PR(アフィリエイト)

みりん風調味料・みりんタイプのおすすめ7選【ミツカン・キッコーマンなど】本みりんとの違いも解説

みりん風調味料・みりんタイプのおすすめ7選【ミツカン・キッコーマンなど】本みりんとの違いも解説
みりん風調味料・みりんタイプのおすすめ7選【ミツカン・キッコーマンなど】本みりんとの違いも解説

◆本記事はプロモーションが含まれています。
◆本記事は2020年06月02日に公開された記事です。

和食を作るときによく使われる調味料のひとつ、「みりん」。みりんにもいくつかの種類があり、それぞれを上手に使い分けることで料理の幅が広がります。

本記事では、フードコーディネーターの加治佐由香里さん監修のもと、「本みりん」ではないみりんにスポットをあて、選ぶときのポイントやおすすめ商品をご紹介します。

記事の後半にはAmazonや楽天など通販サイトの最新人気ランキングも載せていますので、売れ筋や口コミもあわせてチェックしてみてください。


目次

全てを見る全てを見る

この記事を担当するエキスパート

フードコーディネーター
加治佐 由香里
日本フードコーディネーター協会常任理事。 2000年よりフードコーディネーターとしての仕事をスタート。 商品開発、レシピ開発、スタイリング・撮影、食イベントの企画運営、講演会講師、料理教室講師など、食に関する業務に広く携わり、「食の楽しさと大切さ」を伝えています。 新しいもの、便利なものを取り入れながら、古き良きもの、伝統的な食文化も重んじるのが私のスタイル。 ここでは、豊かなフードライフスタイルの実現に役立つ提案を行っていきたいと思っています。

マイナビおすすめナビ編集部

担当:食品・ドリンク、ペット
吉川 優美

[ 「食品・ドリンク」「ペット」カテゴリーを担当。犬とネットショッピングをこよなく愛する主婦編集者。主婦仲間から情報収集をし、家族が喜ぶおいしい食べ物や調味料を探すのが日課となっている。

みりんの魅力とは

和食に使われる調味料
ペイレスイメージズのロゴ
和食に使われる調味料
ペイレスイメージズのロゴ

和食作りに欠かせない「さしすせそ」は、砂糖、塩、酢、醤油、味噌。これ以外にも、和食作りでよく使う調味料が「みりん」です。魚の煮つけや鶏の照り焼きなど、一度は使ったことがあるのではないでしょうか。

上品な甘みが持ち味で、味にコクが出るだけでなく、ツヤ出し効果もあり、見た目もよくなります。みりんを使うことで、「いつもと違う」と思わせてくれる味つけにできるのが魅力です。

みりんには3つの種類がある! 本みりん、みりん風調味料、みりんタイプ

みりん風調味料をフライパンに入れる様子の画像
ペイレスイメージズのロゴ
みりん風調味料をフライパンに入れる様子の画像
ペイレスイメージズのロゴ

みりんには「本みりん」「みりん風調味料」「みりんタイプ(調味料)」という3つの種類があります。これらは、似ているようでそれぞれに異なる持ち味があります。

通常、「みりん」といえば「本みりん」をさします。アルコール成分は14%程度。主原料であるもち米・米麹に焼酎または醸造用アルコールを加え、じっくり発酵、熟成させて作ります。

上品な甘みと深いコクが特徴的で、テリやツヤ出し、煮崩れ防止、具材のにおい消しなどに使われます。また、なべで煮立ててアルコール分を飛ばす「煮切り」をすると、アイスやお菓子にかけられる甘いシロップになります。

一方で、「みりん風調味料」は、アルコール成分が1%未満ですので酒税がかからず、本みりんよりも安価で手に入ります。「みりんタイプ」は、塩を加えていて飲用できないようにしてあるため、こちらも酒税がかからず安価です。「みりん風調味料」と「みりんタイプ」について、詳しくみていきましょう。

