布用ボンド(接着剤)おすすめ11選|強力・洗濯できるものを厳選!【剥がし方や使い方も】

コニシ ボンド 裁ほう上手 45g #05371
出典:Amazon

ハンドメイドやクラフトをするときに活躍する布用ボンド(接着剤)。仮止めから強力接着できるものまでさまざまな種類が展開されていて、キャンドゥやダイソー、セリアなどの100均でも購入することができます。この記事では、雑貨アーティストの上島佳代子さんと編集部が厳選した布用ボンド(接着剤)の失敗しない選び方やおすすめ商品をご紹介します。記事の後半には、通販サイトの最新人気ランキングもありますので、売れ筋や口コミをチェックしてみてください。


雑貨アーティスト・暮らしのリネン研究家
上島 佳代子

雑貨アーティスト・暮らしのリネン研究家・コピーライター。そして時にカメラマンやスタイリスト、ライターとして、広告や雑誌、テレビやWebなど様々なメディアのニーズに応えるクリエイター。世界のリネンを巡る旅をライフワークに、リネンの歴史や現在のリネン産業についても造詣を深める。NHK『美の壷』のテーマ「麻」に出演。雑貨アーティストとして企業との商品開発や保育士・幼稚園教諭のための雑誌にも携わり、小学生の雑貨教室、母親のための雑貨教室、リネンの教室など、雑貨を通して暮らしを楽しむ活動も行っている。またワイヤーワークや木工、ソーイングなど様々な素材の作品をメディアやワークショップを通して発表するなど、多岐に渡って活動中。『アトリエ ペルメル』主宰。

「布用ボンド(接着剤)」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
KONISHI(コニシ)『ボンド 裁ほう上手スティック(#05748)』
KONISHI(コニシ)『ボンド 裁ほう上手(#05371)』
KONISHI(コニシ)『布上手(#04981)』
KONISHI(コニシ)『ボンド ウルトラ多用途クラフト(#04965)』
KONISHI(コニシ)『ボンド Gクリヤー(#14329)』
KONISHI(コニシ)『ボンド 布用 クリヤー(#05324)』
AIMEDIA(アイメディア)『布専用タッチボンド(1003957)』
Clover(クロバー)『布補修ボンド シリコンヘッド(68-039)』
Hamanaka(ハマナカ)『布・フェルト用クラフトボンド クリア(H464-012)』
KAWAGUCHI(カワグチ)『フェルト・布用ボンド(11-567)』
Henkel Japan(ヘンケルジャパン)『LOCTITE 布ッチ!クリア(DNC-030)』
商品名 KONISHI(コニシ)『ボンド 裁ほう上手スティック(#05748)』 KONISHI(コニシ)『ボンド 裁ほう上手(#05371)』 KONISHI(コニシ)『布上手(#04981)』 KONISHI(コニシ)『ボンド ウルトラ多用途クラフト(#04965)』 KONISHI(コニシ)『ボンド Gクリヤー(#14329)』 KONISHI(コニシ)『ボンド 布用 クリヤー(#05324)』 AIMEDIA(アイメディア)『布専用タッチボンド(1003957)』 Clover(クロバー)『布補修ボンド シリコンヘッド(68-039)』 Hamanaka(ハマナカ)『布・フェルト用クラフトボンド クリア(H464-012)』 KAWAGUCHI(カワグチ)『フェルト・布用ボンド(11-567)』 Henkel Japan(ヘンケルジャパン)『LOCTITE 布ッチ!クリア(DNC-030)』
商品情報
特徴 手が汚れないのがうれしいスティックタイプ より強い接着を求めるならチューブタイプを 布専用ボンドで素材を選ばず使える 細ノズルで接着しやすい多用途の手芸用ボンド 布も革もピタッと接着する速乾透明ボンド つきにくいポリ系素材もぴったんこ&洗濯も可能 洗濯可! 裾上げ・ほつれ・補修もかんたん ハケで塗れて自然な仕上がり&洗濯もできる ヘラ付きで使いやすく綿やレーヨンをしっかり接着 水洗い可能!しみ込みにくくフェルトも布もピタッ しみにくくサテンやシルクもアイロンで接着OK
容量 6ml 45g 55g 10g 20ml 17ml 40g 40g 30g 30g 30g
成分 ウレタン樹脂、有機溶剤、アセトン シリル化ウレタン樹脂、水 シリル化ウレタン樹脂、水 シリ化ウレタン樹脂 - シリル化ウレタン樹脂、水 ウレタン樹脂、水 ウレタン・アクリル樹脂、水 ウレタン樹脂、水 エチレン酢酸ビニル樹脂、水 ウレタン樹脂、水
種類 水性ウレタン系接着剤 水性シリル化ウレタン樹脂系接着剤 シリル化ウレタン樹脂系水性形接着剤 シリ化ウレタン樹脂系接着剤  スチレンブタジエンゴム系溶剤形接着剤 シリル化ウレタン樹脂系水性形接着剤 - 水性系接着剤 - 水性系接着剤 水性接着剤
洗濯 - -
接着できる素材 布、革、金属、木材、ガラス、プラスチックなど 皮革、布、合成ゴム、硬質プラスチック など 布、フェルト 布、フェルト、木材
商品リンク

