モノシャーペンをレビュー! MONO消しゴムの利便性や使い心地を検証

モノシャーペンをレビュー! MONO消しゴムの利便性や使い心地を検証

モノシャーペンは、回転繰り出し式のMONO消しゴムを搭載したシャーペン。付属の消しゴムの機能が強化され、1本で書く・消す両方にしっかり使えるのが特徴です。今回の記事では、ハイグレード版の「モノグラフグリップモデル」をご紹介。実際に購入して試してみた結果、わかった魅力やちょっと気になる点についても、あわせてレビューしていきます。


モノシャーペンの使い心地は? 実際に購入して試してみた!

モノシャーペン全体像

シャーペンについている消しゴムがもっと使いやすかったらと感じたことはありませんか? シャーペン付属の消しゴムは、手もとに消しゴムがないときや、こまかい部分を消すのに重宝します。しかし、消えにくいものも多く、小さくて使うとすぐに消耗してしまうのが難点です。

モノシャーペンは、シャーペンの消しゴムをもっと活用したいというユーザーニーズに応える便利なアイテム。正式名称を『モノグラフ』といい、回転繰り出し式でたっぷり使えるMONO消しゴムがついたシャーペンです。
ペンを振ると芯が出てくるフレノック機構など、書くうえでの使いやすさにもこだわったつくりになっています。

モノグラフにはいくつか種類がありますが、今回はラバーグリップと金属クリップを備えた『モノグラフグリップモデル』を実際に購入し、実力を検証してみました。
消しゴムの利便性や持ちやすさ・書き心地もしっかりチェック。使いやすい消しゴムがついたシャーペンに興味がある方は、ぜひ記事を読んで『モノグラフグリップモデル』の魅力を知ってくださいね!

モノシャーペンの特徴 基本情報を調査

モノシャーペンはMONO消しゴムで有名なトンボ鉛筆が販売するシャーペンです。正式名称は『モノグラフ』。まずは今回ご紹介する『モノグラフグリップモデル』がどんなシャーペンか、特徴について見ていきましょう。

回転繰り出し式MONO消しゴム搭載

『モノグラフ』には全長26mmのMONO消しゴムが搭載されています。たっぷり使える長さと消しやすい品質で、実用的なのが特徴。消しゴムは回転繰り出し式で、好みの長さに調整して使うことができます。

便利な「フレノック」も

『モノグラフ』には、ペンを下に向けて軸を振ることで芯を出せる「フレノック機構」が採用されています。この機能は、クリップを押し上げることでロックも可能。携帯時などにはロックしておけば、振動で意図せず芯が出てしまうのを防ぐことができます。

また、フレノックを使用せず、クリップ部分を下に押し下げてノックして芯を繰り出すことも可能です。

ハイグレード版グリップモデルに加わるふたつの特徴

ここまでは従来品の『モノグラフ』と共通ですが、グリップモデルはラバーグリップが採用されているのも特徴です。グリップ性能が向上し、長時間の筆記にも適したつくりになっています。また、クリップが丈夫な金属牲なのも異なる点。見た目もよりスタイリッシュになっています。

モノシャーペンの口コミ・評判は? SNSやECサイトの情報を調べてみた

モノシャーペン口コミ

『モノグラフグリップモデル』を実際に使っているユーザーは、商品をどのように評価しているのでしょうか。インターネットで口コミや評判を調べてみました。

モノシャーペンのいい口コミ

付属の消しゴムを評価する声が多く見られました。ほかのシャーペンの消しゴムにくらべてよく消えるという声や、大きくて使いやすいという意見も。シャーペンの消しゴムを使いたいユーザーから支持されているようです。

また、フレノック機構が便利で使いやすいという口コミも多数見られました。筆箱に入れているときにロックしておける点も好評のようです。

かわいい、かっこいいとデザインに対する肯定的な意見や、価格のわりに使いやすいとコストパフォーマンスのよさを評価する声も目立ちました。

モノシャーペンのよくない口コミも

全体的に肯定的な意見が多いなか、ややマイナスの評価をする口コミも。グリップのラバーがかたく、もう少しクッション性がほしいという声や、フレノック機構について、強めに振らないと芯が出なくて使いにくいという意見もありました。

モノシャーペンを実際に試して使用感をチェック 動画や写真で紹介!検証レビュー

ここからは、『モノグラフグリップモデル』を実際に購入して試したレビューを紹介していきます。

気分が上がるおしゃれなデザイン!

