チョコとクッキーが絶妙にマッチ!『ブランチュール』は実際に食べたら止まらないおいしさ? 検証レビュー

チョコとクッキーが絶妙にマッチ!『ブランチュール』は実際に食べたら止まらないおいしさ? 検証レビュー

ブルボンから発売されている『ブランチュール』。白を基調とした上品なパッケージには商品の写真が並び、甘すぎず美味しそうな印象です。インターネット上での評判を確認すると良い評価が多くありますが、そのレビューの真相は分かりません。そこで、実際に『ブランチュール』を購入し、実際に食べてみることで検証しました。ラングドシャクッキー好きの方は、ぜひご覧ください。


ブランチュールを購入してみました

ブランチュールパッケージ

数あるラングドシャクッキーの中でも今回はブルボンから販売されている『ブランチュール』を購入してみました。

さっくりとしたラングドシャクッキーと上品な甘さのチョコレートをサンドしたあの味わいを、急に食べたくなるという方も多いのではないでしょうか?

甘すぎずおいしいと評価の高い『ブランチュール』。ティータイムのお供に是非ともチェックしておきたい一品です。

味や見た目のレビューだけでなく、口コミや評判についてもいくつか紹介します。

ブランチュールとはどんなお菓子? 公式サイトの情報などを調査

『ブランチュール』は、1924年(大正13年)「北日本製菓」として創業したブルボンのヒット作。

ブルボンはそのほかにも代表作として「ルマンド」や「アルフォート」などの多くのヒット作を世に生み出しており、お菓子メーカーの大手企業です。

『ブランチュール』は、ホワイトチョコやミルクチョコが上品な甘さを引き出しています。

原材料名には砂糖や小麦粉、液卵白、ショートニング、マーガリン、ココアバターなどを使用。

今回購入したファミリーサイズの内容量は20個入りで、その内訳はホワイトチョコが10個、ミルクチョコが10個です。それぞれの写真がパッケージに印刷されています。

ブランチュールの口コミやその評価は? SNSやECサイトでの評価を調査

ブランチュール口コミ

『ブランチュール』の口コミや評判を調べてみました。多くの方がポジティブな評価をしている印象です。

ここでは、ポジティブな口コミはもちろん、ネガティブな口コミも紹介します。

ブランチュールについてのポジティブな口コミ

チョコが美味しいのはもちろんのこと、やはりラングドシャクッキーの食感について高い評価が多くありました。中には「ファミリーパックを購入してもすぐに1人で食べてしまう」という方も。

個包装してあるので家族や友人とシェアしやすく、職場や学校で配るのに便利な『ブランチュール』が人気なのも理解できます。

ブランチュールについてのネガティブな口コミ

『ブランチュール』の味はついての評価はおおむね高いものの、量の割には値段が高い印象を持っている方も多いようです。

もう少し内容量を増やすだけでもその評価が好転するのかもしれません。コスパにこだわる方にとっては気になるポイントとなるでしょう。

ブランチュールを実際に食べてみた感想 実食レビュー

ブランチュール全体像

ここでは、『ブランチュール』を実際に購入し、食べてみた感想をお伝えします。

口コミでもポジティブな意見が多かったので、特に味や見た目について検証しました。はじめて『ブランチュール』を食べてみたリアルな感想を紹介します。

上品な食感と甘さが際立つ

ブランチュール中身

まずはサックリとしたラングドシャクッキーの食感が際立っています。

そしてサンドされているチョコのパリッと感が加わり、上品かつ深い味わいが広がりました。

今回はじめて『ブランチュール』を食べたことで、ラングドシャクッキーの概念が変わるほど。満足感の高いお菓子でした。

個包装が嬉しい

ブランチュール個包装

『ブランチュール』は個包装されており、直接触れることなくほかの人とシェアできるのも嬉しい特徴。おやつタイムにはみんなで分け合って食べることができます

包装部分を残して開封すれば、手を汚すことなく食べることも可能。

外出時にも気軽に持ち歩くことができる『ブランチュール』は様々なシーンで喜ばれるお菓子です。個包装だからこそ、小分けにしていつでも食べることができるのは嬉しい特徴のひとつといえます。

チョコがキレイにサンドされている

ブランチュールチョコ部分

『ブランチュール』を側面から確認すると、薄くキレイにチョコがサンドされていることがわかります。

凹凸なく、平らに引かれたチョコの層が上品な食感を引き出していることがわかりました。

多くもなく、少なくもない絶妙なチョコレートのボリューム感が美味しさの秘訣。食べ始めたら止まらなくなるので注意が必要です。

2種類のチョコが嬉しい

ブランチュール2種

ファミリーサイズの『ブランチュール』は、ホワイトチョコとミルクチョコの2種類が詰め合わせになっています。

好みもあるかもしれませんが、どちらのチョコにも特徴があり、食べ分けることで飽きることがありません。ホワイトチョコとミルクチョコの組み合わせのバランスが取れている素晴らしいお菓子です。

