2020年【ソニーのビデオカメラ】おすすめ8選|高画質・高音質ならSONY一択!

SONY(ソニー)『デジタル4Kビデオカメラレコーダー(FDR-AX60)』
出典:Amazon
プロの家電販売員 兼 家電・ITライター
たろっさ

家電量販店、家電情報ブログ「家電損をしない買い方をプロの販売員が教えます」を運営するプロの現役家電販売員。 学生時代から家電に対する並々ならぬ興味を持ち、アルバイトを経てそのまま家電量販店の道へと進んで15年弱。 個人で年間2億円を売り上げ、数々の法人内コンテスト等で表彰された経験を持っています。 家電アドバイザーの資格を有し、家電と名の付く物全てに精通しています。家電で分からないことはありません。 現在は家電ライターの業務も通して「全ての人が平等に良い家電に巡り会える機会の提供」に尽力しています。

高画質・高音質で世界のユーザーから高い評価を得ているソニーのビデオカメラ。本記事では、プロの家電販売員のたろっささんと編集部が選んだソニーの2020年最新ビデオカメラのおすすめ8選をご紹介します。ぜひ自分に合った1台を見つけてみてください。


ソニーのビデオカメラの魅力とは?

運動会で走る子ども
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

ソニーのビデオカメラは画質も機能も充実。選び方を参考にして、用途に合った製品を選んでください。

ソニーのビデオカメラは、ハイビジョンや4Kなど、家庭用ビデオカメラとは思えないほどきれいな映像として残すことができます。

ビデオカメラの永遠のテーマともいえる手ブレを補正する機能もすぐれており、三脚を使わずともブレずに撮影をサポートしてくれるのもうれしい点です。

ソニーのビデオカメラを選ぶときのポイント プロの家電販売員に聞く

基本的にはどの機種も高画質・高機能ですが、用途によって必要な機能もあれば、自分にとってはオーバースペックということもあります。選ぶときのポイントを紹介しますので、じっくり読んで参考にしてくださいね。

「空間光学手ブレ補正」と「光学式手ブレ補正」 2パターンの手ブレ補正どちらを選ぶ?

ソニーのビデオカメラの手ブレ補正の技術には2種類のパターンがあります。「空間光学手ブレ補正」「光学式手ブレ補正」です。違いはなんでしょうか。各補正技術をもう少し詳しく解説しましょう。

じっくり撮る三脚派には光学式手ブレ補正

「光学式手ブレ補正」は、ビデオカメラ内部にある専用レンズで手ブレを補正する技術です。一枚のレンズで行なうため補正能力には限界があり、ビデオカメラを持っている手が大きく揺れてしまうと補正しきれません。どちらかというと三脚を使った安定した撮影に向いています。動き回る被写体をあまり撮らないのであれば光学式でもじゅうぶんでしょう。

光学式でもある程度の補正はしてくれます。また、リーズナブルな価格の機種があることも魅力のひとつなので、値段を抑えてビデオカメラを購入したい方にはおすすめです。

あらゆる瞬間を撮るアクティブ派には空間光学手ブレ補正

「光学式手ブレ補正」は、ビデオカメラ内部にある専用レンズで手ブレを補正する技術です。一枚のレンズで行なうため補正能力には限界があり、ビデオカメラを持っている手が大きく揺れてしまうと補正しきれません。どちらかというと三脚を使った安定した撮影に向いています。動き回る被写体をあまり撮らなのであれば光学式でもじゅうぶんでしょう。

光学式でもある程度の補正はしてくれます。また、リーズナブルな価格の機種があることも魅力のひとつなので、値段を抑えてビデオカメラを購入したい方にはおすすめです。

ズーム自在の「フルハイビジョン」とハイクオリティ画質の「4K」 どちらを優先?

ビデオカメラの画質でよく名称が聞かれる「フルハイビジョン」「4K」の2種類ですが、これらはどのような特徴があるのでしょうか。それぞれの画質の特色を理解したうえで、機種を選びましょう!

