砂消しゴムのおすすめ11選|ボールペンの文字消し・イラストに【消し方のコツも伝授!】

砂消しゴムのおすすめ11選|ボールペンの文字消し・イラストに【消し方のコツも伝授!】

砂消しゴムは、ボールペンやサインペンでミスをしたときに活躍する文房具。

修正テープのように紙を傷めずに、文字だけを消せる優れモノです! 文字消しとしてだけではなく、イラストや漫画、図面を描くアイテムとしても活躍します。

本記事では、一級建築士の神村さゆりさん監修のもと、砂消しゴムの選び方とおすすめ商品をご紹介します。

掃除に便利な代用術もご紹介するので、最後までチェックしてみてくださいね。


住まいづくりナビゲーター/一級建築士・インテリアコーディネーター
神村 さゆり

住宅メーカー、ゼネコン設計部、設計事務所等で約300棟の新築設計実績と現場代理人女性としては希少な現場監督経験を生かしリフォーム物件も約70棟手がける。 住宅や暮らし方、環境整備をテーマに、これまで一般企業研修・公的機関・学校等にて講師としてこれまで述べ5000人以上を指導。 整理収納アドバイザー、ルームスタイリスト資格認定講師として800名余の資格者を認定。また資格試験対策として二級建築士やインテリアコーディネーターの受験指導も行っている。手描き図面やイラストでのプレゼンにも定評があり、多くの文具を試してきた。 多趣味が高じて醗酵教室や手抜き家事教室を開催し好評を得ている。 子ども3人。A型・獅子座

「砂消しゴム」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
ぺんてる『クリックイレーザー〈油性ボールペン消しゴム〉』
ステッドラー『鉛筆型ハケ付き字消し 526 61』
OSTRICH『マルチリスイレーサー』
ファーバーカステル『ペン型イレーサー 鉛筆・インク両用』
トンボ鉛筆 MONO『モノ砂消しゴム(es-512a)』
SEED(シード)『天然ゴム字消し 512』
サクラクレパス ラビット『ラビット両用 全砂』
ステッドラー『ラゾプラスト コンビ』
アイシー『IC トーンイレーサー』
ぺんてる『スーパーマルチ消しゴム』
サクラクレパス『電動消しゴム(RBE400)』
商品名 ぺんてる『クリックイレーザー〈油性ボールペン消しゴム〉』 ステッドラー『鉛筆型ハケ付き字消し 526 61』 OSTRICH『マルチリスイレーサー』 ファーバーカステル『ペン型イレーサー 鉛筆・インク両用』 トンボ鉛筆 MONO『モノ砂消しゴム(es-512a)』 SEED(シード)『天然ゴム字消し 512』 サクラクレパス ラビット『ラビット両用 全砂』 ステッドラー『ラゾプラスト コンビ』 アイシー『IC トーンイレーサー』 ぺんてる『スーパーマルチ消しゴム』 サクラクレパス『電動消しゴム(RBE400)』
商品情報
特徴 カッタータイプの砂消しゴム ハケつきで消しカスもきれいに取り除ける ピンポイントに消せるマルチイレイサー 鉛筆もインクも消せるペンタイプ砂消しゴム オーソドックスな砂消しゴム 画材としても優秀な砂消しゴム ハードタイプの砂消しゴム 消字能力が高いコンビ消しゴム スクリーントーン用消しゴム エラストマー製の超ハード消しゴム 1本4役の電動消しゴム
カッタータイプ ペンタイプ ペンタイプ ペンタイプ 四角タイプ 四角タイプ 四角タイプ 四角タイプ 四角タイプ 四角タイプ 電動タイプ
やわらかさ - - - - - - ハード - - 超ハード -
大きさ 全長122×幅14×厚さ8mm 全長209×幅10×厚さ8mm 全長175×直径7.5mm 全長175×直径8mm 全長67×幅16×厚さ8mm 全長66×幅17×厚さ9mm 全長68×幅17×厚さ7mm 全長43×幅19×厚さ13mm 直径64×幅18×厚さ8mm 全長65×幅17×厚さ8mm 31mm×128mm×25mm
用途 油性ボールペン インク用 インクを使った印刷物 鉛筆・インク両用 インク・タイプライター用 ボールペン用 インク用 鉛筆・インク両用 スクリーントーン用 油性ボールペン・印刷文字用 鉛筆用・製図インク用・PPC第二原図用・インク/コピー用
商品リンク