※各社通販サイトの 2021年11月16日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年11月16日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年11月16日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年11月16日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年11月16日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年11月16日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年11月16日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年11月16日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年11月16日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年11月16日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年11月16日時点 での税込価格

布用ボンド(接着剤)の選び方

ジーンズを手縫いしている様子

布を貼り合わせるために使われるボンド。「ボンド」はコニシの登録商標ですが、現在広く「ボンド」の名で親しまれ、多くのメーカーから多数の商品が発売されています。記事内では、製品名以外の表記を「布用ボンド(接着剤)」としています。

では、布用ボンド(接着剤)の選び方をみていきましょう。ポイントは5つです。

【1】接着したい素材に使えるか

 

布用ボンド(接着剤)は、商品によっては特定の素材にしか使えないものもあります。買う前に、きちんと使える素材を確認しましょう。

とくに、シルクやサテンなど薄手の上質な素材を布用粘着剤でくっつけるときは、注意が必要です。

【2】固まるスピードもチェックして

 

布用ボンド(接着剤)は、接着スピードが速いか遅いかも重要。水分と反応する、化学反応を利用するなど、商品によって固まり方に違いがあります。見分け方のポイントは、接着成分に水が含まれていると、固まるスピードがゆるやかになるということです。

なお、一般的に「瞬間接着剤」と呼ばれるタイプによく含まれる「シアノアクリレート」という成分があります。しかし、布に使うと化学反応で発熱・発火するおそれがあり、布用には適していません。

【3】使う頻度に応じた内容量のものを

 

布用ボンド(接着剤)にも使用期限があるため、使う頻度によって適した内容量を選ぶようにしましょう。大容量のものがお得に思えますが、あまり使わない方はムダになってしまうことも。

今後も使うことがあるのかなど、使う頻度や使用面積に応じた内容量を選んでください。

【4】洗濯できるかどうかをチェック

 

パンツの裾上げやアップリケの貼り付けなど、よく洗濯する服に布用ボンド(接着剤)を使用したい場合もあるでしょう。

しかし、布用ボンド(接着剤)の種類によっては、洗うとボロボロになったり剥がれてしまったりということも。事前に洗濯できるかどうかをチェックしておくことが大切です。

【5】中身が底から飛び出さない形状であるか

 

布用ボンド(接着剤)の容器は、さまざまなタイプがあります。一般的なのは、細長い三角状で、底の部分を折り返した形です。

しかし、折り曲げ型のボンドをしばらく使わずに中身が固まりかけた状態で、次に使用するとどうなるでしょうか。力を入れて押し出そうとすると、底部が剥がれたり、横が裂けたりして中身が出てしまうことがあります

使用頻度や使い方によっては向かない形状なので、中身が出てしまうのが気になる方は、違う形のものを選びましょう。

布用ボンド(接着剤)おすすめ11選 洗濯できるもの、布以外に使えるものも!

雑貨アーティストの上島佳代子さんと編集部で選んだおすすめの布用ボンド(接着剤)をご紹介します。洗濯の可否や容器の使いやすさなどもチェックしましょう!

