ラバースプレーおすすめ7選|クリアタイプや耐久性のあるタイプまで

エスデザイン『液体ラバースプレー
出典:Amazon

車のボンネットやホイール、ヘルメットなどさまざまな素材に使える「ラバースプレー」。

本記事では、ラバースプレーの選び方とおすすめ商品をご紹介。記事後半には、ラバースプレーの上手な使い方、通販サイトの口コミや評判、最新人気ランキングやスペック比較表もありますので、ぜひチェックしてみてください。


目次

この記事を担当するエキスパート

自動車ライター/エディター
塚田 勝弘

自動車雑誌、モノ系雑誌の新車担当編集者を約10年務めた後に独立し、フリーランスライター/エディターとして約12年が経過。自動車雑誌、モノ系雑誌、ライフスタイル雑誌、Web媒体などで新車試乗記事やカーナビやカーオーディオ、カー用品、カーエレクトロニクスなどを執筆しているほか、自動車メーカー関連の公式サイトの執筆や監修なども行っている。

マイナビおすすめナビ編集部

担当:自動車・バイク
大熊 武士

「自動車・バイク」カテゴリーを担当。休日は車やバイクでドライブ・ツーリングを満喫し、ゴルフ、釣り、キャンプといったアウトドア全般を楽しむパパ編集者。おすすめルートは草津から志賀高原に抜ける日本一高い国道292号線。元WEBデザイナーでIT編集者という経歴も持つ。

記事中の本文・商品の選定・ランキングなどのコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作され、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。広告は「PR」と表記し明確に区別しています。

車の塗装に便利な「ラバースプレー」とは?

緑色の車

Photo by Denin Lawley on Unsplash

ラバースプレーは、車やバイクなどに使用できる塗料のこと。素人でも簡単に車の塗装ができるアイテムで、きれいに剥がすこともできるので失敗を気にすることなく塗装が可能。

ラバースプレーはその名の通り、乾燥するとゴム状になる塗料なので、車のボディ以外にもホイールも塗装することができ、気軽に愛車をイメージチェンジすることができます。

ラバースプレーを使用するメリット

ペイントをバックにした赤い車

Photo by Andre Tan on Unsplash

ラバースプレーは塗料が乾燥するとゴム状(ラバー状)になるので、「雨・水・湿気」に強いという大きな特徴があります。しっかりコーティングしてあげれば雨に打たれても簡単に剥がれることなく長期間その色味を楽しむことができます。

その上、塗装に失敗してしまっても一度剥がし何度もやり直すことができるのもメリットに挙げられるでしょう。失敗してみボディに傷をつけることなく剥がすことができるので塗装に自信がない方でも挑戦しやすいですよね。

また、ラバースプレーで塗装した箇所はゴム状の膜でカバーされるため車体の傷を防ぐことができる場合もあります。ラバースプレーでコーティングすれば外からの衝撃による傷が付きにくくなります。

耐久性は大丈夫?ラバースプレーのデメリット

塗装に使用したラバースプレーを簡単に剥がせることはメリットですが、その分耐久性の面で長くても半年程度しかもたない点がデメリットになる場合も。塗装後の車の使用状況や保管状況によって塗装がもつ期間は異なりますが、ほとんどのラバースプレーの耐久期間は3~6ヵ月程度です。

他には、液体がしみこんでしまうような素材には使用できません。車体に使用する上では特に気にする必要はありませんが、DIYなどで使用する場合、木材・紙・布のような素材に吹きかけた場合は液剤を吸い込んでしまうためうまく塗装することができません。念のため覚えておいてくださいね。

ラバースプレーの選び方

はじめにラバースプレーの選び方のポイントをまとめていきます。ラバースプレーにはさまざまな種類があり、ツヤの有無や水性、油性、耐熱性など選び方のポイントもいくつかあります。

それぞれのポイントに合わせて、自分にぴったりの商品を選びましょう。

ツヤの有無やカラーで選ぶ

まずは、ツヤの有無やカラーに注目してみましょう。ツヤの有無で選ぶのもいいですし、イメチェンするときに遊び心を出したいなら蛍光色などを選んでみるのもいいですね。

ツヤの有無で見た目や雰囲気が大きく変わるので、気分や用途に合わせて使い分けてみましょう。それぞれどのような特徴があるのかまとめていきますので、選ぶときの参考にしてみてください。

