電気あんかおすすめ10+2選【足元からあったか!】温度調節機能つきやコードレスタイプなど

電気あんかおすすめ10+2選【足元からあったか!】温度調節機能つきやコードレスタイプなど
IT・家電ライター
河原塚 英信

デジタル系トレンド情報誌の編集者を経て、フリーランスの編集ライターへ。 テレビやデジタルカメラ、スマートフォン、ドローンなどのデジタル製品を中心に執筆。 生活家電専門サイト『家電 Watch』の、編集記者でもある。

冬に欠かせないのが暖房器具。そのなかでも、電気あんかは低コストで長時間体をあたためてくれるのがうれしいアイテムです。しかし、ひとくちに電気あんかといっても、コードレスであたためてくれる蓄熱式のものや、温度調節できるものなど種類はさまざま。そこで、 IT・家電ライターの河原塚 英信さんに、電気あんかを選ぶポイントを教えてもらいました。さらに電気あんかのおすすめ商品も紹介していきます。冬場をあたたかく過ごすためのアイテムとして、ぜひ取り入れてみてください。


ベッドの上で枕を抱きしめる女性

Photo by Victor Hughes on Unsplash

寒い冬は、体や足先が冷えて眠れないこともありますよね。電気あんかが気になっている方はぜひチェックしてください。

電気あんかとは

あんかとは体をあたためるための持ち運び器具です。以前は炭を熱源にしていました。電気あんかが登場して以降は、電熱であたためられるようになり、保温性も長時間持続できるようになりました。

電気あんかは、湯たんぽのようにお湯を用意する必要がなく、コンセントにつなげばすぐに使えます。また、1カ月間使っても電気代は数十円程度でお得というのも、うれしいメリットです。

自分にあった電気あんかを選ぶには IT・家電ライターに聞く

お手ごろ価格でカンタンに手に入れることができる電気あんかですが、種類が豊富なので選ぶのに悩んでしまうことも。サイズや備えている機能によって、いくつかのタイプにわけられます。使用する人や場所によって、ぴったりのものが変わってきますので、ここからは5つのカテゴリーにわけて紹介していきます。

使い勝手がいい温度調節機能つきを選ぶ

電気あんかは持ち運びしやすい器具です。持ち運ぶ場所によって外気が異なることがあります。そんなとき、温度調節機能がついているものを選べば、体を適温に保ってくれるので便利。少し値段が高くなりますが、熱くなりすぎないように自動調節してくれるタイプもあります。

はじめての購入なら定番の平型

古くからある電気あんかは平型のタイプ。コンパクトで使いやすいので、現在も定番アイテムのひとつです。はじめて電気あんかを購入するなら平型タイプがおすすめです。

蒸れを防ぐためには山型を

平型タイプ同様に、定番アイテムとされているのが山型タイプです。平型と異なり、密着し過ぎず空間を作り出すので蒸れにくいのが大きなメリットです。

持ち運びにはコードレスタイプ

その都度コンセントを抜き差しするのが面倒という方には、蓄熱式がおすすめ。充電しておけば、コードレスでどこでも使用できるので便利です。ベッドとコンセントの距離が遠いという場合にもとても助かります。

大判タイプは布団をあたためるのに便利

寒い冬はあたたかい布団で眠りたいですよね。そんなとき大判の電気あんかを選べば、広範囲にあたためてくれます。また、ひざ掛け代わりにもなるので、自宅でも使えて便利です。

電気あんかを選ぶポイント IT・家電ライターからアドバイス

IT・家電ライター

電気あんかは、温度調節が可能なものを選びましょう。就寝前に布団のなかに入れて「強」であたためておき、寝る時には「弱」にするといった使い方ができます。

また、充電可能な電気あんか(蓄熱式)は、電気で熱を蓄えた液体が冷えた体をあたため、やさしくぬくぬくとしたあたたかさが気持ちいいですよ。

スタンダードな電気あんか3選 IT・家電ライターと編集部が厳選!

