スマッシュは書きやすい! 女子でも使いたい実力を実際に試して検証

スマッシュは書きやすい! 女子でも使いたい実力を実際に試して検証

「スマッシュ」は30年以上前に発売されて以来、いまなお売れ続けているロングセラーのシャーペンです。近年SNSを中心に話題にもなった商品で、気になっているという方も多いのではないでしょうか。この記事では、スマッシュを実際に購入して、その実力を検証してみました。スマッシュは男子だけでなく、書き心地を求める女子にもおすすめ! スマッシュを買おうか悩んでいる方は、ぜひ記事を参考にしてみてくださいね。


スマッシュの使い心地を実際に試して検証 カッコいいだけじゃない!

スマッシュの全体

スマッシュはオートバイをモチーフにデザインされた、カッコよさ際立つシャーペン。真っ黒なボディに印象的な四角い突起つきのグリップ、蛇腹のノック部など男心をくすぐるデザインが特徴です。

一時期は「0.5mm」を除き廃盤になるなどしていましたが、近年カッコよさや書き心地のよさが再認識されるようになり再びヒット。復刻を望む声を受け、廃盤になっていた0.3mmも再販するなど、今なお多くのユーザーに支持されています。

しかし、デザインのよさはパッと見ただけでもわかりますが、使い心地は判断できないもの。この記事では、スマッシュを実際に購入して検証してみました。スマッシュの実力を知って、あなたが持つべき一本を選ぶ際の参考にしてください。

スマッシュとは 30年以上のロングセラー!

スマッシュの誕生は1987年。ぺんてるの製図用シャーペン「グラフ1000」のスペックをいいとこどりした一般向けのアイテムとして登場しました。同年にはグッドデザイン金賞を受賞。発売当初から一切マイナーチェンジをしていないにもかかわらず、30年以上にわたりロングセラーになっている商品です。

まずはスマッシュがどんなシャーペンなのか、特徴についてくわしく見ていきましょう。

タフに使っても安定して書ける設計

スマッシュはシャーペンでは珍しく、口金(くちがね)とよばれるペン先部分とグリップが一体になっています。このため、ハードに使っても途中でペン先が緩んでガタつくことがなく、安定した筆記が可能です。

また、芯をつかんで繰り出す役割をする内部パーツの「チャック」が金属製なのもポイント。プラスチック製チャックを使った安価なシャーペンと違い、紙に強く押し込んでも芯先が引っ込むことがありません。

持ちやすさアップのための工夫も

グリップには四角い突起のすべり止めがついています。また、ペン先に重心がいくよう低重心に設計されているのも特徴です。

スマッシュの口コミや評判は?

スマッシュ口コミ

スマッシュを実際に使ったユーザーはどのような感想を持っているのでしょうか。口コミや評判を調べてみたところ、学生から社会人まで幅広い世代の方に使われていることがわかりました。

何年も愛用するリピーターも 使い心地を評価する声が多数!

「書きやすい」、「持ちやすい」と使い勝手のよさを高く評価する意見が多く見られました。ほかのシャーペンが使えなくなると、学生の頃から社会人になってもずっと愛用しているという声も。金属部品も多く使われた商品ですが、「軽い」という口コミも多く見られました。

スマッシュに対する否定的な声も

グリップを強く握るひとや長時間使用するひとなどから、グリップが細く硬いため疲れやすいという意見が少なからず見られました。また、「軽い」と重量感を肯定的にとらえる声がある一方で、軽すぎて書きにくいと感じる人もいるようです。

スマッシュを実際に体験してわかったことは

ここからは、スマッシュを実際に購入して試したレビューを紹介していきます。デザイン・書きやすさ・もちやすさ・芯の折れにくさを中心に、実際に手に取り書いてみてチェックしました。

実際に手にしたデザインの印象は?

