【2023年】電気あんかおすすめ9選|人気のコードレスタイプやサーモスタット機能付きも!

【2023年】電気あんかおすすめ9選|人気のコードレスタイプやサーモスタット機能付きも!

冬に欠かせないのが暖房器具。なかでも電気あんかは電気代の節約ができて、長時間カラダを温めるアイテムです。コードレスタイプや温度調節できるものなど種類はさまざまなので、自分に合ったものを見つける必要があります。

そこでこの記事では、電気あんかを選ぶポイントやおすすめ商品をご紹介します。パナソニックや山善などの人気メーカーをはじめ、持ち運びに便利な携帯タイプなどを厳選しました。

また、記事の最後にはamazonなど通販サイトの最新人気ランキングのリンクもあるので、ぜひ参考にしてくださいね。


この記事を担当するエキスパート

IT・家電ライター
河原塚 英信

デジタル系トレンド情報誌の編集者を経て、フリーランスの編集ライターへ。 テレビやデジタルカメラ、スマートフォン、ドローンなどのデジタル製品を中心に執筆。 生活家電専門サイト『家電 Watch』の、編集記者でもある。

マイナビおすすめナビ編集部

担当:家電・オーディオ、カメラ・ビデオカメラ、パソコン・スマホ
天野 駿太郎

「家電・オーディオ」「パソコン・スマホ」「カメラ・ビデオカメラ」カテゴリーを担当する30代編集者。モノを極力持ちたくないミニマリストで、趣味は断捨離。とはいえ、最新ガジェットには興味津々で、多機能な家電に目がない。

◆本記事の公開は、2020年03月24日です。記事公開後も情報の更新に努めていますが、最新の情報とは異なる場合があります。(更新日は記事上部に表示しています)◆価格、送料、納期やその他の詳細については、商品のサイズや色等によって異なる場合があります。◆記事中のコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作されており、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。◆広告は「PR」と表記し明確に区別しています。

電気あんかを使うメリットとは

ベッドの上で枕を抱きしめる女性

Photo by Victor Hughes on Unsplash

あんかとは、湯たんぽのようなものでカラダを温めるための持ち運び器具です。以前は炭を熱源にしていました。電気あんかが登場して以降は、電熱であたためられるようになり、保温性も長時間持続できるようになりました。

電気あんかは、湯たんぽのようにお湯を用意する必要がなく、コンセントにつなげばすぐに使えます。また、1カ月間使っても電気代は数十円~数百円程度でお得というのもメリットです。

電気あんかの選び方

まずは、電気あんかを選ぶポイントを見ていきましょう。ポイントは以下。

【1】用途に合うタイプを選ぶ
【2】温度調節やサーモスタット機能つきを選ぶ
【3】衛生的に使えるものを選ぶ


上記のポイントを押さえることで、あなたに合った商品を見つけることができます。ぜひ参考にしてみてください。

『電気あんかのおすすめ商品』を今スグみる

【1】用途に合うタイプを選ぶ

電気あんかには、いくつかタイプがあります。家で使うのか、オフィスや移動中に使うのかなど用途に適したものを選ぶことが大切です。

▼コンパクトで使いやすい「平型タイプ」

 

古くからある電気あんかは平型のタイプ。コンパクトで使いやすいので、現在も定番アイテムのひとつです。初めて電気あんかを購入するなら平型タイプがおすすめです。

座布団や枕として使ったり、ヒザやお腹に置いたりと使い勝手のいいタイプですよ。

▼定番の「山型タイプ」

 

平型タイプ同様に、定番アイテムとされているのが山型タイプです。平型と異なり、密着し過ぎず空間を作り出すので蒸れにくいのが大きなメリットです。いろんな場所を温めるのに向いています。

▼広範囲を温められる「大判タイプ」

 

寒い冬は温かい布団で眠りたいですよね。そんなとき大判の電気あんかを選べば、広範囲を温めてくれます。また、敷き布団や掛け布団、ヒザ掛け代わりにもなるので、自宅でも使えて便利です。

▼コードレスで使える「蓄熱式湯たんぽ」

 

その都度コンセントを抜き差しするのが面倒という人には、蓄熱式がおすすめ。充電しておけば、コードレスでどこでも使用できるので便利です。ベッドとコンセントの距離が遠いという場合にも重宝します。