ズーム機能を多用するならフルハイビジョン

ズーム機能を重要視するユーザーならば、「フルハイビジョン」がおすすめです。4Kの光学ズームの倍率は12倍から20倍ですが、フルハイビジョンは30倍なので圧倒的な差があります。画像の美しさはほどほどでもいいからズーム機能を優先したいのであれば、フルハイビジョンのビデオカメラを選ぶとよいでしょう。

おもな使用目的が学校の運動会などで、子どものアップを狙ったズーム撮影をしたい方に向いています。コスト的にも4Kよりも出費を抑えることができるので、高画質よりもズーム力を優先したい方は、「フルハイビジョン」タイプを選びましょう。

映像美を求めるなら4K

とにかく画質の美しさを優先したいという方は、「4K」のビデオカメラを選択するといいでしょう。4K映像の定義は画素3,840×2,160という高精細映像となります。フルハイビジョンは1,920×1,080なので、それに比べるとおよそ4倍というきめこまかくて鮮やかな映像が撮れるのが「4K」の強みです。

きれいな映像をずっと先まで残しておきたい方におすすめのタイプですが、ハイスペックゆえにフルハイビジョンよりも価格設定は上がります。バランスをトータルで考えて選んでくださいね。

使用シーンで選ぶ「広角レンズ」「音質」「バッテリー・メモリ容量」

画質やズーム以外にもチェックしておきたい要素は多々あります。人によってビデオカメラを使う場面はさまざまなので、どのような場面で使うことが多いのかを考えてみましょう。

撮影できる範囲を広げてくれる広角レンズ

狭い室内での撮影で、撮りたい部分がレンズに収まりきれなかったことはありませんか。広角レンズを使えば撮影できる範囲が広がるので、それまで入らなかった部分を撮影することが可能になります。

ビデオカメラで撮影をするなら、まわりの様子も一緒に記録に残しておきたいもの。なるべく全体を撮りたい人は、広角レンズかどうかをチェックしましょう。

エンターテインメント性を後押しする機能

屋外などの明るいシチュエーションでの撮影が想定されるなら、「ビューファインダー」がついたモデルがおすすめ。屋外では明るすぎてモニターが見えにくいものです。後でチェックをすると上手に撮影できていなかったということも。

ビューファインダーつきであれば、被写体をダイレクトに確認することができるので、撮影時のイメージどおりに記録できます。

また、暗い場所での撮影には「暗所撮影対応」かどうかも確認しましょう。暗所に対応していないと、少ない光量のせいでピントが合わない場合があります。

音質性能をチェック

たとえば演奏会などクリアな音で記録したいシーンであれば、「ドルビーデジタル5.1ch」(ズームマイク連動)搭載のモデルがより臨場感ある音を拾ってくれます。

また、風の強い日に撮影した場合などでは、風のノイズ音を提言してくれる機能「自動風ノイズ低減」が有利です。

メモリとバッテリー容量は大丈夫か

今回ご紹介するモデルの多くは32GBと64GBのいずれかの容量になります。ちなみに、64GBで約2~3時間の撮影が可能です。長時間の撮影などを想定している方で、内臓メモリの容量に不安がある方は、別途メモリカードを増設するとよいでしょう。

ただし、長時間撮影となると、気になるのがバッテリーの容量です。こればかりは、予備バッテリーが必須となることを念頭に入れておきましょう。

どんなときでも撮影しやすいコンパクトサイズ

気軽に持ち運びをしたいのであれば、大きさや重さをチェックしましょう。コンパクトであれば、カバンにポンと入れて一緒にお出かけすることも苦になりません。

手のひらに収まるほど小さいタイプもあり、ポケットに入れて必要なときに使えます。子どもの面倒を見ながら撮影をする機会が多い親御さんにはうれしい機能ですね。

作業内容に合わせてタイプを選びましょう プロの家電販売員からのアドバイス

プロの家電販売員 兼 家電・ITライター

手ブレ補正の方式ですが、現在の値差を考えると空間光学手ブレ補正が搭載されているものを選ぶのが非常におすすめです。子どもが小さいうちしか手持ちはしない……と思うかもしれませんが、実は子どもが大きくなってからもふだん使いで意外と手持ち撮影はするもの。その際にしっかりした手ブレ補正が入っていないと後でテレビで見たときにガクガクで酔ってしまう場合もあります。

また、予算に余裕があればぜひとも4K対応ムービーを検討しましょう。画質が段違いなため、昔のムービーを見返す場合にも鮮明に残っているほうがうれしいのは間違いありません。

【2020年】ソニーのビデオカメラおすすめ8選 容量・手ブレ補正・画質をチェック!

高性能なビデオカメラで、楽しい思い出を臨場感たっぷりに残しましょう。各機種の特徴を解説しながら紹介します!

