砂消しゴムのおすすめ10選!油性の文字消し・イラストに【便利な鉛筆型も】

砂消しゴムのおすすめ10選!油性の文字消し・イラストに【便利な鉛筆型も】
住まいづくりナビゲーター/一級建築士・インテリアコーディネーター
神村 さゆり

住宅メーカー、ゼネコン設計部、設計事務所等で約300棟の新築設計実績と女性としては希少な現場監督経験を生かしリフォーム物件も約70棟手がける。 住宅や暮らし方、環境整備をテーマに、これまで一般企業研修・公的機関・学校等にて講師としてこれまで述べ5000人以上を指導。 整理収納アドバイザー、ルームスタイリスト資格認定講師として600名余の資格者認定。二級建築士やインテリアコーディネーターの受験指導も行っている。 手描き図面やイラストでのプレゼンにも定評があり、多くの文具を試してきた。 趣味は手抜き。手抜きするための努力は惜しまない。 3人の子の母。A型・獅子座。

砂消しゴムは、ボールペンやサインペンでミスをしたときに活躍する文房具です。修正テープのように紙の色を変えずに、文字だけを消せる優れもの! 文字消しとしてだけではなく、イラストや漫画、図面を描くアイテムとしても活躍します。本記事では、一級建築士の神村さゆりさんと編集部が選んだおすすめの砂消しゴム10選を紹介します。選び方や砂消しゴムを上手に使うコツも紹介しますので、ぜひ参考にしてください!


砂消しゴムとは?

砂消しゴムは、とてもこまかい「珪砂(けいしゃ)」というガラス状の物質を混ぜて作られた消しゴムです。

一般的な消しゴムは、ゴムや塩化プラスチックなどで作られており、紙の繊維についた鉛筆の粉(黒鉛)を吸着して、強い力で引きはがして文字を消します。一方砂消しゴムは、含まれているこまかい珪砂で紙を削り、ボールペンなどのインクごと削り取ることで字を消すものです。

紙を削るものなので、力を入れてこすったり、薄い紙に使ったりすると紙が破れてしまうことがあります。砂消しゴムを使うときは、力を入れずにやさしくこするようにしましょう。

消しゴム
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

砂消しゴムを使えば、油性ボールペンも消すことができます!

砂消しゴムの選び方 インテリアコーディネーターに取材しました

インテリアコーディネーターの神村さゆりさんに取材をして、砂消しゴムの選び方のポイントを教えていただきました。消しゴムの形ややわらかさをよくチェックすることが大切です。ぜひ砂消しゴム選びの参考にしてください。

消しゴムと消しゴムのかす
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

砂消しゴムにもさまざまなタイプがあります。選び方をみていきましょう!

砂消しゴムの形で選ぶ

砂消しゴムを選ぶときは、ペンタイプや四角タイプなど砂消しゴムの形をチェックして選びましょう。

こまかいところが消しやすいカッタータイプ

カッタータイプは、カッターナイフのように繰り出して使うタイプの砂消しゴムです。カッターのように少しずつ繰り出して使うので、途中で折れる心配がなく、角を使えばこまかいところも消しやすいという特徴があります。

平らな形のものが多いので、ペンケースなどに入れて持ち歩くのにもぴったりです。クリップがついているものは、胸ポケットに入れておけば使いたいときにすぐ取り出せて便利です。

持ち運びやすいペンタイプ

鉛筆のように削って使うペンタイプもあります。先端を細く削れば、こまかいところもピンポイントで消せるのが魅力です。ペンケースのなかに入れても邪魔にならず、持ち運びにも適しています。

ペンタイプの砂消しゴムには、消したあとの削りカスを取り除くためのブラシがついているものもあります。紙に負担をかけずに削りカスが取り除けるので、きれいに仕上げたい人はブラシがついているタイプを選ぶとよいでしょう。