【2】温度調節やサーモスタット機能付きを選ぶ

 

電気あんかのなかには、温度調節を細かくできるものや、自動で調節するサーモスタット機能が付いた製品もあります。寝ている間に温度が上がりすぎたり、低温やけどの防止になります。

また、無駄な消費電力も抑えられるので一石二鳥。本体価格は少し割高になりますが、長期的に使うことを考えると、温度調節機能付きがおすすめです。

【3】衛生的に使えるものを選ぶ

 

電気あんかは、寒い季節に頻繁に使うアイテムです。肌に直接触れることを考えると、清潔に保てるかがポイントになります。

製品のなかには、抗菌・防臭効果のある素材を使用しているものがあります。ダニや雑菌の繁殖を抑えられ、汗などのニオイも軽減できます。また、カバーを取り外して洗えるタイプだと、より衛生的に使えますよ。取り外せないものであれば、除菌スプレーなどでお手入れをしましょう。

電気あんかを選ぶポイント IT・家電ライターからアドバイス

IT・家電ライター:河原塚 英信

IT・家電ライター

電気あんかは、温度調節が可能なものを選びましょう。就寝前に布団の中に入れて「強」で温めておき、寝るときには「弱」にするといった使い方ができます。

また、充電可能な電気あんか(蓄熱式)は、電気で熱を蓄えた液体が冷えたカラダを温めて、優しくぬくぬくとした温かさが気持ちいいですよ。

電気あんかのおすすめ9選

ここからは、電気あんかのおすすめ商品をご紹介します。

▼おすすめ5選【スタンダード】

▼おすすめ3選【コードレス】

▼おすすめはコレ【高機能タイプ】

各商品をすぐに見たいなら、上記のリンクをクリックしてくださいね。

▼おすすめ商品の比較一覧表

画像
Koizumi(コイズミ)『平形電気あんか(KHA-06212)』
KODEN(広電)『山型電気あんか(VAY-60Y-5)』
Panasonic(パナソニック)『電気あんか(DW-78P-H)』
YAMAZEN(山善)『ソフト電気あんか(YSK-210D)』
ライフジョイ『電気あんか(AF271)』
THREEUP(スリーアップ)『蓄熱式 エコ湯たんぽ nuku2(EWT-2144 )』
KEYNICE『電気湯たんぽ(9106AD-TGR)』
ヒロ・コーポレーション『2WAY充電式ゆたんぽ(HT-G165V)』
Unigear『充電式カイロ モバイルバッテリー』
Zenoplige『電気足温器』
『USBあったかスリッパ 』
商品名 Koizumi(コイズミ)『平形電気あんか(KHA-06212)』 KODEN(広電)『山型電気あんか(VAY-60Y-5)』 Panasonic(パナソニック)『電気あんか(DW-78P-H)』 YAMAZEN(山善)『ソフト電気あんか(YSK-210D)』 ライフジョイ『電気あんか(AF271)』 THREEUP(スリーアップ)『蓄熱式 エコ湯たんぽ nuku2(EWT-2144 )』 KEYNICE『電気湯たんぽ(9106AD-TGR)』 ヒロ・コーポレーション『2WAY充電式ゆたんぽ(HT-G165V)』 Unigear『充電式カイロ モバイルバッテリー』 Zenoplige『電気足温器』 『USBあったかスリッパ 』
商品情報
特徴 汚れの目立たない、おしゃれな柄 鮮やかなピンク色が印象的 抗菌防臭加工で衛生的! ソフトタイプだから使いやすい 大判やわらか素材で足元ぽっかぽか! かわいいアニマルデザインで身も心もほっこり 蓄熱状態を自動調整するので安心 腰巻きできるベルトカバーつき! モバイルバッテリーにもなる携帯式 冷え性対策にうれしい速暖性 スリッパタイプなら足元ずっとポカポカ
サイズ 幅220×奥行160×高さ45mm (約)幅245×奥行220×高さ80mm 約390×290×厚さ30mm 縦260×横320mm 幅450×奥行330×高さ32mm 幅23x奥行28x高さ5cm 縦200×横300mm 幅250×奥行170×高さ50mm 幅53×奥行103×高さ29mm 幅330×奥行340×高さ130mm -
消費電力 60W 60W 30W 15W 6.7W(1時間あたり) 360W - 400W - - -
温度調節 あり あり なし × なし あり なし ×
タイプ 平型 山型 大判 大判 大判 蓄熱充電式 蓄熱充電式 蓄熱充電式 充電式 給電式(USB) 給電式(USB)
電気代(目安) 0.23円/時 0.2円/時 - 0.18円/時 蓄熱1回あたり約2.5P3 充電1回あたり約1.8円
商品リンク