プロの家電販売員 兼 家電・ITライター

『HDR-CX470』はコストパフォーマンスが良好で、この価格で32GBの内蔵メモリーがついているのは大きな利点です。バッテリーの重量がほとんどないのも非常に◎。

4K対応になっているため、画質がきれいなのが『FDR-AX45』。4Kであれば色あせない思い出を残すことができるため、長期間の記録としても非常に優秀です。

4Kまで手は出ないけど手ブレ補正もしっかりしたものがほしい……という方には『HDR-CX680』がうってつけの製品。64GBの内蔵メモリー+マイクロSD対応で容量に困ることはほぼありません。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

SONY(ソニー)『デジタルHDビデオカメラレコーダー(HDR-CX470)』

SONY(ソニー)『デジタルHDビデオカメラレコーダー(HDR-CX470)』 SONY(ソニー)『デジタルHDビデオカメラレコーダー(HDR-CX470)』 SONY(ソニー)『デジタルHDビデオカメラレコーダー(HDR-CX470)』 SONY(ソニー)『デジタルHDビデオカメラレコーダー(HDR-CX470)』 SONY(ソニー)『デジタルHDビデオカメラレコーダー(HDR-CX470)』 SONY(ソニー)『デジタルHDビデオカメラレコーダー(HDR-CX470)』 SONY(ソニー)『デジタルHDビデオカメラレコーダー(HDR-CX470)』 SONY(ソニー)『デジタルHDビデオカメラレコーダー(HDR-CX470)』 SONY(ソニー)『デジタルHDビデオカメラレコーダー(HDR-CX470)』 SONY(ソニー)『デジタルHDビデオカメラレコーダー(HDR-CX470)』 SONY(ソニー)『デジタルHDビデオカメラレコーダー(HDR-CX470)』 SONY(ソニー)『デジタルHDビデオカメラレコーダー(HDR-CX470)』 SONY(ソニー)『デジタルHDビデオカメラレコーダー(HDR-CX470)』

出典:Amazon

重量 約190g
内蔵記録メディア容量 32GB
手ブレ補正 光学式手ブレ補正
画質 ハイビジョン
オートファインダー

お手ごろ価格が魅力のコンパクトモデル

手に入れやすい価格でありながら、光学式の手ブレ補正がついているので、子どもの入学式や発表会で記念になる映像が撮れます。コンパクトボディだから気軽に持ち運びができ、荷物の多いときでも活躍してくれるでしょう。

暗いところの撮影に強く、ハイビジョン撮影も可能。花火をしているシーンなど家族の思い出をきれいな映像で残すことができます。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

SONY(ソニー)『デジタル4Kビデオカメラレコーダー(FDR-AX45)』

SONY(ソニー)『デジタル4Kビデオカメラレコーダー(FDR-AX45)』 SONY(ソニー)『デジタル4Kビデオカメラレコーダー(FDR-AX45)』 SONY(ソニー)『デジタル4Kビデオカメラレコーダー(FDR-AX45)』 SONY(ソニー)『デジタル4Kビデオカメラレコーダー(FDR-AX45)』 SONY(ソニー)『デジタル4Kビデオカメラレコーダー(FDR-AX45)』 SONY(ソニー)『デジタル4Kビデオカメラレコーダー(FDR-AX45)』 SONY(ソニー)『デジタル4Kビデオカメラレコーダー(FDR-AX45)』 SONY(ソニー)『デジタル4Kビデオカメラレコーダー(FDR-AX45)』 SONY(ソニー)『デジタル4Kビデオカメラレコーダー(FDR-AX45)』 SONY(ソニー)『デジタル4Kビデオカメラレコーダー(FDR-AX45)』 SONY(ソニー)『デジタル4Kビデオカメラレコーダー(FDR-AX45)』 SONY(ソニー)『デジタル4Kビデオカメラレコーダー(FDR-AX45)』 SONY(ソニー)『デジタル4Kビデオカメラレコーダー(FDR-AX45)』 SONY(ソニー)『デジタル4Kビデオカメラレコーダー(FDR-AX45)』 SONY(ソニー)『デジタル4Kビデオカメラレコーダー(FDR-AX45)』 SONY(ソニー)『デジタル4Kビデオカメラレコーダー(FDR-AX45)』 SONY(ソニー)『デジタル4Kビデオカメラレコーダー(FDR-AX45)』 SONY(ソニー)『デジタル4Kビデオカメラレコーダー(FDR-AX45)』

出典:Amazon

重量 約510g
内蔵記録メディア容量 64GB
手ブレ補正 空間光学手ブレ補正
画質 4K
オートファインダー ×

再生時にトリミングが可能な4Kモデル

4Kだからこそできる再生中のトリミング機能があるので、入学式などは気負うことなく全体を撮っておくだけで大丈夫。再生時に我が子だけをアップにできます。撮影に熱中しなくてもいいので、イベントを楽しめるでしょう。

強力な「空間光学手ブレ補正」を搭載しているので、一緒に歩きながら入学式に向かう姿をきれいな映像で残すことができますね。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

