スマッシュは書きやすい! 女子でも使いたい実力を実際に試して検証

スマッシュは書きやすい! 女子でも使いたい実力を実際に試して検証

「スマッシュ」は30年以上前に発売されて以来、いまなお売れ続けているロングセラーのシャーペンです。近年SNSを中心に話題にもなった商品で、気になっているという方も多いのではないでしょうか。この記事では、スマッシュを実際に購入して、その実力を検証してみました。スマッシュは男子だけでなく、書き心地を求める女子にもおすすめ! スマッシュを買おうか悩んでいる方は、ぜひ記事を参考にしてみてくださいね。


スマッシュの使い心地を実際に試して検証 カッコいいだけじゃない!

スマッシュの全体

スマッシュはオートバイをモチーフにデザインされた、カッコよさ際立つシャーペン。真っ黒なボディに印象的な四角い突起つきのグリップ、蛇腹のノック部など男心をくすぐるデザインが特徴です。

一時期は「0.5mm」を除き廃盤になるなどしていましたが、近年カッコよさや書き心地のよさが再認識されるようになり再びヒット。復刻を望む声を受け、廃盤になっていた0.3mmも再販するなど、今なお多くのユーザーに支持されています。

しかし、デザインのよさはパッと見ただけでもわかりますが、使い心地は判断できないもの。この記事では、スマッシュを実際に購入して検証してみました。スマッシュの実力を知って、あなたが持つべき一本を選ぶ際の参考にしてください。

スマッシュとは 30年以上のロングセラー!

スマッシュの誕生は1987年。ぺんてるの製図用シャーペン「グラフ1000」のスペックをいいとこどりした一般向けのアイテムとして登場しました。同年にはグッドデザイン金賞を受賞。発売当初から一切マイナーチェンジをしていないにもかかわらず、30年以上にわたりロングセラーになっている商品です。

まずはスマッシュがどんなシャーペンなのか、特徴についてくわしく見ていきましょう。

タフに使っても安定して書ける設計

スマッシュはシャーペンでは珍しく、口金(くちがね)とよばれるペン先部分とグリップが一体になっています。このため、ハードに使っても途中でペン先が緩んでガタつくことがなく、安定した筆記が可能です。

また、芯をつかんで繰り出す役割をする内部パーツの「チャック」が金属製なのもポイント。プラスチック製チャックを使った安価なシャーペンと違い、紙に強く押し込んでも芯先が引っ込むことがありません。

持ちやすさアップのための工夫も

グリップには四角い突起のすべり止めがついています。また、ペン先に重心がいくよう低重心に設計されているのも特徴です。

スマッシュの口コミや評判は?

スマッシュ口コミ

スマッシュを実際に使ったユーザーはどのような感想を持っているのでしょうか。口コミや評判を調べてみたところ、学生から社会人まで幅広い世代の方に使われていることがわかりました。

何年も愛用するリピーターも 使い心地を評価する声が多数!

「書きやすい」、「持ちやすい」と使い勝手のよさを高く評価する意見が多く見られました。ほかのシャーペンが使えなくなると、学生の頃から社会人になってもずっと愛用しているという声も。金属部品も多く使われた商品ですが、「軽い」という口コミも多く見られました。

スマッシュに対する否定的な声も

グリップを強く握るひとや長時間使用するひとなどから、グリップが細く硬いため疲れやすいという意見が少なからず見られました。また、「軽い」と重量感を肯定的にとらえる声がある一方で、軽すぎて書きにくいと感じる人もいるようです。

スマッシュを実際に体験してわかったことは

ここからは、スマッシュを実際に購入して試したレビューを紹介していきます。デザイン・書きやすさ・もちやすさ・芯の折れにくさを中心に、実際に手に取り書いてみてチェックしました。

実際に手にしたデザインの印象は?

