PR(アフィリエイト)

三輪ベビーカー人気おすすめ6選|後悔しない選び方やメリット・デメリットも解説

AirBuggy(エアバギー) ココ ブレーキ エクストラ フロムバース COCO BRAKE EX FROM BIRTH EARTH SAND(アースサンド) 0か月~ (保証付き) ABFB1012
出典:Amazon
AirBuggy(エアバギー) ココ ブレーキ エクストラ フロムバース COCO BRAKE EX FROM BIRTH EARTH SAND(アースサンド) 0か月~ (保証付き) ABFB1012
出典:Amazon

◆本記事はプロモーションが含まれています。
◆本記事は2020年05月15日に公開された記事です。

おしゃれでスタイリッシュなデザインも多い三輪ベビーカー(バギー)。タイヤのサイズが四輪より大きいので、操作性の高さも魅力です。

コンパクトに折りたためるものや、電車移動に便利な軽量タイプもあり人気のベビーカーですが、じつは、デメリットも・・・!

この記事では、三輪ベビーカーのメリットとデメリット、後悔しない選び方も徹底解説! 出産準備中のプレママさんや、三輪ベビーカーが気になっているママはぜひ参考にしてくださいね。


目次

全てを見る全てを見る

この記事を担当するエキスパート

看護師兼ライター
ゆみ かおる
10年以上病院や施設、クリニック等で看護師として勤務。 現在は看護師をしながら兼業ライターをしています。なかでも小児科領域で働いた期間が長く、保育園勤務の経験や学校行事の引率などで子どもやその家族と接することが多いです。 看護師向けメディア以外でも、子育てに関するメディアなどで執筆・監修者としても活動中。

マイナビおすすめナビ編集部

担当:ベビー・キッズ
中澤 彩

「ベビー・キッズ」カテゴリー担当。出産準備グッズや赤ちゃんのお世話グッズ、ベビーカー、チャイルドシート、抱っこ紐、おもちゃ・知育玩具、保育園グッズなどを担当。育児と日々の生活に忙しいママ目線での神グッズ選びに自信あり。鋭い目線で商品を見極め、少しでも日々の生活が豊かになるものを紹介すると誓う1児のママ編集者。

三輪ベビーカーの特徴とは?

 
Aprica(アップリカ) 3輪ベビーカー スムーヴプレシャス SMOOOVE Precious グレー(GR) 生後1カ月~ 2157204
Aprica(アップリカ) 3輪ベビーカー スムーヴプレシャス SMOOOVE Precious グレー(GR) 生後1カ月~ 2157204

最近、アップリカやJoieなどの主要ベビーブランドでもよく見るようになった「三輪ベビーカー」。見た目がおしゃれなものが多く、憧れるママも多いのではないでしょうか?

三輪ベビーカーとは、前輪が1つ・後輪が2つで合計3つのタイヤで走行するベビーカーのこと。見た目がおしゃれでセレブや有名人にも愛用者が多いベビーカーです。三輪なので小回りが利き、タイヤが大きいので安定感があり、意外にもママ人気が高いようです。

そんなママたちの本音は、「かわいいけど、使いにくいのはイヤ!」ですよね。買ってから後悔しないように、まずは三輪ベビーカーのメリットとデメリットを下調べしていきましょう。

三輪ベビーカーのメリット

三輪ベビーカーは、その名の通り、三輪車のように3つのタイヤで走行するベビーカー。その最大のメリットは【操作性のよさ】です。

◆前輪が1つなので、狭い道でも小回りが利く
◆タイヤが大きいから砂利道などでも振動や衝撃が少ない
◆他のベビーカーと差が付くおしゃれさ

三輪ベビーカーのデメリット

反対に、三輪ベビーカーの最大のデメリットは【持ち運びのしにくさ】です。安定性・操作性が高い分、4輪のベビーカーと比べるとサイズが大きく、重いものが多いです。また、3輪ベビーカーは背面式の商品が多いのも注意が必要です。

そのため、電車や車移動をひんぱんにする方は、”スッとたたんでサッと持ち運べる” 収納性が高く軽量の3輪ベビーカーを選んでいきましょう。 また、赤ちゃんの顔を見たい方は、対面式かどうかチェックして。