ゴムの質感が活かせる! ツヤなし

 

ゴム素材ならではの独特な質感を活かしたいなら、ツヤのないマットカラーを選ぶといいです。ラバースプレーは乾くとゴム状のようになり、その質感も楽しむことができます。

また、ツヤなしのものはカラーバリエーションが豊富に揃っているので、好きな色の商品もきっと見つかりますよ。好みや用途に合わせてさまざまな色が使えるのもポイントです。

キレイな発色を楽しめる! ツヤあり・メタリック・蛍光・変幻色

 

きれいな色の発色を楽しみたいなら、ツヤありのものを選ぶといいでしょう。乾くと光沢のある表面に仕上がり、マットタイプとはまた違う印象になります。また、メタリックや蛍光色などのはっきりとした色、見る角度によってさまざまな色彩を見せてくれる変幻色という種類もあります。

塗布する元の色によっては、期待する発色が出ない場合があるので、ホワイトを下塗りしてから塗った方が色が出やすいでしょう。

水性か油性で選ぶ

 

続いては水性タイプか油性タイプで選んでみましょう。水性タイプは乾燥する前であればカンタンに水で洗い流すことができます。使用するときの匂いも少ないので、周囲を気にせず使えます。乾燥しても水で流れ落ちてしまう心配はなく、しっかりと塗装してくれますよ。

油性タイプは水性タイプよりも短時間で乾燥するのがポイントです。耐久性と撥水性も高く、一度塗れば長持ちさせることができます。ただし、油性タイプは匂いが強いため、周囲に迷惑がかからないような場所でおこなうようにしましょう。

速乾タイプかどうかで選ぶ

 

選ぶときに速乾タイプかチェックしておくのも重要なポイントです。一般的なラバースプレーの場合、重ね塗りする前の乾燥時間は約10分程度、完了時点での乾燥は約4時間もかかってしまいます

それぞれメリットデメリットがあるので、順番にご紹介していきます。

作業に慣れている方は速乾性の方が時短できる

作業に慣れて、ラバースプレーの使い方もわかってきた方は速乾性タイプを選びましょう。速乾性タイプであれば、時間がかかってしまう乾燥時間も大幅に時短できます

ただし、速乾性タイプは塗った側からすぐに乾いてしまうので、失敗するとすべてやり直しになってしまいます。ラバースプレーの使い方に慣れていない方や初心者の方にはあまりおすすめできません。

初心者の方はやり直しがしやすい速乾タイプではないもの

はじめてラバースプレーを使用するのであれば、速乾タイプではないものを選びましょう。速乾タイプでなければ塗った瞬間から乾くこともなく、失敗したらその部分だけやり直しできるので安心です。

まずは使い方に慣れることが大切。確実に効率よく作業を進めていきたい方にもおすすめです。

耐熱性を確認

 

耐熱性を確認してみましょう。用途や物に適した耐熱性を持った商品を選ばなければ、塗装しても膜が剥がれたり溶けたりしてしまう可能性があります。ボンネットやヘルメットなど、温度の高低差が起きやすい場所には高い耐熱性を備えたものを選びましょう

目安としては-20度〜100度程度の耐熱性があれば充分です。

スプレーの噴射口は使用しやすいものを!

 

使用しやすいスプレー噴射口を選んでください。ラバースプレーを使用するうえで大切なのは、全体的にムラなく吹きつけられるかどうかです。おすすめなのは噴射口が90度回転可能になっているものや、噴射口が広い特殊ノズルのもの、縦や横の調整を好みでできるようになっているものです。

はじめてラバースプレーを使用する方やまだ数回しか使ったことのない方でも、噴射口が使いやすくなっていればムラなく均一に塗装しやすいでしょう。

カラー展開にも注目しよう!