※各社通販サイトの 2022年9月1日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年9月1日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年9月1日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年9月1日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年9月1日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年9月1日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年9月1日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年9月1日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年9月1日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年9月1日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年9月2日時点 での税込価格

砂消しゴムを選ぶ前に知っておきたいこと 【そもそも】

砂消しゴムの選び方を見ていく前に、基本情報をここで押さえておきましょう! そもそも砂消しゴムとは? 砂消しゴムがあるとどんなことができる? など、気になる疑問を簡潔にまとめました。

砂消しゴムとは? 普通の消しゴムとの違いは?

消しゴム
Pixabayのロゴ

砂消しゴムとは、とてもこまかい「珪砂(けいしゃ)」というガラス状の物質を混ぜて作られた消しゴムのこと。一般的な消しゴムは、ゴムや塩化プラスチックなどで作られており、紙の繊維についた鉛筆の粉(黒鉛)を吸着して、強い力で引きはがして文字を消します。

一方砂消しゴムは、含まれているこまかい珪砂で紙を削り、ボールペンなどのインクごと削り取ることで字を消すものです。修正液や修正テープの代用品ともいえます。

砂消しゴムはこんなときに使える! 砂消しゴムの用途

ガスコンロの汚れ
ペイレスイメージズのロゴ

砂消しゴムはいろいろな用途で使えます。油性ペンの修正はもちろん、イラストや漫画でニュアンスを出すことに使うことも。ひとつもっておくととても便利なアイテムです!

●失敗してしまったボールペン文字の修正
●絵具で描いたイラストや漫画の一部を削りとって質感をぼかす
●ガスコンロや換気扇などについたガンコな油汚れを削りとる

砂消しゴムの選び方 インテリアコーディネーターの神村さゆりさんに聞いた!

それでは、ここからは砂消しゴムの選び方をみていきましょう!

ポイントは下記のとおり。

【1】タイプ
【2】硬さ
【3】厚み

上記のポイントを押えることで、より欲しい商品をみつけることができます。一つひとつ解説していきます。

消しゴムと消しゴムのかす
Pixabayのロゴ

砂消しゴムにもさまざまなタイプがあります。選び方をみていきましょう!

【1】使い勝手にあわせて「4つのタイプ」から選ぶ

まずは、砂消しゴムの種類をチェックしていきましょう。大きく分けて4つの種類があるので、用途に合わせて選んでください。

カッタータイプ|こまかいところも消しやすい

 

カッタータイプは、カッターナイフのように繰り出して使う、スティック状の砂消しゴムです。カッターのように少しずつ繰り出して使うので、途中で折れる心配がなく、角を使えばこまかいところも消しやすいという特徴があります。

平らな形のものが多いので、ペンケースなどに入れて持ち歩くのにもぴったりです。クリップがついているものは、胸ポケットに入れておけば使いたいときにすぐ取り出せて便利です。

ペンタイプ|コンパクトで持ち運びしやすい

 

鉛筆のように削って使うペンタイプもあります。先端を細く削れば、こまかいところもピンポイントで消せるのが魅力です。ペンケースのなかに入れても邪魔にならず、持ち運びにも適しています。

ペンタイプの砂消しゴムには、消したあとの削りカスを取り除くためのブラシがついているものもあります。紙に負担をかけずに削りカスが取り除けるので、きれいに仕上げたい人はブラシがついているタイプを選ぶとよいでしょう。

四角タイプ|広い面積が消しやすい

 

通常の消しゴムのような四角タイプは、広い面が消しやすいのが特徴です。ただし、こまかい部分をピンポイントで消すのにはコツがいります。通常の消しゴムと同じような感覚で使える砂消しゴムがほしい人は、四角タイプを選びましょう。絵を描くツールとして使う場合は、広い面積も削れるこの四角タイプがおすすめです。

四角タイプのなかには、一方が鉛筆用の消しゴム、一方が砂消しゴムになったコンビタイプもあります。

電動タイプ|イラストなどピンポイントの修正に便利

 

