ユニ アルファゲルは疲れにくい&集中が続く! グリップのかたさのちがいも試して検証

ユニ アルファゲルは疲れにくい&集中が続く! グリップのかたさのちがいも試して検証

『ユニ アルファゲル』は、三菱鉛筆が販売する握りやすさを追求したシャーペンです。やわらかなゲルグリップは疲れにくく、たくさん文字を書くひとにはぴったりのアイテム。集中力維持にも効果が期待できます。今回は、『ユニ アルファゲル』を実際に試したレビューをご紹介していきます。3種類ラインナップされたグリップのかたさも、すべて試して使い心地を比較。『ユニ アルファゲル』に興味があるひとや、どのかたさのグリップにするか悩んでいるひとは、ぜひ記事を読んで購入の際の参考にしてくださいね。


ユニ アルファゲルを購入して実際に試してみました

ユニアルファゲル3種

学生にとって、シャーペンは一日のうちの長い時間使用するメインアイテム。握りやすく、疲れにくい快適な握り心地のシャーペンを求めているという方も多いでしょう。

『ユニ アルファゲル』は、やわらかなゲルグリップを採用し、握りやすさにこだわってつくられたシャーペンです。快適な握り心地は疲れにくさにつながり、三菱鉛筆社が筆記中の脳活動を測定した実験結果によると、集中力持続にも効果があることがわかっています。(三菱鉛筆HPより)

さらに、グリップのかたさが好みに合わせて3種類から選べるのも魅力。がんばる学生の力強い味方になってくれる商品です。

しかし、長時間使うときの一本を選ぶなら、書きやすさのほかにもなにかデメリットがないかも気になりますよね。グリップも、どのかたさを選べばいいのか悩みます。

そこで今回は、『ユニ アルファゲル』のなかからラインナップされている「かため」、「ややかため実用系タイプ」、「やわらかめ癒し系タイプ」3種類すべてを購入し、実際に試してみました。

ユニ アルファゲルとは 公式サイトの情報などを調査

『ユニ アルファゲル』は、三菱鉛筆から販売される、集中力を維持することをコンセプトにしたシャーペンです。まずは『ユニ アルファゲル』がどんな商品かくわしく見ていきましょう。

握りやすさを追求したやわらかゲルグリップ

『ユニ アルファゲル』のグリップには、やわらかく弾力性のあるゲル状素材「アルファゲル」が使用されています。わずか2cm厚のシートのうえにビル6階から生卵を落としても割ることなく静止させるほどの高い衝撃吸収力をもつ、といわれている素材。
すぐれたフィット感と握りやすさをもたらし、疲れにくいのが特徴です。

振って芯が出る「シャカシャカ機構」はロックも可能

ペンを振ると芯が出てくる「シャカシャカ機構」を搭載。芯を出すためにペンを持ち替える必要がなく、筆記の手をとめずに書き続けることができます。

さらに、芯が勝手に出てこないようロックをすることも可能。意図せず芯が出てペンケースの内側を汚す心配がなく、安心して携帯できます。

グリップのかたさは選べる3種類!

グリップのかたさはひとによって好みが異なるもの。握りはじめはアルファゲル特有のやわらかさで、筆記中は握った際の安定感を保てる高反発のかためグリップなど、好みの握り心地のグリップを選べるのも特徴です。ラインナップは、「かため」、「ややかため実用系」、「やわらかめ癒し系」の3種類。

ユニ アルファゲルの口コミ・評判は? SNSやECサイトでの評価を調査

ユニアルファゲル口コミ

『ユニ アルファゲル』は実際に使っているユーザーからどのような評価を得ているのでしょうか。インターネットで口コミや評判を調べてみました。

疲れにくい・持ちやすいとグリップが好評

グリップの握り心地を肯定的に評価する口コミが多数見られました。かため・ややかため・やわらかめ3種類どのかたさも疲れにくいと好評なようです。

とくに、シャーペンを長時間使うひとや強く握るひと、ペンだこで悩むひとから負担の少なさを喜ぶ声が聞かれました。

なかにはイマイチな口コミも

グリップのやわらかさに関しては、やや否定的な声も。やわらかめモデルだけでなく、ややかためモデルを使用したユーザーからも、もう少しかたい方がよかったという意見が聞かれました。