 

カラー展開にも注目してみましょう。ラバースプレーには、ブラック・ホワイト・シルバー・レッド・ブルー・イエローなどたくさんの種類が揃っています。そして、先述したように、メタリックカラーや蛍光色、変幻色など色の種類もさまざまです。

車の色やスマホの色など、塗装するものに合わせて色を選んでみてください。バリエーション豊富なカラーが揃っているので、さまざまな色を使い分けてみるのもいいですね。

エキスパートのアドバイス

自動車ライター/エディター

はじめてなら、失敗しても落とせる水性タイプを

おもに水性と油性に大別されるラバースプレーは、作業に慣れていないのであれば、乾く前に水で流せる水性がオススメです。油性は乾きやすく、耐久性、撥水性もより高くなる傾向にあります。ほかにも、高い耐熱性を備えたタイプもあり、ボンネットやヘルメットなどに向きます。

おすすめ商品の比較一覧表

画像
パフォーミックス『プラスティ・ディップ 液状ゴムスプレー 』
エーゼット『ラバーペイント ZEQUE』
ワールドウィング『イージー ラバースプレー』
エスデザイン『液体ラバースプレー』
AZ(エーゼット)『ラバーペイント マットクリア』
ASAHIコーポレーション『はがせるゴムぬーるスプレー』
ラスト・オリウム『FLEXiDIPラバーコーティング』
商品名 パフォーミックス『プラスティ・ディップ 液状ゴムスプレー 』 エーゼット『ラバーペイント ZEQUE』 ワールドウィング『イージー ラバースプレー』 エスデザイン『液体ラバースプレー』 AZ(エーゼット)『ラバーペイント マットクリア』 ASAHIコーポレーション『はがせるゴムぬーるスプレー』 ラスト・オリウム『FLEXiDIPラバーコーティング』
商品情報
特徴 初心者に優しい!これ1本でさまざまな役割をこなす 蛍光色や変幻色まで! 用途が広がる耐熱性 縦広と横広を自由に変えてきれいにスプレー 上級者向け!速乾性の油性スプレーでカラバリも豊富 マットな仕上がりに。バイク用としても使用可能 液垂れしにくい! 大容量で良コスパ 滑り止めとしても! たった1時間でしっかり乾く
カラー展開 クリア、ブラック、ホワイト、レッド マットブラック、蛍光イエロー、メタリックグレー、変幻色ゴールド/レッドパープル ほか全23色 マットブラック、蛍光オレンジ、夜光ブルー、ラメゴールド ほか全22色 マットホワイト、グロスクリア、マット蛍光グリーン、マットゴールド ほか全12色 - マットブラック、蛍光イエローゴールド、パープルメタリック ほか全20色 オレンジ、ブライトピンク、マットレッド、グレイバーグリーン ほか全9色
乾燥時間 約4時間(20℃ 湿度65%) 約4時間 約4時間 夏期:20~30分、冬期:40分~1時間 約4時間 - 1時間
スプレー噴射口 - - 縦広と横広にチェンジ可 - - - -
水性・油性 - 油性 - 油性 油性 油性 -
耐熱性 -34~93℃ -40~100℃ 80~140℃ -35~100℃ -40~100℃ - -
商品リンク

※各社通販サイトの 2022年4月5日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年4月5日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年4月5日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年4月5日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年4月5日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年4月5日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年4月5日時点 での税込価格

ラバースプレーおすすめ7選

ラバースプレーの選び方のポイントをまとめたところで、ここからはおすすめの商品をご紹介していきます。使いやすさを考えられたものから、耐熱性にすぐれたものなどを厳選しました。

気になる商品があれば、ぜひチェックしてみてくださいね。

パフォーミックス『プラスティ・ディップ 液状ゴムスプレー 』

Performixゴム・コーティング剤プラスティ・ディップ液状ゴムスプレー311gブラック Performixゴム・コーティング剤プラスティ・ディップ液状ゴムスプレー311gブラック Performixゴム・コーティング剤プラスティ・ディップ液状ゴムスプレー311gブラック Performixゴム・コーティング剤プラスティ・ディップ液状ゴムスプレー311gブラック Performixゴム・コーティング剤プラスティ・ディップ液状ゴムスプレー311gブラック Performixゴム・コーティング剤プラスティ・ディップ液状ゴムスプレー311gブラック
出典:Amazon この商品を見るview item

初心者に優しい!これ1本でさまざまな役割をこなす

防錆・防腐・防水・耐薬品性など、1本でさまざまな役割をこなしてくれるすぐれもの。耐久性があって弾力性のあるフィルムは、衝撃を与えてもヒビが入ったり、欠けたりする心配が少ないです。金属・コンクリート・プラスチックなどさまざまな素材に使うことができます