電動で動くタイプの砂消しゴムもあります。ゴムの先端が細かく動いて、余分な力を入れすぎることなく消せるのが特徴です。先端部分を差し替えて通常の消しゴムとして使える商品もあります。

【2】使用する紙質にあわせて「硬さ」を選ぶ

砂消しゴムを選ぶときは、紙のやわらかさや厚さに応じた硬さの消しゴムを選びましょう。

やわらかい砂消しゴム|薄手のデリケートな紙に

 

薄手の紙はやわらかいものが多いので、かたい砂消しゴムで削るとあっというまに穴が開いてしまいます。コピー用紙やレポート用紙など、薄手の紙に使うときにはできるだけやわらかいものを選びましょう。

砂消しゴムのかたさは、公式サイトの情報や口コミを参考にしてみてください。

硬い砂消しゴム|厚手の紙に

 

はがきや画用紙などある程度厚みがある紙に書いた文字を消すときは、かための砂消しゴムのほうがきれいに消せます。力を入れても折れにくいので消しやすいです。

厚みのある紙に使う砂消しゴムを選ぶときは「ハード」や「スーパーハード」「超ハード」などと書かれた商品を選びましょう。一般的な砂消しゴムに比べてかたくできているので、厚みがあるかたい紙もしっかりインクごと削り取ってくれます。

【3】イラストに使うなら、用途にあわせて「厚み」を選んで

富士山のふもとの桜並木のスケッチ
ペイレスイメージズのロゴ

砂消しゴムは、ペンや絵の具で描いたところをぼかしたり、スクリーントーンを削ったりと、イラストでも大活躍!

広い範囲を削ることに使いたいのであれば、通常の消しゴムのように分厚い形の砂消しゴムがおすすめです。

反対に、こまかい部分を微修正する目的で使うのであれば、電動タイプなどの消しゴム部分が小さいものを選んでいきましょう。

砂消しゴムのおすすめメーカー トンボ鉛筆、ぺんてる、シード

ここでは、砂消しゴムが人気のメーカーをいくつかピックアップしてご紹介します。

トンボ鉛筆|1つ2役の消しゴム

 

文房具メメーカーの中でも知名度の高いトンボ鉛筆。「MONO(モノ)」消しゴムは普段から使っているという方も多いでしょう。

トンボ鉛筆の砂消しゴムは、普通の文字用消しゴムと砂消しゴムが両側に付いた一体型の商品です。消しゴムと砂消しゴムの2個持ちをする必要が無いため、かさばらずない便利なアイテムです。

ぺんてる|使い勝手の良い商品展開が人気

 

シャープペンシルから筆ペン、絵具などさまざまなアイテムが揃う文房具メーカーの「ぺんてる」。こどものころから親しみのある商品も多いのではないでしょうか。

ぺんてるの砂消しゴムは、スタンダードな四角タイプはもちろん、シャープペンシルのように繰り出して使えるペンタイプなど、使いやすさにこだわった商品が揃っています。

SEED(シード)|画材として本格的に使いたい人向け

 

シードは、世界で初めて修正テープを生み出したメーカー。消しゴムや修正テープなど、「消す」に特化した商品を豊富に販売しています。

シードの四角い砂消しゴムは、薄型で斜めカットが施され、細かいところも修正しやすいのが特徴。画材として本格的に使いたい方にもおすすめです。

砂消しゴムのおすすめ11選 ボールペンをきれいに消せる、紙が傷みにくい人気商品を厳選!

お待たせしました! ここからは、プロと編集部が選ぶ砂消しゴムのおすすめ商品を紹介します。

▼砂消しゴムおすすめ1選【カッタータイプ】

まずは、カッタータイプの砂消しゴムからご紹介します。

住まいづくりナビゲーター/一級建築士・インテリアコーディネーター

ぺんてる『クリックイレーザー』はカッターのように、ホルダーに入れて少しずつ繰り出して使います。消しゴム自体が細いので、安心感があります。

エキスパートのおすすめ

ぺんてる『クリックイレーザー〈油性ボールペン消しゴム〉』

ぺんてるホルダー消しゴムクリックイレーザー<油性ボールペン消しゴム>XZE33-N ぺんてるホルダー消しゴムクリックイレーザー<油性ボールペン消しゴム>XZE33-N ぺんてるホルダー消しゴムクリックイレーザー<油性ボールペン消しゴム>XZE33-N ぺんてるホルダー消しゴムクリックイレーザー<油性ボールペン消しゴム>XZE33-N