ここからは平型、山型、大判のスタンダードな電気あんかを3つ紹介します。

IT・家電ライター

『KHA-0663』は電気ストーブやカーペット、コタツなどまで手がけるコイズミ製なので安心感があります。3段階の温度調節つきながら、価格も手ごろで、壊れる心配が少なく長く使えます。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Koizumi(コイズミ)『平形電気あんか(KHA-0663)』

出典:Amazon

サイズ 幅220×奥行160×高さ45mm
消費電力 60W
温度調節
タイプ 平型
電気代(目安)

汚れの目立たないオシャレ柄

照明器具や電気機器を製造する国産メーカーの電気あんか。温度は3段階で調節可能なので、機能面はしっかり整っています。重さが約600gなので、気軽に持ち運びもできるでしょう

平型でコンパクトかつシンプルな形状で、あたたかみのあるチェック柄が特徴的。汚れが目立ちにくい色味なので、長く使うことができます。

広電(KODEN)『山型電気あんか(VAY-60Y-5)』

出典:Amazon

サイズ (約)幅245×奥行220×高さ80mm
消費電力 60W
温度調節
タイプ 山型
電気代(目安) 0.23円/時

鮮やかなピンク色が印象的

すき間を確保して蒸れを防ぎたいというのであれば、役立つのが山型のこの電気あんかです。毎日8時間ほど使用したとしても、3カ月でかかる電気代はたったの165円程度。低コストで体をあたためてくれるのですぐれもの。

大き過ぎないので、夜は布団のなかに入れて足元から少し離して置いておけば、冷え性の方の足をしっかりあたためてくれます。柄違いやタイプ別でも種類があるので、チェックしてみてくださいね。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Panasonic(パナソニック)『電気あんか DW-78P-H』

出典:Amazon

サイズ 約390×290×厚さ30mm
消費電力 30W
温度調節
タイプ 大判
電気代(目安) 0.2円/時

抗菌防臭加工で衛生的!

こちらはパナソニックの大判タイプの電気あんかです。カバーは抗菌防臭加工が施されていて、ドライクリーニングも可能。衛生面が気になる方におすすめです。

また、温度調節は5段階の切り替えができるのも便利。お好みの温度で布団をあたためられます。低温やけど防止のため、寝るときは低めの温度に設定してください。

LIFEJOY(ライフジョイ)『大判ソフト 電気あんか(AF271)』

出典:Amazon

サイズ 幅450×奥行330×高さ32mm
消費電力 6.7W(1時間あたり)
温度調節 ×
タイプ 大判
電気代(目安) 0.18円/時

大判やわらか素材で足元ぽっかぽか!

広範囲にあたためてほしいのであれば、この大判タイプのアイテムがぴったりです。幅45cm、奥行33cmの大きさなので、布団やベッドを全体的にあたためてくれます。これなら、足元全体がポカポカでぐっすり眠れそうですね。

やさしい色使いが印象的ですが、その触り心地もソフトなのが特徴。布団に電気あんかを入れていると、寝返りをうったときに蹴ってしまうことがありますが、やわらか素材なので安心です。

充電可能な電気あんか3選 持ち運びに便利!

次に、充電可能な電気あんかを3つ紹介します。コードなしでどこにでも気軽に持ち運びできる点がポイントです。

IT・家電ライター

内部の液体を電気であたためる方式の蓄熱または充電式の電気あんかは、不具合が少なくないようです。そのためTHREEUP(スリーアップ)のように、日本に本社を置くブランドをおすすめします。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

THREEUP(スリーアップ)『蓄熱式 エコ湯たんぽ nuku2(EWT-1544)』

THREEUP(スリーアップ)『蓄熱式 エコ湯たんぽ nuku2(EWT-1544)』

出典:Amazon

サイズ 幅220×奥行270×高さ450mm
消費電力 最大400W(平均270W)
温度調節
タイプ 蓄熱充電式
電気代(目安) 蓄熱1回あたり約2.5P3

かわいいアニマルデザインで心も体もほっこり

お湯の入れ替えやコードの抜き差しをせずに、あらゆる場所で体をあたためることができる電気あんか。表面はアニマルデザインのかわいらしい姿なので、外出先に持ち歩くのも楽しくなります。ウサギやヒツジなどのかわいい動物が全4種類と選ぶ楽しみもあります。

このアイテムの持続性もアピールポイントです。たった20分の蓄熱で8時間もあたたかい状態を保ちます。お出かけ前のわずかな時間で、朝から夕方まで持続するのはとてもありがたい点です。

Pousutong『充電式 電気湯たんぽ』

出典:Amazon

サイズ 幅300×奥行200×高さ80mm
消費電力 420W
温度調節 ×
タイプ 蓄熱充電式
電気代(目安) 充電1回あたり約1.5~2.5円

ふわふわの手触りがクセになる!

