PR(アフィリエイト)

アンクルウェイトおすすめ6選【効果は?】通勤や仕事中でも効率よく筋トレ

SIXPAD(シックスパッド)『アンクルウェイト』
SIXPAD(シックスパッド)『アンクルウェイト』

◆本記事はプロモーションが含まれています。
◆本記事は2020年04月03日に公開された記事です。

足に重りをつけ、負荷をかけることで日常の動きをトレーニングに変えることができるアンクルウェイト。ひとくちにアンクルウェイトといっても、使用感や重さ、デザインもさまざまです。

本記事では、アンクルウェイトの正しい選び方とおすすめ商品をご紹介。仕事や通勤中でも目立たない薄型タイプの商品もありますよ。

記事後半では、具体的なエクササイズも解説。比較一覧表や通販サイトの最新人気ランキングもあるので、売れ筋や口コミとあわせてチェックしてみてください。


目次

アンクルウェイトの選び方 アンクルウェイトおすすめ6選 アンクルウェイトの効果的な使い方・エクササイズ
全てを見る全てを見る

この記事を担当するエキスパート

フィットネストレーナー講師
曽谷 英之
神戸大学大学院で運動障害論を学び、ロサンゼルスでの筋肉留学を経てパーソナルトレーナー活動を始めました。 ロジカルで分かりやすい指導がトレーニング初心者の方にご好評をいただき、パーソナルトレーニングマッチングサイト 「MY TRAINERS(マイトレーナーズ)」の2018年度人気No.1トレーナーになりました。 現在は、フィットネストレーナーを「一家に一台」提供するために、トレーナースクール「MY TRAINERSアカデミー」の講師を担当しています。

マイナビおすすめナビ編集部

担当:スポーツ・自転車、アウトドア・キャンプ、自動車・バイク
大熊 武士

「スポーツ・自転車」「アウトドア・キャンプ」「自動車・バイク」カテゴリーを担当。休日は車やバイクでドライブ・ツーリングを満喫し、ゴルフ、釣り、キャンプといったアウトドア全般を楽しむパパ編集者。おすすめルートは草津から志賀高原に抜ける日本一高い国道292号線。元WEBデザイナーでIT編集者という経歴も持つ。

アンクルウェイトの選び方 日常生活に取り入れて効果的に使おう!

それでは、アンクルウェイトの基本的な選び方を見ていきましょう。ポイントは下記の6つ。

【1】自分のレベルにあった重量を選択
【2】おもりは鉄玉がベター
【3】通気性、伸縮性もチェック
【4】ベルトの長さをチェック
【5】レガース式はより本格的なトレーニングに
【6】日常生活で使うなら薄いタイプを


上記の6つのポイントをおさえることで、より具体的に欲しい機能を知ることができます。一つひとつ解説していきます。

【1】自分のレベルにあった重量を選択 重さを調節できるものも

 

アンクルウェイトの重量はさまざま。自分の身体やレベル、トレーニング内容にあった重量を選択することが大切です。ふだんトレーニングしていない人が最初から重いものをつけると、怪我につながる可能性があるので注意が必要です。

自分のレベルがわからないという人には、重量を調節できるものがおすすめです。その日のコンディションやメニューによって重さを変えることができますよ。

【2】おもりは鉄玉がベター 動きやすく足にフィットする

 

アンクルウェイトを選ぶうえで、フィット感を確認することはとても重要。足にうまくフィットしていないと、トレーニングに集中できなくなってしまいます。

アンクルウェイトのおもりに使用される素材によってフィット感は異なります。ジェルや砂タイプなどがありますが、細かい鉄玉は粒がこまかく小さいため、足にフィットしやすいのでおすすめ。家事や仕事中に身に着けるときも、比較的薄型なのでかさばりにくいです。

【3】通気性、伸縮性もチェック お手入れしやすいと便利

 