出典:Amazon

カッタータイプの砂消しゴム

カチカチとカッターのように繰り出して使うタイプの砂消しゴムです。薄型なのでペンケースに入れても邪魔にならず、クリップホルダーを使えば胸ポットに刺しておくこともできます。

厚さ8mmというスリムサイズで握りやすく、無駄に力を入れずにスムーズに消せる砂消しゴムです。

▼砂消しゴムおすすめ3選【ペンタイプ】

続いては、ペンタイプの商品をご紹介します。

住まいづくりナビゲーター/一級建築士・インテリアコーディネーター

まとまってくれない消しカスが気になる方は、ステッドラー『鉛筆型ハケつき字消し』ですとハケがついているので、簡単に掃き掃除することができます。

エキスパートのおすすめ

ステッドラー『鉛筆型ハケ付き字消し 526 61』

ハケつきで消しカスもきれいに取り除ける

ステッドラー製のペンタイプ砂消しゴムです。ハケつきなので、削りカスをやさしくきれいに取り除けます。粒子がこまかいグラスパウダーを採用しているため、薄手のデリケートな紙も傷めにくいです。

ふだん薄い紙に書いた文字を消すことが多い人や、通常の砂消しゴムでは紙を傷めてしまいやすい人、力の強い人に適しています。

OSTRICH『マルチリスイレーサー』

OSTRICHマルチリスイレーサー1本 OSTRICHマルチリスイレーサー1本 OSTRICHマルチリスイレーサー1本

出典:Amazon

ピンポイントに消せるマルチイレイサー

OSTRICHの「マルチリスイレーサー」は、鉛筆のように削って使うペンタイプの砂消しゴムです。雑誌に取り上げられたこともあり、幅広い場所で長年にわたって愛用されています。

ペンタイプなので、消したいところをピンポイントで消せるのがポイント。油性顔料・水性顔料どちらにも使え、長期間保管しても品質が変わらないのも魅力です。

ファーバーカステル『ペン型イレーサー 鉛筆・インク両用』

【メール便可】ファーバーカステルペン型イレーサー鉛筆・インク両用1本(185712)【ファーバーカステル】【ペンシルイレーサー】【ペンシル型字消し】【鉛筆型字消し】【砂消し】【消しゴム】 【メール便可】ファーバーカステルペン型イレーサー鉛筆・インク両用1本(185712)【ファーバーカステル】【ペンシルイレーサー】【ペンシル型字消し】【鉛筆型字消し】【砂消し】【消しゴム】 【メール便可】ファーバーカステルペン型イレーサー鉛筆・インク両用1本(185712)【ファーバーカステル】【ペンシルイレーサー】【ペンシル型字消し】【鉛筆型字消し】【砂消し】【消しゴム】

出典:楽天市場

鉛筆もインクも消せるペンタイプ砂消しゴム

ファーバーカステルのこちらの商品は、一方が砂消しゴム、もう一方が鉛筆・色鉛筆用の消しゴムになっている両用タイプ。人体に有害なPVC(ポリ塩化ビニル)を含んでいないのも特徴です。ペンタイプなのでスリムで収納しやすく、ペンケースに入れてもかさばりません。

赤いほうは、やわらかい消しゴムになっていて、鉛筆・色鉛筆用です。油性ボールペンやサインペンのインクを消すときは、かたいほうで消しましょう。

▼砂消しゴムおすすめ6選【四角タイプ】

続いて、四角タイプの砂消しゴムをご紹介します。

住まいづくりナビゲーター/一級建築士・インテリアコーディネーター

トンボ鉛筆 MONO『モノ砂消しゴム』は、はじめて使う方でも難なく使えます。

エキスパートのおすすめ

トンボ鉛筆 MONO『モノ砂消しゴム(es-512a)』

オーソドックスな砂消しゴム

天然ゴムと硅石粉(けいせきこ)を混ぜて作られた砂消しゴムです。油性ボールペンはもちろん、色鉛筆やサインペン、鉛筆、カリグラフィー用のインクなどさまざまなインクが消せます。

