

甘さは、いちばん甘く感じた「ビックル」と「ヤクルト」と比べるとやや弱めです。「ビックル」と同じくらいかなとも思いましたが、ぐんぐんグルトのほうが甘みがスッと消えていくところがありました。しかし、比較しなければしっかり甘く感じます。

人工甘味料は、アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物、アセスルファムK、と2種類が入っていますが、実際に飲んでみても、それらは特に気になりませんでした。

他商品の人工甘味料は「ビックル」には1種類、「ヨービック」には2種類、「ヤクルト」「ピルクル」「マミー」には入っていません。6商品のなかでは、使っている人工甘味料の種類が多いほうではあるため、敏感な人は気になってしまうのかもしれません。

酸味は強めでパンチがある

酸味は6商品のなかで強いほうに入ると感じました。口に含むと、甘みの後に酸味がやってきます。

特に酸味よりミルク感のある甘みが特徴の「ビックル」と比べると、酸味の強さが際立ちました。この酸味が、すっきり感に繋がる要素のひとつだと感じました。

香りの強さは中間

香りの強さは、他の商品と比較すると高くもなく低くもない中間の評価です。ミルクの香りが強い「ビックル」に比べると、爽やかな香りに感じました。

後味は特に気にならない程度

酸味でパンチを効かせておいて、スッと消えていく後味のよさは、他の商品と比べてもダントツです! 砂糖より人工甘味料のほうが後味がわるいという情報もあり、口コミには人工甘味料の味が口の中に残るといった声もありましたが、実際に飲んでみるとそこまで甘さが残る印象はなかったです。

濃度は比較すると少し低め

他の商品と比べて、濃度は低めに感じました。口コミにあった「薄い」という意見もわかりますが、おそらくヤクルトのようなものをイメージしていると薄く感じてしまうこともあるようです。しっかり濃厚なものを求めている人には物足りないかもしれませんね。

しかし、薄さが特に気になるというわけではなく、ヤクルトなどの比較対象がなければ、乳酸菌入り飲料特有の濃厚さを感じることができると思います。

爽やかさがしっかり感じられた!

爽やかさをいちばん感じた「ヨービック」よりは低いですが、負けず劣らずといった印象です。「ヨービック」のヨーグルト風味の爽やかさにはおよびませんでしたが、後味がよく、酸味があるので爽やかさは高いほうだと感じました。

3.「ぐんぐんグルトはゴクゴク飲める飲料」 実際に向き合ってわかった!

人によっては薄く感じる、人工甘味料が気になるなど、注意点もありましたが、仕事のあとなどにコンビニで買って外でグッと飲み、また外回りに戻る!といったアクティブに動く時にもよさそうなぐんぐんグルト。

乳酸菌入り飲料はずっと口に残るイメージがあって、なかなか外では飲みたいという気分にならないですが、ぐんぐんグルトなら外でも飲みたいと思うようなすっきり感があります。さっぱりしていて、カロリーも控えめ。ゴクゴク飲めてしまう乳酸菌入り飲料といえるのではないでしょうか。

ぐんぐんグルトはヨーグルトアイスにぴったり! かんたんレシピを紹介

ぐんぐんグルトとヨーグルト

酸味のパンチと爽やかさで、「きっとヨーグルトに合う!」と確信し、ぐんぐんグルトでヨーグルトアイスを作ってみることにしました。

<ぐんぐんヨーグルトアイスのレシピ>>

●用意するもの
無糖ヨーグルト 50g
ぐんぐんグルト 大さじ3
※甘さ控えめの仕上がりです。

●手順
以下の写真を参考にしてください。

ヨーグルトとはかり

①はかりでヨーグルトを50g量ります。

ぐんぐんヨーグルト大さじとヨーグルト

②大さじ3杯のぐんぐんグルトを入れてよくかき混ぜます。

ぐんぐんグルト入りヨーグルト

③こんな感じで混ざりあったらOKです。

ぐんぐんグルトアイス完成

④しっかり蓋をして、冷凍庫でだいだい1時間半程度凍らせるだけ!シャリシャリとした触感になっていれば完成です!