また、シャカシャカ機構をロックした状態だと芯が引っ込んで筆記できない点が不満という声も。

ユニ アルファゲルを試してわかったメリット・デメリット 体験レビュー

ここからは、『ユニ アルファゲル』を購入し、実際に試したレビューをご紹介していきます。

デザイン・持ちやすさ・書きやすさ・芯の折れにくさの4項目に焦点を当てて検証。ラインナップされたかたさも3種類すべて用意し、それぞれのちがいも比較しました。

【デザイン】自慢のグリップが存在感を発揮

ユニアルファゲル本体

まずはデザインからチェックしていきましょう。軸はシャーペンのなかでは太めの仕様。軸の中央のキュッとすぼんだ部分の下は全部ゲルグリップで、やや高い位置を持つひともしっかりグリップのうえを握ることができます。

ただし、このグリップはホコリや筆記したペンの跡がつきやすいのが難点。ペンのなかでも目立つ部分の汚れなので、使っていて気になってしまうかもしれません。

ユニアルファゲルグリップ汚れ

白のグリップは芯による汚れ、黒など濃い色のグリップはホコリが目立ちます。

長時間でも負担にならない持ち心地

ユニアルファゲル持ち心地

『ユニ アルファゲル』の本体重量は約17g。手に持つとやや重みを感じるものの、シャカシャカ機構のための内部のおもりがペン先に重心を傾けてくれるため、負担なく持っていられます。

太軸で比較的軽く握って扱えるのもうれしいポイント。また、ラインナップされたどのかたさのグリップもしっかりとしたクッション性があり、強く握る場合でも指が痛くなりません。

実際にノートにびっしりと文字を書いてみましたが、ペンが当たる部分に痛みを感じることはなく、疲れにくいと感じました。これなら受験勉強などで長時間使うひとでも、痛みや疲労に悩まされることなく集中して筆記できそうです。

安定感も考慮してかたさは慎重に選ぼう タイプごとの持ち心地は?

『ユニ アルファゲル』は、グリップのかたさが選べるのも魅力のひとつ。やわらかめ癒し系タイプ、ややかため実用系タイプ、かための3つのラインナップがあります。

クッション性があるグリップは触り心地がよく、指への負担軽減に役立ちますが、やわらかくなるほど握った際の安定感は低くなるので注意が必要。グリップのかたさはよく考えて選ばなくてはなりません。実際に手に持ってタイプごとの持ち心地をくらべてみました。

「やわらかめ」はふんわり癒し系の持ち心地

ユニアルファゲルやわらかめ

「やわらかめ癒し系タイプ」は、ふわふわという表現がぴったりなやさしい持ち心地。筆記具というより癒し系グッズにありそうな感触で、講義中などに話を聞きながら思わずプニプニと触ってしまいそうです。これならすでにペンだこができていても、刺激にならずに持てるでしょう。

ただし、指先に力を入れて筆記しようとすると、ゲルグリップをつまむような感じになってしまうのが難点。しっかり握って書きたいひとには不向きです。

「ややかため」は思った以上にやわらかい

ユニアルファゲルややかため

中間の「ややかため実用系タイプ」でもグリップにはかなり弾力性があり、指で押すとしっかりグリップが凹みます。『ユニ アルファゲル』のやわらかめにくらべればかたいものの、一般的なソフトグリップと比較するとじゅうぶんやわらか

ほどよいクッション性をもとめてややかためを選ぶと、やわらかすぎると感じそうです。

「かため」でも弾力性じゅうぶん

ユニアルファゲルかため

一番かたい「かため」タイプでもしっかりとしたクッション性があり、強く握っても軸のかたさが指に響きません。握りこむとややグリップが凹むものの大きく形状が変わらず、持ったときの安定感も良好。指先への負担を軽減しつつ、安定感も損ないたくないというときにちょうどいいバランスが取れたモデルです。

よほどペンだこに悩んでいるのでなければ、かためタイプでもじゅうぶん快適に使用できるでしょう。

ユニ アルファゲルの書きやすさは?

つぎは書きやすさについて見ていきましょう。グリップのかたさのちがいが筆記に影響を与えるのかや、振って芯が出るシャカシャカ機構が書きやすさにつながるかどうかも検証していきます。

グリップのかたさは書きやすさにも影響

ユニアルファゲル書きやすさ

実際に文字を書いて書き心地を確かめてみました。本体のほどよい重さのおかげでなめらかに動かすことができ、力を込めなくてもハッキリ濃く書くことができました。

しかし、グリップがやわらかいためやや筆記の安定性に欠ける印象。とくに、「やわらかめ」や「ややかため」のグリップで小さい文字を書こうとすると、指先に力が入ってグリップがゆがんでしまい、書きにくく感じました。

「かため」であれば力を入れても比較的安定感があり、それほどブレを気にせず書くことができそうです。

シャカシャカ機構の使い心地は良好!