スマッシュのデザイン

まずはスマッシュのデザインをチェック。真っ黒なボディに、赤いロゴがアクセントになっていて大人が使っても違和感がないおしゃれなルックスです。デザイン的には、男性向けという印象。100円程度のシャーペンとはひと味ちがう、凝ったデザインで文房具好きの方の所有欲も満たしてくれそうです。

さらさら書ける! 軽快な書き心地を実感

スマッシュの書き心地

つぎはスマッシュの書き心地を試してみました。スムーズに動かせて、さらさらと軽快にペンが進みます。軽くて書きにくいという口コミもありましたが、実際に試しても軽さをデメリットに感じることはありませんでした。

低重心に設計されているため、ウェイトバランスがよく動かしやすいのでしょう。試しにおなじくらいの重量のシャーペンと書き心地を比較してみましたが、スマッシュのほうが書き心地がよく感じました。

スマッシュで絵を描く

製図用シャーペンを一般向けにした商品ということなので、イラストをかくのにも使用してみました。ペン先が動かしやすく、楽しくなる書き心地です。また、芯が出るパイプの部分が長いため、紙面がペン先で隠れないのも便利でした。かいている部分が見やすく、こまかい部分のかき込みがラクにできます。

口金一体型で安定感があるということですが、たしかに強く押し込んでもブレません。こまかいHB~Fまで8段階で芯硬度を表示できる窓もあるため、何本か用意しておき、かく内容に合わせて芯の濃さを使い分けるのもよさそうです。

細軸で握りやすい! 凸凹グリップも気持ちいい

スマッシュの持ち心地

シャーペンを選ぶうえでは持ち心地のよさも重要なポイント。スマッシュの持ち心地はどうでしょうか。軸は細身で、しっかり手に収まります。凸凹のグリップで滑りにくく、握りこまなくても安定して持っていることができました。

力を込めずに持てるので、比較的手も疲れにくそうです。また、持ちやすく安定しているため、思いどおりに動かすことができると感じました。

そして、驚いたのがグリップの四角い突起の感触。握るとプチプチとした不思議な感触がします。授業中などに、無意識にプチプチ触ってしまいそうなクセになる触り心地です。

ただし、この突起部分にクッション性はなく、握っているとグリップ本体のかたい感触がやや手に響きます。筆圧が高く、強く握りこんで筆記するスタイルの方の場合は手が痛くなってしまうかもしれません。

芯の折れにくさや使って気づいた使用上の注意は

スマッシュの使用上の注意点

通常に使用する範囲では、途中で芯が折れることもなくスムーズに筆記できました。ただし、芯が出る先端の金属部分が長めなので、このパイプが歪んでしまわないかがやや心配。パイプが歪めば、おそらく芯も折れやすくなってしまうでしょう。とくに使わないときもパイプが収納できないつくりなので、落下などで破損してしまわないよう、扱いにはやや注意が必要かもしれません。

Pentel(ぺんてる)『スマッシュ(Q1005-1)』

ぺんてるシャープペンスマッシュ0.5mmQ1005-1ブラック0.9cm×13.9cm ぺんてるシャープペンスマッシュ0.5mmQ1005-1ブラック0.9cm×13.9cm ぺんてるシャープペンスマッシュ0.5mmQ1005-1ブラック0.9cm×13.9cm ぺんてるシャープペンスマッシュ0.5mmQ1005-1ブラック0.9cm×13.9cm ぺんてるシャープペンスマッシュ0.5mmQ1005-1ブラック0.9cm×13.9cm ぺんてるシャープペンスマッシュ0.5mmQ1005-1ブラック0.9cm×13.9cm ぺんてるシャープペンスマッシュ0.5mmQ1005-1ブラック0.9cm×13.9cm ぺんてるシャープペンスマッシュ0.5mmQ1005-1ブラック0.9cm×13.9cm ぺんてるシャープペンスマッシュ0.5mmQ1005-1ブラック0.9cm×13.9cm

出典:Amazon

サイズ 軸径11mm×長さ139mm
芯径 0.3、0.5mm
重量 13g

スマッシュは書き心地を求めるひとにおすすめ 女子にも使ってみてほしい

スマッシュチャート

スマッシュを試した感想をチャートにしてみました。
※執筆者の主観を数値化したものです。

ここまで、ぺんてるのシャーペン「スマッシュ」を実際に購入して試し、実力を検証してきました。

もし、あなたがソフトな持ち心地をいちばんに求めるのなら、ほかのシャーペンを購入することをおすすめします。スマッシュはグリップが細く、四角い突起はクッションの役割をほとんど果たしていません。しかし、細軸で持ちやすいのは書き心地のよさを高めるうえではむしろメリット。手になじみ、思いどおりの線をかくことができます。重心も低めで動かしやすく、書きやすさを重視するならきっと満足できるでしょう。

