デルガードを実際に使って検証! 折れないシャーペンのメリット・デメリット

デルガードを実際に使って検証! 折れないシャーペンのメリット・デメリット

デルガードは「もう、折れない。」がキャッチフレーズの、芯が折れにくいシャーペンです。筆記中にあらゆる角度からどんなに強い筆圧がかかっても芯を守れる機能を搭載。芯折れに不満を持つひとのストレス軽減に役立ちます。

記事ではデルガードを実際に購入し、芯の折れにくさや使い心地などを検証したレビューをご紹介。デルガードを使ううえでのメリット・デメリットもわかる内容なので、ぜひデルガードを購入する際の参考にしてくださいね!


デルガードは使いやすい? 実際に購入して試してみました

デルガード全体

シャーペンを使っていて、芯がポキッと折れてイライラした経験があるという方も多いのではないでしょうか。シャーペンをたくさん使う学生の方や筆圧が強い方にとって、芯の折れやすさは大きなストレスのひとつ。実際に、シャーペンの製造を手掛けるゼブラ株式会社がおこなった実験でも、シャーペンの芯折れが集中力低下に影響を及ぼすことがわかっています(参照:「シャープペンの芯折れによる集中力への影響」より)。

そんな筆記のストレスを解消してくれる便利なアイテムが「デルガード」。芯折れに強い特徴をもち、2015年には「文房具屋さん大賞」や「キッズデザイン賞」も受賞した折れないシャーペンの代表的なアイテムです。しかし、デルガードを使うと本当に芯が折れないのかや、特殊な機構が書き心地に影響を与えないのかどうかも気になりますよね。

そこで今回は、デルガードを実際に購入して使い心地を検証してみました。芯の折れないシャーペンに興味がある方は、ぜひチェックしてみてくださいね!

デルガードとは 折れないシャーペン

デルガードはゼブラが販売する、芯の折れにくさが強みのシャーペンです。芯に垂直方向に強い筆圧が加わると、軸に内蔵されたスプリングによって芯が軸内に引っ込む仕組み。ななめに筆圧が加わると、ペンの先端が飛び出して芯を包み込みガードします。あらゆる方向の圧力から芯を守る構造で、芯折れを気にせず使用できるのが特徴です。

また、芯折れだけでなく芯詰まりを防ぐ工夫も。軸にはシャープ芯を誘導する部品が取りつけられていて、短い芯でもずれてつまることなく使用できます。

スタンスダードな0.5mm芯用のほかに、こまかい文字を書くのに適した0.3mm用、マークシートにも便利な0.7mm用もラインナップされています。

デルガードの口コミ・評判は?

デルガードの口コミ・評判は?

デルガードは実際に使っているユーザーからどのように評価されているのでしょうか。インターネットで口コミや評判を調べてみました。

芯の折れにくさが高評価

本当に芯が折れないと、芯の折れにくさを高く評価する声が多数見られました。筆圧が強いひとや子どもなど、ほかのシャーペンだと芯が折れやすいと悩んでいる方からも使いやすいと支持されているようです。

また、内蔵されたスプリングによるクッション性で疲れにくい・書きやすいという意見も見られました。

書き心地には否定的な意見も

一方、なかには書き心地に対する否定的な意見も。スプリングによって芯が凹む独特の書き心地で、書きにくいと感じるひともいるようです。とくに、筆圧が強いひとから書きにくいという声が多く見られました。

デルガードを実際に試して実力をチェック 【検証レビュー】

ここからは、実際にデルガードを購入し、試して検証したレビューをご紹介していきます。体験したのはスタンダードな0.5mm芯用。カラー展開も豊富ですが、今回はシンプルなブラックを用意しました。デザイン・芯の折れにくさ・書きやすさ・持ちやすさの4項目に焦点を当てて見ていきます。

使うひとを選ばないシンプルなデザイン

デルガード本体

まずはデザインをチェック。

プラスチック製のシンプルなデザインで、どんなひとでも気軽に使うことができそうです。グリップ部分が透明で、なかのスプリングが透けて見えるのが特徴ですが、あまりおしゃれな感じがないのは残念。

感動的な芯の折れにくさ あらゆる方向に対応!