後悔しない三輪ベビーカーの選び方

ここからは、三輪ベビーカーの後悔しないポイントをチェック! 対象月齢はもちろん、操作性やサイズ、機能性にも注目していきましょう。

【1】対応している月齢をチェック

ベビーカーと親子
ベビーカーと親子
ペイレスイメージズのロゴ

日本のベビーカーには大きくわけてA型ベビーカーとB型ベビーカーがあります。A型ベビーカーは、生後1カ月~と早い時期から使えるベビーカーで、B型ベビーカーは赤ちゃんの腰がすわった生後7カ月頃から使える背面式のベビーカーのこと。

低月齢から三輪ベビーカーを使用する場合には、購入前に対応している月齢をチェックしておきましょう。一般的な三輪ベビーカーは生後1カ月から使えますが、重量の軽いタイプは対象年齢が「6カ月・7カ月から」となっていることもあるので注意が必要です。

低月齢の間は抱っこ紐をメインで使うという方は、生後7カ月から対応の三輪ベビーカーをチョイスしてみてくださいね。

【2】ライフスタイルに応じたサイズをチェック

三輪ベビーカーに限らず、ベビーカーを購入する際は、今の自分のライフスタイルに合わせてサイズを選ぶことが大切です。

 
Aprica(アップリカ) 3輪ベビーカー スムーヴプレシャス SMOOOVE Precious グレー(GR) 生後1カ月~ 2157204
Aprica(アップリカ) 3輪ベビーカー スムーヴプレシャス SMOOOVE Precious グレー(GR) 生後1カ月~ 2157204

車移動の場合|折りたたみサイズを確認

車移動でベビーカーを利用する機会が多い方は、三輪ベビーカーを購入する前に、車のトランクのサイズをチェックしておきましょう。

三輪ベビーカーは横幅が広く重量が大きいタイプも少なくないので、収納スペースには余裕を持たせたいところ。使いやすさを犠牲にしないために、通常時のサイズと折りたたみサイズのバランスも確認しておきましょう。

電車移動の場合|改札をとおりやすい横幅55cm以下を選ぶ

一般的に、駅の改札の幅は55cm前後。そのため、電車移動が多い方は、横幅が55cm以下の三輪ベビーカーを選ぶと改札の通過がスムーズです。

軽快な移動のためには、本体の横幅だけではなく、軽さにも注目してみてください。軽い三輪ベビーカーは、折りたたんで持ち運ぶときの手間を軽減してくれます。バスなどへの乗り降りにも便利です。

【3】軽量は持ち運びに便利だけど安定性は要チェック

 
AirBuggy(エアバギー) ココ ブレーキ エクストラ フロムバース COCO BRAKE EX FROM BIRTH EARTH SAND(アースサンド) 0か月~ (保証付き) ABFB1012
AirBuggy(エアバギー) ココ ブレーキ エクストラ フロムバース COCO BRAKE EX FROM BIRTH EARTH SAND(アースサンド) 0か月~ (保証付き) ABFB1012

三輪ベビーカーのデメリットとして、重いものが多い点を挙げました。そのため、各メーカーは軽量化に尽力していて、最近では三輪ベビーカーなのに軽い商品も多いです。

三輪ベビーカーの平均重量は10kgほど。そのため、基本的には7kg~8kgほどだとかなり軽量で、ママひとりでも、比較的ラクに持ち運べます。

ただし、軽量であればあるほど、安定感に欠ける点には注意が必要です。三輪ベビーカーを選ぶときは、重さと安定性のバランスがかなり大事!

三輪ベビーカーは倒れる?

三輪ベビーカーで軽量モデルの場合、安定性に不安を感じることも。しかしほとんどの三輪ベビーカーは安定性を保つためにある程度本体に重さがあるように作られています。

ベビーカーに子どもを乗せている時は、目を離さぬよう、そして思い荷物をハンドル部分に下げないようにするようにしてくださいね。

【4】タイヤの種類をチェック

 
GRACO (グレコ) A型ベビーカー シティトレック GB 1か月~36か月まで 3輪タイプ 買い物カゴが積める (リーフグリーン) 2145951
GRACO (グレコ) A型ベビーカー シティトレック GB 1か月~36か月まで 3輪タイプ 買い物カゴが積める (リーフグリーン) 2145951

三輪ベビーカーでよく見る少し大き目のタイヤ。タイヤのなかに空気が入っている「エアタイヤ」を採用しているベビーカーは、走行中の振動を軽減してくれるので、走りも乗り心地も快適