自分の手が届きにくい場所でもカンタンに塗ることができるので、はじめてラバースプレーを使用する方にもおすすめです。

エーゼット『ラバーペイント ZEQUE』

AZ(エーゼット)ラバーペイントZEQUE油性RP-83メタリックグレー400mlRP830 AZ(エーゼット)ラバーペイントZEQUE油性RP-83メタリックグレー400mlRP830 AZ(エーゼット)ラバーペイントZEQUE油性RP-83メタリックグレー400mlRP830 AZ(エーゼット)ラバーペイントZEQUE油性RP-83メタリックグレー400mlRP830 AZ(エーゼット)ラバーペイントZEQUE油性RP-83メタリックグレー400mlRP830 AZ(エーゼット)ラバーペイントZEQUE油性RP-83メタリックグレー400mlRP830 AZ(エーゼット)ラバーペイントZEQUE油性RP-83メタリックグレー400mlRP830 AZ(エーゼット)ラバーペイントZEQUE油性RP-83メタリックグレー400mlRP830 AZ(エーゼット)ラバーペイントZEQUE油性RP-83メタリックグレー400mlRP830
出典:Amazon この商品を見るview item

蛍光色や変幻色まで! 用途が広がる耐熱性

カラーバリエーションが豊富でマットカラーだけではなく、蛍光色・メタリックカラー・変幻色まで揃っています。用途や気分に合わせて、カラーを試してみるのもおもしろいです。

耐熱温度が幅広く、ボンネットやヘルメットなど熱くなりやすいところにも使用できます。ただし、プラスチックや撥水加工がされている素材にはうまく塗装が乗らない場合もあるので注意してください。

ワールドウィング『イージー ラバースプレー』

WORLDWING(ワールドウイング)塗って剥がせるイージーラバースプレーRS-0014蛍光ピンク1本 WORLDWING(ワールドウイング)塗って剥がせるイージーラバースプレーRS-0014蛍光ピンク1本 WORLDWING(ワールドウイング)塗って剥がせるイージーラバースプレーRS-0014蛍光ピンク1本 WORLDWING(ワールドウイング)塗って剥がせるイージーラバースプレーRS-0014蛍光ピンク1本 WORLDWING(ワールドウイング)塗って剥がせるイージーラバースプレーRS-0014蛍光ピンク1本 WORLDWING(ワールドウイング)塗って剥がせるイージーラバースプレーRS-0014蛍光ピンク1本
出典:Amazon この商品を見るview item

縦広と横広を自由に変えてきれいにスプレー

マットや変幻色、夜光カラーなど全22種類のカラーバリエーションが魅力。個性的な色合いを楽しみたい方にもぴったりです。噴射口を縦長と横長で塗装面によって変えられるようになっているので、塗装初心者の方でも使いやすいのがポイント。

液だれもしにくいので全体的にムラなく塗ることができますよ。DIYに苦手意識がある方もぜひチェックしてみてください。

エスデザイン『液体ラバースプレー』

エスデザイン液体ラバースプレータイプ油性400mlーマットゴールド エスデザイン液体ラバースプレータイプ油性400mlーマットゴールド エスデザイン液体ラバースプレータイプ油性400mlーマットゴールド
出典:Amazon この商品を見るview item

上級者向け!速乾性の油性スプレーでカラバリも豊富

夏場の仮乾燥時間が約30分程度と、大幅な時短をしてくれるお助けアイテムです。塗ったらすぐに乾いていくので、ラバースプレーに慣れている上級者向け。噴射口が広くなっているので全体的にムラなく一気に吹きつけられます。

カラーバリエーションも12色展開しており、マットカラーだけではなく蛍光色も揃っているので、好みの色でイメチェンをしてみましょう。

AZ(エーゼット)『ラバーペイント マットクリア』

AZ(エーゼット)ラバーペイントZEQUE油性RP-5マットクリア400mlRP050 AZ(エーゼット)ラバーペイントZEQUE油性RP-5マットクリア400mlRP050 AZ(エーゼット)ラバーペイントZEQUE油性RP-5マットクリア400mlRP050
出典:Amazon この商品を見るview item

マットな仕上がりに。バイク用としても使用可能

車体のボディやパーツのイメージチェンジに簡単に使用でき、金属製の部分などに気軽に使用できるクリアタイプです。重ね塗りすることによって、色味や質感がキレイに発色してくれます。耐熱温度も-40℃~100℃までなので、どこの地域でも使用することができます。