みりん風調味料・みりんタイプの選び方 タイプや原材料など

「みりん風調味料」と「みりんタイプ」は、使われている原料や作り方に違いがあります。それぞれの特徴を理解し、作る料理にぴったり合う調味料を選んでください。選ぶポイントは下記の4つ。

【1】種類
【2】コスパや使用頻度
【3】原材料

上記のポイントを押えることで、より欲しい商品をみつけることができます。一つひとつ解説していきます。

肉や調味料などの材料
ペイレスイメージズのロゴ
肉や調味料などの材料
ペイレスイメージズのロゴ

【1】種類で選ぶ

「みりん風調味料」と「みりんタイプ」それぞれの特徴を理解して、使いたい料理に合うものを選びましょう。

加熱しない料理で使うなら「みりん風調味料」

 

みりん調味料の主原料も米や米麹ですが、水あめなどの糖類も混ぜ合わせて作られており、アルコール成分が1%未満です。そのため、酒税がかからず安価で購入することができ、本みりんの代用で使用する人も多いです。ただし、アルコール分が少ないため、素材の煮崩れ防止や具材のにおい消しには向いていません。

メリットとしては、アルコールを飛ばす煮切りが必要なく、加熱しないでも作ることのできる和えものなどの料理に適しています。また、糖度が高いという特徴もあるので、具材にテリやツヤをつけたいときにも使うことができます。

食材のにおい消しなどに便利な「みりんタイプ」

 

みりんタイプは、「醸造調味料」「発酵調味料」といわれることもあります。本みりんと同じくアルコール分を含んでおり、製造工程もほとんど変わりません。本みりんとの違いは、塩を加えて飲用できないようにしていることです。

そのため、みりんタイプは味の染み込みを早くしたり食材のにおい消しなどにも使うことができます。なお、塩を含むので塩加減には注意しましょう。

【2】コスパや使用頻度も判断材料に

 

「みりん風調味料」はアルコール分が1%未満なので酒税がかかりません。「みりんタイプ」はアルコール入りですが、塩を加えているので酒税対象外です。一般的には、「みりん風調味料」「みりんタイプ」「本みりん」の順で価格が高くなります

加熱しない料理や具材のテリ・ツヤ出しに使うなら「みりん風調味料」、におい消しや煮崩れ防止に使うなら「みりんタイプ」を選べば、「本みりん」よりもコスパがよくなります。

【3】気になる方は原材料もチェック

 

「みりん風調味料」と「みりんタイプ」では基本の原材料も異なり、商品によっても変わってきます。米や米麹以外にも水あめなどが使われていることが多く、みりんタイプにおいては食塩が使われています。そのほか、添加物なども気になる方は、原材料をチェックしてみましょう。

また、原材料によって保存方法にも違いがあります。みりん風調味料はアルコール分が少ないため、開封後は冷蔵保存が必要。一方みりんタイプはアルコール分が高く塩分もあるため、常温保存が可能です。

アルコール分の有無で使い分けよう フードコーディネーターからのアドバイス

フードコーディネーター:加治佐 由香里

フードコーディネーター

みりん風調味料は、煮ものなどのお料理に甘みを足し、テリ、ツヤを与えてくれます。アルコール分は微量なので煮切る必要がなく、和えものなどにも便利です。

甘みやテリに加え、より深いコクやうま味がほしいなら、アルコール分を含むみりんタイプがおすすめです。魚のくさみ消しや煮崩れ防止にも有効です。ただ塩分を含むので、塩やしょうゆを引き算してくださいね。

安価で入手しやすいみりん風調味料を選び、料理酒を併用するのもひとつの方法です。

【みりん風調味料】おすすめ4選 コスパのいい大容量も!