アンクルウェイトは足首に取り付けるので、通気性はチェックしておきましょう。カバーが洗濯できるものや、メッシュ素材のものがおすすめです。

また、激しいトレーニングでも動きやすいように、伸縮性があるかどうかも大切。スパンデックス素材は伸縮性があり、耐久性にもすぐれているため、日々使いたいという人はチェックしてみてください。

【4】ベルトの長さをチェック 最低でも15㎝以上を

 

ベルトは長いものを選ぶのがベターです。ベルトが長いと、足首に2重に巻いてフィット感を強化できます。15cm以上あると、ずれにくく安定感のあるつけ心地になります。

また、長さに余裕がある20cm以上なら、腰に巻き付けて体幹や下半身のトレーニングに活用することもできます。

【5】レガース式はより本格的なトレーニングに 負荷をかけたい人向け

 

通常アンクルウェイトは足首に取り付けるものが多いですが、ヒザ下まで覆うレガース式もあります。

本格的に鍛えたい人や、より負荷をかけたい人はレガース式を試してみてください。ただ、覆っている箇所が広いので、通気性や動きやすい素材かどうか確認しておきましょう。

【6】日常生活で使うなら薄いタイプを スーツの下に着けてもバレにくい

 

アンクルウェイトは装着するだけで、ウォーキングなどの軽い運動でも負荷をかけて鍛えられるのがメリットのひとつ。アンクルウェイトをつけっぱなしにして動くだけでも、トレーニングや足痩せの一環になります。

通勤や仕事中、家事をしながらなど日常で使いたい場合は、薄型のスリムな形状のものを選びましょう。かさばりにくいものなら、洋服の下に隠してもシルエットが崩れず違和感がありません。

サイズや重量に注目して選びましょう フィットネストレーナー講師のアドバイス

フィットネストレーナー講師:曽谷 英之

フィットネストレーナー講師

アンクルウェイトは長時間装着して運動することが多いので、不快感がなく体のサイズに合わせられるかが重要です。運動の種類によって必要な負荷も変わるので、重さを調整できるとなおよしです。

アンクルウェイトおすすめ6選 軽いものからレガース式まで!

ここからは、選び方や機能性を踏まえたうえで、アンクルウェイトのおすすめ商品を紹介します。

コアブレード『ベストフィット リスト&アンクルウェイト』

コアブレード『ベストフィットリスト&アンクルウェイト』 コアブレード『ベストフィットリスト&アンクルウェイト』 コアブレード『ベストフィットリスト&アンクルウェイト』 コアブレード『ベストフィットリスト&アンクルウェイト』 コアブレード『ベストフィットリスト&アンクルウェイト』 コアブレード『ベストフィットリスト&アンクルウェイト』 コアブレード『ベストフィットリスト&アンクルウェイト』
この商品を見るview item 出典:Amazon
コアブレード『ベストフィットリスト&アンクルウェイト』 コアブレード『ベストフィットリスト&アンクルウェイト』 コアブレード『ベストフィットリスト&アンクルウェイト』 コアブレード『ベストフィットリスト&アンクルウェイト』 コアブレード『ベストフィットリスト&アンクルウェイト』 コアブレード『ベストフィットリスト&アンクルウェイト』 コアブレード『ベストフィットリスト&アンクルウェイト』
この商品を見るview item 出典:Amazon

