ビデオカメラ用【一脚】のおすすめ商品5選|運動会で大活躍! 選び方を徹底解説

ビデオカメラ用【一脚】のおすすめ商品5選|運動会で大活躍! 選び方を徹底解説
フォトグラファー、フォトララ写真未来研究所代表
瀬川 陣市

米国ウィスコンシン州立大学などで写真を学び、帰国後に独立。 1995年からプロカメラマンとして人物、ウェディング、料理、建築、海外取材など広い分野の撮影をする傍ら、写真講座やメディア出演、執筆などを通じて撮影テクニックやフォトライフの楽しみ方を伝えている。 さらに動画撮影、ドローン撮影にも着手。画像や動画を未来につなげる活動を提案している。2018年には、長崎県五島市アンバサダーに就任。 写真と映像で行う地域貢献や海外に向けた日本文化の映像発信にも積極的に取り組んでいる。

フォトグラファーの瀬川陣市さんが選ぶビデオカメラ用一脚5選を紹介します。最近のビデオカメラは手ぶれ補正機能がついているものがほとんどですが、運動会など長時間の撮影になると手が疲れてしまいます。そんなとき便利なのがビデオカメラ用一脚。三脚とくらべると安定性は低くなりますが、場所を取らず足元にスッと伸ばすだけなので気軽に使えます。本記事では、フォトグラファーの瀬川陣市さんにお話をうかがい、選び方のポイントとおすすめの商品について教えてもらいました。自分の用途に合ったビデオカメラ用一脚をみつけてください。また、最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


ビデオカメラ用一脚の選び方 フォトグラファーに聞く

フォトグラファーの瀬川陣市さんに、ビデオカメラ用一脚を選ぶときのポイントを3つ教えてもらいました。ビデオカメラ用一脚を選ぶ際には、どの様な点に注目するとよいのでしょうか?

一脚に取り付けられたビデオカメラ

Photo by Mohan Chan on Unsplash

カメラと比べ長時間の撮影になるビデオカメラ。一脚の支えがあれば、より楽に撮影ができそうです。

自分の身長に合わせたサイズを選ぶ

フォトグラファー、フォトララ写真未来研究所代表

身長より少し低くめの高さに調節できる一脚を

一脚の使い方は、取りつけたカメラを脚部で支えた状態で撮影していきます。立った状態で使用するのが基本ですが、一脚の脚部を伸ばし切ったサイズが自分の身長より低すぎると、姿勢をかがめた状態で撮影をすることになります。

立った状態で撮影をする場合は、身長より少し低くめの高さに調節ができる一脚を選ぶ必要があります。「大は小を兼ねる」という言葉があるように自分の身長を基準にして選ぶのがよいでしょう。

雲台の種類で選ぶ

フォトグラファー、フォトララ写真未来研究所代表

撮影スタイルに合わせ使いやすい雲台付き一脚を

一脚は脚部の部分を指し、その一脚にカメラを取りつける部分を雲台(うんだい)と呼びます。雲台の種類から一脚を選ぶというのもひとつの方法ですが、ボールヘッドタイプで取りつけたカメラを自由に動かせる自由雲台がついた一脚が主流です。

ほかには動画撮影用のアームがついた雲台とのセットもあります。撮影スタイルに合わせて使いやすい雲台のある一脚を選びましょう。

キング『Fotopro 一脚(DIGI-MP1BH)』

角度を自由に変えられる自由雲台付きの一脚。220gと軽量で持ち運びも楽々。

>> Amazonで詳細を見る

スタンドつきの一脚を選ぶ

フォトグラファー、フォトララ写真未来研究所代表

自立式の一脚ならフリーハンドで撮影が可能

本来一脚とは文字どおり脚部が一本だけのものを指しますが、地面との接地部分にスタンドがついた種類のものもあります。これの利点は、一脚を安定して支えながら撮影ができることです。

自立できるスタンドなら一脚から手を離しても倒れることもなく、一脚を使いながらフリーハンド状態で撮影ができます。スタンドはあくまで補助的なものですが、ついていれば撮影がしやすくなり撮影のバリエーションも広がるでしょう。

Velbon『Pole Pod III(ポールポッドIII)』

スタンド型一脚だが、ミニ三脚と延長棒として別々に使うことも可能! さまざまな撮影スタイルに対応できる。

>> Amazonで詳細を見る

ビデオカメラ用一脚のおすすめ5選 フォトグラファーが選ぶ

ここまで紹介したビデオカメラ用一脚の上手な選び方のポイントをふまえて、瀬川陣市さんに選んでもらったおすすめ商品を紹介します。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