広い面積が消しやすい四角タイプ

通常の消しゴムのような四角タイプは、広い面が消しやすいのが特徴です。ただし、こまかい部分をピンポイントで消すのにはコツがいります。通常の消しゴムと同じような感覚で使える砂消しゴムがほしい人は、四角タイプを選びましょう。絵を描くツールとして使う場合は、広い面積も削れるこの四角タイプがおすすめです。

四角タイプのなかには、一方が鉛筆用の消しゴム、一方が砂消しゴムになったコンビタイプもあります。

砂消しゴムのやわらかさで選ぶ

砂消しゴムを選ぶときは、紙のやわらかさや厚さに応じたかたさの消しゴムを選びましょう。

薄手の紙にはやわらかいものを選ぼう

薄手の紙はやわらかいものが多いので、かたい砂消しゴムで削るとあっというまに穴が開いてしまいます。コピー用紙やレポート用紙など、薄手の紙に使うときにはできるだけやわらかいものを選びましょう。

砂消しゴムのかたさは、公式サイトの情報や口コミを参考にしてみてください。

厚手の紙はかたいものが適している

はがきや画用紙などある程度厚みがある紙に書いた文字を消すときは、かための砂消しゴムのほうがきれいに消せます。力を入れても折れにくいので消しやすいです。

厚みのある紙に使う砂消しゴムを選ぶときは「ハード」や「スーパーハード」「超ハード」などと書かれた商品を選びましょう。一般的な砂消しゴムに比べてかたくできているので、厚みがあるかたい紙もしっかりインクごと削り取ってくれます。

砂消しゴムの使い方のポイント インテリアコーディネーターのアドバイス

住まいづくりナビゲーター/一級建築士・インテリアコーディネーター

砂消しゴムは、表面をサンディング、つまり傷をつけて消します。当然、裏映りするほどにじんだものには使用できません。一度削った紙は薄くなっているうえに表面がざらざらしているので、インクがにじんでしまいます。修正できるのは一回だけと思ったほうがよいでしょう。

できるだけ傷は最小限にしたいので、消しゴムを尖らせたり、字消し板を使うのも手です。

砂消しゴムのおすすめ10選 インテリアコーディネーターと編集部が選んだ

砂消しゴムのおすすめ10選を紹介します。いろいろなタイプの砂消しゴムを紹介しますので、商品選びの参考にしてください。

住まいづくりナビゲーター/一級建築士・インテリアコーディネーター

トンボ鉛筆 MONO『モノ砂消しゴム』は、はじめて使う方でも難なく使えます。

ぺんてる『クリックイレーザー』はカッターのように、ホルダーに入れて少しずつ繰り出して使います。消しゴム自体が細いので、安心感があります。

まとまってくれない消しカスが気になる方は、ステッドラー『鉛筆型ハケつき字消し』ですとハケがついているので、簡単に掃き掃除することができます。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

トンボ鉛筆 MONO『モノ砂消しゴム』

トンボ鉛筆MONO『モノ砂消しゴム』 トンボ鉛筆MONO『モノ砂消しゴム』 トンボ鉛筆MONO『モノ砂消しゴム』 トンボ鉛筆MONO『モノ砂消しゴム』 トンボ鉛筆MONO『モノ砂消しゴム』 トンボ鉛筆MONO『モノ砂消しゴム』 トンボ鉛筆MONO『モノ砂消しゴム』

出典:Amazon

四角タイプ
やわらかさ -
大きさ 全長67×幅16×厚さ8mm
用途 インク・タイプライター用

オーソドックスな砂消しゴム

天然ゴムと硅石粉(けいせきこ)を混ぜて作られた砂消しゴムです。油性ボールペンはもちろん、色鉛筆やサインペン、鉛筆、カリグラフィー用のインクなどさまざまなインクが消せます。

端が斜めにカットされているので、角を使えばこまかいところも消しやすいのがポイント。もちろん面を使えば広い範囲もラクに消せます。ふだんの文字の修正から、絵を描く画材としても使いやすい砂消しゴムです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ぺんてる『クリックイレーザー〈油性ボールペン消しゴム〉』