振って芯が出るシャカシャカ機構は、ペンを持ち替えずに芯が出せて便利。とくに連続で文字を書き続けるシーンで重宝します。実際に試してみると、わりと軽めに振っても芯が出てきました

大きなモーションがいらず、集中を途切れさせることなくスムーズに筆記が続けられそうです。振って芯が出る機能のなかでは音もひかえめ。ひとが多い場所でも気にせず使用できるでしょう。

また、ノックで芯を出すことも可能。シャカシャカに慣れていないひとでも安心です。その際のノックはさいごまでしっかり押し込まず、カチカチと軽めに行ないます。

シャカシャカ機構はロックできて便利! しかし、やや残念な点も

ユニアルファゲルノック部

『ユニ アルファゲル』は、ノック部をボールペンを使うときのようにさいごまでカチッと押し込むとシャカシャカ機構をロックできるので便利です。試しにロックした状態で走ったりジャンプしたりして振動を与えてみましたが、芯が出ることはありませんでした。これなら思いがけず芯が出てしまうことなく快適に持ち運べますね。

ただし、シャカシャカ機構をロックした状態でもおもりが大きく動き、カチャカチャという音を止めることができないのが惜しいところ。

また、ロックしたままの状態で筆記できないのも残念です。芯を出した状態でロックしても、筆記しようとするとパイプに芯が引っ込んで書くことができません。万が一シャカシャカ機構が気に入らなかった場合、機能が邪魔に感じてしまいそうです。

芯の折れにくさに大きな特徴はなし

シャーペンを使っていて芯が折れると、ストレスを感じ集中も途切れてしまいます。芯が折れにくいことを特徴にした商品も販売されていますが、『ユニ アルファゲル』の芯の折れにくさにはなにか特徴があるのでしょうか?

実際に、筆記したり力を加えたりして芯の折れにくさを検証してみましたが、とくに折れやすくも折れにくくもありませんでした。残念ながら、芯の折れにくさに関して大きな特徴はなさそうです。

三菱鉛筆『ユニ アルファゲル<シャカシャカ機構搭載モデル:やわらかめ癒し系タイプ>』

三菱鉛筆シャープペンユニアルファゲルやわらかめ0.5ローズピンクM5617GG1P.66 三菱鉛筆シャープペンユニアルファゲルやわらかめ0.5ローズピンクM5617GG1P.66 三菱鉛筆シャープペンユニアルファゲルやわらかめ0.5ローズピンクM5617GG1P.66 三菱鉛筆シャープペンユニアルファゲルやわらかめ0.5ローズピンクM5617GG1P.66 三菱鉛筆シャープペンユニアルファゲルやわらかめ0.5ローズピンクM5617GG1P.66 三菱鉛筆シャープペンユニアルファゲルやわらかめ0.5ローズピンクM5617GG1P.66

出典:Amazon

サイズ 軸径13.6×厚さ15.9×全長144.6mm
芯径 0.5mm
重量 17.4g
本体カラー ホワイト、ブラック、ロイヤルブルー、ローズピンク、オレンジ、イエローグリーン

三菱鉛筆『ユニ アルファゲル<シャカシャカ機構搭載モデル:ややかため実用系タイプ>』

三菱鉛筆シャープペンユニアルファゲルややかため0.5ブラックM5618GG1P.24 三菱鉛筆シャープペンユニアルファゲルややかため0.5ブラックM5618GG1P.24 三菱鉛筆シャープペンユニアルファゲルややかため0.5ブラックM5618GG1P.24 三菱鉛筆シャープペンユニアルファゲルややかため0.5ブラックM5618GG1P.24 三菱鉛筆シャープペンユニアルファゲルややかため0.5ブラックM5618GG1P.24 三菱鉛筆シャープペンユニアルファゲルややかため0.5ブラックM5618GG1P.24

出典:Amazon

サイズ 軸径13.6×厚さ15.9×全長144.6mm
芯径 0.5mm
重量 17.4g
本体カラー ブラック、ロイヤルブルー、ローズピンク、クロムオレンジ、クロムグリーン、クロムライトブルー、クロムピンク、クロムレッド ほか