FANSHANG『スタンド型一脚』

出典:Amazon

高さ 185cm
重さ 1700g
雲台種類 油圧式ダンピングヘッド(取外し可能)
耐荷重 6kg
Thumb lg b9147965 a60c 458e 82ad fa1886fe538f

フォトグラファー、フォトララ写真未来研究所代表

幅広いシーンで使えるオールインワンタイプ

スタンドつき、ビデオ撮影用雲台つきと動画撮影用にあれば便利な備品を網羅したオールインワンタイプと言える一脚です。ビデオ撮影でとにかく便利に使える一脚がほしいという方におすすめ。最大伸長も185センチと長く、ポリウレタンクリップもついていて細部も撮影しやすい造りになっています。

スタンド部分は取り外し可能で、通常の一脚としても使える仕様。雲台のアーム部分も滑らかに動くようになっていて動画撮影がしやすいでしょう。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Velbon『Pole Pod III』

出典:Amazon

高さ 182cm
重さ 1030g
雲台種類 自由雲台
耐荷重 2kg(推奨積載質量)
Thumb lg b9147965 a60c 458e 82ad fa1886fe538f

フォトグラファー、フォトララ写真未来研究所代表

スムーズにカメラの着脱ができる自由雲台のセット

スタンドつきで自由雲台がセットになった一脚です。自由雲台は360度自由に回せるようになっていて、カメラの位置を好きな角度に調整することが可能。スタンド部分の取り外しもでき、そのスタンド部分に自由雲台を取りつけてミニ三脚として使うこともできます。

自由雲台のカメラを取りつける部分はクイックシューと呼ばれる、カメラと雲台の着脱が素早くできる仕様。はじめて一脚を使うユーザーも安心して使えます。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

HAKUBA『アルミ一脚』

HAKUBA『アルミ一脚』

出典:Amazon

高さ 180cm
重さ 625g
雲台種類 3Way雲台
耐荷重 3kg
Thumb lg b9147965 a60c 458e 82ad fa1886fe538f

フォトグラファー、フォトララ写真未来研究所代表

フットレストつきで不安定な場所でも固定しやすい

一脚を足で固定するフットレストがついている製品です。スタンドタイプのように一脚自体で自立はできませんが、フットレスト部分を踏んでおくことで一脚を固定させて撮影が行なえます。雲台部分はグリップが備えられており、動画撮影に使いやすい設計です。

カメラの取りつけ部分にはクイックシューがあり、カメラの着脱もかんたん。足場が不安定な場所などで撮影する方にはフットレスト部分が効果を発揮します。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Fotopro『一脚 DIGI-MP1BH』

出典:Amazon

高さ 139.5cm
重さ 220g
雲台種類 自由雲台
耐荷重 1.5kg
Thumb lg b9147965 a60c 458e 82ad fa1886fe538f

フォトグラファー、フォトララ写真未来研究所代表

座って撮影するときに便利な一脚

一脚に自由雲台をセットしたオーソドックスな組み合わせの商品です。最大伸長が約140センチと短めで、雲台への最大積載荷重も約1.5キロと小型のカメラを使った撮影に向いています。短い一脚は、座った状態で撮影するときに便利。

小型なぶんサイズや重さも軽量なので持ち運びもラクです。小型のカメラを使い椅子に座って動画撮影をする場合におすすめな一脚と言えるでしょう。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Velbon(ベルボン)『ULTRA STICK SUPER 8』

出典:Amazon

高さ 156cm
重さ 347g
雲台種類 別売り
耐荷重 3kg(推奨積載質量)
Thumb lg b9147965 a60c 458e 82ad fa1886fe538f

フォトグラファー、フォトララ写真未来研究所代表

持ち運びしやすいコンパクトで軽量な一脚

小型軽量タイプの一脚です。この一脚は雲台とセットになっていないので、雲台は別に取りつける必要があります。この一脚の特徴は、折りたたんだときに長さが約26センチとコンパクトに収納できる点。重さも約350グラムで軽量です。それでいて最大156センチまで伸びます。

