ドライアイロンおすすめ6選|使うメリットは⁉ プロの家電販売員に取材

パナソニック 自動アイロン(ドライアイロン) ブラック NI-A66-K
出典:Amazon
プロの家電販売員 兼 家電・ITライター
たろっさ

家電量販店、家電情報ブログ「家電損をしない買い方をプロの販売員が教えます」を運営するプロの現役家電販売員。 学生時代から家電に対する並々ならぬ興味を持ち、アルバイトを経てそのまま家電量販店の道へと進んで15年弱。 個人で年間2億円を売り上げ、数々の法人内コンテスト等で表彰された経験を持っています。 家電アドバイザーの資格を有し、家電と名の付く物全てに精通しています。家電で分からないことはありません。 現在は家電ライターの業務も通して「全ての人が平等に良い家電に巡り会える機会の提供」に尽力しています。

プロの家電販売員・たろっささんに取材のもと、ドライアイロンの選び方とおすすめ6選を紹介します! ドライアイロンはスチーム機能がないものの、その分軽くてお手入れもかんたん。さらにお手ごろな価格で購入できるのがメリットです。この記事では、人気のパナソニックや持ち運びできる折りたたみ式も厳選。さらに後半では通販サイトの人気売れ筋ランキングも掲載しているので、ぜひチェックしてくださいね。


ドライアイロンの魅力 スチームアイロンとの違いは?

高温の熱により衣類のシワを伸ばすドライアイロンは、無駄を省いたシンプルなデザインが特徴。スチーム機能付きアイロンより比較的軽く、女性でも使いやすいアイテムです。

また、スチームを使わないので水垢で調子が悪くなることもなく、メンテナンスがかんたんなのも魅力的。比較的お手ごろな価格で購入することができるのもうれしいポイントです!

ドライアイロンの選び方 プロの家電販売員に聞いた!

プロの家電販売員・たろっささんに取材のもと、ドライアイロン選びのポイントを紹介します。ぜひ参考にして、自分に合った商品を選んでみてくださいね。

消費電力を確認!「700ワット前後」がおすすめ

消費電力の高さに比例して、アイロンのかけ面の温度は上がります。消費電力が低すぎるとシワを伸ばすのに時間がかかり、電気代が高くなる傾向にあります。

電気代を節約しながら効率よくアイロンがけをするには、「700ワット前後」のものを選ぶのがおすすめです。

アイロンの重量で選ぶ

重量もドライアイロンを選ぶ際の大切なポイントです。ドライアイロンが重いとしわが伸ばしやすく、シャツの折り目などもつきやすくなります。仕上がりを重視する場合は、重めのドライアイロンを選びましょう。

扱いやすさを重視する方には、軽めのドライアイロンが適しています。力に自信のない方でも、長い時間使いやすいでしょう。また、出張先のホテルなどへ持ち運びを考えている方には、コンパクトな折りたたみタイプもあります。

温度調節機能があるかもチェック

ドライアイロンに温度調節機能がついているかも確認してみましょう。綿・絹・レーヨンなど衣類に使われている素材はさまざまです。素材に応じて適切な温度でアイロンがけをしないと、衣類を傷めてしまう可能性があります。

温度調節機能つきのドライアイロンなら、布地や衣類にやさしい温度を選んでアイロンをかけることができます。

立ち上がり時間は早いものがベター

電源を入れてからの立ち上がり時間を確認してみましょう。立ち上がりに時間がかかると、電気代がかかってしまうこともあります。

また、立ち上がりが早ければ、急いでいるときでもすぐに作業ができるので便利です。電気代を節約したい、使い勝手のいいドライアイロンを探している方は要チェックです。

デザインのよさも見逃せないポイント プロの家電販売員からのアドバイス

プロの家電販売員 兼 家電・ITライター

ベース面の滑りやアイロンの消費電力、重量などももちろん大事ですが、現状あえてスチームではなくドライアイロンを選ぶ方に一番多いのがデザイン面での優位性です。コストも安く上げられるのは魅力ですが、それ以上にパナソニックやDBKなどから出ている無骨なデザイン、かつ機能性もすぐれているものが非常に売れています。デザイン性で選ぶというのも立派な選び方の一つです。

また、ドライアイロンといっても水分を塗布しながらかけることによってシワの伸びは全然違います。別途霧吹きを用意しなければいけない点は注意しましょう。

ドライアイロンのおすすめ6選 パナソニック、DBKなど人気モデルも厳選!