SONY(ソニー)『デジタルHDビデオカメラレコーダー(HDR-CX680)』

SONY(ソニー)『デジタルHDビデオカメラレコーダー(HDR-CX680)』 SONY(ソニー)『デジタルHDビデオカメラレコーダー(HDR-CX680)』 SONY(ソニー)『デジタルHDビデオカメラレコーダー(HDR-CX680)』 SONY(ソニー)『デジタルHDビデオカメラレコーダー(HDR-CX680)』 SONY(ソニー)『デジタルHDビデオカメラレコーダー(HDR-CX680)』 SONY(ソニー)『デジタルHDビデオカメラレコーダー(HDR-CX680)』 SONY(ソニー)『デジタルHDビデオカメラレコーダー(HDR-CX680)』 SONY(ソニー)『デジタルHDビデオカメラレコーダー(HDR-CX680)』 SONY(ソニー)『デジタルHDビデオカメラレコーダー(HDR-CX680)』 SONY(ソニー)『デジタルHDビデオカメラレコーダー(HDR-CX680)』 SONY(ソニー)『デジタルHDビデオカメラレコーダー(HDR-CX680)』 SONY(ソニー)『デジタルHDビデオカメラレコーダー(HDR-CX680)』 SONY(ソニー)『デジタルHDビデオカメラレコーダー(HDR-CX680)』 SONY(ソニー)『デジタルHDビデオカメラレコーダー(HDR-CX680)』 SONY(ソニー)『デジタルHDビデオカメラレコーダー(HDR-CX680)』

出典:Amazon

重量 約305g
内蔵記録メディア容量 64GB
手ブレ補正 空間光学手ブレ補正
画質 ハイビジョン
オートファインダー

内蔵メモリ2倍で手ブレ補正も強力!

内蔵メモリーが64GBという大容量なので、長時間の撮影も安心です。最大26.8mmの広角レンズは、狭い室内の撮影でも全体を撮ることが可能。周囲の雰囲気までしっかりと収めることができます。

圧倒的なズーム機能が秀逸な「空間光学手ブレ補正」機能が、一緒に動きながらの撮影をサポート。元気いっぱいの我が子の姿を、手持ち撮影ならではの臨場感あふれる映像で残すことが可能です。クリアな「ブレない」映像を求めている人におすすめの商品です。

SONY(ソニー)『デジタル4Kビデオカメラレコーダー(FDR-AX60)』

SONY(ソニー)『デジタル4Kビデオカメラレコーダー(FDR-AX60)』 SONY(ソニー)『デジタル4Kビデオカメラレコーダー(FDR-AX60)』 SONY(ソニー)『デジタル4Kビデオカメラレコーダー(FDR-AX60)』 SONY(ソニー)『デジタル4Kビデオカメラレコーダー(FDR-AX60)』 SONY(ソニー)『デジタル4Kビデオカメラレコーダー(FDR-AX60)』 SONY(ソニー)『デジタル4Kビデオカメラレコーダー(FDR-AX60)』 SONY(ソニー)『デジタル4Kビデオカメラレコーダー(FDR-AX60)』 SONY(ソニー)『デジタル4Kビデオカメラレコーダー(FDR-AX60)』 SONY(ソニー)『デジタル4Kビデオカメラレコーダー(FDR-AX60)』 SONY(ソニー)『デジタル4Kビデオカメラレコーダー(FDR-AX60)』 SONY(ソニー)『デジタル4Kビデオカメラレコーダー(FDR-AX60)』 SONY(ソニー)『デジタル4Kビデオカメラレコーダー(FDR-AX60)』 SONY(ソニー)『デジタル4Kビデオカメラレコーダー(FDR-AX60)』 SONY(ソニー)『デジタル4Kビデオカメラレコーダー(FDR-AX60)』 SONY(ソニー)『デジタル4Kビデオカメラレコーダー(FDR-AX60)』 SONY(ソニー)『デジタル4Kビデオカメラレコーダー(FDR-AX60)』 SONY(ソニー)『デジタル4Kビデオカメラレコーダー(FDR-AX60)』 SONY(ソニー)『デジタル4Kビデオカメラレコーダー(FDR-AX60)』 SONY(ソニー)『デジタル4Kビデオカメラレコーダー(FDR-AX60)』

出典:Amazon

重量 約535g
内蔵記録メディア容量 64GB
手ブレ補正 空間光学手ブレ補正
画質 4K
オートファインダー

まぶしいときに大活躍! ビューファインダー

ビューファインダーでしっかり確認をしながら撮影できるので、どんなに日差しがまぶしくても撮影対象を見逃すことはありません。小さな明かりが迷惑になってしまう場面でも、ビューファインダーならきれいに撮影が可能です。