旅行など持ち歩く荷物に制限がある状況下でも使いやすい一脚を求めるというユーザーにおすすめです。

「ビデオカメラ用一脚」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
FANSHANG『スタンド型一脚』
Velbon『Pole Pod III』
HAKUBA『アルミ一脚』
Fotopro『一脚 DIGI-MP1BH』
Velbon(ベルボン)『ULTRA STICK SUPER 8』
商品名 FANSHANG『スタンド型一脚』 Velbon『Pole Pod III』 HAKUBA『アルミ一脚』 Fotopro『一脚 DIGI-MP1BH』 Velbon(ベルボン)『ULTRA STICK SUPER 8』
商品情報
特徴 幅広いシーンで使えるオールインワンタイプ スムーズにカメラの着脱ができる自由雲台のセット フットレストつきで不安定な場所でも固定しやすい 座って撮影するときに便利な一脚 持ち運びしやすいコンパクトで軽量な一脚
高さ 185cm 182cm 180cm 139.5cm 156cm
重さ 1700g 1030g 625g 220g 347g
雲台種類 油圧式ダンピングヘッド(取外し可能) 自由雲台 3Way雲台 自由雲台 別売り
耐荷重 6kg 2kg(推奨積載質量) 3kg 1.5kg 3kg(推奨積載質量)
商品リンク

※各社通販サイトの 2019年11月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月28日時点 での税込価格

通販サイトのランキングを参考にする ビデオカメラ用一脚の売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでのビデオカメラ用一脚の売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:カメラ用一脚ランキング
楽天市場:一脚ランキング
Yahoo!ショッピング:ビデオカメラ用 一脚ランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

フォトグラファーが選ぶビデオカメラ用三脚6選をご紹介します。旅行先や学校行事など、ビデオ撮影をする機会は多いですよね。そんなときに重宝するのがビデオカメラ用三脚。がたがたと揺れの激しい状態で撮影すると、画面酔いする動画ができあがってしまいます。ビデオカメラ用三脚を使用することで、手持ち撮影より...

「わが子の今をキレイな映像で残したい!」「たくさんの思い出や迫力あるシーンを逃さず撮りたい!」と思っていても、画質や容量、重さや機能など、なにを基準にfデジタルビデオカメラを選べばいいのか悩んでしまいますよね。せっかくデジタルビデオカメラを購入したのに「高スペックすぎで自分には合わなかった」、...

フォトグラファーの「ここがポイント」 ビデオカメラ用一脚選びで迷ったら……

フォトグラファー、フォトララ写真未来研究所代表

選ぶ基準を明確に!

一脚はカメラに取りつけ、カメラを構えるときの支えとして使用します。一脚選びは撮影するときに使いやすい仕様が備えられているかを見極めるところがポイントと言えるでしょう。

スタンドがついているタイプがいいのか、重量のあるカメラをしっかり支えられるタイプがいいのか、持ち運びがしやすいものがいいのかなど、選ぶ基準を明確にしてから一脚選びをすると、自分に最適なものが選びやすくなるはずです。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2020/03/30 商品名修正のため、記事を更新しました。(マイナビおすすめナビ編集部 中村亜紀子)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


電池チェッカーおすすめ10選|タイプ・表示形式などくわしく解説

電池チェッカーおすすめ10選|タイプ・表示形式などくわしく解説

使っている電子機器が動かなくなって、故障か電池切れかわからないとき、買い置きをしてある電池のパフォーマンスを確認したいときに重宝するのが「電池チェッカー」です。使い方はいたってシンプル。ひとつもっていると電池を有効に活用でき、節約にもなります。ここでは、家電販売員のたろっささんに教えていただいた選び方のポイントと、編集部とともに選んだおすすめの商品10選をご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。


ドローンのおすすめ19選|ジャイロ・FPV機能・連続飛行時間について解説

ドローンのおすすめ19選|ジャイロ・FPV機能・連続飛行時間について解説

空撮や産業の場で大活躍のドローン。小型のトイドローンであれば、子どもでもかんたんに操作することができます。価格帯ごとで使用目的も異なり、子どもでも使えるものもあれば、災害時の物資の運搬に使用されたりと、たくさんの使用方法があります。そこで、フォトグラファーの瀬川陣市さんと編集部が選ぶドローンのおすすめ商品を紹介します。また、選び方のポイントについても解説しますので、ぜひ参考にしてみてください。


シグマレンズおすすめ10選【広角や望遠ほか】キヤノン・ニコン・ソニー対応製品

シグマレンズおすすめ10選【広角や望遠ほか】キヤノン・ニコン・ソニー対応製品

プロカメラマンの武石 修さんと編集部が選んだ、シグマレンズのおすすめ商品を紹介します。ニコン、キヤノン、ソニーなどの純正レンズではなく、サードパーティの対応レンズとして評価が高いシグマのレンズ。Contemporary、Art、Sportsの3シリーズを中心に、さまざまな機能を搭載したものや、コストパフォーマンスが高い製品が販売されています。レンズ選びの参考にしてください。


【ソニーのビデオカメラ】おすすめ7選|高画質・手ブレ補正・ズーム機能が売り!