ぺんてる『クリックイレーザー〈油性ボールペン消しゴム〉』 ぺんてる『クリックイレーザー〈油性ボールペン消しゴム〉』 ぺんてる『クリックイレーザー〈油性ボールペン消しゴム〉』 ぺんてる『クリックイレーザー〈油性ボールペン消しゴム〉』

出典:Amazon

カッタータイプ
やわらかさ -
大きさ 全長122×幅14×厚さ8mm
用途 油性ボールペン

カッタータイプの砂消しゴム

カチカチとカッターのように繰り出して使うタイプの砂消しゴムです。薄型なのでペンケースに入れても邪魔にならず、クリップホルダーを使えば胸ポットに刺しておくこともできます。

厚さ8mmというスリムサイズで握りやすく、無駄に力を入れずにスムーズに消せる砂消しゴムです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ステッドラー『鉛筆型ハケつき字消し』

ステッドラー『鉛筆型ハケつき字消し』

出典:Amazon

ペンタイプ
やわらかさ -
大きさ 全長209×幅10×厚さ8mm
用途 インク用

ハケつきで消しカスもきれいに取り除ける

ステッドラー製のペンタイプ砂消しゴムです。ハケつきなので、削りカスをやさしくきれいに取り除けます。粒子がこまかいグラスパウダーを採用しているため、薄手のデリケートな紙も傷めにくいです。

ふだん薄い紙に書いた文字を消すことが多い人や、通常の砂消しゴムでは紙を傷めてしまいやすい人、力の強い人に適しています。

OSTRICH『マルチリスイレーサー(40-1125)』

OSTRICH『マルチリスイレーサー(40-1125)』 OSTRICH『マルチリスイレーサー(40-1125)』 OSTRICH『マルチリスイレーサー(40-1125)』

出典:Amazon

ペンタイプ
やわらかさ -
大きさ 全長175×直径7.5mm
用途 インクを使った印刷物

ピンポイントに消せるマルチイレイサー

OSTRICHの「マルチリスイレーサー」は、鉛筆のように削って使うペンタイプの砂消しゴムです。雑誌に取り上げられたこともあり、幅広い場所で長年にわたって愛用されています。

ペンタイプなので、消したいところをピンポイントで消せるのがポイント。油性顔料・水性顔料どちらにも使え、長期間保管しても品質が変わらないのも魅力です。

シード『天然ゴム字消し 512』

シード『天然ゴム字消し512』

出典:Amazon

四角タイプ
やわらかさ -
大きさ 全長66×幅17×厚さ9mm
用途 ボールペン用

画材としても優秀な砂消しゴム

インクや油性ボールペン用の砂消しゴムです。厚さ9mmで、端が斜めにカットされているので、こまかいところも消しやすいです。こちらの商品は、色のついた板を砂消しゴムで削って絵を描く「消しゴムスクラッチ板」にも使用できます。

非塩化ビニル樹脂製で可塑剤(かそざい)を含まないため、プラスチックを溶かす心配がなく、ボールペンと一緒にプラスチックのペンケースに入れて保管しておけるのも魅力です。

サクラクレパス ラビット『ラビット両用 全砂』

サクラクレパスラビット『ラビット両用全砂』

出典:Amazon

四角タイプ
やわらかさ ハード
大きさ 全長68×幅17×厚さ7mm
用途 インク用

ハードタイプの砂消しゴム

ハードタイプの砂消しゴムです。インクや油性ボールペンをきれいに消してくれます。かためなので、はがきや画用紙など厚みのある紙に適しています。

厚さは7mmと少し細めなので、こまかいところを消すのにもぴったり。

バリエーションとして、一方が鉛筆用の消しゴムになったツインタイプもあります。

ファーバーカステル『ペン型イレーサー 鉛筆・インク両用』

ファーバーカステル『ペン型イレーサー鉛筆・インク両用』 ファーバーカステル『ペン型イレーサー鉛筆・インク両用』 ファーバーカステル『ペン型イレーサー鉛筆・インク両用』