エアタイヤのほかに、パンクレスタイヤとエアタイヤを組みあわせた「メンテナンスフリータイヤ」を採用している三輪ベビーカーもあります。パンクのリスクをなくしながら軽快な走行を実現させたい方は、「メンテナンスフリータイヤ」もチェックしてみてください。

【5】ハンドブレーキがついているかチェック

 
AirBuggy(エアバギー) ココ プレミア フロムバース COCO PREMIER FROM BIRTH STONE(ストーン) 0か月~ (保証付き) ABFB2026
AirBuggy(エアバギー) ココ プレミア フロムバース COCO PREMIER FROM BIRTH STONE(ストーン) 0か月~ (保証付き) ABFB2026

重量がある三輪ベビーカーでも、ハンドブレーキがついているタイプなら下り坂も快適です。ハンドブレーキがない三輪ベビーカーは、腕の力だけでベビーカーを支えながら坂道を下る必要があります。

とくに、ふだんから利用する道に坂道が多いという方は、ハンドブレーキがついている三輪ベビーカーを選ぶと、毎日のお出かけも楽しくなります!

あると便利な「付加機能」もチェック

使い心地や快適性のほかに、三輪ベビーカーの機能も重要なポイント。ライフスタイルに合わせて、必要な機能を備えている三輪ベビーカーを選びましょう。

折りたたんだ時に自立できる機能

 
AirBuggy(エアバギー) ココ プレミア フロムバース COCO PREMIER FROM BIRTH STONE(ストーン) 0か月~ (保証付き) ABFB2026
AirBuggy(エアバギー) ココ プレミア フロムバース COCO PREMIER FROM BIRTH STONE(ストーン) 0か月~ (保証付き) ABFB2026

三輪ベビーカーは比較的大きいので、使わないときに困るのが、収納場所ですよね。開いたままの状態で置いておくと、スペースを取られてしまいます。なるべくコンパクトに折りたためて、自立してくれるタイプの三輪ベビーカーを選べば、玄関先に置いても邪魔になりません。

自立するものであれば、車の荷台にも収納しやすいのでお出かけにも便利ですね。

トラベルシステムとドッキングして対面にできる機能

 
\ママ割登録でP2倍/ AirBuggy エアバギー COCO用マキシコシアダプター AB1015 アダプター エアバギー マキシコシ 専用アダプター 新生児 ベビーカー
\ママ割登録でP2倍/ AirBuggy エアバギー COCO用マキシコシアダプター AB1015 アダプター エアバギー マキシコシ 専用アダプター 新生児 ベビーカー

三輪ベビーカーはA型ベビーカーであっても背面式がほとんど。月齢が浅く、お世話が必要な時期だけは対面式で使いたいというママ・パパも多いはず。そんなときはトラベルシステムとドッキングして対面式として使用することができる三輪ベビーカーを選んでみてください。

代表的なのがアップリカやエアバギー。トラベルシステムとドッキングすることで新生児から使える対面式ベビーカーに! 見た目にもファッショナブルなこの組み合わせは子育てを楽しみたいママさんにはとても魅力的に感じると思います。

三輪ベビーカー人気おすすめ6選 【国内・海外ブランド】アップリカ、エアバギー、joieなど

ここからは、三輪ベビーカーのおすすめ商品を紹介! おしゃれな見た目はもちろん、操作性の高さや、軽量・コンパクトな商品をピックアップしました。実際に商品を使っていた先輩ママの口コミも掲載しているので、リアルな声も要チェック!

Joie(ジョイー) 『Litetrax(ライトトラックス)』 ★2万以下! コスパ重視ママにおすすめはコレ

Joie(ジョイー)『Litetrax(ライトトラックス)』 Joie(ジョイー)『Litetrax(ライトトラックス)』 Joie(ジョイー)『Litetrax(ライトトラックス)』 Joie(ジョイー)『Litetrax(ライトトラックス)』 Joie(ジョイー)『Litetrax(ライトトラックス)』 Joie(ジョイー)『Litetrax(ライトトラックス)』
出典:Amazon この商品を見るview item