それぞれ10個入りで食べやすい大きさなので、あっという間に無くなってしまいます。

子供でも食べやすい

ブランチュール食べる

『ブランチュール』のクッキーは、ボロボロこぼれる事がなく、子供にも食べさせやすいお菓子です。持ち運びしやすく、子供がいるご家庭では様々なシーンで活躍するでしょう。

またコーヒーや紅茶、牛乳と一緒に食べることでより美味しさが高まります。甘さがちょうどよいので、また食べたくなるお菓子です。

ブルボンのお菓子の中で個人的には好きな商品のひとつといえます。

ブルボン『ブランチュールFS』

ブルボンブランチュールFS1袋(20個) ブルボンブランチュールFS1袋(20個) ブルボンブランチュールFS1袋(20個) ブルボンブランチュールFS1袋(20個) ブルボンブランチュールFS1袋(20個) ブルボンブランチュールFS1袋(20個)

出典:Amazon

内容量 20個(ホワイトチョコ10個、ミルクチョコ10個)
原材料 砂糖、小麦粉、液卵白(卵を含む)、全粉乳、植物油脂、ショートニング、マーガリン、ココアバター、バター ほか
アレルギー物質 乳、卵、小麦、大豆
エネルギー 44kcal/個(標準7.8g)

ブルボン『ブランチュール』

ブルボンブランチュール10個入×10袋 ブルボンブランチュール10個入×10袋 ブルボンブランチュール10個入×10袋 ブルボンブランチュール10個入×10袋

出典:Amazon

内容量 10個(ホワイトチョコのみ)
原材料 砂糖、小麦粉、液卵白(卵を含む)、全粉乳、植物油脂、ショートニング、マーガリン、ココアバター、バター ほか
アレルギー物質 乳、卵、小麦、大豆
エネルギー 44kcal/個(標準7.8g)

ブランチュールを食べてみたまとめ レビュー総括

ブランチュールレーダー

ブランチュールを試した感想をチャートにしてみました。
※執筆者の主観を数値化したものです。

『ブランチュール』を実際に食べてみると、上品な食感のラングドシャクッキーとミルク感あふれるチョコがマッチしていると感じました。上品な甘さを求める方におすすめなのはもちろん、食感の楽しさは小さな子どもからお年寄りまで幅広い世代に人気のお菓子といえるでしょう。

また、なんといっても個包装が嬉しいです。

周囲の方とのシェアやちょっと外出先で食べることができる『ブランチュール』は利用シーンが広く、家でのおやつタイム以外でも活躍するので、どの家庭にもあったら嬉しいクッキーといえます。

今回検証した『ブランチュール』以外に、同じブルボンが販売する「アルフォート」もおすすめです。『ブランチュール』だけでなく、「アルフォート」にも注目してみましょう。

そのほかのクッキー・ビスケットの記事はこちら 【関連記事】

※紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。写真の見え方により、色味などが実際のものと多少異なる場合があります。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

(制作協力:mameken、掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


ゼリーの素おすすめ10選|ゼラチンを使った簡単レシピも紹介!フルーツ味やサイダー味も!

ゼリーの素おすすめ10選|ゼラチンを使った簡単レシピも紹介!フルーツ味やサイダー味も!

本記事では料理ライター・山田由紀子さんと編集部が選んだおすすめの10種類のゼリーの素と選び方を紹介します。ゼリーの素はお湯に混ぜて冷やすだけでゼリーが作れる手軽さから、自宅でのスイーツ作りで重宝するアイテム。商品ごとの特徴を知りながら、食べてみたいゼリーの素を見つけてくださいね。Amazonなどの人気ランキングもぜひチェックしてみてください。


抹茶シロップおすすめ11選|かき氷・タピオカ・抹茶ラテなど多用途に使える!

抹茶シロップおすすめ11選|かき氷・タピオカ・抹茶ラテなど多用途に使える!

かき氷用や抹茶ラテなどに使われる抹茶シロップ。抹茶好きの方も、お家でカフェの味を再現したり楽しめる便利なアイテムのひとつです。ここでは、抹茶シロップの選び方と、フードコーディネーターの加治佐由香里さんと編集部が容量・素材別に厳選したおすすめ11選をご紹介します。お気に入りの抹茶シロップを買って、気軽に家でも抹茶メニューを楽しんでみましょう!


【プリンの素おすすめ12選】原材料や作り方に注目|アレンジも豊富!

【プリンの素おすすめ12選】原材料や作り方に注目|アレンジも豊富!