デルガードの角度

「もう、折れない」を謳うデルガードは本当に芯が折れないのか検証してみました。ペンを持ってかなり力を加えてみましたが、本当に芯が折れません。ペンを立てた状態では芯が引っ込み、ななめに寝かせた状態でもペン先の金属部分が飛び出してきてしっかり芯をガードしてくれます。

芯折れに強いことを特徴にしたほかの商品では、ペンを立てた状態では芯を保護できても、ななめにすると折れてしまうものも多く、どの角度でも芯折れを防げる点には驚きました。これなら、どんな筆記スタイルでも芯折れのストレスから解放されることができそうです。

子どもがデルガードを使う

口コミによると、子どものなかにもデルガードの愛用者が多いということだったため、小学1年生の子どもにも試してもらいました。ふだんはえんぴつで文字を書いている子どもが使っても芯が折れません。シャーペンデビューの子どもにもよさそうです。

筆圧が強いひとには好みが分かれる書き心地

デルガードの書き心地はどうでしょうか。口コミでは、書きやすいという意見と芯先が動いて書きにくいという両方の意見が見られました。

実際にデルガードで文字を書いてみたところ、書くたびにペン先が沈み込み、独特の書き心地がします。筆で書いているようなやわらかい感触で、文字がていねいに書けそうな感じもしますが、コントロールしにくいという印象も。このやわらかさを書きやすいと感じるか書きにくいと感じるかひとによって好みが分かれそうです。

ただし、あまり力を込めずに書くぶんにはスプリングの影響を感じることはないため、筆圧が強くないひとであれば違和感なく使用できるでしょう。

持ちやすさ

デルガードとノート

デルガードの本体重量は10g。手に持ってみても軽く、重さが手に負担になりにくい点は評価できます。しかし、グリップはつるつるしてすべりやすい印象。溝をつけた加工で多少すべり止めに役立ちそうですが、あまり安定感は高くありません。

グリップ部分にクッション性もなく、力を込めて持つとペンが当たる部分が痛くなりやすいのも気になるところ。ただし、ペン先のスプリングの効果で一般的なシャーペンにくらべると腕・肩への負担は少ないと感じました。

ZEBRA(ゼブラ)『デルガード 0.5( P-MA85)』

ゼブラシャープペンデルガード0.5ブラックP-MA85-BK ゼブラシャープペンデルガード0.5ブラックP-MA85-BK ゼブラシャープペンデルガード0.5ブラックP-MA85-BK ゼブラシャープペンデルガード0.5ブラックP-MA85-BK ゼブラシャープペンデルガード0.5ブラックP-MA85-BK ゼブラシャープペンデルガード0.5ブラックP-MA85-BK ゼブラシャープペンデルガード0.5ブラックP-MA85-BK

出典:Amazon

サイズ 10×10×137mm
芯径 0.3、0.5、0.7mm

デルガードを実際に試してわかったこと

デルガードチャート

デルガードを試した感想をチャートにしてみました。
※執筆者の主観を数値化したものです。

デルガードを実際に試して検証した結果、芯の折れにくさに関してすぐれた性能をもつ商品であることがわかりました。ペンを立てた状態だけでなく、ななめに寝かせて力を加えても芯が折れないのは画期的。筆圧の強いひとやシャーペンに不慣れな子どもでも気を遣わずに使用でき、筆記に集中することができるでしょう。

芯折れを防ぐためにペン先に内蔵されたスプリングはクッション性があり、腕の負担軽減にも役立ちそうです。ただし、筆圧が強いひとが使うとスプリングの影響でやや独特の書き心地になる点には注意が必要。この書き心地さえ気にならなければ、筆記ストレス軽減に役立ち、パフォーマンスアップも期待できるでしょう。価格も比較的リーズナブルなので、今のシャーペンを使っていて芯が折れやすいことに不満があるなら、じゅうぶん試す価値がある商品です。

受験勉強などで長時間使用する方など、疲れにくさも重視する場合は2層構造のグリップがついた「デルガード タイプGR」を選ぶのもおすすめです。ほかにも、キャップレスで逆さにするだけで消しゴムが出てくる便利な機能を搭載した「デルガード タイプER」などもラインナップされているのでぜひチェックしてみてください。

芯が折れずに書き続けられることの快適さを、あなたもデルガードで味わってみませんか?