ここからは、ドライアイロンのおすすめ商品6選を紹介します。使い勝手のいいスタンダードなものから、携帯性にすぐれたコンパクトなアイテムまでさまざまな商品を揃えています。ぜひ参考にしてみてください。

プロの家電販売員 兼 家電・ITライター

ドライアイロンというと、一番最初に思いつくデザインがパナソニック「自動アイロン」です。

操作はダイヤル調節のみとなっており、アイロンを触ったことがない方でもラクに使用できるカンタンさがウリです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Panasonic(パナソニック)『自動アイロン(NI-A66)』 プロの家電販売員が推薦!

Panasonic(パナソニック)『自動アイロン(NI-A66)』 Panasonic(パナソニック)『自動アイロン(NI-A66)』 Panasonic(パナソニック)『自動アイロン(NI-A66)』 Panasonic(パナソニック)『自動アイロン(NI-A66)』 Panasonic(パナソニック)『自動アイロン(NI-A66)』 Panasonic(パナソニック)『自動アイロン(NI-A66)』 Panasonic(パナソニック)『自動アイロン(NI-A66)』

出典:Amazon

サイズ 25.9×11.6×11.1 cm
重量 880g
消費電力 700W
温度調節機能 有り
立ち上がり時間 30秒

フッ素コートで使いやすいレトロなアイロン

昔ながらのレトロなデザインのアイロンです。シンプルにまとまっていて、無駄のないフォルムが魅力。操作もかんたんで扱いやすい商品です。

フッ素加工がされているので、のりがつきにくいのも特徴。滑りやすさも考慮されており、アイロンがけもスイスイ終わります。また、0.8kgとドライアイロンとしては重めなのもポイント。しわも伸ばしやすく、仕上がりを重視したい方におすすめです。

プロの家電販売員 兼 家電・ITライター

東芝「ハンディアイロン」は、シワが気になる場所をサッと挟んでプレスするだけという、ありそうでなかった便利グッズです。

出張先での朝の身だしなみや外出先での気になる服のシワを伸ばすことができる、ビジネスマン必携の製品になっています。

東芝『ハンディアイロン(TA-H3)』 プロの家電販売員が推薦!

東芝(TOSHIBA)ハンディアイロンブラックTA-H3(K)

出典:Amazon

サイズ 3×12×13cm (閉じた状態)
重量 約265g
消費電力 40W
温度調節機能 無し
立ち上がり時間 30秒

外出前に気になる折り目もサッと挟んで手軽にお直し

パタンとはさむだけで使える、手軽なハンディアイロンです。衣類だけではなくネクタイやハンカチなどの小物にも活躍してくれます。手のひらサイズで持ち運びしやすいのもポイント

使用したあとも熱いプレス板は閉じてロックが可能なので、すぐに収納できます。あて布を使う必要もなく、ハンガーにかけたままアイロンがけができるので、出張時のホテルなどでも活躍してくれるでしょう。

プロの家電販売員 兼 家電・ITライター

こちらは、立ち上がりの早さと本体重量の軽さが大きな魅力のDBK「ドライアイロン」です。

軽くて細かいアイロンがけもしやすくなっているため、手芸や工作などの仕上げにも向いています。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

DBK『ドライアイロン』 プロの家電販売員が推薦!

DBK『ドライアイロン』 DBK『ドライアイロン』 DBK『ドライアイロン』 DBK『ドライアイロン』 DBK『ドライアイロン』 DBK『ドライアイロン』

出典:Amazon

サイズ 11.2×23.5×10.7cm
重量 約620g
消費電力 770W
温度調節機能 有り
立ち上がり時間 60秒

操作方法もかんたん&シンプルで使いやすい!

使いやすさを追求したシンプルなデザインが特徴で、操作方法も温度調整ダイヤルを回すだけとかんたんです。立ち上がり時間は約60秒。時間がないときでもすぐにアイロンがけができます。

また、フレキシブルコードによりアイロンの動きに合わせてコードが上下するので、邪魔になりにくくスムーズにアイロンをかけられます。

HIMETSUYA『ドライ 専用 アイロン』

HIMETSUYA『ドライ専用アイロン』 HIMETSUYA『ドライ専用アイロン』 HIMETSUYA『ドライ専用アイロン』 HIMETSUYA『ドライ専用アイロン』 HIMETSUYA『ドライ専用アイロン』 HIMETSUYA『ドライ専用アイロン』 HIMETSUYA『ドライ専用アイロン』 HIMETSUYA『ドライ専用アイロン』