モノシャーペン全体像

まずはデザインを見てみましょう。今回用意した「モノカラー」は、軸部分にMONO消しゴムのカバーとおなじデザインがあり、とてもキュートです。口金部分とクリップの金属もいいアクセントになっています。

モノシャーペンクリップ

クリップでノートや手帳にはさんでもかわいく、持ち歩くのにもぴったり。クリップは可動域がせまく多少はさみにくく感じましたが、金属製で折れる心配がなく、安心して活用できそうです。

今回は用意していませんが、ほかのカラーもきれいな色味のシャインカラーでおしゃれ。文房具のデザインにこだわりたい方でも満足できそうです。

クッション性はないが安定感があって持ちやすい

モノシャーペングリップ

つづいて、持ち心地をチェックします。フレノック機構の部品が内蔵されているため、やや重めですが、手になじむほどよい重量感です。中間的な太さの軸で握りやすく、ラバーの効果で滑らないので手にしっかりフィットします。

ラバーは押しても凹む感じがなく、クッション性は高くありません。そのぶんブレることなくしっかり安定しますが、長時間筆記しているとかたさが響いて手が痛くなりそうです。

クセがなく書きやすさは良好! フレノックの使い心地はいまひとつ

モノシャーペン書き心地

書き心地はどうでしょうか。クセがなく、さらさらと書けて書きやすい印象です。製図仕様の固定パイプのペン先になっているため、視界を妨げずこまかい書き込みにも適しています

モノシャーペンフレノック

振るだけで芯が出せると、持ち変える必要がなく集中して筆記できます。『モノグラフ』の特徴のひとつである「フレノック機構」もチェックしてみました。

軽く振ってみましたが、カシャカシャ音がするだけで芯が出ません。力を入れて大きく振ると芯が出ますが、ノックのほうがラクに感じ、音の大きさも気になりました。機能としては便利ですが、使いやすさはいまひとつの印象です。

フレノックが気に入らない場合は、ノックで芯を出すことも可能。その際は、クリップ部分を下に押し下げてノックします、こちらを使用したほうがスムーズに芯が出せてストレスにならないかもしれません。

モノシャーペンフレロック

振って芯が出る機能をロックできる「フレロック機構」も体験。クリップを押し上げてフレノックをロックした状態でペンを手に持ち、10回ジャンプしてみました。ロックしない状態だと2cmくらい芯が出ますが、固定しておけばまったく芯が出ず、音も気になりません。自転車で凸凹道を通学する場合などでも、筆箱のなかで芯が出て汚す心配はなさそうです。

これは使える! 消しゴムは評判どおりの使い勝手のよさ

口コミでも好評だった消しゴムの使い勝手はどうでしょうか。『モノグラフ』の消しゴムは、回転繰り出し式でくるくる回すことで出し入れする仕組み。実際に消しゴムを繰り出してみましたが、かたさや引っ掛かりを感じることもなく快適です。消しゴムの量も十分あり、たっぷりと使えそうですね。

キャップがないため、くるっと回すだけで消しゴムを使うことができ、書いて消してがスムーズにできます。

モノシャーペン消しゴム

付属の消しゴムで書いた文字を消してみました。大きめでやわらかさがありラクに消せます。1文字だけでなく、1文を消す際も付属の消しゴムでじゅうぶん。ほかのシャーペンの消しゴムと比較しても、『モノグラフ』のほうが消しやすいと感じました。

芯の折れにくさ

近年、芯が折れにくいことを特徴にしたシャーペンも販売されています。芯折れは筆記の際のストレスにつながりますが、『モノグラフ』の芯の折れにくさに特徴はあるでしょうか。

通常に筆記していて芯が折れることはありませんでしたが、力を込めると折れてしまいます。芯折れに関しては大きな特徴は感じられませんでした

トンボ鉛筆『モノグラフ グリップモデル(DPA-141A)』

トンボ鉛筆シャープペンMONOモノグラフラバーグリップ付モノカラーDPA-141A トンボ鉛筆シャープペンMONOモノグラフラバーグリップ付モノカラーDPA-141A トンボ鉛筆シャープペンMONOモノグラフラバーグリップ付モノカラーDPA-141A トンボ鉛筆シャープペンMONOモノグラフラバーグリップ付モノカラーDPA-141A トンボ鉛筆シャープペンMONOモノグラフラバーグリップ付モノカラーDPA-141A トンボ鉛筆シャープペンMONOモノグラフラバーグリップ付モノカラーDPA-141A トンボ鉛筆シャープペンMONOモノグラフラバーグリップ付モノカラーDPA-141A トンボ鉛筆シャープペンMONOモノグラフラバーグリップ付モノカラーDPA-141A トンボ鉛筆シャープペンMONOモノグラフラバーグリップ付モノカラーDPA-141A トンボ鉛筆シャープペンMONOモノグラフラバーグリップ付モノカラーDPA-141A トンボ鉛筆シャープペンMONOモノグラフラバーグリップ付モノカラーDPA-141A トンボ鉛筆シャープペンMONOモノグラフラバーグリップ付モノカラーDPA-141A トンボ鉛筆シャープペンMONOモノグラフラバーグリップ付モノカラーDPA-141A トンボ鉛筆シャープペンMONOモノグラフラバーグリップ付モノカラーDPA-141A トンボ鉛筆シャープペンMONOモノグラフラバーグリップ付モノカラーDPA-141A トンボ鉛筆シャープペンMONOモノグラフラバーグリップ付モノカラーDPA-141A