さらさらと軽快に書けて、文字だけでなくイラストをかくのにもおすすめ。カッコいいデザインで男性向けのイメージですが、スムーズな書き心地を求める女子にもぜひ試してほしい商品です。きっと手放せない一本になりますよ。

細芯好みの方は、2019年に復刻した0.3mmモデルを選ぶのもいいでしょう。0.5mmに比べてシャープな線が書けるので、複雑な漢字をかくことが多い国語や社会科などの教科の学習にもぴったりです。

あなたもスマッシュの魅力をぜひ体感してみてください!

そのほかのシャープペンの記事はこちら 【関連記事】

※紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。写真の見え方により、色味などが実際のものと多少異なる場合があります。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更していたり、製造・販売が中止されている場合があります。

(制作協力:高野、掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2020/10/15 一部修正のため、記事を修正しました。(マイナビおすすめナビ編集部 横尾忠徳)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


強い筆圧でも芯が折れない!『オ・レーヌ シールド』の使い心地を検証レビュー

強い筆圧でも芯が折れない!『オ・レーヌ シールド』の使い心地を検証レビュー

『オ・レーヌ シールド』は、芯を支える軸の構造を見直したことで、一般のシャープペンより15倍も芯が折れにくい商品です。そのため、筆圧が強く、仕方なく鉛筆を使っていた人や、頻繁に芯が折れないよう力をセーブして使っていた人のあいだで「ストレスが減った」と話題になっています。芯が折れにくいことを謳っている商品はほかにもあるため、『オ・レーヌ シールド』がどれほど折れないのか気になるところ。本記事では『オ・レーヌ シールド』を実際に購入し、機能性について検証してみました。新しいシャープペンを探している人はぜひ一度読んでみてください。


重厚感のあるレトロなフォルム!『万年CIL(ケリー)』携帯もしやすいキャップ式シャープペンの使い心地を検証レビュー

重厚感のあるレトロなフォルム!『万年CIL(ケリー)』携帯もしやすいキャップ式シャープペンの使い心地を検証レビュー

『万年CIL(ケリー)』は、シャープペンとしては珍しいキャップがついているタイプで、ポケットに入れて持ち歩いてもペン先で傷つかないのが特徴です。また、万年筆のような見た目で、レトロさや重厚感があるところも人気の理由。しかし、筆記具として使うからには、見た目のよさだけでなく、書き心地も気になるところです。本記事では、『万年CIL(ケリー)』を実際に使い、握りやすさ、書きやすさ、芯の折れにくさなどの使い心地を徹底検証してみました。『万年CIL(ケリー)』に興味をもっている人はぜひ読んでみてください。


【2021年版】シャーペンのおすすめ人気ランキング37選|木軸や高級モデルもご紹介

【2021年版】シャーペンのおすすめ人気ランキング37選|木軸や高級モデルもご紹介

この記事では、500人に調査した「おすすめシャーペン人気ランキング」をご紹介します。大人から子供まで誰もが一度は使う文房具であるシャーペン。種類が豊富で選ぶのに悩むものではないでしょうか。勉強用やマークシート用、イラスト・製図用、プレゼント用など、用途別の選び方もご紹介します。折れない・疲れにくい・使いやすいシャーペンを選んでみてください。記事後半では、amazonなど通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミもぜひ参考にしてくださいね。


多機能ペンのおすすめ15選|人気のジェットストリームやパイロットも!

多機能ペンのおすすめ15選|人気のジェットストリームやパイロットも!