三菱鉛筆『ユニ アルファゲル<シャカシャカ機構搭載モデル:かため>』

三菱鉛筆シャープペンユニアルファゲルかため0.5ホワイトM5619GG1P.1 三菱鉛筆シャープペンユニアルファゲルかため0.5ホワイトM5619GG1P.1 三菱鉛筆シャープペンユニアルファゲルかため0.5ホワイトM5619GG1P.1 三菱鉛筆シャープペンユニアルファゲルかため0.5ホワイトM5619GG1P.1 三菱鉛筆シャープペンユニアルファゲルかため0.5ホワイトM5619GG1P.1 三菱鉛筆シャープペンユニアルファゲルかため0.5ホワイトM5619GG1P.1 三菱鉛筆シャープペンユニアルファゲルかため0.5ホワイトM5619GG1P.1

出典:Amazon

サイズ 軸径13.6×厚さ15.9×全長144.6mm
芯径 0.5mm
重量 17.4g
本体カラー ホワイト、ネイビー

自分に合うグリップのかたさを選んで活用しよう 【レビュー総括】集中が続く魅力的な機能!

ユニアルファゲルチャート

ユニ アルファゲルを試した感想をチャートにしてみました。
※執筆者の主観を数値化したものです。

『ユニ アルファゲル』はすぐれたクッション性を持つ、指にやさしい商品でした。長時間シャーペンを使い続けなくてはならない場合でも、指の痛みに悩むことなく集中して筆記を続けられます

振って芯が出るシャカシャカ機構の使い心地も良好。集中を途切れさせたくないシーンでも、スムーズに文字を書き続けることができます。受験生の方など、長い時間シャーペンを手に頑張らなくてはならないひとにとって、きっと大きな力になってくれるでしょう。

好みに合わせてグリップのかたさを選べるのもうれしいポイント。ただし、やわらかすぎると握った際の安定感や筆記の安定性がやや損なわれるため、グリップのかたさは慎重に選びましょう。「かため」でもじゅうぶん弾力性があり、指先の痛み軽減に役立ちます。ペンだこにひどく悩んでいる場合や、握ったときの癒しを求めるなら「やわらかめ」を選んでもいいですね。

今回ご紹介した『ユニ アルファゲル』は太軸のモデルですが、細軸が好みであればスリムタイプも販売されています。手帳にも挟みやすく、携帯性にも便利です。

やさしい握り心地で集中が続く『ユニ アルファゲル』をあなたもぜひ試してみてくださいね!

三菱鉛筆『ユニ アルファゲル<スリムタイプ:やわらかめ>』

三菱鉛筆シャープペンユニアルファゲルスリム0.5イエローグリーンM5807GG1P.5 三菱鉛筆シャープペンユニアルファゲルスリム0.5イエローグリーンM5807GG1P.5 三菱鉛筆シャープペンユニアルファゲルスリム0.5イエローグリーンM5807GG1P.5 三菱鉛筆シャープペンユニアルファゲルスリム0.5イエローグリーンM5807GG1P.5 三菱鉛筆シャープペンユニアルファゲルスリム0.5イエローグリーンM5807GG1P.5 三菱鉛筆シャープペンユニアルファゲルスリム0.5イエローグリーンM5807GG1P.5

出典:Amazon

サイズ 軸径10.8×厚さ14.3×全長146.8mm
芯径 0.3mm、0.5mm
重量 13.5g
本体カラー ホワイト、ブラック、ロイヤルブルー、ローズピンク、オレンジ、イエローグリーン、ホワイトブルー、ホワイトピンク ほか

三菱鉛筆『ユニ アルファゲル<スリムタイプ:かため>』

三菱鉛筆シャープペンユニアルファゲルスリムかため0.5ネイビーM5809GG1P.9 三菱鉛筆シャープペンユニアルファゲルスリムかため0.5ネイビーM5809GG1P.9 三菱鉛筆シャープペンユニアルファゲルスリムかため0.5ネイビーM5809GG1P.9 三菱鉛筆シャープペンユニアルファゲルスリムかため0.5ネイビーM5809GG1P.9 三菱鉛筆シャープペンユニアルファゲルスリムかため0.5ネイビーM5809GG1P.9 三菱鉛筆シャープペンユニアルファゲルスリムかため0.5ネイビーM5809GG1P.9 三菱鉛筆シャープペンユニアルファゲルスリムかため0.5ネイビーM5809GG1P.9