たった8~12分の急速充電で、ずっとあたたかいのがこの電気あんかのポイント。布団のなかで使うのであれば、8時間以上あたたかさをキープします。寝る前に充電しておけば、朝までポカポカで快適ですね。

冬であっても寝ている間は意外と汗をかいているものです。そのため、体に密着する電気あんかのカバーは汚れてしまうことも。こちらの商品はカバーが手洗い可能なので、清潔に使用できます。

Keynice『充電式湯たんぽ』

サイズ 幅290×奥行210×高さ80mm
消費電力 -
温度調節 ×
タイプ 蓄熱充電式
電気代(目安) 充電1回あたり約1.8円

蓄熱状態を自動調整するので安心

こちらは自動電源オフ機能つきの電気あんか。65℃以上になると電源がオフになるので安心して使えます。肌触りがよく、4層構造で耐久性もあるので長く愛用できます。

充電は約15分の急速充電。1回の充電で使用場所にもよりますが、約6~10時間は使えます。電気代も省エネ対応で、1カ月毎日使って100円未満なのもうれしいですね。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ヒロ・コーポレーション『2WAY充電式ゆたんぽ(HT-G165V)』

出典:Amazon

サイズ 幅250×奥行170×高さ50mm
消費電力 400W
温度調節
タイプ 蓄熱充電式
電気代(目安)

腰巻きできるベルトカバーつき!

こちらの商品は腰に巻きつけるベルトがついているのでとても便利! オフィスや自宅でほかの作業をしながらでも、手がふさがることなく腰まわりをあたためることができます。

1回の蓄熱は10分ほどで、充電が完了したらアラームでお知らせ。やわらかい素材で触り心地もいいですよ。ハンズフリーで使える電気あんかをお探しの方におすすめです。

高機能の電気あんか2選 モバイルバッテリーや自動オフ機能つきなど

電気あんかは本来、体をあたためるためのものですが、近年はそれ以外の機能が充実している商品も登場しています。ここからは特徴的な電気あんかを2つ紹介します。

IT・家電ライター

『充電式カイロ モバイルバッテリー 』は電気であたためる携帯用カイロです。外出先で首筋や背中や腰などをあたためるのに便利です。

45℃/55℃/58℃の3段階で温度設定できます。少し高めなので、袋に入れて使いたいです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Greatever『充電式カイロ モバイルバッテリー』

出典:Amazon

サイズ 幅54×奥行105×高さ29mm
消費電力 -
温度調節
タイプ 充電式
電気代(目安)

モバイルバッテリーにもなる携帯式

コンパクトでかわいい見た目が特徴的な電気あんか。たった3秒ほどで発熱、軽量なので、体の冷えた部分を片手で気軽にあたためることができます。さらに、つまみを回す必要はなく、ボタンひとつで3段階の温度調節ができるのも魅力。

現代人にスマホは欠かせないですが、ついついバッテリーが減ってしまうのが悩みどころ。そんなとき、こちらの充電式電気あんかはモバイルバッテリーとしても使えます。コンパクトで持ち運びやすく、スマホの充電もできる機能的な商品です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

PRISMATE(プリズメイト)『人感センサー付 フットヒーター(PR-WA009)』

PRISMATE(プリズメイト)『人感センサー付 フットヒーター(PR-WA009)』

出典:Amazon

サイズ (約)幅330×奥行260×高さ32mm
消費電力 弱:30W、強:60W
温度調節
タイプ 平型
電気代(目安) 1時間あたり約1.62円(強運転時)

人感センサー、オートオフ機能を搭載

こちらは人感センサーが搭載された商品。人が5分以上離れると自動でオフにしてくれます。さらに、消し忘れ防止のためのオートオフ機能も装備。万が一消し忘れて出かけてしまっても安心ですね。

厚さは約3cm、重量は約1.15kgと軽量なので持ち運びもラク。本体背面のスタンドを立てると角度の調節ができます。見た目もスタイリッシュなので、収納しやすく部屋の雰囲気になじむものを探している人におすすめです。

【番外編】冷え性対策にフットウォーマー2選 まだまだあります!