出典:Amazon

サイズ 25.2×12.8×11.4cm
重量 720g
消費電力 700W
温度調節機能 有り
立ち上がり時間 60秒

熱伝導率がが高くスムーズなかけ心地

アルミ製熱板が使用されているため、熱伝導率が高く立ち上がりが早いのが特徴です。スイッチを入れたらすぐに使いはじめられ、時間がないときでも手早くシワが伸ばせます。また、軽量なので使い続けても腕が疲れにくいでしょう。

かけ面にはフッ素樹脂加工がされており、適度な滑りやすさを実現しています。衣類にひっかかることなくスムーズにアイロンがけができますよ。

HIMETSUYA『ドライ 専用 アイロン』

HIMETSUYA『ドライ専用アイロン』 HIMETSUYA『ドライ専用アイロン』 HIMETSUYA『ドライ専用アイロン』 HIMETSUYA『ドライ専用アイロン』 HIMETSUYA『ドライ専用アイロン』 HIMETSUYA『ドライ専用アイロン』

出典:Amazon

サイズ 10×5.1×6.3cm
重量 200g
消費電力 600W
温度調節機能 なし
立ち上がり時間 60秒

超軽量でコンパクト! 旅行先にも持ち運べる

折りたたみ式のハンドルタイプでコンパクトに収納が可能。重量も軽いので出張や旅行にも便利です。専用のポーチが付属しているのもうれしいポイント! かけ面にはフッ素加工が施されており、スムーズなアイロンがけが可能です。

また、コンパクトサイズなのでこまかい作業にも適しており、ワッペンの貼り付けなどの手芸用としても活躍してくれます。

アイテック『2WAYコンビニアイロン AQS-1048』

アイテック『2WAYコンビニアイロンAQS-1048』 アイテック『2WAYコンビニアイロンAQS-1048』 アイテック『2WAYコンビニアイロンAQS-1048』 アイテック『2WAYコンビニアイロンAQS-1048』 アイテック『2WAYコンビニアイロンAQS-1048』 アイテック『2WAYコンビニアイロンAQS-1048』 アイテック『2WAYコンビニアイロンAQS-1048』

出典:Amazon

サイズ 22.8×15.2×5cm
重量 460g
消費電力 200W
温度調節機能 有り
立ち上がり時間 60秒

押しても挟んでも使える2wayタイプ!

2wayタイプのドライアイロンです。挟み込んでズボンの折り目付けをしたり、開いてしわを伸ばしたりと便利に使うことができます。6段階の温度調整機能も付いているので、衣類を傷めにくいのもうれしいポイントです。

折りたたみ式で持ち運びもしやすく、出張や旅行でも活躍してくれるでしょう。家でも出先でも使える、汎用性の高い1台です。

「ドライアイロン」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
Panasonic(パナソニック)『自動アイロン(NI-A66)』
東芝『ハンディアイロン(TA-H3)』
DBK『ドライアイロン』
HIMETSUYA『ドライ 専用 アイロン』
HIMETSUYA『ドライ 専用 アイロン』
アイテック『2WAYコンビニアイロン AQS-1048』
商品名 Panasonic(パナソニック)『自動アイロン(NI-A66)』 東芝『ハンディアイロン(TA-H3)』 DBK『ドライアイロン』 HIMETSUYA『ドライ 専用 アイロン』 HIMETSUYA『ドライ 専用 アイロン』 アイテック『2WAYコンビニアイロン AQS-1048』
商品情報
特徴 フッ素コートで使いやすいレトロなアイロン 外出前に気になる折り目もサッと挟んで手軽にお直し 操作方法もかんたん&シンプルで使いやすい! 熱伝導率がが高くスムーズなかけ心地 超軽量でコンパクト! 旅行先にも持ち運べる 押しても挟んでも使える2wayタイプ!
サイズ 25.9×11.6×11.1 cm 3×12×13cm (閉じた状態) 11.2×23.5×10.7cm 25.2×12.8×11.4cm 10×5.1×6.3cm 22.8×15.2×5cm
重量 880g 約265g 約620g 720g 200g 460g
消費電力 700W 40W 770W 700W 600W 200W
温度調節機能 有り 無し 有り 有り なし 有り
立ち上がり時間 30秒 30秒 60秒 60秒 60秒 60秒
商品リンク

※各社通販サイトの 2020年7月24日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年7月25日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年7月24日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年7月24日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年7月24日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年7月24日時点 での税込価格