1本で複数のボールペンやシャーペンを使い分けできる「多機能ペン」。ペンをいくつも持ち歩く必要がなく、書くときにもわざわざペンを交換する必要がありません。この記事では、多機能ペンの選び方とおすすめ商品をご紹介します。プレゼントにおすすめな高級感のある商品や、細身で持ちやすいタイプなどもあります。記事後半では、amazonなど通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミもぜひ参考にしてください。


0.3mmシャーペンおすすめ16選【折れにくく書きやすい!】かわいいデザインも

0.3mmシャーペンおすすめ16選【折れにくく書きやすい!】かわいいデザインも

芯が細い0.3mmのシャーペン(シャープペンシル)は、種類が少なく価格も高めですが、製図用にも使われスタイリッシュなデザインが普通のシャーペンと一線を画しています。この記事では、そんな0.3mmシャーペンの選び方とおすすめの商品を厳選! 人気のドクターグリップやクルトガはもちろん、かわいいデザインの商品も紹介します。記事の最後には、amazonなど通販サイトの最新人気ランキングも載せているので、売れ筋や口コミもあわせてチェックしてみてください。


関連するブランド・メーカー


Pentel(ぺんてる)

新着記事


パソコンの買い替え時期はいつ?平均寿命と故障のサイン

パソコンの買い替え時期はいつ?平均寿命と故障のサイン

パソコンの調子があまりよくないと、買い替えを検討しますよね。パソコンを買い替えるなら、なおせる不具合なのか、なおせない故障なのか見極めたいところ。デスクトップやノートパソコンなどパーツそれぞれに寿命が違い、さまざまな症状が出てきます。原因によっては部品だけ買い替えるだけでもよく、寿命を知れば買い替えるタイミングもわかるでしょう。この記事では、パソコンの買い替え時期を見極める方法をご紹介します。


カメラの買取やリサイクル時の注意点を解説!そのほかの処分方法も紹介

カメラの買取やリサイクル時の注意点を解説!そのほかの処分方法も紹介

使わなくなった古いカメラを処分するとき、その方法はどうすればいいのでしょうか。カメラの処分方法としておすすめしたい方法は「買取」です。買い取りであれば、普通に捨てるだけでは得られない買取金を得ることができるからです。新しいカメラを買うときの足しにもなります。今回は古くなったり使わなくなったカメラを新しいカメラへ買い替えを検討している方に、買取をはじめその処分方法をご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。


ニキビの塗り薬おすすめ12選|高校生などの思春期ニキビから大人ニキビまで!

ニキビの塗り薬おすすめ12選|高校生などの思春期ニキビから大人ニキビまで!

さまざまな原因で起こるニキビ。薬を使って早く治したいですよね。場合によっては皮膚科を受診することも大切ですが、市販薬も販売されています。この記事では、医療ライターの西村テツジさんへの取材をもとに、ニキビ用塗り薬の選び方や思春期ニキビ・大人ニキビにおすすめの塗り薬を12点ご紹介。商品選びの参考にしてください。


空気清浄機の寿命は何年? 買い替えサインや耐用年数、故障の原因も解説

空気清浄機の寿命は何年? 買い替えサインや耐用年数、故障の原因も解説

空気清浄機は快適な空間作りには欠かせないアイテムですが、故障などの異常がわかりにくく、どのタイミングで買い替えをすべきか悩むことがありますよね。しかし空気清浄機にも寿命があり、さまざまなサインを出していることがあります。この記事では空気清浄機の寿命や買い替えサイン、故障の原因、長く使うためのポイントなどをご紹介します。


掃除機の寿命は何年?タイプで違う買い替えサインや故障の原因

掃除機の寿命は何年?タイプで違う買い替えサインや故障の原因

ほぼ毎日使う掃除機は、長く使えるものは10年以上使えますが、寿命が短いものは数年で使えなくなってしまうことはあまり知られていません。最近吸引力が弱くなってきた、途中で止まってしまうことが増えた場合は、そのタイミングで修理や買い替えを検討しましょう。この記事では、掃除機の寿命や故障の原因をタイプごとに詳しく紹介しています。掃除機の買い替えを検討している際は、ぜひ参考にしてください。


マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、安心・べんりなお買い物サポートメディアです。知識豊富なエキスパートがあなたの欲しいモノ、商品の選び方、情報を解説してサポート。ユーザーアンケートや人気ランキングなど、役に立つ情報で満足いくお買い物を「ナビ」します。

 

生活雑貨・日用品の人気記事


>>もっと見る