電気あんかでも脚をあたためることができますが、冷え性の方には脚専用のフットウォーマーを使用するというのも選択肢です。そこで、2つのアイテムを紹介します。

Zenoplige『電気足温器』

出典:Amazon

サイズ 幅330×奥行340×高さ130mm
消費電力 -
温度調節 ×
タイプ 給電式(USB)
電気代(目安)

冷え性対策にうれしい速暖性

冷え性の方は仕事中やテレビを見ているときなど、足先が冷えてしまうことが多いのでは。こちらのフットウォーマーなら使用中に音も出ず、約350gと軽いので持ち運びしやすいです。

コンセントが見つからないときには、USB給電で会社や自分のPCから手軽に充電できるのもうれしいところ。60秒後には即暖性によりすぐにあたたまります。

DELUXEFOX『USBあったかスリッパ 』

出典:Amazon

サイズ 幅140×奥行300×高さ100mm
消費電力 -
温度調節 ×
タイプ 給電式(USB)
電気代(目安)

スリッパタイプなら足元ずっとポカポカ

つねにあたたかい状態で歩きまわることができるスリッパタイプの商品です。USB給電で駆動し、モバイルバッテリーなどをセットで使えば足元をあたためながら移動も可能。柔軟性の高い商品でカンタンに折りたたみでき、旅行などに持ち込みやすいのも強みです。

スリッパのなかに入っている加熱部分は取り出し可能です。男女兼用サイズで、オフシーズンもスリッパとして活用することができます。

「電気あんか」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
Koizumi(コイズミ)『平形電気あんか(KHA-0663)』
広電(KODEN)『山型電気あんか(VAY-60Y-5)』
Panasonic(パナソニック)『電気あんか DW-78P-H』
LIFEJOY(ライフジョイ)『大判ソフト 電気あんか(AF271)』
THREEUP(スリーアップ)『蓄熱式 エコ湯たんぽ nuku2(EWT-1544)』
Pousutong『充電式 電気湯たんぽ』
Keynice『充電式湯たんぽ』
ヒロ・コーポレーション『2WAY充電式ゆたんぽ(HT-G165V)』
Greatever『充電式カイロ モバイルバッテリー』
PRISMATE(プリズメイト)『人感センサー付 フットヒーター(PR-WA009)』
Zenoplige『電気足温器』
DELUXEFOX『USBあったかスリッパ 』
商品名 Koizumi(コイズミ)『平形電気あんか(KHA-0663)』 広電(KODEN)『山型電気あんか(VAY-60Y-5)』 Panasonic(パナソニック)『電気あんか DW-78P-H』 LIFEJOY(ライフジョイ)『大判ソフト 電気あんか(AF271)』 THREEUP(スリーアップ)『蓄熱式 エコ湯たんぽ nuku2(EWT-1544)』 Pousutong『充電式 電気湯たんぽ』 Keynice『充電式湯たんぽ』 ヒロ・コーポレーション『2WAY充電式ゆたんぽ(HT-G165V)』 Greatever『充電式カイロ モバイルバッテリー』 PRISMATE(プリズメイト)『人感センサー付 フットヒーター(PR-WA009)』 Zenoplige『電気足温器』 DELUXEFOX『USBあったかスリッパ 』
商品情報
特徴 汚れの目立たないオシャレ柄 鮮やかなピンク色が印象的 抗菌防臭加工で衛生的! 大判やわらか素材で足元ぽっかぽか! かわいいアニマルデザインで心も体もほっこり ふわふわの手触りがクセになる! 蓄熱状態を自動調整するので安心 腰巻きできるベルトカバーつき! モバイルバッテリーにもなる携帯式 人感センサー、オートオフ機能を搭載 冷え性対策にうれしい速暖性 スリッパタイプなら足元ずっとポカポカ
サイズ 幅220×奥行160×高さ45mm (約)幅245×奥行220×高さ80mm 約390×290×厚さ30mm 幅450×奥行330×高さ32mm 幅220×奥行270×高さ450mm 幅300×奥行200×高さ80mm 幅290×奥行210×高さ80mm 幅250×奥行170×高さ50mm 幅54×奥行105×高さ29mm (約)幅330×奥行260×高さ32mm 幅330×奥行340×高さ130mm 幅140×奥行300×高さ100mm
消費電力 60W 60W 30W 6.7W(1時間あたり) 最大400W(平均270W) 420W - 400W - 弱:30W、強:60W - -
温度調節 × × × × ×
タイプ 平型 山型 大判 大判 蓄熱充電式 蓄熱充電式 蓄熱充電式 蓄熱充電式 充電式 平型 給電式(USB) 給電式(USB)
電気代(目安) 0.23円/時 0.2円/時 0.18円/時 蓄熱1回あたり約2.5P3 充電1回あたり約1.5~2.5円 充電1回あたり約1.8円 1時間あたり約1.62円(強運転時)
商品リンク