かんたんに折りたためるスタイリッシュなベビーカー

安定感がある大きな後輪が特徴の三輪ベビーカーです。生後1カ月から使える三輪ベビーカーでありながら、スタイリッシュなデザインを実現しています。

背もたれと座面の間にあるボタンを押すだけで、かんたんに折りたためる使いやすさも魅力。リクライニングは無段階調節できるため、シートを固定する場所を選びません。大容量のバスケットもうれしい装備です。

通常サイズ 幅54×奥行89×高さ103cm
折りたたみサイズ 幅54×奥行30×高さ81cm
重量 9.3kg
対象月齢 1カ月~36カ月(体重15kgまで)
ハンドブレーキ -
対面・背面
全てを見る全てを見る

通常サイズ 幅54×奥行89×高さ103cm
折りたたみサイズ 幅54×奥行30×高さ81cm
重量 9.3kg
対象月齢 1カ月~36カ月(体重15kgまで)
ハンドブレーキ -
対面・背面
全てを見る全てを見る

Aprica(アップリカ)『スムーヴプレシャス』 ★パンク不安なしのタイヤ&移動中の安定感がポイント

快適なお出かけを実現する多機能タイプ

移動中の安定感を重視したい方に適した三輪ベビーカーです。アスファルトの熱やホコリなどから赤ちゃんを守ってくれるハイシートタイプ。シートは170度リクライニングするので、首座り前の赤ちゃんから使えます

手軽に収納できる、折りたたみがかんたんな自立式です。タイヤは空気入れが不要なので、パンクやメンテナンスの心配もいりません。

通常サイズ (開)W543×D886×H1066mm
折りたたみサイズ (閉)W543×D322×H887mm
重量 9.2kg
対象月齢 1カ月~36カ月(体重15kgまで)
ハンドブレーキ
対面・背面 背面
全てを見る全てを見る

通常サイズ (開)W543×D886×H1066mm
折りたたみサイズ (閉)W543×D322×H887mm
重量 9.2kg
対象月齢 1カ月~36カ月(体重15kgまで)
ハンドブレーキ
対面・背面 背面
全てを見る全てを見る

GMPインターナショナル『エアバギー ココ ブレーキEX フロムバース』 ★おしゃれカラーとフカフカな赤ちゃんの乗り心地が魅力

GMPインターナショナル『エアバギーココブレーキEXフロムバース』 GMPインターナショナル『エアバギーココブレーキEXフロムバース』 GMPインターナショナル『エアバギーココブレーキEXフロムバース』 GMPインターナショナル『エアバギーココブレーキEXフロムバース』 GMPインターナショナル『エアバギーココブレーキEXフロムバース』 GMPインターナショナル『エアバギーココブレーキEXフロムバース』 GMPインターナショナル『エアバギーココブレーキEXフロムバース』 GMPインターナショナル『エアバギーココブレーキEXフロムバース』 GMPインターナショナル『エアバギーココブレーキEXフロムバース』 GMPインターナショナル『エアバギーココブレーキEXフロムバース』 GMPインターナショナル『エアバギーココブレーキEXフロムバース』 GMPインターナショナル『エアバギーココブレーキEXフロムバース』 GMPインターナショナル『エアバギーココブレーキEXフロムバース』 GMPインターナショナル『エアバギーココブレーキEXフロムバース』
出典:Amazon この商品を見るview item

街中の移動を快適にする機能充実

軽く押すだけでスムーズに進むエアタイヤとベアリングを採用した三輪ベビーカーです。5点式のシートベルトをはずすと自動的に腰パットと肩パッドが立ち上がる「オープンハーネス」機能を搭載しているので、新生児の乗せ降ろしもかんたん。

通気性の高いエアメッシュクッションや、駅の改札もらくらくとおれる53.5cmの横幅など、エアバギーらしい工夫も充実しています。

通常サイズ 幅53.5×奥行96×高さ104.5cm
折りたたみサイズ 幅53.5×奥行40×高さ82cm
重量 9.5kg
対象月齢 0カ月~48カ月
ハンドブレーキ
対面・背面 背面
全てを見る全てを見る

通常サイズ 幅53.5×奥行96×高さ104.5cm
折りたたみサイズ 幅53.5×奥行40×高さ82cm
重量 9.5kg
対象月齢 0カ月~48カ月
ハンドブレーキ
対面・背面 背面
全てを見る全てを見る