出典:楽天市場

ペンタイプ
やわらかさ -
大きさ 全長175×直径8mm
用途 鉛筆・インク両用

鉛筆もインクも消せるペンタイプ砂消しゴム

ファーバーカステルのこちらの商品は、一方が砂消しゴム、もう一方が鉛筆・色鉛筆用の消しゴムになっている両用タイプ。人体に有害なPVC(ポリ塩化ビニル)を含んでいないのも特徴です。ペンタイプなのでスリムで収納しやすく、ペンケースに入れてもかさばりません。

赤いほうは、やわらかい消しゴムになっていて、鉛筆・色鉛筆用です。油性ボールペンやサインペンのインクを消すときは、かたいほうで消しましょう。

ステッドラー『ラゾプラスト コンビ』

ステッドラー『ラゾプラストコンビ』 ステッドラー『ラゾプラストコンビ』 ステッドラー『ラゾプラストコンビ』

出典:Amazon

四角タイプ
やわらかさ -
大きさ 全長43×幅19×厚さ13mm
用途 鉛筆・インク両用

消字能力が高いコンビ消しゴム

ステッドラーの「ラゾプラスト コンビ」は、白側が鉛筆用、青側が製図インク用のコンビ消しゴムです。白側の消しゴムは、適度なかたさとしっかりとしたコシがあるため、減りにくく折れにくいです。

コンパクトな大きさなので、小さなペンケースにもすっぽり収まります。通常の消しゴムと砂消しゴムの2つを持ち運ぶのが面倒な人や、小さくても高機能な消しゴムを探している人にぴったりです。

アイシー『IC トーンイレーサー』

アイシートーンイレーサーIT-1

出典:Amazon

四角タイプ
やわらかさ -
大きさ 直径64×幅18×厚さ8mm
用途 スクリーントーン用

スクリーントーン用消しゴム

漫画の背景などに貼るスクリーントーンを削るために作られた砂消しゴムです。特殊な研磨剤を配合しており、トーンに印刷されたインクだけを削ってぼかし効果を入れることができます。軽い力で削れるのもポイント。通常の砂消しゴムとして使うことも可能です。

ふだんアナログでイラストや漫画を描く人は要チェックのアイテムです!