そのほかのシャーペンの記事はこちら 【関連記事】

※紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。写真の見え方により、色味などが実際のものと多少異なる場合があります。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更していたり、製造・販売が中止されている場合があります。

(制作協力:高野、掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2020/10/15 一部コンテンツ修正のため記事を更新しました。(マイナビおすすめナビ編集部 大熊武士)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


【2021年】ラベルライターおすすめ15選|スマホ対応でおしゃれ・かわいいモデルも!

【2021年】ラベルライターおすすめ15選|スマホ対応でおしゃれ・かわいいモデルも!

オフィスや家庭などで、ラベルシールを作るのに大活躍するラベルライター(ラベルプリンター)。キングジムの「テプラ」をはじめ、ブラザーやカシオなどさまざまなメーカーからラベルライターが販売されています。本記事では、ラベルライターの選び方とおすすめ商品をご紹介します。スマホ連携できるモデルや、コンパクトでかわいいモデルなどおしゃれな商品もピックアップ! 記事の最後には、Amazonや楽天などの最新人気ランキングも載せているので、売れ筋や口コミもぜひ参考にしてください。


印鑑ケースおすすめ16選|人気の朱肉付きやおしゃれで可愛い商品を厳選!

印鑑ケースおすすめ16選|人気の朱肉付きやおしゃれで可愛い商品を厳選!

印鑑の保護や紛失防止に役立つ印鑑ケース。100均など安い値段で購入できますが、せっかくならおしゃれでかっこいい高級品や、デザインのかわいいもの、機能性にすぐれたケースを持っておきたいものですよね。印鑑ケースは留め具が付いたベーシックな形のほかに、がま口型や革張りタイプ、便利な朱肉付きなどさまざまな商品が販売されています。種類が豊富なゆえにどれを選べばいいか迷っていまう人も多いのではないでしょうか。そこでこの記事では、印鑑ケースの選び方と市販のおすすめ人気商品、通販の人気ランキングをご紹介。メンズ用、レディース用ともにピックアップしているので、きっとお気に入りが見つかります! ぜひ最後までチェックしてみてください。


簿記用電卓おすすめ22選|初心者にも打ちやすい!経理用も紹介!

簿記用電卓おすすめ22選|初心者にも打ちやすい!経理用も紹介!

カシオやシャープ野人気メーカーの電卓も紹介します。教育・受験指導専門家の西村 創さんへの取材をもとに、2020年版 簿記用電卓のおすすめ22選をご紹介します。実務や簿記検定などの資格試験にも役立つ機能的で使いやすい電卓をご紹介していますので、ぜひ参考にしてください。


レターオープナーおすすめ11選【電動式・手動式】持ち運び用も!

レターオープナーおすすめ11選【電動式・手動式】持ち運び用も!

封筒などを開けるときに非常に便利な「レターオープナー」。最近では、コクヨやミドリといった文房具メーカーから、ワンタッチで開封できるものや電動式のもの、見た目がおしゃれなものまでさまざまな種類が展開されています。本記事では、文房具ライターのきだて たくさんへの取材をもとに、レターオープナーの選び方とおすすめ商品を紹介します。通販サイトの最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミとあわせてチェックしてみてください。


パイロットの万年筆おすすめ12選【ペン先の違いも解説】初心者も書きやすい!

パイロットの万年筆おすすめ12選【ペン先の違いも解説】初心者も書きやすい!

安定した人気を誇る「PILOT(パイロット)」の万年筆は、初心者も万年筆マニアも使える豊富なラインナップが魅力。お手頃価格のものから高級なものまで、価格帯も幅広いです。この記事では、文具に詳しい納富廉邦さんへの取材をもとに、パイロットの万年筆の選び方とおすすめ商品をご紹介。Amazonなど通販サイトの人気ランキングもあるので、売れ筋や口コミをチェックしてみてください。


マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、安心・べんりなお買い物サポートメディアです。知識豊富なエキスパートがあなたの欲しいモノ、商品の選び方、情報を解説してサポート。ユーザーアンケートや人気ランキングなど、役に立つ情報で満足いくお買い物を「ナビ」します。