4Kの高画質で大切な思い出をきれいなまま残しておけば、子どもが大きくなったときも色鮮やかな映像を見ながら思い出を語り合えることでしょう。

SONY(ソニー)『デジタル4Kビデオカメラレコーダー アクションカム(FDR-X3000)』

SONY(ソニー)『デジタル4Kビデオカメラレコーダーアクションカム(FDR-X3000)』 SONY(ソニー)『デジタル4Kビデオカメラレコーダーアクションカム(FDR-X3000)』 SONY(ソニー)『デジタル4Kビデオカメラレコーダーアクションカム(FDR-X3000)』 SONY(ソニー)『デジタル4Kビデオカメラレコーダーアクションカム(FDR-X3000)』 SONY(ソニー)『デジタル4Kビデオカメラレコーダーアクションカム(FDR-X3000)』 SONY(ソニー)『デジタル4Kビデオカメラレコーダーアクションカム(FDR-X3000)』 SONY(ソニー)『デジタル4Kビデオカメラレコーダーアクションカム(FDR-X3000)』 SONY(ソニー)『デジタル4Kビデオカメラレコーダーアクションカム(FDR-X3000)』 SONY(ソニー)『デジタル4Kビデオカメラレコーダーアクションカム(FDR-X3000)』 SONY(ソニー)『デジタル4Kビデオカメラレコーダーアクションカム(FDR-X3000)』 SONY(ソニー)『デジタル4Kビデオカメラレコーダーアクションカム(FDR-X3000)』 SONY(ソニー)『デジタル4Kビデオカメラレコーダーアクションカム(FDR-X3000)』 SONY(ソニー)『デジタル4Kビデオカメラレコーダーアクションカム(FDR-X3000)』 SONY(ソニー)『デジタル4Kビデオカメラレコーダーアクションカム(FDR-X3000)』 SONY(ソニー)『デジタル4Kビデオカメラレコーダーアクションカム(FDR-X3000)』 SONY(ソニー)『デジタル4Kビデオカメラレコーダーアクションカム(FDR-X3000)』

出典:Amazon

重量 約89g
内蔵記録メディア容量 -
手ブレ補正 光学式手ブレ補正
画質 4K
オートファインダー ×

小型ならでは楽しみ方ができる! 防水機能つき

手のひらに乗るほどコンパクトなタイプ。頭につけてアクティブなシーンを撮ることも可能です。スリム形状で風圧を受けにくく、頭への装着や自転車に搭載してもジャマになりません。スノーボードなどスポーツのプレー中もハンズフリー撮影ができます。

クリアコート加工と防滴ボディなので汚れにも強く、雨の日も水しぶきがかかる場所でも気にすることなく使用できるでしょう。

SONY(ソニー)『デジタルHDビデオカメラレコーダー(HDR-PJ670)』

SONY(ソニー)『デジタルHDビデオカメラレコーダー(HDR-PJ670)』

出典:楽天市場

重量 約325g
内蔵記録メディア容量 32GB
手ブレ補正 空間光学手ブレ補正
画質 ハイビジョン
オートファインダー ×

プロジェクター搭載ですぐに再生可能

ブレずにきれいに撮れるから、元気な子どもの撮影でも大活躍するでしょう。プロジェクター機能を使えばどこでもシアター気分を味わいながら、みんなで手軽に楽しく撮影した映像を見ることができます。面倒なテレビやパソコンへの接続は必要ありません。

25ルーメンのプロジェクターを搭載しているので、暗い場所でも明るい部屋でもクリアな映像を楽しめます。また、ソニー製テレビの『ブラビア』に対応。ブラビアにつなげば、カメラで撮影した映像をブラビアのリモコンでラクに操作することができます。

SONY(ソニー)『デジタル4Kビデオカメラレコーダー(FDR-AX700)』

SONY(ソニー)『デジタル4Kビデオカメラレコーダー(FDR-AX700)』 SONY(ソニー)『デジタル4Kビデオカメラレコーダー(FDR-AX700)』 SONY(ソニー)『デジタル4Kビデオカメラレコーダー(FDR-AX700)』 SONY(ソニー)『デジタル4Kビデオカメラレコーダー(FDR-AX700)』 SONY(ソニー)『デジタル4Kビデオカメラレコーダー(FDR-AX700)』 SONY(ソニー)『デジタル4Kビデオカメラレコーダー(FDR-AX700)』 SONY(ソニー)『デジタル4Kビデオカメラレコーダー(FDR-AX700)』 SONY(ソニー)『デジタル4Kビデオカメラレコーダー(FDR-AX700)』 SONY(ソニー)『デジタル4Kビデオカメラレコーダー(FDR-AX700)』