管理栄養士の渡辺愛理さんと編集部が、プリンの素の選び方とおすすめの商品を紹介します! すぐに固まるものや抹茶、チョコなどのフレーバータイプ、作り方も牛乳や卵黄を加えるものから熱湯と水で作るものなどさまざま。最近では卵を使用しないものや寒天やゼラチンで固めるものなども販売されています。ぜひこの記事を参考にして、好みのプリンの素をみつけてくださいね。


マヌカハニーのど飴のおすすめ14選|効果的なプロポリス配合なども紹介

マヌカハニーのど飴のおすすめ14選|効果的なプロポリス配合なども紹介

マヌカハニーは、通常のハチミツよりも高い抗菌作用があると注目されている食品。マヌカハニーのど飴は、手軽にマヌカハニーを摂れてウイルス対策にも役立ちます。ここでは、インナービューティー料理研究家の國塩亜矢子さんと編集部おすすめのマヌカハニーのど飴を紹介します。


【ゆべしのおすすめ16選】くるみ、ごま、柚子など種類豊富|おつまみにも!

【ゆべしのおすすめ16選】くるみ、ごま、柚子など種類豊富|おつまみにも!

料理研究家のRyogoさん監修のもと、ゆべしのおすすめ16選と選び方を紹介します! 上品な甘さでお茶うけのイメージがあるゆべしですが、甘いものからお酒のつまみにもなる塩気のあるものまで、幅広い種類があります。好みの味や有名店のものを選ぶのがポイントです。この記事を参考にして、お気に入りのひと品をみつけてくださいね。


関連するブランド・メーカー


ブルボン

新着記事


フィッシンググローブおすすめ13選&ランキング【ダイワやシマノなど】

フィッシンググローブおすすめ13選&ランキング【ダイワやシマノなど】

ゴツゴツした岩場や魚の鋭いヒレや歯から手を守るフィッシンググローブ。岩場で釣りをする人であれば、一双は持っておきたいもの。手の保護だけでなく、夏の紫外線や冬の寒さからも守ってくれます。ここでは、ワイルドライフクリエーターの荒井裕介さんにお話をうかがい、フィッシンググローブの選び方とおすすめ商品、ランキングをご紹介。通販サイトランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミもチェックしてみてください。


シャッドルアーおすすめ11選|初心者向けに浮力や重心、浸水深度も解説

シャッドルアーおすすめ11選|初心者向けに浮力や重心、浸水深度も解説

ワイルドライフクリエーターで山岳写真家の荒井裕介さんへの取材をもとに、シャッドルアーのおすすめ商品をご紹介します。幅広いタイプのバスにアプローチできるのがメリットのシャッドルアー。テクニックと経験が必要なワームやラバージグとは違い、一定のスピードを保ちながら巻くだけで一定層をトレースできるため、初心者にも使いやすいアイテムです。選び方も解説しているのでぜひ参考にしてくださいね。


【プロ厳選】磁気枕おすすめランキング6選|首や肩のコリに効果的!

【プロ厳選】磁気枕おすすめランキング6選|首や肩のコリに効果的!

フィット感や医療機器認証の有無、清潔感を保てるかどうかなど、さまざまな特徴がある磁気枕。枕に埋め込まれている磁気によって、肩や首の凝りを軽減することができます。自分にあったものを選ぶと、毎日安心して眠ることができるもの。この記事では、磁気枕の選び方と暮らしコーディネーター・瀧本真奈美さんのおすすめランキングを紹介します。記事の後半には、枕の人気売れ筋ランキングもあるので、ぜひチェックしてみてくださいね。


釣り初心者入門セットおすすめ6選【魚・場所別に】ダイワやシマノなど人気メーカーも!

釣り初心者入門セットおすすめ6選【魚・場所別に】ダイワやシマノなど人気メーカーも!

入門セットの多くはショップのオリジナルセットで、釣り具メーカーが販売しているものはほとんどありません。それは、同じ魚を狙う場合でも、地域によってタックルが異なったり、釣り人の好みもあるからです。この記事では、フィッシングライターの田澤 晃さんにお話をうかがい、釣り初心者入門セットの選び方とおすすめ商品をご紹介。通販サイトランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミもチェックしてみてください。


【プロ厳選ランキング】釣り糸おすすめ11選|素材ごとの特徴を捉えた選び方と厳選アイテムをご紹介

【プロ厳選ランキング】釣り糸おすすめ11選|素材ごとの特徴を捉えた選び方と厳選アイテムをご紹介

近年は釣りのジャンルに関わらず、PEラインの使用率が高めですが、必ずしもPEラインが良いというわけではありません。キャッチ&リリースが前提の釣りには、魚を弱らせやすいPEラインは不向きです。また、特性上タックルや仕掛けに掛かる負荷も大きく、扱いを間違えるとリールのシャフトを曲げてしまったり、スナップなど接続金具が簡単に破損してしまうこともあります。この記事では、フィッシングライター/職業釣師の田澤 晃さんと編集部が選んだおすすめの商品をご紹介しています。


食品・ドリンクの人気記事


>>もっと見る