ぐんぐんグルトアイスとスプーン

ぐんぐんグルトがヨーグルトを爽やかに引き立てています。美味しく食べながらヨーグルトのタンパク質が摂ることができます。ぐんぐんグルトの乳酸菌もプラスされるのでさらに嬉しいデザートではないでしょうか。

簡単で誰でも挑戦しやすいレシピなので、一人暮らしの人やお子さんと一緒にでも挑戦しやすいですね。休日のおやつや、お風呂上がりのデザートとしてぜひ作ってみてはいかがでしょうか。

アサヒ飲料『ぐんぐんグルト 3種の乳酸菌 500mL×24本』

ぐんぐんグルト3種の乳酸菌500ml×24本 ぐんぐんグルト3種の乳酸菌500ml×24本 ぐんぐんグルト3種の乳酸菌500ml×24本 ぐんぐんグルト3種の乳酸菌500ml×24本

出典:Amazon

内容量 280、500、600、1,500mL
賞味期限 9カ月
保存方法 常温(開封後要冷蔵)
アレルゲン表示 乳、大豆

ぐんぐんグルトのレーダーチャート

ぐんぐんグルトを試した感想をチャートにしてみました。
※執筆者の主観を数値化したものです。

気分転換したい時に飲みたいぐんぐんグルト!

ぐんぐんグルトを実際に試してみて、甘みと酸味のパンチが強く、また、爽やかなこともわかりました。

味覚は人によって違うので意見が分かれていましたが、他の商品と比較するとさっぱりしていると感じました。

・平日、仕事中や終わった後に元気な気分になりたいとき
・カロリーを気にせずゴクゴクたくさん飲みたいとき
・気分転換してアクティブに動きたいとき


などにぴったりの商品だといえます。

500mlや増量600mlの他にも1.5Lのたっぷり飲めるサイズもあります。また、大きいボトルだけではなく、280mlボトルもあるので興味のある人は気軽に試してみてはいかがでしょうか。

ぐんぐんグルトと合わせて読んでおきたい記事 【関連記事】

※紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。写真の見え方により、色味などが実際のものと多少異なる場合があります。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更していたり、製造・販売が中止されている場合があります。

(制作協力:丹羽、掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


クリスマスノンアルコールドリンクおすすめ16選&ランキング|シャンメリーも

クリスマスノンアルコールドリンクおすすめ16選&ランキング|シャンメリーも

クリスマスには特別な料理を食べるという人が多いのではないでしょうか。特別な料理には特別な飲み物を合わせたくなりますよね。そんなときにぴったりなのが、みんなで楽しめるノンアルコールドリンクです。この記事では、ソムリエ・利き酒師/株式会社ケトル女将の岩倉久恵さんと編集部が厳選したクリスマスノンアルコールドリンクのおすすめと選び方をランキングとともにご紹介します。


粉末アサイースムージーおすすめ9選|鉄分やポリフェノールが豊富【ダイエットに】

粉末アサイースムージーおすすめ9選|鉄分やポリフェノールが豊富【ダイエットに】

料理ライターの横川仁美さんへの取材をもとに、粉末アサイースムージーの選び方とおすすめの商品を厳選! 豊富な鉄分やポリフェノールで知られるアサイーを手軽に摂取できる、粉末アサイースムージー。記事の後半には、Yahoo!ショッピングでの人気売れ筋ランキングもあるので、ぜひチェックしてみてくださいね。


抹茶シロップおすすめ11選|かき氷・タピオカ・抹茶ラテなど多用途に使える!

抹茶シロップおすすめ11選|かき氷・タピオカ・抹茶ラテなど多用途に使える!

かき氷用や抹茶ラテなどに使われる抹茶シロップ。抹茶好きの方も、お家でカフェの味を再現したり楽しめる便利なアイテムのひとつです。ここでは、抹茶シロップの選び方と、フードコーディネーターの加治佐由香里さんと編集部が容量・素材別に厳選したおすすめ11選をご紹介します。お気に入りの抹茶シロップを買って、気軽に家でも抹茶メニューを楽しんでみましょう!


カフェラテベースおすすめ11選|無糖・カフェインレス・オーガニックも!

カフェラテベースおすすめ11選|無糖・カフェインレス・オーガニックも!