出典:Amazon

重量 約935g(レンズフード、大型アイカップを含む)
内蔵記録メディア容量 -
手ブレ補正 光学式手ブレ補正
画質 4K
オートファインダー

動く被写体を逃すことなく美しい映像が撮れる

高性能なオートフォーカス機能が高速移動する被写体もしっかりととらえてくれるので、走り回る子どもはもちろん、自転車レースなど動きが速い被写体の撮影にも力を発揮します。

ハンディカム史上最高といわれる解像度を誇るビューファインダーは、とても鮮やかな色で確認しやすいのが特徴。撮影中のピント合わせや画角の調整を助けてくれ、美しい映像を撮ることができるでしょう。

SONY(ソニー)『デジタルHDビデオカメラレコーダー(HDR-PJ680)』

ソニービデオカメラHDR-PJ68064GB光学30倍ホワイトHandycamHDR-PJ680W ソニービデオカメラHDR-PJ68064GB光学30倍ホワイトHandycamHDR-PJ680W ソニービデオカメラHDR-PJ68064GB光学30倍ホワイトHandycamHDR-PJ680W ソニービデオカメラHDR-PJ68064GB光学30倍ホワイトHandycamHDR-PJ680W ソニービデオカメラHDR-PJ68064GB光学30倍ホワイトHandycamHDR-PJ680W ソニービデオカメラHDR-PJ68064GB光学30倍ホワイトHandycamHDR-PJ680W ソニービデオカメラHDR-PJ68064GB光学30倍ホワイトHandycamHDR-PJ680W ソニービデオカメラHDR-PJ68064GB光学30倍ホワイトHandycamHDR-PJ680W ソニービデオカメラHDR-PJ68064GB光学30倍ホワイトHandycamHDR-PJ680W

出典:Amazon

重量 約375g
内蔵記録メディア容量 64GB
手ブレ補正 空間光学手ブレ補正
画質 フルハイビジョン
オートファインダー -

手ブレに強い! 自動編集・プロジェクター機能搭載

ワイド撮影時においては、「約15倍ブレない安定した映像」が最大の特徴。また、遠くの被写体、近くの被写体にかかわらず高速でオートフォーカスできる「ファストインテリジェントAF」 を搭載。動く被写体に対してかなり有効です。

また、撮影した動画データを「ハイライトムービーメーカー」 を使って自動的にハイライトシーンを抽出・編集することが可能です。さらに最大25ルーメンのプロジェクター機能も搭載。思い出を投影することもできます。

「ソニーのビデオカメラ」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
SONY(ソニー)『デジタルHDビデオカメラレコーダー(HDR-CX470)』
SONY(ソニー)『デジタル4Kビデオカメラレコーダー(FDR-AX45)』
SONY(ソニー)『デジタルHDビデオカメラレコーダー(HDR-CX680)』
SONY(ソニー)『デジタル4Kビデオカメラレコーダー(FDR-AX60)』
SONY(ソニー)『デジタル4Kビデオカメラレコーダー アクションカム(FDR-X3000)』
SONY(ソニー)『デジタルHDビデオカメラレコーダー(HDR-PJ670)』
SONY(ソニー)『デジタル4Kビデオカメラレコーダー(FDR-AX700)』
SONY(ソニー)『デジタルHDビデオカメラレコーダー(HDR-PJ680)』
商品名 SONY(ソニー)『デジタルHDビデオカメラレコーダー(HDR-CX470)』 SONY(ソニー)『デジタル4Kビデオカメラレコーダー(FDR-AX45)』 SONY(ソニー)『デジタルHDビデオカメラレコーダー(HDR-CX680)』 SONY(ソニー)『デジタル4Kビデオカメラレコーダー(FDR-AX60)』 SONY(ソニー)『デジタル4Kビデオカメラレコーダー アクションカム(FDR-X3000)』 SONY(ソニー)『デジタルHDビデオカメラレコーダー(HDR-PJ670)』 SONY(ソニー)『デジタル4Kビデオカメラレコーダー(FDR-AX700)』 SONY(ソニー)『デジタルHDビデオカメラレコーダー(HDR-PJ680)』
商品情報
特徴 お手ごろ価格が魅力のコンパクトモデル 再生時にトリミングが可能な4Kモデル 内蔵メモリ2倍で手ブレ補正も強力! まぶしいときに大活躍! ビューファインダー 小型ならでは楽しみ方ができる! 防水機能つき プロジェクター搭載ですぐに再生可能 動く被写体を逃すことなく美しい映像が撮れる 手ブレに強い! 自動編集・プロジェクター機能搭載
重量 約190g 約510g 約305g 約535g 約89g 約325g 約935g(レンズフード、大型アイカップを含む) 約375g
内蔵記録メディア容量 32GB 64GB 64GB 64GB - 32GB - 64GB
手ブレ補正 光学式手ブレ補正 空間光学手ブレ補正 空間光学手ブレ補正 空間光学手ブレ補正 光学式手ブレ補正 空間光学手ブレ補正 光学式手ブレ補正 空間光学手ブレ補正
画質 ハイビジョン 4K ハイビジョン 4K 4K ハイビジョン 4K フルハイビジョン
オートファインダー × × × -
商品リンク