ここからは、みりん風調味料のおすすめ4選をご紹介します。

フードコーディネーター:加治佐 由香里

フードコーディネーター

「日の出みりん」で知られるキング醸造『日の出寿 新味料 醇良』は、伝統的なみりんの風味を生かしたみりん風調味料です。

煮ものなどにまろやかな甘みとテリ、ツヤを与えてくれます。煮切る手間がかからないので、酢のものやマリネにも手軽に使えますね。

エキスパートのおすすめ

キング醸造『日の出寿 新味料 醇良』

キング醸造『日の出寿新味料醇良』 キング醸造『日の出寿新味料醇良』 キング醸造『日の出寿新味料醇良』 キング醸造『日の出寿新味料醇良』 キング醸造『日の出寿新味料醇良』
出典:Amazon この商品を見るview item

老舗醸造会社が作る本みりんの味を追求した調味料

本みりんも製造している老舗メーカー、キング醸造が販売しているみりん風調味料です。日の出マークのほうが知られているかもしれませんね。本みりんよりもテリやツヤの効果が高いという特徴があります。

水あめや醸造酢などをブレンドして糖度を高めているので、酢豚や肉団子のあんかけなどに使うと甘味とコクがでておいしいです。味噌汁の隠し味としても使えますよ。

※楽天市場は1本、Amazon、Yahoo!ショッピングは2本セットです。

種類 みりん風調味料
内容量 1000ml
原材料 水あめ、米・米こうじの醸造調味料、醸造酢/酸味料
アルコール分 0.9%以下

種類 みりん風調味料
内容量 1000ml
原材料 水あめ、米・米こうじの醸造調味料、醸造酢/酸味料
アルコール分 0.9%以下

オタフク『みりん風調味料 味大将』

オタフク『みりん風調味料味大将』 オタフク『みりん風調味料味大将』 オタフク『みりん風調味料味大将』
出典:楽天市場 この商品を見るview item

ソースのおたふくが届けるコクのあるみりん風調味料

オタフクソースでおなじみの、オタフクが作ったみりん風調味料です。食塩を入れて味を整えてあるので、濃厚な仕上がりになっています。ブリのテリ出しやいなりの味つけなど、使いどころはたくさんあります。本みりんのように、素材を生かす味つけとして使ってみましょう。

醤油や酢にみりん風調味料を入れるだけで、かんたんに合わせ酢を作ることができます。具材にかけて和えものにすると、おいしく食べられますよ。

種類 みりん風調味料
内容量 1000ml
原材料 糖類(水飴(国内製造)・ぶどう糖果糖液糖・砂糖)、発酵調味料、醸造酢、酵母エキス、食塩
アルコール分 -

種類 みりん風調味料
内容量 1000ml
原材料 糖類(水飴(国内製造)・ぶどう糖果糖液糖・砂糖)、発酵調味料、醸造酢、酵母エキス、食塩
アルコール分 -

キッコーマン『みりん風調味料こってりん』

キッコーマン『みりん風調味料こってりん』 キッコーマン『みりん風調味料こってりん』
出典:Amazon この商品を見るview item

独自製法でうまみ成分がアップ

キッコーマン独自の醸造技術を使って、従来のみりん風調味料に20種類以上のアミノ酸を加えています。そのため、みりんの持ち味である甘味がさらにアップ。

つゆや煮ものに使うと、味がよりマイルドに感じられるでしょう。糖度がじゅうぶん高いので、料理にテリやツヤがほしいときに使うのもいいでしょう。

種類 みりん風調味料
内容量 1800ml
原材料 水あめ(国内製造)、米発酵調味液、醸造酢/酸味料
アルコール分 -

種類 みりん風調味料
内容量 1800ml
原材料 水あめ(国内製造)、米発酵調味液、醸造酢/酸味料
アルコール分 -

糖質制限ドットコム『糖質制限 みりん風調味料』

糖質大幅カット! 和食にみりん味がうれしい

100ml中の糖質が5.6gのみりん風調味料です。これは大さじ1杯あたりにすると糖質は0.84gと、1gを切ります。低糖質ですが、天然由来のエリストールを甘味料として使うことで、みりんがもつ甘味を実現させています。