KONISHI(コニシ)『ボンド 裁ほう上手スティック(#05748)』

KONISHI(コニシ)『ボンド裁ほう上手スティック(#05748)』 KONISHI(コニシ)『ボンド裁ほう上手スティック(#05748)』 KONISHI(コニシ)『ボンド裁ほう上手スティック(#05748)』 KONISHI(コニシ)『ボンド裁ほう上手スティック(#05748)』 KONISHI(コニシ)『ボンド裁ほう上手スティック(#05748)』 KONISHI(コニシ)『ボンド裁ほう上手スティック(#05748)』 KONISHI(コニシ)『ボンド裁ほう上手スティック(#05748)』 KONISHI(コニシ)『ボンド裁ほう上手スティック(#05748)』 KONISHI(コニシ)『ボンド裁ほう上手スティック(#05748)』

出典:Amazon

雑貨アーティスト・暮らしのリネン研究家

手が汚れないのがうれしいスティックタイプ

布用ボンドとしては画期的なスタイル。まるで紙用スティックのりの要領でスイスイと布を接着でき、手が汚れないのがうれしい商品です。

裾上げはもちろん、ポーチなどの小物もかんたんにできます。アイロン不要で強力接着。接着24時間後から洗濯ができ、ドライクリーニングもOKなので、衣類にも安心して使えますね。ただし、薄手の生地や撥水加工した生地、凹凸があるものや毛足が長い生地などは接着できませんので使用前に対応素材の確認が必要です。

KONISHI(コニシ)『ボンド 裁ほう上手(#05371)』

KONISHI(コニシ)『ボンド裁ほう上手(#05371)』 KONISHI(コニシ)『ボンド裁ほう上手(#05371)』 KONISHI(コニシ)『ボンド裁ほう上手(#05371)』 KONISHI(コニシ)『ボンド裁ほう上手(#05371)』 KONISHI(コニシ)『ボンド裁ほう上手(#05371)』 KONISHI(コニシ)『ボンド裁ほう上手(#05371)』

出典:Amazon

雑貨アーティスト・暮らしのリネン研究家

より強い接着を求めるならチューブタイプを

「針・糸がなくてもかばんが作れる」。そんなうたい文句で裁縫の常識を変えた布用ボンドです。スティックタイプに比べさらに接着力が強く、アイロンを使用するとさらに強度がアップ。重いものを入れるかばんは、重さが2kg未満を推奨しています。

スティックタイプ同様、使用不可の素材があるので、使う前には確認が必要。上手に使えばお子さんのおけいこバッグなどもかんたんに作れそうですね。もちろんお洗濯もOKです。

KONISHI(コニシ)『布上手(#04981)』

KONISHI(コニシ)『布上手(#04981)』 KONISHI(コニシ)『布上手(#04981)』 KONISHI(コニシ)『布上手(#04981)』

出典:Amazon

雑貨アーティスト・暮らしのリネン研究家

布専用ボンドで素材を選ばず使える

生地の風合いをそこないにくい、布専用の接着剤です。布専用接着剤として開発されているので、綿・レーヨン・キュプラ・ナイロン・塩化ビニル・ポリエステル・アクリル・羊毛など多くの布素材に使えます。

革などの異素材との接着もできるので、手作り作品の幅も広がりそう。ただし、撥水加工やシリコーン樹脂で加工されたもの、薄手の衣類や金属などは接着できません。使用前には必ずチェックを!

KONISHI(コニシ)『ボンド ウルトラ多用途クラフト(#04965)』

KONISHI(コニシ)『ボンドウルトラ多用途クラフト(#04965)』 KONISHI(コニシ)『ボンドウルトラ多用途クラフト(#04965)』 KONISHI(コニシ)『ボンドウルトラ多用途クラフト(#04965)』

出典:Amazon

細ノズルで接着しやすい多用途の手芸用ボンド

布だけでなく革製品やフェルト、ビーズの接着など、マルチに活躍するクラフト用ボンド。成分はシリル化ウレタン樹脂で、スピーディーに接着します。透明度が高く、美しい仕上がりもポイントです。

細口のノズルなので、こまかい部分にもつけやすいでしょう。容量が少なめなので、はやめに使い切りたいという方や使用頻度が高くないという方におすすめです。

KONISHI(コニシ)『ボンド Gクリヤー(#14329)』

KONISHI(コニシ)『ボンドGクリヤー(#14329)』

出典:Amazon

布も革もピタッと接着する速乾透明ボンド

貼り付けやすく長持ちする、スチレンブタジエンゴム系接着剤。皮革や布、硬質プラスチックなど幅広く使え、素早く硬化します。仕上がりはクリアで、柔軟性があるので貼った部分が目立ちにくいです。