※各社通販サイトの 2020年6月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年6月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年6月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年6月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年6月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年6月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年6月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年6月12日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする ソニーのビデオカメラの売れ筋をチェック

楽天市場、Yahoo!ショッピングでのソニーのビデオカメラの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

楽天市場:ソニービデオカメラランキング
Yahoo!ショッピング:ソニービデオカメラランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

そのほかの関連商品 【関連記事】

フォトグラファーの瀬川陣市さんが選ぶビデオカメラ用一脚5選を紹介します。最近のビデオカメラは手ぶれ補正機能がついているものがほとんどですが、運動会など長時間の撮影になると手が疲れてしまいます。そんなとき便利なのがビデオカメラ用一脚。三脚とくらべると安定性は低くなりますが、場所を取らず足元にスッ...

フォトグラファーの林 孝典さんに、ビデオカメラ用三脚の選び方とおすすめ商品についてお話をうかがいました。旅行先や運動会・発表会などの学校行事、野球やサッカーなどのスポーツ観戦と、ビデオ撮影をする機会は多いですよね。そんなときに重宝するのがビデオカメラ用三脚。がたがたと揺れの激しい状態で撮影する...

フォトグラファーに聞いたSDカードの選び方とおすすめ商品5選をご紹介します。ハイビジョンから4K、さらには8Kと、ますます解像度が高まる映像の世界。これにともない記録メディアのひとつであるSDカードもさまざまな進化を続けています。この記事では、フォトグラファーの瀬川陣市さんにお話をうかがい、ビ...

フォトグラファーが選ぶ4Kビデオカメラの選び方とおすすめ商品5選を紹介します。最近では4Kテレビも増えてきていて、すでにお持ちの方もいるのではないでしょうか。せっかくならビデオカメラも4K対応のものにすれば、より高画質の映像を楽しむことができます。そこで、フォトグラファーの瀬川陣市さんにお話を...

「必ず作れるDVD」など数々の著書を執筆されたITジャーナリストの一条真人さんへの取材をもとに、後悔しないためのデジタルビデオカメラの選び方と用途に合わせたおすすめの商品をご紹介いたします。「わが子の今をキレイな映像で残したい!」「たくさんの思い出や迫力あるシーンを逃さず撮りたい!」と思ってい...

手ブレ補正・画質・ズーム機能は要チェック チェックポイント!

本記事では、ソニーのビデオカメラ8商品をご紹介しました。

撮りたいものをイメージしながら、手ブレ補正・画質・ズームのどれにこだわるのか優先順位をつけてみましょう。防水機能や広角レンズかどうかもチェックするといいですよ。あなたがほしいソニーのビデオカメラを選んでみてくださいね。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2020/6/12 コンテンツ追加のため記事を更新しました。(マイナビおすすめナビ編集部 名原広雄)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


ワンランク魅力的な映像に仕上げる!GoProアクセサリおすすめ6選

ワンランク魅力的な映像に仕上げる!GoProアクセサリおすすめ6選

本記事では、GoProアンバサダーのtaiyo masudaさんへの取材のもと、GoProの映像を更に魅力的にするアクセサリの選び方とおすすめ商品をご紹介いたします。


2020年【ドローン】おすすめ23選|コスパ? 高性能? 価格帯別に厳選!

2020年【ドローン】おすすめ23選|コスパ? 高性能? 価格帯別に厳選!

空からの撮影シーンで大活躍のドローン。この記事では、ジャイロ・FPV機能・連続飛行時間などドローンの選び方のポイントを解説。あわせて、フォトグラファー・瀬川陣市さんと編集部が選ぶ価格帯別おすすめ商品23選と、ランキングTOP5をご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。


DJI製【ドローン】おすすめ5選と選び方|憧れの空撮に挑戦! カメラ付き製品を厳選

DJI製【ドローン】おすすめ5選と選び方|憧れの空撮に挑戦! カメラ付き製品を厳選

フォトグラファーが選ぶDJI製ドローンのおすすめ5選をご紹介します。最近では、テレビなどのメディアでもドローンを使った撮影を目にする機会が増えました。実際にドローンを使って空撮をしてみたいとお考えの方も多いのではないでしょうか。そこで、フォトグラファーの瀬川陣市さんに、ドローンやアクションカメラなどのメーカーで知られるDJI製ドローンの選び方について教えてもらいました。この記事で紹介しているドローンはすべてカメラ備え付き製品になります。また、最後に各通販サイトの売れ筋ランキングもありますので、あわせて参考にしてみてください。


【2020年】アクションカメラおすすめ16選|GoPro・DJI・SONY・中華製など厳選!