※各社通販サイトの 2023年1月11日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年1月11日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年1月11日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年1月11日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年1月11日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年1月11日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年1月11日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年1月11日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年1月11日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年10月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年10月28日時点 での税込価格

▼おすすめ5選【スタンダード】 IT・家電ライターと編集部が厳選!

まずはスタンダードな「平型タイプ」「山型タイプ」「大判タイプ」の電気あんかをご紹介します!

Koizumi(コイズミ)『平形電気あんか(KHA-06212)』

Koizumi(コイズミ)『平形電気あんか(KHA-06212)』 Koizumi(コイズミ)『平形電気あんか(KHA-06212)』 Koizumi(コイズミ)『平形電気あんか(KHA-06212)』 Koizumi(コイズミ)『平形電気あんか(KHA-06212)』
出典:Amazon この商品を見るview item
汚れの目立たない、おしゃれな柄

照明器具や電気機器を製造する国産メーカー、コイズミの電気あんか。温度は3段階で調節可能です。重さが約600gなので、気軽に持ち運びもできるでしょう

平型でコンパクトかつシンプルな形状で、あたたかみのあるチェック柄が特徴的。汚れが目立ちにくい色味なので、長く使うことができます。

KODEN(広電)『山型電気あんか(VAY-60Y-5)』

KODEN(広電)『山型電気あんか(VAY-60Y-5)』 KODEN(広電)『山型電気あんか(VAY-60Y-5)』 KODEN(広電)『山型電気あんか(VAY-60Y-5)』 KODEN(広電)『山型電気あんか(VAY-60Y-5)』 KODEN(広電)『山型電気あんか(VAY-60Y-5)』 KODEN(広電)『山型電気あんか(VAY-60Y-5)』 KODEN(広電)『山型電気あんか(VAY-60Y-5)』
出典:Amazon この商品を見るview item
鮮やかなピンク色が印象的

すき間を確保して蒸れを防ぎたいというのであれば、役立つのが山型のこの電気あんかです。毎日8時間ほど使用したとしても、3カ月でかかる電気代はたったの165円程度。低コストでカラダを温めてくれる優れものです。

大き過ぎないので、夜は布団の中に入れて足元から少し離して置いておけば、冷え性でも足をしっかり温められます。柄違いやタイプ別でも種類があるので、チェックしてみてくださいね。

エキスパートのおすすめ

Panasonic(パナソニック)『電気あんか(DW-78P-H)』

Panasonic(パナソニック)『電気あんか(DW-78P-H)』 Panasonic(パナソニック)『電気あんか(DW-78P-H)』 Panasonic(パナソニック)『電気あんか(DW-78P-H)』 Panasonic(パナソニック)『電気あんか(DW-78P-H)』 Panasonic(パナソニック)『電気あんか(DW-78P-H)』 Panasonic(パナソニック)『電気あんか(DW-78P-H)』 Panasonic(パナソニック)『電気あんか(DW-78P-H)』
出典:Amazon この商品を見るview item
抗菌防臭加工で衛生的!

こちらはパナソニックの大判タイプの電気あんかです。カバーは抗菌防臭加工が施されていて、ドライクリーニングも可能。衛生面が気になる人におすすめです。

また、温度調節は5段階の切り替えができるのも便利。お好みの温度で布団を温められます。低温やけど防止のため、寝るときは低めの温度に設定してください。

YAMAZEN(山善)『ソフト電気あんか(YSK-210D)』

YAMAZEN(山善)『ソフト電気あんか(YSK-210D)』 YAMAZEN(山善)『ソフト電気あんか(YSK-210D)』 YAMAZEN(山善)『ソフト電気あんか(YSK-210D)』 YAMAZEN(山善)『ソフト電気あんか(YSK-210D)』 YAMAZEN(山善)『ソフト電気あんか(YSK-210D)』
出典:Amazon この商品を見るview item
ソフトタイプだから使いやすい

山善の電気あんかです。硬いタイプの電気あんかが多いですが、こちらはソフトタイプになっているのでやわらかく、快適に使えます。広範囲を暖められる大判サイズ。

布団はもちろん、冷たいフローリングの上に置いて足元を温めたり、ソファーやカーペットの上に座ってヒザ掛けをしながら使えば、こたつのようにポカポカ!