GMPインターナショナル『エアバギーココプレミア フロムバース』 ★エアバギーの最上モデルは便利機能重視ママに

GMPインターナショナル『エアバギーココプレミアフロムバース』 GMPインターナショナル『エアバギーココプレミアフロムバース』 GMPインターナショナル『エアバギーココプレミアフロムバース』 GMPインターナショナル『エアバギーココプレミアフロムバース』 GMPインターナショナル『エアバギーココプレミアフロムバース』 GMPインターナショナル『エアバギーココプレミアフロムバース』 GMPインターナショナル『エアバギーココプレミアフロムバース』 GMPインターナショナル『エアバギーココプレミアフロムバース』 GMPインターナショナル『エアバギーココプレミアフロムバース』 GMPインターナショナル『エアバギーココプレミアフロムバース』 GMPインターナショナル『エアバギーココプレミアフロムバース』
出典:Amazon この商品を見るview item

オフロードタイヤで走行スムーズ

坂道の移動も快適なハンドブレーキや、通気性にすぐれたエアメッシュクッションの採用など、エアバギーらしい充実装備が魅力。また、エアタイヤとベアリングの組みあわせがスムーズな走行を実現します。

こちらはプレミアムモデルなので、ロック機能を搭載した自立スタンドや、アウトドアシーンでも活躍するオフロード系タイヤなどが装備されています。

通常サイズ 幅53.5×奥行96×高さ105.5cm
折りたたみサイズ 幅53.5×奥行40×高さ82cm
重量 10.3kg
対象月齢 0カ月~48カ月
ハンドブレーキ
対面・背面 背面
全てを見る全てを見る

通常サイズ 幅53.5×奥行96×高さ105.5cm
折りたたみサイズ 幅53.5×奥行40×高さ82cm
重量 10.3kg
対象月齢 0カ月~48カ月
ハンドブレーキ
対面・背面 背面
全てを見る全てを見る

Graco(グレコ)『シティトレック』 ★小回りの利く独自のエアタイヤ&レインカバー付き

Graco(グレコ)『シティトレック』 Graco(グレコ)『シティトレック』 Graco(グレコ)『シティトレック』 Graco(グレコ)『シティトレック』 Graco(グレコ)『シティトレック』 Graco(グレコ)『シティトレック』 Graco(グレコ)『シティトレック』
出典:Amazon この商品を見るview item

前輪ダブルタイヤとエアタイヤが決め手

エアタイヤとサスペンションが快適な乗り心地を実現する三輪ベビーカーです。前輪にはダブルタイヤを採用しているため、走行中でも安定感があります。片手での小回りもスムーズです。

ワンタッチで折りたためて自立もするので、玄関などでの収納もかんたん。雨の日のお出かけに役立つ専用のレインカバーも標準で付属しています。

通常サイズ 幅54.5×奥行90×高さ108.3cm
折りたたみサイズ 幅54.5×奥行34×高さ84cm
重量 8.5kg
対象月齢 1カ月~36カ月
ハンドブレーキ -
対面・背面 背面
全てを見る全てを見る

通常サイズ 幅54.5×奥行90×高さ108.3cm
折りたたみサイズ 幅54.5×奥行34×高さ84cm
重量 8.5kg
対象月齢 1カ月~36カ月
ハンドブレーキ -
対面・背面 背面
全てを見る全てを見る

ハウク『RAPID3R』 ★ドイツ生まれのハウクは5歳頃まで使える

ハウク『RAPID3R』 ハウク『RAPID3R』 ハウク『RAPID3R』 ハウク『RAPID3R』 ハウク『RAPID3R』 ハウク『RAPID3R』 ハウク『RAPID3R』 ハウク『RAPID3R』 ハウク『RAPID3R』 ハウク『RAPID3R』 ハウク『RAPID3R』 ハウク『RAPID3R』 ハウク『RAPID3R』 ハウク『RAPID3R』 ハウク『RAPID3R』
出典:Amazon この商品を見るview item

充実機能で快適走行

片手で折りたたみも展開もできるすぐれた機能性の三輪ベビーカーです。やわらかな素材を使ったキャビンや、角度が調節できるフットレストなど、赤ちゃんが快適に過ごせる装備が充実しています。