出典:Amazon

サイズ 軸径10.8×厚さ14.3×全長146.8mm
芯径 0.5mm
重量 13.5g
本体カラー ホワイト、ネイビー

そのほかのシャープペンの記事はこちら 【関連記事】

※紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。写真の見え方により、色味などが実際のものと多少異なる場合があります。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

(制作協力:高野、掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


オレンズネロを使って検証! 価格以上の価値があるシャーペンか試してみた

オレンズネロを使って検証! 価格以上の価値があるシャーペンか試してみた

「オレンズネロ」は、ぺんてるから販売されている細芯用のシャーペン。芯が折れやすい・芯がすぐに摩耗して頻繁にノックしないといけないという細芯ユーザーにありがちな悩みに対応した画期的なアイテムです。しかし、シャーペンのなかでは高価なので、購入前にしっかり実力を知っておきたいという方も多いでしょう。今回はオレンズネロを実際に購入し、試して使い心地を検証してみました。使ってわかった魅力や、気になるポイントも紹介していくので、ぜひ参考にしてくださいね!


愛着がわくシャーペン! 「S20(エストゥエンティ)」木軸がもたらす魅力を検証レビュー

愛着がわくシャーペン! 「S20(エストゥエンティ)」木軸がもたらす魅力を検証レビュー

パイロットコーポレーションから販売されている『S20(エストゥエンティ)』は、木軸のシャーペン。木の質感やうつくしい木目で高級感があり、使い込むほどに風合いが増してくるのが魅力です。また、製図用にも使える本格派で書きやすいのもうれしいポイント。長く愛用できるシャーペンを求めている方や、プレゼント用にちょっとおしゃれなシャーペンを探している方にぜひ注目してほしいアイテムです。本記事では、『エストゥエンティ』を実際に使ったレビューをご紹介していきます。使ってみないと分からない使用感もしっかりチェックしていくので、ぜひ記事を読んで、あなたのシャーペン選びに役立ててくださいね!


0.3mmシャーペンおすすめ19選【本当に書きやすい!】おしゃれなデザインも

0.3mmシャーペンおすすめ19選【本当に書きやすい!】おしゃれなデザインも

芯が細い0.3mmのシャーペン(シャープペンシル)は、種類が少なく価格も高めですが、製図用にも使われスタイリッシュなデザインが魅力。この記事では、0.3mmシャーペンの選び方とおすすめの商品を紹介! 人気のドクターグリップやクルトガはもちろん、かわいいデザインの商品もピックアップ。また、教育・受験指導専門家の西村 創さんおすすめの商品もご紹介します。記事の最後には、Amazonなど通販サイトの最新人気ランキングも載せているので、売れ筋や口コミもあわせてチェックしてみてください。


多機能ペンのおすすめ18選|人気のジェットストリームや高級多機能ペンも!

多機能ペンのおすすめ18選|人気のジェットストリームや高級多機能ペンも!

1本で2役以上の機能をもつ「多機能ボールペン」。ペンを何本も持ち歩く必要がなく、書くときにもわざわざペンを交換する必要がありません。この記事では、多機能ペンの選び方とおすすめ商品をご紹介します。プレゼントにおすすめな高級感のある商品や、細身で持ちやすいタイプなどもあります。記事後半では、amazonなど通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミもぜひ参考にしてください。


強い筆圧でも芯が折れない!『オ・レーヌ シールド』の使い心地を検証レビュー

強い筆圧でも芯が折れない!『オ・レーヌ シールド』の使い心地を検証レビュー

『オ・レーヌ シールド』は、芯を支える軸の構造を見直したことで、一般のシャープペンより15倍も芯が折れにくい商品です。そのため、筆圧が強く、仕方なく鉛筆を使っていた人や、頻繁に芯が折れないよう力をセーブして使っていた人のあいだで「ストレスが減った」と話題になっています。芯が折れにくいことを謳っている商品はほかにもあるため、『オ・レーヌ シールド』がどれほど折れないのか気になるところ。本記事では『オ・レーヌ シールド』を実際に購入し、機能性について検証してみました。新しいシャープペンを探している人はぜひ一度読んでみてください。


関連するブランド・メーカー


三菱鉛筆

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、安心・べんりなお買い物サポートメディアです。知識豊富なエキスパートがあなたの欲しいモノ、商品の選び方、情報を解説してサポート。ユーザーアンケートや人気ランキングなど、役に立つ情報で満足いくお買い物を「ナビ」します。