ドライアイロンの使い方

アイロンをかける前に洗濯表示タグを確認しましょう。アイロン使用の可否と、適した温度が記号で記載されています。

タグを確認したら、素材に合った温度に設定してアイロンがけを行ないましょう。綿や麻などのしわを取るときは、霧吹きで水分を含ませます。水シミができやすい絹などの素材には、霧吹きを使わず当て布をしてアイロンをかけるとよいでしょう。

襟や首元などのこまかな部分からはじめて、最後に袖やお腹部分など布面積が広い部分にアイロンをかけます。折り目をしっかり意識して、ゆっくりシワを伸ばすようにかけていきましょう。

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする ドライアイロンの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでのドライアイロンの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:アイロン・スチーマーランキング
楽天市場:アイロンランキング
Yahoo!ショッピング:アイロンランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

【関連記事】そのほかアイロンのおすすめはこちらで紹介!

白物家電のプロ・コヤマタカヒロさんによる2020年版ベスト10と501名にアンケート調査した選び方のポイント、メーカー別人気機種をご紹介します。また、人気の衣類スチーマーの主要人気機種もご紹介。ぜひ、アイロン選びの参考にしてみてください。

スチームアイロンのトレンドとおすすめ商品を紹介。手軽に使えるハンディタイプ、スチーム量やパワー(消費電力)を高めたパワフルタイプ、衣類スチーマーとの2WAYタイプなど、さまざまなスチームアイロンについて、プロの家電販売員であるたろっささんへの取材をもとに、選び方のポイントとおすすめ商品をご紹介...

IT・家電ライターの河原塚英信さんに取材をして、コードレスアイロンのおすすめ商品と選び方のポイントをお聞きしました。アイロンかけ面のコーティング、スチーム機能、形状、連続使用時間など、購入前に知っておきたい知識について解説されています。また、T-fal、Panasonic、TOSHIBA、HI...

IT&家電ライターの秋葉けんたさんにトラベルアイロンについてお話をうかがい、出張や旅行、ミニマリストにもピッタリな軽くてコンパクトなトラベルアイロンをご紹介します! 通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、ぜひ参考にしてくださいね。

まとめ

この記事では、ドライアイロンの選び方とおすすめ6選を紹介しました。

ドライアイロンの重さによってしわの伸ばしやすさや扱いやすさが変わります。仕上がりのよさを求めるなら重めのもの、扱いやすさを重視するなら軽めのものを選びましょう。また、立ち上がり時間が短い方が使い勝手がいいため、ぜひ購入前に確認してくださいね。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


【2020最新】スチームアイロン16選|プロが選ぶおすすめは⁉ 人気の衣類スチーマーも紹介

【2020最新】スチームアイロン16選|プロが選ぶおすすめは⁉ 人気の衣類スチーマーも紹介

プロの家電販売員・たろっささんに取材のもと、スチームアイロンの選び方とおすすめ16選をご紹介! パナソニック・ティファール・日立などの人気メーカーから、スチーム量やパワーを高めたパワフルタイプや手軽に使える衣類スチーマーなど、さまざまな商品をピックアップしました。後半では、商品比較表や通販サイトの人気売れ筋ランキングも掲載しています!


アイロンおすすめ34選&【2020年版】プロ厳選ランキング |501名のアンケート結果も発表!

アイロンおすすめ34選&【2020年版】プロ厳選ランキング |501名のアンケート結果も発表!

白物家電のプロ・コヤマタカヒロさんによる2020年版ベスト10と501名にアンケート調査した選び方のポイント、メーカー別人気機種をご紹介します。また、人気の衣類スチーマーの主要人気機種もご紹介。ぜひ、アイロン選びの参考にしてみてください。


ズボンプレッサーおすすめ5選|簡単・ラクチンにしわを伸ばすことができるので時短に!

ズボンプレッサーおすすめ5選|簡単・ラクチンにしわを伸ばすことができるので時短に!

家電ライターが選ぶズボンプレッサーおすすめ商品をご紹介します。ズボンプレッサーは広い面積を一度にプレスできるので、短時間にしわを取り、きれいな折り目をつけてくれます。そんなズボンプレッサーの選び方を家電ライターの秋葉けんたさんが解説します。最後に各通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、ぜひ参考にしてみてください。


【出張・旅行・ミニマリスト向け】トラベルアイロンおすすめ6選

【出張・旅行・ミニマリスト向け】トラベルアイロンおすすめ6選

IT&家電ライターの秋葉けんたさんにトラベルアイロンについてお話をうかがい、出張や旅行、ミニマリストにもピッタリな軽くてコンパクトなトラベルアイロンをご紹介します! ぜひ参考にしてくださいね。