加糖や無糖、無添加、フレーバーの有無などさまざまな特徴があるカフェラテベース。作り方は超カンタン。オフィスやお家カフェなど、どこでも牛乳を注ぐだけ。おしゃれなセットもあるので、ギフトにもおすすめですよ。ここでは、フードスタイリスト・料理家の江口恵子さんと編集部が厳選したカフェラテベースのおすすめと選び方をご紹介します。後半には通販サイトの最新人気ランキングもありますので、売れ筋や口コミもチェックしてみてください。


ブルーベリードリンクのおすすめ12選【おいしくて栄養たっぷり!】無農薬栽培も

ブルーベリードリンクのおすすめ12選【おいしくて栄養たっぷり!】無農薬栽培も

豊富なアントシアニンが含まれ、目の疲れに効果的といわれているブルーベリー。生で食べるのももちろんおいしいですが、ドリンクにしても手軽にその栄養素を取ることができます。本記事では、インナービューティー料理研究家の國塩 亜矢子さんへの取材をもとに、ブルーベリードリンクの選び方とおすすめの商品をご紹介します! 着色料や保存料など添加物不使用の商品も厳選しました。Amazonの人気売れ筋ランキングもあわせて参考にしてくださいね!


新着記事


フィッシンググローブおすすめ13選&ランキング【ダイワやシマノなど】

フィッシンググローブおすすめ13選&ランキング【ダイワやシマノなど】

ゴツゴツした岩場や魚の鋭いヒレや歯から手を守るフィッシンググローブ。岩場で釣りをする人であれば、一双は持っておきたいもの。手の保護だけでなく、夏の紫外線や冬の寒さからも守ってくれます。ここでは、ワイルドライフクリエーターの荒井裕介さんにお話をうかがい、フィッシンググローブの選び方とおすすめ商品、ランキングをご紹介。通販サイトランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミもチェックしてみてください。


シャッドルアーおすすめ11選|初心者向けに浮力や重心、浸水深度も解説

シャッドルアーおすすめ11選|初心者向けに浮力や重心、浸水深度も解説

ワイルドライフクリエーターで山岳写真家の荒井裕介さんへの取材をもとに、シャッドルアーのおすすめ商品をご紹介します。幅広いタイプのバスにアプローチできるのがメリットのシャッドルアー。テクニックと経験が必要なワームやラバージグとは違い、一定のスピードを保ちながら巻くだけで一定層をトレースできるため、初心者にも使いやすいアイテムです。選び方も解説しているのでぜひ参考にしてくださいね。


【プロ厳選】磁気枕おすすめランキング6選|首や肩のコリに効果的!

【プロ厳選】磁気枕おすすめランキング6選|首や肩のコリに効果的!

フィット感や医療機器認証の有無、清潔感を保てるかどうかなど、さまざまな特徴がある磁気枕。枕に埋め込まれている磁気によって、肩や首の凝りを軽減することができます。自分にあったものを選ぶと、毎日安心して眠ることができるもの。この記事では、磁気枕の選び方と暮らしコーディネーター・瀧本真奈美さんのおすすめランキングを紹介します。記事の後半には、枕の人気売れ筋ランキングもあるので、ぜひチェックしてみてくださいね。


釣り初心者入門セットおすすめ6選【魚・場所別に】ダイワやシマノなど人気メーカーも!

釣り初心者入門セットおすすめ6選【魚・場所別に】ダイワやシマノなど人気メーカーも!

入門セットの多くはショップのオリジナルセットで、釣り具メーカーが販売しているものはほとんどありません。それは、同じ魚を狙う場合でも、地域によってタックルが異なったり、釣り人の好みもあるからです。この記事では、フィッシングライターの田澤 晃さんにお話をうかがい、釣り初心者入門セットの選び方とおすすめ商品をご紹介。通販サイトランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミもチェックしてみてください。


【プロ厳選ランキング】釣り糸おすすめ11選|素材ごとの特徴を捉えた選び方と厳選アイテムをご紹介

【プロ厳選ランキング】釣り糸おすすめ11選|素材ごとの特徴を捉えた選び方と厳選アイテムをご紹介

近年は釣りのジャンルに関わらず、PEラインの使用率が高めですが、必ずしもPEラインが良いというわけではありません。キャッチ&リリースが前提の釣りには、魚を弱らせやすいPEラインは不向きです。また、特性上タックルや仕掛けに掛かる負荷も大きく、扱いを間違えるとリールのシャフトを曲げてしまったり、スナップなど接続金具が簡単に破損してしまうこともあります。この記事では、フィッシングライター/職業釣師の田澤 晃さんと編集部が選んだおすすめの商品をご紹介しています。


食品・ドリンクの人気記事


>>もっと見る