ぺんてる『スーパーマルチ消しゴム』

ぺんてる『スーパーマルチ消しゴム』

出典:Amazon

四角タイプ
やわらかさ 超ハード
大きさ 全長65×幅17×厚さ8mm
用途 油性ボールペン・印刷文字用

エラストマー製の超ハード消しゴム

エラストマーでできたとてもかたい消しゴムです。粒子がこまかいので、油性ボールペンで書いた文字や印刷文字を消しても紙を傷めにくくなっています。

通常の砂消しゴムでは紙を傷めてしまうことが多い人や、軽い力でスムーズに字を消したい人、砂消しゴムの摩耗が気になる人にぴったりの砂消しゴムです。

「砂消しゴム」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
トンボ鉛筆 MONO『モノ砂消しゴム』
ぺんてる『クリックイレーザー〈油性ボールペン消しゴム〉』
ステッドラー『鉛筆型ハケつき字消し』
OSTRICH『マルチリスイレーサー(40-1125)』
シード『天然ゴム字消し 512』
サクラクレパス ラビット『ラビット両用 全砂』
ファーバーカステル『ペン型イレーサー 鉛筆・インク両用』
ステッドラー『ラゾプラスト コンビ』
アイシー『IC トーンイレーサー』
ぺんてる『スーパーマルチ消しゴム』
商品名 トンボ鉛筆 MONO『モノ砂消しゴム』 ぺんてる『クリックイレーザー〈油性ボールペン消しゴム〉』 ステッドラー『鉛筆型ハケつき字消し』 OSTRICH『マルチリスイレーサー(40-1125)』 シード『天然ゴム字消し 512』 サクラクレパス ラビット『ラビット両用 全砂』 ファーバーカステル『ペン型イレーサー 鉛筆・インク両用』 ステッドラー『ラゾプラスト コンビ』 アイシー『IC トーンイレーサー』 ぺんてる『スーパーマルチ消しゴム』
商品情報
特徴 オーソドックスな砂消しゴム カッタータイプの砂消しゴム ハケつきで消しカスもきれいに取り除ける ピンポイントに消せるマルチイレイサー 画材としても優秀な砂消しゴム ハードタイプの砂消しゴム 鉛筆もインクも消せるペンタイプ砂消しゴム 消字能力が高いコンビ消しゴム スクリーントーン用消しゴム エラストマー製の超ハード消しゴム
四角タイプ カッタータイプ ペンタイプ ペンタイプ 四角タイプ 四角タイプ ペンタイプ 四角タイプ 四角タイプ 四角タイプ
やわらかさ - - - - - ハード - - - 超ハード
大きさ 全長67×幅16×厚さ8mm 全長122×幅14×厚さ8mm 全長209×幅10×厚さ8mm 全長175×直径7.5mm 全長66×幅17×厚さ9mm 全長68×幅17×厚さ7mm 全長175×直径8mm 全長43×幅19×厚さ13mm 直径64×幅18×厚さ8mm 全長65×幅17×厚さ8mm
用途 インク・タイプライター用 油性ボールペン インク用 インクを使った印刷物 ボールペン用 インク用 鉛筆・インク両用 鉛筆・インク両用 スクリーントーン用 油性ボールペン・印刷文字用
商品リンク

※各社通販サイトの 2020年3月6日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月1日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月1日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月1日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月1日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月1日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月1日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月1日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月4日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月1日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする 砂消しゴムの売れ筋をチェック

Yahoo!ショッピングでの砂消しゴムの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Yahoo!ショッピング:砂消しゴムランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

購入前にチェック!砂消しゴムの正しい使い方

砂消しゴムは、紙ごとインクを削り取って文字を消すものなので使い方にはコツがあります。

砂消しゴムは、紙と水平に持つのがポイントです。紙に垂直に当てると、消すときに紙に圧力がかかり、紙を傷めやすくなります。人差し指と親指でつまむようにして持ち、紙と水平に、円を描くように動かすようにすると紙を必要以上に傷める心配がありません。このとき、力を入れないように気をつけてください。やさしく、少しずつ動かしてやさしく紙面を削り取るのが砂消しゴムできれいに文字を消すコツです!

鉛筆の先端についている消しゴム
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

コツをつかめば、紙を破くことなくきれいに文字が消せますよ。

正式な書類に砂消しゴムを使うのはNG?

履歴書や願書など学校や企業、行政機関に提出する正式な書類を書き間違えたとき、砂消しゴムをはじめ修正テープなどで修正するのは基本的にはNGです。書類を書き間違えたときは、あきらめて新しい用紙を使いましょう。

砂消しゴムで修正した履歴書や願書などは、印象がよいものではありません。書きなおす時間がないなど、どうしても間違えたところを修正する必要があるときは、二重線で消して訂正印を押すようにしてください。ただし何度も使える方法ではないので、履歴書などを書くときは鉛筆で薄く下書きをするなど、間違えないための工夫をしましょう。

履歴書
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

履歴書などの修正は原則として行わないようにしましょう。

コツをつかめばとても便利な砂消しゴムを使ってみよう!

ボールペンで字を書いていて間違ってしまったときは、砂消しゴムを使ってみましょう。砂消しゴムを使って消せば、修正液や修正テープに比べて消した場所が目立ちません。ただし、砂消しゴムは紙を削るものなので、力の入れ過ぎには要注意。紙の厚さやかたさにあった砂消しゴムを使いましょう。

砂消しゴム選びに迷ったときは、インテリアコーディネーターの神村さゆりさんが教えてくださったポイントや、神村さんと編集部が選んだ砂消しゴム10選を参考にしてみてくださいね。

文字を修正するならこちらの記事も要チェック!