背面からでも赤ちゃんの姿を確認できる「シースルー・ウィンドー」もうれしい工夫。前輪は首振りと直進固定の2モードから選べるので、移動も快適です。

通常サイズ 109×61×107cm
折りたたみサイズ 88×61×39cm
重量 11.55kg
対象月齢 0カ月~60カ月(体重25kgまで)
ハンドブレーキ -
対面・背面
全てを見る全てを見る

通常サイズ 109×61×107cm
折りたたみサイズ 88×61×39cm
重量 11.55kg
対象月齢 0カ月~60カ月(体重25kgまで)
ハンドブレーキ -
対面・背面
全てを見る全てを見る

おすすめ商品の比較一覧表

画像
Joie(ジョイー) 『Litetrax(ライトトラックス)』
Aprica(アップリカ)『スムーヴプレシャス』
GMPインターナショナル『エアバギー ココ ブレーキEX フロムバース』
GMPインターナショナル『エアバギーココプレミア フロムバース』
Graco(グレコ)『シティトレック』
ハウク『RAPID3R』
商品名 Joie(ジョイー) 『Litetrax(ライトトラックス)』 Aprica(アップリカ)『スムーヴプレシャス』 GMPインターナショナル『エアバギー ココ ブレーキEX フロムバース』 GMPインターナショナル『エアバギーココプレミア フロムバース』 Graco(グレコ)『シティトレック』 ハウク『RAPID3R』
商品情報
特徴 かんたんに折りたためるスタイリッシュなベビーカー 快適なお出かけを実現する多機能タイプ 街中の移動を快適にする機能充実 オフロードタイヤで走行スムーズ 前輪ダブルタイヤとエアタイヤが決め手 充実機能で快適走行
通常サイズ 幅54×奥行89×高さ103cm (開)W543×D886×H1066mm 幅53.5×奥行96×高さ104.5cm 幅53.5×奥行96×高さ105.5cm 幅54.5×奥行90×高さ108.3cm 109×61×107cm
折りたたみサイズ 幅54×奥行30×高さ81cm (閉)W543×D322×H887mm 幅53.5×奥行40×高さ82cm 幅53.5×奥行40×高さ82cm 幅54.5×奥行34×高さ84cm 88×61×39cm
重量 9.3kg 9.2kg 9.5kg 10.3kg 8.5kg 11.55kg
対象月齢 1カ月~36カ月(体重15kgまで) 1カ月~36カ月(体重15kgまで) 0カ月~48カ月 0カ月~48カ月 1カ月~36カ月 0カ月~60カ月(体重25kgまで)
ハンドブレーキ - - -
対面・背面 背面 背面 背面 背面
商品リンク

※各社通販サイトの 2024年2月21日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年2月22日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年2月21日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年2月21日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年2月21日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年2月21日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする 三輪ベビーカーの売れ筋をチェック

Amazonでの三輪ベビーカーの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:三輪ベビーカーランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

[最後に]エキスパートからのアドバイス

看護師兼ライター:ゆみ かおる

看護師兼ライター

月齢やシーンに合わせた三輪ベビーカーの選択を

三輪ベビーカーは、子どもがどのくらいの成長発達段階にあるかで使用できるものが変わってきます。

また、どのようなシーンで使うかによって、さまざまな便利な機能を使い分けることができるため、子どもの月齢やどのシーンで使うかをイメージして買うことをおすすめします。

【関連記事】その他のベビーカーをチェック

機能面も確認して後悔しないベビーカー選びを

四輪ベビーカーよりもタイヤが大きく安定性にすぐれている三輪ベビーカー。個性的でスタイリッシュなデザインが多いのも魅力です。

前輪がひとつしかないので、小回り性能を重視したいという方にも、三輪ベビーカーが適しているでしょう。折りたたみやすさや収納のしやすさ、本体の重さなどをチェックしながら商品選びをすれば、毎日のお出かけが楽しくなる三輪ベビーカーが見つかるはずです。

本記事でご紹介した三輪ベビーカーの選び方を参考にしながら、お気に入りの1台を探してみてください。

PR(アフィリエイト)

◆Amazonや楽天を始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しており、当記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されます。◆記事公開後も情報の更新に努めていますが、最新の情報とは異なる場合があります。(更新日は記事上部に表示しています)◆記事中のコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作されており、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。◆アンケートや外部サイトから提供を受けるコメントは、一部内容を編集して掲載しています。◆「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。◆レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部

page top button