ライフジョイ『電気あんか(AF271)』

大判やわらか素材で足元ぽっかぽか!

広範囲を温めたいのであれば、この大判タイプのアイテムがぴったりです。幅45cm、奥行33cmの大きさなので、布団やベッドを全体的にあったかくできます。これなら、足元全体がポカポカでぐっすり眠れそうですね。

優しい色使いが印象的ですが、その触り心地もソフトなのが特徴。布団に電気あんかを入れていると、寝返りをうったときに蹴ってしまうことがありますが、やわらか素材なので安心です。

▼おすすめ3選【コードレス】 持ち運びに便利!

次に、充電可能な電気あんかを紹介します。コードなしでどこにでも気軽に持ち運びできる点がポイントです。

THREEUP(スリーアップ)『蓄熱式 エコ湯たんぽ nuku2(EWT-2144 )』

THREEUP(スリーアップ)『蓄熱式エコ湯たんぽnuku2(EWT-2144)』 THREEUP(スリーアップ)『蓄熱式エコ湯たんぽnuku2(EWT-2144)』 THREEUP(スリーアップ)『蓄熱式エコ湯たんぽnuku2(EWT-2144)』
出典:楽天市場 この商品を見るview item
かわいいアニマルデザインで身も心もほっこり

お湯の入れ替えやコードの抜き差しをせずに、あらゆる場所でカラダを温めることができる電気あんか。表面はアニマルデザインのかわいらしい姿なので、外出先に持ち歩くのも楽しくなります。ウサギやヒツジなどのかわいい動物が全4種類で、選ぶ楽しみもあります。

このアイテムの持続性もアピールポイントです。たった20分の蓄熱で8時間も温かい状態を保ちます。お出かけ前のわずかな時間で、朝から夕方まで持続するのはとても嬉しいポイントですね。

KEYNICE『電気湯たんぽ(9106AD-TGR)』

KEYNICE『電気湯たんぽ(9106AD-TGR)』 KEYNICE『電気湯たんぽ(9106AD-TGR)』 KEYNICE『電気湯たんぽ(9106AD-TGR)』
出典:楽天市場 この商品を見るview item
蓄熱状態を自動調整するので安心

こちらは、自動電源オフ機能・温度検知・過熱防止機能がついた安全設計の電気あんか。65℃以上になると電源がオフになるので安心。コードレスタイプで、どこでも使えて便利です。

約13分の急速充電で、使用場所にもよりますが、約6~10時間温度が持続します。電気代も省エネ対応で、1カ月毎日使っても100円未満!

エキスパートのおすすめ

ヒロ・コーポレーション『2WAY充電式ゆたんぽ(HT-G165V)』

ヒロ・コーポレーション『2WAY充電式ゆたんぽ(HT-G165V)』 ヒロ・コーポレーション『2WAY充電式ゆたんぽ(HT-G165V)』 ヒロ・コーポレーション『2WAY充電式ゆたんぽ(HT-G165V)』
出典:楽天市場 この商品を見るview item
腰巻きできるベルトカバーつき!