スマッシュのデザイン

まずはスマッシュのデザインをチェック。真っ黒なボディに、赤いロゴがアクセントになっていて大人が使っても違和感がないおしゃれなルックスです。デザイン的には、男性向けという印象。100円程度のシャーペンとはひと味ちがう、凝ったデザインで文房具好きの方の所有欲も満たしてくれそうです。

さらさら書ける! 軽快な書き心地を実感

スマッシュの書き心地

つぎはスマッシュの書き心地を試してみました。スムーズに動かせて、さらさらと軽快にペンが進みます。軽くて書きにくいという口コミもありましたが、実際に試しても軽さをデメリットに感じることはありませんでした。

低重心に設計されているため、ウェイトバランスがよく動かしやすいのでしょう。試しにおなじくらいの重量のシャーペンと書き心地を比較してみましたが、スマッシュのほうが書き心地がよく感じました。

スマッシュで絵を描く

製図用シャーペンを一般向けにした商品ということなので、イラストをかくのにも使用してみました。ペン先が動かしやすく、楽しくなる書き心地です。また、芯が出るパイプの部分が長いため、紙面がペン先で隠れないのも便利でした。かいている部分が見やすく、こまかい部分のかき込みがラクにできます。

口金一体型で安定感があるということですが、たしかに強く押し込んでもブレません。こまかいHB~Fまで8段階で芯硬度を表示できる窓もあるため、何本か用意しておき、かく内容に合わせて芯の濃さを使い分けるのもよさそうです。

細軸で握りやすい! 凸凹グリップも気持ちいい

スマッシュの持ち心地

シャーペンを選ぶうえでは持ち心地のよさも重要なポイント。スマッシュの持ち心地はどうでしょうか。軸は細身で、しっかり手に収まります。凸凹のグリップで滑りにくく、握りこまなくても安定して持っていることができました。

力を込めずに持てるので、比較的手も疲れにくそうです。また、持ちやすく安定しているため、思いどおりに動かすことができると感じました。

そして、驚いたのがグリップの四角い突起の感触。握るとプチプチとした不思議な感触がします。授業中などに、無意識にプチプチ触ってしまいそうなクセになる触り心地です。

ただし、この突起部分にクッション性はなく、握っているとグリップ本体のかたい感触がやや手に響きます。筆圧が高く、強く握りこんで筆記するスタイルの方の場合は手が痛くなってしまうかもしれません。

芯の折れにくさや使って気づいた使用上の注意は

スマッシュの使用上の注意点

通常に使用する範囲では、途中で芯が折れることもなくスムーズに筆記できました。ただし、芯が出る先端の金属部分が長めなので、このパイプが歪んでしまわないかがやや心配。パイプが歪めば、おそらく芯も折れやすくなってしまうでしょう。とくに使わないときもパイプが収納できないつくりなので、落下などで破損してしまわないよう、扱いにはやや注意が必要かもしれません。

Pentel(ぺんてる)『スマッシュ(Q1005-1)』

ぺんてるシャープペンスマッシュ0.5mmQ1005-1ブラック0.9cm×13.9cm ぺんてるシャープペンスマッシュ0.5mmQ1005-1ブラック0.9cm×13.9cm ぺんてるシャープペンスマッシュ0.5mmQ1005-1ブラック0.9cm×13.9cm ぺんてるシャープペンスマッシュ0.5mmQ1005-1ブラック0.9cm×13.9cm ぺんてるシャープペンスマッシュ0.5mmQ1005-1ブラック0.9cm×13.9cm ぺんてるシャープペンスマッシュ0.5mmQ1005-1ブラック0.9cm×13.9cm ぺんてるシャープペンスマッシュ0.5mmQ1005-1ブラック0.9cm×13.9cm ぺんてるシャープペンスマッシュ0.5mmQ1005-1ブラック0.9cm×13.9cm ぺんてるシャープペンスマッシュ0.5mmQ1005-1ブラック0.9cm×13.9cm