少量で使いやすく、使う頻度が少ない方にもちょうどよいサイズ。コンパクトなサイズなので、ペンケースなどに入れて持ち歩くのにも便利でしょう。

KONISHI(コニシ)『ボンド 布用 クリヤー(#05324)』

KONISHI(コニシ)『ボンド布用クリヤー(#05324)』

出典:Amazon

つきにくいポリ系素材もぴったんこ&洗濯も可能

ポリエステルやポリウレタン、ナイロンなど、従来の布用ボンドで接着しにくかった素材もOK。シリル化ウレタン樹脂のパワーでピタッと密着し、仕上がりもクリアです。ノズルの先端は細口なので、こまかい部分にも塗りやすいでしょう。

しっかり乾燥させたあとは、洗濯やクリーニングしてもはがれにくいタイプ。衣類の補修やほつれ、裾上げに活躍してくれます。

AIMEDIA(アイメディア)『布専用タッチボンド(1003957)』

AIMEDIA(アイメディア)『布専用タッチボンド(1003957)』 AIMEDIA(アイメディア)『布専用タッチボンド(1003957)』 AIMEDIA(アイメディア)『布専用タッチボンド(1003957)』 AIMEDIA(アイメディア)『布専用タッチボンド(1003957)』 AIMEDIA(アイメディア)『布専用タッチボンド(1003957)』 AIMEDIA(アイメディア)『布専用タッチボンド(1003957)』 AIMEDIA(アイメディア)『布専用タッチボンド(1003957)』 AIMEDIA(アイメディア)『布専用タッチボンド(1003957)』 AIMEDIA(アイメディア)『布専用タッチボンド(1003957)』 AIMEDIA(アイメディア)『布専用タッチボンド(1003957)』

出典:Amazon

洗濯可! 裾上げ・ほつれ・補修もかんたん

めんどくさい針仕事は不要。1本でほつれの修繕や裾上げ、アップリケ貼りもらくらくです。ノズル式なので使いやすく、手も汚れません。固まっても黄色く変色しないクリアタイプで、硬化後の洗濯もできますよ。

ただし、ポリエステルやナイロン系素材は接着しづらく、また、シルクや撥水加工した素材には使えません。使用予定の布の素材を確認しておきましょう

Clover(クロバー)『布補修ボンド シリコンヘッド(68-039)』

Clover(クロバー)『布補修ボンドシリコンヘッド(68-039)』 Clover(クロバー)『布補修ボンドシリコンヘッド(68-039)』 Clover(クロバー)『布補修ボンドシリコンヘッド(68-039)』

出典:Amazon

ハケで塗れて自然な仕上がり&洗濯もできる

ノズルから細く出した粘着剤を、ハケ型のヘッドで塗り伸ばすタイプです。衣類の補修やリメイク用のリボンの貼り付けなどに使用可能。自然乾燥、アイロン接着、どちらでもOKで、水洗いや石油系ドライクリーニングもできますよ。

液だれしにくく、仕上がりも自然。ボンド特有のツンとした刺激臭も気にならず、使いやすい商品です。

Hamanaka(ハマナカ)『布・フェルト用クラフトボンド クリア(H464-012)』

Hamanaka(ハマナカ)『布・フェルト用クラフトボンドクリア(H464-012)』

出典:Amazon

ヘラ付きで使いやすく綿やレーヨンをしっかり接着

布やフェルト専用のクラフト用接着剤。綿・レーヨン・ウール・麻・毛糸の接着に適しています。ジーンズなどズボンの裾上げや、服の破れ・穴開きの当て布の接着などに役立つでしょう。

ヘラと作業シート付きで、ヘラを使えば接着剤を均等に伸ばしたり、付きすぎた接着剤をそぎ取ったりしやすいです。作業がはかどりそうですね。

KAWAGUCHI(カワグチ)『フェルト・布用ボンド(11-567)』

KAWAGUCHI(カワグチ)『フェルト・布用ボンド(11-567)』 KAWAGUCHI(カワグチ)『フェルト・布用ボンド(11-567)』 KAWAGUCHI(カワグチ)『フェルト・布用ボンド(11-567)』 KAWAGUCHI(カワグチ)『フェルト・布用ボンド(11-567)』

出典:Amazon

水洗い可能!しみ込みにくくフェルトも布もピタッ

持ちやすく押し出しやすい、チューブタイプの布用接着剤。乾いたあとは透明になり、素材にしみ込みにくいので、ナチュラルに仕上がります。ホルムアルデヒド不使用の水性タイプで、環境にもやさしいアイテムです。