手首にも足首にも! 部分トレーニングの強化に

手首にも足首にも装着することができるアンクルウェイト。ブラックでコンパクトなデザインなので、洋服の下やスーツの下にも隠しながら使用することができるでしょう。

カバーは洗濯可能なので清潔に保てるのもポイント。日常のトレーニングに装着して使用すると、さらに負荷をかけたトレーニングで上半身も下半身も鍛えることができます。

重さ 2.0kg
サイズ 19.5×7cm
ベルトの長さ -
生地素材 ポリウレタン、ナイロン
手首への併用
全てを見る全てを見る

重さ 2.0kg
サイズ 19.5×7cm
ベルトの長さ -
生地素材 ポリウレタン、ナイロン
手首への併用
全てを見る全てを見る

キャプテンスタッグ『Vit Fit リスト&アンクル ウェイト』

キャプテンスタッグ『VitFitリスト&アンクルウェイト』 キャプテンスタッグ『VitFitリスト&アンクルウェイト』 キャプテンスタッグ『VitFitリスト&アンクルウェイト』 キャプテンスタッグ『VitFitリスト&アンクルウェイト』 キャプテンスタッグ『VitFitリスト&アンクルウェイト』 キャプテンスタッグ『VitFitリスト&アンクルウェイト』
この商品を見るview item 出典:Amazon
キャプテンスタッグ『VitFitリスト&アンクルウェイト』 キャプテンスタッグ『VitFitリスト&アンクルウェイト』 キャプテンスタッグ『VitFitリスト&アンクルウェイト』 キャプテンスタッグ『VitFitリスト&アンクルウェイト』 キャプテンスタッグ『VitFitリスト&アンクルウェイト』 キャプテンスタッグ『VitFitリスト&アンクルウェイト』
この商品を見るview item 出典:Amazon

ウォーキングで筋力強化したい人に!

砂鉄が入っており、つけながらウォーキングすると腹筋群や中殿筋、ハムストリングスなどが鍛えられます。足首だけではなく手首にも装着可能。上半身と下半身両方のトレーニング効果が期待できます。

また、0.5kg、1kg、1.5kgの3種類の重さから選べるので、自分に合う負荷をチョイスしてください。

重さ 0.5kg
サイズ 30.5×11.8×2cm
ベルトの長さ -
生地素材 ネオプレーン
手首への併用
全てを見る全てを見る

重さ 0.5kg
サイズ 30.5×11.8×2cm
ベルトの長さ -
生地素材 ネオプレーン
手首への併用
全てを見る全てを見る

Bodytech(ボディテック)『リストアンクルウェイト』

Bodytech(ボディテック)『リストアンクルウェイト』 Bodytech(ボディテック)『リストアンクルウェイト』 Bodytech(ボディテック)『リストアンクルウェイト』 Bodytech(ボディテック)『リストアンクルウェイト』 Bodytech(ボディテック)『リストアンクルウェイト』 Bodytech(ボディテック)『リストアンクルウェイト』 Bodytech(ボディテック)『リストアンクルウェイト』
この商品を見るview item 出典:Amazon
Bodytech(ボディテック)『リストアンクルウェイト』 Bodytech(ボディテック)『リストアンクルウェイト』 Bodytech(ボディテック)『リストアンクルウェイト』 Bodytech(ボディテック)『リストアンクルウェイト』 Bodytech(ボディテック)『リストアンクルウェイト』 Bodytech(ボディテック)『リストアンクルウェイト』 Bodytech(ボディテック)『リストアンクルウェイト』
この商品を見るview item 出典:Amazon

フェイクレザーで蒸れにくい

足につけるだけで負荷を与えてくれるため、家事の合間や毎日の通勤時間など「ながらエクササイズ」におすすめです。

通気性と耐久性のあるポリウレタンのフェイクレザーを使用。汗をかいても蒸れにくく、快適です。極小の鉄玉を使用しているので、足首や手首にしっかりフィットしてくれます。

重さ 1kg
サイズ 31×10cm
ベルトの長さ 24×2.4cm
生地素材 PU、スパンデックス
手首への併用
全てを見る全てを見る

重さ 1kg
サイズ 31×10cm
ベルトの長さ 24×2.4cm
生地素材 PU、スパンデックス
手首への併用
全てを見る全てを見る

トーエイライト『アジャスタブルアンクルウェイト2kg』

トーエイライト『アジャスタブルアンクルウェイト2kg』 トーエイライト『アジャスタブルアンクルウェイト2kg』
この商品を見るview item 出典:楽天市場
トーエイライト『アジャスタブルアンクルウェイト2kg』 トーエイライト『アジャスタブルアンクルウェイト2kg』
この商品を見るview item 出典:楽天市場