ASAHIコーポレーション『はがせるゴムぬーるスプレー』

液垂れしにくい! 大容量で良コスパ

液だれしにくいようになっているので、扱いやすいタイプ。油性タイプで通常よりも早く乾燥してくれるので、急いでいるときでも便利です。

マットブラックやマットホワイトのほかに、蛍光色・メタリックカラー・シャインカラーなど、さまざまなカラーバリエーションが揃っているので、自分好みの色で塗装してみてください。大容量なのに価格が安く、コスパも優秀です。

ラスト・オリウム『FLEXiDIPラバーコーティング』

滑り止めとしても! たった1時間でしっかり乾く

さまざまな素材をゴム素材で強力に保護してくれ、さらに滑り止め効果までついているお助けアイテムです。塗装したあとはたった1時間で乾燥できるので、時間がないときでもさっと塗れるのはうれしいポイント。

金属・プラスチック・ガラスなど身の回りの日用品を、手軽にイメチェン可能。カンタンにキズをつけることなく剥がせるので、いろいろなカラーリングを試したくなりそうですね!

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする ラバースプレーの売れ筋をチェック

Yahoo!ショッピングでのラバースプレーの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Yahoo!ショッピング:スプレー塗料ランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

ラバースプレーの上手な使い方

 

ラバースプレーを使うのがはじめての方でも試しやすいように、上手な使い方をご紹介します。よりきれいに仕上げたいなら、いくつかのポイントが必要になります。ぜひおさえておきましょう。

汚れを落として塗装面以外をマスキングで保護

まずは汚れを落としましょう。塗装する部分に汚れや油膜がついていると、スプレーを吹きつけてもなかなか接着してくれません。専用の除去剤を使って油膜や汚れなどを取り除き、きれいにしてあげましょう。

塗装面以外にスプレーがついてしまうのを防ぎたい場合は、マスキングで保護するのがおすすめ。ホイールを塗る場合は、タイヤとの間にトランプなどを挟み込み、隙間を埋めるとマスキングしやすいです。

重ね塗りをして厚くしていく

ラバースプレーを上手に使う方法は、重ね塗りをすることです。最初に厚塗りをしてしまうと、液だれしてしまい見た目が美しく仕上がらなくなってしまいます。最初は薄めに、2回目も薄めに、3回目、4回目と、徐々に重ね塗りすることが大切です

重ね塗りして厚くすることで、飽きたときでもきれいにはがしやすくなります。

乾く前にマスキングを剥がす

塗り終わったらラバースプレーが乾燥する前にマスキングをはがしましょう。乾燥した後にはがしてしまうと境目がギザギザになって、見た目が不恰好になってしまいます。塗ったらすぐにマスキングをはがして、乾燥させるようにしましょう

マスキングをはがすときもビリっと勢いよくはがすのではなく、境目が崩れないようにゆっくりはがしていくように注意してください。

上手くいかないときは?

上記のポイントを試してもうまくいかなかったときは、スプレー缶をチェックしてみましょう。スプレー缶が冷えていると噴射がまばらになり、うまく塗れない場合があります。使う前にぬるま湯などで少し缶をあたためることで、ムラなくきれいに塗ることができますよ

噴射口が詰まっているような感じがしたら、掃除してあげることも大切です。噴射口を掃除したあとなどは、必ず試し吹きをしましょう。

ラバースプレーで塗装した車は洗車しても大丈夫?

洗車

Photo by Clément M. on Unsplash

ラバースプレーは後から剥がせるのがいいところですが、洗車しても剥がれないかな?という疑問をお持ちの方は多いのではないでしょうか。

実際、ラバースプレーで塗装した車やバイクを洗車しても大丈夫で、多少の水がかかっても耐えることができ、剥がれる心配もないでしょう。とはいえ、ブラシでゴシゴシ洗うと傷がつくことがあるので注意が必要です。洗車のやり方を工夫すれば、ラバースプレーの良い状態のまま残せますよ。

【関連記事】ラバースプレーに関連するほかの商品情報はこちら

まとめ

車や日用品をゴム状で保護してくれるラバースプレーの選び方をご紹介していきました。厳選した商品もご紹介しましたが、気になるものは見つかりましたか?