かわいらしいフォントやパッケージなので、子どもの図工の授業などでの使用にもぴったり。親子で工作やクラフトに挑戦してみてはいかがでしょうか。

Henkel Japan(ヘンケルジャパン)『LOCTITE 布ッチ!クリア(DNC-030)』

HenkelJapan(ヘンケルジャパン)『LOCTITE布ッチ!クリア(DNC-030)』

出典:Amazon

しみにくくサテンやシルクもアイロンで接着OK

布用接着剤では対応していることがめずらしい、サテンやシルク、キュプラといった素材にも使えます。衣類のほつれやかぎ裂きの修復、革製品の補修などに使える多用途接着剤。透明できれいに仕上がります。

アイロンで素早く接着でき、水洗いしてもはがれにくいです。ペースト状で、ヘラも付いているので塗りやすくなっています。

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする 布用ボンド(接着剤)の売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでの布用ボンド(接着剤)の売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:布用ボンド・接着剤ランキング
楽天市場:ボンドランキング
Yahoo!ショッピング:ボンドランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

布用ボンドの落とし方(剥がし方)

 

ここでは、布用ボンドの落とし方・剥がし方をご紹介します。これら以外にも剥離剤や水を浸かって剥がす方法もあります。

(1)除光液を使った落とし方

(1)剥がしたい部分に除光液をかけて染み込ませる。
(2)上からコットンをかぶせて乾きにくくし、数分放置する。
(3)ボンドが浮いてきたらゆっくり剥がしていきます。
(4)剥がしたらぬるま湯ですすぐ。

アイロンを使った落とし方

(1)剥がしたい場所にアイロンのスチームを当てる。
(2)熱があるうちにゆっくり剥がしていく。
(3)しっかり剥がれるまでこれを繰り返す。

お湯を使った落とし方

(1)お湯を入れた桶に布が浸かる程度まで浸す。
(2)剥がしたい部分をお湯に浸ける。
(3)数分お湯に浸けた後、端からゆっくりと剥がす。

エタノールを使った落とし方

(1)剥がしたい部分にエタノールを染み込ませる。
(2)浸した状態で数分放置する。
(3)エタノールを染み込ませたコットンをあてながらゆっくりと剥がしていく。

ベンジンを使った落とし方

(1)ゴム手袋を着用し、剥がしたい部分にベンジンを染み込ませる。
(2)粘着力がなくなるまで数分放置する。
(3)剥がしやすい状態になったら、ヘラでゆっくり剥がしていく。

布用ボンド(接着剤)のよくある質問 布用ボンド(接着剤)のFAQ

布用ボンド(接着剤)についてよくある質問をまとめました。

布用ボンド(接着剤)の使い方は?

使い方の一例を簡単にご紹介します。

【1】接着する箇所の糸くずなど小さなゴミを取く
【2】接着したい箇所の片面に布用ボンド(接着剤)を均一にぬる
【3】布と布を貼り合わせる
【4】乾かす

メーカーによってアイロンやあて布、付属の台紙を使うなど使用方法は異なるので詳しくはパッケージにある説明書をよく読んでから使いましょう。

布用ボンド(接着剤)がない場合の代用は?

布用ボンド(接着剤)がない場合、ほかの接着剤でも代用することはできなくないですが、仕上がりや強度が変わります。また、張り付かない場合もあるので、ほかの接着剤で代用する場合は、接着できる素材が「布」とパッケージに記載してあるものを選びましょう。

布用ボンド(接着剤)はどこに売ってるの?

各手芸店やキャンドゥ、ダイソーなどの100均、ホームセンターなどで購入することができます。また、Amazonや楽天などECサイトであれば、店舗に行かなくても購入できます。

布用ボンド(接着剤)を選ぶときの重要なポイント 雑貨アーティストからのアドバイス

雑貨アーティスト・暮らしのリネン研究家

以前は飾りを貼るなどの用途でしか使えなかった布用ボンド(接着剤)が、今では裁縫の針と糸の代わりに布を強力に接着するまでになりました。しかもお洗濯ができるものまで。

どの商品でも必ず使う前におこなってほしいのが、「パッケージにある説明書をよく読む」ということ。両面に塗る、片面に塗る、塗って少ししてから貼り合わせるなど、使用方法はさまざまです。せっかく使うのですから、最大限の効果を発揮してほしいですよね。