【2020年】アクションカメラおすすめ16選|GoPro・DJI・SONY・中華製など厳選!

スポーツなど動きのある迫力ある動画をハンズフリーで撮影できるアクションカメラ。この記事では、人気メーカーから中華製まで、ITジャーナリストの一条真人さんと編集部が選ぶ2020年版アクションカメラおすすめ16選と選び方のポイントをご紹介します。


【2020年】GoProおすすめ12選|【HERO7・8・MAX】など選び方を解説

【2020年】GoProおすすめ12選|【HERO7・8・MAX】など選び方を解説

ダイビングや動きのあるスポーツなど迫力ある動画の撮影ができ、アクセサリーも豊富なアクションカメラ「GoPro」。ここでは、モバイル情報ブロガーの伊藤浩一さんと編集部が選ぶ、2020年版GoProおすすめ12選と選び方のポイントをご紹介します。GoPro HERO7で撮影したダイビング動画もありますので、ぜひ参考にしてみてください。


関連するブランド・メーカー


SONY(ソニー)

新着記事


毎日開催【Amazonタイムセール】今日のおすすめ|2020年9月25日:ワンタッチテント

毎日開催【Amazonタイムセール】今日のおすすめ|2020年9月25日:ワンタッチテント

Amazonタイムセール、実は毎日開催しているのをご存じですか? そこで、タイムセールのなかから、編集部部員が個人的に欲しいと思う一品を毎日ガチで厳選! 今日のおすすめタイムセールはSoarmax『ワンタッチテント』。


毎日開催【Amazonタイムセール】今日のおすすめ|2020年9月24日:空気清浄機

毎日開催【Amazonタイムセール】今日のおすすめ|2020年9月24日:空気清浄機

Amazonタイムセール、実は毎日開催しているのをご存じですか? そこで、タイムセールのなかから、編集部部員が個人的に欲しいと思う一品を毎日ガチで厳選! 今日のおすすめタイムセールはシャープの空気清浄機『プラズマクラスター 7000』。


【プロ厳選ランキング】小型スマホおすすめ11選|高性能なものやおサイフケータイ対応のものも

【プロ厳選ランキング】小型スマホおすすめ11選|高性能なものやおサイフケータイ対応のものも

ITライターである酒井麻里子さんへの取材をもとに、小型スマホのおすすめ商品と選び方をご紹介します。ほどよい大きさで手におさまりやすい小型スマホ。大型化が進むスマホですが、扱いづらさを感じることもあり、小さいサイズを求めている方も多いのではないでしょうか? どれを選べばいいか悩んでいる方は、ぜひこの記事を参考にしてください。


車ハンドルカバーおすすめ15選|シンプルからかわいい・デザイン性が高いものまで!

車ハンドルカバーおすすめ15選|シンプルからかわいい・デザイン性が高いものまで!

車の内装グッズのなかでも、手軽に車内の雰囲気を変えられる「ハンドルカバー」。しかし、デザインや素材、サイズなどが幅広く、どれを選べばいいのか悩みますよね。この記事では、車ハンドルカバーの選び方のポイントを解説していきます。また、自動車ライターの塚田勝弘さんと編集部が、タイプ別に選んだ魅力的な商品15点もご紹介します。すてきなハンドルカバーを選んで、愛車でのドライブを楽しみましょう。


【2020年最新版】iPhone対応スピーカーおすすめランキング16選| Bluetooth対応&安定の有線タイプの商品を紹介!

【2020年最新版】iPhone対応スピーカーおすすめランキング16選| Bluetooth対応&安定の有線タイプの商品を紹介!

iPhoneに収録してある音楽を、本格的なイヤホンで楽しみたい人もいるのではないでしょうか。持ち運びのしやすいポータブルスピーカーなら、車内や旅行先でも音楽を楽しめますし、大きめで音質にこだわったスピーカーならば家でのリラックスタイムに重宝します。ここでは、ITライターの傍島康雄さんへの取材をもとに、iPhoneに対応しているスピーカーの選び方とおすすめの商品を全部で16商品ご紹介します。


PC・スマホ・カメラの人気記事


>>もっと見る