手軽にDIYを楽しめますし、イメージもガラッと変わるのではじめての方でもぜひ試してみてください。

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。
※特定商品の広告を行う場合には、商品情報に「PR」表記を記載します。
※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。
※商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。
※記事で紹介する商品の価格やリンク情報は、ECサイトから提供を受けたAPIにより取得しています。データ取得時点の情報のため最新の情報ではない場合があります。
※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。
※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


水性塗料おすすめ21選|屋内・屋外兼用の商品や、鮮やかな色の商品も紹介

水性塗料おすすめ21選|屋内・屋外兼用の商品や、鮮やかな色の商品も紹介

屋内の壁などはもちろん、外壁や屋根などを塗るときに便利な「水性塗料」。DIYで使われる水性塗料は、おもに「アクリル」「ウレタン」「シリコン」で、それぞれ耐久性や金額など特徴が異なります。粘度、調合方法や希釈率によっては、服や床に落ちると洗いにくいものもあり、湿度によっての硬化時間や落とし方が違います。さらに、メーカーごとに揃えているカラーもさまざま。そんな水性塗料は、使用場所や仕上がりを意識した商品選びが重要です。この記事では、水性塗料の選び方とおすすめ商品を紹介いたします。記事後半には、通販サイトの最新人気ランキングへのリンクもあるので売れ筋や口コミなどもあわせて確認してみましょう。

tag icon 塗料・塗装用品 , DIY

油性ワックスおすすめ10選|床や家具のメンテナンスにピッタリの商品を紹介

油性ワックスおすすめ10選|床や家具のメンテナンスにピッタリの商品を紹介

自宅でワックスがけをする場合、ニオイや成分などが気になるという方も多いのではないでしょうか?ワックスには、からぶき不要なもの、その後のお手入れが楽なものもあり、選ぶ際に困ってしまいますよね。本記事では、油性ワックスの選び方とおすすめ商品をご紹介。記事後半には比較一覧表、通販サイトにおける最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミも確認してみてください。

tag icon 塗料・塗装用品 , DIY , 大掃除

作業効率アップ!塗装ブースおすすめ11選|タミヤなどの人気メーカーを紹介

作業効率アップ!塗装ブースおすすめ11選|タミヤなどの人気メーカーを紹介

エアブラシやスプレーを使って塗装をするときに空気に飛散した塗料を吸引し、安全な作業を手助けしてくれるのが「塗装ブース」です。本記事では、塗装ブースの種類ごとの違いや選び方、そして、おすすめ商品をご紹介。タミヤをはじめとした人気メーカーや、ライト付きタイプ、フィルターの入手しやすいタイプなど紹介していますので、ぜひ参考にしてくださいね。さらに、通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミを確認してみましょう。

tag icon プラモデル , 工具 , おもちゃ

仕上がりにこだわる!ニスおすすめ12選|ツヤ出し・耐久性重視なども紹介

仕上がりにこだわる!ニスおすすめ12選|ツヤ出し・耐久性重視なども紹介

DIYで作った家具や、作品などを汚れやキズから保護できる「ニス」。耐久性を高めるだけでなく見た目も美しく仕上げてくれるアイテムですが、いざ購入するとなるとさまざまな種類がありどれを選べばいいのか悩んでしまいますよね。本記事では、DIYアドバイザーの野口 僚さん監修のもと、ニスの選び方とおすすめ商品ご紹介。ツヤを綺麗に出せるタイプや、速乾性のあるタイプまでピックアップしているので、ぜひ参考にしてくださいね。

tag icon 塗料・塗装用品 , DIY

ウッドデッキ塗料おすすめ10選|防虫・防カビタイプや、鮮やかな色の商品も

ウッドデッキ塗料おすすめ10選|防虫・防カビタイプや、鮮やかな色の商品も

自宅のウッドデッキの塗装のはがれが気になる、色を変えたいと思う方も多いでしょう。いろいろなタイプのウッドデッキ塗料が販売されているため、自宅のウッドデッキに合ったタイプや特徴のものを選ぶのが重要です。本記事では、ウッドデッキの塗料について、選び方とおすすめ商品をご紹介。さらに、通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミを確認してみよう。

tag icon 塗料・塗装用品 , DIY

関連するブランド・メーカー


AZ(エーゼット)

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、「買いたいものがきっと見つかる」サイト。各分野の専門家と編集部があなたのためにおすすめの商品を厳選してご紹介します。モノ選びに悩むことなく、簡単スマートに自分の欲しいモノが見つけられます。