ウェイトの調節が自由自在

重さ約200g×10本の鉄棒を入れ替えることで、約2kgまで調節が可能。日常生活でつけるときには軽めを、トレーニングにプラスするときには重めの負荷をつけて身体を鍛えることができます。

中央部分がU字カットになっていてしっかり装着できます。鉄棒の着脱もかんたんなので、大人から子どもまで家族でシェアしながら使用することも可能です。

重さ 2kg
サイズ 12×30×2.5cm
ベルトの長さ 35cm
生地素材 -
手首への併用 -
全てを見る全てを見る

重さ 2kg
サイズ 12×30×2.5cm
ベルトの長さ 35cm
生地素材 -
手首への併用 -
全てを見る全てを見る

NIKE(ナイキ)『アンクル ウェイト(AT7007-010)』

NIKE(ナイキ)『アンクルウェイト(AT7007-010)』 NIKE(ナイキ)『アンクルウェイト(AT7007-010)』 NIKE(ナイキ)『アンクルウェイト(AT7007-010)』
この商品を見るview item 出典:楽天市場
NIKE(ナイキ)『アンクルウェイト(AT7007-010)』 NIKE(ナイキ)『アンクルウェイト(AT7007-010)』 NIKE(ナイキ)『アンクルウェイト(AT7007-010)』
この商品を見るview item 出典:楽天市場

人間工学に基づいた設計でしっかりフィット

ナイキのロゴが入った、スポーティーなデザインのアンクルウェイト。人間工学に基づいて作られており、しっかりと足首にフィットする仕様になっています。

DRI-FIT素材を採用し、汗でベタつきにくく快適性をキープします。重さは約1.1kgなので、まずは軽めのものから始めたいという方におすすめ。

重さ 1.1kg
サイズ -
ベルトの長さ -
生地素材 DRI-FIT素材
手首への併用 -
全てを見る全てを見る

重さ 1.1kg
サイズ -
ベルトの長さ -
生地素材 DRI-FIT素材
手首への併用 -
全てを見る全てを見る

Reebok(リーボック)『アンクルウエイト(‎RAWT-11221)』

Reebok(リーボック)『アンクルウエイト(‎RAWT-11221)』 Reebok(リーボック)『アンクルウエイト(‎RAWT-11221)』 Reebok(リーボック)『アンクルウエイト(‎RAWT-11221)』 Reebok(リーボック)『アンクルウエイト(‎RAWT-11221)』 Reebok(リーボック)『アンクルウエイト(‎RAWT-11221)』 Reebok(リーボック)『アンクルウエイト(‎RAWT-11221)』 Reebok(リーボック)『アンクルウエイト(‎RAWT-11221)』 Reebok(リーボック)『アンクルウエイト(‎RAWT-11221)』
この商品を見るview item 出典:Amazon
Reebok(リーボック)『アンクルウエイト(‎RAWT-11221)』 Reebok(リーボック)『アンクルウエイト(‎RAWT-11221)』 Reebok(リーボック)『アンクルウエイト(‎RAWT-11221)』 Reebok(リーボック)『アンクルウエイト(‎RAWT-11221)』 Reebok(リーボック)『アンクルウエイト(‎RAWT-11221)』 Reebok(リーボック)『アンクルウエイト(‎RAWT-11221)』 Reebok(リーボック)『アンクルウエイト(‎RAWT-11221)』 Reebok(リーボック)『アンクルウエイト(‎RAWT-11221)』
この商品を見るview item 出典:Amazon

初心者向きの1kgタイプ

ダイビングのスーツにも使用されるネオプレン素材でできたアンクルウェイト。やわらかく足を包み、面テープ仕様でワンタッチで着脱できます。

足首にしっかりフィットするので、激しく動いてもズレにくいです。毎日のエクササイズに手軽に取り入れやすいアイテムです。


重さ 1.0kg
サイズ 35cm×8.5cm×2cm
ベルトの長さ -
生地素材 ポリアミド、ポリエステル、ポリウレタン
手首への併用 -
全てを見る全てを見る