※各社通販サイトの 2020年3月5日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月5日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月16日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月5日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月5日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月5日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月16日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月5日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月5日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月5日時点 での税込価格

通販サイトのランキングを参考にする 電気あんかの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでの電気あんかの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:あんか・かいろランキング
楽天市場:電気あんかランキング
Yahoo!ショッピング:充電式、電源式あんかランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

【関連記事】そのほかのあったかグッズはこちら!

選び方のポイントをおさらい

1)使い勝手がいい温度調節機能つきを選ぶ
2)はじめてなら定番の平型が使いやすい
3)蒸れを防ぎたいなら山型がおすすめ
4)持ち運びをしたいなら蓄電式が便利
5)布団からあたためたいなら大判を選ぶ

体をあたためるというシンプルな目的の電気あんかですが、それぞれサイズや機能が異なり、製品の個性があります。

実際に、使用するシーンはオフィスや寝るときなど異なるでしょうし、あたためたい部分も人によって異なるはず。まずは自分がどんな場面で電気あんかを使いたいか、思い浮かべながら製品を選んでいくのがいいでしょう。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

関連する記事


【騒音計】おすすめ11選│精度・測定範囲・機能について解説!

【騒音計】おすすめ11選│精度・測定範囲・機能について解説!

音の大きさを数値化して測定してくれる「騒音計」。オフィスや自宅まわりで、工事などの騒音に悩まされている場合などに役立つでしょう。そこで、DIYクリエイターの網田真希さんと編集部が厳選した商品11選をご紹介します。あわせて、騒音計のタイプや機能についても解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。


エアーポットおすすめ12選│ステンレス・ガラス製・大容量・保温できるタイプも!

エアーポットおすすめ12選│ステンレス・ガラス製・大容量・保温できるタイプも!

電気を使わず保温・保冷ができるエコなアイテム「エアーポット」。一度沸騰させたお湯を入れておけば毎回お湯を沸かす必要がなく、かんたんに温かい飲み物を飲むことができます。本記事では、家電販売員のたろっささんと編集部が厳選したエアーポットのおすすめ商品をご紹介します。また、選び方のポイントも解説していますので、ぜひ参考にしてください。


電池チェッカーおすすめ10選|タイプ・表示形式などくわしく解説

電池チェッカーおすすめ10選|タイプ・表示形式などくわしく解説

使っている電子機器が動かなくなって、故障か電池切れかわからないとき、買い置きをしてある電池のパフォーマンスを確認したいときに重宝するのが「電池チェッカー」です。使い方はいたってシンプル。ひとつもっていると電池を有効に活用でき、節約にもなります。ここでは、家電販売員のたろっささんに教えていただいた選び方のポイントと、編集部とともに選んだおすすめの商品10選をご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。