端が斜めにカットされているので、角を使えばこまかいところも消しやすいのがポイント。もちろん面を使えば広い範囲もラクに消せます。ふだんの文字の修正から、絵を描く画材としても使いやすい砂消しゴムです。

SEED(シード)『天然ゴム字消し 512』

画材としても優秀な砂消しゴム

インクや油性ボールペン用の砂消しゴムです。厚さ9mmで、端が斜めにカットされているので、こまかいところも消しやすいです。こちらの商品は、色のついた板を砂消しゴムで削って絵を描く「消しゴムスクラッチ板」にも使用できます。

非塩化ビニル樹脂製で可塑剤(かそざい)を含まないため、プラスチックを溶かす心配がなく、ボールペンと一緒にプラスチックのペンケースに入れて保管しておけるのも魅力です。

サクラクレパス ラビット『ラビット両用 全砂』

ハードタイプの砂消しゴム

ハードタイプの砂消しゴムです。インクや油性ボールペンをきれいに消してくれます。かためなので、はがきや画用紙など厚みのある紙に適しています。

厚さは7mmと少し細めなので、こまかいところを消すのにもぴったり。一方が鉛筆用の消しゴムになったツインタイプもあります。

ステッドラー『ラゾプラスト コンビ』

ステッドラー消しゴムラゾプラストコンビ526BT30 ステッドラー消しゴムラゾプラストコンビ526BT30 ステッドラー消しゴムラゾプラストコンビ526BT30

出典:Amazon

消字能力が高いコンビ消しゴム

ステッドラーの「ラゾプラスト コンビ」は、白側が鉛筆用、青側が製図インク用のコンビ消しゴムです。白側の消しゴムは、適度なかたさとしっかりとしたコシがあるため、減りにくく折れにくいです。

コンパクトな大きさなので、小さなペンケースにもすっぽり収まります。通常の消しゴムと砂消しゴムの2つを持ち運ぶのが面倒な人や、小さくても高機能な消しゴムを探している人にぴったりです。

アイシー『IC トーンイレーサー』

スクリーントーン用消しゴム

漫画の背景などに貼るスクリーントーンを削るために作られた砂消しゴムです。特殊な研磨剤を配合しており、トーンに印刷されたインクだけを削ってぼかし効果を入れることができます。軽い力で削れるのもポイント。通常の砂消しゴムとして使うことも可能です。

ふだんアナログでイラストや漫画を描く人は要チェックのアイテムです!

ぺんてる『スーパーマルチ消しゴム』

エラストマー製の超ハード消しゴム

エラストマーでできたとてもかたい消しゴムです。粒子がこまかいので、油性ボールペンで書いた文字や印刷文字を消しても紙を傷めにくくなっています。

通常の砂消しゴムでは紙を傷めてしまうことが多い人や、軽い力でスムーズに字を消したい人、砂消しゴムの摩耗が気になる人にぴったりの砂消しゴムです。

▼砂消しゴムおすすめ1選【電動タイプ】

最後は電動タイプのおすすめ砂消しゴムをご紹介します。

サクラクレパス『電動消しゴム(RBE400)』

サクラクレパス電動消しゴム電池式ブルーRBE400 サクラクレパス電動消しゴム電池式ブルーRBE400 サクラクレパス電動消しゴム電池式ブルーRBE400 サクラクレパス電動消しゴム電池式ブルーRBE400 サクラクレパス電動消しゴム電池式ブルーRBE400 サクラクレパス電動消しゴム電池式ブルーRBE400 サクラクレパス電動消しゴム電池式ブルーRBE400

出典:Amazon

1本4役の電動消しゴム

サクラクレパスの、ピンポイントに修正ができる電動消しゴム。用途に合わせて専用の変えゴムを取り付ければ、軽い力で使用することが出来ます。

鉛筆用、PPC第二原図案、インク・ボールペン、インク・コピー用と4種類の替えゴムが付いているので、消したいものに適したタイプに使い分け可能。一本であらゆるシーンで活躍します。

ブルー(RBE400)は電池で動く高性能モデル。同シリーズは他にも、スタンダードな電池式と充電式のモデルがあります。

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする 砂消しゴムの売れ筋をチェック

Yahoo!ショッピングでの砂消しゴムの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Yahoo!ショッピング:砂消しゴムランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

砂消しゴムで上手に消すコツ 使い方をご紹介!