出典:Amazon

サイズ 軸径16×全長147mm
芯径 0.5mm
重量 17g

モノシャーペンは消しゴムを使うなら選ぶべき一本 総合的な満足度は高め!

モノシャーペンチャート

モノシャーペンを試した感想をチャートにしてみました。
※執筆者の主観を数値化したものです。

『モノグラフグリップモデル』を実際に試した結果、消しゴムは品質・使い勝手ともにすぐれていることがわかりました。シャーペンの消しゴムを活用したい方にはぜひ試してほしい商品。筆記用具が必要になるようなおでかけの際にも、それほど広範囲を消す予定がなければこの一本でスマートにおでかけできるでしょう。

書き心地や持ちやすさも良好で、デザインもおしゃれ。価格もリーズナブルで、総合的に満足度の高い商品です。

ただし、特徴のひとつであるフレノックの使い勝手はいまひとつ。ロックできる点は評価できますが、力を入れて振らないと芯が出ないので、やや使いづらく感じてしまうかもしれません。振って芯を出す機能を目的にするなら、ほかの商品も検討してみましょう。

消しゴムを使う場合、使い切ったあとに補充できるかも重要ですよね。3本入りの詰め替え消しゴムが手ごろな価格で手に入るので、気兼ねなく消しゴムを使うことができますよ。

『モノグラフグリップモデル』は書く・消すの2役をしっかり担えるすぐれもの。あなたもぜひ試してみてくださいね!

そのほかのシャープペンの記事はこちら 【関連記事】

※紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。写真の見え方により、色味などが実際のものと多少異なる場合があります。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更していたり、製造・販売が中止されている場合があります。

(制作協力:高野、掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2020/10/15 本文修正・関連記事追加のため記事を更新しました。(マイナビおすすめナビ編集部 名原広雄)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


【2020年最新版】シャーペンのおすすめ人気ランキング37選|プロと500人に調査

【2020年最新版】シャーペンのおすすめ人気ランキング37選|プロと500人に調査

教育・受験指導専門家の西村 創さんと500人に調査した、おすすめ人気シャーペンランキングです。勉強用、マークシート用、イラスト・製図用、プレゼント用など、用途別の選び方ポイントなどもをご紹介します。この記事で、折れない、疲れないシャーペンを選んでください。


ラミー2000 ペンシルを実際に購入して検証! デザインや使い心地をレビュー

ラミー2000 ペンシルを実際に購入して検証! デザインや使い心地をレビュー

『ラミー2000 ペンシル』は、ドイツの老舗ステーショナリブランド「LAMY(ラミー)」の高級感あふれるシャーペンです。存在感のある落ち着いたデザインで、ビジネス用やギフトにもぴったり。機能性にもすぐれ、長く愛用したくなる逸品です。今回は、『ラミー2000 ペンシル』のレビューを紹介していきます。ぜひ記事を読んで、魅力を知ってくださいね!


ラミーサファリのシャーペンをレビュー|おしゃれでちょっとしたプレゼントにも!

ラミーサファリのシャーペンをレビュー|おしゃれでちょっとしたプレゼントにも!

『ラミーサファリ』のシャーペンは、カジュアルでおしゃれなデザインが魅力。赤や黄色などのビビットなカラーも展開されていて、地味になりがちな筆記具のアクセントや、ちょっとしたプレゼントにもぴったりです。くぼみつきのグリップや大型ワイヤークリップなど、見た目だけでなく使いやすさにもこだわったつくりになっています。今回は、『ラミーサファリ』のシャーペンのレビューを紹介。実際に試してみて、デザインだけでなく使い心地までしっかりとチェックしました。デザインや機能性にこだわったシャーペンがほしいというあなたは、ぜひ記事をご覧になってくださいね!