砂消しゴム以外にもさまざまな修正用具があります。普通の消しゴムや練り消し、修正液・テープなどはこちらの記事を参考にしてみてくださいね。

学校や仕事など、さまざまな場所で使われている消しゴム。どの製品も同じだと思われがちですが、実は使いやすさや耐久性に特徴があるのです。そこで、文房具のエキスパートである他故壁氏さんへの取材をもとに、使いやすい消しゴムの選び方やおすすめ製品を紹介していきます。製品の安全性と品質や性能を保証する「ク...

練り消しは「練りゴム」とも呼ばれ、通常の消しゴムのように消しカスを出さずに吸着して書いた部分を消す文房具です。一般的な文房具というよりも、画材として絵を描く分野の人たちがメインユーザーですが、小学生などがおもちゃ感覚で使い、ホビー用に作られた練り消しもあります。この記事では、文房具関連に詳しい...

ボールペンで書いてしまったあとに修正できる修正テープや修正ペン。どのように使い分けるか悩む方もいるのではないでしょうか。そこで、文房具ライター・きだて たくさんに聞いた、修正テープ・修正ペンの選び方とおすすめ商品を紹介します! これから修正テープ・修正ペンを買おうとしている方はぜひ参考にしてみ...

文房具ライターの猪口フミヒロさんに聞いた、おすすめの修正テープと選び方のポイントを掲載。ボールペンなどで文字を書き、間違えたときにかんたんに消せる便利な「修正テープ」。トンボ鉛筆やZEBRA(ゼブラ)、ぺんてるなど文房具メーカーから、さまざまな機能をもった修正テープが販売されています。使い切り...

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(制作協力:結城助助、掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


修正液おすすめ11選! こまかな修正にもしっかり対応【ハケ、ペン、油性、水性も】

修正液おすすめ11選! こまかな修正にもしっかり対応【ハケ、ペン、油性、水性も】

文房具ライターの猪口フミヒロさんへの取材をもとに、修正液のおすすめ商品を紹介します! コクヨやぺんてるなどの文房具メーカー各社からいろんなタイプの修正液が販売されています。この記事では、ハケタイプやペンタイプ、油性や水性・油性両用はもちろん、ノック式やハガキや茶封筒専用のものまで、幅広い商品を紹介。さらに修正液選びのポイントも掲載していますので、ぜひ参考にして用途に合うものをさがしてみてくださいね。


電動消しゴムおすすめ10選|力いらず&筆箱におさまる便利な消しゴムを厳選紹介

電動消しゴムおすすめ10選|力いらず&筆箱におさまる便利な消しゴムを厳選紹介

電気の力で文字や絵を消すことができる電動消しゴム。デッサンやドローイングなどで一部分だけ消したいときなどに活躍してくれます。細かいところも消しやすく、かんたんに素早く消すことができると注目されています。住まいづくりナビゲーター・神村さゆりさんに教えてもらった、電動消しゴムの選び方やおすすめ商品を紹介します。最後にある、通販サイトのランキングと比較一覧表もチェックしてみてくださいね。


練り消しおすすめ7選! デッサンやホビーに【文房具ユーザーが厳選】

練り消しおすすめ7選! デッサンやホビーに【文房具ユーザーが厳選】

練り消しは「練りゴム」とも呼ばれ、通常の消しゴムのように消しカスを出さずに吸着して書いた部分を消す文房具です。一般的な文房具というよりも、画材として絵を描く分野の人たちがメインユーザーですが、小学生などがおもちゃ感覚で使い、ホビー用に作られた練り消しもあります。この記事では、文房具関連に詳しい文房具ユーザー・他故壁氏(たこかべうじ) さんに聞いた話をもとに、練り消しの選び方とおすすめ商品について紹介します。選び方のポイントを押さえて実際に使ってみて、自分と相性のよい練り消しを探してみてください。