砂消しゴムは、紙ごとインクを削り取って文字を消すものなので使い方には少しコツが必要。基本の使い方をご紹介していきます。

鉛筆の先端についている消しゴム
Pixabayのロゴ

コツをつかめば、紙を破くことなくきれいに文字が消せますよ。

持ち方|紙と水平にするのがポイント

砂消しゴムを人差し指と親指でつまむようにして持ち、中指はそっと添えるだけにしましょう。

紙に垂直に当てると、消すときに紙に圧力がかかり紙を傷めやすくなってしまうので、砂消しゴムは、紙と水平に持つのがポイントです。寝かせるようにして使ってみてください!

消し方|力を抜いて軽くこする

プラスチック消しゴムのように、消したいところを強い力で何度もこするのはNGです。

砂消しゴムを使うときは、角の部分を紙にあてて消したい文字の周辺を、円を描くようにくるくるとなでましょう。このとき、できるだけやさしくゆっくり削ります。 紙が少しずつはがれてきたら、はがれた部分をカッターでやさしく削りとると、よりきれいに消すことができますよ!

プロが教える「砂消しゴムの使い方のポイント」

住まいづくりナビゲーター/一級建築士・インテリアコーディネーター

砂消しゴムは、表面をサンディング、つまり傷をつけて消します。当然、裏映りするほどにじんだものには使用できません。一度削った紙は薄くなっているうえに表面がざらざらしているので、インクがにじんでしまいます。修正できるのは一回だけと思ったほうがよいでしょう。

できるだけ傷は最小限にしたいので、消しゴムを尖らせたり、字消し板を使ったりするのも手です。

正式な書類に砂消しゴムを使うのはNG? 公文書や履歴書、願書など

履歴書
Pixabayのロゴ

履歴書などの修正は原則として行わないようにしましょう。

履歴書や願書など学校や企業、行政機関に提出する正式な書類を書き間違えたとき、砂消しゴムをはじめ修正テープなどで修正するのは基本的にはNGです。ばれる、ばれないに関わらず、書類を書き間違えたときは、あきらめて新しい用紙を使いましょう。

砂消しゴムで修正した履歴書や願書などは、印象がよいものではありません。書きなおす時間がないなど、どうしても間違えたところを修正する必要があるときは、二重線で消して訂正印を押すようにしてください。

ただし何度も使える方法ではないので、履歴書などを書くときは鉛筆で薄く下書きをするなど、間違えないための工夫をしましょう。

そのほか文字修正アイテムの人気記事はこちら 【関連記事】

砂消しゴム以外にもさまざまな修正用具があります。普通の消しゴムや練り消し、修正液・テープなどはこちらの記事を参考にしてみてくださいね。

砂消しゴムを使ってみよう! コツをつかめばとても便利

ボールペンで字を書いていて間違ってしまったときは、砂消しゴムを使ってみましょう。砂消しゴムを使って消せば、修正液や修正テープに比べて消した場所が目立ちません。ただし、砂消しゴムは紙を削るものなので、力の入れ過ぎには要注意。紙の厚さやかたさにあった砂消しゴムを使いましょう。

砂消しゴム選びに迷ったときは、インテリアコーディネーターの神村さゆりさんが教えてくださったポイントや、神村さんと編集部が選んだ砂消しゴムを参考にしてみてくださいね。

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

マイナビおすすめナビ編集部

おすすめナビでは、主に『ベビーキッズ』を担当。流行りにはワンテンポ遅れて結局全部乗る系の20代ママ編集部員。毎月20誌以上の雑誌を読み漁り、とくにベビーグッズ、便利グッズ、おしゃれ家電・雑貨情報アンテナは24時間営業中! 己が最高と思ったモノや文化は、惜しみなく全世界に叫びたいタイプ。最近のマイブームは、子供が寝たあとに身を削って1.5倍速で観る韓ドラ。