グラフギア1000の重さは気になる? 魅力や気になる評価を試して検証

グラフギア1000の重さは気になる? 魅力や気になる評価を試して検証

『グラフギア1000』は、ぺんてるが販売する製図用シャーペン。筆記性能だけでなく、ペン先を収納してガイドパイプが折れるのを防ぐ機能や開閉式クリップなど、携帯性のよさも魅力です。しかし、なかには重いと評価する気になる口コミも。今回は、『グラフギア1000』を実際に購入し、試した使用感を紹介していきます。ぜひ記事を読んで購入する際の参考にしてくださいね!


グラフ1000はかきやすいかを試して検証! 0.3mmなど芯径によるちがいも

グラフ1000はかきやすいかを試して検証! 0.3mmなど芯径によるちがいも

『グラフ1000』は1986年の発売以来ロングセラーの製図用シャーペン。すぐれた使い心地で、製図だけでなく文字やイラストをかくのにもぴったりの1本です。今回はこの『グラフ1000』を購入し、かきやすさや持ちやすさなど、実際に試してわかった使用感をくわしく紹介していきます。0.3~0.9mmまで5種類の芯径ラインナップがありますが今回は、0.3mm、0.5mm、0.7mmを用意しました。芯径ごとのかき味のちがいもレビューしていくので、ぜひ記事を読んで『グラフ1000』を購入する際の参考にしてくださいね!


関連するブランド・メーカー


トンボ鉛筆

新着記事


丸大豆せんべいはホッとする味? 実際に食べて口コミや評判を検証しました

丸大豆せんべいはホッとする味? 実際に食べて口コミや評判を検証しました

三幸製菓が販売している「丸大豆せんべい」。どこか懐かしさを覚えるようなパッケージに安心感が芽生えます。インターネットで口コミや評判を調査してみても、味や食感に満足している人が目立ちますが、実際はどうなのか気になるところ。そこで、今回は丸大豆せんべいを実食してみます。口コミや評判と比較しながら、味や食感について検証してみました。


MicrosoftのArc Mouseは使いやすいのか? 実際に使用して検証してみた

MicrosoftのArc Mouseは使いやすいのか? 実際に使用して検証してみた

折り曲げて使うという従来のマウスとはまったく違うデザインがひときわ目を引くMicrosoftの『Arc Mouse』。ただ奇抜なデザインというだけでなく、薄くて軽量なのでバッグなどに収納しやすく、持ち運びがしやすいというメリットも。外出先で使うのに役立ちそうな『Arc Mouse』ですが、使い心地はどうでしょうか。この記事では、実際に『Arc Mouse』を購入し、商品の特徴や操作性などを検証してみました。


ELECOMのMXGM10DBは使いやすい? 実際に使用して検証してみた

ELECOMのMXGM10DBは使いやすい? 実際に使用して検証してみた

ELECOMのワイヤレスマウス『MXGM10DB』。手の形状をもとにした握りやすいフォルムで、使う場所を選ばないBlueLED搭載などをウリにしています。そしてなんといっても魅力的なのは、選びやすい価格。安いうえに機能性にもすぐれたコストパフォーマンスのいい商品です。この記事ではそんな『MXGM10DB』を実際に購入して、商品の特徴や操作性などを検証してみました。


幅広いシーンで活躍する! 『ケイト アイブロウ』使用感や落ちやすさを検証レビュー

幅広いシーンで活躍する! 『ケイト アイブロウ』使用感や落ちやすさを検証レビュー

顔の印象を決めるといわれるほど重要なまゆ。メイクの中で、まゆに多くの時間を割く女性も多いのではないでしょうか。現在は、ペンシルやリキッド、まゆマスカラなど、さまざまな種類のアイブロウアイテムがあるので、どれが自分に合っているのかわからない人も多いはずです。そこで今回は、プチプラで注目を集めるケイトのアイブロウを紹介します。実際にケイトのアイブロウを使った人の口コミや評判も紹介しているので、ぜひ参考にしてくださいね。


ブルボン バタークッキーの評判や口コミの真実は? 実際に食べて徹底レポート

ブルボン バタークッキーの評判や口コミの真実は? 実際に食べて徹底レポート

ブルボンから発売されている『バタークッキー』は、赤いパッケージに小麦と商品の実物の画像が描かれていて、明るくておいしそうなイメージ。インターネットの評判を見るとよい評価がたくさん見られますが、はたしてそのレビューは信じてもいいのでしょうか。そこで、『バタークッキー』を実際に購入して、口コミの是非を徹底検証しました。クッキー好きの方は、ぜひ見逃さずにご覧ください。


生活雑貨・日用品の人気記事


>>もっと見る