【ソニーのビデオカメラ】おすすめ7選|高画質・手ブレ補正・ズーム機能が売り!

プロの家電販売員のたろっささんと編集部が選んだソニーのビデオカメラのおすすめ7選を厳選してご紹介します。確かな技術で世界のユーザーから高い評価を得ているソニーのビデオカメラは、どれを買えばいいのか悩むほど機能が充実しています。そこで本記事では、どのような機能が必要なのか、あると便利な機能は何かについて解説しています。ぜひ自分に合った1台を見つけてみてください。


SDカードケースのおすすめ10選|保護性能で選ぶ! microSD収納タイプも

SDカードケースのおすすめ10選|保護性能で選ぶ! microSD収納タイプも

ITライターの酒井麻里子さんと編集部が選ぶSDカードケースおすすめ商品をご紹介します。SDカードケースはその名のとおり、SDカードやmicroSDカードなどの持ち運びや収納に使えるケースです。ワンコインほどで手に入るお手ごろなものから、収納性や耐久性の高い商品まで、バリエーションが豊富にあります。選び方も解説していますので、どれを選べばいいか悩んでいる方はぜひ参考にしてくださいね。


新着記事


カッティングマシンおすすめ8選|初心者でもかんたん【コスト削減にも】

カッティングマシンおすすめ8選|初心者でもかんたん【コスト削減にも】

自宅でオリジナルステッカーやオリジナルTシャツを作るときに重宝するのが「カッティングマシン」です。別名、「カッティングプロッター」とも呼ばれているカッティングマシンは、各メーカーからさまざまな種類のものが販売されており、機能やサイズがそれそれ異なります。今回はそんなカッティングマシンをプロの家電販売員のたろっささんと編集部がご紹介します。この記事をじっくりと読み、あなたにとっての最高の1台を見つけてください。


USBヘッドセットのおすすめ12選|タイプ別に解説! 音質・マイク性能もチェック

USBヘッドセットのおすすめ12選|タイプ別に解説! 音質・マイク性能もチェック

ハンズフリーで通話やゲームを楽しめるUSBヘッドセット。BUFFALO・プラントロニクス・LOGICOOL・ゼンハイザーなど、メーカーが多数あり、選ぶのに迷ってしまいますよね。そこで、ゲームキャスターの吉﨑智宏さんと編集部が選ぶUSBヘッドセットのおすすめ商品をご紹介します。また、選び方のポイントについても解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。


工具セットおすすめ11選|用途別に紹介【家庭用、DIY用、整備用】

工具セットおすすめ11選|用途別に紹介【家庭用、DIY用、整備用】

流行りのDIYをしたり、ちょっとした家具の組み立てや修理、バイクや自動車の整備をするときに便利な「工具セット」は、ひとつ持っているととても役立ちます。プロ仕様のセットや初心者でも使えるようなセットまで、さまざまな種類があるので、どれを選べばいいか迷ってしまいますよね。そこで、工具セットの選び方のポイントとおすすめの11商品を、DIYアドバイザーの野口 僚さんと編集部がご紹介します。ぜひ、選ぶときの参考にしてみてください。


アウトドア用まな板おすすめ12選|木・樹脂・ゴム製・折りたたみ式も

アウトドア用まな板おすすめ12選|木・樹脂・ゴム製・折りたたみ式も

アウトドアでの調理で必需品となるまな板。アウトドア用まな板には、機能的でコンパクトなもの、おしゃれで素材にこだわったものまでさまざまあります。そこで、アウトドアライターの大森弘恵さんと編集部が厳選した商品12選をご紹介します。また、素材や機能を含め、使用シーンを踏まえた選び方についてもくわしく解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。


【騒音計】おすすめ11選│精度・測定範囲・機能について解説!

【騒音計】おすすめ11選│精度・測定範囲・機能について解説!

音の大きさを数値化して測定してくれる「騒音計」。オフィスや自宅まわりで、工事などの騒音に悩まされている場合などに役立つでしょう。そこで、DIYクリエイターの網田真希さんと編集部が厳選した商品11選をご紹介します。あわせて、騒音計のタイプや機能についても解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。


人気の記事


>>総合ランキングを見る