そのほかの手芸用アイテムもチェック 【関連記事】

使い方にあわせた布用ボンド(接着剤)を選ぼう 編集部からひとこと

この記事では、布用ボンド(接着剤)のおすすめ商品をご紹介しました。

接着したい布に対応しているか確認する、衣類など洗濯する布には洗濯OKのタイプを選ぶなど、注意点に気を配りながら用途に合ったものをみつけましょう。

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

マイナビおすすめナビ編集部

豆柴をこよなく愛する20代編集者。主に『美容・食品』を担当。自信を持っておすすめできる物を紹介するため、日々、奮闘中。趣味は、旅行と食べること。美味しい物には目が眩み、ついつい食べ過ぎ後悔に襲われる。プライベートでは、47都道府県制覇と豆柴を飼うことが目標である。

関連する記事


布用ペンおすすめ12選|名前書きでにじまない、洗濯に強いペン

布用ペンおすすめ12選|名前書きでにじまない、洗濯に強いペン

保育園や幼稚園、小学校などで使う指定の上履きや体操服に名前を書くのに必要な「布用ペン」。お絵描きやデコ用のボールペンやカラーマーカー、白色タイプなども人気です。しかし、気になるのは布素材によるにじみや洗濯で落ちない耐水性などです。そこで、読みやすい文字が書ける布用ペンの選び方とおすすめ商品を、雑貨アーティスト/暮らしのリネン研究家の上島佳代子さんと編集部で厳選しました。通販サイトの最新人気ランキングもありますので、売れ筋や口コミとあわせてチェックしてみてください。

筆記用具 , 手芸・クラフト , 文具

【プロが選ぶ】アクセサリー接着剤のおすすめ8選|種類や接着時間で選ぶ!

【プロが選ぶ】アクセサリー接着剤のおすすめ8選|種類や接着時間で選ぶ!

この記事では、アクセサリー向け接着剤の選び方とおすすめ商品をご紹介!アクセサリー接着剤には1液タイプと2液タイプがあり、用途によって使い分ける必要があります。それ以外にも、固定までにかかる時間や固定したあとの色の変化など商品による違いも。手芸やアクセサリーの接着に便利なイチオシばかりです。通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミを確認してみてくださいね!

日用消耗品 , 手芸・クラフト , 作業用品

刺繍キットのおすすめ12選【初心者も】クロスステッチや刺し子など

刺繍キットのおすすめ12選【初心者も】クロスステッチや刺し子など

本記事では、雑貨アーティストの上島佳代子さん監修のもと、刺繍キットの選び方とおすすめ商品を紹介。刺繍初心者の方から、かわいい刺繍キットを探している中・上級者の方まで、幅広い難易度の刺繍キットを紹介しています。クリスマス用、ベビーへの贈り物など用途に応じた刺繍キット探しにぜひ参考にしてみてください。Amazonや楽天市場など通販サイトの最新人気ランキングも掲載しているので、売れ筋や口コミを確認してみてくださいね!

裁縫道具・ソーイングセット , 手芸・クラフト , ホビー・ゲーム

アクセサリー工具のおすすめ10選|迷ったら3種の神器と工具セット!

アクセサリー工具のおすすめ10選|迷ったら3種の神器と工具セット!

ビーズ・レジンなど手作りでアクセサリーを作るときに必要な「アクセサリー工具」。ラジオペンチやニッパー、平ヤットコ、丸ヤットコ、工具セットなど種類が豊富すぎて、初心者の方はどれを購入していいのか迷いますよね。この記事では、雑貨アーティストである上島佳代子さんに取材をし、アクセサリー工具の選び方とおすすめの商品を紹介します。通販サイトの最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミとあわせてチェックしてみてください。

工具 , 手芸・クラフト

フローラルテープおすすめ5選|茎が折れそうなときの補強に

フローラルテープおすすめ5選|茎が折れそうなときの補強に

フローラルテープとは、粘着力のある素材でできたお花用のテープのことで、茎が弱って折れそうになった時の補強や、茎に見立てたワイヤーを固定する際などに使われるため緑色のものが多いです。緑といってもさまざまな色があり、ほかにも用途に合わせて、白色や茶色などもあります。微妙な色のちがいで作品のクオリティにも差がでるので、慎重に選びたいところですよね。本記事では、フラワースタイリストのAnna Kitanoさんがおすすめするフローラルテープと選び方をご紹介します!色以外にも、どのようなところに注意すればいいのかチェックしましょう。

手芸・クラフト , テープ , インテリアグリーン

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、安心・べんりなお買い物サポートメディアです。知識豊富なエキスパートがあなたの欲しいモノ、商品の選び方、情報を解説してサポート。ユーザーアンケートや人気ランキングなど、役に立つ情報で満足いくお買い物を「ナビ」します。