衣類スチーマーの人気おすすめ16選|【ハンガーに掛けたままシワ伸ばし!】

衣類スチーマーの人気おすすめ16選|【ハンガーに掛けたままシワ伸ばし!】

衣類をハンガーに掛けたまま、キレイにシワを伸ばすことができる衣類用スチーマー。これひとつ持っているだけで、お出かけ前や時間のない朝でも、ラクにアイロンがけが可能です。この記事では、IT・家電ライターの河原塚英信さんと編集部が、衣類スチーマーの選び方、おすすめ16選をご紹介します。記事後半には、上手な衣類スチーマー使い方やAmazonなどの人気売れ筋ランキングやスペック比較表もありますので、ぜひチェックしてみてください。


関連するブランド・メーカー


Panasonic(パナソニック) TOSHIBA(東芝)

新着記事


【プロ厳選ランキング】メンズスノーボードウェアのおすすめ21選|GORE-TEX素材のウェアもご紹介!

【プロ厳選ランキング】メンズスノーボードウェアのおすすめ21選|GORE-TEX素材のウェアもご紹介!

保温性にすぐれており、ウインタースポーツで活躍するメンズスノーボードウェア。さまざまな商品が販売されており、素材や機能性も異なるのでどれを選べばいいか迷ってしまいますね。そこでここでは、メンズスノーボードウェアの選び方のポイントをご紹介していきます。プロスノーボードコーチの出口 超さんと編集部が選んだ、デザイン性と機能性にすぐれたおすすめの商品も一緒にご紹介しますので、ぜひチェックしてみてください。


レディーススノーボードウェアのおすすめ21選|選び方も徹底解説

レディーススノーボードウェアのおすすめ21選|選び方も徹底解説

冬に楽しみたいレジャーは「スノーボード」という方も多いでしょう。スノーボードを思い切り楽しむためにはウェア選びは重要です。おしゃれなウェアを身にまとうと、さらにテンションが上がりますよね。しかし「滑っているうちにびしょ濡れになった」など、ウェア選びに失敗したことがある方も多いようです。この記事では、レディーススノーボードウェアの選び方を解説し、プロスノーボードコーチの出口 超さんと編集部が選んだ、おすすめ21商品をご紹介します。


【プロ厳選ランキング】リーシュコードのおすすめ11選|絡みにくいコードの選び方も解説!

【プロ厳選ランキング】リーシュコードのおすすめ11選|絡みにくいコードの選び方も解説!

サーフィンをするときに忘れてはいけないのが、サーフボードを体につなぎとめておくリーシュコードです。ただ、「大事なのは知っているけれど、どう選べばいいのかわからない」という声もよく聞かれます。リーシュコードは長さや太さなどの種類が多く、なにを選べばいいのか悩む方が多いようです。この記事ではリーシュコードの選び方を解説し、ワイルドライフクリエーターの荒井裕介さんと編集部が選んだ、おすすめの11商品をご紹介します。


【プロ厳選ランキング】サーフィングローブのおすすめ11選|水温に合わせた選び方もご紹介!

【プロ厳選ランキング】サーフィングローブのおすすめ11選|水温に合わせた選び方もご紹介!

寒い地域や冬場のサーフィンに欠かせない「サーフィングローブ」。防寒だけではなく、紫外線やけがなども防いでくれる便利なアイテムです。しかし、各メーカーからさまざまな商品が販売されているので、どれを選べばよいか迷ってしまう人も多いですよね。ここでは、サーフィングローブの選び方のポイントを解説し、ワイルドライフクリエーターの荒井裕介さんと編集部が選んだおすすめ11商品をご紹介します。自分にぴったりのグローブを見つけて、快適にサーフィンを楽しみましょう!


【プロ厳選ランキング】サーフボードケースのおすすめ11選|ニットケースからトラベルケースまでご紹介!

【プロ厳選ランキング】サーフボードケースのおすすめ11選|ニットケースからトラベルケースまでご紹介!

衝撃や紫外線、潮風などで傷みやすいサーフボードを守るために欠かせない「サーフボードケース」。購入しようと思うと種類が多く、サイズやデザインもさまざまで正直どれを選べばいいか迷ってしまいますよね。この記事では、サーフボードケースの選び方を解説し、ワイルドライフクリエーターの荒井裕介さんと編集部が選んだ、おすすめの11商品をご紹介します。


家電・AV機器の人気記事


>>もっと見る