修正テープ・修正ペンのおすすめ7選【文房具ライターが厳選】

修正テープ・修正ペンのおすすめ7選【文房具ライターが厳選】

ボールペンで書いてしまったあとに修正できる修正テープや修正ペン。どのように使い分けるか悩む方もいるのではないでしょうか。そこで、文房具ライター・きだて たくさんに聞いた、修正テープ・修正ペンの選び方とおすすめ商品を紹介します! これから修正テープ・修正ペンを買おうとしている方はぜひ参考にしてみてくださいね。


【消しゴムおすすめ20選】使いやすい消しゴムはどれ? 文房具ユーザーが解説!

【消しゴムおすすめ20選】使いやすい消しゴムはどれ? 文房具ユーザーが解説!

文房具のエキスパートである他故壁氏さんへの取材をもとに、使いやすい消しゴムの選び方やおすすめ商品をたっぷり紹介します! 学校や仕事など、さまざまな場所で使われている消しゴム。どの商品も同じだと思われがちですが、実は消しゴムにも種類があり、使いやすさや耐久性に特徴があるのです。この記事を参考にして、使いやすい消しゴムを見つけてくださいね。


新着記事


アウトドア背負子おすすめ11選|素材・フィット感・耐荷重で選ぶ

アウトドア背負子おすすめ11選|素材・フィット感・耐荷重で選ぶ

背負子は荷物の形状を問わず積載できる便利アイテム。本格的なタイプから使い勝手抜群の多機能タイプまであります。この記事では、背負子の特徴を含め、素材や形状、スペックなど選び方のポイントと、登山愛好家の山崎友貴さんと編集部が選んだおすすめ商品を紹介します。


【サムライ】香水おすすめ12選|清涼感・香りなど解説! 男女兼用も

【サムライ】香水おすすめ12選|清涼感・香りなど解説! 男女兼用も

サムライ香水は気軽に使えるさわやかな香りのイメージですが、スパイシーな香りやセクシーで官能的な香りの香水も発売されています。本記事では、香りと味の研究所(株)DMR Lab代表 K.Denny B.さんと編集部が選んだおすすめ商品12選と、サムライ香水の選び方を紹介します。


クロエの香水のおすすめ12選! 王道の香りや人気シリーズをご紹介

クロエの香水のおすすめ12選! 王道の香りや人気シリーズをご紹介

上品な大人の女性をイメージさせるハイブランドのクロエ。バッグやアクセサリーに加えて香水の人気も高く、多くの女性から愛され続けています。この記事では、香りと味の研究所(株)DMR Lab代表K.Denny B.さんと編集部が選んだクロエの香水のおすすめ12選と選び方をご紹介していきます。


ウクレレ初心者楽譜のおすすめ12選|楽譜のわかりやすさ・掲載曲数で選ぶ

ウクレレ初心者楽譜のおすすめ12選|楽譜のわかりやすさ・掲載曲数で選ぶ

ウクレレはコンパクトで価格も高額ではないため、趣味として人気が高まっている楽器です。本記事では、ピアノ講師・山野辺祥子さんと編集部がウクレレ初心者楽譜の選び方やおすすめ12商品をご紹介します。これから、ウクレレ初心者楽譜を購入予定の人は、ぜひ参考にしてみてください。


ブラケットライトおすすめ18選|おしゃれなデザインやコンセント式も紹介

ブラケットライトおすすめ18選|おしゃれなデザインやコンセント式も紹介

ブラケットライトは、リビングや玄関をおしゃれな空間に演出してくれる壁掛け灯です。配線工事が必要なものも多いですが、なかには取りつけがかんたんなコンセントタイプもあります。ここでは、ブラケットライトを選び方のポイントを解説し、インテリアコーディネーターの坂口 愛さんと編集部が選ぶおすすめ18商品をご紹介します。


人気の記事


>>総合ランキングを見る