こちらの商品は腰に巻きつけるベルトが付いているのでとても便利! オフィスや自宅でほかの作業をしながらでも、手がふさがることなく腰まわりを温めることができます。

1回の蓄熱は10分ほどで、充電が完了したらアラームでお知らせ。やわらかい素材で触り心地もいいですよ。ハンズフリーで使える電気あんかをお探しの人におすすめです。

▼おすすめはコレ【高機能タイプ】 モバイルバッテリーや自動オフ機能つきなど

電気あんかは本来、カラダを温めるためのものですが、近年はそれ以外の機能が充実している商品も登場しています。ここからは特徴的な電気あんかを紹介します。

Unigear『充電式カイロ モバイルバッテリー』

Unigear『充電式カイロモバイルバッテリー』 Unigear『充電式カイロモバイルバッテリー』 Unigear『充電式カイロモバイルバッテリー』
出典:楽天市場 この商品を見るview item
モバイルバッテリーにもなる携帯式

コンパクトでかわいい見た目が特徴的な電気あんか。たった3秒ほどで発熱し、軽量なのでカラダの冷えた部分を片手で気軽に温めることができます。さらに、つまみをまわす必要はなく、ボタンひとつで温度調節ができるのも魅力。

現代人にスマホは欠かせないですが、ついついバッテリーが減ってしまうのが悩みどころ。そんなとき、こちらの充電式電気あんかはモバイルバッテリーとしても使えます。コンパクトで持ち運びやすく、スマホの充電もできる機能的な商品です。

【番外編】冷え性対策にフットウォーマー2選 まだまだあります!

電気あんかでも脚を温めることができますが、冷え性の方には脚専用のフットウォーマーを使用するというのも選択肢です。

▼足温器

Zenoplige『電気足温器』

Zenoplige『電気足温器』 Zenoplige『電気足温器』 Zenoplige『電気足温器』 Zenoplige『電気足温器』 Zenoplige『電気足温器』 Zenoplige『電気足温器』 Zenoplige『電気足温器』
出典:Amazon この商品を見るview item
冷え性対策にうれしい速暖性

冷え性だと仕事中やテレビを見ているときなどに、足先が冷えてしまうことが多いのでは。こちらのフットウォーマーなら使用中に音も出ず、約350gと軽いので持ち運びしやすいです。

コンセントが見つからないときには、USB給電で会社や自分のPCから手軽に充電できるのも嬉しいところ。60秒後には即暖性によりすぐに温まります。

▼あったかスリッパ

『USBあったかスリッパ 』

『USBあったかスリッパ』 『USBあったかスリッパ』 『USBあったかスリッパ』
出典:楽天市場 この商品を見るview item
スリッパタイプなら足元ずっとポカポカ

つねにあたたかい状態で歩きまわることができるスリッパタイプの商品です。USB給電で駆動し、モバイルバッテリーなどをセットで使えば足元を温めながら移動も可能。柔軟性の高い商品で簡単に折りたたみでき、旅行などに持ち込みやすいのも強みです。

スリッパの中に入っている加熱部分は取り出し可能です。男女兼用サイズで、オフシーズンもスリッパとして活用できます。

【ランキング】通販サイトの最新人気! 電気あんかの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでの電気あんかの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:あんか・かいろランキング
楽天市場:電気あんかランキング
Yahoo!ショッピング:充電式、電源式あんかランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

【Q&A】よくある質問

question icon電気あんかの電気代は?

answer icon

電気あんかの電気代は、消費電力が30Wのもので1時間あたり、約0.8円程度です。電気代は、消費電力の大きさによっても異なりますが、基本的にランニングコストをそこまでかけずに、あたたまることができます。

question icon電気あんかはどこで売ってる?

answer icon

電気あんかは、ヤマダ電機やケーズデンキなどの家電量販店やホームセンターなどで購入することができます。また、Amazonや楽天市場などのECサイトでも販売されています。ネットであれば自宅まで郵送することが可能で、口コミやランキングなどを確認しながら購入することができます。

【関連記事】あったかグッズ特集!

【まとめ】使うシーンや目的に合うものを選ぼう!

カラダを温めるというシンプルな目的の電気あんかですが、それぞれサイズや機能が異なり、製品の個性があります。

実際に、使用するシーンはオフィスや寝るときなど異なるでしょうし、温めたい部分も人によって異なるはず。まずは自分がどんな場面で電気あんかを使いたいか、思い浮かべながら製品を選んでいくのがいいでしょう。

◆記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。◆特定商品の広告を行う場合には、商品情報に「PR」表記を記載します。◆「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。◆記事で紹介する商品の価格やリンク情報は、ECサイトから提供を受けたAPIにより取得しています。データ取得時点の情報のため最新の情報ではない場合があります。◆レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部