関連する記事


スティック消しゴムおすすめ16選&ランキング|ノック・スライド・電動式

スティック消しゴムおすすめ16選&ランキング|ノック・スライド・電動式

消しゴムはどれも一緒と思っている方に、ぜひ試してもらいたいのが「スティック消しゴム」。ここでは、文房具ライター&amp;ブロガーの猪口フミヒロさんと編集部が厳選したスティック消しゴムのおすすめと選び方をランキングとともにご紹介します。トンボ鉛筆やぺんてる、コクヨ、なかには鉛筆やシャープペンだけでなく、ボールペンやコピー用紙のインクを消すことができる画期的なアイテムも。

tag icon 消しゴム , 筆記用具 , 文具

消しゴムおすすめ26選|一番消えるのはどれ? かわいいタイプ・砂消しゴムも

消しゴムおすすめ26選|一番消えるのはどれ? かわいいタイプ・砂消しゴムも

勉強や事務仕事などに欠かせない「消しゴム」。100均などでも売られており、「どれも変わらない」「どれがいいの?」と思っている方も多いのでは? しかし、トンボ鉛筆やコクヨ、パイロットなどさまざまな文具メーカーから種類豊富な消しゴムが販売されていて、どれがよいのか迷ってしまいますよね。この記事では、そんな消しゴムの選び方とおすすめの商品を厳選! 定番のmono消し以外にも、砂消しや練消しなど幅広い商品を紹介します。記事後半には、Amazonや楽天市場など通販サイトの最新人気ランキングもあるので、売れ筋や口コミも合わせてチェックしてみてくださいね。

tag icon 消しゴム , 筆記用具 , 文具

万年筆用インク消しのおすすめ5選&ランキング【書き間違えても大丈夫!】

万年筆用インク消しのおすすめ5選&ランキング【書き間違えても大丈夫!】

万年筆用のインク消しは、万年筆で書き間違いをしてしまっても修正ができる便利なアイテム。万年筆の愛好家の方にとってはなくてはならないものではないでしょうか?この記事では、文具研究家の秋月千津子さんにお話をうかがい、万年筆用インク消しの選び方とおすすめ商品、ランキングをご紹介します。記事後半には、通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミをチェックしてみてください。

tag icon 万年筆 , 消しゴム , インク

軽い力で楽に消せる!『エアイン』の驚きの使いやすさを検証レビュー

軽い力で楽に消せる!『エアイン』の驚きの使いやすさを検証レビュー

『エアイン』は、素材にAIR(エアー)を入れ、どれだけ使い続けても、いつでもカドで消す感触を実感できる新感覚の消しゴムです。また、軽い力で鉛筆で書いた文字や図形などがきれいに素早く消せます。市販の消しゴムに大きな違いがあるのか疑問に思いながらも使い心地が気になる人もいるでしょう。本記事では、『エアイン』と、関連商品である『ダブルエアイン』の機能性について比較しながら検証してみました。購入を検討している人はもちろん、少しでも興味のある人はぜひ読んでみてください。

tag icon 消しゴム , 筆記用具 , 文具

修正したい部分をピンポイントで消せる! 『クリックイレーザー』の機能性を検証レビュー

修正したい部分をピンポイントで消せる! 『クリックイレーザー』の機能性を検証レビュー

『クリックイレーザー』は、紙との接地面が小さく細かい部分の修正がしやすい消しゴムです。細長く薄い形状で、カッターの刃を出すように少しずつ繰り出して使います。通常であれば、修正液や修正テープを使って訂正しなければならない印刷文字やボールペン文字を消せると話題ですが、本当に消えるのと疑問に思う人も多いはず。この記事では、『クリックイレーザー』を実際に購入し、使い心地や機能性について検証してみました。購入を検討している人はもちろん、興味をもった人はぜひ一度読んでみてください。

tag icon 消しゴム , 筆記用具 , 文具

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、「買いたいものがきっと見つかる」サイト。各分野の専門家と編集部があなたのためにおすすめの商品を厳選してご紹介します。モノ選びに悩むことなく、簡単スマートに自分の欲しいモノが見つけられます。