出典:Amazon

サイズ 軸径11mm×長さ139mm
芯径 0.3、0.5mm
重量 13g

スマッシュは書き心地を求めるひとにおすすめ 女子にも使ってみてほしい

スマッシュチャート

スマッシュを試した感想をチャートにしてみました。
※執筆者の主観を数値化したものです。

ここまで、ぺんてるのシャーペン「スマッシュ」を実際に購入して試し、実力を検証してきました。

もし、あなたがソフトな持ち心地をいちばんに求めるのなら、ほかのシャーペンを購入することをおすすめします。スマッシュはグリップが細く、四角い突起はクッションの役割をほとんど果たしていません。しかし、細軸で持ちやすいのは書き心地のよさを高めるうえではむしろメリット。手になじみ、思いどおりの線をかくことができます。重心も低めで動かしやすく、書きやすさを重視するならきっと満足できるでしょう。

さらさらと軽快に書けて、文字だけでなくイラストをかくのにもおすすめ。カッコいいデザインで男性向けのイメージですが、スムーズな書き心地を求める女子にもぜひ試してほしい商品です。きっと手放せない一本になりますよ。

細芯好みの方は、2019年に復刻した0.3mmモデルを選ぶのもいいでしょう。0.5mmに比べてシャープな線が書けるので、複雑な漢字をかくことが多い国語や社会科などの教科の学習にもぴったりです。

あなたもスマッシュの魅力をぜひ体感してみてください!

そのほかのシャープペンの記事はこちら 【関連記事】

※紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。写真の見え方により、色味などが実際のものと多少異なる場合があります。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更していたり、製造・販売が中止されている場合があります。

(制作協力:高野、掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2020/10/15 一部修正のため、記事を修正しました。(マイナビおすすめナビ編集部 横尾忠徳)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


【2020年最新版】シャーペンのおすすめ人気ランキング37選|プロと500人に調査

【2020年最新版】シャーペンのおすすめ人気ランキング37選|プロと500人に調査

教育・受験指導専門家の西村 創さんと500人に調査した、おすすめ人気シャーペンランキングです。勉強用、マークシート用、イラスト・製図用、プレゼント用など、用途別の選び方ポイントなどもをご紹介します。この記事で、折れない、疲れないシャーペンを選んでください。


ラミー2000 ペンシルを実際に購入して検証! デザインや使い心地をレビュー

ラミー2000 ペンシルを実際に購入して検証! デザインや使い心地をレビュー

『ラミー2000 ペンシル』は、ドイツの老舗ステーショナリブランド「LAMY(ラミー)」の高級感あふれるシャーペンです。存在感のある落ち着いたデザインで、ビジネス用やギフトにもぴったり。機能性にもすぐれ、長く愛用したくなる逸品です。今回は、『ラミー2000 ペンシル』のレビューを紹介していきます。ぜひ記事を読んで、魅力を知ってくださいね!


ラミーサファリのシャーペンをレビュー|おしゃれでちょっとしたプレゼントにも!

ラミーサファリのシャーペンをレビュー|おしゃれでちょっとしたプレゼントにも!

『ラミーサファリ』のシャーペンは、カジュアルでおしゃれなデザインが魅力。赤や黄色などのビビットなカラーも展開されていて、地味になりがちな筆記具のアクセントや、ちょっとしたプレゼントにもぴったりです。くぼみつきのグリップや大型ワイヤークリップなど、見た目だけでなく使いやすさにもこだわったつくりになっています。今回は、『ラミーサファリ』のシャーペンのレビューを紹介。実際に試してみて、デザインだけでなく使い心地までしっかりとチェックしました。デザインや機能性にこだわったシャーペンがほしいというあなたは、ぜひ記事をご覧になってくださいね!


グラフギア1000の重さは気になる? 魅力や気になる評価を試して検証

グラフギア1000の重さは気になる? 魅力や気になる評価を試して検証

『グラフギア1000』は、ぺんてるが販売する製図用シャーペン。筆記性能だけでなく、ペン先を収納してガイドパイプが折れるのを防ぐ機能や開閉式クリップなど、携帯性のよさも魅力です。しかし、なかには重いと評価する気になる口コミも。今回は、『グラフギア1000』を実際に購入し、試した使用感を紹介していきます。ぜひ記事を読んで購入する際の参考にしてくださいね!