和食にみりんを使いたいけど、使えばすぐに糖質オーバーしてしまうので使えなかったという人でも、煮ものに不可欠なテリが出せます。

これであれば、和菓子も怖くありません。甘辛たれを作って団子にかけて食べるのもおいしそうです。

種類 みりん風調味料
内容量 360ml
原材料 発酵調味料(国内製造)、エリスリトール、難消化性デキストリン、ぶどう糖、食塩、酵母エキス/調味料(アミノ酸)
アルコール分 10%

種類 みりん風調味料
内容量 360ml
原材料 発酵調味料(国内製造)、エリスリトール、難消化性デキストリン、ぶどう糖、食塩、酵母エキス/調味料(アミノ酸)
アルコール分 10%

【みりんタイプ】おすすめ3選 カロリー・糖質オフタイプも

ここからは、みりんタイプのおすすめ3選をご紹介します。

フードコーディネーター:加治佐 由香里

フードコーディネーター

甘強酒造は、150年以上みりんを作り続けている愛知の酒造会社です。甘強酒造『有機みりん風調味料』は、原材料に有機米、有機もち米などを使用した有機JAS認定のみりんタイプ。芳醇な香りと深い甘みは、お料理をワンランクアップさせてくれますよ。

エキスパートのおすすめ

甘強酒造『有機みりん風調味料』

甘強酒造『有機みりん風調味料』 甘強酒造『有機みりん風調味料』
出典:Amazon この商品を見るview item

有機栽培の原料から作った本格みりん風

酒造会社が作っているみりん調味料です。みりん風と銘打っていますが、「みりんタイプ」の調味料となります。興味深いのは原料の質。もち米、米麹はもちろん、焼酎の原料である米もすべて有機栽培されたものなので、健康志向の人に向いています。有機JAS認定商品で、安心してお料理に使えます。

本みりんと同じ工程で作られていて、熟成させたあと塩が加えられています。だし巻き卵などに用いると、甘みと塩味で味が引き立ちますよ。

種類 みりんタイプ
内容量 500ml
原材料 有機もち米、有機米麹、有機米、食塩
アルコール分 -

種類 みりんタイプ
内容量 500ml
原材料 有機もち米、有機米麹、有機米、食塩
アルコール分 -

フードコーディネーター:加治佐 由香里

フードコーディネーター

盛田『カロリーオフ・糖質オフ みりんタイプ』は、糖質を制限している人やダイエット中の人におすすめです。エネルギー量は抑えられながらも、甘みをしっかりと感じることができます。コクやツヤもあり、いつものみりんと同じように使えて便利です。

エキスパートのおすすめ

盛田『カロリーオフ・糖質オフ みりんタイプ』

和食が食べたい人に贈る糖質オフみりんタイプ

ダイエット中の人にもうれしい、みりんタイプの調味料です。この会社が出している従来のみりんタイプに比べて、糖質40%、カロリー50%カット。大さじ1杯あたりの糖質(炭水化物)は4.6g、カロリーは18kcalで、これだけ少なければ、これからの和食作りが楽しくなりますね。

糖質カットをした商品は、味が薄くないか気になるところ。煮こみ料理に必要なテリやツヤがきちんとつきますし、しっかり甘味も感じられます。甘味料は植物由来のステビアなので安心です。

種類 みりんタイプ
内容量 500ml
原材料 還元水あめ、醸造調味料(米、米麹、食塩)、食塩/アルコール、酸味料、甘味料(ステビア)
アルコール分 -

種類 みりんタイプ
内容量 500ml
原材料 還元水あめ、醸造調味料(米、米麹、食塩)、食塩/アルコール、酸味料、甘味料(ステビア)
アルコール分 -

味の一醸造『味の母(みりんタイプ)』

老舗メーカーのロングセラーみりんタイプ

昭和27年創業、埼玉県狭山市に本社をおく老舗メーカーの味の一醸造。ロングセラーの『味の母』は、米と米麹を原料として、日本酒のもととなる「もろみ」を醸造して塩を加えてつくられています。長期熟成してつくられているため、常温保存OK。