重さ 1.0kg
サイズ 35cm×8.5cm×2cm
ベルトの長さ -
生地素材 ポリアミド、ポリエステル、ポリウレタン
手首への併用 -
全てを見る全てを見る

おすすめ商品の比較一覧表

画像 コアブレード『ベストフィット リスト&アンクルウェイト』 キャプテンスタッグ『Vit Fit リスト&アンクル ウェイト』 Bodytech(ボディテック)『リストアンクルウェイト』 トーエイライト『アジャスタブルアンクルウェイト2kg』 NIKE(ナイキ)『アンクル ウェイト(AT7007-010)』 Reebok(リーボック)『アンクルウエイト(‎RAWT-11221)』
商品名 コアブレード『ベストフィット リスト&アンクルウェイト』 キャプテンスタッグ『Vit Fit リスト&アンクル ウェイト』 Bodytech(ボディテック)『リストアンクルウェイト』 トーエイライト『アジャスタブルアンクルウェイト2kg』 NIKE(ナイキ)『アンクル ウェイト(AT7007-010)』 Reebok(リーボック)『アンクルウエイト(‎RAWT-11221)』
商品情報
特徴 手首にも足首にも! 部分トレーニングの強化に ウォーキングで筋力強化したい人に! フェイクレザーで蒸れにくい ウェイトの調節が自由自在 人間工学に基づいた設計でしっかりフィット 初心者向きの1kgタイプ
重さ 2.0kg 0.5kg 1kg 2kg 1.1kg 1.0kg
サイズ 19.5×7cm 30.5×11.8×2cm 31×10cm 12×30×2.5cm - 35cm×8.5cm×2cm
ベルトの長さ - - 24×2.4cm 35cm - -
生地素材 ポリウレタン、ナイロン ネオプレーン PU、スパンデックス - DRI-FIT素材 ポリアミド、ポリエステル、ポリウレタン
手首への併用 - - -
商品リンク

※各社通販サイトの 2023年9月22日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年07月17日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年07月17日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年07月17日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年9月22日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年07月17日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする アンクルウェイトの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場でのアンクルウェイトの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:アンクルウェイトランキング
楽天市場:アンクルウエイトランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

アンクルウェイトの効果的な使い方・エクササイズ

 

日常生活に取り入れやすいアンクルウェイトですが、より効果的に鍛えられるトレーニング法をご紹介します。

1.ドンキーキック
四つん這いになって片足を90℃に曲げ、そのまま天井に上げ下げする動き

2.ランジ
立った状態から片足を前に踏み出し、戻すを交互に繰り返す動き

3.ホローホールド
仰向けに寝た状態で手足をまっすぐ伸ばし、V字になるように体全体をVの字に縮めるのを繰り返す動き

上記のようなエクササイズを行なうことで、脚の筋肉だけではなく、お尻や腹筋まわりも同時に鍛えることができます。回数に制限はありませんが、1と2は片足30回×2セット、3は20回程度が目安に慣れてきたら回数を増やしていきましょう。

【関連記事】そのほかのトレーニンググッズはこちら

自分にピッタリの商品を選ぼう

今回は、アンクルウェイトのおすすめ商品を紹介しました。自身にあった負荷のアンクルウェイトで運動不足を解消し、日々の生活を筋力トレーニングや体幹トレーニング、シェイプアップに繋げられるように、あなたが求めるアンクルウェイトを選んでみてくださいね。

PR(アフィリエイト)

◆Amazonや楽天を始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しており、当記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されます。◆記事公開後も情報の更新に努めていますが、最新の情報とは異なる場合があります。(更新日は記事上部に表示しています)◆記事中のコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作されており、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。◆アンケートや外部サイトから提供を受けるコメントは、一部内容を編集して掲載しています。◆「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。◆レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部

page top button