マッサージクッションおすすめ10選|肩や身体のコリ予防に【アテックス、オムロンなど】

マッサージクッションおすすめ10選|肩や身体のコリ予防に【アテックス、オムロンなど】

IT・家電ライターの河原塚英信さんと編集部が選ぶ、おすすめのマッサージクッション10選を紹介します! 軽量・コンパクトながら、もみ玉を内蔵し本格的なマッサージが行えるマッサージクッション。アテックスやオムロンなど、各メーカーからさまざまな商品が販売されています。ヒーター機能、タイマー機能も搭載。さらにインテリアに配慮されたおしゃれなデザインの商品も多数販売されています。この記事では、おすすめ商品のほかAmazonや楽天市場など各通販サイト上の人気売れ筋ランキングも掲載しています。ぜひ商品選びの参考にしてくださいね。


日本酒セラーおすすめ11選|自宅用保管庫ならおいしい時期を逃さず飲める!

日本酒セラーおすすめ11選|自宅用保管庫ならおいしい時期を逃さず飲める!

日本酒を適切な温度で保管するのに便利なのが日本酒セラー。日本酒セラーで保管することで日本酒をおいしいまま、長期間保存することができます。この記事では、日本酒セラーの選び方や、おすすめの商品をご紹介。また、ワインセラーとして販売されているものでも、ポイントをおさえれば日本酒セラーとして活用できます。日本酒をおいしいまま味わうために、購入するときの参考にしてみてくださいね。


新着記事


カッティングマシンおすすめ8選|初心者でもかんたん【コスト削減にも】

カッティングマシンおすすめ8選|初心者でもかんたん【コスト削減にも】

自宅でオリジナルステッカーやオリジナルTシャツを作るときに重宝するのが「カッティングマシン」です。別名、「カッティングプロッター」とも呼ばれているカッティングマシンは、各メーカーからさまざまな種類のものが販売されており、機能やサイズがそれそれ異なります。今回はそんなカッティングマシンをプロの家電販売員のたろっささんと編集部がご紹介します。この記事をじっくりと読み、あなたにとっての最高の1台を見つけてください。


USBヘッドセットのおすすめ12選|タイプ別に解説! 音質・マイク性能もチェック

USBヘッドセットのおすすめ12選|タイプ別に解説! 音質・マイク性能もチェック

ハンズフリーで通話やゲームを楽しめるUSBヘッドセット。BUFFALO・プラントロニクス・LOGICOOL・ゼンハイザーなど、メーカーが多数あり、選ぶのに迷ってしまいますよね。そこで、ゲームキャスターの吉﨑智宏さんと編集部が選ぶUSBヘッドセットのおすすめ商品をご紹介します。また、選び方のポイントについても解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。


工具セットおすすめ11選|用途別に紹介【家庭用、DIY用、整備用】

工具セットおすすめ11選|用途別に紹介【家庭用、DIY用、整備用】

流行りのDIYをしたり、ちょっとした家具の組み立てや修理、バイクや自動車の整備をするときに便利な「工具セット」は、ひとつ持っているととても役立ちます。プロ仕様のセットや初心者でも使えるようなセットまで、さまざまな種類があるので、どれを選べばいいか迷ってしまいますよね。そこで、工具セットの選び方のポイントとおすすめの11商品を、DIYアドバイザーの野口 僚さんと編集部がご紹介します。ぜひ、選ぶときの参考にしてみてください。


アウトドア用まな板おすすめ12選|木・樹脂・ゴム製・折りたたみ式も

アウトドア用まな板おすすめ12選|木・樹脂・ゴム製・折りたたみ式も

アウトドアでの調理で必需品となるまな板。アウトドア用まな板には、機能的でコンパクトなもの、おしゃれで素材にこだわったものまでさまざまあります。そこで、アウトドアライターの大森弘恵さんと編集部が厳選した商品12選をご紹介します。また、素材や機能を含め、使用シーンを踏まえた選び方についてもくわしく解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。


【騒音計】おすすめ11選│精度・測定範囲・機能について解説!

【騒音計】おすすめ11選│精度・測定範囲・機能について解説!

音の大きさを数値化して測定してくれる「騒音計」。オフィスや自宅まわりで、工事などの騒音に悩まされている場合などに役立つでしょう。そこで、DIYクリエイターの網田真希さんと編集部が厳選した商品11選をご紹介します。あわせて、騒音計のタイプや機能についても解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。


人気の記事


>>総合ランキングを見る