お酒の風味とみりんの旨味をあわせ持っているため、卵焼きやみそ汁、ハンバーグなど、和洋中どんな料理でも活躍しますよ。

種類 みりんタイプ
内容量 720ml
原材料 米(国産)、米こうじ、食塩
アルコール分 10%

種類 みりんタイプ
内容量 720ml
原材料 米(国産)、米こうじ、食塩
アルコール分 10%

おすすめ商品の比較一覧表

画像
キング醸造『日の出寿 新味料 醇良』
オタフク『みりん風調味料 味大将』
キッコーマン『みりん風調味料こってりん』
糖質制限ドットコム『糖質制限 みりん風調味料』
甘強酒造『有機みりん風調味料』
盛田『カロリーオフ・糖質オフ みりんタイプ』
味の一醸造『味の母(みりんタイプ)』
商品名 キング醸造『日の出寿 新味料 醇良』 オタフク『みりん風調味料 味大将』 キッコーマン『みりん風調味料こってりん』 糖質制限ドットコム『糖質制限 みりん風調味料』 甘強酒造『有機みりん風調味料』 盛田『カロリーオフ・糖質オフ みりんタイプ』 味の一醸造『味の母(みりんタイプ)』
商品情報
特徴 老舗醸造会社が作る本みりんの味を追求した調味料 ソースのおたふくが届けるコクのあるみりん風調味料 独自製法でうまみ成分がアップ 糖質大幅カット! 和食にみりん味がうれしい 有機栽培の原料から作った本格みりん風 和食が食べたい人に贈る糖質オフみりんタイプ 老舗メーカーのロングセラーみりんタイプ
種類 みりん風調味料 みりん風調味料 みりん風調味料 みりん風調味料 みりんタイプ みりんタイプ みりんタイプ
内容量 1000ml 1000ml 1800ml 360ml 500ml 500ml 720ml
原材料 水あめ、米・米こうじの醸造調味料、醸造酢/酸味料 糖類(水飴(国内製造)・ぶどう糖果糖液糖・砂糖)、発酵調味料、醸造酢、酵母エキス、食塩 水あめ(国内製造)、米発酵調味液、醸造酢/酸味料 発酵調味料(国内製造)、エリスリトール、難消化性デキストリン、ぶどう糖、食塩、酵母エキス/調味料(アミノ酸) 有機もち米、有機米麹、有機米、食塩 還元水あめ、醸造調味料(米、米麹、食塩)、食塩/アルコール、酸味料、甘味料(ステビア) 米(国産)、米こうじ、食塩
アルコール分 0.9%以下 - - 10% - - 10%
商品リンク

※各社通販サイトの 2024年1月19日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年1月19日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年1月19日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年1月19日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年1月19日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年1月19日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年1月19日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする みりん風調味料の売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場でのみりん風調味料の売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:みりんランキング
楽天市場:みりん風調味料ランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

そのほかの調味料に関する記事も参考にしてみてください 【関連記事】

使いやすいみりん風調味料・みりんタイプを

この記事では、みりん風調味料・みりんタイプのおすすめ8選をご紹介しました。選ぶポイントとして、みりん風調味料とみりんタイプでは使っている原料や作り方に違いがあること、価格や使用頻度も判断材料になることを挙げました。この記事を参考にして、ふだんの料理に使いやすいみりん風調味料。みりんタイプを見つけてくださいね。

PR(アフィリエイト)

◆Amazonや楽天を始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しており、当記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されます。◆記事公開後も情報の更新に努めていますが、最新の情報とは異なる場合があります。(更新日は記事上部に表示しています)◆記事中のコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作されており、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。◆アンケートや外部サイトから提供を受けるコメントは、一部内容を編集して掲載しています。◆「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。◆レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部

page top button