グラフ1000はかきやすいかを試して検証! 0.3mmなど芯径によるちがいも

グラフ1000はかきやすいかを試して検証! 0.3mmなど芯径によるちがいも

『グラフ1000』は1986年の発売以来ロングセラーの製図用シャーペン。すぐれた使い心地で、製図だけでなく文字やイラストをかくのにもぴったりの1本です。今回はこの『グラフ1000』を購入し、かきやすさや持ちやすさなど、実際に試してわかった使用感をくわしく紹介していきます。0.3~0.9mmまで5種類の芯径ラインナップがありますが今回は、0.3mm、0.5mm、0.7mmを用意しました。芯径ごとのかき味のちがいもレビューしていくので、ぜひ記事を読んで『グラフ1000』を購入する際の参考にしてくださいね!


関連するブランド・メーカー


Pentel(ぺんてる)

新着記事


丸大豆せんべいはホッとする味? 実際に食べて口コミや評判を検証しました

丸大豆せんべいはホッとする味? 実際に食べて口コミや評判を検証しました

三幸製菓が販売している「丸大豆せんべい」。どこか懐かしさを覚えるようなパッケージに安心感が芽生えます。インターネットで口コミや評判を調査してみても、味や食感に満足している人が目立ちますが、実際はどうなのか気になるところ。そこで、今回は丸大豆せんべいを実食してみます。口コミや評判と比較しながら、味や食感について検証してみました。


MicrosoftのArc Mouseは使いやすいのか? 実際に使用して検証してみた

MicrosoftのArc Mouseは使いやすいのか? 実際に使用して検証してみた

折り曲げて使うという従来のマウスとはまったく違うデザインがひときわ目を引くMicrosoftの『Arc Mouse』。ただ奇抜なデザインというだけでなく、薄くて軽量なのでバッグなどに収納しやすく、持ち運びがしやすいというメリットも。外出先で使うのに役立ちそうな『Arc Mouse』ですが、使い心地はどうでしょうか。この記事では、実際に『Arc Mouse』を購入し、商品の特徴や操作性などを検証してみました。


ELECOMのMXGM10DBは使いやすい? 実際に使用して検証してみた

ELECOMのMXGM10DBは使いやすい? 実際に使用して検証してみた

ELECOMのワイヤレスマウス『MXGM10DB』。手の形状をもとにした握りやすいフォルムで、使う場所を選ばないBlueLED搭載などをウリにしています。そしてなんといっても魅力的なのは、選びやすい価格。安いうえに機能性にもすぐれたコストパフォーマンスのいい商品です。この記事ではそんな『MXGM10DB』を実際に購入して、商品の特徴や操作性などを検証してみました。


幅広いシーンで活躍する! 『ケイト アイブロウ』使用感や落ちやすさを検証レビュー

幅広いシーンで活躍する! 『ケイト アイブロウ』使用感や落ちやすさを検証レビュー

顔の印象を決めるといわれるほど重要なまゆ。メイクの中で、まゆに多くの時間を割く女性も多いのではないでしょうか。現在は、ペンシルやリキッド、まゆマスカラなど、さまざまな種類のアイブロウアイテムがあるので、どれが自分に合っているのかわからない人も多いはずです。そこで今回は、プチプラで注目を集めるケイトのアイブロウを紹介します。実際にケイトのアイブロウを使った人の口コミや評判も紹介しているので、ぜひ参考にしてくださいね。


ブルボン バタークッキーの評判や口コミの真実は? 実際に食べて徹底レポート

ブルボン バタークッキーの評判や口コミの真実は? 実際に食べて徹底レポート

ブルボンから発売されている『バタークッキー』は、赤いパッケージに小麦と商品の実物の画像が描かれていて、明るくておいしそうなイメージ。インターネットの評判を見るとよい評価がたくさん見られますが、はたしてそのレビューは信じてもいいのでしょうか。そこで、『バタークッキー』を実際に購入して、口コミの是非を徹底検証しました。クッキー好きの方は、ぜひ見逃さずにご覧ください。


生活雑貨・日用品の人気記事


>>もっと見る